霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二四章 冷氷(れいひよう)〔九一五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第32巻 海洋万里 未の巻 篇:第4篇 天祥地瑞 よみ:てんしょうちずい
章:第24章 第32巻 よみ:れいひょう 通し章番号:915
口述日:1922(大正11)年08月24日(旧07月02日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年10月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
高姫は、縁談を壊す算段をしようと、今度は鷹依姫と竜国別のところへやってきた。鷹依姫と竜国別は高姫を歓迎し、このたびの縁談の祝いの品について、高姫に相談をもちかけた。
しかし高姫が縁談を壊そうとしていると知った竜国別は、高姫に食って掛かり非難した。高姫と竜国別がやりあっているところへカールがやってきて、高姫が縁談を壊そうとあちこちへ出張っているので気をつけろ、と注進にやってきて高姫に出くわした。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:286頁 八幡書店版:第6輯 246頁 修補版: 校定版:291頁 普及版:108頁 初版: ページ備考:
001 高姫(たかひめ)国依別(くによりわけ)(しつ)立出(たちい)で、002応援(おうゑん)(もと)めて(この)目的(もくてき)(たつ)せむと、003鷹依姫(たかよりひめ)004竜国別(たつくにわけ)一室(いつしつ)訪問(はうもん)した。
005御免(ごめん)なさいませ……鷹依姫(たかよりひめ)さま、006竜国別(たつくにわけ)さま、007(なん)とマア親子(おやこ)(なか)のよいこと、008あなたも孝行(かうかう)息子(むすこ)()つて幸福(かうふく)ですなア。009(わたし)(やう)独身者(どくしんもの)親子(おやこ)(むつ)まじう、010さうして御座(ござ)(ところ)拝見(はいけん)(いた)しますと、011(じつ)(うらや)ましうなつて()ました。012本当(ほんたう)親子(おやこ)円満(ゑんまん)なのは()よいものですワイ……(とき)にお二人(ふたり)さまに至急(しきふ)御相談(ごさうだん)したい(こと)があつて(まゐ)りました。013どうぞ(しばら)くの(あひだ)御邪魔(おじやま)をさして(くだ)さいませ』
014『それはマア()()(くだ)さいました。015(せがれ)竜国別(たつくにわけ)孝行(かうかう)にして()れますので、016(わたし)(まつた)神様(かみさま)のお(かげ)だと(おも)ひ、017(あさ)(ゆふ)なに感謝(かんしや)(いた)して()ります。018(わか)(とき)には随分(ずゐぶん)極道(ごくだう)で、019(なん)べんも(おや)()かせたもので御座(ござ)いますが、020(とし)(くすり)(この)(やう)孝行(かうかう)息子(むすこ)になつてくれました。021()()うて()(おや)()いが、022()がある(ため)()(おや)は、023世界(せかい)沢山(たくさん)御座(ござ)いますでなア。024(わたし)神様(かみさま)のおかげで、025()がある(ため)日々(にちにち)(いさ)んで(くら)して()ります』
026『それは(なに)より結構(けつこう)御座(ござ)います。027(しか)しお二人(ふたり)さま、028(ひと)()いて(もら)はねばならぬことが突発(とつぱつ)して()ました』
029竜国(たつくに)高姫(たかひめ)さま、030ソリヤ大方(おほかた)国依別(くによりわけ)さまのお目出度(めでた)(はなし)でせう。031本当(ほんたう)結構(けつこう)ですなア。032不断(ふだん)から一寸(ちよつと)(かは)つた(えら)(をとこ)だと感服(かんぷく)してゐましたが、033ヤツパリ栴檀(せんだん)二葉(ふたば)より(かんば)し、034(じや)(すん)にして(ひと)()むとやら、035ヤツパリ身魂(みたま)性来(しやうらい)(あらそ)はれぬものですワイ。036(わたし)今迄(いままで)心易(こころやす)(とも)だちとして、037ワレかオレかでつき()つて()ましたが、038モウ(これ)からは態度(たいど)(あらた)めねばならなくなつて()ました。039本当(ほんたう)(ひと)出世(しゆつせ)(わか)らぬものですな……高姫(たかひめ)さま、040あなたは国依別(くによりわけ)さまの結婚(けつこん)について御祝(おいはひ)をしたいから、041どんな(もの)(おく)つたらよからうと()同情(どうじやう)ある御相談(ごさうだん)でせう……なアお()アさま』
042(なに)から(なに)まで、043(みみ)から(はな)まで、044()から(くち)までつきぬけるやうな高姫(たかひめ)さまが御座(ござ)るのだから、045メツタに仰有(おつしや)(こと)抜目(ぬけめ)はありませぬ。046高姫(たかひめ)さまの御意見(ごいけん)御任(おまか)せしなさい』
047『ハイ』
048『コレ竜国別(たつくにわけ)さま、049(まへ)さまのお()アさまの仰有(おつしや)つた(とほ)り、050何事(なにごと)(わたくし)意見(いけん)(したが)ふのだよ』
051『ハイ、052(したが)ひますよ。053(なに)(いは)うたら(よろ)しいでせうなア』
054『エヽ辛気臭(しんきくさ)い、055(いは)(どころ)(さわ)ぎですか。056国家(こくか)興亡(こうばう)危機一髪(ききいつぱつ)(あひだ)()り、057地異(ちい)天変(てんぺん)大騒動(おほさうどう)058(なに)気楽(きらく)な、059悠然(いうぜん)として(ひか)へて御座(ござ)るのだい。060マア()(かんが)へて御覧(ごらん)061(をんな)たらしの御家倒(ごけたふ)し、062家潰(いへつぶ)しの国依別(くによりわけ)のやうなガラクタ身魂(みたま)と、063誠水晶(まことすゐしやう)生粋(きつすゐ)大和魂(やまとだましひ)末子姫(すゑこひめ)(さま)夫婦(ふうふ)にでもしようものなら、064それこそ白米(はくまい)(なか)(すな)()ぜたやうなものだ。065どうにもかうにもママになりませぬぞや。066(なん)とかして(この)縁談(えんだん)(ひや)工夫(くふう)をせなくては、067国家(こくか)一大事(いちだいじ)だから御相談(ごさうだん)()ましたのぢや』
068(ひや)相談(さうだん)ですか? (この)(あつ)いのに(にはか)方法(はうはふ)もありませぬワ。069(なに)しろ百度(ひやくど)以上(いじやう)逆上(のぼ)(あが)つてゐるのですからなア。070(しか)(ひや)さぬと腐敗(ふはい)(おそれ)がありませう。071あなた御苦労(ごくらう)だが、072(ひと)竜紋氷室(りうもんひようしつ)(はし)つて()つて、073百貫目(ひやくくわんめ)(ほど)(こほり)()つて()(くだ)さいな』
074『コレ(たつ)どの、075(こほり)(はなし)ぢやありませぬぞや。076(まへ)さまは(この)(あつ)さで(こほり)(こと)(ばか)(おも)つてゐるものだから、077(なに)()つても(みな)(こほり)(きこ)えるのだよ』
078『チツとカチワリにして、079(こま)かう()つて(くだ)さらぬと、080氷解(ひようかい)することが出来(でき)ませぬワイ』
081『コレコレお(まへ)さまは(わたくし)がこれ(ほど)熱心(ねつしん)(はなし)をしよるのに、082(あたま)から(ひや)かすのかいなア』
083高姫(たかひめ)さま、084(いま)(ひや)さうと()つて()たぢやないか。085さうだからお(まへ)さまの意見(いけん)(したが)つて、086(ひや)かしにかかつて()るのだよ。087冷笑冷罵(れいせうれいば)言霊(ことたま)(ひと)進上(しんじやう)(いた)しませうか。088今朝(けさ)から井戸(ゐど)(なか)()(おろ)しておいたのだから……』
089『エヽ(わけ)(わか)らぬ(をとこ)だなア。090西瓜(すゐくわ)(こと)(たれ)()つていますか!』
091『コレコレ竜国別(たつくにわけ)……勿体(もつたい)ない、092高姫(たかひめ)さまに(むか)つて、093さうツベコベと口答(くちごたへ)するものぢやありませぬぞえ……なア高姫(たかひめ)さま、094(わか)(もの)()ふものは、095(じつ)(そば)()いて()つても、096(こほり)(そば)()るやうに、097ヒヤヒヤするやうな(こと)(ばか)(まを)します。098どうぞ冷静(れいせい)にお()(くだ)さいませ』
099高姫(たかひめ)さま、100(まへ)さまは善言美詞(ぜんげんびし)言霊(ことたま)(わす)れましたか? 国依別(くによりわけ)さまがモウ一息(ひといき)成功(せいこう)すると()間際(まぎは)になつて、101(むかし)のアラをさらけ()したり、102反対(はんたい)運動(うんどう)をすると()(やう)非人道的(ひじんだうてき)(こと)御座(ござ)いますか。103(わたくし)左様(さやう)相談(さうだん)には真平(まつぴら)御免(ごめん)ですよ』
104(わたくし)だとて国依別(くによりわけ)のアラをさらけ()すのは(じつ)(つら)い、105熱鉄(ねつてつ)()むやうな心持(こころもち)がするけれど、106多勢(おほぜい)人民(じんみん)一人(ひとり)とには()へられませぬから、107()むを()ずイヤな(こと)()はねばならぬ因果(いんぐわ)()(うへ)……コレ鷹依姫(たかよりひめ)さま、108高姫(たかひめ)(こころ)(なか)推量(すゐりやう)して(くだ)さいませなア』
109御尤(ごもつと)もで御座(ござ)います。110(しか)(なが)神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)(さま)御所望(ごしよまう)()り、111言依別神(ことよりわけのかみ)さま、112松若彦(まつわかひこ)神司(かむつかさ)のおきめ(あそ)ばしたこと、113吾々(われわれ)がどうかう(まを)権利(けんり)もなければ場合(ばあひ)でも御座(ござ)いませぬ。114どうなるのも(みな)神様(かみさま)御仕組(おしぐみ)御座(ござ)いませうから、115吾々(われわれ)としては(ただ)目出度(めでた)いと御祝(おいは)(まを)すより(ほか)(みち)はなからうかと(ぞん)じます』
116『エーエ、117親子(おやこ)(とも)118(そろ)ひも(そろ)うて(わか)らぬ(ひと)だなア。119(これ)では何程(なにほど)変性男子(へんじやうなんし)系統(ひつぽう)……オツトドツコイ、120(これ)()ふのぢやなかつた……高姫(たかひめ)が、121シヤチになつてきばつても、122(この)濁流(だくりう)はせきとめる(こと)出来(でき)ないかなア……アヽ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)123どうぞ神様(かみさま)124(はや)(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)(くだ)さいまして、125神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)(さま)(うづ)御子(みこ)結構(けつこう)身魂(みたま)を、126国依別(くによりわけ)泥身魂(どろみたま)(けが)しませぬ(やう)に、127()(まも)()(まも)りに(まも)(さち)はひ(くだ)さいませ。128(ひとへ)御願(おねがひ)申上(まをしあ)(たてまつ)ります』
129高姫(たかひめ)さま、130(いま)となつて、131何程(なにほど)ジリジリ(もだ)えをしたつて駄目(だめ)ですよ。132(わたくし)(あま)国依別(くによりわけ)さまの悪口(わるくち)をきかされて、133(はら)竜国別(たつくにわけ)となつて(しま)つた。134サアサア一時(いちじ)(はや)此処(ここ)竜国別(たつくにわけ)として(くだ)さい。135(これ)から国依別(くによりわけ)さまの(ところ)御祝(おいは)ひに()かねばなりませぬ……お()アさま、136高姫(たかひめ)さまに失礼(しつれい)して、137親子(おやこ)(そろ)うて、138このお目出度(めでた)結婚(けつこん)前祝(まへいはひ)()つて()ようぢやありませぬか』
139『どうなつと、140御勝手(ごかつて)になさりませ。141(あと)後悔(こうくわい)せぬ(やう)一寸(ちよつと)()()けて()きますぞえ』
142(あと)後悔(こうくわい)どころか、143最早(もはや)(この)結婚(けつこん)(はなし)前以(まへもつ)公開(こうかい)された(はず)だ。144アハヽヽヽ』
145 ()かる(ところ)へカールは(いきほ)ひよく(はし)(きた)り、
146(いま)言依別(ことよりわけ)(さま)御居間(おゐま)(まね)かれて()つて()ました(ところ)147タカとか(とび)とかの雌鳥(めんどり)がやつて()て、148(おそ)(おほ)大神様(おほかみさま)思召(おぼしめし)()つて成立(なりた)つた結構(けつこう)結婚(けつこん)問題(もんだい)(ひや)かさうとして、149百万陀羅(ひやくまんだら)(あわ)()いて(かへ)つたと()ふことで御座(ござ)いましたよ。150(いづ)鷹依姫(たかよりひめ)(さま)竜国別(たつくにわけ)(さま)御宅(おたく)へもタカがケチをつけに()くだらうから、151(まへ)(ひと)つタカや(とび)()()ても相手(あひて)にならず、152ぼつ(かへ)せと仰有(おつしや)いましたからお使(つかひ)()(まゐ)りました。153グヅグヅしてると、154タカや(とび)油揚(あぶらあげ)をさらはれ、155アフンとしても(あと)(まつ)りだから、156一寸(ちよつと)言依別(ことよりわけ)(さま)御命令(ごめいれい)()つて御知(おし)らせに(まゐ)りました……オツトドツコイ、157此処(ここ)にタカとか高姫(たかひめ)さまとか()御本尊(ごほんぞん)御座(ござ)つたのかなア……大神様(おほかみさま)158何卒(どうぞ)神直日(かむなほひ)大直日(おほなほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)(くだ)さいませ。159アヽ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
160大正一一・八・二四 旧七・二 松村真澄録)