霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二二章 当違(あてちがひ)〔九八六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 篇:第3篇 火の国都 よみ:ひのくにみやこ
章:第22章 第35巻 よみ:あてちがい 通し章番号:986
口述日:1922(大正11)年09月17日(旧07月26日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
火の国の都の高山彦の門前に、房公と芳公はたどり着いて門番に取次を頼んだ。門番の軽公は、神の大道を明らかにした人のみがこの門を通ることができると歌で返した。おかしな歌のやり取りの末、二人は門を開けてもらい中に進み入った。
房公は早速館の受付に、自分たちが三五教の黒姫の共の者であることを告げると、館の主人の高山彦に取り次ぐようにと依頼した。受付の玉公は、当然見ず知らずの二人を奥へ通そうとしない。
二人は、黒姫が高山彦の妻であることから、どうしても会いたいと談判し始めた。玉公は、主人の高山彦はまだ若い年であり、三五教の黒姫と夫婦であるはずがないと笑って取り合わない。
そこへ奥から一弦琴の音色と共に、この家の女主人である高山彦の妻・愛子姫の歌が聞こえてきた。その歌には、自分が神素盞嗚大神の娘であり、夫である高国別は高山彦と名を変えて今に至ることを伝えていた。
房公と芳公はこの歌を聞いて、火の国の神司・高山彦とは本名・高国別であり、黒姫の夫の高山彦とは別人であることに気が付いてきた。
玉公によると、火の国の神館は天教山の八島別夫婦が守っていたが、神命によって天教山に戻り、後には素盞嗚尊が連れてきた、天照大御神の厳の御霊である活津彦根命が就き、素盞嗚尊の娘・愛子姫を妻として治めているのだ、と説明した。
房公と芳公は、黒姫の夫探しの旅がまったくの人違いであることを悟った。二人は玉公にお礼を述べると、このことを黒姫に報せようと一目散に館を飛び出して行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3522
愛善世界社版:259頁 八幡書店版:第6輯 563頁 修補版: 校定版:274頁 普及版:100頁 初版: ページ備考:
001 ()国都(くにみやこ)高山彦(たかやまひこ)門前(もんぜん)(あら)はれた二人(ふたり)(をとこ)002こは()はずと()れた房公(ふさこう)003芳公(よしこう)両人(りやうにん)であつた。
004『もしもし門番様(もんばんさま)005何卒(どうぞ)(とほ)して(くだ)さいませ』
006 門番(もんばん)軽公(かるこう)門内(もんない)より、
007村肝(むらきも)(こころ)岩戸(いはと)(しま)りたる
008曲津(まがつ)(とほ)門口(もんぐち)でなし。
009(こころ)より(かみ)大道(おほぢ)(あき)らめよ
010天ケ下(あめがした)には(さまた)げもなし。
011(この)(もん)(こころ)(ただ)しき人々(ひとびと)
012大手(おほて)(ひろ)げて(とほ)門口(もんぐち)
013わが(むね)(もん)(ひら)けば(たちま)ちに
014これの鉄門(かなど)(おのづか)()く』
015 房公(ふさこう)(そと)より、
016洒落(しやれ)(こと)()門番(もんばん)(まも)()
017(こま)つたもん()(あた)りける』
018 芳公(よしこう)(また)(うた)ふ。
019よし(われ)(いや)しきものと()るとても
020かる(ひら)けよ(かみ)鉄門(かなど)を。
021よしもなき(こと)(いとま)(つぶ)すより
022(こころ)(もん)(ひら)(とほ)せよ。
023(われ)こそは自転倒島(おのころじま)(かみ)()
024(かみ)(かよ)はぬ門口(もんぐち)なき(はず)
025皇神(すめかみ)(よさ)しの(まま)(わた)()
026疎略(おろそか)にすな神様(かみさま)御子(みこ)を』
027 軽公(かるこう)門内(もんない)より、
028軽々(かるがる)しくどうして鉄門(かなど)(ひら)かりよか
029(まが)(たけ)びの(つよ)()なれば。
030曲神(まがかみ)(まこと)(かみ)となりすまし
031(ひと)(たば)かる(やみ)()なれば』
032 (もん)(そと)より房公(ふさこう)(こゑ)
033躊躇(ためら)ふな(われ)(あたま)てらす大御神(おほみかみ)
034(さか)えの(もん)(ひら)(かみ)なり』
035 軽公(かるこう)門内(もんない)より、
036『いざさらば(あたま)てらします大御神(おほみかみ)
037(すす)ませ(たま)へこれの鉄門(かなど)を』
038(うた)(なが)ら、039(かんぬき)をガタリと(はづ)し、040(もん)左右(さいう)にパツと(ひら)けば、041房公(ふさこう)042芳公(よしこう)(かる)目礼(もくれい)し、043(あし)(かる)げに(おく)(おく)へと(すす)()る。
044 玄関(げんくわん)受付(うけつけ)には、045五十恰好(ごじふかつかう)の、046(かほ)(すこ)細長(ほそなが)(をとこ)(ひか)へて()る。
047房公(ふさこう)(わたし)三五教(あななひけう)黒姫(くろひめ)のお(とも)をして此処迄(ここまで)(まゐ)つた房公(ふさこう)(まを)すもので御座(ござ)いますが、048黒姫(くろひめ)さまは此方(こちら)へお世話(せわ)になつて()られますかな』
049三五教(あななひけう)黒姫(くろひめ)(さま)()へば、050随分(ずゐぶん)黄金(わうごん)(たま)()()れた宣伝使(せんでんし)だが、051()此方(こちら)へはお()えになつて()りませぬよ』
052当館(たうやかた)主人(しゆじん)は、053矢張(やはり)高山彦(たかやまひこ)(まを)すお(かた)御座(ござ)いますか』
054左様(さやう)御座(ござ)います。055御主人(ごしゆじん)高山彦(たかやまひこ)056奥様(おくさま)愛子姫(あいこひめ)(まを)立派(りつぱ)神司(かむつかさ)御座(ござ)います』
057高山彦(たかやまひこ)(さま)御在宅(ございたく)ですか。058一寸(ちよつと)(うかが)(いた)()御座(ござ)いますが……』
059意味(いみ)ありげに()ふ。
060(わたし)受付(うけつけ)玉公(たまこう)(まを)しますが、061(なん)でも高山彦(たかやまひこ)御主人(ごしゆじん)は、062今朝(けさ)早々(さうさう)何処(どこ)かへ修行(しうげふ)にお()しになつたと()いて()ります。063乍併(しかしながら)受付(うけつけ)吾々(われわれ)(くは)しい(こと)(ぞん)じませぬ』
064何卒(どうぞ)すみませぬが、065高山彦(たかやまひこ)(さま)がお留守(るす)ならば、066一寸(ちよつと)奥様(おくさま)()はして(くだ)さる(わけ)にはいけますまいか。067いづれ(あと)から高山彦(たかやまひこ)(さま)(まへ)(おく)さまが()えますから、068それ以前(いぜん)一寸(ちよつと)()(かか)つて御伺(おうかが)ひして()けば、069(まへ)(もつ)円満(ゑんまん)解決(かいけつ)曙光(しよくわう)(みと)()るものと(ぞん)じますから、070(なん)とか(ひと)()りもつて(くだ)さいな』
071滅相(めつさう)もない。072主人(しゆじん)御不在中(ごふざいちゆう)奥様(おくさま)(をとこ)(かた)御対面(ごたいめん)(あそ)ばしませぬ。073残念(ざんねん)ながら何卒(どうぞ)(あきら)めて(くだ)さいませ。074さうして御主人様(ごしゆじんさま)(まへ)奥様(おくさま)とは、075(なん)()ふお(かた)御座(ござ)いますか』
076 房公(ふさこう)(すこ)しく(むね)()り、077()口上(こうじやう)にて、
078勿体(もつたい)なくも三五教(あななひけう)大宣伝使(だいせんでんし)黒姫(くろひめ)(さま)御座(ござ)る。079吾々(われわれ)(その)黒姫(くろひめ)(さま)股肱(ここう)(しん)御座(ござ)るから鄭重(ていちよう)にお待遇(もてなし)なさるが()からう。080如何(いか)愛子姫(あいこひめ)(さま)だとて(この)(こと)をお()きになれば、081()ひにならぬと()(わけ)には(まゐ)りますまい』
082肩肱(かたひぢ)(いか)らし禿頭(はげあたま)湯気(ゆげ)()て、083章魚(たこ)(かみしも)()(やう)恰好(かつかう)で、084(かた)四角(しかく)(かた)くなつて()る。
085『ハヽヽヽヽ、086そりや大変(たいへん)大間違(おほまちが)ひぢやありませぬか。087御主人(ごしゆじん)高山彦(たかやまひこ)(さま)はまだお(とし)がお(わか)屈強盛(くつきやうざか)りです。088さうして愛子姫(あいこひめ)(さま)をお(むか)(あそ)ばしたのが、089(をんな)をお()ちになつた最初(さいしよ)だと()(こと)ですから、090そんな(とし)をとつたお()アさまを女房(にようばう)()つて()られる(はず)はありませぬ。091(なに)かのお間違(まちが)ひでせう』
092『アハヽヽヽ、093(なん)とまア(うへ)から(した)までよう(はら)(あは)したものだなア。094万里(ばんり)波濤(はたう)()えて、095遥々(はるばる)(をつと)(あと)(した)(たづ)ねて御座(ござ)つた貞淑(ていしゆく)黒姫(くろひめ)さまを(そで)にして、096(わか)(をんな)女房(にようばう)()ち、097面白(おもしろ)可笑(をか)しく(この)()(わた)らうとは(ずる)量見(りやうけん)だ。098高山彦(たかやまひこ)さまも余程(よほど)堕落(だらく)をしたものだなア。099六十(ろくじふ)(しり)(つく)(なが)らチツと心得(こころえ)たら()ささうなものだ。100(わか)(おく)さまを(もら)つて若返(わかがへ)屈強盛(くつきやうざか)りの壮年(さうねん)(やう)になつたのかなア。101人間(にんげん)()ふものは(こころ)()(やう)肝腎(かんじん)だ。102(しか)黒姫(くろひめ)さまは何処(どこ)(まよ)うて御座(ござ)るだらうか。103もしもこんな(ところ)御入来(おいで)になつたらそれこそ大変(たいへん)だがなア』
104 (この)(とき)一間(ひとま)(へだ)てて(きこ)(きた)一絃琴(いちげんきん)(こゑ)105(うた)主人(あるじ)(この)()女主人(をんなしゆじん)愛子姫(あいこひめ)である。
106千早(ちはや)()(とほ)神世(かみよ)(むかし)より
107国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
108天地(あめつち)四方(よも)神人(しんじん)
109いと(たひ)らけく(やす)らけく
110常世(とこよ)(はる)(すく)はむと
111(こころ)千々(ちぢ)(くば)らせつ
112(よる)(ひる)との(わか)ちなく
113(とほ)(ちか)きの(へだ)てなく
114(たか)(いや)しき(おし)なべて
115(めぐみ)(つゆ)をたれ(たま)
116三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
117(しま)八十島(やそしま)八十(やそ)(くに)
118諸越山(もろこしやま)(おく)までも
119(ひら)かせ(たま)有難(ありがた)
120(わが)()(きみ)天照(あまてらす)
121皇大神(すめおほかみ)御任(みまか)せる
122五百津(いほつ)美須麻琉(みすまる)々々々々(みすまる)
123(たま)威徳(ゐとく)()れまして
124活津彦根(いくつひこね)(かみ)となり
125神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
126御子(みこ)(つか)へて天ケ下(あめがした)
127四方(よも)国々(くにぐに)(くま)もなく
128(いづ)(をしへ)()(たま)
129高国別(たかくにわけ)宣伝使(せんでんし)
130天教山(てんけうざん)より(くだ)ります
131八島(やしま)(わけ)敷妙姫(しきたへひめ)
132(かみ)(みこと)(あと)(おそ)
133高山彦(たかやまひこ)()()へて
134(この)()(しの)(たま)ひつつ
135五六七(みろく)御代(みよ)()(たま)
136(かみ)御裔(みすゑ)(たふと)けれ
137(わらは)(おな)瑞御霊(みづみたま)
138神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
139(うま)(たま)へる(うづ)御子(みこ)
140愛子(あいこ)(ひめ)名乗(なの)りつつ
141父大神(ちちおほかみ)御言(みこと)もて
142メソポタミヤの顕恩郷(けんおんきやう)
143バラモン(けう)(やかた)をば
144()てて(をしへ)(ひら)くなる
145鬼雲彦(おにくもひこ)曲神(まがかみ)
146御許(みもと)(なが)(かく)れつつ
147(こころ)(もち)ふる折柄(をりから)
148太玉彦(ふとたまひこ)宣伝使(せんでんし)
149(あら)はれ(きた)りて太玉(ふとたま)
150御稜威(みいづ)(あら)はし(たま)ひしゆ
151鬼雲彦(おにくもひこ)(おどろ)きて
152(くも)(かすみ)()()りぬ
153(わらは)姉妹(おとどい)八人(はちにん)
154顕恩郷(けんおんきやう)()()でて
155おのもおのもに()(やつ)
156三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
157四方(よも)(つた)ふる折柄(をりから)
158魔神(まがみ)()めに(いもうと)
159なやまされつつ(なみ)(うへ)
160(とほ)(なが)れる千万(ちよろづ)
161(なや)みを(しの)大神(おほかみ)
162大道(おほぢ)(つた)(すす)()
163あゝ健気(けなげ)なる姉妹(おとどい)
164(いま)何処(いづく)()(やま)
165いとしき(いも)逍遥(さまよ)ふか
166あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
167(かみ)御霊(みたま)(さち)はひて
168一日(ひとひ)(はや)姉妹(おとどい)
169無事(ぶじ)なる(かほ)()(あは)
170(たの)しむ(とき)(まつ)()
171五六七(みろく)(かみ)御前(おんまへ)
172(ひとへ)(ねが)(たてまつ)
173(わが)()(きみ)皇神(すめかみ)
174大御詔(おほみことのり)(かかぶ)りて
175(かつら)(たき)()でましぬ
176あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
177皇大神(すめおほかみ)御恵(みめぐみ)
178(わが)()(きみ)百日日(ももかひ)
179禊身(みそぎ)をやすく()ませかし
180愛子(あいこ)(ひめ)(つつし)みて
181(きよ)玉琴(たまこと)かき()らし
182すがすがしくも()(まつ)
183あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
184御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
185(うた)(こゑ)186二人(ふたり)(みみ)()(とほ)(やう)(きこ)(きた)る。
187『もしもし玉公(たまこう)さま、188(いま)のお(こゑ)愛子姫(あいこひめ)(さま)ぢや御座(ござ)いませぬか。189あのお(うた)様子(やうす)では、190吾々(われわれ)御先生(ごせんせい)黒姫(くろひめ)(さま)御探(おたづ)(あそ)ばす、191高山彦(たかやまひこ)さまではない(やう)()(いた)しました。192一体(いつたい)此方(こちら)御主人(ごしゆじん)何処(どこ)から御入来(おいで)になりましたか』
193(この)神館(かむやかた)二三年前(にさんねんぜん)まで、194天教山(てんけうざん)より(くだ)りましたる天使(てんし)八島別命(やしまわけのみこと)(さま)御夫婦(ごふうふ)がお(まも)りになつて()りましたが、195天教山(てんけうざん)より()出別神(でわけのかみ)(さま)()(あそ)ばし、196木花姫命(このはなひめのみこと)(さま)御用(ごよう)(いそが)しいから、197(もと)(ごと)天教山(てんけうざん)(かへ)つて()れよとの御神勅(ごしんちよく)で、198()出別神(でわけのかみ)(さま)(とも)に、199(この)(みやこ)をお()退()(あそ)ばされ、200(その)(あと)神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)(さま)天照大御神(あまてらすおほみかみ)(さま)(いづ)御霊(みたま)()れませる活津彦根命(いくつひこねのみこと)(さま)を、201()(あそ)ばして御入来(おいで)になり、202素盞嗚尊(すさのをのみこと)(さま)総領(そうりやう)息女(むすめ)愛子姫(あいこひめ)(さま)(つま)となし、203(かへ)(あそ)ばしたので御座(ござ)います。204(ほか)宣伝使(せんでんし)とは事変(ことか)はり、205随分(ずゐぶん)御神徳(ごしんとく)(たか)神司(かむづかさ)で、206畢竟(つまり)生神様(いきがみさま)御座(ござ)いますよ』
207『ハテナア、208(なに)(なん)だかサツパリ(わけ)(わか)らなくなつて()ました。209オイ芳公(よしこう)210コリヤ(ひと)(かんが)へねばなるまいぞ』
211『まるで()国峠(くにたうげ)天狗(てんぐ)(つま)まれた(やう)(はなし)だなア。212こりや()うしては()られない、213黒姫(くろひめ)さまの所在(ありか)(さが)した(うへ)(なん)とか思案(しあん)をせにやなるまい……玉公(たまこう)さま、214有難(ありがた)御座(ござ)いました。215(また)邪魔(じやま)(いた)します。216奥様(おくさま)にも(よろ)しく……』
217()()(あわただ)しく蓑笠(みのかさ)をつけ金剛杖(こんがうづゑ)をつき(なが)表門(おもてもん)()して()でて()く。
218大正一一・九・一七 旧七・二六 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。