霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第35巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm358801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
(ひら)くべき時世(ときよ)()ふて(ひら)かむと
(ゆき)(うづ)もれまつ(うめ)(はな)〈総説歌〉
()のさまを()(たぴ)ごとに()くごとに
(なみだ)(ひかり)かがやかむとすも〈総説歌〉
()かば()(しこ)木枯強(こがらしつよ)くとも
われには(はる)(そな)へこそあれ〈総説歌〉
三五(あななひ)(つき)雲間(くもま)()でしより
曲津(まがつ)(かげ)()()せにける〈第2章(三版)〉
悪人(あくにん)(まこと)(みち)向日山(むかふやま)
()れて(あと)なき仇雲(あだぐも)(まく)〈第3章(三)〉
只一人(ただひとり)われ()(ひと)()にあらば
(かみ)御業(みわざ)もたやすく()らむを〈第4章〉
(こは)たれし宮居(みやゐ)(あと)にひれ()して
()郭公声(ほととぎすこゑ)もかなしき〈第5章〉
(こころ)なき(ひと)邪神(まがみ)(おほ)くして
伊都(いづ)御舎(みあらか)(こぼ)たれにける〈第5章〉
(われ)()(ひと)こそ数多(あまた)ありぬれど
わが(たま)()(ひと)()になし〈第6章〉
宮原(みやはら)()三五(あななひ)(みや)あらば
(しこ)(すさ)びもあらざらましを〈第8章〉
()(ひと)(あらし)()かれ()ふさまは
(じつ)にあやつり人形踊(にんぎやうをど)りかも〈第9章〉
生人形(いきにんぎやう)あまた(なら)べてあし(はら)
醜草村(しこくさむら)蚯蚓(みみず)なくなり〈第9章〉
曲津神神(まがつかみがみ)(をしへ)()()ぢて
いのち(かぎ)りに刃向(はむか)()たるも〈第9章〉
()()なに(まう)でて(あつ)(なみだ)しぬ
神座山(かみくらやま)()らされし(あと)〈第11章〉
わが涙凝(なみだこ)りては霖雨雪(ながめゆき)となり
(いづみ)となりて御代(みよ)(きよ)めむ〈第11章〉
()()きし(ひと)(あや)しく(おも)ふらむ
(かみ)御国(みくに)のありしを()りて〈第12章〉
(あだ)()千草(ちぐさ)八千草(やちぐさ)さやぐ()
(つき)(かげ)のみ(ひと)りさやけし〈第12章〉
あちこちと(いとま)なき()(かみ)のため
()のため(みち)のしるべするなり〈第12章〉

官能の徴妙なるをののきは 吾が全身の生血を泡立たし
暗黒の中に輝く      静思の光明は
三五の月の空高し     暗黒の輝きは消え失せ
氷のやうな幻が      印象帯をかけまはる。〈第24章〉
[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。