霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 落胆(らくたん)〔九五五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第34巻 海洋万里 酉の巻 篇:第2篇 有情無情 よみ:うじょうむじょう
章:第14章 第34巻 よみ:らくたん 通し章番号:955
口述日:1922(大正11)年09月13日(旧07月22日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
建日館にて、黒姫を案内してきた玉公は、幾公から臨時の門番を頼まれて門番部屋に詰め、門を守っていた。
そこへ虎公が、黒姫のお供を連れてきたと言って門の外から声をかけた。虎公、房公、芳公、玉公は門の内外で、おかしな掛け合いを続けている。
虎公は門の外、塀の小さな窓から酒席に向かって無花果の実を三四十ばかり投げ込むいたずらを始めた。酔った客たちは驚き、熊公は喧嘩を始めた。見かねた虎公は酒席に飛び込み、熊公をなだめた。
お種は虎公を見つけて声をかけた。虎公はようやく、お種に黒姫のお供が門の外にやってきていることを告げた。お種の注進を受けて、建日別一行は黒姫を伴って虎公のところにやってきて挨拶をなした。
房公と芳公は一同と目通りする。建日別夫婦は黒姫たちに、ゆっくりとするように勧めるが、黒姫は気が急くと言って火の国に向かってさっさと旅立ってしまう。
房公と芳公は、黒姫が建日別が息子でなかったことを気に病んで落ち込んでいると見て取り、心配になって後を追って黒姫の後を尋ねて行く。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3414
愛善世界社版:182頁 八幡書店版:第6輯 427頁 修補版: 校定版:190頁 普及版:77頁 初版: ページ備考:
001 此処(ここ)建国別(たけくにわけ)神館(かむやかた)表門前(おもてもんまへ)002玉公(たまこう)門番(もんばん)幾公(いくこう)臨時代理(りんじだいり)(たの)まれ、003ツクネンとして門扉(もんぴ)()ぢ、004()つて()(ちん)(やう)におとなしく、005門番部屋(もんばんべや)縁側(えんがは)(こし)をかけ、006両手(りやうて)(ひざ)(うへ)にチンと()いて、007コクリコクリと居眠(ゐねむ)つて()る。
008 (もん)(そと)から虎公(とらこう)(こゑ)
009虎公(とらこう)(たの)まう(たの)まう』
010 (この)(こゑ)玉公(たまこう)()()まし、
011玉公(たまこう)(たれ)だい、012(おほ)きな(こゑ)呶鳴(どな)(やつ)ア。013此処(ここ)建国別(たけくにわけ)(さま)神館(かむやかた)表門(おもてもん)だぞ。014チツと謹慎(きんしん)()(へう)せぬかい。015何処(どこ)(たれ)だか()らぬが()をドンドンと(たた)きやがつて、016拍子(べうし)()けた(こゑ)()しやがるのだ』
017呶鳴(どな)(かへ)した。
018虎公(とらこう)『オイ、019(いく)門番(もんばん)020(たれ)でも()い、021虎公(とらこう)だ。022摩利支天(まりしてん)でも()(こか)すと()漆山(うるしやま)()大相撲取(おほずもうとり)()れて()たのだ。023愚図々々(ぐづぐづ)(ぬか)して(もん)()けぬと()ふと、024漆山(うるしやま)拳骨(げんこつ)(たた)()つて這入(はい)つてやらうか』
025玉公(たまこう)(その)(こゑ)侠客(けふかく)虎公(とらこう)だないか。026チツと(しづか)にせぬかい。027漆山(うるしやま)なんて、028そんな(いや)らしい()相撲取(すもうとり)(なん)()めに()れて()たのだ。029(この)(やかた)(すこ)大変(たいへん)なお目出度(めでた)(こと)(おこ)つて、030ヤツサモツサの最中(さいちう)だ。031(しばら)其処辺(そこら)(ひか)へて()れ。032御主人(ごしゆじん)(はう)からお(ゆる)しが(さが)つたら貴様(きさま)(はう)()けなくても此方(こちら)から()けてやらア』
033虎公(とらこう)『さう()(こゑ)玉公(たまこう)ぢや()いか』
034玉公(たまこう)(おれ)幾公(いくこう)門番(もんばん)(たの)まれたので、035臨時(りんじ)門番(もんばん)(つと)めて()るのだ。036(この)(もん)開閉(かいへい)するのは玉公(たまこう)権限(けんげん)にあるのだから、037まア(しばら)其処(そこ)()つて()つて()らうよ』
038虎公(とらこう)黒姫(くろひめ)さまのお(とも)(やつ)を、039たつた二匹(にひき)()れて()たのだから、040()つと()(わけ)にはゆかぬわい』
041房公(ふさこう)『オイ虎公(とらこう)042二匹(にひき)とはチツとひどいぢやないか。043あまり馬鹿(ばか)にすない』
044虎公(とらこう)(なに)馬鹿(ばか)にするものか。045(をとこ)(なか)(をとこ)一匹(いつぴき)()(やつ)が、046両人(りやうにん)()()るじやないか。047それだから二匹(にひき)()つたのだよ』
048房公(ふさこう)『アハヽヽヽうまい(こと)()(なほ)しやがつたな。049ヨシこれから俺達(おれたち)一匹(いつぴき)二匹(にひき)()んでくれ。050本当(ほんたう)光栄(くわうえい)だ。051由縁(いはれ)()けば(なん)となく有難(ありがた)いわ。052(しか)(なが)執拗(しつかう)()ふと(はら)()つと()(こと)があらう。053あまり沢山(たくさん)一匹(いつぴき)二匹(にひき)()うてくれなよ。054時所位(じしよゐ)(おう)じて()うてくれよ』
055 玉公(たまこう)門内(もんない)より(この)(はなし)()きはつり、
056玉公(たまこう)『オイ虎公(とらこう)057(とら)一匹(いつぴき)()()(こと)(わか)つて()るが、058(その)(ほか)(ねこ)でも()れて()たのか』
059虎公(とらこう)八釜(やかま)しう()ふない。060(はや)()けぬか』
061玉公(たまこう)『エー、062仕方(しかた)()(やつ)だなア。063そんならドツと()()んで、064今日(けふ)(だけ)治外法権(ちぐわいはふけん)だ。065()けてやらう』
066()(なが)らサツと白木(しらき)(もん)左右(さいう)(ひら)いた。
067玉公(たまこう)『ヤア虎公(とらこう)ばかりかと(おも)へば、068(ねこ)(うし)(ねずみ)()()るのだな。069そして其処(そこ)()(やつ)一体(いつたい)(なん)だい、070怪体(けたい)(つら)をした(やつ)だなア。071アハヽヽヽ丁度(ちやうど)六匹(ろつぴき)だなア』
072虎公(とらこう)『さうだ六匹(ろつぴき)だ。073(はや)(おく)案内(あんない)(いた)せ。074虎転別(とらてんわけ)(さま)御入(おい)りだ』
075玉公(たまこう)(なに)(ぬか)しやがるのだい。076(とら)077(てん)(わけ)(わか)らぬわい。078大方(おほかた)鼬貂別(いたちてんわけ)(くらゐ)のものだらう。079アハヽヽヽ』
080と、081(はら)(かか)(こし)(ゆす)つて()せる。
082虎公(とらこう)『そのスタイルは(なん)だ。083みつともないぞ』
084 (へい)(へだ)てた(つぎ)屋敷(やしき)所謂(いはゆる)上館(かみやかた)広庭(ひろには)には、085数多(あまた)老若男女(らうにやくなんによ)のワイワイと(よろこ)(さわ)(をど)(くる)(こゑ)(きこ)えて()る。
086虎公(とらこう)『オイ玉公(たまこう)087あの(こゑ)一体(いつたい)(なん)だ』
088玉公(たまこう)『あれかい、089ありや貴様(きさま)090(おれ)(おく)つて()黒姫(くろひめ)さまと親子(おやこ)対面(たいめん)出来(でき)たので、091あゝワイワイ(さわ)いで()るのだ。092貴様(きさま)らは(みな)(やつ)(さけ)(くら)つて(をど)つて()るのを神妙(しんめう)()いて()るのだよ。093万一(まんいち)彼奴等(あいつら)喧嘩(けんくわ)でもオツ(ぱじ)めよつたら、094喧嘩(けんくわ)仲裁(ちうさい)をするのだ。095(この)(ごろ)はあまり喧嘩(けんくわ)()いので、096侠客(けふかく)として張合(はりあひ)()けただらう。097屹度(きつと)喧嘩(けんくわ)があの調子(てうし)では突発(とつぱつ)するだらうから、098貴様(きさま)売出(うりだ)時機(じき)()たのだ』
099虎公(とらこう)『そいつは面白(おもしろ)い。100(はや)喧嘩(けんくわ)がオツ(ぱじ)まらぬかいなア』
101房公(ふさこう)『モシモシ門番(もんばん)さま、102本当(ほんたう)親子(おやこ)対面(たいめん)出来(でき)たのですか』
103玉公(たまこう)『サア、104シツカリした(こと)(わか)らないが、105あの(うれ)(さう)(こゑ)から()くと屹度(きつと)目出度(めでた)いに(ちが)ひない。106テツキリ最前(さいぜん)()黒姫(くろひめ)()(ばあ)さまは、107此処(ここ)大将(たいしやう)のお(かあ)さまらしいわい』
108房公(ふさこう)『ヤアそりや有難(ありがた)い。109これで(おれ)(かた)()()りたやうだ。110ナア芳公(よしこう)111(うれ)しいぢやないか』
112芳公(よしこう)(おれ)(なん)だか()らぬが、113あんまり(うれ)しうないわ。114(ひと)何処(どこ)やらに物足(ものた)らぬ心持(こころもち)がしてならない。115そう御註文(ごちゆうもん)(どほ)りうまく()つたか()らぬがなア』
116房公(ふさこう)『あゝそれでもあの(とほ)(うれ)しさうに大勢(おほぜい)(さわ)いで()るぢやないか』
117芳公(よしこう)『さあ、118それもさうだなア』
119虎公(とらこう)今日(けふ)建国別(たけくにわけ)(さま)(この)(やかた)御養子(ごやうし)にお入来(いで)(あそ)ばした満一周年(まんいつしうねん)のお(いはひ)だから、120それで(みな)(やつ)祝酒(いはひざけ)(くら)()うて(さわ)いで()るのだらうよ。121そこへ黒姫(くろひめ)さまが(その)大将(たいしやう)母親(ははおや)だつたら、122それこそ(たい)したものだ、123地異(ちい)天変(てんぺん)大騒動(おほさうどう)だ。124(いや)大祝(おほいはひ)だ。125ナア玉公(たまこう)126(まへ)如何(どう)(おも)ふか』
127 虎公(とらこう)(へだ)ての(へい)(ちひ)さき武者窓(むしやまど)から背伸(せの)びをし(なが)ら、128上館(かみやかた)庭前(ていぜん)酒宴(しゆえん)(せき)一寸(ちよつと)(なが)め、
129虎公(とらこう)『エー何奴(どいつ)此奴(こいつ)行儀(げうぎ)(わる)(やつ)ばつかりだ。130真裸(まつぱだか)になつて(さけ)()うて無礼講(ぶれいかう)遺憾(ゐかん)なくやつて()やがる。131(おれ)(にはか)(なん)だか(さけ)()みたくなつて()た。132此処(ここ)(やつ)()()かぬ(やつ)ばつかりだな。133虎公(とらこう)()御座(ござ)るのに徳利(とくり)(ひと)()げて()(やつ)()いと()えるわい。134ウン、135此処(ここ)無花果(いちじゆく)沢山(たくさん)になつて()る。136(これ)むしつて宴会(えんくわい)(せき)()かしてやらう。137随分(ずゐぶん)面白(おもしろ)うなるだらう』
138独言(ひとりごと)()(なが)ら、139三四十(さんしじふ)(ばか)むしつては高塀(たかへい)()しに()げつける。140数多(あまた)泥酔者(よひどれ)(かき)(そと)から、141虎公(とらこう)()んな悪戯(いたづら)をして()るとは(ゆめ)にも()らずに、
142(かふ)『ヤイコラ、143馬鹿(ばか)にするない。144(おれ)(あたま)無花果(いちじゆく)をカツつけやがつたのは貴様(きさま)だらう』
145(おつ)(なに)(ぬか)しやがるのだ。146最前(さいぜん)から(おれ)(だま)つて()れば(おれ)脳天(なうてん)へブツつけやがつて(おれ)があてたなんて、147()うそんな(こと)()へたものだ。148(なん)()つても貴様(きさま)(おれ)喧嘩(けんくわ)()(つも)りだなア。149よし()()えても(おれ)虎公(とらこう)(いち)乾児(こぶん)だぞ。150熊公(くまこう)(うで)()せてやらうか』
151()(なが)ら、152徳利(とくり)()()げて縦横無尽(じうわうむじん)()(まは)(その)権幕(けんまく)に、153一同(いちどう)老若男女(らうにやくなんによ)は『キヤツキヤツ』と悲鳴(ひめい)をあげて前後左右(ぜんごさいう)()(まは)る。154熊公(くまこう)(さけ)(いきほひ)(じやう)じて手当(てあた)次第(しだい)155(はち)()げる、156徳利(とくり)()(まは)す、157ガチヤンガチヤン ドタンバタンの乱痴気(らんちき)(さわ)ぎが(へい)(そと)(まで)()にとる(ごと)(きこ)えて()た。158虎公(とらこう)自分(じぶん)乾児(こぶん)熊公(くまこう)乱暴(らんばう)()てとり、159矢庭(やには)高塀(たかへい)両手(りやうて)()け、160モンドリ()つて園内(えんない)()()み、
161虎公(とらこう)『こりやこりや、162()て、163熊公(くまこう)(やつ)164(なに)乱暴(らんばう)をするか』
165 熊公(くまこう)はヘベレケに()うて、166()(ろく)()えなくなつて()た。
167熊公(くまこう)『ナヽヽヽ(なん)だ。168(おれ)(たれ)だと(おも)つて()るのだ。169武野(たけの)(むら)(かく)れなき大侠客(だいけふかく)170虎公(とらこう)さまを親分(おやぶん)()熊公(くまこう)だぞ。171愚図々々(ぐづぐづ)(ぬか)すと何方(どいつ)此奴(こいつ)生首(なまくび)()()いてやらうかい。172ヘン、173馬鹿野郎(ばかやらう)()174(なに)(くま)さまのする(こと)横鎗(よこやり)()れやがるのだ。175糞面白(くそおもしろ)くも()えや。176ゲヽヽヽヽガラガラガラ ウワツプツプツプツ』
177 虎公(とらこう)矢庭(やには)熊公(くまこう)横面(よこづら)を、178(くび)()べよとばかり平手(ひらて)でピシヤツと(なぐ)りつけた。179熊公(くまこう)不意(ふい)(くら)つてヒヨロヒヨロと五歩六歩(いつあしむあし)(あと)(さが)つてドスンと仰向(あふむ)けに(たふ)れて(しま)つた。
180虎公(とらこう)『オイ(くま)181しつかりせぬかい。182()んな目出度(めでた)席上(せきじやう)(なに)乱暴(らんばう)するのだい』
183熊公(くまこう)『こりやアこりやア親方(おやかた)御座(ござ)いましたか、184(まこと)()みませぬ。185こない(あば)れるのぢや()かつたけれど、186八公(はちこう)(やつ)187失礼(しつれい)な、188(くま)さまの(あたま)無花果(いちじゆく)をカツつけやがつたものだから……(おれ)(あたま)虎公(とらこう)(いき)がかかつた(あたま)だ。189貴様(きさま)のやうな(やつ)(なぐ)られて(だま)つて()つては親分(おやぶん)面汚(つらよご)しだから、190(はら)()つて()つて(はらわた)がニヽヽヽ()繰返(くりかへ)つて、191(おも)はず()らず酪酊(めいてい)して()んな乱暴(らんばう)をやりました。192なア親方(おやかた)193(みぎ)(やう)次第(しだい)でげえすから何卒(どうぞ)燗酒(かんざけ)見直(みなほ)して(くだ)さい。194ゲープーあゝえらいえらいひどい(こと)195(さけ)悪酔(わるよ)ひして(しま)つた。196(なに)しろ安価(やす)(さけ)()ましやがるものだから、197薩張(さつぱり)(はらわた)(なに)台無(だいな)しにして(しま)つた』
198虎公(とらこう)(みな)さま、199何卒(どうぞ)(もと)のお(せき)にお()(くだ)さいませ。200熊公(くまこう)(やつ)201(さけ)(くら)()乱暴(らんばう)(いた)しまして(まこと)()みませぬ。202(わたし)(かは)つてお(わび)(いた)します』
203 (この)(こゑ)一同(いちどう)はヤツと安心(あんしん)したものの(ごと)(もと)()()いた。204虎公(とらこう)熊公(くまこう)引抱(ひつかか)へ、205上館(かみやかた)表門(おもてもん)から迂回(うくわい)して門口(もんぐち)()れて()た。206(この)(とき)婢女(はしため)のお(たね)()(をんな)207門口(かどぐち)(さわ)がしさに不審(ふしん)(おこ)し、208(あわただ)しく(たすき)(まま)馳来(はせきた)り、
209(たね)『まアまアこれは虎公(とらこう)さまで御座(ござ)いますか。210()()(くだ)さいました。211何卒(どうぞ)まア、212這入(はい)(くだ)さいまし』
213虎公(とらこう)『いえいえ、214御主人(ごしゆじん)のお(ゆる)しある(まで)此処(ここ)(ひか)へて()りませう。215(しか)此処(ここ)黒姫(くろひめ)さまと()(かた)()えて()(はず)だ。216(その)黒姫(くろひめ)さまのお(とも)芳公(よしこう)217房公(ふさこう)()二人(ふたり)(もの)門口(かどぐち)()つて()ると()(こと)を、218一寸(ちよつと)(おく)()らして(くだ)さい』
219(たね)武野村(たけのむら)親分(おやぶん)虎公(とらこう)さま、220(たしか)(まを)()げます。221何卒(どうぞ)()つて()(くだ)さい』
222足軽(あしがる)中門(なかもん)(なか)姿(すがた)(かく)して仕舞(しま)つた。
223 (しばら)くすると黒姫(くろひめ)建国別(たけくにわけ)224建能姫(たけのひめ)225建彦(たけひこ)226幾公(いくこう)(おく)られ、227中門(なかもん)をサツと(ひら)いて(この)()徐々(しづしづ)とやつて()た。
228虎公(とらこう)『ヤアこれはこれは建国別(たけくにわけ)(さま)229建能姫(たけのひめ)(さま)230黒姫(くろひめ)(さま)いかい世話(せわ)御座(ござ)いましたらう。231如何(どう)御座(ござ)いましたな、232御因縁(ごいんねん)解決(かいけつ)がつきましたか』
233建国別(たけくにわけ)『ア、234貴方(あなた)虎公(とらこう)親分(おやぶん)さま、235()()(くだ)さいました。236さア何卒(どうぞ)(おく)へお這入(はい)(くだ)さいませ。237此処(ここ)(もん)(まへ)238今日(けふ)(さいは)(わたくし)此処(ここ)(まゐ)つた一周年(いつしうねん)(いはひ)239何卒(どうぞ)(みな)さま、240(なに)もありませぬがお(さけ)なつと(あが)つて(くだ)さいませ』
241虎公(とらこう)『ハイ有難(ありがた)御座(ござ)います。242乍併(しかしながら)此処(ここ)黒姫(くろひめ)(さま)のお(とも)をして(まゐ)つた(ふさ)243(よし)両人(りやうにん)()えて()ります。244そして黒姫(くろひめ)(さま)貴方(あなた)御縁類(ごえんるゐ)(かた)ではありませぬでしたかな』
245建国別(たけくにわけ)『はい、246(まつた)(ちが)ひました』
247虎公(とらこう)『それはそれは残念(ざんねん)(こと)御座(ござ)います。248オイ房公(ふさこう)249芳公(よしこう)250薩張(さつぱり)駄目(だめ)だ、251観念(かんねん)せい。252もう()うなりや仕方(しかた)がないわ。253矢張(やつぱり)()国都(くにみやこ)(まで)(とも)して高山彦(たかやまひこ)254黒姫(くろひめ)戦争(せんそう)観戦(くわんせん)するより(みち)はないわ』
255房公(ふさこう)(わたし)黒姫(くろひめ)従者(じゆうしや)房公(ふさこう)256芳公(よしこう)(まを)(もの)御座(ござ)います。257黒姫(くろひめ)(さま)(なが)らくお邪魔(じやま)しましてお(いそが)しい(なか)(まこと)()みませぬ』
258建国別(たけくにわけ)『いえいえ如何(どう)(いた)しまして……黒姫(くろひめ)(さま)御親切(ごしんせつ)御訪問(ごはうもん)(くだ)さいまして吾々(われわれ)夫婦(ふうふ)(もの)感涙(かんるゐ)(むせ)んで()ります。259何卒(どうぞ)そんな(こと)()はずに(おく)へお這入(はい)(くだ)さつて、260(さけ)でも(ひと)つお(あが)りなさつて(くだ)さいませ』
261虎公(とらこう)『オイ房公(ふさこう)262芳公(よしこう)あの(とほ)親切(しんせつ)仰有(おつしや)るのだから、263折角(せつかく)のお(こころざし)だ、264()にするのも()まないから一杯(いつぱい)よばれて()ようぢやないか』
265房公(ふさこう)『さうだ。266一杯(いつぱい)頂戴(ちやうだい)したいものだね……なア芳公(よしこう)267貴様(きさま)もあまり下戸(げこ)でもあるまい、268(ひと)御馳走(ごちそう)にならうか』
269建能姫(たけのひめ)何卒(どうぞ)(みな)さま(そろ)うて(おく)へお這入(はい)(くだ)さいませ。270差上(さしあ)げる(もの)とては(べつ)(なに)御座(ござ)いませぬが、271(さけ)沢山(たくさん)用意(ようい)してありますから、272(はや)此方(こちら)へお這入(はい)(くだ)さいませ。273サア(わが)夫様(つまさま)274(おく)(まゐ)りませう。275黒姫(くろひめ)(さま)(あま)りお(いそ)ぎでなくば、276(とも)(かた)一緒(いつしよ)(おく)(はう)引返(ひきかへ)して(くだ)さつたら如何(どう)でせうか』
277黒姫(くろひめ)『ハイ、278御親切(ごしんせつ)有難(ありがた)御座(ござ)いますが、279(わたし)(なん)となく(こころ)()きますから(これ)御免(ごめん)(かうむ)ります。280御縁(ごえん)御座(ござ)いますれば(また)()にかかりませう』
281建国別(たけくにわけ)何卒(どうぞ)282先生(せんせい)にお()ひになりましたら、283吾々(われわれ)夫婦(ふうふ)(もの)(よろ)しく(まを)して()つたとお(つた)(くだ)さいませ。284(じつ)(ところ)()へば、285吾々(われわれ)夫婦(ふうふ)貴女(あなた)()(くに)(まで)(おく)申上(まをしあ)げるのが本意(ほんい)ですが、286御存(ごぞん)じの(とほ)今日(けふ)斯様(かやう)次第(しだい)ですから失礼(しつれい)(いた)します。287せめて二三日(にさんにち)御逗留(ごとうりう)(くだ)さいますれば、288吾々(われわれ)夫婦(ふうふ)(もの)御送(おおく)申上(まをしあ)げるのですが、289(あま)貴女(あなた)がお()(あそ)ばすから致方(いたしかた)ありませぬ。290御無礼(ごぶれい)(だん)何卒(なにとぞ)御許(おゆる)(くだ)さいませ』
291黒姫(くろひめ)『ハイ有難(ありがた)う。292永々(ながなが)御世話(おせわ)になりました。293房公(ふさこう)294芳公(よしこう)295二人(ふたり)はゆつくりお(さけ)なつと頂戴(ちやうだい)して何処(どこ)なつと()きなさい』
296(やや)捨鉢気味(すてばちぎみ)になつて夫婦(ふうふ)目礼(もくれい)し、297サツサと足早(あしばや)門前(もんぜん)小径(こみち)(かへ)()く。298玉公(たまこう)(ほか)三人(さんにん)(やかた)番頭役(ばんとうやく)たる建彦(たけひこ)幾公(いくこう)(すす)められ、299(おく)()()して(すす)んで()く。
300 (あと)(のこ)つた房公(ふさこう)301芳公(よしこう)両人(りやうにん)(たがひ)(かほ)見合(みあは)(した)()(やや)(くび)(かたむ)けて(あき)(がほ)……。
302房公(ふさこう)『オイ芳公(よしこう)303如何(どう)しよう。304(さけ)()()いが、305黒姫(くろひめ)さまのあの気色(けしき)では、306目算(もくさん)(はづ)れ、307落胆(らくたん)(あま)谷川(たにがは)()()げて()(やう)(いきほひ)だつたよ。308愚図々々(ぐづぐづ)しては()られない。309サア(これ)から(あと)追駆(おつかけ)黒姫(くろひめ)さまの()(あやま)ちの()(やう)()かうぢや()いか』
310芳公(よしこう)『おい、311さうだ。312(まへ)()(とほ)愚図々々(ぐづぐづ)しては()られない。313サア()かう』
314両人(りやうにん)捩鉢巻(ねぢはちまき)をグツと()め、315尻端折(しりはしを)つて(もと)()(みち)をトントンと地響(ぢひび)きさせ(なが)ら、316黒姫(くろひめ)(あと)(たづ)ねて(はし)()く。
317大正一一・九・一三 旧七・二二 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)