霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 (すくひ)(たま)〔九七九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 篇:第2篇 ナイルの水源 よみ:ないるのすいげん
章:第15章 第35巻 よみ:すくいのたま 通し章番号:979
口述日:1922(大正11)年09月16日(旧07月25日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
お愛は簡単に大蛇を神の道に諭す歌を歌った。その言霊に今までの烈風は勢いを減じ、猛獣の叫びも火の玉もおさまってきたが、完全になくなりはしなかった。
虎公はねじり鉢巻きで宣伝歌を歌い言霊を発射した。虎公は大蛇が三公の両親を飲み込んだことの罪を挙げて悔悟を促し諭す歌を歌った。
しかしどうしたことか、湖面の怪物は姿形を変えて数限りなく浮かび上がり、四人の周りに集まって囲んだ。その臭気に四人はあてられて、弱り切ってしまった。
いつの間にか夜は明けて、湖面の怪物は次第に消えていき、太陽が照らし始めたときには怪物は残らず消え失せて、ただ紺碧の波が悠々と漂うのみであった。
四人は池の岸辺に座って昨夜の怪を話し合いながら湖水で禊をなし、天津祝詞を奏上した。すると木の茂みを分けて宣伝使が現れ、玉治別命と名乗った。
四人は玉治別の姿を見て喜び敬意を表した。玉治別は先回りして湖水の岸辺の森林に潜み、昨夜の言霊戦の様子をうかがっていたのであった。玉治別は四人の言霊が大蛇に押され気味であったことを茶化して声をかけた。
玉治別は、四人が火の玉の怪に襲われなかったのは、霊衣が厚く、その威徳におそれて近寄れなかったためだと解説した。また大蛇はまだ恐ろしいたくらみをしていたが、自分が鎮魂したために、山野に潜んでいた大蛇の手下の猛獣たちが逃げ去ったのだと経緯を明かした。
玉治別はにわか宣伝使の孫公をからかい軽く戒めたあと、湖水の浮島に渡って休息し、根本的に大蛇を言向け和そうと、一行の先に立って湖畔をたどって行く。一行は救われた気分で宣伝使の後を付いていった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3515
愛善世界社版:168頁 八幡書店版:第6輯 532頁 修補版: 校定版:178頁 普及版:65頁 初版: ページ備考:
001 お(あい)立上(たちあが)り、002宣伝歌(せんでんか)(うた)う。
003豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
004(くに)八十国(やそくに)八十島(やそしま)
005国治立(くにはるたち)御体(おんからだ)
006神素盞嗚(かむすさのを)御霊力(ごれいりよく)
007金勝要大神(きんかつかねのおほかみ)
008御霊(みたま)(まも)らす(くに)なれば
009(この)三柱(みはしら)大神(おほかみ)
010御許(みゆる)しなくば何神(なにがみ)
011(この)()()むべき権利(けんり)なし
012三五教(あななひけう)神司(かむづかさ)
013孫公別(まごこうわけ)(したが)ひて
014吾等(われら)此処(ここ)曲神(まがかみ)
015曲言向(まがことむ)けて神国(かみくに)
016(きよ)(すず)しく()まさむと
017(あら)はれ()でし四人連(よにんづれ)
018湖底(こてい)(ひそ)曲神(まがかみ)
019如何(いか)(いきほひ)(たけ)くとも
020(この)三柱(みはしら)皇神(すめかみ)
021(ゆる)しなくして()(うへ)
022如何(いか)でか(やす)()()べき
023あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
024(かみ)御霊(みたま)(かうむ)りて
025一日(ひとひ)(はや)片時(かたとき)
026とく(すみや)けく三五(あななひ)
027(まこと)(みち)御教(みをしへ)
028(まつろ)ひまつれ醜大蛇(しこをろち)
029それにつき()諸々(もろもろ)
030(もも)(みたま)()(つた)
031あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
032御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
033簡単(かんたん)言霊(ことたま)打出(うちだ)したるに(いま)(まで)烈風(れつぷう)(その)(いきほひ)(げん)じ、034猛獣(まうじう)(うな)(ごゑ)(やうや)(ひく)(とほ)()()き、035湖面(こめん)(うか)びし諸々(もろもろ)怪物(くわいぶつ)は、036時々刻々(じじこくこく)姿(すがた)(げん)じたれども容易(ようい)全滅(ぜんめつ)するには(いた)らざりければ、037(ここ)虎公(とらこう)捩鉢巻(ねぢはちまき)をしながら、038(いづ)雄健(をたけ)びふみたけびつつ、039大音声(だいおんじやう)張上(はりあ)げて、040(ことば)(すず)しく言霊(ことたま)発射(はつしや)したり。
041三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
042一度(いちど)(ひら)(とき)(いま)
043大蛇(をろち)(かみ)よよつく()
044きさま余程(よつぽど)(ふと)(やつ)
045(ふと)いばかりか(なが)(やつ)
046エヂプト(みやこ)()(たか)
047春公(はるこう)(つね)両人(りやうにん)
048勿体(もつたい)なくも()(くら)
049平気(へいき)平左(へいざ)(この)(うみ)
050住居(ぢうきよ)するとは(なん)のこと
051天地(てんち)(かみ)(おそ)れぬか
052此処(ここ)(あら)はれ(きた)りたる
053三公(さんこう)さまは春公(はるこう)
054(つね)(かた)()(たま)
055(うづ)(たふと)御子(みこ)なるぞ
056(なんぢ)(こころ)のあるならば
057(はや)姿(すがた)(あら)はして
058(わが)()(まへ)()(きた)
059三公(さんこう)さまに打向(うちむか)
060前非(ぜんぴ)()いて(わび)をせよ
061武野(たけの)(むら)男達(をとこだて)
062虎公(とらこう)さまとはおれの(こと)
063(とら)(おほかみ)獅子(しし)(くま)
064おれの()()きや(おどろ)いて
065(ちひ)さくなつて()げて()
066(まへ)(おな)畜生(ちくしやう)
067(みにく)(からだ)()(うへ)
068(おれ)(はぢ)らひ底深(そこふか)
069姿(すがた)(かく)してゐるのだろ
070そんな気兼(きがね)()らぬ(ゆゑ)
071(はや)(この)()(あら)はれて
072善悪正邪(ぜんあくせいじや)大道(だいだう)
073(さと)りて天津神国(あまつかみくに)
074(さか)えを永久(とは)(たの)しめよ
075朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
076(つき)()つとも()くるとも
077大蛇(をろち)はいかに(たけ)るとも
078三五教(あななひけう)大道(おほみち)
079(つか)へまつれる吾々(われわれ)
080いかで初心(しよしん)(へん)ずべき
081(まこと)(ひと)つの言霊(ことたま)
082直日(なほひ)(つつ)につめ()みて
083(たちま)打出(うちだ)宣伝歌(せんでんか)
084(てん)(とどろ)()はゆるぎ
085大海原(おほうなばら)(なみ)たけり
086(やま)(たちま)()けてゆく
087(この)神力(しんりき)活動(くわつどう)
088()ない(あひだ)一刻(いつこく)
089(はや)(こころ)(あらた)めて
090(ぜん)大道(おほぢ)(かへ)るべく
091(ちか)ひを()てよ大蛇神(をろちがみ)
092三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
093黒姫司(くろひめつかさ)(したが)ひて
094熊襲(くまそ)(くに)(わた)()
095孫公別(まごこうわけ)(はじ)めとし
096三公(さんこう)、お(あい)虎公(とらこう)
097四魂(しこん)身魂(みたま)(いま)此処(ここ)
098(あら)はれ(きた)言霊(ことたま)
099大戦(おほたたか)ひを宣示(せんじ)する
100あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
101(かみ)(こころ)(うべな)ひて
102かかる(ちひ)さき(うみ)()
103(ひろ)(たふと)(かぎ)りなき
104天津御空(あまつみそら)神国(かみくに)
105(こころ)(ひろ)(のぼ)()
106あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
107御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
108(うた)(をは)る。109されど如何(どう)したものか、110湖面(こめん)(くわい)はいろいろと(かたち)(へん)じ、111蛸入道(たこにふだう)曲鬼(まがおに)112()()小僧(こぞう)など(かず)(かぎ)りなく(うか)(きた)り、113玉杓子(たまじやくし)(かたち)せし火玉(ひだま)幾百千(いくひやくせん)ともなく(うな)りを()てて土手(どて)(ごと)(あつ)まり(きた)り、114四人(よにん)男女(だんぢよ)十重(とへ)二十重(はたへ)取巻(とりま)きぬ。115四人(よにん)青臭(あをくさ)(なん)ともいへぬ臭気(しうき)(はな)をつかれ、116(むね)(ふさ)がり、117(はら)(いた)み、118(まなこ)くらみて、119(いま)如何(いかん)ともする(こと)(あた)はざる(まで)(よわ)()つてゐる。
120 何時(いつ)()にやら()はカラリと()けて、121湖面(こめん)より(あら)はれ(きた)りし怪物(くわいぶつ)(ひと)()(ふた)()り、122太陽(たいやう)光線(くわうせん)地上(ちじやう)(てら)(とき)には、123怪物(くわいぶつ)姿(すがた)(のこ)らず()()せて、124湖面(こめん)(ただ)紺碧(こんぺき)(なみ)悠々(いういう)(ただよ)ひゐるのみ。
125 四人(よにん)(いけ)岸辺(かたへ)端坐(たんざ)し、126昨夜(さくや)(くわい)(はな)()ひながら、127湖水(こすゐ)(みづ)()(あら)()(きよ)め、128()いで天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)(をは)(とき)しも、129()(しげ)みを()けて(この)()(あら)はれ(きた)一人(ひとり)宣伝使(せんでんし)あり。130よくよく()れば玉治別命(たまはるわけのみこと)なり。131孫公(まごこう)飛立(とびた)つばかり打喜(うちよろこ)び、
132『コレハコレハ玉治別(たまはるわけ)さま、133幾回(いくくわい)となくお(こゑ)()かして(いただ)きましたが、134()にかかるは(いま)(はじ)めて、135ようマア()(くだ)さいました……モシモシ三人(さんにん)(かた)136これが驍名(げうめい)(たか)三五教(あななひけう)玉治別(たまはるわけ)宣伝使(せんでんし)御座(ござ)います』
137 お(あい)138三公(さんこう)(うれ)(なみだ)にくれながら、139玉治別(たまはるわけ)(むか)つて(ひざまづ)敬意(けいい)(へう)してゐる。
140(わたし)玉治別(たまはるわけ)です。141(みな)さま、142随分(ずゐぶん)()言霊(ことたま)がころびましたなア。143大蛇(をろち)(かみ)144随分(ずゐぶん)いろいろと面白(おもしろ)芸当(げいたう)()せてくれたでせう』
145(わたし)虎公(とらこう)でごわす。146あなたは夜前(やぜん)光景(くわうけい)御存(ごぞん)じで御座(ござ)いましたか』
147『ハイ白山峠(しらやまたうげ)一目散(いちもくさん)()(くだ)り、148(さき)(まは)つて(この)森林(しんりん)()(ひそ)め、149あなた(がた)言霊戦(ことたません)面白(おもしろ)観覧(くわんらん)して()りました。150大変(たいへん)(あぶ)ない(ところ)(まで)()きましたなア』
151『モウ(すこ)しの(こと)()(たま)(おに)にくつつかれる(ところ)でしたが、152不思議(ふしぎ)にも三尺(さんじやく)ばかり近寄(ちかよ)つて、153それよりはよう()りつかなかつたのです。154あれだけの(いきほひ)如何(どう)してマア、155もう二三尺(にさんじやく)といふ(ところ)()りつけないのでせうか』
156『あなたの霊衣(れいい)(そと)(まで)()つて()たのですよ。157霊衣(れいい)威徳(ゐとく)(おそ)れて、158()以上(いじやう)近寄(ちかよ)れなかつたのです。159さうして大蛇(をろち)(やつ)160まだまだエライ(たく)みをして()つた(やう)ですが、161(わたし)(この)木蔭(こかげ)より湖面(こめん)(むか)つて鎮魂(ちんこん)をして()りました。162それが(ため)猛烈(まうれつ)なる大蛇(をろち)幕下(ばくか)163(この)山林(さんりん)横行(わうかう)する(とら)164獅子(しし)165(くま)166(おほかみ)なぞの猛獣(まうじう)も、167(がい)(くは)ふるに(よし)なく、168(いづ)れも(とほ)()()つて(しま)つたのです。169さうして孫公(まごこう)さまは孫公別(まごこうわけ)とか()立派(りつぱ)宣伝使(せんでんし)になられたさうですなア』
170『ハイ、171イヤモウ一寸(ちよつと)臨時(りんじ)(たの)まれましてやつて()ました。172(しか)(なが)(あま)(うま)()きませぬので宣伝使(せんでんし)といふものは(つら)いものだとホトホト感心(かんしん)(いた)しました。173玉治別(たまはるわけ)(さま)がお()しになつたのを(さいは)ひ、174(わたし)只今(ただいま)より孫公別(まごこうわけ)宣伝使(せんでんし)返上(へんじやう)(いた)します。175どうぞお受取(うけと)(くだ)さいませ。176イヤもう中々(なかなか)(ほね)()れた(こと)御座(ござ)いました』
177『アハヽヽヽ、178(たれ)宣伝使(せんでんし)(めい)ぜられたのですか。179黒姫(くろひめ)(さま)からでも()りにお(もら)ひになつたのですか』
180『イエどうしてどうして、181ここは共和国(きようわこく)御座(ござ)いますから、182国民(こくみん)一致(いつち)選挙(せんきよ)結果(けつくわ)183()されて宣伝使(せんでんし)になつたので御座(ござ)います。184イヤまことにモウうすい()()ひました』
185『サア(みな)さま、186此処(ここ)()つても仕方(しかた)がありませぬ。187(この)湖水(こすゐ)には(おほ)きな浮島(うきしま)()()つありますから、188そこ(まで)()つて休息(きうそく)(いた)し、189今宵(こよひ)(その)(しま)(わた)り、190(ひと)言霊戦(ことたません)をひらき根本的(こんぽんてき)大蛇(をろち)(かみ)言向和(ことむけやは)せませう。191皆様(みなさま)サア(まゐ)りませう』
192(さき)にたつて湖畔(こはん)辿(たど)るを、193四人(よにん)はハツと(むね)()でおろし、194元気(げんき)(とみ)(くは)はり、195(あと)(した)うて(したが)()く。
196大正一一・九・一六 旧七・二五 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。