霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 空気焔(からきえん)〔九七八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 篇:第2篇 ナイルの水源 よみ:ないるのすいげん
章:第14章 第35巻 よみ:からきえん 通し章番号:978
口述日:1922(大正11)年09月16日(旧07月25日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
一行四人がスッポンの湖に着いたときには、日はすでに暮れていた。あたりの恐ろしげな様子に、孫公はすっかり震えあがっていた。
暗夜にもかかわらず湖は泡立ち、波の柱があちこちに立ち始めた。湖中から赤白青黄などの火の玉が数限りなく現れて来た。火の玉にはいやらしい顔がついていて、四人のそばに来て頭上を前後左右に飛び回っていたが、身辺には寄り付いてこなかった。
虎公、三公、お愛はこの様子を泰然として眺めていた。三公がにわか宣伝使になったばかりの孫公に出陣を促すと、孫公は歯をがたがた言わせながら弱音を吐き、三公に先陣を頼み込んだ。
三公からどうしても孫公別宣伝使でなければこの戦いはだめだと急き立てられ、孫公はやせ我慢の震え声で宣伝歌を歌い始めた。最初は震え声だったのが、最後は拍子はずれな大声を張り上げて、自賛の宣伝歌で大蛇に降伏を迫った。
孫公の宣伝歌が終わると、恐ろしい唸り声が四方八方から聞こえだし、烈風が吹き大地は震動した。孫公は樫の木の根株にしがみついてしゃがんで震えてしまった。
三公は烈風の中、樫の木につかまって湖面に向かって宣伝歌を歌い始めた。両親の仇と、大蛇に出て来いと呼ばわり、勝負を挑む勇ましい歌であった。しかし三公の歌によって湖はますます荒れ狂った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3514
愛善世界社版:158頁 八幡書店版:第6輯 528頁 修補版: 校定版:167頁 普及版:61頁 初版: ページ備考:
001 一行(いつかう)四人(よにん)(やうや)くにしてスツポンの湖水(こすゐ)南岸(なんがん)辿(たど)()いた。002(この)(とき)(すで)()はズツプリと()()て、003鬼哭愁々(きこくしうしう)として寂寥(せきれう)()(せま)(きた)る。004肝腎(かんじん)自称(じしよう)宣伝使(せんでんし)孫公別(まごこうわけ)は、005地震(ぢしん)(まご)よろしく()()をガチガチ()はせ(なが)ら、006蒼白(まつさを)(かほ)してスクミ(あが)つてゐる。007岩石(がんせき)()()らすばかりの疾風(しつぷう)(しき)りに()(きた)り、008(その)物凄(ものすご)(こと)(たと)ふるに(もの)なく、009孫公別(まごこうわけ)()()(しか)()きついて、010(その)()()()るのを(から)うじて(ふせ)いで()る。011三人(さんにん)黄楊(つげ)()根元(ねもと)にペタリと平太(へた)つて(かぜ)()ぐるを()つのみ。
012 湖水(こすゐ)(にはか)()(かへ)(やう)(おと)()て、013ブクブクブクと泡立(あわだ)(はじ)めた。014暗夜(あんや)なれども湖面(こめん)泡立(あわだ)(いろ)明瞭(めいれう)()えて()る。015(しば)らくすると大入道(おほにふだう)()つた(やう)(なみ)(はしら)彼方(あちら)此方(こちら)にムクムクと突出(つきだ)し、016(くだ)けては湖面(こめん)()つる(その)物音(ものおと)017(じつ)(すさま)じく()()(よだ)(ばか)りなり。018湖中(こちう)彼方此方(あちらこちら)より、019(あを)(あか)(しろ)()(など)()(たま)(かず)(かぎ)りもなく(あら)はれ(きた)り、020(なが)()中空(ちうくう)引摺(ひきず)りブーンブーンと(うな)りをたて、021四方(しはう)八方(はつぱう)(むか)つて突進(とつしん)(きた)る。022()ればお玉杓子(たまじやくし)(やう)姿(すがた)で、023(たま)(ところ)色々(いろいろ)といやらしき(すご)(かほ)がついて()る。024(この)怪物(くわいぶつ)四人(よにん)(そば)(あつま)(きた)り、025頭上(づじやう)前後左右(ぜんごさいう)()(まは)れども、026如何(どう)したものか身辺(しんぺん)には()りついて()ない。027(わづ)一二間(いちにけん)(まで)やつて()るのが精々(せいぜい)である。
028(あい)今晩(こんばん)(めう)(よさ)御座(ござ)いますな。029大蛇(をろち)(かみ)さま、030色々(いろいろ)(たま)(あら)はし、031吾々(われわれ)一行(いつかう)歓迎会(くわんげいくわい)(ひら)いて御座(ござ)らつしやるのでせう。032ほんに()()いた(かみ)さまですこと、033オホヽヽヽ。034()(たま)さまのお(かげ)でレコード(やぶ)りの(かぜ)もスツカリ()まつて(しま)ひました。035あの物凄(ものすご)かりしブクブクも水柱(みづばしら)大入道(おほにふだう)も、036何処(どこ)かへ沈没(ちんぼつ)して(しま)つたと()えます。037これも(まつた)孫公別(まごこうわけ)宣伝使(せんでんし)(さま)御神徳(ごしんとく)御座(ござ)いませう。038ねー虎公(とらこう)さま、039三公(さんこう)さま、040宣伝使(せんでんし)御神徳(ごしんとく)()ふものは随分(ずゐぶん)えらいもので御座(ござ)いますなア』
041虎公(とらこう)大蛇(をろち)(やつ)042(いま)三番叟(さんばそう)(はじ)めよつた(ところ)だ。043(これ)からが見物(みもの)だよ。044こんな(こと)はホンの一部分(いちぶぶん)だ。045(これ)からが孫公別(まごこうわけ)宣伝使(せんでんし)のお(ほね)()れる(ところ)だ。046もし宣伝使(せんでんし)(さま)047如何(いかが)御座(ござ)いますか。048何時迄(いつまで)()(かぶ)()きついて()つても()はものを()ひませぬぞ』
049 孫公別(まごこうわけ)()をガチガチ()はせ(なが)ら、
050『いやモウモウモウ タヽヽ大変(たいへん)(こと)(はじ)まりました。051本当(ほんたう)愉快(ゆくわい)な……(こと)で……御座(ござ)いませぬわい。052どうも(はや)神力(しんりき)()(あは)せが……ないものだから、053()んな場合(ばあひ)には一寸(ちよつと)面喰(めんくら)(やう)な……(をとこ)では…ありませぬ』
054虎公(とらこう)『ハヽヽヽヽ孫公別(まごこうわけ)(さま)さへ此処(ここ)(ひか)へて御座(ござ)れば大磐石(だいばんじやく)だ。055なあ三公(さんこう)さま、056貴方(あなた)安心(あんしん)でせう。057()宣伝使(せんでんし)宣伝歌(せんでんか)(うた)つて(いただ)き、058大蛇(をろち)(やつ)言向和(ことむけやは)して(いただ)きませうか』
059三公(さんこう)三公(さんこう)参考(さんかう))の()めに一寸(ちよつと)宣伝歌(せんでんか)(こころ)みて(いただ)きませうか。060もしもし孫公別(まごこうわけ)(さま)061何卒(どうぞ)(ひと)(ねが)ひやす』
062『これだからもの(かしら)になると責任(せきにん)(くは)はつて(こま)るのだ。063平和(へいわ)(とき)大変(たいへん)結構(けつこう)(やう)だが、064こんな(とき)筒先(つつさき)()けられるのは随分(ずゐぶん)(つら)いな……オツト()てよ、065大将(たいしやう)帷幄(ゐあく)(うち)画策(くわくさく)(めぐ)らすのがお(やく)だ。066玉除(たまよ)けになるのは雑兵(ざふひやう)のする(こと)だ。067()(かく)(あと)宣伝使(せんでんし)引受(ひきう)けるから、068三公(さんこう)さま、069(ひと)初陣(うひぢん)をやつて(くだ)さい。070あの(とほ)()(たま)刻々(こくこく)()えて()る。071愚図々々(ぐづぐづ)して()れば、072(てき)先鞭(せんべん)をつけられる(おそ)れがあるから、073(ひと)(わか)意気(いき)先発隊(せんぱつたい)(つと)めて(くだ)さい。074孫公(まごこう)御大(おんたい)命令(めいれい)だ』
075是非々々(ぜひぜひ)先生(せんせい)(ねが)はなくちや、076(この)戦闘(せんとう)駄目(だめ)です。077(たたか)はずして(てき)()むと()気概(きがい)のある、078三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)神力(しんりき)(ため)(どき)だ。079さあさあ意茶(いちや)つかさずにやつて(くだ)さい……虎公(とらこう)さま、080(あい)さま、081さう(ねが)つたら如何(どう)でせうかな』
082無論(むろん)(こと)です。083先頭(せんとう)()つて(はたら)くから宣伝使(せんでんし)()ふのだ。084何卒(どうぞ)孫公別(まごこうわけ)(さま)085(ねが)(まを)します』
086宣伝使(せんでんし)(さま)087女神(めがみ)から(よろ)しうお(ねが)(いた)します。088(ひと)御神力(ごしんりき)(あら)はして(くだ)さいませ』
089(せんとう)()から宣伝使(せんでんし)()ふのだけれどなア。090えー詮方(せんかた)ない。091そんなら(ひと)千変万化(せんぺんばんくわ)言霊(ことたま)妙用(めうよう)(つく)して、092あの()(たま)(ひと)つも(のこ)らず水底(すゐてい)蟄伏(ちつぷく)させて()せませう』
093と、094痩我慢(やせがまん)()し、095(ふる)(ごゑ)になり宣伝歌(せんでんか)(うた)(はじ)むる。
096(かみ)(おもて)(あら)はれて
097千変万化(せんぺんばんくわ)言霊(ことたま)
098湖水(こすゐ)大蛇(をろち)言向(ことむ)ける
099湖水(こすゐ)(うか)んだ()(たま)
100(まへ)はそれ(ほど)三五(あななひ)
101(かみ)(をしへ)(こは)いのか
102一間先(いつけんさき)(まで)やつて()
103(こは)(さう)(こは)(さう)()()げて
104チツとも()つて()ぬぢやないか
105矢張(やつぱ)りお(まへ)智慧(ちゑ)がある
106神徳(しんとく)(たか)宣伝使(せんでんし)
107孫公別(まごこうわけ)御前(おんまへ)
108(おそ)れみ(つつし)萎縮(ゐしゆく)して
109怖々(おぢおぢ)してるに(ちが)ひない
110(ぜん)(あく)とを立別(たてわ)ける
111(この)()(つく)りし大神(おほかみ)
112(よさ)(たま)ひし神司(かむづかさ)
113(ぜん)身魂(みたま)(すく)ひあげ
114(あく)身魂(みたま)言向(ことむ)けて
115五六七(みろく)(かみ)御世(みよ)となし
116(かみ)仏事(ぶつじ)人間(にんげん)
117(とり)(けだもの)虫族(むしけら)
118草木(くさき)(すゑ)(いた)るまで
119(かみ)(めぐみ)均霑(きんてん)
120天ケ下(あめがした)なる万物(ばんぶつ)
121大小高下(だいせうかうげ)(へだ)てなく
122機会(きくわい)均等(きんとう)主義(しゆぎ)をとり
123(のこ)らず桝掛(ますか)()(なら)
124()立直(たてなほ)(かみ)(みち)
125須弥仙山(しゆみせんざん)(こし)()
126艮金神(うしとらこんじん)鬼門神(きもんがみ)
127(まも)(たま)へる()(なか)ぢや
128湖水(こすゐ)()める大蛇(をろち)ども
129(いま)から(こころ)立直(たてなほ)
130三五教(あななひけう)にて()(たか)
131神徳(しんとく)()つる宣伝使(せんでんし)
132孫公別(まごこうわけ)言霊(ことたま)
133(みみ)をすまして()きとれよ
134天ケ下(あめがした)には善悪(ぜんあく)
135区別(くべつ)()ければ敵味方(てきみかた)
136(など)差別(けぢめ)はない(ほど)
137(まよ)ひの雲霧(くもきり)()(はら)
138火玉(ひだま)(しづ)めておとなしく
139(たふと)(かみ)御教(みをしへ)
140(つつし)(かしこ)()くがよい
141あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
142(われ)玉治別(たまはるわけ)(かみ)
143「オツトドツコイ」こりや(ちが)
144黒姫(くろひめ)さまの(いち)弟子(でし)
145何程(なにほど)(つよ)悪魔(あくま)でも
146仮令(たとへ)八岐(やまた)大蛇(をろち)でも
147ビクとも(いた)さぬヒーローよ
148見事(みごと)甲斐性(かひしやう)があるならば
149(ひと)(ちから)()して()
150孫公別(まごこうわけ)()()つる
151伊吹(いぶき)狭霧(さぎり)(ことごと)
152木端微塵(こつぱみぢん)()(くだ)
153(ほろ)ぼし()やすは()のあたり
154(これ)合点(がつてん)いたならば
155(こころ)(そこ)から(あらた)めて
156孫公別(まごこうわけ)御前(おんまへ)
157(わび)をするが第一(だいいち)
158これ(ほど)(こと)(こま)やかに
159()けて(さと)してやる(こと)
160()かねば()かぬで(かま)はない
161(おれ)にも覚悟(かくご)がある(ほど)
162(はや)返答(へんたふ)()かせよや
163孫公別(まごこうわけ)宣伝使(せんでんし)
164国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
165金勝要大御神(きんかつかねのおほみかみ)
166神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
167三柱神(みはしらがみ)代表(だいへう)
168湖水(こすゐ)(そこ)(ひそ)()
169大蛇(をろち)魔神(まがみ)()(つた)
170あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
171御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
172(はじ)めは(こは)(さう)(ふる)(ごゑ)(うた)つて()たが、173(しま)ひにはド拍子(びやうし)()けた大声(おほごゑ)()()(うた)()す。174孫公(まごこう)(うた)(をは)るや(いな)や、175獅子(しし)(おほかみ)幾万匹(いくまんびき)176一度(いちど)(うな)(やう)(あや)しき(こゑ)四方(しはう)八方(はつぱう)より(きこ)(きた)り、177(あを)(あか)()(など)()彼方(あちら)此方(こちら)にペロペロと()えては()え、178()えては()え、179(また)もや烈風(れつぷう)()()大地(だいち)震動(しんどう)し、180如何(いかん)ともする(すべ)なければ、181孫公(まごこう)(ふたた)(もと)(かし)()根株(ねかぶ)(しか)(くら)ひつき()(ふる)はし(しやが)()る。
182 三公(さんこう)黄楊(つげ)()(みき)片手(かたて)(にぎ)り、183烈風(れつぷう)(なか)()身体(からだ)中心(ちうしん)をとりながら湖面(こめん)(むか)つて言霊(ことたま)()(はじ)めたり。
184八岐(やまた)大蛇(をろち)片割(かたわ)れと
185(あら)はれ湖底(こてい)(しの)()
186大蛇(をろち)魔神(まがみ)よよつく()
187(そもそ)大蛇(をろち)三公(さんこう)とは
188(わが)(こと)なるぞスツポンの
189湖水(こすゐ)棲処(すみか)(いた)(やつ)
190(ただ)一匹(いつぴき)(のこ)らずに
191(おれ)(そば)までやつて()
192(わが)両親(りやうしん)敵討(かたきう)
193生命(いのち)()つて()れむぞと
194(こころ)(いさ)()()れば
195子供(こども)(おど)しの()(たま)
196泡立(あわだ)(なみ)水柱(みづばしら)
197呂律(ろれつ)()はぬ(うな)(ごゑ)
198レコード(やぶ)りの強風(きやうふう)
199()まで(ゆす)つて(おど)さうと
200何程(なにほど)(たく)んで()(とこ)
201そのやり(かた)(ふる)いぞや
202そんな(おど)しにビクついて
203人気(ひとげ)(あら)熊襲国(くまそくに)
204大親分(おほおやぶん)となれようか
205猪食(ししく)(いぬ)腕試(うでだめ)
206もう()うなつて()(うへ)
207(あと)へは()かぬ(おれ)意地(いぢ)
208さあ()(きた)早来(はやきた)
209()しき生命(いのち)()()ひを
210此処(ここ)にて(ひと)つやらうかい
211(あと)には(たふと)宣伝使(せんでんし)
212(ちから)(あま)りに(つよ)くない
213孫公別(まごこうわけ)(ふる)ひつつ
214二人(ふたり)喧嘩(けんくわ)()御座(ござ)
215武野(たけの)(むら)侠客(をとこだて)
216虎公(とらこう)さまを(はじ)めとし
217弁才天(べんざいてん)(はぢ)らふて
218()()(やう)なお(あい)さま
219スツカリ道具(だうぐ)(そろ)うて()
220(なに)愚図々々(ぐづぐづ)して()るか
221(はや)(きた)つて勝負(しようぶ)せよ
222生命(いのち)()てた三公(さんこう)
223最早(もはや)(この)()(おそ)るべき
224(もの)(ひと)つもない(ほど)
225(おや)(かたき)ぢや(はや)(きた)
226いざ尋常(じんじやう)勝負(しようぶ)しよう
227それが(いや)なら(わが)(まへ)
228(あたま)()げて()をふつて
229(よつ)つに()うて(あやま)れよ
230貴様(きさま)(あたま)()(よつ)
231(この)岩石(がんせき)()ちたたき
232(わが)両親(りやうしん)無念(むねん)をば
233()らして(たす)けてやる(ほど)
234(はや)(きた)れよ曲津神(まがつかみ)
235三公(さんこう)親分(おやぶん)()つて()
236あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
237御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
238(うた)(をは)るや湖面(こめん)益々(ますます)(なみ)(たか)()(くる)ひ、239()(たま)刻々(こくこく)()(きた)り、240ブンブンと(うな)りを()て、241四人(よにん)(ほとん)身体(からだ)のとどく(ところ)(まで)242(かず)(かぎ)りもなくお玉杓子(たまじやくし)()(たま)()めかけ(きた)(その)(いや)らしさ、243(じつ)物凄(ものすご)光景(くわうけい)なりけり。
244大正一一・九・一六 旧七・二五 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)