霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

瑞祥(ずゐしやう)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第33巻 海洋万里 申の巻 篇:前付 よみ:
章:第33巻 よみ:ずいしょう 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年09月20日(旧07月29日) 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年11月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
今日はなんという吉日であろうか。万代祝う亀岡の瑞祥閣の立てられた万寿苑の空は蒼々と澄み切り渡り、初秋の空をかすめてゆるゆると翔ってきた二羽の田鶴。
折から出口瑞月が、富士の高峰に鎮まりいます木の花咲哉姫の御経綸によって述べる物語も、三十三巻を述べ終わった。東の方を見れば、吉祥の瑞をあらわす常盤の松に羽を休め、綾部の方を眺めている鶴の姿も勇ましい。尊い神の開いた教えの花の千載に輝くとき、いや光る功は手に取るごとく思われる。
天の岩戸の奥深くに隠れいませる大神の稜威も出づる神の道を、闇夜を照らす瑞月が歓び勇んで大本の瑞兆をまつぶさに示し給うたものであると、小松の茂る神の園の鈴虫や機織虫、キリギリス、コホロギらの声が清く照り渡るように聞こえてきた。
めでたい田鶴が舞うように、高ねの空に皇神の畏き教えを敷島の大和心の隅もなく照らさせ給え。天地の神の前に謹んで、大正十一年九月二十日の瑞祥を後日のために記しておく。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm330002
愛善世界社版:3頁 八幡書店版:第6輯 256頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001今日(けふ)如何(いか)なる吉日(きちじつ)
002万代(よろづよ)(いは)亀岡(かめをか)
003瑞祥閣(ずゐしやうかく)()てられし
004()さへ目出度(めでた)万寿苑(まんじゆゑん)
005天津御空(あまつみそら)蒼々(さうさう)
006澄切(すみき)(わた)初秋(はつあき)
007(そら)をかすめて緩々(ゆるゆる)
008かけり(きた)りし二羽(には)田鶴(たづ)
009(をり)から出口(でぐち)瑞月(ずゐげつ)
010不二(ふじ)高峰(たかね)常永(とことは)出口瑞月
011(しづ)まりゐます()(はな)
012咲哉(さくや)(ひめ)御経綸(ごけいりん)
013変現(へんげん)出没(しゆつぼつ)(きは)みなき
014三十三相(さんじふさんさう)神業(かむわざ)
015(ちなみ)()ぶる物語(ものがたり)
016三十三巻(さんじふさんくわん)()()へて松村真澄
017浄写菩薩(じやうしやぼさつ)松村(まつむら)()
018(こころ)加藤(かとう)(あきら)けく加藤明子
019いよいよ(たの)しき休養日(きうやうび)
020東尾(ひがしを)()れば吉祥(きつしやう)東尾吉雄
021(ずゐを)あらはす公孫樹(こうそんじゆ)
022常磐(ときは)(まつ)(はね)(やす)
023綾部(あやべ)(かた)(なが)()
024(つる)姿(すがた)(いさ)ましき
025(たふと)(かみ)(ひら)きたる
026(をしへ)(はな)千載(せんざい)
027かがやく(とき)北村(きたむら)
028いや隆光(たかひか)伊佐男(いさをし)北村隆光
029()にとる(ごと)(おも)はれぬ
030(あま)岩戸(いはと)(おく)(ふか)
031(かく)()ませし大神(おほかみ)
032稜威(みいづ)出口(でぐち)(かみ)(みち)出口伊佐男
033暗夜(やみよ)()らす瑞月(ずゐげつ)
034(よろこ)(いさ)打仰(うちあふ)
035(わが)大本(おほもと)瑞兆(ずゐてう)
036皇大神(すめおほかみ)のまつぶさに
037(しめ)(たま)ひしものなりと
038千代(ちよ)万代(よろづよ)寿(ことほ)ぎて
039小松(こまつ)(しげ)(かみ)(その)
040(こころ)(すず)しき鈴虫(すずむし)
041五六七(みろく)御代(みよ)松虫(まつむし)
042(たて)(よこ)との綾錦(あやにしき)
043機織虫(はたおりむし)此所(ここ)彼所(かしこ)
044(うた)へる(こゑ)はキリギリス
045コホロギ(むし)(こゑ)(きよ)
046真澄(ますみ)(かがみ)(あきら)けく
047()(わた)(ごと)(きこ)えたり
048あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
049御霊(みたま)(さち)はへ()しまして
050芽出度(めでた)田鶴(たづ)()(ごと)
051高峯(たかね)(そら)皇神(すめかみ)
052(かしこ)(をしへ)敷島(しきしま)
053大和心(やまとごころ)(くま)もなく
054()らさせ(たま)天地(あめつち)
055(かみ)御前(みまへ)(つつし)みて
056(ひろ)(ただ)しき十一年(じふいちねん)
057九月(くぐわつ)二十日(はつか)瑞祥(ずゐしやう)
058うれしみ(かしこ)命毛(いのちげ)
059肉筆(にくひつ)ならぬ万年筆(まんねんひつ)永々(ながなが)
060(すみ)をふくませ一苦労(ひとくらう)
061(かみ)御為(おんため)()(ため)
062神苑内(しんゑんない)老松(おいまつ)
063(えだ)をば()るる心地(ここち)よさ
064(ためし)もあらぬ(こと)なれば
065後日(ごじつ)(ため)(しる)しおく
066あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
067御霊(みたま)(さち)はへましませよ。
068大正十一年九月二十日