霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二〇章 疑心暗狐(ぎしんあんこ)〔九八四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 篇:第3篇 火の国都 よみ:ひのくにみやこ
章:第20章 第35巻 よみ:ぎしんあんこ 通し章番号:984
口述日:1922(大正11)年09月17日(旧07月26日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
久公は旅路を行きながら、荒井ヶ岳の道中を振り返り、黒姫が白狐の赤子を取り上げたことにまだ疑いの念を持ち、歌に歌いながら歩いている。
黒姫は道中、宣伝歌を歌って久公に返した。そしてたとえ畜生であろうとも神様の仁慈に預かる存在であり、お互いに助け合うのが神の道であると説いた。久公の迷いを指摘し、自分への疑いを晴らすようにと歌いながら進んで行く。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3520
愛善世界社版:237頁 八幡書店版:第6輯 556頁 修補版: 校定版:251頁 普及版:92頁 初版: ページ備考:
001三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
002黒姫(くろひめ)さまに(したが)ひて
003荒井ケ岳(あらゐがだけ)(くだ)()
004「ウントコドツコイ ドツコイシヨ」
005()けつ(まろ)びつ両人(りやうにん)
006(あた)りに(こころ)(くば)りつつ
007五合目(ごがふめ)あたりに()()れば
008(てん)(あた)へか岩清水(いはしみづ)
009人待顔(ひとまちがほ)()いてゐる
010コリヤ(たま)らぬと飛付(とびつ)いて
011一口(ひとくち)(のど)をうるほせば
012(いま)(まで)暴威(ばうゐ)(ふる)ひたる
013(あせ)曲津(まがつ)はどこへやら
014(ちぢ)(あが)つて「ドツコイシヨ」
015寂滅為楽(じやくめつゐらく)となりよつた
016黒姫(くろひめ)さまが()(つく)
017(おれ)久公(きうこう)も「ドツコイシヨ」
018黒姫(くろひめ)さまの驥尾(きび)()
019天下(てんか)名句(めいく)をひねりだす
020諄々(じゆんじゆん)として「ウントコシヨ」
021()きざる姿(すがた)は「ドツコイシヨ」
022(いづみ)()(ごと)面白(おもしろ)
023(よみがへ)りたる心地(ここち)して
024(いき)(やす)むる折柄(をりから)
025常助(つねすけ)さまと()(をとこ)
026(あわただ)しくもやつて()
027黒姫(くろひめ)さまに()をつかへ
028途中(とちう)女房(にようばう)が「ドツコイシヨ」
029又々(またまた)(さか)がキツウなつた
030背中(せなか)用心(ようじん)するがよい
031(つね)産気(さんけ)がつきました
032(この)山中(やまなか)の「ウントコシヨ」
033(ひと)(とほ)らぬ路傍(みちばた)
034どうにも()うにも仕様(しやう)がない
035御苦労(ごくらう)(なが)ら「ドツコイシヨ」
036取上(とりあ)()さまになつてくれと
037(まこと)しやかに(たの)(ゆゑ)
038ウンと()()黒姫(くろひめ)(さま)
039いと親切(しんせつ)承諾(しようだく)
040夏草(なつくさ)(しげ)木下(こした)かげ
041ガサガサ(すす)んで()(うち)
042大木(おほき)(かげ)に「ウントコシヨ」
043一人(ひとり)(をんな)(すわ)つてる
044黒姫(くろひめ)さまは親切(しんせつ)
045魔性(ましやう)(をんな)に「ドツコイシヨ」
046()るや()らずや(たちま)ちに
047(たすき)十字(じふじ)にあやなして
048「ウントコドツコイ ウントコセイ」
049(ちから)をきはめて(こし)(いだ)
050介抱(かいほう)すれば(たちま)ちに
051キヤツと()()(きつね)()
052(また)もや(をんな)子狐(こぎつね)
053()るかと(おも)へば(また)(ひと)
054男狐(をとこぎつね)()んで()
055(また)もや(ひと)つの(きつね)()
056よくよく()れば(めす)だつた
057(きつね)()んだ二夫婦(ふたふうふ)
058(おや)(あは)して三夫婦(みふうふ)
059(ふと)尻尾(しつぽ)をプリプリと
060(みぎ)(ひだり)にふりながら
061黒姫(くろひめ)さまに(れい)()うて
062(あと)振返(ふりかへ)振返(ふりかへ)
063(くさむら)()けてガサガサと
064姿(すがた)かくした面白(おもしろ)
065尻尾(しつぽ)(ばか)りか「ウントコシヨ」
066(あたま)()まで(みな)(しろ)
067(ゆき)(あざむ)白狐(びやくこ)さま
068(かなら)御恩(ごおん)(わす)れぬと
069黒姫(くろひめ)さまに()ひよつた
070(おも)へば(おも)へば「ドツコイシヨ」
071(きつね)取上(とりあ)げする産婆(さんば)
072(とら)(おほかみ)獅子(しし)(くま)
073大蛇(をろち)(はし)(いた)(まで)
074(たす)けてやるのが(かみ)(みち)
075()()げますといひなすつた
076「ウントコドツコイ ドツコイシヨ」
077ホンに感心(かんしん)々々(かんしん)
078(また)(ひろ)げて坂路(さかみち)
079(くだ)りながらも(なん)となく
080黒姫(くろひめ)さまのスタイルが
081(いや)らしうなつて「ドツコイシヨ」
082気分(きぶん)(わる)くなりました
083「ウントコドツコイ ドツコイシヨ」
084どうせ(ろく)な「ドツコイシヨ」
085()さまぢやないと(おも)てゐた
086自転倒島(おのころじま)年古(としふる)
087住居(ぢうきよ)(いた)して()(みだ)
088金毛九尾(きんまうきうび)ぢやあるまいか
089「ウントコドツコイ」竜宮(りうぐう)
090乙姫(おとひめ)さまの生宮(いきみや)
091(はなし)(はし)()いた(ゆゑ)
092此奴(こいつ)あウツカリ出来(でき)ないぞ
093グヅグヅしてゐちや(あたま)から
094「ヤツトコシヨー ヤツトコシヨー」
095「それそれそこに(いし)がある」
096()まれて(しま)ふと(おも)うた(ゆゑ)
097(ねこ)(かぶ)つてハイハイと
098「ウントコドツコイ」痩馬(やせうま)
099()いて坂路(さかみち)(のぼ)るよに
100いとおとなしう(したが)うて
101此処(ここ)まで()いて「ドツコイシヨ」
102やつて()たのは徳公(とくこう)
103(きつね)嫁入(よめい)「ドツコイシヨ」
104すると()(こと)()いたれど
105(その)(とき)日和(ひより)(あめ)()
106天道(てんだう)さまがガンガンと
107()らし(あそ)ばす真昼中(まひるなか)
108魔性(ましやう)(きつね)(あら)はれて
109あつかましくも(ひと)(まへ)
110尻尾(しつぽ)をかくしてやつて()
111取上(とりあ)げてくれとは(なん)(こと)
112「ウントコドツコイ」(この)(かた)
113人間様(にんげんさま)であつたなら
114()(あし)(からだ)畜生(ちくしやう)
115如何(どう)して(おそ)れて(ちか)よらう
116黒姫(くろひめ)さまは「ドツコイシヨ」
117てつきり(きつね)親玉(おやだま)
118銀毛八尾(ぎんまうはつぴ)の「ドツコイシヨ」
119(ふる)(きつね)御化身(ごけしん)
120眉毛(まゆげ)(つば)つけ(なが)むれど
121()つから尻尾(しつぽ)()えよらぬ
122余程(よつぽど)(がふ)()(やつ)だらうか
123「ウントコドツコイ ヤツトコシヨ」
124コレコレモウシ(くろ)さまえ
125(わたし)はお(まへ)を「ウントコシヨ」
126此処迄(ここまで)(おく)つた返礼(へんれい)
127「ウントコドツコイ ドツコイシヨ」
128足許(あしもと)(あぶ)なうなつて()
129(わたし)(けつ)してだまさぬと
130一言(いちごん)(ちか)うて(くだ)さんせ
131(きつね)(うま)()せたよな
132(あや)しい気分(きぶん)になりました
133オイオイ久公(きうこう)如何(どう)(おも)
134ホンに怪体(けたい)な「ウントコシヨ」
135(わけ)(わか)らぬ(こと)ぢやなア
136荒井峠(あらゐたうげ)(おも)てたら
137人跡(じんせき)()えし山奥(やまおく)
138(とら)(おほかみ)()えたける
139深山(みやま)(おく)かも()れないぞ
140どしてもこしても()におちぬ
141コンコンさまの御出産(ごしゆつさん)
142取上(とりあ)婆々(ばば)アの(くろ)さまに
143常助(つねすけ)(つね)()けた(やつ)
144親分(おやぶん)子分(こぶん)関係(くわんけい)
145あんな(こと)をば「ドツコイシヨ」
146平気(へいき)(かほ)白昼(はくちう)
147やつたであらうか(おそ)ろしい
148荒井(あらゐ)(たうげ)はいつとても
149不思議(ふしぎ)(とこ)とは()きつれど
150前代未聞(ぜんだいみもん)(この)怪事(くわいじ)
151(この)(なぞ)とくのは()つかしい
152あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
153御霊(みたま)(さち)はひましまして
154国魂神(くにたまがみ)純世姫(すみよひめ)
155(おもて)(あら)はれましまして
156黒姫(くろひめ)さまは善神(ぜんしん)
157(ただし)悪魔(あくま)かハツキリと
158どうぞ立別(たてわ)(くだ)さんせ
159(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
160(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
161(ただ)何事(なにごと)神様(かみさま)
162(まか)して御願(おねがひ)(いた)します
163(まこと)(かみ)曲神(まがかみ)
164(ただし)(きつね)親分(おやぶん)
165合点(がてん)のいかない黒姫(くろひめ)
166正体(しやうたい)(あら)はし両人(りやうにん)
167(こころ)(やす)めて(くだ)さんせ
168(たて)からみても「ドツコイシヨ」
169(よこ)から()ても黒姫(くろひめ)
170矢張(やつぱり)(ひと)のスタイルだ
171(これ)(きつね)であつたなら
172余程(よつぽど)上手(じやうづ)()けたもの
173ホンに(わか)らぬ今日(けふ)(たび)
174あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
175久公(きうこう)シツカリして()れよ
176それそれ そこに(いし)がある
177黒姫(くろひめ)さまを(さき)()
178(まへ)(おれ)両人(りやうにん)
179あとから()いて「ドツコイシヨ」
180(しり)のあたりを(しら)べつつ
181審神(さには)(なが)(くだ)らうか
182モウシモウシ黒姫(くろひめ)さま
183どうぞお(さき)へ「ドツコイシヨ」
184あなたはお()(くだ)さんせ
185(うしろ)目玉(めだま)のない(わたし)
186どんな悪戯(いたづら)されよかと
187(こころ)にかかつてなりませぬ
188疑心暗鬼(ぎしんあんき)()らねども
189(まへ)(やう)化者(ばけもの)
190一緒(いつしよ)()くのは真平(まつぴら)
191あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
192御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
193(うた)(なが)ら、194黒姫(くろひめ)一行(いつかう)一歩(ひとあし)々々(ひとあし)(ちから)()れて(くだ)()く。195黒姫(くろひめ)(うた)()した。
196国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
197豊国姫大御神(とよくにひめのおほみかみ)
198神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
199(ひら)(たま)ひし三五(あななひ)
200(をしへ)(つた)ふる宣伝使(せんでんし)
201(たふと)(かみ)生宮(いきみや)
202(かみ)()さしの黒姫(くろひめ)
203(なん)ぢや かんぢやと(ののし)つて
204(まこと)()らぬ(こま)(もの)
205仮令(たとへ)(きつね)(たぬき)でも
206(のこ)らず(かみ)(つく)らしし
207(たふと)身魂(みたま)である(ほど)
208(くも)()つたる()(なか)
209人間(にんげん)よりも畜生(ちくしやう)
210(きつね)(たぬき)(たましひ)
211(かみ)御目(みめ)より(なが)むれば
212(はるか)(まさ)つて()(ほど)
213天地(てんち)道理(だうり)白雲(しらくも)
214(つつ)山路(やまぢ)をふみこえて
215(まよ)ひに(まよ)二人(ふたり)()
216(すこ)しく(こころ)をおちつけて
217(この)黒姫(くろひめ)言霊(ことたま)
218(あぢ)はひ()くがよからうぞ
219三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
220一度(いちど)(ひら)五六七(みろく)()
221(まつ)神代(かみよ)(ちか)づいて
222四方(よも)山々(やまやま)(はな)(ひら)
223小鳥(ことり)(うた)海河(うみかは)
224(きよ)くさやけくすみ(わた)
225(たふと)御世(みよ)(ひら)(ぐち)
226さうなる(うへ)人間(にんげん)
227()ふも(さら)なり(とり)(けもの)
228()(むし)(まで)(ことごと)
229(かみ)(めぐみ)御露(おんつゆ)
230(あた)へて(たふと)天国(てんごく)
231姿(すがた)をうつす宣伝使(せんでんし)
232(うみ)内外(うちと)使(つか)はして
233(かみ)御旨(みむね)(くま)もなく
234(ひら)かせ(たま)三五(あななひ)
235(ふか)仕組(しぐみ)()らないか
236狐狸(きつねたぬき)()はれても
237(この)黒姫(くろひめ)(かま)はない
238さはさり(なが)徳公(とくこう)
239チツトは(つつし)みなされませ
240(この)神国(かみくに)言霊(ことたま)
241(さち)はひ(たす)()くる(くに)
242(おそ)(おほ)くも三五(あななひ)
243(かみ)(つかさ)見違(みちが)へて
244銀毛八尾(ぎんまうはちび)(きつね)とは
245誤解(ごかい)するにも(ほど)がある
246(まへ)(こころ)にかかりたる
247(その)黒幕(くろまく)逸早(いちはや)
248(はづ)して(わたし)(かほ)()
249(なに)ほど(くろ)黒姫(くろひめ)
250普通(ふつう)(ひと)ではない(ほど)
251竜宮海(りうぐうかい)(そこ)(ふか)
252(しづ)まりいます乙姫(おとひめ)
253(かみ)(みこと)生宮(いきみや)
254あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
255御霊(みたま)(さち)はひましまして
256(とく)(きう)二人(ふたり)(たましひ)
257(ひかり)(あた)村肝(むらきも)
258(こころ)(やみ)()らしませ
259三五教(あななひけう)黒姫(くろひめ)
260国魂神(くにたまがみ)御前(おんまへ)
261(つつし)(ゐやま)()ぎまつる
262あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
263御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
264(うた)ひつつ、265坂路(さかみち)(いそ)(くだ)()く。
266大正一一・九・一七 旧七・二六 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)