霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二三章 化老爺(ばけおやぢ)〔八八九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 篇:第4篇 言霊将軍 よみ:ことたましょうぐん
章:第23章 第31巻 よみ:ばけおやじ 通し章番号:889
口述日:1922(大正11)年08月20日(旧06月28日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
秋山別は烈風に吹き飛ばされ、モリスと別れてしまい、やむを得ずただ一人山頂に向けて歩き始めていた。満点の星光のもと、天を仰いで神徳を賛美しつつあった。
すると突如大音響がして、たちまち一天かき曇り大粒の雨がバラバラと降り出した。秋山別が老木の陰に雨を避けようとすると、突然白髪異様の怪物が現れて、秋山別に掴みかかろうとした。
秋山別はとっさに大神と諸神を念じた。怪物はアマゾン川に永住する八岐大蛇の化身であると名乗った。そしてここから引き返すようにと秋山別を脅しにかかった。秋山別が三五教の宣伝使として不退転の決意を示すと、怪物は言霊歌で三五教を威喝・罵倒した。
秋山別は臍下丹田に息を込めて天の数歌を歌った。すると怪物の顔が少しく和らいだ。怪物は誠の言霊に弱いとうっかり口をすべらせた。秋山別はそれを力に、怪物の言霊歌を受けて、返歌を歌った。
怪物は、これまでの秋山別の悪行を並べ立てたが、秋山別は動じずに怪物に応答し、さらに天の数歌を繰り返すと、怪物は次第に小さくなって、二三尺の童子の姿となってしまった。怪物は捨て台詞を吐くと、秋山別の前から消えてしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3123
愛善世界社版:262頁 八幡書店版:第6輯 139頁 修補版: 校定版:270頁 普及版:123頁 初版: ページ備考:
001 秋山別(あきやまわけ)烈風(れつぷう)()()らされ、002(ちから)(たの)みしモリスには(わか)れ、003()むを()只一人(ただひとり)004屏風山脈(びやうぶさんみやく)帽子ケ岳(ぼうしがだけ)目当(めあ)てに(のぼ)りつつ、005(また)もや()()らして、006老木(らうぼく)(しげ)木蔭(こかげ)立寄(たちよ)り、007()(よこ)たへて(ここ)()()くるを()(こと)とせり。
008 満天(まんてん)星光(せいくわう)燦然(さんぜん)として金色(こんじき)(ひかり)(はな)ち、009紺碧(こんぺき)(そら)は、010(なん)となく爽快(さうくわい)(おぼ)え、011(てん)(あふ)いで神徳(しんとく)讃美(さんび)しつつありし(をり)012(にはか)山岳(さんがく)(くづ)るる(ばか)りの大音響(だいおんきやう)(きこ)(きた)り、013一天(いつてん)(たちま)(くも)りて、014大粒(おほつぶ)(あめ)バラバラと()()でぬ。
015 秋山別(あきやまわけ)()むを()ず、016老木(らうぼく)(かげ)立寄(たちよ)(あめ)()けむとする(をり)しも、017忽然(こつぜん)として(あら)はれたる白髪(はくはつ)異様(いやう)大怪物(だいくわいぶつ)018(かがみ)(ごと)巨眼(きよがん)()(いだ)し、019(はな)(たか)く、020(くち)(おほ)きく、021(あかがね)(ごと)面相(めんさう)にて、022秋山別(あきやまわけ)()めつけにける。023秋山別(あきやまわけ)(とどろ)(むね)(おさ)へ、024臍下丹田(さいかたんでん)(しん)(をさ)め、025怪物(くわいぶつ)(かほ)(またた)きもせず()めつけゐたり。026怪物(くわいぶつ)(また)027ビクともせず、028地上(ちじやう)より()えたる樹木(じゆもく)(ごと)突立(つつた)つて、029(あか)030(あを)031(しろ)032(くろ)033()034(むらさき)幾度(いくど)顔色(かほいろ)(へん)じ、035(つめ)(なが)()だらけの巨腕(きよわん)をヌツと(まへ)につき()し、036(いま)秋山別(あきやまわけ)を、037一掴(ひとつか)みにひン(にぎ)り、038()()てむとするの(いきほひ)(しめ)しけるにぞ、039秋山別(あきやまわけ)(こころ)(うち)にて……国治立大神(くにはるたちのおほかみ)040豊国姫大神(とよくにひめのおほかみ)041国大立大神(くにひろたちのおほかみ)042()出神(でのかみ)043()花姫神(はなひめのかみ)044金勝要大神(きんかつかねのおほかみ)045(まも)(たま)(さち)はひ(たま)へ……と祈願(きぐわん)をこらし()たりしが、046怪物(くわいぶつ)大口(おほぐち)をあけて、047(らい)(ごと)巨声(きよせい)にて(わら)()しぬ。
048『アツハヽヽヽ、049秋山別(あきやまわけ)宣伝使(せんでんし)050()つく()け! (われ)こそはアマゾン(がは)森林(しんりん)永住(えいぢう)(いた)八岐大蛇(やまたをろち)化身(けしん)であるぞ。
051イヽヽー如何(いか)(なんぢ)052勇猛(ゆうもう)なりとて吾等(われら)一族(いちぞく)(むか)つて言霊線(ことたません)発射(はつしや)し、053吾等(われら)永年(ながねん)棲処(すみか)(あら)さむと(いた)(につく)奴原(やつばら)
054ウヽヽーうつかり森林(しんりん)(むか)うものならば、055(それがし)神変(しんぺん)不思議(ふしぎ)(わざ)(もつ)て、056(なんぢ)身体(からだ)寸断(すんだん)()れむ。057万一(まんいち)(なんぢ)改心(かいしん)をなし、058(これ)より引返(ひきかへ)すに(おい)ては、059(なんぢ)(つみ)(ゆる)し、060生命(いのち)(たす)(つか)はすべし。061返答(へんたふ)如何(いか)に』
062呶鳴(どな)()てけるを、063秋山別(あきやまわけ)不退転(ふたいてん)信念(しんねん)(かた)め、
064『エヽヽー面倒(めんだう)な、065(それがし)国治立大神(くにはるたちのおほかみ)(をしへ)御子(みこ)066三五教(あななひけう)神司(かむづかさ)067(なんぢ)(ごと)曲神(まがかみ)(げん)(もち)ゐて、068のめのめ引返(ひきかへ)(やう)腰抜(こしぬけ)武士(ぶし)ではないぞ。
069オヽヽー(おそ)ろしき(その)面構(つらがま)へを(いた)し、070活神(いきがみ)宣伝使(せんでんし)(おど)しつけようと(いた)しても到底(たうてい)駄目(だめ)だ。071(はや)姿(すがた)(かく)せ』
072『ヤイ秋山別(あきやまわけ)073()つく()け。
074カヽヽー神々(かみがみ)(まを)すが、075国治立尊(くにはるたちのみこと)(かみ)ならば、076八岐大蛇(やまたおろち)(また)(かみ)であるぞよ。077(かみ)()(てん)(おい)何処(どこ)(ちが)つた(ところ)があるか。078(この)(はう)はウラル(けう)守護(しゆご)(いた)(もと)(かみ)にして、079世界(せかい)先祖(せんぞ)(きこ)えたるアダム、080エバの(みたま)より(あら)はれ()でたる(もの)なるぞ。081()はば(なんぢ)人民(じんみん)祖神(おやがみ)である。082()(おや)(たい)してたてつくと()道理(だうり)何処(どこ)にあるか、
083キヽヽ鬼門(きもん)金神(こんじん)とはそりや(なん)囈言(たはごと)084八岐大蛇(やまたおろち)悪神(わるがみ)なれば、085鬼門(きもん)()()(また)(おに)ではないか、
086クヽヽ(くだ)らぬ(こと)(まを)すより、087(はや)往生(わうじやう)(いた)せば、088苦労(くらう)なしに神徳(しんとく)(いただ)けるではないか、
089ケヽヽ見当(けんたう)()れぬ神界(しんかい)模様(もやう)090人間(にんげん)分際(ぶんざい)として如何(どう)して(わか)らうぞ、
091コヽヽ(これ)(くらゐ)(かみ)言葉(ことば)()けて(まを)したら、092如何(いか)頑迷(ぐわんめい)(その)(はう)でも、093合点(がてん)()つたであらう。
094サヽヽさつぱりと今迄(いままで)(こころ)取直(とりなほ)し、095大蛇(をろち)(かみ)帰順(きじゆん)(いた)すか、
096シヽヽしぶとう(いた)して()ると最早(もはや)量見(れうけん)はならぬぞ、
097スヽヽ(すき)(きら)ひだと、098(かみ)区別(くべつ)()て、099世界(せかい)をうろたへまはる腰抜共(こしぬけども)
100セヽヽせせこましい(こと)(おも)はずに、101天地(てんち)一体(いつたい)真理(しんり)(わきま)へ、102(はや)(この)(はう)帰順(きじゆん)せよ、
103ソヽヽそれが(その)(はう)()つて(もつと)安全(あんぜん)(みち)であるぞ、
104タヽヽ高天原(たかあまはら)聖地(せいち)(にしき)(みや)神司(かむづかさ)だとか、105イソの(やかた)(しづ)まる素盞嗚尊(すさのをのみこと)部下(ぶか)だとか、
106チヽヽ(ちい)さき(へだ)てを()てて、107(みづか)(ちい)さき(あな)(まよ)()み、
108ツヽヽ(つき)大神(おほかみ)(ばか)りを()(はや)し、
109テヽヽ(てん)(かがや)()大神(おほかみ)(つぎ)(いた)し、
110トヽヽ十曜(とえう)神紋(しんもん)(ひらめ)かし、111世界(せかい)宣伝使面(せんでんしづら)さげて、112うろたへ(まは)るとは(なん)のたわ(ごと)113(はや)(この)(はう)傘下(さんか)(あつ)まり(きた)つて、114(わが)神業(しんげふ)奉仕(ほうし)するか、115さもなくば(なんぢ)身体(しんたい)風前(ふうぜん)燈火(ともしび)だ。116ハヽヽヽヽ』
117四辺(あたり)(ひび)高笑(たかわら)ひ。118秋山別(あきやまわけ)暗夜(あんや)119(この)深山(しんざん)(おい)て、120()かる怪物(くわいぶつ)出会(であ)ひ、121(むね)(とどろ)き、122()()もよだつ(ばか)りに(おそ)ろしくなり()たりぬ。123されど()(まで)も、124一旦(いつたん)(こころ)にきめた信仰(しんかう)(ひるがへ)さじと、125臍下丹田(さいかたんでん)(いき)をこめ『(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)(もも)()(よろづ)』と(から)うじて、126(あま)数歌(かずうた)奏上(そうじやう)すれば、127怪物(くわいぶつ)(かほ)(やうや)くに(やはら)(すこ)しく(ゑみ)(たた)()るにぞ、128秋山別(あきやまわけ)(わが)言霊(ことたま)非常(ひじやう)効力(かうりよく)ありしことを心中(しんちう)打喜(うちよろこ)び、129怪物(くわいぶつ)(むか)つて、
130『オイお()イさま、131随分(ずいぶん)(えら)(いきほひ)で、132吾々(われわれ)威喝(ゐかつ)したぢやないか。133そンな(こと)(こわ)がる(やう)(もの)(ただ)一人(ひとり)もないぞよ。134(おれ)(こわ)いと()ふのはそンな化州(ばけしう)でも(なん)でもないワ』
135『ワツハヽヽヽ、136それなら(その)(はう)(なに)一番(いちばん)(こわ)いと(おも)ふか。137(この)(おやぢ)(おそ)ろしくないか』
138『ヘン、139(なに)(おそ)ろしいのだ。140(よる)になればそンな偉相(えらさう)(つら)をして()()るが、141日様(ひさま)がお()ましになると、142すぐに()えて(しま)代物(しろもの)(おそ)ろしくて、143(この)()(なか)()きて()けるかい。144コリヤ(この)(はう)三途(さんづ)(かは)(わた)り、145焦熱(せうねつ)地獄(ぢごく)()き、146地獄(ぢごく)(そこ)まで探険(たんけん)して、147実地(じつち)修養(しうやう)()秋山別(あきやまわけ)宣伝使(せんでんし)だぞ。148前達(まへたち)(こわ)くて(たま)らうかい』
149『そンなら、150(ひと)(こわ)(もの)があると()つたのは(なん)(こと)だい。151(おれ)(こわ)いと()ふのは(まこと)()一字(いちじ)(ばか)りだ』
152とウツカリ怪物(くわいぶつ)(くち)(すべ)らしたるを、153秋山別(あきやまわけ)(これ)()いて、
154『ハヽー此奴(こいつ)155(まこと)(こわ)いと()ひよつたなア。156大方(おほかた)言霊(ことたま)(おそ)れてゐるのだらう。157ヨシ、158(これ)からグヅグヅ(ぬか)しよつたら、159言霊(ことたま)連発(れんぱつ)してやるのだナア』
160(なか)(なか)決定(きめ)(しま)つた。
161『オイ(ぢぢ)162モウしめたものだ。163貴様(きさま)(まこと)一番(いちばん)(こわ)いと()ひよつた。164誠生粋(まこときつすゐ)大和魂(やまとだましひ)言霊(ことたま)をこれから発射(はつしや)してやるから、165(その)(つも)りで()れ。
166ナヽヽ(なん)(まを)しても、167(この)言霊(ことたま)(おれ)(くち)から()るのだから、168貴様(きさま)(ちから)でとめる(わけ)にも()こまい、169(はや)改心(かいしん)(いた)さぬと、
170ニヽヽ二進(につち)三進(さつち)()かさぬ(やう)に、171秋山別(あきやまわけ)がここで(ふう)じて(しま)つてやるぞ』
172『ヌヽヽ(ぬか)すな(ぬか)すな。173強盗(ぬすびと)猛々(たけだけ)しいとは(その)(はう)(こと)だぞ。174主人(しゆじん)(むすめ)(ぬす)()さうと(いた)した痴者(しれもの)()
175ネヽヽ(ねぢ)(まが)つた(その)(はう)言霊(ことたま)が、176(この)(はう)(たい)して応用(おうよう)出来(でき)(たま)るものかい、
177ノヽヽ野天狗(のてんぐ)178野狸(のだぬき)179野狐(のぎつね)(やう)厄雑神(やくざがみ)容物(いれもの)となり、180言霊(ことたま)発射(はつしや)するのなンのと、
181ハヽヽ(はら)()れるワイ、182(あま)可笑(をか)しうてのウ。
183ヒヽヽ(ひめ)(あと)野良犬(のらいぬ)(やう)()ぎまはる、
184フヽヽ不束者(ふつつかもの)()が、
185ヘヽヽ()でも(くら)つたがよからうぞ、
186ホヽヽ(はう)野郎(やらう)()
187マヽヽ(まこと)(こわ)いと(もう)せば(すぐ)()(あが)り、188言霊(ことたま)発射(はつしや)してやらうなどと、189(こころ)(なか)北叟笑(ほくそゑ)みを(いた)して()るぞよ。190この(はう)(あま)りの可笑(をか)しさに、
191ミヽヽ()つともない、192(その)面付(つらつき)(をんな)(たい)し、193(こひ)(ふな)のと、194ソリヤ(なん)のたわ(ごと)
195ムヽヽ(むかし)から無理(むり)往生(わうじやう)(こひ)()げられた(ため)しはないぞ。
196メヽヽ(めくら)滅法界(めつぽふかい)に、
197モヽヽ盲目的(まうもくてき)に、
198ヤヽヽやり()らうと(おも)うても、
199イヽイ()きは(いた)さぬぞよ。
200ユヽヽ幽冥界(いうめいかい)(おと)されて、201焦熱(せうねつ)地獄(ぢごく)(まよ)()み、202()(くるま)()せられ、
203エヽヽえぐい、204(あつ)(くるし)みに()ひ、
205ヨヽヽヨウもヨウも幽界(いうかい)探険(たんけん)をして()たなどと、206口幅(くちはば)(ひろ)(こと)()はれたものだ、
207ラヽヽらつちもない、
208リヽヽ悋気(りんき)喧嘩(げんくわ)(いた)したり、
209ルヽヽ坩堝(るつぼ)(やう)(くろ)(しや)(つら)をして、
210レヽヽ恋愛(れんあい)恋慕(れんぼ)のと、211ソリヤ(なに)(ほざ)くのだい、
212ロヽヽ(ろく)でなし()
213ワヽヽ()れの身分(みぶん)(かんが)へて()よ。
214ヰヽヽいたづら小僧(こぞう)分際(ぶんざい)として、
215ウヽヽ囈言(うさごと)のような(こひ)(かた)り、
216ヱヽヽ(えん)があるの、217ないのと、
218ヲヽヽ可笑(おか)しいワイ。219貴様(きさま)(こわ)いのは大方(おほかた)(をんな)だらう。220(をんな)(ため)に、221シーズン(がは)投込(なげこ)まれ、222()るに()られぬ苦労(くらう)(いた)し、223地獄(ぢごく)八丁目(はつちやうめ)(まで)(おと)されて()よつたのだから、224(をんな)にはコリコリ(いた)したと()えて、225元気(げんき)のない(その)面付(つらつき)(なん)だい』
226『ヨシ()て、227糞爺(くそぢぢ)228(いま)秋山別(あきやまわけ)神力(しんりき)無双(むさう)229円満(ゑんまん)清朗(せいらう)なる生言霊(いくことたま)弾丸(だんぐわん)(その)(はう)面体(めんてい)(むか)つて乱射(らんしや)してやるから覚悟(かくご)(いた)せ。230コリヤ()つときの言霊(ことたま)だぞ。231最前(さいぜん)のは(なまり)(たま)だつたが、232今度(こんど)(ぎん)(たま)(きん)(たま)だ。233化物(ばけもの)(むか)つて(きん)(たま)発射(はつしや)すれば、234化者(ばけもの)滅亡(めつぼう)するのは(むかし)から()まつてゐる。235サア()いか』
236『アハヽヽヽ、237睾玉(きんたま)発射(はつしや)するのも面白(おもしろ)からう。238(その)(はう)最早(もはや)(をんな)絶縁(ぜつえん)()以上(いじやう)は、239睾玉(きんたま)不必要(ふひつえう)だ。240サア(なん)ぼなと発射(はつしや)せい。241受取(うけと)つてやらう。242(しかし)(なが)(ただ)(ふた)つより()ろまい。243(その)(かは)り、244(その)(ふた)つを発射(はつしや)したが最後(さいご)245(その)(はう)勇気(ゆうき)はなくなり、246言霊戦(ことたません)はモウ駄目(だめ)だぞ』
247馬鹿(ばか)だなア。248そんな(きん)(たま)とは(ちが)うのだ。249一言(いちげん)天地(てんち)震憾(しんかん)し、250一声(いつせい)よく風雨雷霆(ふううらいてい)叱咤(しつた)する黄金(わうごん)言霊(ことたま)だ』
251()(なが)ら、
252(ひと)(ふた)()()(いつ)(むゆ)(なな)()(ここの)(たり)(もも)()(よろづ)
253四五回(しごくわい)繰返(くりかへ)せば、254流石(さすが)怪物(くわいぶつ)追々(おひおひ)(その)容積(ようせき)(げん)じ、255(つひ)には二三尺(にさんじやく)童子(どうじ)姿(すがた)となり、256(ちい)さき(こゑ)にて、
257『コリヤ秋山別(あきやまわけ)258(その)(はう)(おれ)一番(いちばん)(こわ)がる(まこと)言霊(ことたま)発射(はつしや)して()めよつたな。259ヨシ(この)(はう)にも(かんが)へがある。260今日(けふ)はこれで(わか)れてやるが、261明晩(みやうばん)キツと(かたき)()つてやるから(その)(つも)りで()れ。262ウーーツ』
263(うな)りを()ててパツと(その)(まま)()()せにけり。
264大正一一・八・二〇 旧六・二八 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。