霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第五章 神寿言(かむよごと)〔九二〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第33巻 海洋万里 申の巻 篇:第2篇 鶴亀躍動 よみ:かくきやくどう
章:第5章 第33巻 よみ:かむよごと 通し章番号:920
口述日:1922(大正11)年08月26日(旧07月4日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年11月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
末子姫と国依別の結婚も、ようやく高姫のしぶしぶの同意を得て、執り行われた。言依別命が祭主となり、めでたく神前結婚の祭典は済んだ。直会の宴に移り、十二分の歓喜を尽くし、各々歌を歌い、舞い、踊りなどして慶事を祝した。
言依別命は恭しく神殿に拝礼し、礼服を付けたまま、声しとやかに歌い始めた。その歌は、自転倒島から国依別とともに出立した経緯を歌い、時世時節によって高くまた低く生まれることは神界の幽玄微妙の御経綸であるが、魂の宿る肉体に尊卑はあれども、その源は同じ御神の分霊であると歌って祝いの言葉を継いだ。
次に松若彦が立って祝歌を歌い、続いて捨子姫が祝歌を歌った。捨子姫の祝歌には、自らの末子姫との出会いからこれまでの経緯を歌い、末子姫夫婦への祝いの言葉で締めた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3305
愛善世界社版:51頁 八幡書店版:第6輯 275頁 修補版: 校定版:53頁 普及版:23頁 初版: ページ備考:
001 末子姫(すゑこひめ)002国依別(くによりわけ)結婚(けつこん)問題(もんだい)も、003高姫(たかひめ)不同意的(ふどういてき)了解(れうかい)()て、004(やうや)執行(とりおこな)はるる(こと)となつた。005(うづ)(やかた)大広前(おほひろまへ)(おい)祭壇(さいだん)(まう)け、006言依別命(ことよりわけのみこと)斎主(さいしゆ)となり、007松若彦(まつわかひこ)008竜国別(たつくにわけ)(その)()神務(しんむ)奉仕(ほうし)し、009(ここ)芽出度(めでた)く、010神前(しんぜん)結婚(けつこん)祭典(さいてん)()んだ。011(いよいよ)直会(なほらひ)(えん)(うつ)り、012十二分(じふにぶん)歓喜(くわんき)(つく)し、013(おのおの)(うた)(うた)ひ、014()ひ、015(をど)りなどして、016今日(けふ)慶事(けいじ)(しゆく)することとなつた。
017 言依別命(ことよりわけのみこと)(うやうや)しく神殿(しんでん)拝礼(はいれい)し、018礼服(れいふく)()けたる(まま)019(こゑ)(しと)やかに(うた)(はじ)めたり。
020(おほ)げば(たか)久方(ひさかた)
021(あめ)八重雲(やへくも)かき()けて
022筑紫(つくし)日向(ひむか)立花(たちばな)
023青木ケ原(あをきがはら)天降(あも)りまし
024(つき)御柱(みはしら)(めぐ)()
025妹背(いもせ)(ちぎり)(むす)びたる
026神伊弉諾大御神(かむいざなぎのおほみかみ)
027神伊弉冊大神(かむいざなみのおほかみ)
028(その)古事(ふるごと)(かむ)ならひ
029(みづ)御霊(みたま)()れませる
030神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
031御子(おんこ)とあれます末子姫(すゑこひめ)
032(こころ)(いろ)(くれなゐ)
033(まこと)(ひと)つの神司(かむつかさ)
034(うづ)御国(みくに)天降(あも)りまし
035(かみ)(をしへ)(たて)となし
036四方(よも)民草(たみぐさ)(やす)らかに
037(をさ)(たま)ひし功績(いさをし)
038皇大神(すめおほかみ)御心(みこころ)
039(かな)ひまつれるものぞかし
040三五教(あななひけう)神司(かむつかさ)
041言依別(ことよりわけ)自凝(おのころ)
042秀妻(ほづま)(くに)(あと)にして
043(こころ)(きよ)宣伝使(せんでんし)
044国依別(くによりわけ)諸共(もろとも)
045(かみ)(をしへ)(ひら)かむと
046(なみ)かき()けてテルの(くに)
047高砂島(たかさごじま)()(たか)
048テル山峠(やまたうげ)乗越(のりこ)えて
049ウヅの(みやこ)()()れば
050五風十雨(ごふうじふう)(ついで)よく
051五穀(ごこく)(みの)果物(くだもの)
052(ゆたか)(じゆく)する(かみ)(くに)
053あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
054(かみ)(めぐみ)(さち)はひて
055末子(すゑこ)(ひめ)御神力(ごしんりき)
056月日(つきひ)(とも)(かがや)きぬ
057かかる(をり)しも素盞嗚(すさのを)
058神尊(かみのみこと)ははるばると
059ウブスナ(やま)斎苑館(いそやかた)
060立出(たちい)でここに(きた)りまし
061末子(すゑこ)(ひめ)(めぐ)()
062(よろこ)(いさ)(たま)(をり)
063言依別(ことよりわけ)(ともな)ひし
064国依別(くによりわけ)()そなはし
065末子(すゑこ)(ひめ)(つま)となし
066(この)神国(かみくに)(まも)れよと
067()らせ(たま)ひし(たふと)さよ
068言依別(ことよりわけ)(かしこ)みて
069松若彦(まつわかひこ)捨子姫(すてこひめ)
070(その)(ほか)数多(あまた)人々(ひとびと)
071皇大神(すめおほかみ)(こと)()
072()(つた)ふれば(ことごと)
073(よろこ)(いさ)(この)(たび)
074慶事(けいじ)をあななひ(たま)ひけり。
075あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
076(むす)びの(かみ)引合(ひきあわ)
077(たま)(たま)との(むつ)()
078(たま)(をさ)まる肉宮(にくみや)
079尊卑高下(そんぴかうげ)はありとても
080その(みなもと)(たづ)ぬれば
081(おな)御神(みかみ)分霊(わけみたま)
082時世時節(ときよじせつ)につれられて
083(たか)くも(うま)(また)(ひく)
084(うま)るる(こと)神界(しんかい)
085幽玄微妙(いうげんびめう)御経綸(ごけいりん)
086霊魂(みたま)霊魂(みたま)系統(すぢ)()
087(きよ)(むす)びし(この)(えにし)
088千代(ちよ)八千代(やちよ)(かぎ)りなく
089高砂島(たかさごじま)のいつ(まで)
090(さか)()きせぬ(まつ)()
091(いろ)()せざれ永久(とこしへ)
092(なみ)(しづ)かに二柱(ふたはしら)
093鴛鴦(をし)(ふすま)(あたた)かに
094(うか)びて(すす)和田(わだ)(はら)
095(ふか)きは(たみ)(こころ)かな
096(ふか)きは(かみ)御恵(みめぐ)みぞ
097月日(つきひ)(きよ)(あきら)かに
098(そら)()(わた)今日(けふ)(よひ)
099(こころ)(いさ)()(いさ)
100(この)(よろこ)びは此処(ここ)よりは
101(ほか)へはやらじと真心(まごころ)
102(かみ)御前(みまへ)(ちか)ひつつ
103(うれ)しみ(たふと)()ぎまつる
104(うれ)しみ(たふと)()ぎまつる』
105(うた)(をは)り、106(もと)()()きぬ。107松若彦(まつわかひこ)立上(たちあが)り、108銀扇(ぎんせん)(ひら)いて祝歌(しゆくか)(うた)()(みづか)()(をど)りける。
109豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
110(しま)八十島(やそしま)八十(やそ)(くに)
111(くま)なく(めぐ)(すく)ひます
112神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
113(すゑ)御子(おんこ)()れませる
114末子(すゑこ)(ひめ)のくはし()
115浮瀬(うきせ)(しづ)みて(なや)()
116世人(よびと)(あまね)(すく)()
117三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
118国依別(くによりわけ)神司(かむつかさ)
119(しほ)八百路(やほぢ)打渡(うちわた)
120()しき功績(いさを)遠近(をちこち)
121(あら)はし(たま)ひて(いま)ここに
122ウヅの(みやこ)()(たま)
123神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
124御言(みこと)(かしこ)みましまして
125末子(すゑこ)(ひめ)(いも)()
126(ちぎり)(むす)今日(けふ)(よひ)
127天津御空(あまつみそら)()りわたる
128日影(ひかげ)()かく(つき)(きよ)
129(ほし)(かげ)さへキラキラと
130いつもに(かは)(そら)(いろ)
131天祥地瑞(てんしやうちずゐ)吉祥日(きつしやうび)
132言依別(ことよりわけ)神司(かむつかさ)
133斎主(さいしゆ)となりて神前(しんぜん)
134結婚式(けつこんしき)挙行(きよかう)
135いよいよ(ここ)(いも)()
136(みち)(むす)びて永久(とこしへ)
137(この)神国(かみくに)(まも)ります
138今日(けふ)(はじ)めとなりにけり
139いよいよこれよりウヅ(やかた)
140月日(つきひ)(なら)びて皓々(かうかう)
141(かがや)(たま)高砂(たかさご)
142常磐(ときは)御世(みよ)となりぬべし
143あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
144松若彦(まつわかひこ)真心(まごころ)
145()べて芽出度(めでた)今日(けふ)()
146寿(ことほ)ぎまつり瑞御霊(みづみたま)
147神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
148千代(ちよ)(よはひ)(いの)りつつ
149夫婦(めをと)(さち)皇神(すめかみ)
150御前(みまへ)(いの)(たてまつ)
151朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
152(つき)()(とも)()くる(とも)
153国依別(くによりわけ)末子姫(すゑこひめ)
154さかし()くはし()相並(あひなら)
155(あら)はれゐます(うへ)からは
156高砂島(たかさごじま)何時(いつ)までも
157(うづ)御国(みくに)(たた)へられ
158常世(とこよ)(はる)永久(とこしへ)
159(はな)()(みだ)(とり)(うた)
160山川(やまかは)(きよ)(かぜ)(きよ)
161()青々(あをあを)(しげ)()
162青人草(あをひとぐさ)大空(おほぞら)
163(ほし)(ごと)くに()()えて
164(さか)(ひさ)しき(まつ)()
165(うれ)しき姿(すがた)瑞御霊(みづみたま)
166(かみ)御前(みまへ)言霊(ことたま)
167(きよ)(かぎ)りを(ささ)げつつ
168(かしこ)(かしこ)()ぎまつる
169(かしこ)(かしこ)()ぎまつる』
170(うた)(をは)つて()()いた。171捨子(すてこ)(ひめ)立上(たちあが)り、172銀扇(ぎんせん)(ひら)いて(みづか)(うた)(みづか)()ひ、173今日(けふ)慶事(けいじ)()(まつ)りける。174(その)(うた)
175久方(ひさかた)高天原(たかあまはら)()でまして
176四方(よも)国々(くにぐに)(めぐ)りまし
177八岐大蛇(やまたをろち)醜神(しこがみ)
178伊猛(いたけ)(くる)民草(たみぐさ)
179(くる)しめ(なや)ます曲津見(まがつみ)
180仁慈無限(じんじむげん)大神(おほかみ)
181生言霊(いくことたま)神力(しんりき)
182言向(ことむ)(やは)(たま)ひつつ
183(もも)(なや)みを()(たま)
184(こころ)(から)潮沫(しほなわ)
185()りて()るてふ島々(しまじま)
186(めぐ)らせ(たま)御恵(みめぐみ)
187(つゆ)をば(あた)(たま)ひつつ
188草木(くさき)(なび)御威勢(ごゐせい)
189高天原(たかあまはら)(そら)(きよ)
190大海原(おほうなばら)(そこ)あかく
191(なみ)(うか)べる国土(くにつち)
192(きよ)くさやけく(しげ)()
193三千世界(さんぜんせかい)万有(ばんいう)
194(きみ)威徳(ゐとく)(かしこ)みて
195(つか)へまつれる(たふと)さよ
196かかる目出度(めでた)大神(おほかみ)
197(うづ)御子(おんこ)()れませる
198八人乙女(やたりをとめ)末子姫(すゑこひめ)
199年端(としは)()かぬ(うち)よりも
200(かみ)御為(おんため)()(ため)
201(かみ)(まこと)御恵(みめぐみ)
202(くさ)片葉(かきは)(いた)るまで
203うるほはせむと思召(おぼしめ)
204顕恩郷(けんおんきやう)()れまして
205バラモン(けう)鬼雲彦(おにくもひこ)
206(やかた)()らせ(たま)ひつつ
207(しこ)魔人(まびと)惟神(かむながら)
208(まこと)(みち)服従(まつろ)ふを
209()たせ(たま)へる折柄(をりから)
210太玉神(ふとたまがみ)()れまして
211鬼雲彦(おにくもひこ)逸早(いちはや)
212(くも)(おこ)して()()りぬ
213末子(すゑこ)(ひめ)是非(ぜひ)もなく
214(あね)(みこと)諸共(もろとも)
215(なが)れも(きよ)きエデン(がは)
216(わた)りて四方(よも)(かみ)(みち)
217(ひら)かせ(たま)(をり)もあれ
218鬼雲彦(おにくもひこ)部下(ぶか)(ども)
219()ぎつけられて(わらは)まで
220(なかば)()ちたる釣舟(つりぶね)
221()せてすげなく和田(わだ)(はら)
222つき(はな)されし(くる)しさよ
223神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
224雄々(をを)しき(きよ)(みたま)をば
225()けさせ(たま)末子姫(すゑこひめ)
226(すこ)しも(おどろ)(たま)はずて
227(わらは)(こころ)(はげ)ませつ
228荒波(あらなみ)(たけ)海原(うなばら)
229かいくぐりつつ(やうや)くに
230(かみ)御稜威(みいづ)もテルの(くに)
231ハラの(みなと)上陸(じやうりく)
232テル山峠(やまたうげ)乗越(のりこ)えて
233御霊(みたま)(ちから)(あら)はしつ
234バラモン(けう)神司(かむづかさ)
235石熊(いしくま)カールの両人(りやうにん)
236言向和(ことむけやは)急坂(きふはん)
237(のぼ)りつ(くだ)りつ人々(ひとびと)
238(いのち)(ねら)曲神(まがかみ)
239稜威(いづ)言霊(ことたま)()(たま)
240言向和(ことむけやは)してウヅの(くに)
241(かみ)(やかた)()でましぬ
242(わらは)(ひめ)(したが)ひて
243ここに(あら)はれ(きた)()
244(うれ)しさ(たの)しさ如何(いか)(ばか)
245(くに)(つかさ)となり(たま)
246世人(よびと)(みちび)(たま)(をり)
247三五教(あななひけう)神司(かむつかさ)
248言依別(ことよりわけ)神人(しんじん)
249雲霧(くもきり)()けて(くだ)りまし
250此処(ここ)(とど)まり(たま)ひつつ
251(をしへ)(ひら)(たま)ひしが
252神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
253(みづ)御霊(みたま)捨子姫(すてこひめ)
254(この)現身(うつそみ)にかからせて
255アマゾン(かは)(むか)ひたる
256鷹依姫(たかよりひめ)高姫(たかひめ)
257危難(きなん)(すく)言霊(ことたま)
258御稜威(みいづ)(もも)曲神(まがかみ)
259言向和(ことむけやは)せと()(たま)
260言依別(ことよりわけ)神人(しんじん)
261(その)神言(かみこと)(かしこ)みて
262(とき)(うつ)さず供人(ともびと)
263(したが)(みやこ)立出(たちい)でて
264帽子ケ岳(ぼうしがだけ)(むか)ひまし
265アマゾン(かは)見下(みおろ)して
266微笑(ほほゑ)(たま)折柄(をりから)
267国依別(くによりわけ)宣伝使(せんでんし)
268仕組(しぐみ)(いと)()かされて
269四人(よにん)(とも)(したが)へつ
270ここに(のぼ)りて()ましける。
271(りう)(きう)との宝玉(ほうぎよく)
272御稜威(みいづ)()てる両人(りやうにん)
273アマゾン(かは)南北(なんぽく)
274展開(てんかい)したる森林(しんりん)
275(しこ)曲津(まがつ)()てらせば
276(かみ)御稜威(みいづ)()のあたり
277鷹依姫(たかよりひめ)高姫(たかひめ)
278(ひかり)(した)ひて屏風山(びやうぶやま)
279帽子ケ岳(ぼうしがだけ)(あつ)まりぬ
280かくも(たふと)神徳(しんとく)
281()はせ(たま)へる宣伝使(せんでんし)
282国依別(くによりわけ)真人(しんじん)
283ウヅの(みやこ)()れまして
284末子(すゑこ)(ひめ)(つま)となり
285幾久(いくひさ)しくも末永(すえなが)
286(ちぎり)(むす)ばせ(たま)ふこそ
287()にも(たふと)(かぎ)りなれ。
288加之(しかのみならず)瑞御霊(みづみたま)
289神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
290(とほ)波路(なみぢ)(うち)わたり
291これの慶事(けいじ)(のぞ)みまし
292親子(おやこ)夫婦(ふうふ)(ちぎり)をば
293()さし(たま)へる有難(ありがた)
294あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
295(かみ)(めぐみ)()のあたり
296(なが)(つか)へし捨子姫(すてこひめ)
297やうやう(こころ)もおちつきて
298(ゆき)()(やま)(ふゆ)()
299(はな)()(はる)()心地(ここち)
300あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
301(むす)ぶの(かみ)のいつ(まで)
302二人(ふたり)(なか)(むつま)じく
303(かは)ることなくましまして
304(かみ)御稜威(みいづ)高砂(たかさご)
305()()(まつ)(いろ)(ふか)
306千年(ちとせ)(つる)末永(すえなが)
307(かめ)(よはひ)万世(よろづよ)
308いと(たひら)けく(やす)らけく
309(しづ)まりゐませ二柱(ふたはしら)
310捨子(すてこ)(ひめ)(いま)よりは
311(なほ)(こころ)(はげ)まして
312(ちから)(つづ)(その)(かぎ)
313(まこと)(ひと)つを(たて)となし
314(かみ)(きみ)とに(つか)へなむ
315あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
316御霊(みたま)(さち)はへましませよ』
317(うた)(をは)り、318悠々(いういう)として(わが)()()きける。
319大正一一・八・二六 旧七・四 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)