霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二三章 清交(せいこう)〔九八七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 篇:第3篇 火の国都 よみ:ひのくにみやこ
章:第23章 第35巻 よみ:せいこう 通し章番号:987
口述日:1922(大正11)年09月17日(旧07月26日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
火の国館の門前に、宣伝歌を歌いながらやってきたのは、玉治別であった。玉治別は、黒姫が探していた筑紫の島の高山彦は、別人であることを知っていたようであった。
火の国館の門番・軽公と受付の玉公は、玉治別宣伝使がやってきたと知り、歓迎してさっそく奥殿の愛子姫に合わせるべく、館の重鎮・津軽命に引き合わせた。津軽命は玉治別を導き、愛子姫も玉治別の訪問と聞いて支度を整えている。
玉治別と愛子姫は打ち解けて語り合った。愛子姫の夫・高国別は禊のために桂の滝に出かけており、留守をしていた。玉治別も、自転倒島に流れ着いた愛子姫の妹たちの活躍を、愛子姫に語って聞かせた。
玉治別は自分が孤児の身の上であったことを明かしつつ、火の国館にやってきた目的は、黒姫が主人の高国別を自分の夫の高山別と勘違いしているので、その騒動を収めて黒姫を高山別のいる聖地へ連れて帰るためだと告げた。
そこへ門番の玉公が、黒姫が共を引き連れて門前にやってきたと注進した。津軽命は黒姫を、愛子姫の居間に通すようにと命じた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3523
愛善世界社版:270頁 八幡書店版:第6輯 567頁 修補版: 校定版:285頁 普及版:105頁 初版: ページ備考:
001 ()国館(くにやかた)門前(もんぜん)(ちか)く、002宣伝歌(せんでんか)(うた)(なが)()(きた)一人(ひとり)宣伝使(せんでんし)玉治別命(たまはるわけのみこと)なり。
003(かみ)(おもて)(あら)はれて
004善神邪神(ぜんしんじやしん)立別(たてわ)ける
005(こひ)(まよ)うた黒姫(くろひめ)
006自転倒島(おのころじま)聖場(せいぢやう)
007(あさ)(ゆふ)なにまめやかに
008(つか)へつとむるハズバンド
009高山彦(たかやまひこ)神司(かむづかさ)
010筑紫(つくし)(しま)(わた)りしと
011(こころ)(ひと)つに(おも)ひつめ
012(もも)(なや)みに()(なが)
013三五教(あななひけう)宣伝(せんでん)
014()ねつつ(きた)(なみ)(うへ)
015筑紫ケ岳(つくしがだけ)をふみ()えて
016(いは)()()()よけ(なが)
017人跡(じんせき)(まれ)なる(たに)(みち)
018向日峠(むかふたうげ)屋方村(やかたむら)
019(あと)(なが)めて荒井岳(あらゐだけ)
020二人(ふたり)御供(おとも)(ともな)ひて
021()(くに)(いち)急坂(きふはん)
022(のぼ)りつ(くだ)りつ(すす)()
023あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
024黒姫司(くろひめつかさ)(いま)ここに
025(あら)はれ(きた)ることあらば
026さぞや(おどろ)(たま)ふべし
027(わが)()(きみ)只管(ひたすら)
028(おも)ひし高山彦神(たかやまひこがみ)
029(まこと)(をつと)(あら)ずして
030(おも)ひもよらぬ(ひと)(つま)
031天照(あまてら)します大神(おほかみ)
032御手(みて)手巻(たまき)にまかせたる
033五百津(いほつ)美須麻琉(みすまる)々々々々(みすまる)
034(たま)精気(せいき)にあれましし
035活津彦根(いくつひこね)神司(かむづかさ)
036高国別(たかくにわけ)()くならば
037さすがに気丈(きぢやう)黒姫(くろひめ)
038さぞや(おどろ)(たま)ふらむ
039(おも)へば(おも)へばいぢらしい
040一日(ひとひ)(はや)片時(かたとき)
041黒姫(くろひめ)さまの(まよ)ひをば
042()らし(たす)けて自転倒(おのころ)
043(かみ)(あつ)まる(うづ)(しま)
044(あや)高天(たかま)につれ(かへ)
045高山彦(たかやまひこ)諸共(もろとも)
046(むつ)(した)しみ皇神(すめかみ)
047(まこと)(みち)(つか)へまし
048麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)神業(しんげふ)
049(きよ)くも(つか)へさせ(たま)
050あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
051神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
052御言(みこと)(かしこ)みフサの(くに)
053ウブスナ(やま)山頂(さんちやう)
054大宮柱(おほみやばしら)(ふと)しりて
055そそり()ちたる斎苑館(いそやかた)
056聖地(せいち)(あと)にはるばると
057エデンの(かは)(ふね)()
058フサの海原(うなばら)横断(わうだん)
059筑紫(つくし)(しま)熊襲国(くまそくに)
060建日(たけひ)(みなと)上陸(じやうりく)
061黒姫(くろひめ)さまを(たす)けむと
062ここ(まで)(すす)(きた)りけり
063あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
064御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
065(うた)(なが)ら、066門前(もんぜん)(ちか)(あら)はれける。
067 門番(もんばん)軽公(かるこう)(この)宣伝歌(せんでんか)(いさ)()ち、068威儀(ゐぎ)(ただ)して(もん)(ひら)き、
069玉治別神(たまはるわけかみ)(みこと)()でましと
070()るより(こころ)(いさ)みけるかも。
071高山彦(たかやまひこ)(かみ)(みこと)(あと)()うて
072黒姫司(くろひめつかさ)()でますと()く。
073黒姫(くろひめ)御供(みとも)(ひと)(いま)二人(ふたり)
074(ちから)なくなく(かへ)りましけり。
075高国別(たかくにわけ)(かみ)(みこと)神司(かむづかさ)
076(かつら)(たき)()でましにけり。
077玉治別(たまはるわけ)(かみ)(みこと)(すみや)かに
078鉄門(かなど)をくぐり(おく)()りませ。
079惟神(かむながら)(かみ)(めぐみ)(ふか)くして
080今日(けふ)(たふと)(かみ)()(かな)
081有難(ありがた)玉治別(たまはるわけ)()でましに
082御空(みそら)(きよ)()(わた)りけり。
083大空(おほぞら)(ほし)にも(まが)玉治別(たまはるわけ)
084(かみ)身魂(みたま)(うるは)しき(かな)
085(くち)(きは)めて讃美(さんび)し、086歓迎(くわんげい)してゐる。
087(うるは)しき()国都(くにみやこ)鉄門(かなど)()
088(かる)(きみ)こそ雄々(をを)しき()()よ。
089われこそは玉治別(たまはるわけ)神司(かむづかさ)
090(やかた)(きみ)()はまくぞ(おも)ふ。
091高国別(たかくにわけ)(かみ)(みこと)雄々(をを)しくも
092(かつら)(たき)()でますと()く。
093さり(なが)愛子(あいこ)(ひめ)はおはすらむ
094われは(かは)りて言問(ことと)ひたくぞ(おも)ふ』
095 門番(もんばん)軽公(かるこう)は、
096神館(かむやかた)(あるじ)(きみ)はいまさねど
097愛子(あいこ)(ひめ)()はせまつらむ。
098玉治別(たまはるわけ)(かみ)(みこと)よわれは(いま)
099(きみ)御為(みため)(みちび)きまつらむ』
100 玉治別(たまはるわけ)は、
101(いま)こそは(ひと)(なさけ)()られけり
102鉄門(かなど)(まも)(ひと)言葉(ことば)に。
103黒姫(くろひめ)はやがては此処(ここ)()ますらむ
104(やす)(とほ)せよ鉄門(かなど)()(ひと)
105黒姫(くろひめ)(やす)(とほ)さむ(すべ)なけど
106(きみ)のことばに詮術(せんすべ)もなし。
107(きみ)ならで(たれ)(ひら)かむ(この)鉄門(かなど)
108(あるじ)(きみ)(ゆる)しなくして』
109 玉治別(たまはるわけ)は、
110『いざさらば(うづ)(やかた)(すす)(まを)さむ
111(こころ)(あし)軽公(かるこう)(めぐみ)に』
112 かく応答(おうたふ)(なが)ら、113いつの()にか玄関口(げんくわんぐち)につけり。114軽公(かるこう)受付(うけつけ)玉公(たまこう)(むか)(うた)()む。
115玉公(たまこう)(いま)より(おもて)鉄門(かなど)()
116わはこれより受付(うけつけ)とならむ』
117『いざさらば(おもて)()ちていかめしく
118みことのままに鉄門(かなど)(まも)らむ』
119と、120つツと()つて(もと)門番(もんばん)をなすべく(おもて)()()く。
121 この軽公(かるこう)は、122津軽命(つがるのみこと)といふ(やかた)(あるじ)股肱(ここう)(たの)宣伝使(せんでんし)である。123津軽命(つがるのみこと)玉治別命(たまはるわけのみこと)(むか)(また)(うた)ふ。
124『いざ(はや)(おく)一間(ひとま)(とほ)りませ
125愛子(あいこ)(ひめ)(なれ)()ちます』
126神館(かむやかた)(あるじ)(かみ)はまさねども
127いろとの(きみ)にものや(まを)さむ』
128と、129津軽命(つがるのみこと)(みちび)かれ、130(おく)()さして(すす)()る。131愛子姫(あいこひめ)玉治別命(たまはるわけのみこと)入来(にふらい)()き、132あわただしく衣紋(えもん)をつくろひ(かみ)をなで()げ、133しづしづとして此方(こなた)(むか)つて(あゆ)(きた)る。134(なが)廊下(らうか)(さし)かかる(をり)135玉治別(たまはるわけ)にパツタリ出会(であ)ひ、
136()(ひと)(みちび)(すく)愛子姫(あいこひめ)
137(なれ)(むか)へむと此処(ここ)(きた)れり。
138()(みこと)これの(やかた)()ますぞと
139きくより日々(にちにち)()ちあぐみたるよ。
140うるはしき玉治別(たまはるわけ)神司(かむづかさ)
141(たか)御名(みな)こそ()(ひび)きけり。
142あゝ(きよ)(かみ)姿(すがた)()のあたり
143(をろが)(あふ)今日(けふ)(うれ)しき』
144 玉治別(たまはるわけ)はこれに(こた)へて、
145()(たか)()国都(くにみやこ)神司(かむづかさ)
146(なれ)はいろとにおはすか天晴(あは)れ。
147素盞嗚(すさのを)(かみ)(みこと)愛娘(まなむすめ)
148(ひめ)(みこと)(した)()にけり。
149うるはしき(その)御心(みこころ)(あら)はれて
150御姿(みすがた)さへも(かがや)(たま)へる。
151()りわたる天津御空(あまつみそら)(つき)(ごと)
152(きよ)御姿(みすがた)(いま)(をが)むかな』
153(うた)(なが)ら、154愛子姫(あいこひめ)155津軽命(つがるのみこと)前後(ぜんご)(まも)られ、156一間(ひとま)(うち)悠々(いういう)として(すす)()る。157(おく)一間(ひとま)三人(さんにん)鼎座(ていざ)して、158(たがひ)(うち)とけ(うれ)しげに(かた)()ふ。
159玉治別(たまはるわけ)宣伝使(せんでんし)(さま)160ようマアはるばると(たづ)ねて()(くだ)さいました。161(をつと)高国別(たかくにわけ)折悪(をりあ)しく、162今朝(こんてう)(かつら)(たき)御禊(みそぎ)(ため)に、163百日(ひやくにち)心願(しんぐわん)をこめて(まゐ)りました不在中(ふざいちゆう)で、164(まこと)不都合(ふつがふ)なれども、165ゆるゆる御休息(ごきうそく)(うへ)166国々(くにぐに)御珍(おめづ)らしいお(はなし)()かせて(くだ)さいませ』
167『ハイ有難(ありがた)御座(ござ)います』
168と、169愛子姫(あいこひめ)(いもうと)所在(ありか)一々(いちいち)物語(ものがた)り、170(かつ)(また)(その)活動振(くわつどうぶり)詳細(しやうさい)(つた)へけるに、171愛子姫(あいこひめ)はえも()はれぬ愉快(ゆくわい)なる面色(おももち)にて、
172玉治別(たまはるわけ)さま、173随分(ずゐぶん)あなたも御苦労(ごくらう)なさいましたなア。174神様(かみさま)(ため)世人(よびと)(ため)175どうぞ御壮健(ごさうけん)にて御神務(ごしんむ)にお(つか)(くだ)さいますやう(いの)ります』
176『ハイ有難(ありがた)御座(ござ)います。177(わたくし)不運(ふうん)()(うへ)178父母(ふぼ)()てられ、179ホンの独身者(どくしんもの)御座(ござ)いますが、180三五教(あななひけう)帰順(きじゆん)いたしましてより、181国依別(くによりわけ)さまの(いもうと)女房(にようばう)(もら)ひうけ、182(いま)夫婦(ふうふ)(ちから)(あは)せて、183神様(かみさま)御用(ごよう)一心(いつしん)(いた)して()ります。184イヤもう苦労(くらう)といつても、185(かみ)さまと道伴(みちづ)れの苦労(くらう)御座(ござ)いますから、186何処(どこ)(くに)(まゐ)りましても、187(まこと)愉快(ゆくわい)でたまりませぬ』
188『あゝ左様(さやう)御座(ござ)いますか。189(わらは)(なん)とかして(いもうと)(やう)世界(せかい)各国(かくこく)巡教(じゆんけう)いたしたく(ぞん)じまするが、190(なに)()つても(をつと)ある()(うへ)191(おも)ふやうには(まゐ)りませぬ。192身魂(みたま)因縁(いんねん)相応(さうおう)御用(ごよう)より出来(でき)ないものと()えますなア』
193『いかにも左様(さやう)御座(ござ)いませう。194(とき)三五教(あななひけう)黒姫(くろひめ)さまは、195高山彦(たかやまひこ)といふ御主人(ごしゆじん)御座(ござ)いますが、196(あや)聖地(せいち)(おい)て、197(くだ)らぬことから喧嘩(けんくわ)をなされまして、198高山彦(たかやまひこ)さまは、199筑紫(つくし)(しま)()くと()()つた(まま)200何処(どこ)かへお(かく)れになりました。201そこで黒姫(くろひめ)さまが、202高山彦(たかやまひこ)さまは屹度(きつと)筑紫島(つくしじま)御座(ござ)ることと思召(おぼしめ)され、203はるばると海山(うみやま)()えて(この)(くに)()てゐられます。204高国別(たかくにわけ)さまの(また)御名(みな)高山彦(たかやまひこ)さまと(まを)すので、205黒姫(くろひめ)さまは(わが)(をつと)とのみ(おも)ひつめ、206やがて此処(ここ)へお()しになるでせうから、207どうぞお(ねが)ひで御座(ござ)います。208(おく)御通(おとほ)(くだ)さいまして、209一応(いちおう)(はなし)をきいて()げて(くだ)さいませ。210玉治別(たまはるわけ)御願(おねが)ひで御座(ござ)います』
211『それは(また)(めう)(こと)(ござ)いますなア。212黒姫(くろひめ)さまの御主人(ごしゆじん)御名(みな)もヤツパリ高山彦(たかやまひこ)さまで(ござ)いましたかなア。213(その)高山彦(たかやまひこ)さまの御所在(おありか)はお(わか)りになつて()りますか』
214高山彦(たかやまひこ)さまはアフリカへ御渡(おわた)りかと(おも)ひきや、215依然(いぜん)として聖地(せいち)(あら)はれ、216(かみ)さまに朝夕(あさゆふ)(つか)へをして()られます。217(わたし)はそれを()るにつけ、218黒姫(くろひめ)さまの御心根(おこころね)可哀相(かあいさう)になり、219神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)さまのまします斎苑(いそ)(やかた)一旦(いつたん)(まゐ)りまして、220(あらた)めてここへ(わた)り、221黒姫(くろひめ)さまに(めぐ)()つて、222()らして()げたいと(おも)ひ、223宣伝(せんでん)()ねお(むか)(かたがた)(まゐ)りましたので御座(ござ)います』
224『それはマア御親切(ごしんせつ)(こと)御座(ござ)います。225黒姫(くろひめ)さまがあなたの御心底(ごしんてい)をお()きになられたら、226さぞお(よろこ)びになることでせう』
227『ハイ有難(ありがた)う、228(わたくし)(うかが)ひでは、229このお(やかた)にて(あま)(とほ)からぬ(うち)230黒姫(くろひめ)さまに御面会(ごめんくわい)出来(でき)るやうに(ぞん)じます』
231(わらは)左様(さやう)心得(こころえ)ます。232どうぞ(はや)くお()(くだ)さると(よろ)しいがなア』
233 かく(はな)(をり)しも、234門番(もんばん)玉公(たまこう)はあわただしく()(きた)り、
235三五教(あななひけう)黒姫(くろひめ)()()アさまが、236五人(ごにん)荒男(あらをとこ)()れて、237表門(おもてもん)(あら)はれ、238(この)(もん)()け……と()つて()りまする。239如何(いかが)(いた)しませうかなア』
240 津軽命(つがるのみこと)言下(げんか)に、
241玉公(たまこう)御苦労(ごくらう)だが、242(はや)表門(おもてもん)をひらき、243黒姫(くろひめ)さま一行(いつかう)此処(ここ)御案内(ごあんない)(まを)せ』
244 玉公(たまこう)不審(ふしん)面持(おもも)ちにて、
245『へー、246あんな(わる)(やつ)沢山(たくさん)()れた(ばば)アでも、247(とほ)して(よろ)しいか。248高山彦(たかやまひこ)さまの女房(にようばう)だなんぞと()つてゐましたよ。249モシもあんな()アさまを()つぱり()まうものなら大変(たいへん)ですよ。250第一(だいいち)愛子姫(あいこひめ)さまが御迷惑(ごめいわく)(あそ)ばすでせう』
251(かま)はないから、252(はや)くお(むか)(まを)して()い』
253『ハイ』
254(こた)へて門番(もんばん)(おもて)をさして(はし)()く。
255大正一一・九・一七 旧七・二六 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)