霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二一章 白毫(びやくがう)(ひかり)〔八八七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 篇:第3篇 千里万行 よみ:せんりばんこう
章:第21章 第31巻 よみ:びゃくごうのひかり 通し章番号:887
口述日:1922(大正11)年08月20日(旧06月28日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
赤鬼と青鬼は二人を睨み付け、火の車に乗るようにと怒鳴りたてた。秋山別はやけくそになり、逆に鬼を怒鳴りつけて車に乗らないと言い出した。モリスはおどおどして秋山別をなだめ、鬼たちに詫びる。
秋山別は鬼を買収して地獄から抜け出そうと、鬼たちに金を渡した。二人は車に乗り込んだが、鬼たちは二人を焦熱地獄に連れてきてしまう。秋山別は約束が違うと非難するが、鬼たちは、自分たちは規則通りのことをするだけだと取り合わない。
焦熱地獄に投げ込まれそうになった二人は、惟神霊幸倍坐世を一生懸命に唱えた。すると一団の火光が大音響とともに落下し、鬼も火の車も消えてしまった。そして眉間の白毫からダイヤモンドのような光を発する神人が現れた。
神人は二人に水を与えて背を撫でさすり、まだ二人には現界で働かなければならない寿命が残っていると言って、背中を打った。
秋山別とモリスが気が付くと、二人はシーズン河の川辺で国依別、安彦、宗彦に介抱されていた。二人は国依別たちに礼を述べ、河原に端座して祝詞を奏上し、神恩を感謝した。
これより二人は国依別に帰依して心から改心し、一行はアマゾン河の大森林の魔神を征服するべく進んで行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3121
愛善世界社版:242頁 八幡書店版:第6輯 132頁 修補版: 校定版:249頁 普及版:114頁 初版: ページ備考:
001 二台(にだい)()(くるま)(ばば)アの小屋(ごや)(まへ)停車(ていしや)し、002(なか)より(あを)(あか)運転手(うんてんしゆ)003技手(ぎしゆ)004鶏冠(とさか)(やう)な、005キザのある(あご)をしやくり(なが)ら、006金銀色(きんぎんしよく)(つの)をニヨツと(あら)はし、007(くるま)より()りて、008ツカツカと二人(ふたり)(まへ)立塞(たちふさ)がり、
009(その)(はう)秋山別(あきやまわけ)010モリスの両人(りやうにん)であらう。011サア冥府(めいふ)よりの(むか)へだ。012グヅグヅして()ると時間(じかん)()れる。013(はや)(この)()(くるま)()れ』
014巨眼(きよがん)をひらき(にら)めつけ呶鳴(どな)()てる。015秋山別(あきやまわけ)焼糞(やけくそ)になり、
016『オウ、017(おれ)(をとこ)だ。018()(くるま)何恐(なにおそ)ろしいか。019俺達(おれたち)娑婆(しやば)(おい)て、020日々(にちにち)会計(くわいけい)不如意(ふによい)(ため)(いへ)には()()り、021(しり)には()がつき、022()(くるま)日々(にちにち)運転(うんてん)して()火宅(くわたく)勇者(ゆうしや)だ。023()るのは(すこ)しも(いと)はぬが、024(しか)しマアよく()け。025貴様(きさま)(つら)(なん)だい。026海辺(うみべ)銅葺(あかがねぶき)屋根(やね)(やう)(しや)(つら)をしよつて、027斯様(かやう)(あか)(くるま)()り、028(なに)をオドオドとして(あを)ざめてゐるのだ。029チツとしつかり(いた)さぬか。030コリヤ一匹(いつぴき)(やつ)031貴様(きさま)(つら)(なん)ぢや。032仏像(ぶつざう)(まへ)(まか)()でて、033(ばば)034(かか)目糞(めくそ)035鼻汁(はなしる)をぬりつけられ、036(はな)(ぱしら)(なに)もすりむかれてゐやがる賓頭盧(びんづる)(やう)真赤(まつか)(つら)をして(なん)(こと)だい。037昼日中(ひるひなか)(さけ)(くら)つて()(ぱら)つて()るのだらう。038そンな(こと)でお役目(やくめ)(つと)まるか。039(おれ)(かほ)()て、040ビリビリ(ふる)ひ、041真青(まつさを)(かほ)する(やつ)や、042弁慶(べんけい)(やう)(さけ)(くら)()うて真赤(まつか)になつて()(やう)運転手(うんてんしゆ)車掌(しやしやう)()つて()()(くるま)には、043危険(きけん)()れたものぢやない。044マア出直(でなほ)して()い。045明日(あす)ゆつくりと()つてやるワ』
046 モリスはおどおどし(なが)ら、
047『オイ、048秋公(あきこう)049そンな非道(ひど)(こと)()うない。050モウ()うなつては仕方(しかた)がない。051神妙(しんめう)にしてゐるのが(とく)だよ。052……モシモシ(あを)さま、053(あか)さま、054秋山別(あきやまわけ)只今(ただいま)御無礼(ごぶれい)何卒(どうぞ)(ゆる)してやつて(くだ)さいませ』
055『そりや(ゆる)さぬ(こと)はないが、056ここは地獄(ぢごく)八丁目(はつちやうめ)だ。057前達(まへたち)娑婆(しやば)()(とき)から()つて()ただらう。058それ、059地獄(ぢごく)沙汰(さた)も○○○と()(こと)を……』
060『ハヽヽヽヽ、061矢張(やつぱり)(かね)次第(しだい)(ぬか)すのかな。062それもさうだらう。063この秋様(あきさま)娑婆(しやば)()つた(とき)汽車(きしや)()るのに、064普通(ふつう)人間(にんげん)より二倍(にばい)がけ()すと、065それは都合(つがふ)()二等室(にとうしつ)()せてくれよつた。066三倍(さんばい)がけ()すと、067一層(いつそう)具合(ぐあひ)のよい一等室(いつとうしつ)白切符(しろきつぷ)()つて()せよつた。068切符(きつぷ)でさへも、069(あを)070(あか)071(しろ)三段(さんだん)区別(くべつ)がついて()る。072(まへ)(かほ)青切符(あをきつぷ)だな。073ヨシヨシお(まへ)赤切符(あかきつぷ)か、074さうすると、075赤切符(あかきつぷ)(はう)からきめてかからぬと、076(あを)さまに()れてやる標準(へうじゆん)がつかないワ。077(この)()(くるま)一哩(いちマイル)幾程(いくら)だイ』
078()(くるま)運賃(うんちん)請求(せいきう)せない。079(これ)冥府(めいふ)から差廻(さしまは)された特別(とくべつ)上等(じやうとう)()(くるま)だよ。080さうして俺達(おれたち)相当(さうたう)手当(てあて)(いただ)いて()るのだが、081そこはそれ、082最前(さいぜん)()ふた(とほ)りだ』
083『ヨシ、084(わか)つた。085そンな(こと)(すゐ)()かぬ秋様(あきさま)ぢやないワイ。086ここでは(なん)()ふか()らぬが、087娑婆(しやば)では袖下(そでした)()(もの)だらう。088(まへ)(やう)洋服(やうふく)では(そで)もなし、089どこへ()れたら()いのだ。090見当(けんたう)がつかぬぢやないか』
091(そで)がなくても、092ポケツトが洋服(やうふく)随所(ずいしよ)(こしら)へてあるワイ。093(その)ポケツトの(おも)い、094(かる)いに()つて、095焦熱(せうねつ)地獄(ぢごく)のドン(そこ)()れて()くか、096(ただし)はモツトモツト(らく)神界(しんかい)入口(いりくち)(おく)つてやるか、097ソリヤ(わか)らぬ。098(まる)次第(しだい)だからな』
099『それならモリ(こう)のと(おれ)のと一緒(いつしよ)にやるから、100二人(ふたり)(とも)(おな)(ところ)(たす)けるのだぞ。101()いてはお前達(まへたち)102二台(にだい)()(くるま)四人(にん)だから、103百両(ひやくりやう)づつやつても四百両(しひやくりやう)104(この)()アさまに篏口料(かんこうれう)(わた)しておかねばなるまい。105さうすると五百両(ごひやくりやう)106一寸(ちよつと)懐中(ふところ)()めるのだが、107エヽ仕方(しかた)がない。108(おも)()つてエヽ二人(ふたり)五百両(ごひやくりやう)109よく(あらた)めて受取(うけと)つたがよからう』
110『コリヤコリヤ(その)(はう)()しからぬ(こと)(いた)(やつ)だ。111賄賂(わいろ)(もつ)(この)(はう)買収(ばいしう)せうと(いた)不届(ふとどき)きな(やつ)112(これ)受取(うけと)るのは(やす)いけれ(ども)113(おれ)(また)収賄(しうわい)(つみ)()はれ、114貴様(きさま)(また)贈賄罪(ぞうわいざい)として益々(ますます)(つみ)(おも)くなるから、115以後(いご)心得(こころえ)たがよからう。116(ただし)今日(けふ)(かぎ)(わす)れておく(ほど)に……』
117以後(いご)(つつし)めと仰有(おつしや)らなくても、118最早(もはや)之丈(これだけ)()して(しま)へば、119無一物(むいつぶつ)御座(ござ)る。120そンならすつかり(わす)れて(しま)ふが、121(たがひ)結構(けつこう)(ケツ)(アナ)だ』
122『ヨシヨシ(わす)れて(つか)はす。123サア(はや)()れ。124(すこ)しは(あつ)いぞ。125(その)(かは)(まど)()(はな)しておいてやらう』
126 (あき)127モリの二人(ふたり)脱皮婆(だつぴばば)アに(むか)ひ、
128『お()アさま、129(おほ)きに御世話(おせわ)になりました。130(かげ)天国(てんごく)旅行(りよかう)(いた)します。131左様(さやう)なら……』
132五人(ごにん)百両(ひやくりやう)づつを投渡(なげわた)し、133二台(にだい)()(くるま)分乗(ぶんじやう)し、134ブウブウブウと(おと)()て、135(くさ)()()(なが)ら、136砂煙(すなけぶり)濠々(もうもう)()たせ、137一目散(いちもくさん)(きた)(きた)へと()けり()く。
138 ()(くるま)何時(いつ)()にか驀地(まつしぐら)逸走(いつそう)し、139(かね)(かべ)(もつ)(たか)(かこ)まれたる(あか)焦熱(しやうねつ)地獄(ぢごく)(もん)(まへ)横付(よこづ)けとなつた。
140『サア、141此処(ここ)焦熱(せうねつ)地獄(ぢごく)だ。142オイ(あか)143(しろ)144(くろ)(ども)145(はや)此奴等(こいつら)二人(ふたり)引摺(ひきず)(おと)し、146門内(もんない)投込(なげこ)め。147(おれ)命令(めいれい)だ』
148『モシモシ(あを)さま、149ソリヤ約束(やくそく)(ちが)うぢやありませぬか。150地獄(ぢごく)沙汰(さた)(かね)次第(しだい)()(こと)をお(わす)れになりましたか』
151()まつた(こと)だよ。152(その)(はう)がどうぞ只今(ただいま)(かぎ)(わす)れてくれと()つたぢやないか。153(なに)もかも(わす)れた(この)(はう)154規則(きそく)(どほ)打込(うちこ)めば()いのだよ』
155『ソリヤ(ちが)ひませう。156そンな(こと)仰有(おつしや)ると、157閻魔(えんま)さまに()つた(とき)158一伍一什(いちぶしじふ)申上(まをしあ)げますぞや。159さうすればお(まへ)さまも(たちま)ち、160(くび)()ンで、161吾々(われわれ)同様(どうやう)焦熱(せうねつ)地獄(ぢごく)(おと)されますよ』
162『ハヽヽヽヽヽ、163馬鹿正直(ばかしやうぢき)(やつ)だなア。164(おに)には(おに)(ばつ)があるから、165(ほか)から指一本(ゆびいつぽん)()へる(こと)出来(でき)るものかい。166野暮(やぼ)(こと)(まを)すな。167山猟師(やまれふし)(くま)168鹿(しか)()り、169海漁師(うみれうし)(うを)()り、170(ねこ)(ねずみ)()り、171(さる)(のみ)()り、172吾々(われわれ)亡者(もうじや)()るのが商売(しやうばい)だ。173仮令(たとへ)()からうが(あし)からうが、174そンな(こと)頓着(とんちやく)はない。175(なん)でもかでも、176一人(ひとり)でも余計(よけい)引張(ひつぱり)()みて()れば、177俺達(おれたち)収入(しうにふ)()くなるのだから、178愚痴(ぐち)つぽい(こと)()はずに、179いい加減(かげん)(あきら)めたが()からうぞ。180閻魔(えんま)さまに()ふなら()うてみよ、181吾々(われわれ)(おな)(あな)(きつね)だ。182キツト貴様(きさま)(たち)がお目玉(めだま)(もら)ふにきまつてゐるワ』
183(なん)とマア(ぜん)()(あく)(こら)す、184神聖(しんせい)(ところ)だとモリスも(おも)つて()たのに、185(まる)でこんな(こと)なら、186()(なか)(くら)がりだ。187天地晦冥(てんちくわいめい)暗澹(あんたん)として咫尺(しせき)(べん)ぜず、188(あま)岩戸(いはと)(がく)れの()(なか)だないか』
189『きまつた(こと)だよ。190それだから此処(ここ)冥府(めいふ)()ふのだ。191せうもない三五教(あななひけう)なぞと、192そこらを()かくし、193(まこと)とか()つて、194(ふる)道徳(だうとく)(ふり)まはし、195俺達(おれたち)役人(やくにん)……厄鬼(やくおに)(ども)領分(りやうぶん)侵害(しんがい)(いた)すから、196(なん)でも一寸(ちよつと)かかりがあつたら、197引張(ひつぱり)()まうと、198手具脛(てぐすね)()いて()つてゐた(ところ)だ。199よくもマア引掛(ひつかか)つて()よつた。200馬鹿者(ばかもの)だなア。201サア(はや)くキリキリと()てい』
202(あを)(あか)(しろ)(おに)(ども)二人(ふたり)引捉(ひつとら)へ、203無理(むり)鉄門(てつもん)(なか)押込(おしこ)まうとしてゐる。204押込(おしこ)まれては一大事(いちだいじ)と、205一生懸命(いつしやうけんめい)になつて『惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)』を奏上(そうじやう)する(をり)しも、206(たちま)前方(ぜんぱう)より一団(いちだん)火光(くわくわう)あたりを()らし、207()()(ごと)く、208(この)()(あら)はれて大音響(だいおんきやう)(とも)爆発(ばくはつ)した。209()(くるま)()つの(おに)(ども)もどこへ()()せたか、210(かげ)(かたち)もなくなつて(しま)つた。211忽然(こつぜん)として(あら)はれた眉間(みけん)白毫(びやくがう)よりダイヤモンドの(ごと)光輝(くわうき)(はつ)する神人(しんじん)一人(ひとり)212二人(ふたり)脇立(わきだち)()れ、213二人(ふたり)(まへ)近寄(ちかよ)り、214(あたま)()で、215()()で、216(みづ)(あた)へ、
217『ヤアお(まへ)秋山別(あきやまわけ)か、218(まへ)はモリスか、219まだここへ()るのは(はや)い。220現界(げんかい)(おい)(はたら)かねばならぬ寿命(じゆめう)(のこ)つてゐるぞ。221しつかり(いた)せ』
222(こぶし)(かた)めて、223背中(せなか)(ふた)(みつ)つウンと()(ほど)打据(うちす)ゑられ、224二人(ふたり)はハツと(おどろ)き、225正気(しやうき)(ふく)し、226そこらキヨロキヨロ()まはせば、227豈計(あにはか)らむや、228シーズン(がは)河辺(かはべ)りに、229三人(さんにん)(をとこ)(すく)()げられ介抱(かいほう)されてゐた。230(この)三人(さんにん)国依別命(くによりわけのみこと)231安彦(やすひこ)232宗彦(むねひこ)一行(いつかう)である。
233 秋山別(あきやまわけ)(おどろ)いて、
234『ヤアこれはこれは国依別(くによりわけ)宣伝使(せんでんし)(さま)235(わたくし)のような悪人(あくにん)()くマアお見捨(みすて)もなく御救(おすく)(くだ)さいました。236(じつ)有難(ありがた)御座(ござ)います。237モウ(すこ)しの(こと)焦熱(せうねつ)地獄(ぢごく)(おと)される(ところ)御座(ござ)いました』
238(まこと)(もつ)御無礼(ごぶれい)(ばか)(いた)しました。239モリスの(やう)悪人(あくにん)()くマア(たす)けて(くだ)さいました』
240(けつ)して御礼(おれい)仰有(おつしや)るには(およ)びませぬ。241大神様(おほかみさま)(わたくし)(この)御用(ごよう)(あふ)せつけられたので御座(ござ)います。242どうぞ大神様(おほかみさま)(あつ)御礼(おれい)申上(まをしあ)げて(くだ)さいませ』
243 二人(ふたり)は『ハイ有難(ありがた)う』と河原(かはら)行儀(げうぎ)よく端坐(たんざ)し、244拍手(はくしゆ)()ち、245天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、246神恩(しんおん)感謝(かんしや)する。
247 (これ)より秋山別(あきやまわけ)248モリスの二人(ふたり)(こころ)(そこ)より()(あらた)め、249()国依別(くによりわけ)(かみ)(ごと)くに(うやま)ひ、250(あらた)めて弟子(でし)となり、251ハルの(くに)大原野(だいげんや)(わた)(あるひ)高山(かうざん)()()え、252アマゾン(がは)両岸(りやうがん)にある大森林(だいしんりん)魔神(まがみ)征服(せいふく)すべく、253宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)ら、254意気(いき)揚々(やうやう)として(すす)()く。255あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
256大正一一・八・二〇 旧六・二八 松村真澄録)