霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二〇章 (みづ)言霊(ことたま)〔九一一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第32巻 海洋万里 未の巻 篇:第3篇 瑞雲靉靆 よみ:ずいうんあいたい
章:第20章 瑞の言霊 よみ:みずのことたま 通し章番号:911
口述日:1922(大正11)年08月24日(旧07月02日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年10月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
神素盞嗚大神は奥殿より神司たちを従えて現れ、一同に向かって愉快気に目礼をし、座の中央に立ち給いて喜びの歌を歌い給うた。
その歌は、国治立大神のご退隠の昔から歌い始め、神伊弉諾大神の御子と生まれたご自身が大海原に漂う島々を治めたこと、さらに天の誓約の故事から千座の置戸を負って高天原を追われたことを歌っていた。
地上をさすらった神素盞嗚大神は、八岐大蛇を言向け和しつつ瑞の御霊と現れて、旅の果てにフサの国のウブスナ山脈の最高地に館を定め、日の出神に守らせた。
このたび末子姫がさすらいの旅の末に、ウヅの国にたどり着いてこの国の救世主と任じられたその初めは、バラモン教に乗っ取られたメソポタミヤの顕恩郷を言向け和すために、自らの八人の娘たちを遣わしたことだった。
大神は、斎苑の館を出でてここに来てみれば、教えの御子たちがアマゾン河の悪神たちを言向け和した功に勇み立ち、祝い言葉をかけるためにここに現れたのだ、と歌った。
そして、神より万人に与えられた真心によって神政に仕えて天職を立て、その真心を決して汚すことなかれ、と諭して祝歌を終えた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:237頁 八幡書店版:第6輯 228頁 修補版: 校定版:241頁 普及版:90頁 初版: ページ備考:
001 神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)奥殿(おくでん)より、002末子姫(すゑこひめ)003言依別(ことよりわけ)004国依別(くによりわけ)(その)()(おも)なる神司(かむづかさ)(したが)へ、005宴席(えんせき)(あら)はれ(たま)ひ、006一同(いちどう)(むか)ひ、007さも愉快気(ゆくわいげ)目礼(もくれい)(あた)へ、008()中央(ちうあう)()たせ(たま)ひて、009(よろこ)びの(うた)をうたひ(たま)うた。010(その)大御歌(おほみうた)
 
011久方(ひさかた)天津御空(あまつみそら)のいや(たか)
012 (くも)押分(おしわ)けて(くだ)ります
013 神伊弉諾(かむいざなぎ)大御神(おほみかみ)
014 神伊弉冊(かむいざなみ)大御神(おほみかみ)
015 筑柴(つくし)日向(ひむか)(たちばな)
016 小戸(をど)青木(あはぎ)(はら)(きこ)えたる
017 天教山(てんけうざん)中腹(ちうふく)
018 (つき)御柱(みはしら)いや(ふと)
019 御立(みた)(たま)ひしあが御祖(みおや)
020 国治立(くにはるたち)大神(おほかみ)
021 天地(あめつち)(もも)神人(しんじん)
022 (もも)罪科(つみとが)()(たま)
023 烈火(れつくわ)(なか)()(とう)
024 根底(ねそこ)(くに)(いた)りまし
025 豊国姫(とよくにひめ)大神(おほかみ)
026 阿波(あは)鳴門(なると)()(とう)
027 (また)もや()(くに)(そこ)(くに)
028 完美(うまら)委曲(つばら)取調(とりしら)
029 ここに二柱(ふたはしら)大神(おほかみ)
030 (ふたた)地上(ちじやう)(あら)はれて
031 野立(のだち)(ひこ)野立姫(のだちひめ)
032 (かみ)(みこと)()(しの)
033 天地(あめつち)(もも)神人(しんじん)
034 (やす)きに(すく)(たす)けむと
035 (こころ)(なや)ませ(たま)ひつつ
036 黄金山(わうごんざん)やヒマラヤの
037 (みね)(あら)はれましまして
038 三五教(あななひけう)()(たま)
039 (ふたた)五六七(みろく)(かみ)()
040 (ひら)(たま)ひて万有(ばんいう)
041 一切(いつさい)(のこ)らず(すく)はむと
042 (たて)(よこ)との(はた)()
043 深遠(しんゑん)微妙(びめう)神業(かむわざ)
044 (ひら)かせ(たま)ふぞ(たふと)けれ
045 豊国姫(とよくにひめ)分霊(わけみたま)
046 神素盞嗚(かむすさのを)のあが(たま)
047 神伊弉諾(かむいざなぎ)大神(おほかみ)
048 (をしへ)御子(みこ)(うま)()
049 大海原(おほうなばら)(ただよ)へる
050 (しま)八十島(やそしま)八十(やそ)(くに)
051 完美(うまら)委曲(つばら)()らす(をり)
052 八岐大蛇(やまたをろち)醜身魂(しこみたま)
053 (いきほひ)(たけ)醜狐(しこぎつね)
054 曲鬼(まがおに)などの此処彼処(ここかしこ)
055 (あら)はれ(きた)りて八洲国(やしまぐに)
056 ()刈菰(かりごも)(みだ)()
057 山河草木(やまかはくさき)()れほして
058 常世(とこよ)(やみ)となりにける
059 神伊弉諾(かむいざなぎ)大神(おほかみ)
060 (この)惨状(さんじやう)をみそなはし
061 ()稚宮(わかみや)()()ちて
062 天教山(てんけうざん)(くだ)りまし
063 ()れに(むか)つて(のたま)はく
064 (いまし)()らす(くに)ならず
065 (つき)御国(みくに)(いた)れよと
066 (なみだ)片手(かたて)()(たま)
067 千万(せんまん)無量(むりやう)御心(みこころ)
068 (はい)しまつりて久方(ひさかた)
069 高天原(たかあまはら)参上(まゐのぼ)
070 姉大神(あねおほかみ)御前(おんまへ)
071 (いた)りて(こころ)(きよ)きこと
072 (つぶ)さに(あら)はし(まつ)らむと
073 御側(みそば)(まゐ)りさむらへば
074 姉大神(あねおほかみ)(あや)しみて
075 八洲(やす)河原(かはら)(なか)()
076 誓約(うけひ)をせよと()(たま)
077 われは(かしこ)(たちま)ちに
078 (あね)のまかせる美須麻琉(みすまる)
079 (いつ)つの(たま)()()けて
080 (あめ)真名井(まなゐ)にふり(そそ)
081 姉大神(あねおほかみ)はわが()ける
082 十握(とつか)(つるぎ)()()らせ
083 (あめ)真名井(まなゐ)にふり(そそ)
084 高皇産霊(たかみむすび)大神(おほかみ)
085 御前(みまへ)(かしこ)(さむ)らひて
086 善悪邪正(ぜんあくじやせい)魂分(たまわ)けを
087 (いの)(たま)へば姉神(あねがみ)
088 (いづ)御霊(みたま)とあれましぬ
089 清明無垢(せいめいむく)のあが(たま)
090 (みづ)御霊(みたま)(あら)はれぬ
091 (いづ)(みづ)との(たま)しらべ
092 善悪邪正(ぜんあくじやせい)(あきら)かに
093 (かがみ)(ごと)くなりにけり
094 さはさりながら八十猛(やそたける)
095 (かみ)(みこと)(いか)らして
096 あが大神(おほかみ)(まこと)なり
097 (みづ)御霊(みたま)救世主(きうせいしゆ)
098 いづくに(まが)のあるべきか
099 (いら)へあれよと()めよつて
100 畔放(あはな)溝埋(みぞう)頻蒔(しきまき)
101 (その)(ほか)(もも)(すさ)(ごと)
102 伊猛(いたけ)(くる)(おそ)ろしさ
103 姉大神(あねおほかみ)(かしこ)みて
104 (あま)岩戸(いはと)(かく)れまし
105 豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
106 (ふたた)常世(とこよ)(やみ)となり
107 黒白(あやめ)()かぬ(かな)しさに
108 (もも)神等(かみたち)相議(あひはか)
109 八洲(やす)河原(かはら)(あつ)まりて
110 五伴(いつとも)()神司(かむつかさ)
111 鈿女(うづめ)(かみ)演技(わざをぎ)
112 目出度(めでた)岩戸(いはと)(ひら)きける
113 神素盞嗚(かむすさのを)()(たま)
114 天地(あめつち)(もも)神人(かみびと)
115 千座(ちくら)(つみ)()ひながら
116 高天原(たかあまはら)退(やら)はれて
117 豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
118 当所(あてど)()らぬ(なが)(たび)
119 (この)()(しの)()となりぬ
120 さはさりながら伊弉諾(いざなぎ)
121 皇大神(すめおほかみ)御心(おんこころ)
122 (ひそ)かに()れに(つた)へまし
123 八岐(やまた)大蛇(をろち)言向(ことむ)けて
124 天地(てんち)(ふさ)村雲(むらくも)
125 大蛇(をろち)(つるぎ)(うば)()
126 姉大神(あねおほかみ)(たてまつ)
127 豊葦原(とよあしはら)神国(かみくに)
128 (やが)(いまし)()らす(くに)
129 (こころ)(わずら)(こと)(なか)
130 ()()()へて久方(ひさかた)
131 御空(みそら)(たか)()りましぬ
132 (みづ)御霊(みたま)(あら)はれて
133 百八十国(ももやそくに)()けめぐり
134 フサの(くに)なるウブスナの
135 大山脈(だいさんみやく)最高地(さいかうち)
136 (わが)(かく)()(さだ)めつつ
137 新木(あらき)(みや)()(なら)
138 ()()(わけ)(まも)らせて
139 八人乙女(やたりをとめ)中津国(なかつくに)
140 メソポタミヤの顕恩(けんおん)
141 (さと)(つか)はしバラモンの
142 (をしへ)(つかさ)三五(あななひ)
143 (まこと)(みち)言向(ことむ)けて
144 (こころ)(たひら)(やす)らかに
145 世界(せかい)神人(しんじん)(むつ)()
146 (まつ)神世(かみよ)瑞祥(ずゐしやう)
147 千代(ちよ)八千代(やちよ)()てむとて
148 (こころ)(くば)()身魂(みたま)
149 八人乙女(やたりをとめ)(すゑ)()
150 (うま)()でたる末子姫(すゑこひめ)
151 仕組(しぐみ)(いと)(あやつ)られ
152 高砂島(たかさごじま)(わた)()
153 アルゼンチンのウヅ(やかた)
154 現幽二界(げんいうにかい)救主(きうしゆ)ぞと
155 (うやま)はれつつ(かみ)(みち)
156 (ひら)きいますと()きしより
157 斎苑(いそ)(やかた)立出(たちい)でて
158 (とり)磐樟船(いはくすふね)()
159 やうやう此処(ここ)()()れば
160 言依別(ことよりわけ)神司(かむつかさ)
161 国依別(くによりわけ)高姫(たかひめ)
162 鷹依姫(たかよりひめ)竜国別(たつくにわけ)
163 (かみ)(つかさ)相並(あひなら)
164 アマゾン(がは)(ひそ)みたる
165 八岐大蛇(やまたをろち)残党(ざんたう)
166 (たけ)(けもの)(ことごと)
167 あが三五(あななひ)大道(おほみち)
168 言向(ことむ)(やは)(かへ)()
169 (その)(いさ)ましき有様(ありさま)
170 ()るより(こころ)(いさ)()
171 汝等(なんぢら)(ただ)しき(かみ)()
172 神祝(かむほ)言葉(ことば)()べむとて
173 (この)()(あら)はれ(きた)りしぞ
174 あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
175 (かみ)大道(おほぢ)をよく(まも)
176 五六七(みろく)神世(みよ)神政(しんせい)
177 (きよ)(つか)へて天地(あめつち)
178 (かみ)(はしら)となれよかし
179 (かみ)(なんぢ)(とも)にあり
180 (ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
181 (ちひ)さき(よく)()(まよ)
182 (たから)(みや)(けが)すなよ
183 (こころ)(そら)()えわたり
184 真如(しんによ)日月(じつげつ)晃々(くわうくわう)
185 いや永久(とこしへ)にかがやきて
186 下界(げかい)(やみ)照臨(せうりん)
187 (かみ)御子(みこ)たる天職(てんしよく)
188 堅磐常磐(かきはときは)()てよかし
189 あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
190 (かみ)(ちか)ひて()(つた)
191 (かみ)(ちか)ひて()(さと)
192 朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
193 (つき)()つとも()くるとも
194 如何(いか)なる(なや)みに()ふとても
195 (かみ)より()けし真心(まごころ)
196 (けが)(そこな)(こと)(なか)
197 これ素盞嗚(すさのを)汝等(なんぢら)
198 真心(まごころ)こめて()(つた)
199 (まこと)(みち)言霊(ことたま)
200 世界(せかい)(すく)神言(かみごと)
201 あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
202 御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
 
203(うた)(をは)(たま)ひて、204正座(しやうざ)()かせ(たま)ふ。
205大正一一・八・二四 旧七・二 松村真澄録)