霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 神風清(かみかぜきよし)〔九三三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第33巻 海洋万里 申の巻 篇:第3篇 時節到来 よみ:じせつとうらい
章:第18章 第33巻 よみ:かみかぜきよし 通し章番号:933
口述日:1922(大正11)年08月29日(旧07月7日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年11月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
秋山別は東助ら聖地から集まった人々の前に現れ、言依別命が責任を負って聖地から退任された麻邇の宝珠の大事件の顛末について報告した。秋山別は、麻邇の宝珠は高姫たち四人の熱誠によって再発見されたと宣言し、四人は後程宝珠を携えて聖地に戻るだろうと告げた。
一同は高姫らの活躍で大事件の解決がついたことを意外に思いながらも、聖地に戻って行った。東助は聖地に戻り、秋山別の言葉を取次ぎの紫姫と英子姫に伝えた。それを聞いた玉照彦と玉照姫はニコニコと頷き、喜び、祝詞を上げると信徒たちに目礼をして奥殿に姿を隠した。
紫姫は東助に、玉照彦、玉照姫、英子姫の三柱によれば、高姫ら四人は明日、宝珠を携えて聖地に戻るだろうから、歓迎の準備をするようにと依頼した。
開けて九月八日、高姫たち四人は、それぞれ麻邇の宝珠を携えて聖地に現れた。そして神殿に進み、各々玉を奉持して無言のまま控えている。そこへ、玉照彦、玉照姫、英子姫、紫姫が礼装を整えて現れた。
そして各々一つずつ麻邇の宝珠を受け取り、頭上高く捧げて錦の宮の神前に進んで安置した。そして八尋殿に戻ってくると、高姫ら四人を殿内に導き入れ、共に感謝祈願の祝詞を奏上した。
八人は教主殿の奥の間に進んで、互いに神業成就の歓を尽くし、無事の帰国と成功を祝した。英子姫は高姫にねぎらいの言葉をかけた。
高姫は英子姫に対し、神様のお道を思うあまりにかえって道を踏み外し、瑞霊の行いを悪だと思いつめて力いっぱい妨害していたことを心から詫び、身魂の相応の御用を仰せ付けてくださるようにと謙虚に赦しを請うた。
英子姫は、高姫の言を聞いて喜んだ。鷹依姫、黒姫、竜国別もそれぞれ、感謝の思いを披露した。玉照彦と玉照姫は、四人に鎮魂を施した。
高姫は初めて今までの我を払しょくし、青色の麻邇の宝珠の神業に参加することを決意し、金剛不壊の如意宝珠は吾が身の業ではないことを悟ったのであった。
金剛不壊の如意宝珠の御用を務めた初稚姫は、錦の宮の八尋殿の教主となった。紫色の玉の御用を務めた玉能姫は、夫の若彦とともに、生田の森の神館に仕えることとなった。若彦は、後に国玉別という名を賜ることになった。
黄金の玉の神業に奉仕した言依別命は、少彦名神の神霊とともに斎苑の館を立ち出でて、アーメニヤに渡りエルサレムに現れた。そこに立派な宮殿を造り、黄金の玉の威徳と琉の玉の威徳をもって、あまねく神人を教化し給うた。
梅子姫は父神のおわす斎苑の館に帰った。紫の麻邇の玉の威徳によってフサの国の神業に参加した。
高姫は、黒姫、鷹依姫、竜国別らとともに聖地において紫姫の部下となり、神妙に神務に奉仕し、神政成就の基礎的活動に励むことになった。
これらの神々の舎身的活動によって、四尾山麓に時節が到来し、国常立尊と現れて現幽神三界の修理個性を開始し玉うことを得るに至ったのである。これがすなわち、国祖国常立尊が変性男子の身魂・出口教祖に帰神して、大本の教えを神宮本宮の坪の内より現れ給うた原因なのである。
また言依別命の舎身的活動によって、黄金の玉の威霊より変性女子の身魂が高熊山の霊山を起点として現れ、大本の教えを輔助しかつ開くことになったのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3318
愛善世界社版:194頁 八幡書店版:第6輯 322頁 修補版: 校定版:203頁 普及版:75頁 初版: ページ備考:
001 秋山彦(あきやまひこ)東助(とうすけ)002玉治別(たまはるわけ)(その)()一同(いちどう)(あつ)まる広間(ひろま)(あら)はれ、
003皆様(みなさま)004御苦労(ごくらう)御座(ござ)いました。005高姫(たかひめ)(さま)(はじ)黒姫(くろひめ)006鷹依姫(たかよりひめ)007竜国別(たつくにわけ)御一行(ごいつかう)(やうや)惟神(かむながら)御経綸(ごけいりん)()り、008(わたくし)(やかた)までお(かへ)(くだ)さいまして、009(じつ)にこれ(くらゐ)(よろこ)ばしい(こと)御座(ござ)いませぬ。010()いては言依別命(ことよりわけのみこと)(さま)責任(せきにん)()うて、011聖地(せいち)をお立退(たちの)きになりました大事件(だいじけん)根源(こんげん)たる麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)所在(ありか)が、012高姫(たかひめ)(さま)以下(いか)御一同(ごいちどう)熱誠(ねつせい)()つて、013判明(はんめい)(いた)しましたに()いては、014(やが)(ちか)(うち)麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)()つてお(かへ)りになることで御座(ござ)いませう。015皆様(みなさま)はどうぞ、016これより聖地(せいち)(かへ)り、017歓迎(くわんげい)御準備(ごじゆんび)(ねが)ひます。018国治立命(くにはるたちのみこと)(さま)019豊国姫命(とよくにひめのみこと)(さま)(はじ)め、020神々様(かみがみさま)御仁慈(ごじんじ)到底(たうてい)吾々(われわれ)(かた)(つく)すべき(ところ)では御座(ござ)いませぬ』
021(うれ)(なみだ)湿(しめ)つた(こゑ)張上(はりあ)げて挨拶(あいさつ)をするのであつた。022東助(とうすけ)023玉治別(たまはるわけ)(その)()一同(いちどう)は、024秋山彦(あきやまひこ)(あん)相違(さうゐ)言葉(ことば)(おどろ)()(あや)しみ(なが)ら、025高姫(たかひめ)以下(いか)(この)()より何処(いづこ)ともなく()えたるに拍子抜(ひやうしぬけ)けしたる面色(おももち)にて、026(いそ)聖地(せいち)()して(かへ)()くのであつた。
027 聖地(せいち)(にしき)(みや)八尋殿(やひろどの)には、028玉照彦(たまてるひこ)029玉照姫(たまてるひめ)030英子姫(ひでこひめ)は、031紫姫(むらさきひめ)(とも)数多(あまた)幹部(かんぶ)(したが)へ、032一行(いつかう)(かへ)(きた)るを()ちつつあつた。033東助(とうすけ)三人(さんにん)神司(かむつかさ)(まへ)(うやうや)しく(すす)()り、034(かしら)()両手(りやうて)をつかへ、
035東助(とうすけ)由良(ゆら)(みなと)秋山彦(あきやまひこ)(やかた)へ、036高姫(たかひめ)一行(いつかう)(むか)への(ため)(まゐ)りました(ところ)037竹島丸(たけしままる)乗込(のりこ)み、038高砂島(たかさごじま)より一行(いつかう)八人(はちにん)(かへ)りになりました。039それより秋山彦館(あきやまひこやかた)にお(むか)(いた)し、040一夜(いちや)()かし、041いろいろの款待(もてなし)(あづか)り、042無事(ぶじ)帰国(きこく)(しゆく)して()(さい)043黒姫(くろひめ)もお(かへ)りになり高姫(たかひめ)一行(いつかう)四人(よにん)方々(かたがた)麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)所在(ありか)(わか)つたとかで、044ソツトどこかへ御出(おい)でになりました。045()いては近日(きんじつ)(その)(たま)()聖地(せいち)へお(かへ)りになるから、046(はや)(かへ)つて歓迎(くわんげい)準備(じゆんび)をせよとの(こと)御座(ござ)いました。047(なに)(なん)だか、048(わたくし)には一向(いつかう)要領(えうりやう)()ませぬが、049是非(ぜひ)なく此処(ここ)まで(かへ)つて(まゐ)りました。050如何(いかが)(いた)せば(よろ)しいので御座(ござ)いませうか。051紫姫(むらさきひめ)(さま)052どうぞあなたより三柱(みはしら)神司(かむつかさ)(よろ)しく言上(ごんじやう)(ねが)ひます』
053()つた。054紫姫(むらさきひめ)は『ハイ』と(こた)へて高座(かうざ)にのぼり、055三柱(みはしら)(まへ)(ぬか)づき、056東助(とうすけ)言葉(ことば)一々(いちいち)言上(ごんじやう)した。057英子姫(ひでこひめ)058玉照彦(たまてるひこ)059玉照姫(たまてるひめ)三柱(みはしら)神司(かむつかさ)はニコニコし(なが)ら、060(あたま)(たて)()つてゐられる。061()様子(やうす)がどこやらに(ふか)確信(かくしん)あるものの(ごと)()られた。062三柱(みはしら)神司(かむつかさ)神前(しんぜん)(むか)ひ、063(うやうや)しく祝詞(のりと)奏上(そうじやう)(をは)つて、064一同(いちどう)神司(かむつかさ)(およ)信徒(しんと)目礼(もくれい)(ほどこ)(なが)(やかた)(おく)(ふか)(しの)()(たま)うた。
065 紫姫(むらさきひめ)東助(とうすけ)(むか)ひ、
066只今(ただいま)三柱(みはしら)大神司(おほかむつかさ)より(うけたま)はりますれば、067高姫(たかひめ)(さま)明日(みやうにち)四人連(よにんづ)れにてお(かへ)りのはずで御座(ござ)いますから、068どうぞ歓迎(くわんげい)準備(じゆんび)(あそ)ばして(くだ)さいませ』
069東助(とうすけ)『ハイ委細(ゐさい)承知(しようち)(つかまつ)りました』
070(この)()をさがり、071歓迎(くわんげい)準備(じゆんび)全力(ぜんりよく)(つく)し、072高姫(たかひめ)(かへ)るを(いま)(おそ)しと()ちつつあつた。
073 ()くれば九月(くぐわつ)八日(やうか)074高姫(たかひめ)075鷹依姫(たかよりひめ)076黒姫(くろひめ)077竜国別(たつくにわけ)四人(よにん)嬉々(きき)として、078麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)(ほう)じ、079(にしき)(みや)八尋殿(やひろどの)()して(かへ)(きた)り、080(ただち)神殿(しんでん)(まへ)(すす)み、081(おのおの)(たま)捧持(ほうぢ)して、082無言(むごん)(まま)(ひか)へて()る。083紫姫(むらさきひめ)(この)(てい)()て、084(ただち)三柱(みはしら)大神司(おほかむつかさ)奉告(ほうこく)した。
085 (ここ)玉照彦(たまてるひこ)086玉照姫(たまてるひめ)087英子姫(ひでこひめ)088紫姫(むらさきひめ)礼装(れいさう)調(ととの)へ、089四人(よにん)(まへ)無言(むごん)(まま)(あら)はれ、090玉照彦(たまてるひこ)高姫(たかひめ)()より青色(せいしよく)麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)受取(うけと)り、091玉照姫(たまてるひめ)黒姫(くろひめ)()より赤色(せきしよく)宝珠(ほつしゆ)受取(うけと)り、092英子姫(ひでこひめ)鷹依姫(たかよりひめ)()より白色(はくしよく)宝珠(ほつしゆ)受取(うけと)り、093紫姫(むらさきひめ)竜国別(たつくにわけ)()より黄色(わうしよく)麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)受取(うけと)り、094頭上(づじやう)(たか)(ささ)(なが)悠々(いういう)として(にしき)(みや)神前(しんぜん)(すす)み、095案上(あんじやう)(うやうや)しく安置(あんち)され、096(ふたた)八尋殿(やひろどの)(くだ)(きた)り、097高姫(たかひめ)(ほか)三人(さんにん)()()り、098殿内(でんない)(みちび)感謝(かんしや)祈願(きぐわん)祝詞(のりと)(とも)奏上(そうじやう)し、099八人(はちにん)相伴(あひともな)ひて、100教主殿(けうしゆでん)(おく)()さして(すす)()り、101(たがひ)(くわん)(つく)して、102無事(ぶじ)帰国(きこく)(その)成功(せいこう)(しゆく)(たま)うたのである。
103英子姫(ひでこひめ)皆様(みなさま)104随分(ずゐぶん)御苦労(ごくらう)御座(ござ)いましたなア。105神界(しんかい)御経綸(ごけいりん)到底(たうてい)106人間(にんげん)(ども)(はか)()(ところ)御座(ござ)いませぬ。107(ただ)何事(なにごと)神様(かみさま)御命令(ごめいれい)(したが)ふより(ほか)(みち)御座(ござ)いませぬ』
108高姫(たかひめ)『ハイ、109有難(ありがた)御座(ござ)います。110(わたくし)(あま)神様(かみさま)御道(おみち)大事(だいじ)(おも)(あま)り、111言依別命(ことよりわけのみこと)(さま)行方(やりかた)()て、112大神様(おほかみさま)御経綸(ごけいりん)妨害(ばうがい)し、113(ふたた)(あま)岩戸(いはと)をとざす悪魔(あくま)所為(しよゐ)(おも)ひつめ、114いろいろ雑多(ざつた)誤解(ごかい)(いた)妨害(ばうがい)のみ(いた)して(まゐ)りました。115今日(けふ)となつて(かへり)みれば(じつ)(はづ)かしう御座(ござ)います。116(わたくし)改心(かいしん)(おく)れた(ばか)りで、117皆様(みなさま)にいろいろの御苦労(ごくらう)をかけ(さわ)がしました。118言依別(ことよりわけ)教主様(けうしゆさま)も、119(わたくし)(ため)大変(たいへん)御艱難(ごかんなん)(あそ)ばし、120(じつ)申訳(まをしわけ)御座(ござ)いませぬ。121大化者(おほばけもの)だとか、122体主霊従(たいしゆれいじう)身魂(みたま)だとか、123世界悪(せかいあく)映像(えいざう)だとか、124いろいろ雑多(ざつた)()ひふらし、125邪魔(じやま)(ばか)(いた)して()ましたが、126(かへり)みれば(わたくし)こそ悪神(あくがみ)(とりこ)となり、127()らず()らずに体主霊従(たいしゆれいじゆう)(おこな)ひをなし、128世界悪(せかいあく)根本(こつぽん)(あへ)てしながら(ひと)(こと)(ばか)(やかま)しく申上(まをしあ)げて()ました。129(わたくし)迂愚迂濶(うぐうくわつ)130今更(いまさら)弁解(べんかい)()御座(ござ)いませぬ。131大化者(おほばけもの)()(こと)は、132(けつ)して(わる)意味(いみ)では御座(ござ)いませなんだ。133(あま)人物(じんぶつ)(おほ)()ぎて、134吾々(われわれ)身魂(みたま)では測量(そくりやう)することが出来(でき)なかつた(ため)に、135(わけ)(わか)らぬ教主(けうしゆ)だと(おも)ひ、136大化者(おほばけもの)だと()つて(ののし)つたので御座(ござ)いました。137仁慈(じんじ)(ふか)き、138到底(たうてい)吾々(われわれ)凡夫(ぼんぶ)()(ところ)ではないことを、139(ふか)(ふか)()()(わた)つて(かん)じまして御座(ござ)います。140何程(なにほど)あせつても、141身魂(みたま)因縁(いんねん)だけの(こと)より出来(でき)るものでは御座(ござ)いませぬ。142どうぞ今迄(いままで)不都合(ふつがふ)をお(ゆる)(くだ)さいまして、143身魂相応(みたまさうおう)御用(ごよう)(あふ)()(くだ)さいますれば、144有難(ありがた)(ぞん)じます』
145英子姫(ひでこひめ)(その)言葉(ことば)()いて、146(わらは)安心(あんしん)(いた)しました。147玉照彦(たまてるひこ)(さま)148玉照姫(たまてるひめ)(さま)149さぞお(よろこ)びで御座(ござ)いませう。150第一(だいいち)151国治立大神(くにはるたちのおほかみ)(さま)御化身(ごけしん)国武彦命(くにたけひこのみこと)(さま)152神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)(さま)貴女(あなた)御改心(ごかいしん)をお()(あそ)ばして、153さぞ御満足(ごまんぞく)思召(おぼしめ)すで御座(ござ)いませう。154貴女(あなた)御改心(ごかいしん)出来(でき)て、155身魂(みたま)御因縁(ごいんねん)御了解(ごれうかい)になれば、156三五教(あななひけう)上下(しやうか)一致(いつち)して御神業(ごしんげふ)参加(さんか)し、157五六七(みろく)神政(しんせい)基礎(きそ)確実(かくじつ)(きづ)()げられる(こと)(よろこ)びに()へませぬ』
158高姫(たかひめ)『ハイ、159(なに)から(なに)まで、160御注意(ごちゆうい)(くだ)さいまして有難(ありがた)(ぞん)じます』
161黒姫(くろひめ)(わたくし)最早(もはや)(なん)にも申上(まをしあ)げる(こと)御座(ござ)いませぬ。162(ただ)感謝(かんしや)より(ほか)(みち)御座(ござ)いませぬ。163どうぞ万事(ばんじ)(よろ)しく、164今後(こんご)とても不都合(ふつがふ)なき(やう)165御注意(ごちゆうい)(ねが)ひます』
166鷹依姫(たかよりひめ)(わたくし)高姫(たかひめ)(さま)聖地(せいち)()()され、167いろいろと艱難(かんなん)苦労(くらう)(いた)しまして、168一時(いちじ)高姫(たかひめ)(さま)をお(うら)(まを)したことさへ御座(ござ)いましたが、169(いま)となつて(かんが)へて()ますれば、170何事(なにごと)(みな)神様(かみさま)御仕組(おしぐみ)で、171(くも)つた(たましひ)(みが)いて、172神界(しんかい)御用(ごよう)()ててやらうとの御取(おと)りなしであつたことを、173今更(いまさら)(ごと)(かん)じました。174(じつ)申上(まをしあ)(やう)もなき有難(ありがた)(みづ)御霊(みたま)思召(おぼしめ)し、175言依別命(ことよりわけのみこと)(さま)のお心遣(こころづか)ひ、176(れい)(くち)では申上(まをしあ)げられませぬ』
177(うれ)(なみだ)にかき()れる。
178竜国別(たつくにわけ)神恩(しんおん)(たか)(ふか)き、179感謝(かんしや)(ほか)御座(ござ)いませぬ。180何卒(どうぞ)万事(ばんじ)不束(ふつつか)(もの)181(よろ)しくお(ねが)(いた)します』
182 玉照彦(たまてるひこ)183玉照姫(たまてるひめ)四人(よにん)(むか)鎮魂(ちんこん)(ほどこ)し、184悠々(いういう)として(わが)居間(ゐま)(かへ)(たま)うた。185高姫(たかひめ)(はじ)めて今迄(いままで)()払拭(ふつしき)し、186青色(せいしよく)麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)(たま)(たい)する神業(しんげふ)参加(さんか)することを決意(けつい)し、187金剛不壊(こんがうふゑ)如意宝珠(によいほつしゆ)御用(ごよう)(わが)()()はざることを(ふか)(さと)ることを()たのである。
188
189 (ここ)金剛不壊(こんがうふゑ)如意宝珠(によいほつしゆ)御用(ごよう)(つと)めたる初稚姫(はつわかひめ)(はじ)めて(にしき)(みや)八尋殿(やひろどの)教主(けうしゆ)となり、190紫色(ししよく)宝玉(ほうぎよく)御用(ごよう)(つか)へたる玉能姫(たまのひめ)生田(いくた)(もり)神館(かむやかた)(おい)て、191若彦(わかひこ)(のち)国玉別(くにたまわけ)()(たま)ふ)と夫婦(ふうふ)相並(あひなら)びて、192生田(いくた)(もり)神館(かむやかた)(つか)ふることとなつた。
193 (また)黄金(わうごん)(たま)神業(しんげふ)奉仕(ほうし)したる言依別命(ことよりわけのみこと)少名彦名神(すくなひこなのかみ)神霊(しんれい)(とも)斎苑(イソ)(やかた)立出(たちい)で、194アーメニヤに(わた)り、195エルサレムに(あら)はれ、196立派(りつぱ)なる宮殿(きうでん)(つく)り、197黄金(わうごん)(たま)威徳(ゐとく)(りう)(たま)威徳(ゐとく)とを(もつ)て、198(あまね)神人(しんじん)教化(けうくわ)(たま)ふこととなつた。
199 (また)梅子姫(うめこひめ)父大神(ちちおほかみ)のまします斎苑(いそ)(やかた)(かへ)り、200(むらさき)麻邇(まに)(たま)威徳(ゐとく)()つてフサの(くに)斎苑館(イソやかた)(つか)へて神業(しんげふ)参加(さんか)し、201高姫(たかひめ)八尋殿(やひろどの)大神司(おほかむつかさ)(はじ)紫姫(むらさきひめ)部下(ぶか)となつて神妙(しんめう)奉仕(ほうし)し、202黒姫(くろひめ)203鷹依姫(たかよりひめ)204竜国別(たつくにわけ)もそれぞれの身魂(みたま)だけの神務(しんむ)奉仕(ほうし)し、205神政(しんせい)成就(じやうじゆ)基礎的(きそてき)活動(くわつどう)(はげ)(こと)となつたのである。
206 此等(これら)神々(かみがみ)舎身的(しやしんてき)活動(くわつどう)結果(けつくわ)207いよいよ四尾山麓(よつをさんろく)時節(じせつ)到来(たうらい)して、208国常立尊(くにとこたちのみこと)(あら)はれ、209現幽神(げんいうしん)三界(さんかい)修理固成(しうりこせい)開始(かいし)(たま)ふことを()るに(いた)つたのである。210これが(すなは)大本(おほもと)(をしへ)国祖(こくそ)国常立尊(くにとこたちのみこと)変性男子(へんじやうなんし)身魂(みたま)211出口教祖(でぐちけうそ)帰懸(かむがかり)(たま)ひて神宮(しんぐう)本宮(ほんぐう)(つぼ)(うち)より(あら)はれ(たま)うた原因(げんいん)である。212(また)言依別命(ことよりわけのみこと)舎身的(しやしんてき)活動(くわつどう)()つて黄金(わうごん)(たま)威霊(ゐれい)より変性女子(へんじやうによし)身魂(みたま)213高熊山(たかくまやま)霊山(れいざん)基点(きてん)として(あら)はれ、214大本(おほもと)(をしへ)輔助(ほじよ)()(ひら)くこととなつたのである。215あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
216大正一一・八・二九 旧七・七 松村真澄録)