霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一三章 行進歌(かうしんか)〔九五四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第34巻 海洋万里 酉の巻 篇:第2篇 有情無情 よみ:うじょうむじょう
章:第13章 第34巻 よみ:こうしんか 通し章番号:954
口述日:1922(大正11)年09月13日(旧07月22日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
虎公以下三人の村人たちは、房公と芳公を建日館に案内する。道々、房公は声を張り上げて歌いだした。
房公の歌は、黒姫をからかいながら、これまでの道中やいきさつをこっけいに歌いこんでいた。次に虎公は、この歌に引き出された自らも歌いだした。
虎公は、玉公の相談に山中で乗っているところへ黒姫に出くわし、黒姫の言付で房公と芳公を待っていたことを歌った。そして房公や芳公とのこっけいな掛け合いの様を歌いこみ、建日別や黒姫が親子対面できるようにとの祈りで歌を終えた。
芳公はまた、黒姫の過去や所業を滑稽な歌にして歌いながら、一行は建日館を指して進み行く。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3413
愛善世界社版:168頁 八幡書店版:第6輯 423頁 修補版: 校定版:175頁 普及版:72頁 初版: ページ備考:
001 房公(ふさこう)002芳公(よしこう)二人(ふたり)虎公(とらこう)(ほか)三人(さんにん)(ともな)ひ、003建日(たけひ)(やかた)をさして、004道々(みちみち)無駄口(むだぐち)(たた)きながら(すす)()く。
005 房公(ふさこう)(こゑ)()()げて(うた)()したり。
006三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
007真黒々(まつくろくろ)黒姫(くろひめ)
008(をつと)所在(ありか)(たづ)ねむと
009(まご)(ふさ)(よし)三人(さんにん)
010自転倒島(おのころじま)から()れて()
011建日(たけひ)(わけ)旧蹟地(きうせきち)
012岩窟(いはや)のすこし手前(てまへ)にて
013孫公(まごこう)さまが(つまづ)いた
014(ふさ)(よし)二人(ふたり)仰天(ぎようてん)
015(みづ)気付(きつけ)狼狽(うろた)へて
016介抱(かいほう)するにもかかはらず
017黒姫(くろひめ)さまは何故(なにゆゑ)
018ニヤリニヤリと(わら)つてる
019冷酷(れいこく)非道(ひだう)鬼婆(おにばば)
020(こころ)(うち)にて憤慨(ふんがい)
021オツトドツコイ(あぶ)ないぞ
022そこには(とが)つた(いし)がある
023どいつも此奴(こいつ)()()けよ
024孫公(まごこう)のやうに(つまづ)いて
025怪我(けが)(いた)しちや(たま)らない
026オツトドツコイ脇道(わきみち)
027(おれ)(うた)()脱線(だつせん)
028(わか)らぬやうになつて()
029黒姫(くろひめ)さまは何故(なにゆゑ)
030悪垂口(あくたれぐち)(たた)きつつ
031(いた)さに(くる)しむ孫公(まごこう)
032見向(みむ)きもやらず()てて()
033吾等(われら)二人(ふたり)是非(ぜひ)もなく
034黒姫(くろひめ)さまに(したが)うて
035岩窟(いはや)(まへ)()()れば
036(やみ)(とばり)(たちま)ちに
037()(おろ)されて()(はな)
038(くち)所在(ありか)(わか)らない
039(ここ)一行(いつかう)三人(さんにん)
040天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)
041(いこ)(をり)しも岩窟(がんくつ)
042(なか)より(ひび)くドウラ(ごゑ)
043ハテ何者(なにもの)出現(しゆつげん)
044(こころ)(くば)(をり)もあれ
045岩窟(いはや)(なか)より黒姫(くろひめ)
046悪垂婆(あくたればば)アと呶鳴(どな)()
047黒姫(くろひめ)さまは(はら)をたて
048(なん)だかんだと(いさか)ひつ
049腰折(こしをれ)だらけの(うた)をよみ
050やつとその()のごみ(にご)
051(いのち)からがらドツコイシヨ
052夜明(よあ)けを()つて()()せば
053(むな)つき(ざか)右左(みぎひだり)
054(くさ)ぼうぼうと()(しげ)
055細谷道(ほそたにみち)をハアハアと
056(いき)をはづませ()(うち)
057(のど)をかわかせ両人(りやうにん)
058(くる)しむ(をり)しも(かたはら)
059滾々(こんこん)として()()づる
060(うま)清水(しみづ)(のど)湿(しめ)
061黒姫(くろひめ)(さま)にいろいろと
062小言(こごと)八百(はつぴやく)(なら)べられ
063()いた(みづ)より(がふ)わかし
064(よこ)にごろりと(なが)くなる
065どうしたものか両人(りやうにん)
066(しり)大地(だいち)()ひついて
067ビクともしない(くる)しさに
068黒姫(くろひめ)さまに誤解(ごかい)され
069(ほつ)ときぼりを()はされた
070吾等(われら)二人(ふたり)腑甲斐(ふがひ)なさ
071黒姫(くろひめ)さまは吾々(われわれ)
072(あと)見捨(みす)てて(のぼ)()
073二人(ふたり)(あと)見送(みおく)つて
074悪垂婆(あくたればば)アの黒姫(くろひめ)
075(つぶや)(をり)しも(たちま)ちに
076レコード(やぶ)りの暴風雨(ばうふうう)
077巨石(きよせき)()ばし()(たふ)
078(つぶて)のやうな(あめ)()
079こりや(たま)らぬと一心(いつしん)
080天地(てんち)(かみ)(いの)(をり)
081(たちま)(きこ)ゆる宣伝歌(せんでんか)
082玉治別(たまはるわけ)(たま)(こゑ)
083(きこ)ゆる()もなく()(くる)
084風雨(ふうう)(たちま)鎮静(ちんせい)
085平和(へいわ)(くも)中天(ちうてん)
086(ゆら)()めたる(うれ)しさよ
087それより吾等(われら)黒姫(くろひめ)
088(あと)()ひかけ(きた)(をり)
089高山峠(たかやまたうげ)(くだ)(ざか)
090岩石(がんせき)崎嶇(きく)たる峻坂(しゆんばん)
091ふと出遇(でくわ)した四人連(よにんづ)
092此奴(こいつ)はテツキリ泥棒(どろばう)
093早合点(はやがつてん)両人(りやうにん)
094天狗(てんぐ)(まご)(いつは)つて
095(おど)してやらむと(おも)(うち)
096(おも)ひもかけぬ虎公(とらこう)
097草鞋(わらぢ)をやらうと(ぬか)(ゆゑ)
098いやいやながら()()つて
099()()さねどドツコイシヨ
100此処(ここ)(まで)はいて()てやつた
101芳公(よしこう)痩相撲(やせずもう)漆山(うるしやま)
102鬼ケ嶽(おにがだけ)との相撲話(すもうばなし)
103面白(おもしろ)をかしく(しやべ)()
104(ここ)六人(むたり)兄弟(きやうだい)
105気取(きど)りとなつて()(くに)
106建日(たけひ)(やかた)()でて()
107(さぞ)今頃(いまごろ)黒姫(くろひめ)
108建国別(たけくにわけ)面会(めんくわい)
109(まへ)(わが)()(かあ)さまか
110()ひたかつた()たかつた
111(たふと)(かみ)()(あは)
112こんな(うれ)しい(こと)あろか
113(なに)()もあれ第一(だいいち)
114天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)
115感謝(かんしや)祈願(きぐわん)申上(まをしあ)
116(やかた)上下(うへした)打揃(うちそろ)
117ドツサリ(いは)ひを(いた)さうと
118(さぞ)今頃(いまごろ)神館(かむやかた)
119(うへ)(した)へと(さわ)がしく
120(よろこ)(いさ)(こと)だらう
121あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
122御霊(みたま)(さち)はひましまして
123黒姫(くろひめ)さまも(いま)(まで)
124我情我慢(がじやうがまん)(あらた)めて
125(まこと)(かみ)(つかさ)とし
126三五教(あななひけう)御光(みひかり)
127()らす真人(まびと)となさしめよ』
128(うた)(なが)ら、129房公(ふさこう)虎公(とらこう)(あと)()いて()く。130虎公(とらこう)(この)(うた)引出(ひきだ)されてか(また)もや(うた)()したり。
131武野(たけの)(むら)玉公(たまこう)
132どうしたものか(この)(ごろ)
133(うち)秘蔵(ひざう)水晶玉(すいしやうだま)
134黒点(こくてん)出来(でき)たと()(いら)
135こいつア(まつた)黒姫(くろひめ)
136()曲神(まがかみ)(この)(しま)
137やつてうせたに(ちが)ひない
138(いま)から(いそ)山頂(さんちやう)
139(のぼ)つて()てば黒姫(くろひめ)
140(のぼ)つて()るに(ちが)ひない
141オイ虎公(とらこう)(おれ)のため
142(けは)しい(さか)ではあるけれど
143どうぞ(おく)つて()れないか
144(まへ)(をとこ)見込(みこ)んでの
145(おれ)(たの)みぢやと(ぬか)(ゆゑ)
146(いそが)(なか)繰合(くりあは)
147乾児(こぶん)(やつ)()()れて
148高山峠(たかやまたうげ)絶頂(ぜつちやう)
149三五教(あななひけう)黒姫(くろひめ)
150(のぼ)(きた)るをドツコイシヨ
151(いま)(おそ)しと()(うち)
152玉公(たまこう)さまの発起(ほつき)にて
153(しろ)(くろ)との(いし)(あつ)
154勝負(しようぶ)(はじ)むる折柄(をりから)
155()()(ほど)なく黒姫(くろひめ)
156草鞋(わらぢ)脚絆(きやはん)()(かた)
157金剛杖(こんがうづゑ)蓑笠(みのかさ)
158(かる)扮装(いでたち)スウスウと
159(いき)をはづまし(のぼ)()
160此奴(こいつ)アてつきり黒姫(くろひめ)
161相違(さうゐ)あるまいドツコイシヨ
162皆々(みなみな)()をつけ(あぶ)ないぞ
163(ひと)(すべ)れば谷底(たにそこ)ぢや
164黒姫(くろひめ)さまの物語(ものがた)
165(みみ)()まして()(うち)
166()国都(くにみやこ)にかくれなき
167高山彦(たかやまひこ)女房(にようばう)
168()いて五人(ごにん)吃驚(びつくり)
169合点(がてん)()かぬ(こと)だなア
170うつかり手出(てだ)しは出来(でき)ないと
171(はじ)めの(いきほ)ひどこへやら
172(いさ)みきつたる虎公(とらこう)
173(たちま)(ねこ)早変(はやがは)
174こらまア(なん)()(こと)
175合点(がてん)のゆかぬ(ふし)がある
176それにモ(ひと)不思議(ふしぎ)なは
177黒姫(くろひめ)さまの(わか)(とき)
178捨子(すてこ)をしたのが武野村(たけのむら)
179(かみ)(やかた)のドツコイシヨ
180建国別(たけくにわけ)ではあるまいか
181(ひと)(たづ)ねて()ようかと
182(こころ)ありげに()(ゆゑ)
183玉公(たまこう)さまは()()んで
184案内(あない)(やく)早替(はやがは)
185悪魔(あくま)(おも)うた黒姫(くろひめ)
186唯一(ゆいつ)(ちから)となり()てて
187(かみ)(やかた)(みちび)いた
188黒姫(くろひめ)さまが()(こと)にや
189(ふさ)(よし)二人(ふたり)(とも)(やつ)
190(あと)から()るに(ちが)ひない
191虎公(とらこう)さまよお前達(まへたち)
192此処(ここ)()()両人(りやうにん)
193否応(いやおう)()はさず(とら)まへて
194建日(たけひ)(やかた)()れて()
195キツと(たの)()くぞよと
196(くろ)(かほ)して()ふた(ゆゑ)
197ウンと()()男達(をとこだて)
198虎公(とらこう)さまもドツコイシヨ
199一度(ひとたび)(ひと)(たの)まれて
200(あと)へは()けぬ(この)気質(きしつ)
201房公(ふさこう)芳公(よしこう)両人(りやうにん)
202(ちから)(よわ)蛆虫(うじむし)
203(いま)(いま)かと()(うち)
204房公(ふさこう)さまが真跣足(まつぱだし)
205血潮(ちしほ)(あし)から(なが)しつつ
206天狗(てんぐ)(まご)だと空威張(からいば)
207坂道(さかみち)(くだ)るをかしさよ
208そこで虎公(とらこう)(こゑ)をかけ
209(たづ)ねて()れば黒姫(くろひめ)
210(あと)(した)うて()二人(ふたり)
211社会(しやくわい)奉仕(ほうし)(つも)りにて
212草鞋(わらぢ)一足(いつそく)()()して
213(これ)穿()けよと()つたらば
214二人(ふたり)(やつ)(よろこ)んで
215女子(をなご)(くさ)つた(やつ)のよに
216べそべそ(なみだ)(なが)しつつ
217ハイハイ頂戴(ちやうだい)(いた)します
218どこの誰人(どなた)()らねども
219見知(みし)らぬ他人(たにん)(この)(わたし)
220(あたひ)()しに(いただ)くは
221(わたし)(こころ)()みませぬ
222(あたひ)()つて(くだ)されと
223(さすが)律義(りちぎ)申分(まをしぶん)
224こいつア矢張(やつぱり)麻柱(あななひ)
225(みち)(ほう)ずる信徒(まめひと)
226(おも)うた(ゆゑ)虎公(とらこう)
227元気(げんき)をつけてやつたれば
228(たちま)(かは)空威張(からいばり)
229肩肱(かたひぢ)(いか)らす面白(おもしろ)
230芳公(よしこう)さまが()()つて
231(おれ)でも(もと)芳野川(よしのがは)
232自転倒島(おのころじま)にて()をあげた
233(まけ)(こと)なき相撲取(すもうとり)
234鬼ケ嶽(おにがたけ)とドツコイシヨ
235二番(にばん)勝負(しようぶ)をした(とき)
236(さき)には(おれ)(まけ)たれど
237(あと)先方(むこう)()ちよつた
238(なん)(かん)のと負惜(まけをし)
239ドツコイドツコイドツコイシヨ
240()らず(ぐち)をば(たた)きつつ
241(しまひ)(はて)にや房公(ふさこう)
242薩張(さつぱり)実状(じつじやう)あばかれて
243芳野川(よしのがは)とはドツコイシヨ
244(となり)()んだ相撲取(すもうとり)
245褌持(ふんどしもち)のドツコイシヨ
246(にぎ)(めし)をば(くら)ふやつ
247()つたら(あふ)むく鍋蓋(なべぶた)
248名乗(なの)りを()げた痩相撲(やせずもう)
249(さは)ればまけるウントコシヨ
250漆山(うるしやま)だと()()のり
251(その)()のごみを(にご)しつつ
252此処(ここ)(まで)やつと()いて()
253芳公(よしこう)さまの(つみ)のなさ
254あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
255御霊(みたま)幸倍(さちはへ)()しまして
256建国別(たけくにわけ)宣伝使(せんでんし)
257黒姫(くろひめ)さまの()みの()
258どうぞあつて()しいもの
259ドツコイドツコイさうなれば
260黒姫(くろひめ)さまも()()いて
261(おやぢ)(あと)(たづ)ねまい
262吾等(われら)(しん)ずる宣伝使(せんでんし)
263高山彦(たかやまひこ)御前(おんまへ)
264(なん)だかんだと痴話(ちわ)喧嘩(げんくわ)
265ごてごて()はれちや(たま)らない
266(おれ)ばつかりか愛子姫(あいこひめ)
267(その)他数多(あまた)人々(ひとびと)
268(さだ)めし迷惑(めいわく)するだらう
269朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
270(つき)()つとも()くるとも
271仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
272黒姫(くろひめ)さまが三五(あななひ)
273(まこと)(みち)猛進(まうしん)
274(こひ)妄執(もうしふ)相晴(あひは)らし
275建国別(たけくにわけ)(やかた)にて
276母子(おやこ)夫婦(ふうふ)(むつ)()
277いやとこしへに(かみ)(みち)
278四方(よも)()らして()れるやう
279純世(すみよ)(ひめ)御前(おんまへ)
280武野(たけの)(むら)男達(をとこだて)
281虎公(とらこう)さまが真心(まごころ)
282こめてぞ(いの)(たてまつ)
283嗚呼(ああ)惟神(かむながら)々々(かむながら)
284御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
285(うた)(をは)るや、286芳公(よしこう)(また)虎公(とらこう)(うた)()かされて坂道(さかみち)(あゆ)みながら駄句(だく)(はじ)めたり。
287『あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
288(かみ)(おもて)(あら)はれて
289(ぜん)(あく)とを()()ける
290(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
291(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
292直日(なほひ)のみたま(さち)はひて
293黒姫(くろひめ)さまが(たづ)()
294高山彦(たかやまひこ)との関係(くわんけい)
295(こと)なく(をさ)めたまへかし
296ウントコドツコイ(あぶ)ないぞ
297どいつも此奴(こいつ)()をつけよ
298そこには(ふか)(たに)がある
299黒姫(くろひめ)さまが(また)しても
300高山(たかやま)さまに口答(くちごた)
301金切声(かなきりごゑ)(しぼ)()
302呶鳴(どな)()らされドツコイシヨ
303()(くる)はれては(たま)らない
304第一(だいいち)(かみ)()(けが)
305三五教(あななひけう)面汚(つらよご)
306高山彦(たかやまひこ)面目(めんもく)
307(ちや)(ちや)無茶苦(むちやく)になるだらう
308(おれ)はそいつが()にかかる
309(なん)とかドツコイ(おだや)かに
310(をさ)めて()たいと朝夕(あさゆふ)
311(かみ)(ねん)じて()(わい)
312さはさりながら(この)(たび)
313都合(つがふ)のよい(こと)出来(でき)てきた
314三十五年(さんじふごねん)(その)(むかし)
315赤襟姿(あかえりすがた)黒姫(くろひめ)
316(すゐ)(をとこ)とドツコイシヨ
317人目(ひとめ)(しの)んでこしらへた
318ドツコイ ドツコイ ドツコイシヨ
319赤子(あかご)無残(むざん)()(つじ)
320()てた思案(しあん)後戻(あともど)
321やうやう(この)(ごろ)()がついて
322血道(ちみち)をあげてほれきつた
323高山(たかやま)さまよりドツコイシヨ
324(わが)()(はう)可愛(かあい)なり
325()(くに)(ゆき)(あと)にして
326建日(たけひ)(やかた)()たさうな
327(これ)(たふと)神様(かみさま)
328仁慈無限(じんじむげん)()(あは)
329ほんに目出度(めでた)いお目出度(めでた)
330さはさり(なが)らひよつとして
331建国別(たけくにわけ)宣伝使(せんでんし)
332黒姫(くろひめ)さまの()でなうて
333ドツコイシヨウドツコイシヨウ
334(ひと)捨子(すてこ)であつた(とき)
335どうして(こころ)(をさ)まろか
336それ(ばつか)りが()にかかる
337ウントコドツコイドツコイシヨ
338国魂神(くにたまがみ)純世姫(すみよひめ)
339金勝要(きんかつかね)大神(おほかみ)
340御守護(ごしゆご)(ねが)(たてまつ)
341あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
342御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましませよ』
343(うた)ひながら建日(たけひ)(やかた)をさして(すす)()く。
344大正一一・九・一三 旧七・二二 加藤明子録)