霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第六章 意外(いぐわい)(こたへ)〔九九四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第36巻 海洋万里 亥の巻 篇:第1篇 天意か人意か よみ:てんいかじんいか
章:第6章 第36巻 よみ:いがいなこたえ 通し章番号:994
口述日:1922(大正11)年09月21日(旧08月1日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
アナンはわざと竜雲の部下につかまって牢獄に入れられたが、呼応しようとしていたテーリスは、牢獄の監視の役を変えられていてそこにはいなかった。
アナンは獄中にて自分の不運を嘆きつつ、奸臣を除き王の世を再び元に返す志を歌い、また竜雲の部下たちの不実を非難する歌を歌った。
エームスも、獄舎の中で述懐の歌を歌っている。竜雲の部下ベールはエームスのところにやってきて、エームスが竜雲を助けた功績に免じて赦してやるから、竜雲のために働くようにと告げた。
エームスは悪に加担することはできないとベールの申し出を断った。ベールはエームスの答えを竜雲に報告するために去って行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3606
愛善世界社版:51頁 八幡書店版:第6輯 602頁 修補版: 校定版:52頁 普及版:24頁 初版: ページ備考:
001 アナンはサール、002セール、003ウインチの同志(どうし)(わか)れを()げ、004テーリスに()つて内外(ないぐわい)(あひ)呼応(こおう)し、005一挙(いつきよ)竜雲(りううん)(とら)へむと計画(けいくわく)(さだ)め、006ブラリブラリと神地城(かうぢじやう)(ちか)(あら)はれた。007メール、008ヨールの両人(りやうにん)(たちま)ちアナンを(とら)(ごく)(とう)じた。
009 アナンはテーリスが依然(いぜん)として牢獄(らうごく)監督(かんとく)たるべしと確信(かくしん)して()たが、010(あに)(はか)らむやベールの悪人(あくにん)何時(いつ)()にか(かは)つて()る。011竜雲(りううん)もテーリスを(かた)(しん)(わが)股肱(ここう)(たの)み、012大切(たいせつ)なる牢獄(らうごく)監督(かんとく)(めい)じて()たが、013(かれ)悪者(しれもの)014万一(まんいち)正義派(せいぎは)(くわん)(つう)如何(いか)なる(こと)仕出(しで)かすやも(はか)(がた)しと、015奸智(かんち)()けた竜雲(りううん)は、016ベールをして(これ)(かは)らしめたのである。017アナンは()うなつては(あたか)()んで()()(なつ)(むし)同様(どうやう)であつた。018(すべ)ての計画(けいくわく)はこれにてサツパリ齟齬(そご)して(しま)(こと)非常(ひじやう)(おそ)れざるを()なかつた。019アナンは獄中(ごくちう)にて(ひそ)かに(うた)ふ、020(その)(うた)
021(あめ)(つち)とを(つく)らしし
022(まこと)(かみ)のいます()
023如何(いか)なる(こと)(おそ)るべき
024(てん)(きら)めく(ほし)(かげ)
025()青々(あをあを)生茂(おひしげ)
026山河(やまかは)(きよ)(うる)はしく
027(はちす)(はな)遠近(をちこち)
028()(にほ)ひたる(かみ)(くに)
029吾等(われら)(かみ)()(かみ)(みや)
030いかでか(まが)のをかすべき
031如何(いか)なる(なや)みに()ふとても
032(こころ)()をも皇神(すめかみ)
033(まか)(まつ)りて信仰(あななひ)
034(まこと)(つく)(われ)こそは
035(かみ)照覧(せうらん)(あそ)ばさむ
036一度(いちど)(てき)(なや)まされ
037(もも)責苦(せめく)()ふとても
038いつしか(ひら)(かみ)(もん)
039(この)シロ(しま)はサガレン(わう)
040(きみ)(みこと)永久(とこしへ)
041(しづ)まり()まして国民(くにたみ)
042いと(たひら)けく(やす)らけく
043()ろし()すべき(かみ)(くに)
044ウラルの(みち)神司(かむづかさ)
045竜雲(りううん)いかに暴力(ばうりよく)
046(ふる)ふといへど曲神(まがかみ)
047いかでか正義(せいぎ)(てき)()
048(かご)()はれし(とり)さへも
049いつしか(やぶ)れて天地(あめつち)
050(ひろ)御園(みその)悠々(いういう)
051(はる)をば(うた)(とき)あらむ
052あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
053(かみ)(みたま)(さち)はひて
054サガレン(わう)(はじ)めとし
055忠義(ちうぎ)(あつ)きタールチン
056キングス(ひめ)やゼム、エール
057エームス、ユーズ、シルレング
058(たふと)(ただ)しき人々(ひとびと)
059身魂(みたま)(やす)(まも)りませ
060アナンは(てき)(とら)へられ
061(くる)しき月日(つきひ)(おく)るとも
062(きみ)(おん)()(くに)()
063世人(よびと)()めとなるならば
064如何(いか)でか(いのち)(をし)まむや
065いかなる(てき)(あら)はれて
066水責(みづぜ)火責(ひぜ)めはまだ(おろ)
067(つるぎ)責苦(せめく)()ふとても
068(きみ)(ささ)げし(この)生命(いのち)
069(こころ)(ひろ)きシロの(しま)
070神地(かうぢ)獄舎(ひとや)(とら)はれて
071()(まま)ならぬ(かご)(とり)
072なれども(こころ)清々(すがすが)
073天地(あめつち)四方(よも)国原(くにばら)
074自由自在(じいうじざい)逍遥(せうえう)
075皇大神(すめおほかみ)御光(みひかり)
076(わが)()(うへ)(てら)しまし
077歓喜(くわんき)(むね)()()ちぬ
078朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
079(つき)()つとも()くるとも
080仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
081八岐大蛇(やまたをろち)(かか)りたる
082(しこ)(つかさ)言向(ことむ)けて
083(この)神国(かみくに)永久(とこしへ)
084(まも)らにやおかぬ(わが)(こころ)
085()きては御国(みくに)(たて)となり
086()しては護国(ごこく)(おに)となり
087(まこと)(ひと)つを天地(あめつち)
088(つらぬ)(とほ)(たの)しさよ
089ベールの(まなこ)(ひか)るとも
090(よる)()えない(ひと)()
091いかでかわれ()心根(こころね)
092(さぐ)りあてむや惟神(かむながら)
093(かみ)(をしへ)(そむ)きつつ
094一時(いちじ)栄華(えいぐわ)(あこが)れて
095魔神(まがみ)()びつ(へつら)ひつ
096(わが)身一(みひと)つの栄達(えいだつ)
097(はか)らむとする卑劣(ひれつ)さよ
098(おも)へば(おも)へばベールこそ
099()にも(あは)れな(もの)ぞかし
100あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
101御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
102 エームスは(また)獄中(ごくちう)にありて、103(ひそか)述懐(じゆつくわい)()べて()る、104(その)(うた)
105天地(てんち)(つく)(かた)めたる
106国治立大御神(くにはるたちのおほみかみ)
107大地(だいち)(ちから)()れませる
108神素盞嗚大御神(かむすさのをのおほみかみ)
109大地(だいち)(れい)(あら)はれし
110金勝要大神(きんかつかねのおほかみ)
111(まも)らせ(たま)瑞穂国(みづほくに)
112(なか)にも(たふと)きシロの(しま)
113(この)神国(かみくに)天地(あめつち)
114殊更(ことさら)(ふか)御恵(みめぐみ)
115(さか)えて(すす)(うづ)(くに)
116(この)神国(かみくに)()ろしめす
117サガレン(わう)民草(たみぐさ)
118(あるじ)()まし()()まし
119(おや)とまします(いづ)(かみ)
120(たか)御稜威(みいづ)はヒマラヤの
121(やま)(もの)かは()(くも)
122伊行(いゆ)(はばか)(うづ)(きみ)
123ウラルの(みち)竜雲(りううん)
124非望(ひばう)(たく)みに()せられて
125(いま)(くる)しみ(たま)へども
126如何(いか)でか(かみ)(ゆる)さむや
127ケールス(ひめ)竜雲(りううん)
128悪逆(あくぎやく)無道(むだう)振舞(ふるまひ)
129天地(てんち)()れざる逆罪(ぎやくざい)
130あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
131(かみ)(おもて)()れまして
132善悪正邪(ぜんあくせいじや)(わか)ちまし
133魔神(まがみ)(ほろ)ぼし善神(ぜんしん)
134(すく)はせ(たま)ふは()(あた)
135吾等(われら)獄舎(ひとや)()()まれ
136無限(むげん)苦痛(くつう)()ふとても
137(こころ)(ひろ)(あま)(はら)
138(そら)()(とり)(ごと)くなり
139如何(いか)無道(むだう)竜雲(りううん)
140吾等(われら)(きよ)(たましひ)
141(しば)(くる)しむ枉業(まがわざ)
142如何(いか)(こころ)(つく)すとも
143到底(たうてい)(おこな)()ざらまし
144(こころ)(そら)日月(じつげつ)
145(かがや)(わた)正義(せいぎ)()
146如何(いか)でか獄舎(ひとや)(おそ)れむや
147(かみ)吾等(われら)(とも)()
148バラモン(けう)自在天(じざいてん)
149大国彦(おほくにひこ)御前(おんまへ)
150(こころ)(きよ)()(きよ)
151一日(ひとひ)(はや)(わが)(きみ)
152(こころ)(やす)んじ(くる)しみを
153(すく)はせ(たま)惟神(かむながら)
154(かみ)御水火(みいき)(うま)れたる
155サガレン(わう)側近(そばちか)
156右守神(うもりのかみ)(つか)へたる
157(みち)(つかさ)のエールスが
158ひそかにひそかに()(まつ)
159あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
160御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
161(うた)(をり)しも、162ベールは足音(あしおと)(たか)(この)()(あら)はれ(きた)り、163獄舎(ひとや)(そと)より、
164『エームスさま、165只今(ただいま)竜雲殿(りううんどの)より、166貴方(あなた)(たい)する(うたが)ひは(まつた)()れたから、167(ゆる)してやれとの御言葉(おことば)御座(ござ)います。168貴方(あなた)竜雲様(りううんさま)危難(きなん)(すく)うた殊勲者(しゆくんしや)だから、169何卒(どうぞ)(はや)此処(ここ)()(くだ)さい』
170(こゑ)(やはら)げて、171慇懃(いんぎん)()つて(かは)つた態度(たいど)()(わた)すにぞ、172エームスは(かうべ)左右(さいう)()り、
173『それは(まこと)(もつ)有難(ありがた)御座(ござ)います。174(しか)(なが)(わたし)最早(もはや)社会(しやくわい)()(はたら)かうとは(おも)ひませぬ。175それ(ゆゑ)(この)別荘(べつさう)(こと)(ほか)気楽(きらく)御座(ござ)いますれば、176何卒(どうぞ)(なが)(ごく)において(くだ)さる(やう)竜雲(りううん)殿(どの)にお(ねが)ひをして(くだ)さい。177折角(せつかく)居馴(ゐな)ずんだ(ところ)御座(ござ)いますから、178()るのが()しくなりました。179アハヽヽヽ』
180『これはしたり、181エームスさま、182獄舎(ひとや)(なか)結構(けつこう)だとは、183そりや本心(ほんしん)でおつしやるのですか』
184(わたし)此処(ここ)一生(いつしやう)(おく)()希望(きばう)して()ります。185到底(たうてい)竜雲(りううん)さまに(ゆる)され、186(あるひ)はお(やく)使(つか)はれましても、187不運(ふうん)(もの)何処迄(どこまで)不運(ふうん)188(また)(さふらふ)189(ひと)(たす)けて牢獄(らうごく)()()まれる(やう)(こと)出来(しゆつたい)(いた)しても(つま)りませぬから、190此処(ここ)()うして()れば、191(つみ)(つく)らず(こころ)(なや)まさず結構(けつこう)御座(ござ)います。192何卒(どうぞ)(わたし)解放(かいはう)して(この)(うへ)苦労(くらう)をさせぬやうに(ゆる)して(くだ)さいませ。193どうも(わたし)性質(せいしつ)として、194(わる)(こと)出来(でき)ませぬ。195(わる)(こと)平気(へいき)(うま)くやつて()ける人間(にんげん)竜雲様(りううんさま)御引立(おひきたて)によりましてズンズンと御出世(ごしゆつせ)(あそ)ばすなり、196(いのち)をお(たす)(まを)して善事(ぜんじ)をなしたる(わたし)(ごく)(とう)ぜらるると()(やう)逆様(さかさま)()(なか)ですから、197到底(たうてい)社会(しやくわい)()活動(くわつどう)する場所(ばしよ)御座(ござ)いませぬ。198何時(いつ)までも此処(ここ)()いて(もら)()いと(まを)すのは左様(さやう)次第(しだい)でありますから、199(あし)からず竜雲(りううん)殿(どの)(この)(よし)をお(つた)(くだ)さいませ』
200『これは(また)(かは)つた御意見(ごいけん)201ベールも一向(いつかう)合点(がつてん)(まゐ)りませぬ。202(なに)()もあれ、203一応(いちおう)竜雲様(りううんさま)にお(うかが)(いた)して(まゐ)りませう』
204()(なが)ら、205スタスタと(この)()()()る。
206大正一一・九・二一 旧八・一 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。