霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 篇:前付 よみ:
章:第35巻 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年09月15日(旧07月24日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
本巻は三五教の宣伝使黒姫が、大蛇の三公の子分の徳公と、虎若彦の部下の久公を引き連れて荒井峠を越え、途中白狐の出産を介抱し火の国の都へ到着し、迷夢が醒めて実のわが子を見出し、自転倒島に帰って夫婦仲良く錦の宮の神業に奉仕する筋書きを口述したものである。
またナイル河の水源地・スッポンの湖に虎若彦、三公、孫公別、お愛の一行が魔神の征服に向かい、玉治別宣伝使の応援の言霊によって首尾よく目的を達した、面白い物語である。
大正十一年九月十五日より十七日の三日間の口述で完成したもので、筆録者は松村、加藤、北村の三氏によって編纂せられた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm350001
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第6輯 473頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001 本巻(ほんくわん)には、002三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)黒姫(くろひめ)山河(さんか)跋渉(ばつせふ)し、003屋方村(やかたむら)男達(をとこだて)大蛇(をろち)三公(さんこう)乾児(こぶん)徳公(とくこう)と、004虎公(とらこう)(じつ)虎若彦(とらわかひこ)部下(ぶか)久公(きうこう)引連(ひきつ)れ、005()(くに)(さかひ)屹立(きつりつ)せる荒井峠(あらゐたうげ)()え、006()(くに)(みやこ)立向(たちむか)途中(とちう)(おい)白狐(びやくこ)出産(しゆつさん)介抱(かいほう)(なが)ら、007()(みやこ)(やうや)くにして到着(たうちやく)し、008(ここ)迷夢(めいむ)()め、009(じつ)(わが)()発見(はつけん)(よろこ)(いさ)んで自転倒島(おのころじま)立帰(たちかへ)り、010(にしき)(みや)奉仕(ほうし)し、011夫婦(ふうふ)(なか)よく神業(しんげふ)奉仕(ほうし)すると()筋書(すぢがき)口述(こうじゆつ)したものであります。
012 (また)ナイル(がは)水源地(すゐげんち)スツポンの(みづうみ)虎若彦(とらわかひこ)013三公(さんこう)014孫公別(まごこうわけ)015(あい)一行(いつかう)魔神(まがみ)征服(せいふく)(むか)ひ、016危急(ききふ)場合(ばあひ)(さい)し、017玉治別(たまはるわけ)宣伝使(せんでんし)(やみ)(なか)より応援(おうゑん)言霊(ことたま)(はな)ち、018首尾(しゆび)よく目的(もくてき)(たつ)したる面白(おもしろ)物語(ものがたり)であります。
019 大正(たいしやう)十一年(じふいちねん)九月(くぐわつ)十五日(じふごにち)より十七日(じふしちにち)(まで)三日間(みつかかん)口述(こうじゆつ)()れるものにして、020筆録者(ひつろくしや)(れい)松村(まつむら)021加藤(かとう)022北村(きたむら)三氏(さんし)()つて編纂(へんさん)せられました。
023   大正十一年九月十七日午後六時五分
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)