霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一二章 自称(じしよう)神司(かむづかさ)〔九七六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 篇:第2篇 ナイルの水源 よみ:ないるのすいげん
章:第12章 第35巻 よみ:じしょうかむづかさ 通し章番号:976
口述日:1922(大正11)年09月16日(旧07月25日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
四人は白山峠の山頂に到着した。そこからはスッポンの湖の一部が小さく見えた。三公はそれを見て両親への思いを述懐する。
孫公はふと、一行の中に宣伝使がいないことを不安に言い始めた。孫公と虎公は、宣伝使を選挙で決めようと掛け合いを始める。滑稽なやり取りをした後、虎公は孫公が臨時宣伝使となるべきだと告げる。
孫公は意気が上がり、仮にも宣伝使と認められたからには、神力を発現して大蛇退治の言霊戦に功を現さねばならないと、得意になって勇ましい宣伝歌を歌う。
しかしどこからともなく、中空より玉治別の宣伝歌が聞こえてきた。宣伝歌は、一行が神聖な宣伝使を冗談でも選挙で任命したことを厳しく戒めた。そして、孫公を宣伝使として前に立てようなどという心持を起こした虎公、お愛、三公にも厳しい注意を与えた。
四人は声の出所を求めてあたりの谷底を覗き込んでみたが、人の影も見当たらなかった。一行は白山峠の急坂を降って行く。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3512
愛善世界社版:133頁 八幡書店版:第6輯 520頁 修補版: 校定版:141頁 普及版:53頁 初版: ページ備考:
001 白山峠(しらやまたうげ)山頂(さんちやう)(やうや)くにして辿(たど)りついた四人(よにん)男女(だんぢよ)は、002(みね)(あらし)()かれつつ(あせ)(ぬぐ)四方(よも)山野(さんや)心地(ここち)よげに観望(くわんばう)しながら小憩(せうけい)(こころ)みてゐる。
003 (はる)かの東北(とうほく)(あた)つて、004(しろ)(ひか)つたものが()えてゐる。005それは春公(はるこう)006(つね)大蛇(をろち)()まれた(おも)()(ふか)きスツポンの(みづうみ)一部(いちぶ)である。007三公(さんこう)はその(みづうみ)がフツと()につき慨歎(がいたん)()かざるものの(ごと)く、
008(みな)さま、009ズツと(むか)ふの(はう)(かす)かに(しろ)(ひか)つてる(ところ)がありませう。010あれが(わたし)()つては、011()ても()きても(わす)(がた)き、012両親(りやうしん)古戦場(こせんじやう)御座(ござ)います……』
013()つた()り、014差俯(さしうつ)むいて落涙(らくるゐ)する。
015孫公(まごこう)『なアんだ、016あんな()つぽけな(みづうみ)か。017仮令(たとへ)一杯(いつぱい)になつてゐた(ところ)()れたものだ。018今度(こんど)神様(かみさま)一緒(いつしよ)だから大丈夫(だいぢやうぶ)だ。019メツタに()まれるやうなこたアありますまい』
020三公(さんこう)『イエイエ、021(いま)()(やう)(ちひ)さい湖水(こすゐ)ぢやありませぬ。022(やま)(つつ)まれて(わづか)(その)一部(いちぶ)()えてゐる(ばか)りです。023()(とど)かぬ(ばかり)大湖水(だいこすゐ)ですよ。024(なん)()つても、025ナイル(がは)水源地(すゐげんち)ですから、026大変(たいへん)なものです。027(みな)さま、028(これ)からシツカリ腹帯(はらおび)をしめて()きませう』
029孫公(まごこう)『かう()(とき)本当(ほんたう)宣伝使(せんでんし)一人(ひとり)あると、030大変(たいへん)都合(つがふ)()いのだけれどなア』
031虎公(とらこう)孫公(まごこう)さま、032宣伝使(せんでんし)ぢやなかつたのか』
033宣伝使(せんでんし)のお(とも)ですから()つから()()きませぬワイ。034(しか)しながら(その)(やう)名前(なまへ)がなくても(こころ)(まこと)さへあれば、035大蛇(をろち)十分(じふぶん)言向和(ことむけやは)(こと)出来(でき)ませう。036()(じつ)(ひん)だから、037宣伝使(せんでんし)雅号(ががう)のみでは、038(けつ)して仕事(しごと)出来(でき)ませぬよ。039()心細(こころぼそ)ければ、040あなた(がた)三人(さんにん)(この)孫公(まごこう)(なん)とかして宣伝使(せんでんし)選挙(せんきよ)して(くだ)さい。041さうすれば名実(めいじつ)相叶(あひかな)(ところ)大活動(だいくわつどう)をやりますから……』
042虎公(とらこう)()(じつ)(ぬし)だから、043如何(どう)しても()がなくては()くまい。044無名(むめい)(いくさ)になつて(しま)つちやつまらないからなア』
045孫公(まごこう)有難(ありがた)い、046サア普通(ふつう)選挙(せんきよ)だ。047(たれ)(かれ)選挙権(せんきよけん)があるのだから、048(はや)投票(とうへう)をして(くだ)さい。049(しか)しながら無記名(むきめい)投票(とうへう)ですから、050(その)御考(おかんが)へで(ねが)ひます』
051虎公(とらこう)生憎(あひにく)用紙(ようし)もなければ、052投票函(とうへうばこ)もありませぬが、053如何(どう)したら(よろ)しからう』
054孫公(まごこう)()選挙区(せんきよく)第一区(だいいつく)055第二区(だいにく)056第三区(だいさんく)()け、057(わたし)候補者(こうほしや)()ちますから、058どうぞ口頭(こうとう)でも(よろ)しい、059(はや)選挙(せんきよ)開始(かいし)(ねが)ひます』
060虎公(とらこう)一票(いつぺう)(いく)()しますか。061百円(ひやくゑん)(ぐらゐ)(やす)いものでせう。062(いま)一寸(ちよつと)衆議院(しうぎゐん)()ようと(おも)へば、063(すくな)くて五万円(ごまんゑん)064(おほ)くて十万円(じふまんゑん)()りますからなア』
065孫公(まごこう)代物(だいもつ)()ての御帰(おかへ)り、066選挙(せんきよ)して()値打(ねうち)がないと()たら、067御取消(おとりけし)になつても差支(さしつかへ)ありませぬ。068そんなら一層(いつそう)(こと)投票(とうへう)なしに(くち)()つて(くだ)さいな。069簡単(かんたん)物事(ものごと)(らち)よう(はこ)びますから……』
070虎公(とらこう)投票(とうへう)(はぶ)くなんて、071トヘウもない(こと)仰有(おつしや)いますなア。072そんなら虎公(とらこう)宣伝使(せんでんし)立候補(りつこうほ)宣言(せんげん)(いた)しますから、073どうぞ(みな)さま、074貴重(きちよう)一票(いつぺう)をお(めぐ)(くだ)さいませ。075候補者(こうほしや)一人(ひとり)では競争者(きやうさうしや)がなくて、076選挙(せんきよ)もサツパリ張合(はりあひ)がない。077(みな)さま何卒(どうぞ)(わたし)選挙(せんきよ)(ねが)ひます。078一票(いつぺう)(わたし)縁故(えんこ)たるお(あい)さまに(ねが)ひませう。079さうすればあと一票(いつぺう)080(さん)(たい)(いち)によつて、081大勝利(だいしようり)ですから……』
082孫公(まごこう)(こま)つたなア、083三公(さんこう)投票(とうへう)して()れた(ところ)で、084どちらも同点数(どうてんすう)だ。085()しさうなつた(とき)にはどうするのですか』
086虎公(とらこう)年長者(ねんちやうしや)当選者(たうせんしや)ときめませうかい』
087孫公(まごこう)『さうすると、088虎公(とらこう)さまは(いく)つですか』
089虎公(とらこう)『あなたよりも二三年(にさんねん)(ふる)いやうです』
090孫公(まごこう)(こま)つたなア、091さうすると(たたか)はずして敗北(はいぼく)かなア。092エヽ残念(ざんねん)な、093(また)次期(じき)総選挙(そうせんきよ)解散(かいさん)があつた(とき)華々(はなばな)しく名乗(なの)つて()(こと)にしよう。094今度(こんど)断念(だんねん)(いた)しませう。095さうすると虎公(とらこう)さまの一人(ひとり)舞台(ぶたい)だ、096仮令(たとへ)三公(さんこう)さまが棄権(きけん)しようが、097(わたし)棄権(きけん)しようが、098当選(たうせん)(うたがひ)なしといふものだ』
099三公(さんこう)『コレ孫公(まごこう)さま、100()くまでも選挙場裡(せんきよぢやうり)()つて(たたか)ひなさい。101三五教(あななひけう)には退却(たいきやく)二字(にじ)はないぢやありませぬか。102(およ)ばずながら(わたし)があなたを選挙(せんきよ)します。103さうすれば大多数(だいたすう)(もつ)当選(たうせん)(うたがひ)なしです。104一人(ひとり)でも三公(さんこう)だから三票(さんぺう)大丈夫(だいぢやうぶ)ですよ、105アハヽヽヽ』
106虎公(とらこう)全部(ぜんぶ)取消(とりけし)だ。107孫公(まごこう)さま、108臨時(りんじ)宣伝使(せんでんし)となつて吾々(われわれ)(みちび)いて(くだ)さい。109(わたし)辞退(じたい)しておきますから……』
110孫公(まごこう)『ヤア有難(ありがた)い、111そんなら只今(ただいま)より三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)孫公別命(まごこうわけのみこと)だからそのお心組(つもり)(ねが)ひます。112宣伝使(せんでんし)になつた(いは)ひに、113(ひと)(この)山上(さんじやう)言霊戦(ことたません)をやりませう。114政見(せいけん)発表(はつぺう)(かは)りに戦見(せんけん)発表(はつぺう)宣伝歌(せんでんか)をやりますから謹聴(きんちやう)(ねが)ひます………。
115(かみ)(おもて)(あら)はれて
116賢者(けんしや)愚者(ぐしや)立別(たてわ)ける
117(ひと)()かけによらぬもの
118黒姫司(くろひめつかさ)にケンケンと
119(あさ)(ゆふ)なにボヤかれて
120馬鹿(ばか)(をとこ)()はれたる
121孫公司(まごこうつかさ)何時(いつ)(まで)
122まごまごしてはゐられない
123(こころ)(おく)のドン(ぞこ)
124(ひと)にみえない智慧(ちゑ)がある
125智慧(ちゑ)(ひかり)はいつまでも
126(かく)れて()ゆるものでない
127(ふくろ)(なか)鋭利(えいり)なる
128(きり)ある(とき)鋭脱(えいだつ)
129(その)鋒鋩(ほうばう)(あら)はれる
130(なん)にも白山峠(しらやまたうげ)かと
131(おも)うて()たのにこれは(また)
132どうした(かぜ)()(まは)
133(つき)にスツポン(みづうみ)
134大蛇(をろち)(やつ)(あら)はれて
135三公(さんこう)(おや)()たおかげ
136自転倒島(おのころじま)から()いて()
137孫公司(まごこうつかさ)(えら)まれて
138(おも)ひもよらぬ宣伝使(せんでんし)
139こんな(うれ)しい(こと)はない
140三公(さんこう)さまや(とら)さまよ
141(まへ)(かみ)竜神(りうじん)
142()花姫(はなひめ)()らねども
143余程(よつぽど)身魂(みたま)(ひか)(やつ)
144三五教(あななひけう)黒姫(くろひめ)
145看破(かんぱ)()ざりし孫公(まごこう)
146(この)神力(しんりき)認識(にんしき)
147全会(ぜんくわい)一致(いつち)(いきほ)ひで
148選挙(せんきよ)したのは(えら)(やつ)
149(まへ)(やう)選挙人(せんきよにん)
150世界(せかい)沢山(たくさん)あるなれば
151体主霊従(たいしゆれいじう)悪政(あくせい)
152(まつた)根絶(こんぜつ)するだらう
153聖人(せいじん)賢人(けんじん)哲人(てつじん)
154()(うづ)もれて何時(いつ)(まで)
155(あたま)あがらぬ(いま)()
156こりや(また)如何(どう)した(さいは)ひか
157孫公別(まごこうわけ)宣伝使(せんでんし)
158神力(しんりき)(しめ)すはこれからだ
159あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
160(かみ)吾等(われら)(とも)にあり
161吾等(われら)(かみ)()(かみ)(みや)
162三公(さんこう)さまが両親(りやうしん)
163(いのち)()つて(すつぽん)
164(うみ)にひそめる大蛇(をろち)()
165広大無辺(くわうだいむへん)神力(しんりき)
166(そな)はりきつた宣伝使(せんでんし)
167孫公別(まごこうわけ)(あら)はれて
168三公(さんこう)虎公(とらこう)(あい)をば
169御供(おとも)(かみ)(さだ)めつつ
170(すす)()くこそ(いさ)ましき
171朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
172(つき)()つとも()くるとも
173仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
174辞職(じしよく)出来(でき)ない宣伝使(せんでんし)
175(にぎ)つた(うへ)(はな)さない
176(その)執着(しふちやく)はスツポンが
177かぶりついたる(ごと)くにて
178如何(どう)しても()うしても(はな)しやせぬ
179三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
180一度(いちど)(ひら)常磐木(ときはぎ)
181(まつ)神代(かみよ)がめぐり()
182()におちぶれた孫公(まごこう)
183雲井(くもゐ)にぬき()白山(しらやま)
184(この)絶頂(ぜつちやう)(いさ)ましく
185(かみ)使(つかひ)宣伝使(せんでんし)
186任命(にんめい)されたる(うへ)からは
187仮令(たとへ)()(すゑ)(やま)(おく)
188(とら)(おほかみ)獅子(しし)(くま)
189(くる)へる野辺(のべ)(いと)ひなく
190(こころ)(つく)()(つく)
191筑紫(つくし)(しま)()ふも(さら)
192常世(とこよ)(くに)高砂(たかさご)
193(しま)(おく)まで乗込(のりこ)むで
194(たふと)(かみ)御光(みひかり)
195(かがや)(わた)すは()のあたり
196あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
197御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
198 何処(どこ)ともなく中空(ちうくう)より宣伝歌(せんでんか)(こゑ)(きこ)(きた)る。199四人(よにん)不審(ふしん)(まゆ)をひそめながら、200(みみ)をすまして()いてゐる。
201(かみ)(おもて)(あら)はれて
202(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)ける
203(ぜん)()えても悪霊(あくみたま)
204(あく)()えても(ぜん)(たま)
205(こころ)()ぢけ智慧(ちゑ)(くも)
206一寸先(いつすんさき)(わか)らない
207凡夫(ぼんぶ)身魂(みたま)()()うて
208(かみ)(たふと)宣伝使(せんでんし)
209選挙(せんきよ)するとは何事(なにごと)
210(かみ)(こころ)空蝉(うつせみ)
211(ひと)(こころ)裏表(うらおもて)
212如何(いか)選挙(せんきよ)当選(たうせん)
213月桂冠(げつけいくわん)()たとても
214(かみ)(ゆる)さにや真実(しんじつ)
215(まこと)(ちから)()よまいぞ
216あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
217(かみ)(こころ)白山(しらやま)
218(この)絶頂(ぜつちやう)でいろいろと
219(こころ)(くだ)(むね)(いた)
220湖水(こすゐ)にひそむ曲神(まがかみ)
221(その)猛勢(まうせい)(をのの)いて
222無道(むだう)選挙(せんきよ)をしたとても
223微塵(みじん)効力(かうりよく)ない(ほど)
224(いづ)れも(こころ)取直(とりなほ)
225(はや)(まこと)(たち)かへれ
226屋方(やかた)(むら)親分(おやぶん)
227羽振(はぶ)()かした三公(さんこう)
228武野(たけの)(むら)虎公(とらこう)
229貴族(きぞく)(うま)れのお(あい)まで
230(かみ)(をしへ)()つぱらひ
231(いま)(まつた)山上(さんじやう)
232身魂(みたま)堕落(だらく)して(しま)うた
233(この)為体(ていたらく)でありながら
234大蛇(をろち)(ひそ)むスツポンの
235(うみ)(むか)つて言霊(ことたま)
236(たたか)ひせむとは身知(みし)らずだ
237(いのち)()らずの侠客(けふかく)
238(いま)(いのち)()しうなつて
239そんな弱音(よわね)()くのだろ
240弱音(よわね)ばかりか臆病風(おくびやうかぜ)
241(この)山頂(さんちやう)()いてゐる
242(あさ)から(ばん)まで(えら)さうに
243肩肱(かたひぢ)いからし大手(おほで)ふり
244法螺(ほら)()(まは)つた男達(をとこだて)
245(なに)血迷(ちまよ)黒姫(くろひめ)
246愛想(あいさう)()かした孫公(まごこう)
247卑怯(ひけふ)未練(みれん)(たの)むぞや
248(すこ)しは(むね)()()てて
249(かんが)(なほ)してみるがよい
250(われ)玉治別司(たまはるわけつかさ)
251(かみ)(かは)つて一同(いちどう)
252誠心(まことごころ)()()ける
253あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
254御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
255()つたきり、256(その)(こゑ)はピタリと()まる。
257 四人(よにん)(こゑ)出所(でどころ)(もと)めて、258彼方(あちら)此方(こちら)谷底(たにそこ)(のぞ)()んで()たが、259そこらに(ひと)らしき(もの)(かげ)()えなかつた。260ここに一行(いつかう)四人(よにん)白山峠(しらやまたうげ)急坂(きふはん)東北(とうほく)()して(くだ)()く。
261大正一一・九・一六 旧七・二五 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)