霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一一章 野宿(のじゆく)〔九七五〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 篇:第2篇 ナイルの水源 よみ:ないるのすいげん
章:第11章 第35巻 よみ:のじゅく 通し章番号:975
口述日:1922(大正11)年09月16日(旧07月25日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
孫公が一生懸命祝詞を上げる声に目をさまし、お愛は起き上がってやってきて、孫公に声をかけた。孫公は驚いて、先ほどの夢の戒めから一生懸命、お愛に自分を誘惑しないようにと懇願する。
お愛は孫公の慌てぶりに頬をつねるが、孫公は悪くない気分だと言ってはまた、お愛に捉われないようにと自分に言い聞かせ始め、ちょっとした騒ぎを始める。
虎公も起きて、お愛と二人で孫公をからかうが、孫公は自分がお愛に恋慕していた執着心に思い当り告白した。
お愛は孫公を嫌いだとはっきり愛想つかしを言うことで、孫公は執着心を払い捨てることができた。孫公は柏手をうって大神に感謝の詞を捧げた。
三公は目をさまし、夜明けも近いことを告げた。一同は述懐の歌をそれぞれ歌った。夜が白み始めた。一同は谷川で身を清めて天津祝詞を奏上し、朝食の後白山峠を登り始めた。
孫公は、自分の執着心から化けものを生み出し、玉治別の宣伝歌に助けられた前夜の経緯を歌い、大蛇との言霊戦への決意を新たにした。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3511
愛善世界社版:119頁 八幡書店版:第6輯 515頁 修補版: 校定版:127頁 普及版:46頁 初版: ページ備考:
001 孫公(まごこう)一生懸命(いつしやうけんめい)になつて夜中(やちう)祝詞(のりと)をあぐる(こゑ)に、002()()まされて()(あが)つたお(あい)は、003孫公(まごこう)(この)姿(すがた)()(あや)しみ、004ツカツカと(そば)()つて()た。005(その)(とき)(すで)祝詞(のりと)(をは)つてヤツと一息(ひといき)をついた(とき)である。
006孫公(まごこう)さま、007もう何時(なんどき)御座(ござ)いませうかな。008まだ夜明(よあけ)には()がある(やう)ですが、009えらい(はや)()()めたと()えますなア』
010 孫公(まごこう)星月夜(ほしづくよ)にお(あい)姿(すがた)(なが)めて驚愕(びつくり)し、011両手(りやうて)打振(うちふ)打振(うちふ)りながら、
012『もしもしお(あい)さま、013其処(そこ)にジツとして()(くだ)さい。014(まへ)さまに()られると(こひ)(いと)(しば)られて、015身体(からだ)がビクともせない(やう)になつて(しま)ひます。016もう何卒(どうぞ)々々(どうぞ)彼処(あそこ)結構(けつこう)御座(ござ)います。017(なん)なりと御用(ごよう)()つて(くだ)さい。018近寄(ちかよ)つて()ても(わたし)はスツパリ改心(かいしん)しましたから、019何程(なにほど)可愛(かあい)いお(あい)さまが秋波(しうは)(おく)つて(くだ)さつても、020孫公(まごこう)鉄石心(てつせきしん)はお生憎様(あいにくさま)021梃子(てこ)でも(ぼう)でも(うご)きませぬぞや。022(をんな)()ふものは()だからな。023世界中(せかいぢう)(をとこ)雁字(がんじ)()きにして身動(みうご)きもならない(やう)にする(やつ)だからなア。024あゝ()()しお(あい)さま、025さう此方(こつち)近寄(ちかよ)つて(もら)つちや(たま)りませぬわ、026(なん)だかいけ()かない(にほひ)がしますから……』
027(いま)()(ゆめ)受売(うけうり)一生懸命(いつしやうけんめい)にやつてゐる。
028『ホヽヽヽヽ、029あのまア、030孫公(まごこう)さまの(こは)さうな様子(やうす)031(まへ)さまも(をとこ)ぢやありませぬか、032チツとシツカリなさいませ』
033最前(さいぜん)(ゆめ)見直(みなほ)しかいな。034(おな)(やう)(こと)()ひよるワイ』
035『これ孫公(まごこう)さま、036(ゆめ)でも()なさつたのか。037ほんに気楽(きらく)(かた)ですな』
038気楽(きらく)どころか、039チツとも()られないのですよ。040(まへ)さまが()()ては(わたし)(ののし)つたり引括(ひつくく)つたりするものだから、041如何(どう)しても()られやしない。042()加減(かげん)悪戯(いたづら)をせずに(やす)んで(くだ)さいな。043今晩(こんばん)(うち)にチツと身体(からだ)(やす)めておかないと、044明日(あす)言霊戦(ことたません)元気(げんき)()けちやなりませぬからな』
045(なん)とまア(わけ)(わか)らぬ寝言(ねごと)()(ひと)(こと)046チツとシツカリなさいませ』
047()(なが)らお(あい)頬辺(ほつぺた)一寸(ちよつと)(つめ)つた。
048『アイタヽ(いた)いなア。049アヽ(しか)しながら(あたた)かい(やはら)かい(しろ)(ほそ)()(つめ)られるのも、050何処(どこ)ともなしに愉快(ゆくわい)なものだ。051モシモシお(あい)さま、052一寸(ちよつと)遠慮(ゑんりよ)()りませぬ。053(かほ)なつと(しり)なつと(うで)なつとお(まへ)さまに(まか)しますから、054何卒(どうぞ)自由(じいう)にして(くだ)さい』
055『ホヽヽヽこれ孫公(まごこう)さま、056虎公(とらこう)さまが()られますよ。057あんまりの(こと)()はないで(くだ)さい』
058『アーア(また)(あや)しくなつて()た。059如何(どう)やら(おれ)(はら)(なか)から(ふたた)最前(さいぜん)化女(ばけをんな)(うま)れさうになつて()たわい……あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)060何卒(どうぞ)天地(てんち)大神様(おほかみさま)061(この)孫公(まごこう)(こひ)執着心(しふちやくしん)科戸(しなど)(かぜ)(あめ)八重雲(やへくも)()(はら)(ごと)伊吹(いぶ)(はら)ひに(はら)()けて(くだ)さいませ、062(ひとへ)にお(ねが)(いた)します』
063 虎公(とらこう)(この)(はなし)にフツと()()まし、
064『お(あい)(まへ)其処(そこ)(なに)して()るのだ。065(はや)()ないと明日(あす)大活動(だいくわつどう)をせなくちやならないぞ』
066孫公(まごこう)さまが(くだ)らぬ(こと)()つて(さわ)いで()るものですから如何(どう)しても()られないのですよ』
067孫公(まごこう)さま、068(はや)くお(やす)みなさらぬか』
069虎公(とらこう)がきめつける。
070(なん)だか()りませぬが、071(あい)さまが(ゆめ)(うつつ)(わか)らないが二度(にど)(まで)(わたし)(そば)にやつて()て、072引張(ひつぱ)つたり(つめ)つたり意茶(いちや)つくものだから、073チツとも()られないのですよ。074チツと虎公(とらこう)さま、075女房(にようばう)説諭(せつゆ)をして()いて(もら)はぬと、076色男(いろをとこ)孫公(まごこう)本当(ほんたう)迷惑(めいわく)(いた)しますわい』
077『アハヽヽヽ気楽(きらく)(をとこ)だなア。078……これお(あい)079孫公(まごこう)さまをよく寝入(ねい)(やう)に、080(まへ)(ちち)でも()まして「()んね」でも(うた)つて()ましてやつて()れ。081俺達(おれたち)やモ一寝入(ひとねい)りしたいからな』
082『オホヽヽヽ虎公(とらこう)さま、083そんな(こと)()つて(くだ)さると(こま)りますわ。084孫公(まごこう)さまの(まへ)で……』
085『オツと()めた、086御亭主(ごていしゆ)許可(きよか)(さが)つたのだからもう大丈夫(だいぢやうぶ)だ。087これこれお(あい)さま、088遠慮(ゑんりよ)()らぬ、089(くる)しうない、090(ちか)うおぢや』
091『オホヽヽヽ、092(また)(をんな)(くさ)(にほひ)がすると御迷惑(ごめいわく)だから遠慮(ゑんりよ)しておきませうか、093なあ、094(わたし)(をとこ)(そば)()ると(はな)()ぢたり、095目玉(めだま)をくり()いたり、096(ちち)()()つたり、097(つめ)りたいのが(やまひ)ですから……それでも御承知(ごしようち)ですならお(そば)()せて(いただ)きませう』
098虎公(とらこう)さまは随分(ずゐぶん)辛抱(しんばう)のいい(をとこ)だと()えるなア。099こんな剣呑(けんのん)(をんな)如何(どう)してまア平気(へいき)一緒(いつしよ)()()るのだらう。100矢張(やつぱり)意茶(いちや)つかれるのが気分(きぶん)()いのかなア』
101虎公(とらこう)さまなら一度(いちど)だつて(つめ)るの、102(かじ)りつくの、103そんな乱暴(らんばう)(こと)はしませぬよ。104(かた)から(あし)(さき)まで()でて可愛(かあい)がつて()かして()げるのですからね』
105『そんなら(わたし)もさう(ねが)ひたいものだなア』
106『エヽ()かんたらしい。107(あま)(じやく)だから(つめ)つたり()んだり、108可愛(かあい)がつてやると()ふのですよ。109オホヽヽヽ』
110『はい有難(ありがた)う。111それで(なに)もかも(わたし)(むね)(ひら)けました。112(じつ)(ところ)はお(まへ)さまが(わたし)(かほ)一寸(ちよつと)(のぞ)()んで、113意味(いみ)ありげな(わら)(やう)をなさつたと(おも)ひ、114此奴(こいつ)(おれ)にチヨイ(ぼれ)だなアと早合点(はやがてん)し、115それを()にしてお(まへ)さまを(ひそ)かに(こひ)する(やう)になつたのだ。116(しか)(いま)言葉(ことば)によればお(まへ)さまは(この)孫公(まごこう)(たい)し、117吾不関焉(われかんせずえん)御心底(ごしんてい)だと()(こと)(いま)(はじ)めて(わか)りました。118(これ)(わたし)もスツカリ(あきら)めます。119何卒(どうぞ)安心(あんしん)して(くだ)さいませ。120(この)(うへ)(けつ)して(けがらは)しい量見(りやうけん)()しませぬから……』
121吾不関焉(われかんせずえん)(ぐらゐ)ですか。122本当(ほんたう)(こと)()へば孫公(まごこう)さまは(どん)(をとこ)だ、123(むし)()かぬ(をとこ)だと(おも)つて()るのですよ。124(まへ)さまの(はう)から()いて()(かぜ)でさへも(むね)(わる)いのだもの、125本当(ほんたう)にいけ()かない野郎(やらう)だと(こころ)(そこ)から(おも)つて()ますのよ』
126『ハイ、127有難(ありがた)う。128ようそこ(まで)(きら)つて(くだ)さいました。129それで(わたし)真人間(まにんげん)になつて(たす)かります。130アヽ神様(かみさま)131有難(ありがた)御座(ござ)います』
132愛想(あいさう)()かしを()はれて、133孫公(まごこう)(こころ)(そこ)から()(よろこ)び、134拍手(かしはで)をうつて大神(おほかみ)感謝(かんしや)(ことば)(ささ)げて()る。
135 三公(さんこう)(また)もや()()まし、
136(みな)さま、137えらうお(はなし)(はづ)んでる(やう)ですが、138もう夜明(よあ)けに()もありますまいな』
139孫公(まごこう)烏羽玉(うばたま)暗夜(やみよ)はここに()(わた)
140(こころ)(そら)()(つき)(かげ)
141()()れば白山峠(しらやまたうげ)(のぼ)(ぐち)
142(のぼ)りつめたる(こひ)曲者(くせもの)
143曲者(くせもの)(いま)何処(いづこ)()りにけむ
144(こころ)(そら)(かか)(くも)なし。
145草原(くさはら)()けて(あや)しの物影(ものかげ)
146(われ)目当(めあて)()()せにける。
147その(かげ)何者(なにもの)ならむわが(むね)
148(ひそ)()たりし(こひ)曲者(くせもの)
149何時迄(いつまで)(むね)悪魔(あくま)()らざれば
150(われ)根底(ねそこ)(くに)()つべき。
151皇神(すめかみ)(ふか)(めぐ)みに(つつ)まれて
152草野(くさの)にやすく()(ねむ)りたり。
153惟神(かむながら)(かみ)のまにまに(すす)()
154大蛇(をろち)退治(たいぢ)()こそ(たふと)き』
155虎公(とらこう)小夜(さよ)()けて(きぬた)(こゑ)もとどまりぬ
156(はや)()ねませ孫公司(まごこうつかさ)よ』
157孫公(まごこう)()(かへ)(こひ)(ほのほ)(つつ)まれて
158(こころ)(くる)しく(ねむ)られざりける』
159(あい)『ほのぼのと(あづま)(そら)白山(しらやま)
160(ふもと)()かす(かみ)道芝(みちしば)
161三公(さんこう)(さわ)がしき(こゑ)()きつけて()(あが)
162四辺(あたり)()れば(こひ)曲者(くせもの)
163孫公(まごこう)『まごまごと恋路(こひぢ)(やみ)をさまよひて
164一目(ひとめ)()ずに()(くら)しける。
165()(くら)(こひ)(とりこ)(われ)ならじ
166(いま)(むかし)三公(さんこう)親分(おやぶん)よ』
167三公(さんこう)()(わた)大空(おほぞら)(ごと)きわが(むね)
168(こひ)黒雲(くろくも)かかるべしやは』
169(あい)(ひと)はいざ()らず(わらは)何処迄(どこまで)
170(こひ)(みち)とを()()()かむ』
171虎公(とらこう)(まよ)()(こひ)坂道(さかみち)(やうや)くに
172()()えましし三公(さんこう)(きみ)
173孫公(まごこう)『まごまごと白山峠(しらやまたうげ)山麓(さんろく)
174まごつき(こひ)(ゆめ)()しかな。
175(ゆめ)()(こひ)しきものを現身(うつそみ)
176(きみ)()ひなば如何(いか)(たの)しき。
177まて(しば)心猿意馬(しんゑんいば)(また)(くる)
178(こころ)手綱(たづな)かたく(むす)ばむ。
179惟神(かむながら)(かみ)(をしへ)(みち)をふみ
180(こひ)曲者(くせもの)()りて(ほふ)らむ。
181(まよ)ひけり()めけり(また)(まよ)ひけり
182(ゆめ)夢見(ゆめみ)浮世(うきよ)なりせば』
183 ()(やうや)くに(しら)(はじ)めた。184四人(よにん)はムツクと()谷川(たにがは)手水(てうづ)使(つか)()(きよ)め、185天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、186(たづさ)(きた)りし弁当(べんたう)(くら)ひ、187赤禿(あかはげ)だらけの白山峠(しらやまたうげ)(のぼ)()く。188孫公(まごこう)道々(みちみち)足拍子(あしびやうし)()つて(うた)()す。
189『「ウントコドツコイ」きつい(さか)
190(いま)()(さか)(こひ)(さか)
191(ぜん)(あく)かは白山(しらやま)
192(たうげ)(わた)るわが恋路(こひぢ)
193()らず()らずに村肝(むらきも)
194(こころ)曲者(くせもの)跳梁(てうりやう)
195(あい)(かた)()をくれて
196「ウントコドツコイ」きつい(さか)
197(およ)ばぬ(こと)のみ(おも)ひつめ
198(こころ)(くる)しめ()たりしが
199「ウントコドツコイ ハアハアハア」
200油断(ゆだん)をすれば(あぶ)ないぞ
201(あぶ)ない(あぶ)ない(こひ)(やみ)
202()られぬままに()(あが)
203彼方(あちら)此方(こちら)と「ドツコイシヨ」
204夜霧(よぎり)(なか)逍遥(さまよ)うて
205(こひ)(ほのほ)()すうちに
206ザアザアザアと(おと)たてて
207「ウントコドツコイ」(また)(すべ)
208(あや)しの(をんな)(ただ)一人(ひとり)
209(すすき)(なか)から()()ばし
210「ウントコドツコイ」(いや)らしい
211(めう)(こゑ)をばふりしぼり
212モシモシこれこれ(たび)(ひと)
213「ドツコイドツコイ」(わたくし)
214(まへ)(ねが)ひがありまする
215何卒(どうぞ)此方(こちら)()てお()
216(たの)(まを)すと()(ゆゑ)
217()られぬままに「ドツコイシヨ」
218孫公司(まごこうつかさ)()いて()
219やさしい(をんな)(かほ)()
220(くち)(きは)めて荒男(あらをとこ)
221(かみ)(つかさ)(つか)まへて
222(くち)(きは)めて嘲弄(てうろう)する
223こりや()しからぬ(をんな)()
224(まなこ)()ゑて「ウントコシヨ」
225(にら)めば(をんな)打笑(うちわら)
226(をんな)に「ドツコイ」(たま)()かれ
227荒野(あらの)逍遥(さまよ)ふ「ドツコイシヨ」
228腰抜男(こしぬけをとこ)のお(まへ)さま
229(あい)(かた)(こひ)しいと
230(まよ)(こころ)執着(しふちやく)
231(わたし)身体(からだ)()みました
232ほんに(こま)つた(をとこ)だと
233散々(さんざん)小言(こごと)(なら)()
234孫公(まごこう)(へこ)ます折柄(をりから)
235何処(どこ)ともなしに宣伝歌(せんでんか)
236(やみ)(とほ)して(ひび)()
237「ハアハアハアハア」えらい(さか)
238如何(いか)にも(いき)()れさうな」
239玉治別(たまはるわけ)名乗(なの)りつつ
240孫公司(まごこうつかさ)(いまし)めの
241手痛(ていた)意見(いけん)宣伝歌(せんでんか)
242こりや(たま)らぬと(くび)おさへ
243(まなこ)()ぢて()(うち)
244以前(いぜん)(をんな)何処(どこ)へやら
245(けむり)となつて「ドツコイシヨ」
246姿(すがた)(かく)した(いぶか)しさ
247(をり)から()()夜嵐(よあらし)
248(おもて)()でられ()がつけば
249執着心(しふちやくしん)(こひ)(いぬ)
250主人(しゆじん)()たのを(さいは)ひに
251跋扈跳梁(ばつこてうりやう)して()つた
252あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
253(おも)へば(おも)へば馬鹿(ばか)らしい
254(べつ)(こひ)しと「ドツコイシヨ」
255(おれ)(おも)うたぢや()けれども
256(こころ)(ひそ)曲者(くせもの)
257(この)肉体(にくたい)左右(さいう)して
258「ウントコドツコイ ヤツトコシヨ」
259あんな(こころ)にしたのだらう
260あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
261(かみ)(たふと)御光(みひかり)
262(こころ)(やみ)()(わた)
263()白々(しらじら)白山(しらやま)
264(たうげ)()えてスツポンの
265(うみ)(ひそ)める曲津見(まがつみ)
266大蛇(をろち)言向(ことむ)(やは)さむと
267(すす)()くこそ(たの)しけれ
268あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
269(かみ)(たす)けを(かうむ)りて
270吾等(われら)一行(いつかう)四人(よにん)づれ
271協心戮力(けふしんりくりよく)「ドツコイシヨ」
272(ほぞ)(かた)めて曲神(まがかみ)
273(しこ)(とりで)()(むか)
274善言美詞(ぜんげんびし)言霊(ことたま)
275大蛇(をろち)(れい)解脱(げだつ)させ
276天国(てんごく)浄土(じやうど)(すく)ひつつ
277皇大神(すめおほかみ)御教(みをしへ)
278禽獣虫魚(きんじうちうぎよ)(いた)るまで
279(ひら)()くこそ雄々(をを)しけれ
280あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
281御魂(みたま)(さちは)へましませよ』
282(うた)(なが)ら、283四人(よにん)(やうや)くにして白山峠(しらやまたうげ)絶頂(ぜつちやう)辿(たど)りつけり。
284大正一一・九・一六 旧七・二五 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。