霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説(そうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第32巻 海洋万里 未の巻 篇:前付 よみ:
章:総説 よみ:そうせつ 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年08月24日(旧07月02日) 口述場所:伊豆湯ケ島 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年10月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
本巻は言霊学応用の大要を示し、かつ神の平等愛はあまねく禽獣虫魚に至るまで降り注いでいることを具体的に表している。
三五教主・言依別命と国依別命は、アマゾン河および南北の大森林で舎身的に大活動中、琉球の玉の霊光に照らされて功を奏した。一行十八人は、アルゼンチンのウヅの都に首尾よく凱旋をなし、神素盞嗚尊に親しく拝顔することを得た。
国依別と尊の末女である末子姫との結婚の約が成立した際には、高姫が極力妨害運動を開始したおもしろき顛末も述べている。双方ともに私心無き真心の発動により、ただ神を思い世を思うのあまり、意見の相違をきたした次第が、明らかに現れている。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:3頁 八幡書店版:第6輯 152頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001 言霊学(ことたまがく)応用(おうよう)大要(たいえう)説示(せつじ)し、002()(かみ)平等愛(びやうどうあい)(あまね)禽獣虫魚(きんじうちうぎよ)(いた)(まで)均霑(きんてん)(たま)(こと)を、003具体的(ぐたいてき)(あら)はし、004三五教(あななひけう)教主(けうしゆ)言依別命(ことよりわけのみこと)005国依別命(くによりわけのみこと)琉球(りうきう)(たま)霊光(れいくわう)によりて、006アマゾン(がは)および南北(なんぽく)大森林(だいしんりん)()りて舎身的(しやしんてき)大活動中(だいくわつどうちう)007霊光(れいくわう)()らされて、008(やうや)くその(かう)(そう)し、009一行(いつかう)十八人(じふはちにん)アルゼンチン(ウヅ)の(みやこ)首尾(しゆび)よく凱旋(がいせん)し、010神素盞嗚尊(かむすさのをのみこと)(した)しく拝顔(はいがん)し、011国依別(くによりわけ)(みこと)末女(まつぢよ)なる末子姫(すゑこひめ)結婚(けつこん)(やく)成立(せいりつ)したる(さい)012(れい)高姫(たかひめ)清濁(せいだく)二本(にほん)霊魂上(れいこんじやう)見地(けんち)より、013極力(きよくりよく)妨害(ばうがい)運動(うんどう)開始(かいし)せる面白(おもしろ)顛末(てんまつ)()べてあります。014双方(さうはう)ともに真心(まごころ)発動(はつどう)にて、015(その)(あひだ)に、016毫末(がうまつ)私心私欲(ししんしよく)混入(こんにふ)することなく、017唯々(ただただ)()(おも)(かみ)(みち)(おも)ふの(あま)り、018種々(しゆじゆ)意見(いけん)相違(さうゐ)(きた)したる次第(しだい)(あきら)かに(あら)はれて()ります。019惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
020  大正十一年八月二十四日 旧七月二日
021於 伊豆湯ケ島