霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二〇章 脱皮婆(だつぴばば)〔八八六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 篇:第3篇 千里万行 よみ:せんりばんこう
章:第20章 第31巻 よみ:だっぴばば 通し章番号:886
口述日:1922(大正11)年08月20日(旧06月28日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
秋山別とモリスは、炎を避けて川辺にやってきたが、川幅が広く急流で渡ることができない。炎に追われて地団太を踏んでいると、おぞましいガリガリ亡者がやってきた。
秋山別はぞっとしたが、わけのわからないところへ来てしまって気を弱くしてはつけこまれると思い直し、強い口調で亡者にお前は誰かと問いかけた。
亡者たちは、現世では色と金にはまってこのような姿となり、河にはまった秋山別とモリスの命を奪ったのも自分たちだと答えた。秋山別とモリスは亡者たちと押し問答していたが、亡者たちは、二人が冥途へ来てまで二枚舌を使うと言って、やにわにくぎ抜きを持って二人に襲いかかってきた。
秋山別とモリスは命からがら河に飛び込んで急流を渡り、なんとか亡者たちの襲撃を免れた。二人はかやぶきの粗末な小屋を見つけ、中の婆に声をかけた。婆は、ここは焦熱地獄で自分は二人が来るのを閻魔大王の命で待っていたのだ、と告げた。
焼け野が原の脱皮婆と名乗る婆は、焦熱地獄はよほど罪の重い者がやってくる場所だと言い、鬼が火の車で二人を迎えに来ると告げた。そんな大罪を犯した覚えはないと訴える二人に対して、婆はあきらめるようにと諭す。
そこへガラガラと大きな音を立てて赤鬼と青鬼が二台の火の車を引き連れてやってきた。秋山別とモリスはあっと驚いてその場に倒れ伏した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3120
愛善世界社版:231頁 八幡書店版:第6輯 127頁 修補版: 校定版:238頁 普及版:109頁 初版: ページ備考:
001 二人(ふたり)(やうや)(ひろ)(かは)(ふち)辿(たど)()いた。002()れば非常(ひじやう)(ひろ)(かは)(しか)急流(きふりう)である。003(はし)もなければ容易(ようい)(わた)(こと)出来(でき)ない。004(あと)引返(ひきかへ)さむとすれば、005岩石(がんせき)(ほのほ)(さかん)()えひろがり、006(みち)(ふさ)ぎ、007グヅグヅしてゐると、008(けぶり)(つつ)まれさうな(いきほひ)である。009『アヽ如何(いか)にせむ』と川端(かはばた)二人(ふたり)地団駄(ぢだんだ)をふみ、010(つひ)には泣声(なきごゑ)()して藻掻(もが)()した。011どこともなしに(いや)らしき(こゑ)(きこ)えて()る。012フツと()れば、013渋紙(しぶかみ)(やう)(はだ)をした赤裸(まつぱだか)人間(にんげん)肋骨(あばらぼね)一枚々々(いちまいいちまい)(あら)はしたガリガリ亡者(もうじや)である。014一目(ひとめ)()てもゾツとする(やう)な、015(いや)姿(すがた)であつた。016(この)亡者(もうじや)赤裸(まつぱだか)ではあるが、017(をとこ)とも(をんな)とも(すこ)しも見分(みわ)けがつかなかつた。018(ただ)骸骨(がいこつ)(うへ)渋紙(しぶかみ)(やう)(いろ)した(うす)ツペらな(かは)が、019義理(ぎり)(やく)かの(やう)(つつ)むでゐるのみである。
020 秋山別(あきやまわけ)(こころ)(うち)(おも)(やう)……どうせ、021こンな(わけ)(わか)らぬ(ところ)()たのだから、022ロクな(やつ)()()(はず)はない。023(あま)()(よわ)()つて()たならば、024先繰(せんぐ)先繰(せんぐ)りいろいろな(やつ)()()て、025(なに)をするか(わか)らない、026(つよ)くなくては……と(にはか)決心(けつしん)(ほぞ)(かた)め、027(こゑ)(たか)らかに、
028『オイ我利坊子(がりばうし)029貴様(きさま)現世(げんせ)(やつ)幽界(いうかい)(やつ)か、030返答(へんたふ)をせい。031現世(げんせ)には貴様(きさま)(やう)(やつ)はメツタに()(こと)はないが、032大方(おほかた)娑婆(しやば)()つて()れよしの()(たけ)(つく)した我利我利(がりがり)亡者(もうじや)連中(れんぢう)が、033(よく)(かは)落込(おちこ)濁流(だくりう)()ンで、034こンな(ざま)になつたのだらう。035(ひと)(たび)(なぐさ)みに貴様(きさま)来歴(らいれき)()かしてくれないか』
036(おれ)剛欲(がうよく)ハルの(くに)037身勝手郡(みかつてぐん)038()れよし(むら)欲皮剥右衛門(よくかははぎうゑもん)()(をとこ)だよ。039一人(ひとり)(をとこ)同国(どうこく)同郡(どうぐん)同村(どうそん)金借踏倒(かねかりふみたふ)しといふ亡者(もうじや)だよ。040(いま)冥途(めいど)()てから、041()()へて、042骨皮痩右衛門(ほねかはやせうゑもん)043墓原(はかはら)骨左衛門(こつざゑもん)となつたのだ。044(まへ)はアノ自称(じしよう)色男(いろをとこ)秋山別(あきやまわけ)045モリスの両人(りやうにん)(ちが)いあるまいがな』
046貴様(きさま)どうして(おれ)素性(すじやう)()つてゐるのだ』
047『きまつた(こと)よ。048(あま)貴様(きさま)(この)川上(かはかみ)立派(りつぱ)なナイスの(やう)化者(ばけもの)(つか)まへて、049(うつつ)()かしてゐるから、050(おれ)(かね)(いろ)とにかけては、051現界(げんかい)()つた(とき)から、052天下無双(てんかむさう)豪傑(がうけつ)だつたが、053(おれ)()(まへ)で、054(あま)巫山戯(ふざけ)たことをしよるものだから、055チツと(ばか)(しやく)にさはり、056ナイスが(かは)(なか)へとつて()つたのを(さいは)ひ、057河童(がたらう)となつて、058貴様(きさま)睾丸(きんたま)(ひき)ちぎり、059冥途(めいど)(たび)をさしてやつたのだ。060アツハヽヽヽ』
061『オイ、062モリス、063此奴(こいつ)俺達(おれたち)(いのち)()つた餓鬼(がき)だと()えるワイ。064サウもう()白状(はくじやう)(いた)した以上(いじやう)は、065了見(れうけん)ならぬ。066バツチヨ(かさ)のやうな、067(ほね)(かは)との(からだ)をしよつて、068洒落(しやれ)たことを(いた)亡者(もうじや)だナア。069これから両人(りやうにん)()みにじつて()れるから覚悟(かくご)(いた)せ』
070『アツハヽヽヽ、071(をんな)(すて)られ、072(いのち)(まで)()てた腰抜(こしぬけ)亡者(もうじや)分際(ぶんざい)として、073(なに)(ぬか)すのだイ。074コリヤ(この)欲皮(よくかは)貴様(きさま)()(とほ)り、075壁下地(かべしたぢ)(あら)はれて、076ニクもない可愛(かあい)(をとこ)だが、077(しか)(おれ)(からだ)満身(まんしん)(ほね)(もつ)(かた)めてあるのだぞ。078亡者(もうじや)なぶりの(ほね)なぶり、079見事(みごと)相手(あひて)になるなら、080なつて()よ』
081 モリス(はじ)めて(くち)(ひら)き、
082『コリヤ、083我利々々(がりがり)亡者(もうじや)084欲皮剥右衛門(よくかははぎうゑもん)とやら、085(おれ)(なん)心得(こころえ)てゐるか』
086(なん)とも心得(こころえ)()らぬワイ。087失恋狂(しつれんきやう)(かは)はまり、088土左衛門(どざゑもん)()れの()て、089(こひ)(ほのほ)におひかけられて、090(その)情熱(じやうねつ)()すべく、091(この)川辺(かはべ)(まで)()げて()よつたモリスぢやない、092亡者(まうじや)だらう。093亡者々々(もじやもじや)(いた)して()ると、094(この)欲川(よくかは)はモウ容赦(ようしや)はならぬぞ。095(をんな)()引張(ひつぱ)つて、096(みやこ)見物(けんぶつ)亡者引(もさひき)(やう)に、097()つともない(なん)(ざま)だイ。098チツとは(はぢ)()つたが()からうぞ』
099(なに)(ぬか)しよるのだイ。100貴様(きさま)(よく)(かは)()いで、101現界(げんかい)()つた(とき)は、102人鬼(ひとおに)()はれて()代物(しろもの)ぢやないか。103(その)天罰(てんばつ)(めぐ)つて()て、104河鹿(かじか)(なん)ぞの(やう)に、105川住居(かはずまゐ)をしよつて、106ガアガア(ぬか)すと、107本当(ほんたう)(かわづ)になつて(しま)うぞ。108(かわず)行列(ぎやうれつ)(むか)()ずと()(こと)があるぢやないか。109()(ぞこな)ひの饅頭(まんぢう)(やう)に、110かは(ばか)りにへばりつきよつて、111現界(げんかい)でも()へぬ(やつ)だつたが、112ヤツパリ(ここ)()ても(ほね)だらけで、113(あぢ)もシヤシヤリもない()へぬ代物(しろもの)だなア。114(しか)(なが)貴様(きさま)何時迄(いつまで)もこンな(ところ)()つても仕方(しかた)がないぢやないか。115モリスさまに()いて()ないか。116結構(けつこう)結構(けつこう)(はり)(やま)か、117()(いけ)か、118(いばら)(はやし)()れて()つて、119蜥蜴(とかげ)丸焼(まるやき)でも()()うてやるからのウ』
120『そんならこの金借(かねかり)()れて()つてくれないか。121(ただ)(もら)(こと)なら蜥蜴(とかげ)だつて、122(かへる)だつて(かま)うものか、123()(ただ)案内(あんない)してくれるのなら、124仮令(たとへ)(はり)(やま)でも()(いけ)地獄(ぢごく)でも(かま)やせぬワイ。125()(かく)(おれ)(もら)(こと)()きな性分(しやうぶん)だい。126()(こと)なら(した)()すのも()()すのも(きら)ひな亡者(もうじや)さまだよ。127サア(はや)()かう』
128『こりや(うそ)だ、129貴様(きさま)(やう)(もの)道伴(みちづ)れにして如何(どう)なるものかい。130紅井姫(くれなゐひめ)がシーズン(がは)飛込(とびこ)ンで、131冥途(めいど)(みち)()つてゐるのだから、132(その)(やう)(もの)()れて()かうものなら、133それこそモリスの男前(をとこまへ)()がつて(しま)うワイ』
134貴様(きさま)冥途(めいど)()(まで)二枚舌(にまいじた)使(つか)うのだな。135徹底的(てつていてき)大悪人(だいあくにん)だ。136ヨシ(いま)金借(かねかり)さまが(その)二枚舌(にまいじた)()いてやらう』
137()ふより(はや)く、138川縁(かはべり)手頃(てごろ)(いし)をクレツとめくると、139(その)(した)から、140沢山(たくさん)釘抜(くぎぬき)がガチヤガチヤする(ほど)(あら)はれて()た。141金借(かねかり)亡者(もうじや)は、142矢庭(やには)(これ)()()り、143モリスに(むか)つて(おそ)(きた)猛烈(まうれつ)(いきほひ)に、144流石(さすが)のモリスも(たま)りかね、145(たちま)ちザンブと激流(げきりう)飛込(とびこ)み、
146秋山別(あきやまわけ)(はや)(きた)れ』
147()(なが)ら、148抜手(ぬきで)()つて、149(なが)(わた)りに(むか)(ぎし)へヤツと()りつき、150着物(きもの)()()て、151(ちから)一杯(いつぱい)圧搾(あつさく)(はじ)めた。152秋山別(あきやまわけ)(から)うじて(およ)()き、153()(また)衣類(いるゐ)(しぼ)り、154二人(ふたり)川向(かはむか)うの二人(ふたり)亡者(もうじや)に、155(あご)をつき()拳骨(げんこつ)(かた)めて(くう)をなぐり、156十分(じふぶん)嘲弄(てうろう)(なが)ら、157一生懸命(いつしやうけんめい)何者(なにもの)にか()かるる(やう)心地(ここち)して、158(きた)(きた)へと(はし)()く。
159 (なん)とも(たと)(やう)のない不快(ふくわい)血腥(ちなまぐさ)(かぜ)()いて()る。160(あぶら)()られる(やう)(あつ)さを(かん)じて()た。161二人(ふたり)はヘタヘタになつて、162どつか()(かげ)があれば、163(やす)まうと、164()をキヨロつかせ、165そこらあたりを(なが)めて()ると、166(なん)とも形容(けいよう)出来(でき)ない一本(いつぽん)()枯葉(かれは)(さび)しげに宿(やど)して()つて()る。167せめては(この)木蔭(こかげ)にと立寄(たちよ)つて()れば、168(いや)らしい種々(いろいろ)毛虫(けむし)がウジヤつてゐる。169二人(ふたり)(きも)(つぶ)(なが)ら、170(また)もや()きつく(やう)大地(だいち)(うへ)(あゆ)()した。171(すこ)しく前方(ぜんぱう)(かや)(もつ)()いた(ちい)さい(いへ)が、172(めづら)しくも(ただ)一軒(いつけん)()つて()る。173これ(さいは)ひと立寄(たちよ)つてソツと(くさ)()ンだ()隙間(すきま)から、174(なか)(のぞ)くと、175(ぢい)とも(ばば)とも見当(けんたう)のつかぬ老人(らうじん)唯一人(ただひとり)176水涕(みづばな)をズーズーと()らし(なが)ら、177(しき)りに草鞋(わらぢ)(つく)つてゐる。178秋山別(あきやまわけ)(そと)から、
179『モシモシお()イさまかお()アさまか、180どちらかは()りませぬが、181吾々(われわれ)旅人(たびびと)御座(ござ)います。182(あま)(あつ)いので、183最早(もはや)やり()れなくなりました。184どうぞあなたの(すず)しい御宅(おうち)で、185(しばら)(やす)まして(くだ)さいな』
186 小屋(ごや)(なか)より皺枯(しわが)れた(こゑ)で、
187『ここは焦熱(せうねつ)地獄(ぢごく)八丁目(はつちやうめ)だ。188()うマア()(まよ)うて御座(ござ)つた。189閻魔大王(えんまだいわう)(さま)から、190前達(まへたち)二人(ふたり)(ここ)()るから、191(ここ)待伏(まちぶ)せして()れと御命令(ごめいれい)()けて、192二三日前(にさんにちまへ)から()つてゐたのだよ。193()(ところ)()()れた。194サアゆつくりと這入(はい)つて休息(きうそく)さつしやい。195やがて赤鬼(あかおに)黒鬼(くろおに)()(くるま)()つて、196前達(まへたち)二人(ふたり)(むか)へに()るから、197マア(たのし)みて()つてゐるがよからう。198一度(いちど)()(くるま)()つて()るのも面白(おもしろ)からうぞや』
199『モシモシそりやちつと(こま)るぢやありませぬか。200如何(どう)して吾々(われわれ)がそンな()(くるま)()らねばならぬ(やう)(わる)(こと)(いた)しましたか。201そりや大方(おほかた)人違(ひとちが)ひぢや御座(ござ)いますまいかなア』
202(わし)焼野ケ原(やけのがはら)脱皮婆(だつぴばば)アと()(もの)だ。203三途(さんづ)(かは)には脱衣婆(だついばば)()(もの)()つて着物(きもの)()がすが、204そこを(とほ)(やつ)(つみ)(かる)連中(れんぢう)だよ。205この焦熱(せうねつ)地獄(ぢごく)旅行(りよかう)する(やつ)(もつと)(わる)罪人(つみびと)()()(ところ)だ。206それだから、207(まへ)(にく)(かは)をスツカリ()()つて、208剥製(はくせい)にして黄泉(よみぢ)(みやこ)博物館(はくぶつくわん)陳列(ちんれつ)し、209(かは)()いだ(あと)肉体(にくたい)()(くるま)()せて、210閻魔(えんま)(ちやう)(おく)り、211(おに)(ども)(よろこ)びて、212塩焼(しほやき)にして()(しま)うのだから、213心配(しんぱい)することはない。214(いま)となつて心配(しんぱい)した(ところ)駄目(だめ)だよ。215チヤンときまり()つた運命(うんめい)だから……』
216『お()アさま、217そりや本当(ほんたう)ですかい。218チツとモリスには合点(がてん)()きませぬがなア』
219合点(がてん)()かぬ(はず)だよ。220合点(がてん)()かぬ(こと)(ばか)りやつて()たのだから、221無理(むり)はなけね(ども)222もういい加減(かげん)因縁(いんねん)づくぢやと合点(がてん)をせなきやならなくなつて()たよ。223(まへ)(むか)へに()()(くるま)自惚車(うぬぼれぐるま)といふ(めう)脱線(だつせん)転覆(てんぷく)する(くるま)(あぶ)ないものだが、224紅井(くれなゐ)(やう)(あか)(かほ)をして、225()()いた(をんな)(おに)一人(ひとり)226(また)(すこ)年増(としま)のエリナと()女鬼(めおに)一人(ひとり)227()(くるま)(ふた)()つて、228(まへ)(むか)へに()段取(だんどり)がチヤンと出来(でき)てゐるのだから、229(いま)(うち)なりと気楽(きらく)(うた)でも(うた)つておかつしやい。230()(くるま)()たが最後(さいご)231(まへ)(からだ)不動(ふどう)さまのように、232(こひ)情火(じやうくわ)()()つて、233(あつ)()()はねばならぬのだからな。234あゝ(おも)へば(おも)へば不愍(ふびん)なものだワイ。
235()(くるま)(べつ)地獄(ぢごく)にやなけれ(ども)
236(おの)(つく)つて(おの)()()
237とか()つて、238(まへ)(つく)つた完全(くわんぜん)無欠(むけつ)()(くるま)だから、239(たれ)遠慮(ゑんりよ)()らぬ。240ドンドンと()つて()かつしやれや。241何事(なにごと)()(なか)自業自得(じごうじとく)だ。242善因善果(ぜんいんぜんぐわ)243悪因悪果(あくいんあくくわ)244()かぬ(たね)()えぬとやら、245自分(じぶん)()いた(たね)成長(せいちやう)して、246(はな)()()がのり、247(また)自分(じぶん)収穫(しうくわく)をせなくちやならぬ天地(てんち)自然(しぜん)法則(はふそく)だからなア』
248『エー、249秋山別(あきやまわけ)(べつ)(をんな)(たい)し、250恋慕(れんぼ)(いた)しましたが、251まだ(うま)れてから、252(をんな)一人(ひとり)(をか)したことは御座(ござ)りませぬ。253(なに)(ため)にそれ(ほど)(おも)(つみ)(くわ)せられるのでせうか。254()(くらゐ)微罪(びざい)を、255さう()かましく詮議(せんぎ)()てをし、256処罰(しよばつ)をして()つたならば、257地獄(ぢごく)牢屋(らうや)もやり()れますまい』
258(かる)(つみ)(みな)()のがして、259三途(さんづ)(かは)(ころも)()がし、260それから(うま)赤子(あかご)赤裸(まつぱだか)にして、261(みたま)故郷(こきやう)(かへ)してやるのだが、262(まへ)(やう)罪人(ざいにん)()うしても(かへ)(こと)出来(でき)ないよ。263(また)何程(なにほど)立派(りつぱ)審判(さには)(おに)だとて、264(なか)には(めくら)もあるから、265(まへ)(つみ)(おれ)()いても、266ホンの(かる)(やう)(おも)ふが、267()(くるま)()せられて、268焦熱(せうねつ)地獄(ぢごく)(おと)してやらうと判決(はんけつ)されたのだから、269(この)(ばば)アの(ちから)ぢや如何(どう)する(こと)出来(でき)ない。270閻魔(えんま)さまだつて直接(ちよくせつ)調(しら)べるのぢやないから、271疎漏(そろう)もあるだらうし、272無実(むじつ)(つみ)()()(あは)れな人間(にんげん)もチヨイチヨイあるやうだ。273何程(なにほど)冥途(めいど)規則(きそく)立派(りつぱ)出来上(できあが)つて()つても、274それを運用(うんよう)する審判(さには)(おに)(めくら)だつたら駄目(だめ)だからな。275マア(あきら)めるより仕方(しかた)があるまいぞよ。276(うへ)大将(たいしやう)からして、277(めくら)幽霊(いうれい)(ばか)りだから(こま)つたものだよ。278(この)(ばば)アもお(まへ)には満腔(まんくう)同情(どうじやう)(へう)してゐるけれど、279(うへ)から(おさ)へられるのだから、280どうする(こと)出来(でき)やしない。281(まへ)言訳(いひわけ)(ひと)つでもせうものなら、282それこそ大変(たいへん)だ。283(した)(やく)(くせ)上役(うはやく)(さば)いた(こと)を、284(なに)ゴテゴテ()ふかと()つて、285一遍(いつぺん)免職(めんしよく)さされて(しま)うのだ。286さうすればお(まへ)(いま)(わた)つて()(よく)(かは)()つた我利々々(がりがり)亡者(もうじや)(やう)(ほね)(かは)とになつて(しま)はねばならぬ。287アーア(くら)がりの()(なか)()ふものは(なさけ)ないものだわい』
288()アさまは(はな)をすすり、289そろそろと()()した。
290 ()かる(ところ)へガラガラガラとけたたましき(おと)()て、291いかめしき(つら)した赤鬼(あかおに)292青鬼(あをおに)293金平糖(こんぺいたう)(なが)うした(やう)金棒(かなぼう)(たづさ)へ、294二台(にだい)()(くるま)(ひき)つれて、295(この)()(むか)つて(いきほひ)よく()けつけ(きた)る。296二人(ふたり)は『アツ』と(おどろ)(その)()(たふ)()しける。
297大正一一・八・二〇 旧六・二八 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)