霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四章 (わに)言霊(ことたま)〔八九五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第32巻 海洋万里 未の巻 篇:第1篇 森林の都 よみ:しんりんのみやこ
章:第4章 鰐の言霊 よみ:わにのことたま 通し章番号:895
口述日:1922(大正11)年08月22日(旧06月30日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年10月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
鰐の頭は四人の宣伝使の前に現れ、感謝の意を込めた歌を歌って歓迎の意を表した。
竜国別は兎と鰐の一族を前に、時雨の森を守り平和を取り戻す決意を歌で表明した。
テーリスタンは滑稽な歌を歌ってその場を和め、また勇気を鼓舞し、兎と鰐を安堵した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:40頁 八幡書店版:第6輯 165頁 修補版: 校定版:42頁 普及版:17頁 初版: ページ備考:
001 (わに)(かしら)はツカツカと四人(よにん)(まへ)(あらは)(きた)り、002さも(うれ)しげに(かしら)()感謝(かんしや)()(へう)()(うた)ふ。
003(あふ)げば(たふと)天地(あめつち)
004(かみ)(めぐみ)()のあたり
005(あま)河原(かはら)(さを)さして
006アマゾン(がは)河口(かはぐち)
007(くだ)(たま)ひし(かみ)御子(みこ)
008(わに)一族(いちぞく)(よろこ)びて
009(あか)(こころ)(ささ)げつつ
010(ここ)(あら)はれ()(きた)
011(ことほ)(つか)(たてまつ)
012あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
013(たふと)(かみ)御恵(おんめぐみ)
014吾等(われら)(うへ)(くだ)りけり
015吾等(われら)のすさむ(たましひ)
016一度(いちど)(ひら)()(はな)
017(かを)るが(ごと)(さか)えけり
018鷹依姫(たかよりひめ)神様(かみさま)
019竜国別(たつくにわけ)神様(かみさま)
020はるばる此処(ここ)天降(あも)りまし
021吾等(われら)(わう)(つか)へたる
022(うさぎ)(きみ)(しづ)まれる
023霊地(れいち)(あらは)(たま)ひしは
024天地(てんち)(かみ)御恵(みめぐ)みか
025譬方(たとへがた)なき(よろこ)びに
026これの湖水(こすゐ)(つつ)みたる
027青垣山(あをがきやま)草木(くさき)(まで)
028(いろ)(うるは)しく生々(いきいき)
029(よみがへ)りたる(ごと)(おも)ひなり
030吾等(われら)(つき)大神(おほかみ)
031(うづ)御子(みこ)なる兎族(うさぎぞく)
032(たふと)(うやま)朝夕(あさゆふ)
033(こころ)(つく)()(つく)
034モールバンドやエルバンド
035(とら)(おほかみ)獅子(しし)(くま)
036(おそ)(きた)れる災禍(わざはひ)
037(ふせ)ぎて(まも)(なが)(とし)
038さはさりながら吾々(われわれ)
039(かみ)御水火(みいき)()けながら
040(むかし)(つみ)()えやらず
041げに浅間(あさま)しき(この)境遇(きやうぐう)
042如何(いか)(こころ)(つく)すとも
043(かみ)御水火(みいき)言霊(ことたま)
044()らす(こと)さへ白波(しらなみ)
045(なか)(ただよ)(かな)しさに
046月日(つきひ)(おく)甲斐(かひ)もなく
047これの湖辺(こへん)棲処(すみか)とし
048十里(じふり)四方(しはう)霊地(れいち)をば
049(わづか)(まも)(ばか)りなり
050さはさりながら吾々(われわれ)
051これの湖辺(うみべ)()(うち)
052如何(いか)なる(たけ)獣類(けだもの)
053容易(ようい)(をか)()ざるべし
054あゝさりながらさりながら
055猛獣毒蛇(まうじうどくじや)(うま)れたる
056(かれ)身魂(みたま)(あは)れにも
057(かみ)御子(みこ)にて御子(みこ)ならず
058優勝劣敗(いうしようれつぱい)(つみ)(かさ)
059弱肉強食(じやくにくきやうしよく)()(つき)
060(おこな)(つづ)生命(せいめい)
061(わづか)(たも)てる(あは)れさよ
062あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
063(かみ)御霊(みたま)(さち)はひて
064(あめ)(した)なる生物(いきもの)
065(たがひ)(あい)(たす)()
066(あらそ)(たけ)(こと)もなく
067(かみ)(めぐみ)平等(びやうどう)
068()けて身魂(みたま)(みが)()
069(いや)しき(から)()ぎすてて
070(ふたた)(たま)天国(てんごく)
071(かみ)御許(みもと)立帰(たちかへ)
072(よろづ)(もの)(をさ)として
073権威(けんゐ)のこもる言霊(ことたま)
074自由自在(じいうじざい)使用(しよう)する
075(かみ)となさしめ(たま)へかし
076鷹依姫(たかよりひめ)神司(かむづかさ)
077竜国別(たつくにわけ)御前(おんまへ)
078鰐族(わにぞく)一同(いちどう)代表(だいへう)
079(きよ)(みが)きし言霊(ことたま)
080(めぐみ)(ひかり)天地(あめつち)
081すべての生物(いきもの)(すく)ひませ
082あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
083(かみ)(つかさ)御前(おんまへ)
084(まこと)(かぎ)りを(あらは)して
085(つつし)(ゐやま)()(まつ)る』
086(うた)(をは)り、087堅牢(けんらう)なる(かふ)(もつ)(つつ)まれたる長大(ちやうだい)なる身体(しんたい)左右(さいう)(ゆす)りながら、088満足(まんぞく)()(へう)し、089数多(あまた)(わに)(とも)前後左右(ぜんごさいう)()(をど)り、090歓迎(くわんげい)()(しめ)したり。091竜国別(たつくにわけ)立上(たちあが)り、092(うさぎ)(わに)(あい)らしき(むれ)(むか)つて、093さも(うれ)しげに(うた)をうたふ。
094天地(てんち)水火(いき)をうけつぎて
095(うま)()でたる神司(かむづかさ)
096三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
097鷹依姫(たかよりひめ)(たい)()
098(にく)(みや)をば建造(けんざう)
099(うま)()でたる神司(かむづかさ)
100竜国別(たつくにわけ)(いま)此処(ここ)
101大空(おほぞら)(つた)()(わた)
102月大神(つきおほかみ)(みや)(まへ)
103(うづ)神徳(しんとく)(はい)しつつ
104(うさぎ)(わに)のともがらに
105稜威(いづ)言霊(ことたま)()()げて
106(こころ)(たけ)()(つた)
107あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
108(かみ)(めぐみ)(かかぶ)りて
109稜威(いづ)聖地(せいち)(きこ)えたる
110(あや)高天(たかま)(そそ)()
111(にしき)(みや)(あと)にして
112黄金(こがね)(たま)所在(ありか)をば
113(たづ)ねむものと高砂(たかさご)
114(しま)(わた)りていろいろと
115(こころ)(こま)のはやるまに
116(しこ)(たく)みを()てながら
117(ふたた)(かみ)御声(おんこゑ)
118(まなこ)をさまして(うる)はしき
119元津身魂(もとつみたま)となりにけり
120(かみ)(めぐみ)(くま)もなく
121青人草(あをひとぐさ)()ふも(さら)
122(とり)(けだもの)(うを)(むし)
123草木(くさき)片葉(かきは)(いた)るまで
124(めぐみ)(つゆ)()(たま)
125公平(こうへい)無私(むし)神心(かみごころ)
126(やうや)(さと)(いま)(ここ)
127(あら)はれ(きた)吾々(われわれ)
128()らず()らずに大神(おほかみ)
129仕組(しぐみ)(いと)(あやつ)られ
130(すす)(きた)りし(もの)ならむ
131(まこと)(かみ)御使(みつかひ)
132(さだ)められたる四人連(よにんづ)
133(いま)(なんぢ)(おや)となり
134(あに)ともなりて天地(あめつち)
135(かみ)(めぐみ)をこまやかに
136時雨(しぐれ)(もり)()てまでも
137(くま)なく(ひろ)御恵(みめぐ)みの
138(あめ)()(そそ)楽園(らくゑん)
139堅磐常磐(かきはときは)(まも)るべし
140あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
141(かみ)御霊(みたま)(うま)れたる
142(うさぎ)(わに)一族(いちぞく)
143(かなら)(なげ)(こと)(なか)
144吾等(われら)四人(よにん)神人(しんじん)
145ここに(あらは)()(うへ)
146モールバンドは()ふも(さら)
147如何(いか)なる(たけ)獣類(けだもの)
148(かみ)(めぐみ)御水火(みいき)より
149(うま)()でたる言霊(ことたま)
150言向(ことむ)(やは)(てき)もなく
151(あらそ)ひもなく永久(とこしへ)
152平和(へいわ)(もり)となさしめむ
153あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
154(かみ)御水火(みいき)(うま)れたる
155吾等(われら)(はじ)(なれ)(むれ)
156仮令(たとへ)天地(てんち)(かは)るとも
157(たふと)(ふか)御恵(みめぐ)みを
158一日(ひとひ)(わす)れず朝夕(あさゆふ)
159(かみ)御前(みまへ)にひれ()して
160(その)神徳(しんとく)(たた)へかし
161(かみ)吾等(われら)(とも)にあり
162(かみ)(なれ)らの()(まも)
163(かみ)(めぐみ)(ひら)かれし
164(あめ)(した)なる生物(いきもの)
165仮令(たとへ)如何(いか)なる曲者(まがもの)
166いかでか(おそ)るる(こと)あらむ
167(こころ)(きよ)()(きよ)
168(かみ)のまにまに真心(まごころ)
169(つく)せよ(つく)諸々(もろもろ)
170竜国別(たつくにわけ)(あらた)めて
171汝等(なれら)(むれ)()(つた)
172あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
173御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
174 テーリスタンは面白(おもしろ)(うた)をうたつて(きよう)()ふ。
175鷹依姫(たかよりひめ)竜国別(たつくにわけ)
176(のり)(つかさ)御後(おんあと)
177カーリンスと諸共(もろとも)
178広袤千里(くわうぼうせんり)荒野原(あらのはら)
179(くさ)()けつつ(すす)()
180アルの(みなと)安着(あんちやく)
181大海原(おほうなばら)(ふね)()
182(わた)つて(きた)折柄(をりから)
183(にはか)(はげ)しき荒風(あらかぜ)
184(なみ)()(くる)鷹依姫(たかよりひめ)
185真逆様(まつさかさま)海中(わだなか)
186ザンブとばかり(おちい)りて
187姿(すがた)()えなくなつて()
188孝心(かうしん)(ふか)竜国別(たつくにわけ)
189吾身(わがみ)(わす)れて海中(わだなか)
190飛込(とびこ)姿(すがた)(うしな)ひぬ
191テー、カー二人(ふたり)(おどろ)いて
192最早(もはや)(かな)はぬ百年目(ひやくねんめ)
193殉死(じゆんし)なさむと()(けつ)
194()()(みつ)ツで飛込(とびこ)めば
195後白浪(あとしらなみ)()まれつつ
196竜宮海(りうぐうかい)探険(たんけん)
197(おも)うた(こと)的外(まとはづ)
198(かめ)背中(せなか)()せられて
199ゼムの(みなと)漂着(へうちやく)
200天祥山(てんしやうざん)立向(たちむか)
201モールバンドに出会(しゆつくわい)
202(わが)言霊(ことたま)神力(しんりき)
203「オツトドツコイ」こら(ちが)うた
204鷹依姫(たかよりひめ)言霊(ことたま)
205言向(ことむ)(やは)荒男(あらをとこ)
206二人(ふたり)(いのち)(すく)ひつつ
207天祥山(てんしやうざん)(たに)()
208()てしも()らぬ荒野原(あらのはら)
209(すず)しき(かぜ)(おく)られて
210チンの(みなと)安着(あんちやく)
211(ふね)(つく)りてアマゾンの
212河口(かはぐち)さして(すす)()
213(おと)(きこ)えしモールバンド
214エルバンドの此処彼処(ここかしこ)
215(あや)しき(かしら)(もた)げつつ
216吾等(われら)一行(いつかう)(かほ)()
217(なに)(こは)いか()らねども
218水勢(すいせい)(つよ)(かは)()
219姿(すがた)(かく)()せにける
220あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
221(かみ)(めぐみ)(かうむ)りて
222教司(をしへつかさ)神力(しんりき)
223(おそ)(をのの)()げたるか
224(なに)()もあれアマゾンの
225(かは)(きし)をば攀上(よぢのぼ)
226(この)森中(もりなか)()()れば
227幾千年(いくせんねん)とも(かぎ)りなき
228(とし)()いたる(うさぎ)(わう)
229数多(あまた)眷族(けんぞく)()きつれて
230吾等(われら)一行(いつかう)慇懃(いんぎん)
231(むか)へに()たる(うれ)しさよ
232広袤千里(くわうぼうせんり)森林(しんりん)
233その中心(ちうしん)(かく)(ごと)
234(きよ)霊地(れいち)のあらむとは
235(ゆめ)にも(さと)()ざりしが
236豈計(あにはか)らむや天伝(あまつた)
237(そら)(かがや)(つき)(かみ)
238(かたち)(ばか)りの宮居(みやゐ)をば
239(きよ)けき(みづ)(めぐ)らせる
240(この)霊場(れいぢやう)鎮祭(ちんさい)
241(うさぎ)(わう)一族(いちぞく)
242(あさ)(ゆふ)なに真心(まごころ)
243(ささ)げて(いの)るゆかしさよ
244あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
245(かみ)宮居(みやゐ)(うま)れたる
246(ひと)尚更(なほさら)(かみ)(みち)
247(きよ)(まも)りて天地(あめつち)
248(ふか)(めぐみ)感謝(かんしや)しつ
249皇大神(すめおほかみ)御心(みこころ)
250(かな)(まつ)らであるべきや
251いよいよ(ここ)三五(あななひ)
252(かみ)(つかさ)(あら)はれて
253仮令(たとへ)(けもの)()ひながら
254(その)(みなもと)(たづ)ぬれば
255(いづ)れも(おな)(かみ)御子(みこ)
256(すく)ひまつらでおくべきか
257(うさぎ)(むれ)(わに)(むれ)
258(かなら)(こころ)(なや)めまじ
259鷹依姫(たかよりひめ)一行(いつかう)
260(あら)はれ(きた)りし(うへ)からは
261如何(いか)なる魔神(まがみ)(わざはひ)
262(あさひ)(つゆ)()ゆる(ごと)
263(はら)(きよ)めて(わざはひ)
264()()(かみ)御恵(みめぐみ)
265(つゆ)(うるほ)花園(はなぞの)
266(ひら)(まも)らむ惟神(かむながら)
267(かみ)御稜威(みいづ)(うれ)しみて
268これの聖地(せいち)()(まも)
269あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
270御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
271とうたひ(をは)り、272(やしろ)(まへ)端坐(たんざ)し、273神恩(しんおん)感謝(かんしや)し、274()一時(ひととき)(はや)(この)森林(しんりん)(わざはひ)(のぞ)き、275(ふたた)(あや)聖地(せいち)(かへ)(たま)へと祈願(きぐわん)なしける。276惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
277大正一一・八・二二 旧六・三〇 松村真澄録)