霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一章 高論濁拙(かうろんたくせつ)〔九一六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第33巻 海洋万里 申の巻 篇:第1篇 誠心誠意 よみ:せいしんせいい
章:第1章 第33巻 よみ:こうろんたくせつ 通し章番号:916
口述日:1922(大正11)年08月24日(旧07月2日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年11月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
結婚の式が今宵に迫り、松若彦と捨子姫は準備に全力を注いで、信徒たちに指示を出しつつ、いずれも東奔西走していた。
しかし高姫のみは、これまで体主霊従の限りを尽くしてきた国依別が、瑞霊大神様の娘子と婚姻するなどとんでもないと、夜叉のごとき勢いで駆け巡っていた。高姫は松若彦の館にやってきて、門口にて大声で呼ばわった。
カールが出迎えて、軽口で高姫をいなそうとするが、高姫は主人に会わせず門口で門前払いするとはけしからんと、むりやり館に入ろうとする。カールと高姫は言い争いになってしまう。
松若彦は奥からあわただしく走り来て、今は忙しいからまた日を改めてほしいと高姫に懇願した。高姫は、五分でいいから話を聞いて頷いてくれればよいと詰め寄る。松若彦はそれならと頷いて、そのまま奥に走り逃げてしまった。
高姫はいきりたって館の奥へ走り込み、松若彦を探して追いかける。そのうちに、ふと館から外を見ると、松若彦が裏道を逃げていくのが見えた。高姫は悔しがり、松若彦を追っかけて行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3301
愛善世界社版:9頁 八幡書店版:第6輯 259頁 修補版: 校定版:9頁 普及版:3頁 初版: ページ備考:
001(いづ)御霊(みたま)由緒(ゆかり)ある
002伊豆(いづ)神国(かみくに)田方(たかた)(こほり)
003湯ガ島温泉(ゆがしまをんせん)湯本館(ゆもとくわん)
004(のき)(なが)るる狩野川(かのがは)
005連日(れんじつ)連夜(れんや)大雨(おほあめ)
006水量(みづかさ)まさり囂々(がうがう)
007伊猛(いたけ)(くる)(みづ)(おと)
008(また)もや()()大雨(おほあめ)
009亜鉛板(トタン)屋根(やね)(とどろ)かし
010(みみ)さわがしき雨館(あめやかた)
011皇大神(すめおほかみ)(まつ)りたる
012(おく)一間(ひとま)瑞月(ずゐげつ)
013安全椅子(あんぜんいす)横臥(わうぐわ)して
014(みづ)御霊(みたま)由緒(ゆかり)ある
015三十三巻(さんじふさんくわん)物語(ものがたり)
016完全(うまら)委曲(つばら)()()つる
017あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
018御霊(みたま)(さち)はひましまして
019()ちに()ちたる霊界(れいかい)
020三十(みづ)三巻(みまき)物語(ものがたり)
021皇大神(すめおほかみ)(みち)(ため)
022世人(よびと)(ため)三五(あななひ)
023(のり)蘊奥(おくが)()(さと)
024(この)真心(まごころ)(うべ)なひて
025(かみ)(をしへ)()(つき)
026(しげ)(さか)えてどこ(まで)
027(みち)(はしら)となさしめよ
028朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
029(つき)()つとも()くるとも
030仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
031(かみ)言葉(ことば)何時(いつ)までも
032天地(てんち)(つづ)(その)(かぎ)
033月日(つきひ)(とも)(かは)らまじ
034天地(あめつち)(ひら)けし(はじ)めより
035天津神(あまつかみ)(たち)八百万(やほよろづ)
036国津神(くにつかみ)(たち)八百万(やほよろづ)
037(なか)にも()けて国治立(くにはるたち)
038(かみ)(みこと)御来歴(ごらいれき)
039(その)(ほか)(こと)御功績(みいさを)
040(いちじる)しきを()(あつ)
041雲霧(くもきり)()けて瑞月(ずゐげつ)
042宇宙(うちう)(そと)()(なが)
043松雲太夫(しよううんだいふ)(ふで)とらせ
044とく物語(ものがたり)永久(とことは)
045五六七(みろく)御世(みよ)(すゑ)までも
046()らさせ(たま)惟神(かむながら)
047(かみ)御前(みまへ)()ぎまつる
048(かみ)御前(みまへ)()ぎまつる。
049蒼空(さうくう)一点(いつてん)雲影(うんえい)もなく
050天津(あまつ)()東天(とうてん)
051高山(かうざん)(いただ)きを(かす)めて
052(のぼ)らせ(たま)
053平和(へいわ)(かがや)きを
054地上(ちじやう)()(たま)
055(すず)しき(かぜ)
056天然(てんねん)音楽(おんがく)(そう)
057山野(さんや)樹木(じゆもく)
058惟神的(かむながらてき)(きそ)うて舞踏(ぶたう)をなす
059(てふ)翩翻(へんぽん)として
060心地(ここち)よげに()びまはり
061(さかな)溌溂(はつらつ)として
062清泉(せいせん)(をど)
063()()にし()高砂島(たかさごじま)
064瑞祥(ずゐしやう)を、()(あた)
065天地(あめつち)四方(よも)(あら)はしぬ
066今日(けふ)はしも神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
067天降(あまくだ)(たま)ひて
068アルゼンチンの(うづ)神館(かむやかた)
069()でさせ(たま)
070八人乙女(やたりをとめ)(すゑ)御子(みこ)
071末子(すゑこ)(ひめ)(はな)(はる)
072一度(いちど)(ひら)()(はな)
073(つぼみ)(うへ)におく(つゆ)
074いとすがすがしげに()えにける。
075三五教(あななひけう)神司(かむつかさ)
076(たつ)(あぎと)(きう)(たま)
077(その)神徳(しんとく)()()けて
078(すく)ひの(かみ)(かがや)ける
079国依別(くによりわけ)神司(かむつかさ)
080(うづ)(みやこ)(あるじ)とし
081末子(すゑこ)(ひめ)(めあ)はして
082千代(ちよ)八千代(やちよ)高砂(たかさご)
083ほまれを四方(よも)(つた)へむと
084(こころ)欣々(いそいそ)大神(おほかみ)
085(いま)さし(のぼ)天津(あまつ)()
086(むか)つて両手(りやうて)(あは)せつつ
087(いの)(たま)ふぞ(たふと)けれ。
088 (いよいよ)結婚(けつこん)(しき)今宵(こよひ)差迫(さしせま)り、089松若彦(まつわかひこ)090捨子姫(すてこひめ)数多(あまた)神司(かむづかさ)(はじ)め、091信徒(しんと)使役(しえき)して、092今夜(こんや)慶事(けいじ)準備(じゆんび)万端(ばんたん)全力(ぜんりよく)(そそ)ぎ、093(いづ)れも甲斐々々(かひがひ)しく東奔西走(とうほんせいさう)して、094喜色(きしよく)満面(まんめん)にあらはれ、095上下(しやうか)一致(いつち)096()()(あし)()(ところ)()らず、097(われ)(わす)れて大活動(だいくわつどう)をなせる折柄(をりから)098(この)慶事(けいじ)(すこ)しも(しゆく)せざるのみか、099体主霊従(たいしゆれいじう)(かぎ)りを(つく)(きた)りし国依別(くによりわけ)が、100(みづ)御霊(みたま)生娘(うぶむすめ)101末子姫(すゑこひめ)(めあ)ひて、102(きよ)御魂(みたま)混濁(こんだく)し、103折角(せつかく)ここ(まで)(つく)()げた高砂島(たかさごじま)瑞祥(ずゐしやう)黒白(あやめ)(わか)(やみ)()(くつが)へさむは()(あた)り、104(かみ)御為(おんため)()(ため)に、105()(まで)(これ)(こば)(さへぎ)破約(はやく)せしめむと、106夜叉(やしや)(いきほひ)(すさま)じく、107彼方(かなた)此方(こなた)駆巡(かけめぐ)り、108()()()げ、109(かほ)(あか)らめ、110(くち)(とが)らせて(はこ)(あゆ)みも荒々(あらあら)しく、111今夜(こんや)準備(じゆんび)()のまはる(ほど)多忙(たばう)をきはめ()たる松若彦(まつわかひこ)(やかた)(たた)き、112(あわ)ただしく()(きた)るは(れい)高姫(たかひめ)さまであつた。113高姫(たかひめ)門口(かどぐち)より(とが)つた(こゑ)で、
114高姫(たかひめ)御免(ごめん)なさいませ……(わたし)(みな)さまに(にく)まれ(もの)()()つた身魂(みたま)(わる)高姫(たかひめ)御座(ござ)います。115急々(きふきふ)()にかかつて申上(まをしあ)げたい(こと)御座(ござ)いますから、116どうぞ松若彦(まつわかひこ)(さま)少時(しばらく)(よろ)しいから、117御目(おめ)にかかりたう御座(ござ)います。118どうぞ御取次(おとりつぎ)(ねが)ひます』
119とエライ権幕(けんまく)(よば)はつて()る。120カールは(この)(こゑ)(おもて)駆出(かけい)で、
121カール『これはこれは、122(たふと)高姫(たかひめ)さまで御座(ござ)いましたか。123よくマア御入来(ごじゆらい)124(なん)(よう)かは(ぞん)じませぬが、125今日(けふ)貴方(あなた)御聞(おきき)(およ)びの(とほ)り、126瑞月祥日(ずゐげつしやうじつ)(まを)しまして、127アルゼンチン(ひら)けて以来(このかた)128(また)とない結構(けつこう)御日柄(おひがら)御座(ござ)います。129御存(ごぞん)じの(とほ)り、130一片(いつぺん)雲影(うんえい)もなき青空(あをぞら)に、131天津(あまつ)()大神様(おほかみさま)赫々(かくかく)として(かがや)かせ(たま)ひ、132()三五(さんご)明月(めいげつ)133銀玉(ぎんぎよく)(そら)()けたる(ごと)瑞祥(ずゐしやう)今日(こんにち)134イヤもう目出(めで)たうて目出(めで)たうて、135(つる)千年(せんねん)136(かめ)万年(まんねん)137東方朔(とうはうさく)九千年(きうせんねん)138三浦(みうら)王統家(わうすけ)五千歳(ごせんざい)139三千年(さんぜんねん)御仕組(おしぐみ)一厘(いちりん)(はな)(ひら)きそめ、140目出(めで)たいの目出(めで)たくないのつて、141(なに)仰有(おつしや)つても、142今日(けふ)(かぎ)つてグサグサした言葉(ことば)はテンと(みみ)には這入(はい)りませぬ。143御用(ごよう)があれば(あらた)めて明日(あす)(うけたま)はりますから、144どうぞ今日(けふ)(はや)御帰(おかへ)(あそ)ばし、145貴方(あなた)御結婚(ごけつこん)準備(じゆんび)御手伝(おてつだひ)御殿(ごてん)へお(あが)(くだ)さいませ。146さぞ末子姫(すゑこひめ)(さま)御待(おま)ちかねで御座(ござ)いませうぞえ』
147高姫(たかひめ)『コレコレ、148カール殿(どの)149(まへ)(はな)さうと(おも)つて()たのぢやない。150主人(しゆじん)松若彦(まつわかひこ)意見(いけん)をしようと(おも)うて()たのですよ。151主人(しゆじん)にも取次(とりつ)がず、152僣越至極(せんゑつしごく)にも門前払(もんぜんばら)ひをくらはすとはチト脱線(だつせん)ぢやありますまいか。153(また)(この)高姫(たかひめ)(たい)し、154(はや)御殿(ごてん)(あが)り、155御手伝(おてつだ)ひをせよと仰有(おつしや)つたやうだが、156そんな命令(めいれい)(くだ)すお(まへ)に、157ヘン、158権利(けんり)がありますかい。159グヅグヅして()ると、160()()れます。161さうすりやサツパリ(あと)(まつ)り、162サアもうお(まへ)さまに(かか)()つて()つては、163(こと)(おく)れる。164エヽそこ退(どか)つしやれ』
165カール『コレコレ高姫(たかひめ)さま、166貴方(あなた)強行的(きやうかうてき)家宅侵入(かたくしんにふ)をするのですか、167法律(はふりつ)心得(こころえ)てゐますかなア』
168高姫(たかひめ)『エヽ小癪面(こしやくづら)をさげて、169法律(はふりつ)(くそ)のて、170(なに)()ふのだ。171法律(はふりつ)死物(しぶつ)だ、172()きた人間(にんげん)(これ)使(つか)へば()きるが、173(まへ)のやうなデモ法律家(はふりつか)(なに)(ほざ)いたつて、174三文(さんもん)価値(かち)もありませぬぞや。175それだから神様(かみさま)法律(はふりつ)()へるぞよと仰有(おつしや)るのだよ』
176カール『高姫(たかひめ)さま(あんま)馬鹿(ばか)にして(くだ)さるな。177これでも赤門出(あかもんで)のチヤキチヤキの法学士(はふがくし)178(しか)優等(いうとう)()たカールさまだよ。179(あんま)馬鹿(ばか)にして(もら)ひますまいかい。180やがて博士(はかせ)称号(しやうがう)(さが)らむとしてゐる(ところ)だ』
181高姫(たかひめ)博士(はかせ)()いて(あき)れますぞえ、182(まへ)のは博士(はかせ)でなうて、183バカセだ。184(むかし)はハカセとよんだが(いま)はハクシと()むのだよ。185読方(よみかた)()らぬような法学士(はふがくし)(なん)になるか、186法学士(はふがくし)でなうて、187方角(はうがく)()らずと()馬鹿者(ばかもの)だらう。188薄志弱行(はくしじやくかう)()(ばか)りが(あつ)まつて()るから、189(いま)ではハクシといふのだ。190白紙(はくし)主義(しゆぎ)()うて、191白紙(はくし)(やう)(きよ)精神(せいしん)なればまだしもだが、192真黒々助(まつくろくろすけ)(にご)つた(たましひ)で、193法学士(はふがくし)博士(はくし)もあつたものかいな。194法律(はふりつ)(ころ)して(みな)(はか)(うづ)めるのだから、195ハカセと(むかし)()つたのだ。196(この)(ごろ)松若彦(まつわかひこ)さまの庭先(にはさき)()つて、197(はうき)(もつ)庭掃(にはは)かせになるとこだと()つて威張(ゐば)つて()るのだらう。198何程(なにほど)(はうき)法規(はふき))が立派(りつぱ)でも、199神様(かみさま)自然(しぜん)憲法(けんぱふ)には抵抗(ていかう)することは出来(でき)ますまい。200法律(はふりつ)()ふものは(その)(みなもと)神界(しんかい)憲法(けんぱふ)(はつ)して()るのだ。201(その)(もと)(つか)んだ日本魂(やまとだましひ)生粋(きつすゐ)高姫(たかひめ)(たい)し、202何程(なにほど)弁護士(べんごし)もどきに滔々(たうたう)懸河(けんが)(べん)(ふる)つても駄目(だめ)ですよ。203舌端(ぜつたん)()()き、204(ほのほ)()いて高姫(たかひめ)(けむり)にまき、205()(かへ)さうと(おも)つても、206いつかないつかな()出神(でのかみ)の…オツトドツコイ……()()(やう)(いきほひ)でも、207(ただ)一口(ひとくち)ジユンと(みづ)()したら、208(たちま)消滅(せうめつ)して(しま)(やう)屁理屈(へりくつ)()ふものぢやありませぬぞえ。209それだから、210人間(にんげん)(つく)つた不完全(ふくわんぜん)学問(がくもん)駄目(だめ)だと()ふのですよ。211(がく)ありたとて、212知慧(ちゑ)ありたとて、213神界(しんかい)仕組(しぐみ)人民(じんみん)では(わか)るものではないぞよ』と(この)()根本(こつぽん)御造(おつく)(あそ)ばした大先祖(おほせんぞ)国治立命(くにはるたちのみこと)(さま)(あほせ)られて御座(ござ)るぢやありませぬか。214(その)大神様(おほかみさま)片腕(かたうで)となつて御手伝(おてつだ)(まを)身魂(みたま)()ふことを、215()(づら)して()くと()ふやうな不都合千万(ふつがふせんばん)罰当(ばちあた)りが、216どこにありますか。217エーエ面倒(めんだう)(くさ)い、218家宅侵入(かたくしんにふ)だらうが、219(なん)だらうが、220そんな(こと)(かま)うてゐる(ひま)がない、221カールさますつこんでゐなさい』
222 ()(あらそ)(ところ)へ、223松若彦(まつわかひこ)(あわ)ただしく、224何事(なにごと)ならむと(おく)()より(はし)(きた)り、
225松若彦(まつわかひこ)『ヤア貴方(あなた)高姫(たかひめ)(さま)226(なに)御用(ごよう)(ぞん)じませぬが、227なることならば明日(みやうにち)228どうぞ御訪(おたづ)(くだ)さいませ。229万一(まんいち)御都合(ごつがふ)(わる)ければ、230(わたくし)(はう)から明日(みやうにち)(あらた)めて御伺(おうかが)(いた)(かんが)へで御座(ござ)いますから……』
231高姫(たかひめ)間髪(かんぱつ)()れざる危急(ききふ)存亡(そんばう)今日(こんにち)場合(ばあひ)232そんな暢気(のんき)(こと)()つて()られませぬ。233(なん)でもかでも、234(まへ)発頭人(ほつとうにん)だから、235ここで(ひと)生命(いのち)()へても往生(わうじやう)させねばならぬ大問題(だいもんだい)差迫(さしせま)つて()()ります。236(あと)後悔(こうくわい)()()ひませぬからなア』
237松若彦(まつわかひこ)『これはこれは(なん)御用(ごよう)かと(おも)へば、238大変(たいへん)急用(きふよう)との御話(おはなし)239そんなら(わたし)結婚(けつこん)準備(じゆんび)()いて、240(なに)かと繁忙(はんばう)をきはめ、241只今(ただいま)言依別(ことよりわけ)(さま)御館(おやかた)出仕(しゆつし)する(ところ)御座(ござ)いましたが、242(わづか)五分間(ごふんかん)だけ繰合(くりあは)せまして御話(おはなし)(うけたま)はりませう』
243高姫(たかひめ)(べつ)五分間(ごふんかん)もかかりませぬ。244(まへ)さまが高姫(たかひめ)()ふことを……ウンさうか、245御尤(ごもつと)も……と(くび)(たて)(ひと)つふりさへすれば、246それで万事(ばんじ)解決(かいけつ)がつくのだ』
247 松若彦(まつわかひこ)言依別(ことよりわけ)248国依別(くによりわけ)249竜国別(たつくにわけ)より昨夜(さくや)高姫(たかひめ)妨害(ばうがい)運動(うんどう)(はや)くも()かされてゐたので、250テツキリ、251(この)(こと)ならむと早合点(はやがつてん)し、
252松若彦(まつわかひこ)高姫(たかひめ)さま……如何(いか)にも御尤(ごもつと)も、253仰有(おつしや)(とほ)りに(いた)します……ウンウン……』
254 ガクリガクリと(くび)(たて)にふり、
255松若彦(まつわかひこ)左様(さやう)なら……』
256()つたきり、257足早(あしばや)裏口(うらぐち)よりぬけ(いだ)し、258言依別命(ことよりわけのみこと)(やかた)()して、259(くも)(かすみ)()げて()く。
260高姫(たかひめ)『コレ……(まつ)261ワヽ(わか)262ヒヽ(ひこ)(なに)をビコビコとしてゐるのだ。263(おく)()にかくれて()つても、264(らち)はあきませぬぞえ。265……ヤツパリ()(とが)めると()えて、266蒟蒻(こんにやく)のやうにビリビリふるつて、267(おく)()(かく)れたのだな。268(のみ)蒲団(ふとん)縫目(ぬひめ)(あたま)(ばか)(かく)して、269(しり)()しとるやうな、270アザとい(こと)をしたつて駄目(だめ)ですよ。271今日(けふ)(おく)()の、272とつときの()出神(でのかみ)(さま)(あら)はして侵入(しんにふ)しますぞ。273今日(けふ)肉体(にくたい)高姫(たかひめ)では御座(ござ)いませぬぞ。274(あらた)めてカールさま、275(ねん)()しておくから、276(あと)刑法(けいはふ)だの、277民法(みんぽふ)だのと小言(こごと)()うて(くだ)さるなや』
278()ひながら(おく)()さして足音(あしおと)(たか)くかけ()んだ。279()れば松若彦(まつわかひこ)(かげ)もない。
280高姫(たかひめ)『ハテ、281どこへ(かく)れたか』
282()ひつつ、283(まど)をガラリと()けて外面(そと)(なが)むれば、284松若彦(まつわかひこ)一生懸命(いつしやうけんめい)285裏道(うらみち)(しり)ひつからげて、286どこかを()して(はし)()姿(すがた)()えた。287高姫(たかひめ)地団駄(ぢだんだ)ふんで(くや)しがり、
288高姫(たかひめ)『エヽ卑怯(ひけふ)未練(みれん)松若彦(まつわかひこ)289彼奴(あいつ)往生(わうじやう)させねば(この)()はサツパリ泥海(どろうみ)だ。290千騎一騎(せんきいつき)神界(しんかい)御用(ごよう)だ』
291()ひながら、292裏口(うらぐち)あけて松若彦(まつわかひこ)(あと)をトントントンと()つかけて()く。
293大正一一・八・二四 旧七・二 松村真澄録)