霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 回顧(くわいこ)(うた)〔九〇七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第32巻 海洋万里 未の巻 篇:第3篇 瑞雲靉靆 よみ:ずいうんあいたい
章:第16章 回顧の歌 よみ:かいこのうた 通し章番号:907
口述日:1922(大正11)年08月23日(旧07月01日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年10月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ウヅの神館の八尋殿に、末子姫の発起として大歓迎会が開かれた。言依別命は立って簡単な祝歌を歌った。太古の昔の大神のご神業の経緯から、自転倒島の霊場に三五教が開かれ、教主に自分が任命されてここにあることを歌った。
そして、厳と瑞の大神の御言によって自分が聖地を離れて高砂島に来たところ、神素盞嗚大神の娘・末子姫がはからずもウヅの神館に迎えられたところを目の当たりにしたことを歌った。
末子姫の侍女・捨子姫に懸った神素盞嗚大神の命により、アマゾン河の魔神征服に赴いた経緯を歌い、一同見事に神業を成し遂げ凱旋してみると、この館に神素盞嗚大神がご来臨されていることを祝した。
尊い神の御恵みを称え、祝歌を結んだ。言依別命は歌い終わると、末子姫に続いて奥殿に進み入った。
続いて国依別は金扇を開いて祝歌を歌いかつ舞った。言依別命にしたがって船に乗り、途中高姫一行を救いつつ高砂島にやってきた経緯を歌った。言依別命と別れてヒルの国で楓別命の館に立ち寄り、地震の危難から人々を助けたこと、ウラル教のブールを三五教に改心させたこと、その後シーズン川を越えて帽子ヶ岳に登り、再び言依別命にまみえた冒険の愉快さを歌った。
そしてアマゾン河から凱旋し、ウヅの神館に末子姫がおさまり、松若彦と捨子姫の補佐、そして神素盞嗚大神のご来臨というめでたさを寿ぎ、歌い終わると欣然として奥殿に続いた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:176頁 八幡書店版:第6輯 212頁 修補版: 校定版:183頁 普及版:73頁 初版: ページ備考:
001 ウヅの神館(かむやかた)八尋殿(やひろどの)に、002末子姫(すゑこひめ)発起(ほつき)として大歓迎会(だいくわんげいくわい)(ひら)かれ、003言依別命(ことよりわけのみこと)()つて、004簡単(かんたん)なる祝歌(しゆくか)(うた)(たま)ふ。
 
005(この)()(つく)(かた)めたる
006 (いづ)御霊(みたま)とあれませる
007 国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)
008 百八十国(ももやそくに)神人(しんじん)
009 おいずまからず永久(とこしへ)
010 五六七(みろく)神世(みよ)(すく)はむと
011 天地(てんち)律法(りつぽふ)制定(せいてい)
012 (きよ)(をしへ)()(たま)
013 豊国姫(とよくにひめ)大神(おほかみ)
014 (みづ)御霊(みたま)(あら)はれて
015 (にしき)(はた)()らせつつ
016 天教(てんけう)地教(ちけう)(かみ)(やま)
017 堅磐常磐(かきはときは)(しづ)まりて
018 (うづ)聖地(せいち)諸共(もろとも)
019 (をしへ)(ひら)(たま)ひける
020 (とき)しもあれや天足彦(あだるひこ)
021 胞場姫(えばひめ)二人(ふたり)(みたま)より
022 (うま)()でたる曲津神(まがつかみ)
023 八岐大蛇(やまたをろち)醜狐(しこぎつね)
024 曲鬼(まがおに)(ども)(あら)はれて
025 豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
026 (くま)なく(すさ)(たけ)りつつ
027 (かみ)()さしの八王神(やつわうがみ)
028 八頭神(やつがしらがみ)まで籠絡(ろうらく)
029 追々(おひおひ)勢力(せいりよく)扶植(ふしよく)して
030 塩長彦(しほながひこ)謀主(ぼうしゆ)とし
031 国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)
032 (この)()(つひ)退隠(たいいん)
033 余儀(よぎ)なきまでに(いた)らしめ
034 ()刈菰(かりごも)(みだ)()
035 あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
036 (かみ)(ぬし)なる厳御霊(いづみたま)
037 国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)
038 天教山(てんけうざん)火口(くわこう)より
039 ()(をど)らして()(くに)
040 一度(いちど)()ちさせ(たま)へども
041 (この)()(おも)真心(まごころ)
042 ()(かた)まりて()(くだ)
043 野立(のだち)(ひこ)(あら)はれて
044 豊国姫(とよくにひめ)化身(けしん)なる
045 野立(のだち)(ひめ)諸共(もろとも)
046 天教(てんけう)地教(ちけう)両山(りやうざん)
047 (あら)はれ(たま)ひて三五(あななひ)
048 (をしへ)(ひら)(たま)ひけり
049 (ふたた)(いづ)御霊(おんたま)
050 ()けさせ(たま)ひて埴安彦(はにやすひこ)
051 (いづ)御霊(みたま)姫命(ひめみこと)
052 時節(じせつ)をまちてヱルサレム
053 黄金山下(わうごんさんか)(あら)はれて
054 (すく)ひの(みち)()(たま)
055 (その)御心(みこころ)(かしこ)みて
056 国大立(くにひろたち)大神(おほかみ)
057 四魂(しこん)(かみ)とあれませる
058 御稜威(みいづ)(こと)大八洲彦(おほやしまひこ)
059 (かみ)(みこと)大足彦(おほだるひこ)
060 (かみ)(みこと)神司(かむつかさ)
061 神国別(かみくにわけ)言霊別(ことたまわけ)
062 (みづ)御魂(みたま)(あら)はれて
063 (ここ)(ふたた)三五(あななひ)
064 (きよ)(をしへ)四方(よも)(くに)
065 (ひら)(たま)ひし(たふと)さよ
066 国大立(くにひろたち)大神(おほかみ)
067 神素盞嗚(かむすさのを)大神(おほかみ)
068 (あら)はれまして許々多久(ここたく)
069 (つみ)汚穢(けがれ)一身(いつしん)
070 ()はせ(たま)ひて天地(あめつち)
071 百神等(ももがみたち)罪科(つみとが)
072 我身(わがみ)(ひと)つに()()けて
073 八洲(やしま)(くに)(わだか)まる
074 八岐大蛇(やまたをろち)醜神(しこがみ)
075 天津誠(あまつまこと)大道(おほみち)
076 言向(ことむ)(やは)して(たす)けむと
077 いそしみ(たま)ふぞ(たふと)けれ
078 ウブスナ(やま)斎苑館(いそやかた)
079 此処(ここ)(しばら)()れまして
080 ()出別(でのわけ)(みこと)をば
081 (あと)(のこ)して皇神(すめかみ)
082 いろいろ雑多(ざつた)()をやつし
083 (しま)八十島(やそしま)八十(やそ)(くに)
084 大海原(おほうなばら)()ちわたり
085 自転倒島(おのころじま)()でまして
086 (うづ)霊場(れいぢやう)(きこ)えたる
087 (あや)聖地(せいち)(のぼ)りまし
088 四尾(よつを)(やま)(ひそ)みます
089 国治立(くにはるたち)御化身(おんけしん)
090 国武彦(くにたけひこ)大神(おほかみ)
091 (たがひ)(こころ)(あは)せつつ
092 (たて)(よこ)との糸筋(いとすぢ)
093 (ととの)(たま)ひて()(すく)
094 (にしき)(はた)()(たま)
095 (にしき)(みや)神司(かむつかさ)
096 玉照彦(たまてるひこ)玉照姫(たまてるひめ)
097 (うづ)(みこと)にかしづきて
098 八尋(やひろ)殿(との)三五(あななひ)
099 (かみ)(をしへ)(ひら)きつつ
100 教主(けうしゆ)(やく)()けられて
101 (をしへ)(ひら)きゐたりしが
102 (いづ)御霊(みたま)瑞御霊(みづみたま)
103 (たて)(よこ)との大神(おほかみ)
104 御言(みこと)(かしこ)聖地(せいち)をば
105 (あと)(なが)めて和田(わだ)(はら)
106 (わた)りてここに()()れば
107 (おも)ひがけなき瑞御霊(みづみたま)
108 神素盞嗚(かむすさのを)(うづ)()
109 (うま)(たま)ひし末子姫(すゑこひめ)
110 桃上彦(ももがみひこ)(しづ)まりし
111 (をしへ)(やかた)(あら)はれて
112 (かみ)(をしへ)(たて)となし
113 (めぐみ)(つゆ)民草(たみぐさ)
114 (かしら)(くだ)(たま)ひつつ
115 五六七(みろく)神世(みよ)有様(ありさま)
116 (いま)()のあたり(ひら)きます
117 ()かる(たふと)霊場(れいぢやう)
118 (まゐ)(きた)りし(たの)しさよ
119 (とき)しもあれや素盞嗚(すさのを)
120 (かみ)(みこと)ははるばると
121 これの(やかた)()でまして
122 捨子(すてこ)(ひめ)帰神(かむがか)
123 アマゾン(がは)曲神(まがかみ)
124 言向(ことむ)(やは)(すく)へよと
125 ()らせ(たま)ひし(こと)()
126 (つつし)(かしこ)屏風山(びやうぶやま)
127 帽子ケ岳(ぼうしがだけ)立向(たちむか)
128 国依別(くによりわけ)(めぐ)()
129 (りう)(きう)との霊光(れいくわう)
130 数多(あまた)魔神(まがみ)言向(ことむ)けて
131 目出度(めでた)凱歌(がいか)(そう)しつつ
132 十八柱(じふはちはしら)(かみ)()
133 ウヅの(やかた)安々(やすやす)
134 (かへ)りて()れば有難(ありがた)
135 神素盞嗚(かむすさのを)大御神(おほみかみ)
136 はるばる此処(ここ)()でまして
137 (いこ)はせ(たま)(うれ)しさよ
138 あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
139 御霊(みたま)(さち)はひましまして
140 高砂島(たかさごじま)()ふも(さら)
141 豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
142 百八十島(ももやそしま)()(まで)
143 (めぐみ)(つゆ)(うるほ)ひて
144 ()泰平(たいへい)(はな)(ひら)
145 (うめ)(かほ)りの五六七(みろく)()
146 (まつ)(みさを)のいつ(まで)
147 (いろ)(かは)らず永久(とこしへ)
148 (さか)えましませ惟神(かむながら)
149 (かみ)御前(みまへ)()ぎまつる
150 朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
151 (つき)()つとも()くるとも
152 仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
153 (まこと)(ちから)()(すく)
154 (まこと)(かみ)(いま)ここに
155 (あら)はれ(たま)ひし(うへ)からは
156 天地(てんち)(とも)永久(とこしへ)
157 (かみ)言葉(ことば)()せざらむ
158 (いづ)御霊(みたま)瑞御霊(みづみたま)
159 金勝要(きんかつかね)大御神(おほみかみ)
160 ()出神(でのかみ)()(はな)
161 咲耶(さくや)(ひめ)神力(しんりき)
162 竜宮海(りうぐうかい)(そこ)(ふか)
163 天教山(てんけうざん)空高(そらたか)
164 千代(ちよ)八千代(やちよ)(ゆる)ぎなく
165 (かがや)(わた)天地(あめつち)
166 (ひかり)となりて(かがや)かむ
167 あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
168 (かみ)(たふと)御恵(みめぐみ)
169 (つつし)感謝(かんしや)(たてまつ)
170 (かみ)(つかさ)(はじ)めとし
171 四方(よも)民草(たみぐさ)(ことごと)
172 (かみ)(めぐみ)(うれ)しみて
173 常磐(ときは)(まつ)のいつ(まで)
174 (かは)らざらまし高砂(たかさご)
175 島根(しまね)()ふる青松(せいしよう)
176 (こずゑ)(つる)のすごもりて
177 ()さへ目出度(めでた)(じやう)(うば)
178 (かめ)(よはひ)のどこ(まで)
179 大海原(おほうなばら)(なみ)(きよ)
180 ()(かぜ)さへも(ほがら)かに
181 (しづ)まりませと()ぎまつる
182 あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
183 御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
 
184(うた)(をは)り、185末子姫(すゑこひめ)(あと)()ひて、186神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)(やす)ませ(たま)奥殿(おくでん)()して(すす)()る。
187 国依別(くによりわけ)立上(たちあが)り、188金扇(きんせん)(ひら)いて祝歌(しゆくか)(うた)()()(はじ)めた。189(その)(うた)
190(にしき)(みや)立出(たちい)でて
191言依別(ことよりわけ)大教主(だいけうしゆ)
192高砂島(たかさごじま)()でませる
193御供(みとも)(つか)へまつりつつ
194波間(なみま)(うか)琉球(りうきう)
195(たから)(しま)上陸(じやうりく)
196(りう)(きう)との(たま)()
197棚無(たなな)(ぶね)()(まか)
198伊猛(いたけ)(くる)荒浪(あらなみ)
199()()()()高砂(たかさご)
200(しま)手前(てまへ)()()れば
201高姫(たかひめ)一行(いつかう)暗礁(あんせう)
202(ふね)乗上(のりあ)(なみ)(うへ)
203(わた)りて(すす)(とき)もあれ
204(やま)なす(なみ)(おそ)はれて
205(いのち)(あやふ)()えければ
206高島丸(たかしままる)船長(せんちやう)
207(めい)じて(ふね)(すく)はしめ
208テルの(みなと)()()れば
209先頭一(せんとういち)高姫(たかひめ)
210常彦(つねひこ)春彦(はるひこ)(ともな)ひて
211姿(すがた)(はや)(かく)しける
212言依別(ことよりわけ)神司(かむつかさ)
213われを(ともな)三座山(みくらやま)
214国魂神(くにたまがみ)(まつ)りたる
215竜世(たつよ)(ひめ)神霊地(しんれいち)
216(あつ)まり(きた)国人(くにびと)
217(みたま)(にく)とを(すく)ひつつ
218(しばら)此処(ここ)(とどま)りて
219(まこと)(みち)()(つた)
220それより(すす)んでヒルの(くに)
221(かへで)(わけ)永久(とこしへ)
222(しづ)まりいます神館(みやかた)
223()()(をり)しも天地(あめつち)
224(ふる)(うご)きて(やま)()
225(かは)(あふ)れて人々(ひとびと)
226住家(すみか)(くだ)諸人(もろびと)
227(みづ)(ほのほ)(つつ)まれて
228(くるし)(もだ)ゆる(あは)れさよ
229(かへで)(わけ)(いもうと)なる
230紅井姫(くれなゐひめ)(いのち)をば
231(なや)みの(なか)より(すく)()
232ヒルの(やかた)立向(たちむか)
233稜威(いづ)言霊(ことたま)()()げて
234天変地妖(てんぺんちえう)鎮定(ちんてい)
235(やかた)()ちてアラシカの
236(たうげ)()えて日暮(ひぐら)しの
237(やかた)(をしへ)(ひら)きたる
238ウラルの(みち)神司(かむつかさ)
239ブール(その)()人々(ひとびと)
240(かみ)(をしへ)()(つた)
241紅井姫(くれなゐひめ)やエリナ(ひめ)
242二人(ふたり)女性(ぢよせい)(あづ)けおき
243(また)もやここを立出(たちい)でて
244安彦(やすひこ)宗彦(むねひこ)(したが)へつ
245ブラジル(たうげ)()しかかり
246丸木(まるき)(はし)(あやふ)くも
247生命(いのち)カラガラ()ちわたり
248シーズン(がは)乗越(のりこ)えて
249帽子ケ岳(ぼうしがだけ)立向(たちむか)
250(わか)れて程経(ほどへ)神司(かむつかさ)
251言依別(ことよりわけ)(めぐ)()
252()(にぎ)りたる(たの)しさよ
253(りう)(きう)との霊光(れいくわう)
254アマゾン(がは)森林(しんりん)
255数多(あまた)魔神(まがみ)言霊(ことたま)
256御水火(みいき)(たす)けしづめつつ
257凱歌(がいか)をあげて十八(じふはち)
258(かみ)(はしら)(いさぎよ)
259ウヅの(やかた)()()れば
260(おも)(がけ)なき末子姫(すゑこひめ)
261捨子(すてこ)(ひめ)諸共(もろとも)
262(うづ)(をしへ)をひらきまし
263(まつ)神代(かみよ)(さか)えゆく
264(その)目出度(めでた)さは(こと)()
265(つく)(かぎ)りにあらじかし
266(こころ)(しづ)かな国彦(くにひこ)
267御子(みこ)松若彦(まつわかひこ)(かみ)
268(あるじ)(きみ)()(つか)
269(をさ)まるこれの神館(かむやかた)
270(きた)りて()れば瑞御霊(みづみたま)
271神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
272はるばるここに()でまして
273我等(われら)言霊軍(ことたまいくさ)をば
274(はるか)(まも)(たま)ひつつ
275(ひか)(かがや)(たま)ふこそ
276()(たふと)さの(かぎ)りなれ
277あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
278国依別(くによりわけ)神司(かむつかさ)
279(いづ)御霊(みたま)瑞御霊(みづみたま)
280()出神(でのかみ)()花姫(はなひめ)
281(うづ)(みこと)御前(おんまへ)
282国魂神(くにたまがみ)(とほ)しつつ
283(うれ)しみ(たふと)()ぎまつる
284(かしこ)(たふと)()ぎまつる』
285(うた)(をは)り、286欣然(きんぜん)として奥殿(おくでん)(すす)()る。
287大正一一・八・二三 旧七・一 松村真澄録)