霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二二章 橋架(はしかけ)〔九一三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第32巻 海洋万里 未の巻 篇:第4篇 天祥地瑞 よみ:てんしょうちずい
章:第22章 第32巻 よみ:はしかけ 通し章番号:913
口述日:1922(大正11)年08月24日(旧07月02日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年10月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
神司たちは各々眠りにつき、体を休めた。あくる朝早々、松若彦は国依別の一室にやってきた。改まってやってきた松若彦が切り出したのは、末子姫との婚姻話であった。
神素盞嗚大神から相談された末子姫の結婚相手について、言依別命と松若彦は、そろって国依別を推薦したというのである。また神素盞嗚大神も、国依別の名前を聞いて大いにお喜びになったという。
それを聞いて国依別は涙を流してうつむいている。訳を尋ねる松若彦に対して国依別は、自分は若いころから極道をなしたので、改心してからは女と一切関係を絶ち、生涯独身を覚悟しているのだと告げた。
松若彦は、大神様は国依別の素性は知ったうえで縁談に前向きなのだと伝えた。松若彦と国依別は押し問答を繰り返したが、最後に国依別は覚悟を決め、何事も大神様のおおせと松若彦に任せると答えた。
松若彦は喜んで部屋を後にした。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3222
愛善世界社版:261頁 八幡書店版:第6輯 236頁 修補版: 校定版:265頁 普及版:95頁 初版: ページ備考:
001 国依別(くによりわけ)002高姫(たかひめ)003鷹依姫(たかよりひめ)004竜国別(たつくにわけ)(その)()宣伝使(せんでんし)(かく)休息室(きうそくしつ)(あた)へられ、005(よる)其処(そこ)(ねむ)り、006筋骨(きんこつ)(やす)ませて()た。007翌朝(よくあさ)早々(さうさう)国依別(くによりわけ)一室(いつしつ)松若彦(まつわかひこ)(たづ)(きた)り、
008国依別(くによりわけ)(さま)009御早(おはや)御座(ござ)います。010()いてはあなたに折入(をりい)つて御相談(ごさうだん)御座(ござ)いまして、011(はや)くから御邪魔(おじやま)(いた)しました』
012(こころ)ありげに(ゑみ)(ふく)んでゐる。013国依別(くによりわけ)は、
014『これは(また)(あらた)まつた御言葉(おことば)015(わたくし)(たい)し、016御相談(ごさうだん)とはどんな(こと)御座(ござ)いますか。017明智(あけち)言依別(ことよりわけ)(さま)()らせられる以上(いじやう)は、018どうぞ命様(みことさま)御相談(ごさうだん)(くだ)さつたら、019如何(いかが)でせうかなア』
020(じつ)(ところ)夜前(やぜん)神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)(さま)御召(おめ)しに()り、021言依別(ことよりわけ)(さま)(およ)(わたし)三人(さんにん)()(どもゑ)になつて、022御相談(ごさうだん)あつた結果(けつくわ)023(わたし)特命(とくめい)全権(ぜんけん)公使(こうし)(えら)まれて(まゐ)りましたので御座(ござ)います。024万一(まんいち)(この)使(つかひ)が、025不成功(ふせいこう)(をは)るやうな(こと)があれば、026(この)松若彦(まつわかひこ)海外(かいぐわい)旅行券(りよかうけん)交附(かうふ)された手前(てまへ)027(はら)()らねばならないのです』
028『そりやマア大変(たいへん)御使命(ごしめい)()えますが、029どうぞ(はや)仰有(おつしや)つて(くだ)さいませ。030(わたくし)(ちから)(およ)(こと)ならば、031神様(かみさま)(ささ)げた(この)(からだ)032如何(いか)なる御用(ごよう)(うけたま)はるで御座(ござ)いませう』
033(じつ)(わたし)(ちち)国彦(くにひこ)は、034正鹿山津見神(まさかやまづみのかみ)(さま)五月姫(さつきひめ)(さま)(とも)黄泉比良坂(よもつひらさか)(たたか)ひに御出陣(ごしゆつぢん)(みぎり)035ウヅの(くに)人民(じんみん)(まを)すも(さら)なり、036(この)神館(かむやかた)御預(おあづ)(あそ)ばし、037やがて(とき)(きた)らば、038神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)(さま)(みづ)御霊(みたま)(うづ)御子(みこ)039(この)(くに)(くだ)(たま)ふことあるべし。040それ(まで)(なんぢ)我命(わがめい)(まも)つて、041(この)(くに)(およ)神館(かむやかた)(あづか)()れよとの厳命(げんめい)御座(ござ)いました。042(ちち)(かう)不幸(ふかう)か、043最早(もはや)幽界(いうかい)(まゐ)りましたが、044(あと)(のこ)つた(わたし)(ちち)(あと)()ぎ、045(この)(やかた)(まも)つて()ります(ところ)へ、046正鹿山津見(まさかやまづみ)神様(かみさま)御仰(おんあふ)せの(ごと)く、047(みづ)御霊(みたま)大神様(おほかみさま)御娘子(おんむすめご)048末子姫(すゑこひめ)(さま)御越(おこ)(あそ)ばしたので、049(ただ)ちに御館(おやかた)(ひめ)(さま)御渡(おわた)(まを)し、050(この)(くに)をも御渡(おわた)しをして、051(わたし)御存(ごぞん)じの(とほ)総司(そうし)として(つか)へて(まゐ)りました。052(しか)るに(この)(たび)053御父君(おんちちぎみ)神素盞嗚尊(かむすさのをのみこと)054突然(とつぜん)天降(あまくだ)(たま)ひ、055大変(たいへん)御悦(およろこ)(あそ)ばし、056()末子姫(すゑこひめ)最早(もはや)()年頃(としごろ)であるから、057適当(てきたう)(をつと)()たせたいのだが……との御尋(おたづ)ね、058(まね)かれた吾々(われわれ)(はじ)言依別命(ことよりわけのみこと)(さま)は、059言下(げんか)国依別(くによりわけ)(さま)御婿様(おむこさま)になされましたら如何(どう)でせうと申上(まをしあ)げし(ところ)060大神様(おほかみさま)大変(たいへん)御悦(およろこ)(あそ)ばされ、061(じつ)(その)(こと)(つい)て、062はるばるとここまで()()たのだ。063どうぞ神徳(しんとく)(つよ)国依別(くによりわけ)末子姫(すゑこひめ)(をつと)になつて()れる(やう)064(その)(はう)()()てよ……との御命令(ごめいれい)()(もの)()(あへ)ず、065あなたに(おい)ても御異存(ごいぞん)御座(ござ)いますまいと(おも)ひまして……ヘヽヽヽ、066一寸(ちよつと)全権(ぜんけん)公使(こうし)(やく)拝命(はいめい)し、067御伺(おうかが)ひに(まゐ)つた次第(しだい)御座(ござ)います。068どうぞ(ぜん)(いそ)げですから、069(はや)()御返事(ごへんじ)御願(おねが)(まを)します』
070 国依別(くによりわけ)(あん)相違(さうゐ)面持(おももち)にて(かうべ)(かたむ)け、071双手(もろて)()み、072(ふと)(いき)をつきながら、073ものをも()はず両眼(りやうがん)より(なみだ)さへ(したた)らしつつ()る。
074『モシ国依別(くによりわけ)さま、075あなたは(なに)それ(ほど)御思案(ごしあん)なされますか、076()れば(なみだ)御垂(おた)らしになつてゐるやうですなア。077如何(どう)しても御気(おき)()らないのですか?』
078『イエイエどうしてどうして()()らぬ(どころ)か、079(あま)りの(こと)で、080勿体(もつたい)なくて、081申上(まをしあ)げる言葉(ことば)御座(ござ)いませぬ。082(わたし)(わか)(とき)より道楽(だうらく)有丈(ありたけ)(つく)し、083沢山(たくさん)女殺(をんなごろ)し、084御家(ごけ)(だほ)し、085家潰(いへつぶ)しをやつてきた(つみ)(かたまり)御座(ござ)います。086今日(こんにち)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)として、087(をんな)一切(いつさい)関係(くわんけい)()ち、088生涯(しやうがい)独身(どくしん)生活(せいくわつ)(つづ)ける覚悟(かくご)(いた)して()るので御座(ござ)います。089如何(いか)大神様(おほかみさま)思召(おぼしめ)しなればとて、090(わたし)(やう)横着者(わうちやくもの)()れの()て、091何程(なにほど)(みたま)(みが)けたと(まを)しても、092(しろ)(きれ)(すみ)()んだのと同様(どうやう)に、093いくら(あら)つても(もと)(しろ)生地(きぢ)にはなりませぬ。094つまり霊魂上(れいこんじやう)疵者(きずもの)御座(ござ)います。095斯様(かやう)疵者(きずもの)水晶身魂(すいしやうみたま)(うぶ)処女(しよぢよ)なる末子姫(すゑこひめ)(さま)(をつと)になるなぞと()(こと)は、096どうしても良心(りやうしん)(とが)めてなりませぬ。097冥加(みやうが)(ほど)(おそ)ろしうなつて(まゐ)りました。098どうぞ右様(みぎやう)次第(しだい)御座(ござ)いますから、099()しからず、100大神様(おほかみさま)(わたし)素性(すじやう)素破(すつぱ)ぬいた(うへ)101(よろ)しく御断(おことわ)(くだ)さいませ』
102左様(さやう)御遠慮(ごゑんりよ)はチツとも()りませぬ。103神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)(さま)は、104あなたがバラモン(けう)信者(しんじや)であつた(こと)も、105(をんな)()かしの御家(ごけ)(たふ)し、106家潰(いへつぶ)しをなさつた(こと)も、107(だい)悪戯者(いたづらもの)()らつしやつた(こと)も、108松鷹彦(まつたかひこ)(さま)のお宿(やど)()らず()らずに(たづ)ね、109(かつ)殿(どの)といろいろのローマンスのあつた(こと)110それから真浦(まうら)(さま)(おとうと)なる(こと)111一切(いつさい)万事(ばんじ)御取調(おとりしらべ)(うへ)(こと)御座(ござ)いますから、112(けつ)してそんな御遠慮(ごゑんりよ)()りませぬ。113言依別(ことよりわけ)(さま)(くち)(きは)めてあなたの美点(びてん)をあげ、114(また)(わる)(くせ)(ひと)つも(のこ)らず、115大神様(おほかみさま)申上(まをしあ)げられました。116(ところ)大神様(おほかみさま)大変(たいへん)御機嫌(ごきげん)で……あゝ其奴(そいつ)益々(ますます)面白(おもしろ)(をとこ)だ、117()()つた、118どうぞ(はや)末子姫(すゑこひめ)(をつと)にしたいものだ……との思召(おぼしめ)しで御座(ござ)いましたよ……国依別(くによりわけ)(さま)119あなたは言依別(ことよりわけ)(さま)から(うけたまは)れば、120随分(ずゐぶん)からかひの上手(じやうず)御方(おかた)ぢやさうですから、121(わたし)がこんな(こと)をいつて、122あなたをからかつてゐると(おも)はれるか()りませぬが、123今日(けふ)真剣(しんけん)ですから、124どうぞ真面目(まじめ)()いて(くだ)さい』
125『から()ひも豆腐買(とうふかひ)も、126厄介(やくかい)喧嘩買(けんくわかひ)も、127法螺貝(ほらがひ)もドブ(がひ)心霊研究会(しんれいけんきうくわい)も、128大日本修斎会(だいにほんしうさいくわい)も、129議会(ぎくわい)日本海(にほんかい)皆目(かいもく)ありませぬワイ。130正真正銘(しやうしんしやうめい)(いつは)りなきあなたの御言葉(おことば)131国依別(くによりわけ)132(じつ)光栄(くわうえい)(ぞん)じます。133(しか)しながら貴族(きぞく)卑族(ひぞく)との結婚(けつこん)提灯(ちやうちん)釣鐘(つりがね)134釣合(つりあ)はぬは不縁(ふえん)(もと)ですから、135()らぬ苦労(くらう)をさせずに、136どうぞ(てい)よく(ことわ)つて(くだ)さい』
137『エヽ国依別(くによりわけ)さま、138真剣(しんけん)ですよ。139(また)(れい)(くせ)()して、140正直(しやうぢき)(わたし)をじらしなさるのですか。141あなたの本守護神(ほんしゆごじん)はキツト契約済(けいやくずみ)実印(じついん)押捺(あふなつ)して御座(ござ)るに間違(まちがひ)ありませぬよ。142(また)()(ことわざ)にも、143(こひ)上下(じやうげ)(へだ)てなしと()ふぢやありませぬか。144(へだて)のないのが所謂(いはゆる)(こひ)神聖(しんせい)なる所以(ゆゑん)です』
145(わたし)一旦(いつたん)婦人(ふじん)との関係(くわんけい)(こころ)(そこ)より断念(だんねん)して()ますから、146(こひ)なんか(こころ)(おこ)した(こと)はありませぬ。147(こひ)滝上(たきのぼ)りをし、148夕立(ゆふだち)()つて天上(てんぢやう)する(やう)険呑(けんのん)結婚(けつこん)問題(もんだい)は、149どうぞ御頼(おたの)みですから、150(はや)撤廃(てつぱい)して(くだ)さい』
151(また)しても(ふな)(ふな)(らち)のあかぬ、152あなたの御言葉(おことば)153末子姫(すゑこひめ)(さま)があの飯鞘(いひだこ)154尻目(しじめ)で、155(まへ)さまの後姿(うしろすがた)(にら)んで、156あの(をとこ)(どぜう)なとして、157(わたくし)オツトセイ()ちたいものだと、158()けても()れても、159つばす()みこんで、160あかえ(とし)だから、161(こひ)(ほのほ)をもやして御座(ござ)るのだから、162どうぞ(いろ)よいあぢのよい返事(へんじ)をして(くだ)さい。163あなたも(ます)(ます)(さば)けた人間(にんげん)だと()つて、164(ふか)はまりしてゐられるのだ。165それにお(まへ)さまが()をふり、166(ひれ)をピンとはねるやうな(こと)をなさつたら……あゝ(わたし)折角(せつかく)(こひ)(かな)はねば、167一層(いつそう)(こと)168ちぬ(だひ)169()(ふな)浮世(うきよ)生鰕(なまえび)したかて、170サヨリがないからと()つて淵川(ふちかは)()()げて(しま)はれたら、171(まへ)さま何程(なにほど)(うを)(うを)とうろついて(くや)んでもあとの(まつ)り、172大神様(おほかみさま)からは、173是程(これほど)(こと)()けて()ふのに、174(こひ)(やう)にはねつけるとは、175ギギシイラ(やつ)だと御立腹(ごりつぷく)(あそ)ばすかも()れませぬ。176(わたし)はこれ(ほど)白魚(しらうを)もやさして、177(まへ)さまはそれでも()()むの(かひ)な。178マア(いや)でも()うて()なさい。179仕舞(しまひ)にやすすきになりますぞや、180ヤマメ(くら)すより(あゆ)らしい(おく)さまとガザミ()()いて、181山野(やまの)時々(ときどき)跋渉(ばつせふ)なさるのも(おつ)ですよ。182これ(ほど)(わたし)()カマス(いわし)ておいて、183だまつてゐるとは、184(あんま)りぢやありませぬか。185今日(けふ)大神様(おほかみさま)(おぼ)(めし)だから、186瓢箪(へうたん)(なまづ)では(とほ)りませぬぞや』
187エエハモ(かれい)ヤガラ(なまぐさ)厄介(やくかい)坊主(ばうず)自堕落(じだらく)上人(しやうにん)御座(ござ)いますから、188どうぞ今日(けふ)(かぎ)りそんな(こと)()つて(くだ)さるな。189(をんな)スキ()刺身(さしみ)もモウ(わか)(とき)から()ひあいて()ました。190()(ひる)レコ(がひ)(はまぐり)だつたものだから、191どうぞ、192カマスにおいて(くだ)さい。193(この)(こと)(つい)ては、194イカナゴとも飯蛸(いひだこ)(いた)(わけ)には(まゐ)りませぬ。195アハヽヽヽ』
196 松若彦(まつわかひこ)国依別(くによりわけ)背中(せなか)を、197(うしろ)へまはつてポンと(たた)き、
198『コレ国依別(くによりわけ)さま! (また)しても、199あなたは、200からかひ(びやう)(おこ)りましたね』
201カラカギでも、202(なまづ)でもフンゾクラヒでもありませぬよ。203小雲川(こくもがは)(いし)()()つてフンゾクラヒだと()つて、204高姫(たかひめ)さまに(おく)つた(こと)があります。205随分(ずゐぶん)(かた)(うを)でした。206(その)(とほ)(わたし)(いま)(こひ)(よく)化石(くわせき)して(しま)ひ、207石地蔵(いしぢざう)(やう)冷酷(れいこく)人間(にんげん)ですから、208到底(たうてい)(この)縁談(えんだん)(あたた)まりますまい。209(こひ)()(やつ)(みづ)(なか)常住(じやうぢゆう)してゐますから、210随分(ずゐぶん)(からだ)()えてゐますからね、211アハヽヽヽ』
212『コレ国依別(くによりわけ)さま、213大国主(おほくにぬし)(かみ)さまの妻呼(つまよ)びの(うた)()つてますだらう、214男子(だんし)たる(もの)はさうなくては到底(たうてい)()()つことは出来(でき)ますまい。215(なさけ)()らずして、216どうして宣伝使(せんでんし)完全(くわんぜん)(つと)まりますか。217八千矛(やちほこ)(かみ)さまを御覧(ごらん)なさい。218はるばると出雲(いづも)(くに)から(こし)(くに)まで、219腰弁当(こしべんたう)でお()でになつたぢやありませぬか。220(その)(とき)のお(うた)に、
 
221 八千矛(やちほこ)の (かみ)(みこと)は 八洲国(やしまぐに) 妻求(つまま)ぎかねて
222 遠々(とほとほ)し (こし)(くに)に (さか)()を ありと()かして
223 (くは)()を ありと()こして さよばひに ありたたし
224 結婚(よきひ)にあり(かよ)はせ 太刀(たち)()も (いま)()かずて
225 (おす)ひをも (いま)()かねば 乙女(をとめ)の ()すや板戸(いたど)
226 ()そぶらひ ()()たせれば ()こずらひ ()()たせれば
227 青山(あをやま)に (ぬえ)()き 野鳥(さぬつどり) 雉子(きぎす)(どよ)
228 (には)(とり) (かけ)()く (うれ)たくも ()くなる(とり)
229 ()(とり)も ()()めこせね いしたふや (あま)はせづかひ
230 ことの(かた)(ごと)も こをば
 
231(うた)はしやつて、232(こし)(くに)沼河姫(ぬながはひめ)(さま)(いた)()を、233(よる)夜中(よなか)押開(おしあ)這入(はい)らうと(あそ)ばす、234沼河姫(ぬながはひめ)さまは這入(はい)られては大変(たいへん)と、235(をとこ)(をんな)()そぶらひ、236()こづらひを(なが)らく(あそ)ばした(すゑ)237(つひ)大国主命(おほくにぬしのみこと)さまの熱心(ねつしん)なる(こひ)(かん)じ、238沼河姫(ぬながはひめ)さまは()(なか)から、
 
239 八千矛(やちほこ)の (かみ)(みこと) ()(ぐさ)の ()にしあれば
240 ()(こころ) 浦渚(うらす)(とり)ぞ (いま)こそは 千鳥(ちどり)にあらめ
241 のちわ 和鳥(などり)にあらむを いのちは な()(たま)ひそ
242 いしたふや (あま)はせづかひ
243 ことの(かた)(ごと)も こをば
244 青山(あをやま)に ()(かく)らば 烏羽玉(ぬばたま)の ()()でなむ
245 (あさひ)の ()(さか)()て 栲綱(たくづぬ)の (しろ)(ただむき)
246 沫雪(あはゆき)の ()かやる(むね)を そ(だた)き (たた)(まな)がり
247 真玉手(またまで) 玉手(たまで)さしまき 股長(ももなが)に ()はなさむを
248 あやに ()恋聞(こひき)こし 八千矛(やちほこ)の (かみ)(みこと)
249 ことの(かた)(ごと)も こをば
 
250(うた)つて沼河姫(ぬながはひめ)がたうとう降参(まゐ)つて(しま)ひ、251(じつ)神聖(しんせい)なローマンスが(おこな)はれたぢやありませぬか。252それに(なん)ぞや、253(まへ)さまは、254八千矛(やちほこ)(かみ)一名(いちめい)大国主(おほくにぬし)(かみ)さまとは反対(はんたい)沼河姫(ぬながはひめ)(さま)よりズツと綺麗(きれい)賢女麗女(さかしめくはしめ)にラバーされて、255それを(なん)とも(おも)はず、256すげなくもエツパツパを()はす(かんが)へですか。257本当(ほんたう)(ひと)(わる)唐変木(たうへんぼく)だなア……オツトドツコイ、258(あま)一心(いつしん)になつて、259ツイ言霊(ことたま)(にご)りました。260どうぞ(はや)く、
 
261 綾垣(あやがき)の ふはやが(した)に 虫衾(むしぶすま) (にこ)やが(した)
262 栲衾(たくぶすま) (さや)ぐが(した)に 沫雪(あはゆき)の ()かやる(むね)
263 栲綱(たくづぬ)の (しろ)(ただむき) そ(だた)き (たた)(まな)がり
264 真玉手(またまで) 玉手(たまで)差纏(さしま)き 股長(ももなが)に ()をし宿()
265 豊御酒(とよみき) (たてまつ)らせ
 
266()ふやうに御返事(ごへんじ)をして(くだ)さい。267(ほか)(かた)御使(おつかひ)(ちが)ひ、268大神様(おほかみさま)思召(おぼしめし)だから、269これ(ばか)りは(じや)()でも()いて(もら)はなくちや、270松若彦(まつわかひこ)(をとこ)()ちませぬ』
271大神様(おほかみさま)(はじ)末子姫(すゑこひめ)(さま)(おい)て、272御異存(ごいぞん)なければ御世話(おせわ)になりませう。273(その)(かは)りに古疵(ふるきず)だらけの国依別(くによりわけ)ですから、274何時(なんどき)持病(ぢびやう)再発(さいはつ)して、275御姫様(おひめさま)眉気(まゆげ)逆立(さかだ)てさしたり、276(きば)をむかせたり、277()ぬの(はし)るの、278ひまをくれのと乱痴気(らんちき)(さわ)ぎをさすかも()れませぬから、279それが御承知(ごしようち)なら、280(よろ)しく御取持(おとりもち)(ねが)ひます』
281『アハヽヽヽ、282面白(おもしろ)面白(おもしろ)い、283(わたし)もそれがズンと()()つた……国依別(くによりわけ)さま、284いよいよ御結婚(ごけつこん)(ととの)へば、285あなたはウヅの(くに)(つかさ)286(わたし)御家来(ごけらい)御座(ござ)いますから、287どうぞ末永(すえなが)くお(めし)使(つか)(くだ)さいませ。288今迄(いままで)御無礼(ごぶれい)(まを)(やう)289只今(ただいま)(かぎ)御忘(おわす)れの(ほど)(ねが)ひます』
290『サア(たちま)ちさうなるから、291窮屈(きうくつ)でたまらぬ。292それだから独身(どくしん)生活(せいくわつ)がしたいのだよ。293あんたはん(阿弥陀(あみだ)はん)、294ぶつたはん(仏陀(ぶつた)はん)、295大将(たいしやう)さんと(みな)連中(れんぢう)にピヨコピヨコ(あたま)()げられ、296敬遠(けいゑん)主義(しゆぎ)()られるやうになつて(しま)つちや、297()つから()(なか)無味乾燥(むみかんさう)で、298面白(おもしろ)くも(なん)ともなくなつて(しま)ふ。299あゝ折角(せつかく)自由(じいう)世界(せかい)解放(かいはう)されたと(おも)つたら、300(また)もや窮屈(きうくつ)な、301慈悲(じひ)獄屋(ごくや)(つな)がれねばならぬのかいなア。302エヽこんな(こと)なら紅井姫(くれなゐひめ)でも()らつて()て、303自分(じぶん)女房(にようばう)のやうに()せて()つたら、304こんな問題(もんだい)(おこ)らなかつただらうに、305エヽ有難迷惑(ありがためいわく)とは(この)(こと)だ。306(をんな)(をとこ)にお(ぜん)末子姫(すゑこひめ)()てゐるのだから、307さう無下(むげ)無愛想(ぶあいさう)捨子姫(すてこひめ)する(わけ)にも()こまい、308アハヽヽヽ』
309『なるべく、310気楽(きらく)(やう)()ちかけますから、311どうぞ取越苦労(とりこしぐらう)をなさらずに、312決心(けつしん)をして(くだ)さいませ』
313『ハイ、314是非(ぜひ)(およ)びませぬ。315大神(おほかみ)御言葉(おことば)316あなたの御取持(おとりもち)317(つつし)んで御受(おう)(いた)します』
318とキツパリ(こた)ふれば、319松若彦(まつわかひこ)はニコニコしながら(かる)一礼(いちれい)し、320(いそ)奥殿(おくでん)()して(すす)()る。
321大正一一・八・二四 旧七・二 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)