霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二三章 動静(どうせい)〔九六四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第34巻 海洋万里 酉の巻 篇:第3篇 峠の達引 よみ:とうげのたてひき
章:第23章 動静 よみ:どうせい 通し章番号:964
口述日:1922(大正11)年09月14日(旧07月23日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月10日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
三公は六公を自分の居間に呼んで、虎公暗殺の首尾を確認する。六公は虎公の勢いに負けて逃げ出してきた手前、話をはぐらかして結果をごまかそうとしている。三公はあきれはて、六公の報告を与三公と勘公に任せ、自分は徳公のところへ出立の催促に行った。
徳公は、この闇の中に深い森の中へお愛を掘り出しに行くことがにわかに恐くなり、三公、与三公、勘公に役目をおろしてもらうように頼み始めた。
そこへ子分たちがやってきて、虎公とお愛の幽霊が、大勢を引き連れて押し寄せてきたと注進した。与三公と勘公はアッといって腰を抜かし、その場に倒れてしまった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:286頁 八幡書店版:第6輯 466頁 修補版: 校定版:299頁 普及版:126頁 初版: ページ備考:
001 六公(ろくこう)一部隊(いちぶたい)(かへ)つて()たと()いて、002大蛇(をろち)三公(さんこう)は、003六公(ろくこう)(ひそ)かに(わが)居間(ゐま)(とほ)した。004そこには与三公(よさこう)005勘公(かんこう)両人(りやうにん)両脇(りようわき)(ひか)へてゐる。
006三公(さんこう)『オイ(ろく)007(うま)()つたらうなア』
008 六は頭を一寸(ちよつと)かき、009首を三つ四つ()(なが)ら、
010『へー、011()れは()れは(なん)御座(ござ)います。012筑紫ケ岳(つくしがだけ)高山峠(たかやまたうげ)頂上(ちやうじやう)(まゐ)りました(ところ)013五人(ごにん)(やつ)は、014(たちま)(くも)(かすみ)()()つて、015行方(ゆくへ)()らずとなりにけり……と()為体(ていたらく)でごぜえやした。016(まこと)(もつ)大勝利(だいしようり)()ましてごぜえやすから、017どうぞ御安心(ごあんしん)(くだ)さいませ』
018三公(さんこう)随分(ずゐぶん)(ほね)()れただらうな』
019六公(ろくこう)『イーエ、020どうしてどうして、021滅相(めつさう)御座(ござ)いませぬ。022大親分(おほおやぶん)御威勢(ごゐせい)()ふものは、023(たい)したもので御座(ござ)いますワ。024吾々(われわれ)一同(いちどう)高山峠(たかやまたうげ)()つてみると、025虎公(とらこう)(やつ)026吾々(われわれ)(にほ)ひを()いで、027(くも)(かすみ)()()り、028(ねこ)()一匹(いつぴき)()らぬやうになつて(しま)ひました』
029与三(よさ)『オイ六公(ろくこう)030虎公(とらこう)()げたのぢやあるまい。031()らなかつたのぢやないか』
032六公(ろくこう)『そらさうだ。033()げたから()らないのだ。034()らないから、035()げたと()ふのだ』
036与三(よさ)貴様(きさま)037(いま)(まで)(なに)をして()たのだ』
038六公(ろくこう)(おれ)は、039大親分(おほおやぶん)命令(めいれい)()つて、040虎公(とらこう)一統(いつとう)所在(ありか)(たづ)ねむと、041()()()いで、042筑紫ケ岳(つくしがだけ)(むか)つて、043(あせ)をタラタラ(なが)(なが)ら、044崎嶇(きく)たる山路(やまぢ)を、045ウントコドツコイ、046ヤツトコマカセと(のぼ)つて()れば、047レコード(やぶ)りの大暴風雨(だいばうふうう)048岩石(がんせき)中天(ちうてん)()(あが)り、049(すさま)じい(おと)をして、050ドサン、051バタンと(ところ)(かま)はず()つて()る、052大木(たいぼく)惜気(をしげ)もなく、053根元(ねもと)から吹倒(ふきたふ)される、054()(また)()ける、055(つぶて)(あめ)()る、056()れは()れは開闢(かいびやく)以来(いらい)大騒動(おほさうどう)だつた。057(その)(なか)泰然自若(たいぜんじじやく)として行進(かうしん)(つづ)けたのは、058(この)六公(ろくこう)一行(いつかう)だ。059六公(ろくこう)(えら)いが、060親分(おやぶん)威勢(ゐせい)(たい)したものだよ。061(うま)れてからあの(くらゐ)壮快(さうくわい)()()つた(こと)はねえワ。062虎公(とらこう)野郎(やらう)063(この)烈風(れつぷう)()かれて、064どつかの谷底(たにぞこ)へ、065ズデンドーと落込(おちこ)んでくたばりやがつたに(ちが)ひないと、066千尾千谷(ちをちたに)(くま)なく(さが)(もと)むれど、067(おほかみ)()はれて(しま)つたか、068(とら)にいかれたか、069(かげ)(かたち)もなくなりにけり。070ハテ不思議(ふしぎ)と、071山頂(さんちやう)(たたず)み、072双手(もろて)()み、073思案(しあん)をして()れど、074()つから、075()思案(しあん)(うか)んで()ず、076()むを()ずオーイオーイと味方(みかた)()(あつ)め、077一旦(いつたん)高山峠(たかやまたうげ)絶頂(ぜつちやう)人員(じんゐん)調査(てうさ)を、078(いち)()(さん)……とやつた(うへ)079石塊(いしころ)だらけの峻坂(しゆんぱん)を、080エンヤラヤアと駆降(かけくだ)り、081(かし)()森蔭(もりかげ)一同(いちどう)(あつ)まり、082大方(おほかた)虎公(とらこう)(やつ)083三五教(あななひけう)信者(しんじや)だから、084建日(たけひ)(やかた)()きよつたに(ちがひ)なからう、085これにより一隊(いつたい)(ひき)つれ、086華々(はなばな)しく(やかた)にかけ(むか)ひ、087一戦(いつせん)(こころ)み、088一泡(ひとあわ)ふかしてくれむかと(ばか)(おも)つたが、089イヤ()(しば)し、090軽々(かるがる)しく(すす)んでは、091(かへつ)(たたか)()あらずと、092あせる(むね)をグツと(おさ)へ、093手具脛曳(てぐすねひ)いて()(ところ)へ、094虎公(とらこう)(やつ)095(かみ)ならぬ()()(よし)もなく、096ヌツクリと(この)()(あら)はれ(きた)りけり……だ』
097三公(さんこう)『それから如何(どう)したと()ふのだ。098(はや)(あと)()はねえか』
099六公(ろくこう)()はぬが(はな)()(こと)御座(ござ)いますから、100モウここらで打切(うちき)りにさして(いただ)きませうか、101六公(ろくこう)(ろく)でもない(こと)をしよつたと()つて、102御立腹(ごりつぷく)なせえましては、103双方(さうはう)()(わる)うなりますから、104(いづ)(ろく)のやつた(こと)(ろく)(こと)御座(ござ)いませぬワイ』
105三公(さんこう)『オイ(ろく)106シツカリせぬか。107貴様(きさま)()(こと)支離(しり)滅裂(めつれつ)108前後(ぜんご)矛盾(むじゆん)109(なに)(なん)だか(わけ)(わか)らぬだないか』
110六公(ろくこう)『ヘヽすべて物事(ものごと)(わか)らぬ(ところ)価値(かち)御座(ござ)いますので……』
111三公(さんこう)『ナニ、112(わか)らぬ(ところ)で、113(かち)()たと()ふのか。114虎公(とらこう)如何(どう)なつたのだ』
115六公(ろくこう)『トラ一寸(ちよつと)(わか)りかねますなア。116(いづ)(なん)とかなつて()るでせう。117そこ(まで)(くは)しう(しら)べる余裕(よゆう)がなかつたので……無念(むねん)(なが)らも、118残党(ざんたう)引集(ひきあつ)め、119やみやみ立帰(たちかへ)つて(さふらふ)……と()(やう)(こと)でごぜえす』
120 三公(さんこう)(つら)をふくらし、
121三公(さんこう)『エヽ何奴(どいつ)此奴(こいつ)(ろく)(やつ)アないワイ。122オイ与三公(よさこう)123勘公(かんこう)124(ろく)をトツクリ(しら)べて、125委細(ゐさい)(おれ)報告(はうこく)してくれ。126(おれ)はこれから、127(とく)一寸(ちよつと)(よう)があるから……』
128()ひすて、129(この)()()つて(いま)酒宴(しゆえん)(ひら)かれてゐた(ひろ)座敷(ざしき)(すす)()つた。
130 (とく)131(たか)二人(ふたり)差向(さしむか)ひになつて、132相変(あひかは)らず(くだ)()(なが)ら、133何事(なにごと)(ささや)いて()る。134三公(さんこう)(こゑ)をかけ、
135三公(さんこう)『オイ(とく)136(まへ)()うておいた仕事(しごと)(はや)()つて()れないと、137(おく)れちや駄目(だめ)だぞ』
138徳公(とくこう)『ヘエ、139()(こと)()きますが、140どうも()つから()つから、141はづみませぬワイ。142今日(けふ)(あま)りお(さけ)がまはりましたので、143(からだ)自由(じいう)になりませぬから、144明日(あす)()ばして(した)せえなア』
145三公(さんこう)明日(あす)()ばせる(くらゐ)なら、146貴様(きさま)()()けるか。147サア(はや)用意(ようい)をせよ』
148徳公(とくこう)用意(ようい)をせよと仰有(おつしや)つても、149(これ)(だけ)ヨーイ(まは)つたら、150(この)(うへ)151ヨーイ仕方(しかた)もありますめえ。152あんなシヤンに(たい)して、153(わたし)(この)レツテルでは、154如何(どう)成功(せいこう)覚束(おぼつか)なしと観察(くわんさつ)(いた)しましたから、155(じつ)ア、156(どう)()ゑて(おも)()(さけ)をあふつた(ところ)でげす』
157三公(さんこう)『お(まへ)(この)(よう)(はた)(まで)158(さけ)()まぬと()つたぢやないか。159肝腎要(かんじんかなめ)(とき)になつて、160さうヘベレケに()うて如何(どう)なるものか、161サア(はや)()てい』
162徳公(とくこう)親方(おやかた)163(なん)()つて(くだ)さつても、164(こし)()ちませぬワ、165(こし)が……それよりも直接(ちよくせつ)親方(おやかた)()かれた(はう)が、166手取早(てつとりばや)(はなし)がつくかも()れませぬで。167二人(ふたり)(やつ)(もと)(とほ)(うづ)めておき、168(あい)のシヤン(だけ)を、169山奥(やまおく)へかつぎ()み、170そこは(うま)く、171あなたの御器量(ごきりやう)要領(えうりやう)()なさい。172それが(なに)より早道(はやみち)だ。173三五教(あななひけう)()(ぐさ)だないが、174(ひと)(つゑ)につくな子分(こぶん)をたよりにするなと()(こと)がごぜえますからな、175ゲーゲブプーエー、176あゝ(くる)しい、177()(くる)して如何(どう)して道中(だうちう)がなるものか。178動中静(どうちうせい)あり静中動(せいちうどう)ありだ。179ドウセイ(まへ)さまの(もの)になるのだもの、180(わたし)ドウチウ(わけ)にも()かないのだから、181親方(おやかた)ドウドウセイセイ()つて()(くだ)さいな。182(わたし)セイ一杯(いつぱい)ドウ()ゑて、183(さけ)でも()んで、184親分(おやぶん)セイ(こう)(いの)つてゐませうかい』
185三公(さんこう)ドウ仕方(しかた)のねえ(やつ)だなア』
186徳公(とくこう)本当(ほんたう)ドウ仕方(しかた)のねえ(やつ)だ。187他人(ひと)女房(にようばう)横恋慕(よこれんぼ)をするなんて、188(ひと)風上(かざかみ)()親分(おやぶん)にも似合(にあ)はねえ卑怯(ひけふ)未練(みれん)行方(やりかた)だねえか、189エーゲブ、190ウーーー』
191 三公(さんこう)癇高(かんだか)(こゑ)()して、
192三公(さんこう)与三公(よさこう)勘公(かんこう)
193()んだ。194(この)(こゑ)与三(よさ)195(かん)両人(りやうにん)は、196行歩蹣跚(かうほまんさん)として(この)()(あら)はれ(きた)り、
197与三(よさ)親分(おやぶん)198(なん)御用(ごよう)でげすかなア』
199三公(さんこう)徳公(とくこう)(ひと)(うら)谷川(たにがは)()れて()つて、200(みづ)()ませ、201(ゑい)をさまさして、202(はや)(いま)(ところ)()(やう)にしてくれないか』
203与三(よさ)『そりや与三(よさ)さうな(こと)です、204オイ(とく)205()たぬか。206貴様(きさま)ア、207肝腎(かんじん)(とき)になつて、208(なん)(こと)だ。209そんな(こと)親方勤(おやかたづと)めが出来(でき)ると(おも)ふか』
210徳公(とくこう)トク思案(しあん)をして()(ところ)211(なに)()うても人里(ひとざと)はなれた、212あの森林(しんりん)だ。213モシもお(あい)(やつ)214(いき)でも()まつて()らうものなら、215ヒユードロドロだ。216()れを(おも)へば(こわ)くも…(なん)ともないが、217何時(いつ)()にか酒腰(さけごし)がぬけやがつて、218如何(どう)しても(うご)けないのだよ。219哥兄(あにき)220(たの)みだが、221今日(けふ)(おれ)代理(だいり)(めい)ずるから、222トツトと()つてくれねえか。223本当(ほんたう)親方(おやかた)もあこ(まで)仕組(しぐ)んだ大芝居(おほしばゐ)だから、224(この)(まま)オジヤンになつては残念(ざんねん)だらうし、225俺達(おれたち)(うま)(さけ)親方(おやかた)からおごらした手前(てまへ)226()(どく)でならねえからなア』
227与三(よさ)(おれ)駄目(だめ)だ。228そんなら仕方(しかた)がねえから、229オイ勘州(かんしう)貴様(きさま)230(とく)(かは)りに()つたら如何(どう)だい』
231勘公(かんこう)『おれやモウ御免(ごめん)だ。232今日(けふ)(おや)命日(めいにち)だからなア』
233 ()かる(ところ)二三(にさん)乾児(こぶん)(ども)(あわただ)しく()()(きた)り、
234『ヤア与三(よさ)哥兄(あにき)235タヽヽ大変(たいへん)大変(たいへん)だ。236(あい)幽霊(いうれい)虎公(とらこう)幽霊(いうれい)が、237沢山(たくさん)亡者(まうじや)()れて押寄(おしよ)せて()よつたぞ。238サア用意(ようい)用意(ようい)だ』
239 与三(よさ)240(かん)両人(りやうにん)は『アツ』と()つた(まま)241(こし)()かしてその()(たふ)れて(しま)つた。
242 (やかた)(そと)には(うな)りを()てて(なつ)(かぜ)がゴーゴーと()(わた)つてゆく。243油蝉(あぶらぜみ)(こゑ)(やかた)庭先(にはさき)()(うへ)から、244(みみ)(いた)(ほど)ゼミゼミ、245ミンミンミンと(きこ)えて()る。
246大正一一・九・一四 旧七・二三 松村真澄録)