霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 春駒(はるこま)〔九二三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第33巻 海洋万里 申の巻 篇:第2篇 鶴亀躍動 よみ:かくきやくどう
章:第8章 第33巻 よみ:はるこま 通し章番号:923
口述日:1922(大正11)年08月26日(旧07月4日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年11月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
春彦は、高姫に自転倒島から着いてきた経緯を歌い、宴席のめでたい場で国依別の過去を非難するような歌を歌った高姫を皮肉った。そして国依別と末子姫への祝いの言葉で祝歌を締めくくった。
テーリスタンは、鷹依姫のアルプス教から三五教に改心し、高姫に聖地を追い出された経緯からこれまでのことを歌い込み、また高姫への注意を交えて祝歌を歌った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3308
愛善世界社版:84頁 八幡書店版:第6輯 285頁 修補版: 校定版:86頁 普及版:34頁 初版: ページ備考:
001 春彦(はるひこ)立上(たちあが)り、002祝意(しゆくい)(へう)し、003(うた)(はじ)めたり。
004高姫(たかひめ)さまのお(とも)して
005(あきつ)(しま)(はるひこ)
006いとなつかしき故里(ふるさと)
007御霊(みたま)ふゆをかかぶりて
008(をしへ)四方(よも)しき(しま)
009大和男子(やまとをのこ)益良夫(ますらを)
010常彦(つねひこ)さまと(ただ)二人(ふたり)
011瀬戸(せと)(うみ)をば船出(ふなで)して
012艪櫂(ろかい)()ぎつつ(わた)()
013浪高姫(なみたかひめ)御剣幕(ごけんまく)
014(あら)汐路(しほぢ)()(わた)
015(ふね)暗礁(あんせう)()()げて
016高島丸(たかしままる)船長(せんちやう)
017タルチルさまに(たす)けられ
018波高砂(なみたかさご)(しま)(はて)
019テルの(みなと)安着(あんちやく)
020金剛不壊(こんがうふゑ)如意宝珠(によいほつしゆ)
021(その)()(たま)所在(ありか)をば
022(たづ)ねむものと言依別(ことよりわけ)
023(みづ)(みこと)(あと)()うて
024(かがみ)(いけ)立向(たちむか)
025いろいろ雑多(ざつた)()をこがし
026アマゾン(がは)(はじ)めとし
027時雨(しぐれ)(もり)のまん(なか)
028モールバンドに出会(でつくは)
029(ふる)(をのの)折柄(をりから)
030言依別(ことよりわけ)(かみ)さまが
031(つか)はし(たま)ひし神司(かむつかさ)
032四人(よにん)のお(かた)諸共(もろとも)
033大森林(だいしんりん)をくぐりぬけ
034(わに)架橋(かけはし)()ちわたり
035(うさぎ)(みやこ)立向(たちむか)
036鷹依姫(たかよりひめ)一行(いつかう)
037帽子ケ岳(ぼうしがだけ)霊光(れいくわう)
038合図(あひづ)(やうや)(のぼ)りつめ
039目出度(めでた)此処(ここ)につきにけり
040国依別(くによりわけ)神司(かむつかさ)
041末子(すゑこ)(ひめ)(つま)となり
042偕老同穴(かいらうどうけつ)永久(とこしへ)
043妹背(いもせ)(みち)(むす)びます
044(その)(こと)きまりて高姫(たかひめ)
045身魂(みたま)(にご)つた(にご)らぬと
046(みづか)(こころ)(にご)しつつ
047あちら此方(こちら)とかけ(めぐ)
048(つい)には(ふか)(かは)()
049(いのち)(たす)けて(もら)ひつつ
050()(おと)したと逆理屈(さかりくつ)
051(あき)()てたる(ばか)りなり
052(また)もや(やかた)にかつがれて
053(かへ)つて(いき)吹返(ふきかへ)
054(あい)(かは)らぬ毒々(どくどく)しい
055(にく)まれ(ぐち)(たた)きつつ
056カール春彦(はるひこ)(はら)()
057()()()うてゐたりしが
058(わたし)(はら)がたちまちに
059有合(ありあ)火鉢(ひばち)()にささげ
060高姫(たかひめ)()がけて()げつける
061覚悟(かくご)した(とき)カールさま
062()()(しば)()(しば)
063そんな乱暴(らんばう)はやめておけ
064(なん)ぢや(かん)ぢやと引止(ひきと)める
065火鉢(ひばち)(たちま)墜落(つゐらく)
066そこらあたりが(はひ)まぶれ
067高姫(たかひめ)さまは()らぬ()
068灰猫婆(はひねこば)さまとなりました
069(はひ)にまみれた三人(さんにん)
070ヤツサモツサの最中(さいちう)
071言依別(ことよりわけ)(かみ)さまが
072表戸(おもてど)あけて()(きた)
073いろいろ雑多(ざつた)(こと)わけて
074(さと)(たま)へど高姫(たかひめ)
075(にはか)(おし)真似(まね)をして
076プリンプリンと()をまはす
077芋葉(いもば)(とま)つた芋虫(いもむし)
078(かひこ)(さなぎ)(むし)のよに
079(あたま)をふつたり(しり)をふり
080御機嫌(ごきげん)(わる)いお顔付(かほつき)
081(たちま)捨子(すてこ)(ひめ)さまの
082(やかた)をさして駆出(かけいだ)
083こりやたまらぬと春彦(はるひこ)
084カールの(つかさ)諸共(もろとも)
085(あと)()つかけて()()れば
086フルナの(べん)高姫(たかひめ)
087言依別(ことよりわけ)捨子姫(すてこひめ)
088二人(ふたり)御方(おかた)言霊(ことたま)
089何時(いつ)()にやら降伏(かうふく)
090いやいや(なが)承諾(しようだく)
091ホンに目出(めで)たいお目出(めで)たい
092今宵(こよひ)(わたし)(まゐ)りませう
093(なに)かお(いはひ)しませうと
094立派(りつぱ)立派(りつぱ)()はしやつた
095(なに)をお(いはひ)なさるかと
096固唾(かたづ)()んで()()れば
097()はいでもよい(こと)ばかり
098国依別(くによりわけ)のアラ(さが)
099こんな目出(めで)たい宴席(えんせき)
100ケチをつけるも(ほど)がある
101意地(いぢ)くね(わる)()さまぢやと
102(わたし)(はら)()ちました
103(ほか)(とき)なら(この)(まま)
104(わたし)()かしちやおきませぬ
105さは()(なが)今日(けふ)()
106(まこと)芽出(めで)たいお日柄(ひがら)ぢや
107喧嘩(けんくわ)をしては()まないと
108今迄(いままで)きばつて()たけれど
109(はら)(むし)()承知(しようち)せぬ
110(じつ)(あき)れたお()アさま
111(みな)さま(さだ)めて高姫(たかひめ)
112あの(うた)()いたら(はら)()たう
113何程(なにほど)(はら)()つとても
114今宵(こよひ)ばかりは(ゆる)しやんせ
115朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
116(つき)()つとも()くるとも
117仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
118あれ(だけ)ねぢれた(たましひ)
119どうして(もと)(かへ)らうか
120(まが)つた(つるぎ)如何(どう)しても
121(もと)(さや)には(をさ)まらぬ
122(いつ)ぺんあつい()にかけて
123きつい(おも)たい(むか)(づち)
124ドツサリ(くは)へて()(なほ)
125焼刃(やきば)()れねば仕方(しかた)ない
126(まが)()つたる(たましひ)
127如何(どう)して(もと)(かへ)るやら
128何程(なにほど)真直(ますぐ)(つゑ)でさへ
129(みづ)にひたして(なが)むれば
130(かなら)(まが)つて()えまする
131(みづ)御霊(みたま)御前(おんまへ)
132(まが)つた(こころ)(たましひ)
133(ひた)した(ところ)如何(どう)してか
134これが真直(ますぐ)()えませうか
135これ(ほど)(わか)らぬ御方(おんかた)
136はるばる()いて此処(ここ)までも
137()春彦(はるひこ)(おも)はれちや
138(まこと)(まこと)(はづ)かしい
139こんな(ひと)とは()らなんだ
140(あき)れて(もの)()へませぬ
141あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
142直日(なほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)
143高姫(たかひめ)さまは(この)(ごろ)
144神経過敏(しんけいくわびん)のヒステリに
145かかつて御座(ござ)ると()(なほ)
146今迄(いままで)(くは)へた御無礼(ごぶれい)
147(みな)さま(ゆる)して(くだ)さんせ
148(とも)についてやつて()
149()春彦(はるひこ)高姫(たかひめ)
150(かは)つてお(わび)(いた)します
151あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
152こんな(こと)をば(この)(せき)
153申上(まをしあ)げるは()まないが
154(わたし)(からだ)(うつ)つたる
155副守護神(ふくしゆごじん)承知(しようち)せぬ
156()むを()ずして悪口(わるくち)
157ベラベラ(しやべ)つた()(わたし)
158天津神(あまつかみ)(たち)国津神(くにつかみ)
159国魂神(くにたまがみ)さま春彦(はるひこ)
160(この)(あやま)ちを(たひら)けく
161見直(みなほ)しまして今日(けふ)だけは
162どうぞお(ゆる)しなさりませ
163国依別(くによりわけ)(かみ)さまよ
164末子(すゑこ)(ひめ)(むつ)まじう
165()(なが)らへていつ(まで)
166(かみ)御為(おんため)()(ため)
167どうぞ(つく)して(くだ)さんせ
168春彦(はるひこ)ここに真心(まごころ)
169こめて御願(おねが)(いた)します
170あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
171御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
172 テーリスタンは立上(たちあが)り、173(うた)(はじ)めたり。174(その)(うた)
175自転倒島(おのころじま)中心地(ちうしんち)
176高春山(たかはるやま)(あら)はれし
177鷹依姫(たかよりひめ)(したが)うて
178テーリスタンやカーリンス
179左守(さもり)右守(うもり)(かみ)となり
180羽振(はぶ)りを()かしてゐる(ところ)
181高姫(たかひめ)黒姫(くろひめ)両人(りやうにん)
182(あめ)(もり)までやつて()
183(ここ)二人(ふたり)同志打(どうしうち)
184(その)()(うかが)ひいろいろと
185手段(てだて)(もつ)両人(りやうにん)
186岩窟(いはや)(なか)押込(おしこ)めて
187金剛不壊(こんがうふゑ)如意宝珠(によいほつしゆ)
188(のど)から()かそと(おも)(うち)
189国依別(くによりわけ)一行(いつかう)
190ここに(あら)はれましまして
191不思議(ふしぎ)(えん)吾々(われわれ)
192三五教(あななひけう)入信(にふしん)
193(にしき)(みや)(そば)(ちか)
194黒姫館(くろひめやかた)()(たく)
195(つか)()るをり黄金(わうごん)
196(たま)紛失(ふんしつ)事件(じけん)より
197高姫(たかひめ)さまに()()され
198カーリンスと諸共(もろとも)
199大海原(おほうなばら)(ただよ)ひつ
200鷹依姫(たかよりひめ)竜国別(たつくにわけ)
201(かみ)(つかさ)(めぐ)()
202四人(よにん)(そろ)うて高砂(たかさご)
203(しま)にやうやう安着(あんちやく)
204いろいろ雑多(ざつた)()(くば)
205(たま)所在(ありか)(たづ)ねつつ
206時雨(しぐれ)(もり)森林(しんりん)
207(うさぎ)(わう)(かみ)となり
208月日(つきひ)(おく)折柄(をりから)
209高姫(たかひめ)一行(いつかう)八人(はちにん)
210のそのそ そこへやつて()
211無事(ぶじ)でおまめでお達者(たつしや)
212目出(めで)たい(こと)御座(ござ)います
213こんな挨拶(あいさつ)そこそこに
214かはす()もなく一行(いつかう)
215天津祝詞(あまつのりと)()(なが)
216帽子ケ岳(ぼうしがだけ)立向(たちむか)
217今日(けふ)花形役者(はながたやくしや)なる
218国依別(くによりわけ)(かみ)さまに
219ベツタリ出会(であ)うて(いさ)()
220言依別(ことよりわけ)教主(けうしゆ)()
221十八人(じふはちにん)一行(いつかう)
222ウヅの(みやこ)(かへ)りけり
223(おも)ひがけなき末子姫(すゑこひめ)
224神素盞嗚尊(かむすさのをのみこと)まで
225此処(ここ)(あら)はれゐますとは
226(わたし)(ゆめ)にも()らなんだ
227あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
228(かみ)御稜威(みいづ)(あら)はれて
229国依別(くによりわけ)神司(かむつかさ)
230末子(すゑこ)(ひめ)合衾(がふきん)
231目出(めで)たき(しき)をあげ(たま)
232(この)宴席(えんせき)(はんべ)りて
233神酒(みき)神饌(みけ)御水(みもひ)()ふも(さら)
234海河山野(うみかはやまぬ)種々(くさぐさ)
235珍物(うましもの)をばあてがはれ
236(うた)ひつ()ひつ(いさ)ましく
237千歳(ちとせ)寿(ことほ)(うれ)しさよ
238あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
239御霊(みたま)(さち)はひましまして
240()()されたる高姫(たかひめ)さまに
241(また)もや此処(ここ)でいろいろの
242(めう)なお(うた)()かされて
243(わたし)感心(かんしん)々々(かんしん)
244(あたま)をかたげて()りました
245感心(かんしん)したと(まを)すのは
246意地(いぢ)くね(わる)高姫(たかひめ)
247()けず(ぎら)ひの(たましひ)
248本当(ほんたう)(あき)れた(こと)ですよ
249あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
250こんな目出(めで)たい席上(せきじやう)
251高姫(たかひめ)さまとの(いさか)ひを
252したくはなけれど(のち)(ため)
253高姫(たかひめ)さまの(いまし)めに
254一寸(ちよつと)意見(いけん)()べました
255(おも)へば(かしこ)(かみ)(まへ)
256末子(すゑこ)(ひめ)御前(おんまへ)
257(はばか)りませぬ無作法(ぶさはふ)
258何卒(なにとぞ)(ゆる)して(くだ)さんせ
259テーリスタンが真心(まごころ)
260こめて御願(おねがひ)(いた)します
261言依別(ことよりわけ)神司(かむつかさ)
262(その)()一同(いちどう)方々(かたがた)
263(たがひ)(こころ)をあはせつつ
264打寛(うちくつ)ろいで酒肴(さけさかな)
265ドツサリよばれて()(をど)
266千秋万歳万々歳(せんしうばんざいばんばんざい)
267()高砂(たかさご)何時(いつ)までも
268(さか)(さか)えて(のち)()
269(いしずゑ)(かた)くつきかため
270これの目出(めで)たい宴席(えんせき)
271(あだ)(なが)さずいつ(まで)
272(こころ)(きざ)みて(よろこ)びませう
273あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
274(かみ)御前(みまへ)寿()ぎまつる
275(かみ)御前(みまへ)()ぎまつる』
276大正一一・八・二六 旧七・四 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)