霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第33巻 海洋万里 申の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第33巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年11月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm338801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
五十鈴川(いすずがは)(なが)れに(たま)(あら)ひてし
(ひと)こそ(ひと)(かがみ)なりけり〈瑞祥(三版)〉
()鈴川澄(すずがはす)(わた)りたる一筋(ひとすぢ)
(きよ)(なが)れぞ()(あら)ふなり〈瑞祥(三版)〉
ただ(ひと)夜光(やくわう)真玉地(まだまち)におとし
闇世(やみよ)()らしたまふ大神(おほかみ)〈瑞祥(三版)〉
大方(おほかた)世人(よびと)(ねむ)りをさまさむと
()木鐸(ぽくたく)()れし神柱(みはしら)〈瑞祥(三版)〉
神言(かみこと)(ただ)しく()きしひとつ()
(ひかり)闇世(やみよ)燈台(とうだい)なりけり〈瑞祥(三版)〉
久方(ひさかた)(あま)岩戸(いはと)のとざされし
この(くら)()如何(いか)(てら)さむ〈第1章(三)〉
八百万神(やほよろづかみ)(こころ)(いつ)にして
岩戸(いはと)(やみ)をひらくべき(とき)〈第1章(三)〉
身知(みし)らずがここを先途(せんど)(くる)ひたち
()しきいのちを(かろ)んずるなり〈第3章(三)〉
もろもろの(わざはひ)しげき(やみ)()
血眼(ちまなこ)となりて(さわ)亡者(まうじや)〈第3章(三版)〉
天津日(あまつひ)(ひかり)(つよ)くさしのぼり
(いはほ)(まつ)のしげる御代(みよ)かな〈第5章〉
海中(わだなか)(なみ)()たるる(いは)のごと
ますますかたき大和魂(やまとだましひ)〈第5章〉
浅川(あさかは)瀬々(せぜ)(ながれ)(たか)けれど
(ふか)和知川(わちがは)水音(みなおと)()〈第6章〉
よく(ひか)(のり)(はやし)()()けて
あまねく(すく)天津神国(あまつかみくに)〈第6章〉
国民(くにたみ)(かみ)(ひかり)()()まし
ひと()(はや)岩戸開(いはとひら)けよ〈第10章(三版)〉
国民(くにたみ)(こころ)(やみ)をはらさずば
(あま)岩戸(いはと)永久(とは)(ひら)けじ〈第10章(三版)〉
草鞋穿(わらじは)きて大道(おほぢ)(あゆ)人々(ひとびと)
(あと)小判(こばん)足型(あしがた)つくなり〈第12章〉
久方(ひさかた)天津(あまつ)(そら)()(かみ)
内流(ないりう)うけし(ひと)(かみ)なる〈第12章(三版)〉
内流(ないりう)()けにし(ひと)(さは)あれど
直接内流(ちよくせつないりう)うけしはひとりのみ〈第12章(三版)〉
ただ(ひと)りただわれ(ひと)天津神(あまつかみ)
御手代(みてしろ)となり()(あら)ふなり〈第12章(三版)〉
天津神(あまつかみ)地上(ちじやう)のために(くだ)したる
(ひと)子独(こひと)()をしのび()〈第13章(三)〉
()()ちしまことの(たま)(さと)りたる
(ひと)こそ(かみ)(ちから)なりけり〈第13章(三版)〉
久方(ひさかた)雲井(くもゐ)(そら)をあとにして
天降(あも)りし(かみ)()るやしらずや〈第13章(三版)〉
天地(あめつち)(かみ)御教(みのり)(ひら)きたる
(ひと)万代(よろづよ)のたからなりけり〈第14章(三版)〉
(むか)ふへ()浴湯(ゆみづ)()()(かへ)るなり
()()むとせば(ひと)(あた)へよ〈第15章〉
()のさまをかこち(がほ)なる百合(ゆり)(はな)
ただうなだれて(つゆ)にしたれる〈第16章〉
月は(いま)地平線下(ちへいせんか)にひそみつつ
()黎明(れいめい)をまつ夜久(よひさ)しき〈第17章〉
(ゆき)つもる西伯利亜(シベリア)()(くれなゐ)
旗雲風(はたぐもかぜ)にひらめき()めぬ〈第18章〉
黄昏(たそが)れて(ひと)(おもて)()えわかぬ
(やみ)はいよいよせまり()るかな〈第18章〉
白妙(しろたヘ)(ころも)(そで)をしぼりつつ
()(なげ)くかな(かく)れたる()〈第18章〉
(きみ)のため御国(みくに)のために(つく)しゐる
(ひと)をなやむる闇世(やみよ)忌々(ゆゆ)しき〈第18章(三版)〉
千重(ちへ)八百重(やほへ)(くも)りはてたる(ひと)()
(けが)れを(なが)五十鈴(いそすず)(かは)〈第25章(三)〉
高天原(たかあまはら)紫微(しぴ)(みや)より(くだ)らせし
ひとつの(たま)()(ひかり)なる〈第26章(三)〉
千早振(ちはやふ)(かみ)のよさしに天降(あも)らせる
(ひと)霊魂(みたま)顕幽(けんいう)()〈第26章(三版)〉
(つき)宮造(みやつく)りし(まこと)(ひと)()
常夜(とこよ)(やみ)(ひかり)なりけり〈第26章(三)〉
(のき)ゆがみ(かべ)まで()ちし(ひと)()
産声(うぶごゑ)あげし瑞御魂(みづみたま)かも〈附録(三版)〉
年若(としわか)(とき)より(かみ)の名を()ひし
(ひと)()にたつ五六七(みろく)御代(みよ)なり〈附録(三版)〉
国直日主(くになほひぬし)(みこと)のいさをしは
弥勒(みろく)()ちて(あら)はれますかも〈附録(三版)〉
[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]