霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二五章 会合(くわいがふ)〔八九一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 篇:第4篇 言霊将軍 よみ:ことたましょうぐん
章:第25章 第31巻 よみ:かいごう 通し章番号:891
口述日:1922(大正11)年08月20日(旧06月28日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年9月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一方、国依別と安彦・宗彦たちは帽子山山頂に着き、秋山別とモリスを待ちながら、神言を奏上していた。すると、背後から宣伝歌が聞こえてきた。高砂島への宣伝の旅の様子を語るその歌を聞いて、国依別はそれが言依別命だと悟り、百万の援軍を得た嬉しさに満たされ、襟を正して待っていた。
そこへ、秋山別とモリスがやってきた。二人は国依別一行を見つけると、嬉しさに嗚咽啼泣し、道中に受けた試練をそれぞれ報告し、神恩への感謝を表した。
やがて言依別命一行も姿を現し、合流した。言依別命と国依別はここを策源地として、アマゾンの時雨の森の魔神たちに対して言霊戦を開始することとなった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3125
愛善世界社版:279頁 八幡書店版:第6輯 146頁 修補版: 校定版:289頁 普及版:132頁 初版: ページ備考:
001 国依別(くによりわけ)安彦(やすひこ)002宗彦(むねひこ)両人(りやうにん)(とも)に、003樹木(じゆもく)鬱蒼(うつさう)たる森林(しんりん)()え、004(たに)(わた)り、005小山(こやま)(いく)つか()えて、006(やうや)くに屏風山脈(びやうぶさんみやく)最高所(さいかうしよ)(きこ)えたる帽子ケ岳(ぼうしがだけ)頂上(ちやうじやう)(のぼ)りつき、007秋山別(あきやまわけ)008モリス両人(りやうにん)此処(ここ)(きた)(くわい)するを()ちつつ、009(かや)()根元(ねもと)神言(かみごと)奏上(そうじやう)(なが)待合(まちあは)()たりけり。
010 (この)(とき)(やま)背後(はいご)より宣伝歌(せんでんか)(こゑ)(きこ)()たれり。
011(かみ)(おもて)(あら)はれて
012(ぜん)(あく)とを(たて)わける
013(この)()(つく)(たま)ひたる
014国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
015豊国姫(とよくにひめ)諸共(もろとも)
016豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
017青人草(あをひとぐさ)(はじ)めとし
018(とり)(けだもの)(うを)(むし)
019(くさ)片葉(かきは)(いた)るまで
020(いき)たる(いのち)(あた)へつつ
021(おのおの)(その)(しよ)()せしめて
022(この)()(きよ)(うる)はしく
023(しげ)らせ(たま)有難(ありがた)
024さは()(なが)らブラジルの
025(この)神国(かみくに)(ひろ)くして
026高山(かうざん)三方(さんぱう)()ちめぐり
027(ひがし)荒波(あらなみ)(くる)()
028大海原(おほうなばら)(ひか)へたる
029人跡(じんせき)(まれ)なる(くに)なれば
030(しこ)曲津(まがつ)各自(めいめい)
031(さき)(あらそ)()(きた)
032アマゾン(がは)(はじ)めとし
033時雨(しぐれ)(もり)(あつ)まりて
034(きば)(ひか)らせ(つめ)()
035時々(ときどき)(やま)()()えて
036アルゼンチンやテルの(くに)
037ヒル、カル(その)()国々(くにぐに)
038(あら)はれ(きた)(まが)(わざ)
039青人草(あをひとぐさ)安全(あんぜん)
040(やぶ)りて(この)()(おびや)かす
041(その)曲神(まがかみ)三五(あななひ)
042(きよ)御水火(みいき)言向(ことむ)けて
043(あめ)(した)には(おに)もなく
044(しこ)大蛇(をろち)曲神(まがかみ)
045(かげ)をば()ちて千早振(ちはやぶ)
046(かみ)()さしの神業(かむわざ)
047(きよ)めむものと葦原(あしはら)
048中津御国(なかつみくに)(あと)にして
049荒波(あらなみ)(たけ)海原(うなばら)
050国依別(くによりわけ)諸共(もろとも)
051(すす)(すす)みてテルの(くに)
052テル山峠(やまたうげ)乗越(のりこ)えて
053神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
054八人乙女(やたりをとめ)末子姫(すゑこひめ)
055(しづ)まりゐますウズ(くに)
056(かみ)(みやこ)(あら)はれて
057(しば)(ひつぎ)(とど)めしが
058神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
059はるばる浪路(なみぢ)(うち)わたり
060イソの(やかた)(あと)にして
061(うづ)御霊(みたま)宇都(うづ)(くに)
062(あら)はれ(きた)()たまはく
063一日(ひとひ)(はや)くアマゾンの
064(かは)沿()ひたる森林(しんりん)
065(なんぢ)言依別神(ことよりわけのかみ)
066二三(にさん)(とも)引連(ひきつ)れて
067(すす)めや(すす)(はや)(すす)
068屏風(びやうぶ)(ごと)南北(なんぽく)
069()(なら)びたる青垣(あをがき)
070大山脈(だいさんみやく)最高地(さいかうち)
071帽子ケ岳(ぼうしがだけ)国依別(くによりわけ)
072(のり)(つかさ)一行(いつかう)
073(きた)りて(なんぢ)()つならむ
074(この)神言(かみごと)(かしこ)みて
075数多(あまた)月日(つきひ)(けみ)しつつ
076山野(やまの)(わた)(かは)()
077(やうや)此処(ここ)(きた)りけり
078あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
079御霊(みたま)(さち)はひましまして
080国依別(くによりわけ)(めぐ)()
081(ちから)(あは)村肝(むらきも)
082(こころ)(ひと)つに(かた)めつつ
083(かみ)()さしの神業(かむわざ)
084(つか)(まつ)りてアマゾンの
085時雨(しぐれ)(もり)(まよ)ひたる
086鷹依姫(たかよりひめ)一行(いつかう)
087高姫(たかひめ)常彦(つねひこ)春彦(はるひこ)
088危難(きなん)(すく)森林(しんりん)
089(わだか)まりたる悪神(あくがみ)
090伊吹(いぶき)狭霧(さぎり)()()らし
091生言霊(いくことたま)神力(しんりき)
092悪魔(あくま)(ぜん)()(なほ)
093言向(ことむけ)(やは)一日(いちにち)
094(はや)神業(しんげふ)()()げて
095神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
096御前(みまへ)復命(ふくめい)させ(たま)
097(あさひ)はてるとも(くも)るとも
098(つき)はみつともかくるとも
099時雨(しぐれ)(もり)悪神(あくがみ)
100いかに(いきほひ)(たけ)くとも
101(いづ)御霊(みたま)大神(おほかみ)
102()さしの(こと)をどこ(まで)
103(たて)()(まで)(たたか)はむ
104あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
105御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
106 帽子ケ岳(ぼうしがだけ)東方(とうはう)(のぼ)()宣伝使(せんでんし)は、107(この)(うた)(あら)はれたる言依別命(ことよりわけのみこと)一行(いつかう)にぞありける。
108 国依別(くによりわけ)(この)宣伝歌(せんでんか)()いて、109(おほい)(よろこ)び、110百万(ひやくまん)援軍(ゑんぐん)()たる(ごと)心地(ここち)して、111(えり)(ただ)して()()たり。112安彦(やすひこ)(うれ)しげに、
113宣伝使(せんでんし)(さま)114(いま)宣伝歌(せんでんか)(なん)とも()れぬ清涼(せいりやう)言霊(ことたま)で、115大変(たいへん)強味(つよみ)のある音声(おんせい)では御座(ござ)いませぬか。116(この)(やう)高山(かうざん)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)()()うとは(ゆめ)にも(おも)ひませぬが、117(たれ)がやつて()るのでせうかなア』
118(たれ)だかチツとも(わか)らぬが、119大方(おほかた)神様(かみさま)御越(おこ)しになるのだらう。120サー行儀(ぎやうぎ)よくして、121ここに(すわ)つて、122御迎(おむか)へしたがよからうぞ』
123『ハイ、124(かしこ)まりました。125(しかし)(なが)ら、126秋山別(あきやまわけ)127モリスの両人(りやうにん)大変(たいへん)(おそ)いぢやありませぬか。128大方(おほかた)一昨日(いつさくじつ)烈風(れつぷう)()きまくられて、129どつかへ()つて(しま)つたのぢや御座(ござ)いますまいかな。130(じつ)(あん)じられた(もの)です。131宣伝使(せんでんし)(さま)如何(どう)御考(おかんが)へなさいますか』
132『あの二人(ふたり)はまだ十分(じふぶん)改心(かいしん)出来(でき)てゐないから、133故意(わざ)とに(みなみ)(たに)(のぼ)らせたのだよ。134キツといろいろの神様(かみさま)試練(しれん)()うて(たま)(みが)き、135立派(りつぱ)人間(にんげん)になつて、136ここへやつて()るから、137前達(まへたち)二人(ふたり)余程(よほど)しつかりせないと、138(はづか)しいことが()()るよ』
139『しつかりせいと仰有(おつしや)つても宗彦(むねひこ)は、140(これ)以上(いじやう)如何(どう)したらよいのですか。141あれ(だけ)猛獣(まうじう)(こゑ)(きこ)えても、142(また)襲来(しふらい)されても、143レコード(やぶ)りの大風(たいふう)()いてもビリともせず、144一生懸命(いつしやうけんめい)御神力(ごしんりき)()つて(どう)をすゑて()吾々(われわれ)ぢや御座(ござ)いませぬか』
145『まだどこやらに、146(どう)のすわらない(ところ)が、147国依別(くによりわけ)()から()れば沢山(たくさん)あるよ。148これから時雨(しぐれ)(もり)()かねばならぬが、149あれ(くらゐ)(こと)(なん)ともなかつたと()つて、150自慢(じまん)をするやうな(こと)では、151到底(たうてい)152ドエライ(やつ)出会(でくわ)した(とき)には、153(こら)()れないやうなことが()()るよ。154(まへ)(どう)をすゑて()つたといふのも、155吾々(われわれ)()つたからだよ。156単独(ひとり)であの(さか)()えて、157(どう)()わつてをつたなら、158モウ大丈夫(だいぢやうぶ)だが、159三人(さんにん)真中(まんなか)()つて、160やうやうここまでやつて()たお(まへ)腕前(うでまへ)161(あん)じられたものだよ』
162(はな)して()(をり)しも、163モリスは秋山別(あきやまわけ)()()いて(やうや)此処(ここ)(のぼ)(きた)り、164国依別(くによりわけ)一行(いつかう)()るや、165(あま)りの(うれ)しさに嗚咽涕泣(おえつていきふ)(ひさ)しうし、166(やうや)くに(くち)()いて、
167国依別(くによりわけ)(さま)168(まこと)有難(ありがた)御座(ござ)いました。169(みなみ)谷間(たにあひ)を、170汝等(なんぢら)両人(りやうにん)(とほ)つて()け……と(あふ)せられた(とき)は、171(なん)とも()へぬ()みしさを(かん)じ、172(また)幾分(いくぶん)貴方(あなた)(うら)ンで()りましたが、173イヤ(じつ)結構(けつこう)なお神徳(かげ)(いただ)きまして、174(はじ)めて、175神様(かみさま)貴方(あなた)御仁慈(ごじんじ)御心(おこころ)(わか)りました。176吾々(われわれ)両人(りやうにん)()身魂(みたま)(くもり)(おほ)く、177到底(たうてい)アマゾン(がは)言霊戦(ことたません)参加(さんか)する資格(しかく)御座(ござ)りませなかつたが、178どうやら、179()うやら、180やツと及第点(きふだいてん)()られた(やう)(かん)じが(いた)します。181(いま)(あらた)めて(あつ)感謝(かんしや)(たてまつ)ります』
182両人(りやうにん)(つち)(うへ)()をついて、183(うれ)(なみだ)にくれてゐる。
184 宣伝歌(せんでんか)(こゑ)追々(おひおひ)近付(ちかづ)きしと()()に、185言依別命(ことよりわけのみこと)先頭(せんとう)に、186二三人(にさんにん)伴人(ともびと)(とも)に、187国依別(くによりわけ)端坐(たんざ)()()たる(かや)大木(たいぼく)(そば)(ちか)(すす)(きた)る。
188 (これ)より言依別命(ことよりわけのみこと)189国依別(くによりわけ)両将(りやうしやう)はここを策源地(さくげんち)となし、190いよいよ時雨(しぐれ)(もり)魔神(ましん)(たい)し、191言向戦(ことむけせん)開始(かいし)することとはなりぬ。192(この)物語(ものがたり)紙面(しめん)都合(つがふ)()り、193(ひつじ)(まき)口述(こうじゆつ)する(こと)とせり。
194 惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
195大正一一・八・二〇 旧六・二八 松村真澄録)
196(昭和九・一二・一九 於北陸路 王仁校正)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)