霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 門雀(もんじやく)〔一〇〇四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第36巻 海洋万里 亥の巻 篇:第3篇 神地の暗雲 よみ:こうじのあんうん
章:第16章 第36巻 よみ:もんじゃく 通し章番号:1004
口述日:1922(大正11)年09月23日(旧08月3日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
門番のシールとベスは、酒を酌み交わしながら雑談にふけっていた。そして、ケールス姫が勇ましい戦支度のいでたちで血相変えて門前にやってきたが、こそこそとお館に戻って行ったことを話題にしていた。
ケールは、何か奥に危急の事態が起こっていたら大変だから、ベスに見に行ってくるようにと言いつけた。ベスは白鉢巻にたすき十字のいでたちを整えると、奥殿に進んでいった。
すると左守のケリヤが負傷しており、竜雲、ケールス姫、テールらが驚きに気もそぞろになっている様子が見えた。ベスは状況を見て、それほどたいしたことではないだろうと考え、門に戻ろうとした。
ケールス姫はベスの姿を目ざとく見つけ、門番が奥殿まで入ってきたことを怒鳴りつけた。ベスはただならぬ姫の様子に、何事か出来したかと様子を見に来ただけだと答えた。竜雲とケールス姫は、ここで見たことは決して口外するなとしてベスを追い出した。
これより城内には間断なく不可解なことが続出し、竜雲以下城内の者はみな、戦々恐々として心休まらず日々を暮らすことになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3616
愛善世界社版:168頁 八幡書店版:第6輯 643頁 修補版: 校定版:174頁 普及版:74頁 初版: ページ備考:
001 神地(かうぢ)(しろ)表門(おもてもん)には、002門番(もんばん)のシール、003ベスの両人(りやうにん)が、004あまりの無聊(むれう)(あつ)さとを(わす)れむため、005チビリチビリと胡坐(あぐら)をかいて(さけ)()(かは)雑談(ざつだん)(ふけ)つて()る。
006『オイ、007ベス、008ケールス(ひめ)(さま)血相(けつさう)()へて(たすき)十字(じふじ)綾取(あやど)り、009後鉢巻(うしろはちまき)(りん)()め、010(すそ)もあらはに大薙刀(おほなぎなた)小脇(こわき)抱込(かいこ)み、011此処迄(ここまで)(あら)はれ(きた)り、012手持無沙汰(てもちぶさた)のお面貌(かほつき)でコソコソと(ふたた)(もと)のお(やかた)()(かへ)されたのは一体(いつたい)(なん)だらう。013まるで戦場(せんぢやう)()ける女武者(をんなむしや)のやうぢやないか。014(おれ)此処(ここ)門番(もんばん)(さけ)一緒(いつしよ)神妙(しんめう)につとめて()るから、015貴様(きさま)一寸(ちよつと)(やかた)()つて様子(やうす)(さぐ)つて()()れ。016(なん)だか()()()かないやうな心持(こころもち)がして()たからなア』
017『さうだなア。018合点(がてん)()かぬ(ひめ)(さま)御様子(ごやうす)019(これ)には(なに)(わけ)があるのであらう。020(しか)られるか()らないが一寸(ちよつと)(おく)(まで)()つて()る。021俺達(おれたち)門番(もんばん)分際(ぶんざい)として、022昇殿(しようでん)(ゆる)されない()(うへ)だが、023(なん)でも非常(ひじやう)(こと)大奥(おほおく)には突発(とつぱつ)して()るに(ちが)ひない。024万々一(まんまんいち)竜雲様(りううんさま)御身(おみ)(うへ)一大事(いちだいじ)があつては、025吾々(われわれ)悠々(いういう)閑々(かんかん)として()(わけ)には()かない。026(しか)られても(かま)はぬ、027(おく)(まで)踏込(ふみこ)んで()る。028様子(やうす)(あと)から(くは)しく(わか)るであらう』
029()ひのこし、030ベスは白鉢巻(しろはちまき)()(たすき)十字(じふじ)綾取(あやど)りながら、031尻引(しりひ)つからげ無雑作(むざふさ)奥殿(おくでん)さして(すす)()り、032ケリヤの負傷(ふしやう)や、033竜雲(りううん)034ケールス(ひめ)035テールの(おどろ)きの場面(ばめん)一見(いつけん)し、036()大体(だいたい)様子(やうす)垣間(かいま)()ながら、037(この)(ぶん)ならば(あま)(たい)した(こと)はあるまい、038(ゆめ)騒動(さうだう)だと(つぶや)きながらスタスタと(きびす)(かへ)さむとする(とき)039目敏(めざと)くもケールス(ひめ)はベスの姿(すがた)()(こゑ)(とが)らせ、
040『お(まへ)門番(もんばん)のベスではないか。041(やかた)禁制(きんせい)(やぶ)り、042()かる大奥(おほおく)(まで)(なに)しに()たのだい』
043呶鳴(どな)りつけられ、044ベスは(ふる)ひながら(あたま)()き、
045『ハヽハイ、046マヽ(まこと)申訳(まをしわけ)御座(ござ)りませぬ。047(じつ)はケールス(ひめ)(さま)(ただ)ならぬ御様子(ごやうす)(をが)みまして、048(この)大奥(おほおく)には何事(なにごと)珍事(ちんじ)突発(とつぱつ)せしならむ、049如何(いか)(いや)しき門番(もんばん)なりとて、050(きみ)危難(きなん)(すく)はずには()られない、051昇殿(しようでん)御禁制(ごきんせい)(ひやく)(せん)承知(しようち)(いた)しては()りますが、052()かる非常時(ひじやうじ)にはそんな(こと)(まも)つて()(こと)出来(でき)ない、053とも(かく)二方(ふたかた)(たす)(まを)さねばならないと、054シールと(まを)(あは)せ、055不都合(ふつがふ)(かへり)みずここ(まで)(まゐ)りました。056どうぞ御勘弁(ごかんべん)(ねが)ひます』
057(ゆる)(がた)(なんぢ)行動(かうどう)058(つね)ならば(この)(まま)差措(さしお)くべきではないが、059(なんぢ)吾等(われら)(おも)誠忠(せいちう)(めん)じて唯今(ただいま)(かぎ)(わす)れて(つか)はす。060()をつけて厳重(げんぢゆう)(もん)(まも)れよ。061さうして大奥(おほおく)(この)有様(ありさま)を、062何人(なんぴと)にも口外(こうぐわい)してはならないぞ。063(かた)口留(くちどめ)して()く』
064『ハイ()(がた)御座(ござ)います。065(けつ)して(けつ)して(くび)()んでも(まを)しませぬから御安心(ごあんしん)(くだ)さいませ』
066 竜雲(りううん)(こゑ)(とが)らせて、
067『ベス、068(はや)(この)()退却(たいきやく)(いた)せ!』
069 「ハイ」と(こた)へてベスは(この)()立去(たちさ)る。070ケリヤは(ひめ)(あし)()られて苦悶(くもん)(こゑ)(はな)ち「ウン ウン」と(うな)つて()る。071テールは(こし)()かした(まま)072目玉(めだま)(ばか)りヂヤイロコンパスのやうに急速度(きふそくど)をもつて白黒(しろくろ)交替(かうたい)転回(てんくわい)させて()る。
073(こころ)(きたな)竜雲(りううん)
074寵児(ちようじ)となりて朝夕(あさゆふ)
075(ちか)(つか)へし青年(せいねん)テールは
076一間(ひとま)()りてウラル(けう)
077(かみ)御文(みふみ)拝読(はいどく)
078()らず()らずに(ゆめ)()
079前後(ぜんご)()らぬ(その)(すき)
080(こころ)(ひそ)曲鬼(まがおに)
081自由自在(じいうじざい)跳梁(てうりやう)
082夢路(ゆめぢ)をたどる(とき)もあれ
083神地(かうぢ)(しろ)表門(おもてもん)
084人馬(じんば)物音(ものおと)(もの)(すご)
085()()(てき)(とき)(こゑ)
086(いぶ)かしさよと()()きて
087(やかた)勾欄(こうらん)かけ(のぼ)
088眼下(がんか)をきつと見渡(みわた)せば
089(いま)(まで)(あるじ)(たの)みたる
090サガレン(わう)(いさ)ましく
091連銭葦毛(れんせんあしげ)(うま)()
092金覆輪(きんぷくりん)(くら)()いて
093(こま)(いなな)(いさ)ましく
094采配(さいはい)()つて()(きた)
095(つづ)いて青鹿毛(あをかげ)黒鹿毛(くろかげ)
096(また)がる勇士(ゆうし)何人(なんびと)
097(まなこ)()ゑて(なが)むれば
098テーリス、エームス両勇士(りやうゆうし)
099黄金(こがね)采配(さいはい)()(ふる)
100(きび)しき下知(げち)兵士(つはもの)
101(うしほ)(ごと)()()する
102スワ一大事(いちだいじ)とかけ(くだ)
103数十(すじふ)勇士(ゆうし)引率(いんそつ)
104(てき)(むか)つて()()めば
105(しう)(たの)みて()()せし
106(さすが)(てき)辟易(へきえき)
107()せては(かへ)(いそ)(なみ)
108旗色(はたいろ)(わる)()えけるが
109膝下(しつか)(ひび)(とき)(こゑ)
110雲霞(うんか)(ごと)大軍(たいぐん)
111単梯陣(たんていぢん)()りながら
112少数(せうすう)味方(みかた)(あなど)つて
113阿修羅王(あしゆらわう)(ごと)()(きた)
114味方(みかた)慄悍(へうかん)決死(けつし)()
115鬼神(きしん)(ひし)豪傑(がうけつ)
116如何(いかが)はしけむバタバタと
117(するど)(やいば)(つらぬ)かれ
118()もなく(その)()(たふ)れたり
119テールは(おどろ)(ただ)一人(ひとり)
120門内(もんない)(ふか)(しの)()
121(もん)(とざ)してスタスタと
122ケールス(ひめ)竜雲(りううん)
123居間(ゐま)をばさして(すす)()
124(てき)間近(まぢか)(せま)つたり
125(この)()(はや)遁走(とんそう)
126後日(ごじつ)(そな)へをなしませと
127(まこと)しやかに()()つる
128昼寝(ひるね)(ゆめ)物語(ものがたり)
129(まこと)となして竜雲(りううん)
130(かほ)(いろ)までサツと()
131(たちま)(その)()腰抜(こしぬ)かし
132(ふる)(をのの)くをかしさよ
133まさかの(とき)(つよ)いのは
134女心(をんなごころ)一心(いつしん)
135ケールス(ひめ)()(あが)
136長押(なげし)薙刀(なぎなた)おつ()つて
137(おもて)をさして駆出(かけいだ)
138()()(てき)一騎(いつき)だも
139(あま)(こと)なくなぎ(はら)
140(をんな)武勇(ぶゆう)(あら)はすは
141(いま)(この)(とき)(いさ)()
142立出(たちい)でなむとするところ
143左守(さもり)のケリヤは()(きた)
144平穏(へいおん)無事(ぶじ)(この)(しろ)
145(なに)をもつてか(ひめ)(さま)
146仰々(ぎやうぎやう)しくも(その)姿(すがた)
147(とど)まり(たま)へと()ひければ
148(ひめ)(いか)つて(たちま)ちに
149ケリヤの(あし)()(はら)
150ウンと一声(ひとこゑ)(さけ)びつつ
151(その)()(たふ)れし(あは)れさよ
152死物狂(しにものぐるひ)のケールス(ひめ)
153後鉢巻(うしろはちまき)(りん)としめ
154(たすき)十字(じふじ)綾取(あやど)りて
155強敵(きやうてき)こそは御参(ござん)なれ
156唯今(ただいま)(おも)()らせむと
157猛虎(まうこ)(ごと)駆出(かけだ)せば
158こは(そも)如何(いか)門前(もんぜん)
159ソヨ()(かぜ)(おと)()
160天地(てんち)(しづか)()ぬるごと
161閑寂(かんじやく)()(ただよ)ひぬ
162(ひめ)不審(ふしん)()へずして
163(ふたた)(やかた)(おく)()
164手持無沙汰(てもちぶさた)(かへ)()
165とくと様子(やうす)調(しら)ぶれば
166テールが(ゆめ)空騒(からさわ)
167()りつめ()たる(たましひ)
168グタリと(ゆる)みケールス(ひめ)
169テールの(つかさ)()(むか)
170その不都合(ふつがふ)()めかくる
171(ゆめ)夢見(ゆめみ)(あは)(もの)
172テールは(あたま)()きながら
173やつと(ゆる)され虎口(ここう)をば
174(のが)れし(ごと)心地(ここち)して
175(むね)なで(おろ)すぞをかしけれ
176(この)()(おに)はなけれども
177(わが)()(つく)りし村肝(むらきも)
178(こころ)(おに)()められて
179(くる)しみなやむはテールのみか
180ケールス(ひめ)竜雲(りううん)
181(おな)じく(こころ)(いた)めつつ
182挙措(きよそ)(その)()をば(うしな)ひて
183(ふる)()たるぞおそろしき。
184 (さいはひ)にケリヤの薙刀(なぎなた)(きず)(おも)つたよりは(あさ)く、185切口(きりくち)粘土(ねんど)をつけ繃帯(はうたい)(ほどこ)したれば、186数日(すうじつ)(のち)には殿中(でんちう)歩行(ほかう)自由(じいう)(わづか)()(ところ)(まで)回復(くわいふく)したりける。
187 (これ)より城内(じやうない)間断(かんだん)なく不可解(ふかかい)なる(こと)のみ続出(ぞくしゆつ)し、188竜雲(りううん)(はじ)上下(じやうげ)(つかさ)(たち)戦々兢々(せんせんきやうきやう)として(やす)(こころ)もなく、189(さび)しげに(その)月日(つきひ)(おく)りつつありしといふ。
190大正一一・九・二三 旧八・三 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/21【霊界物語ネット】藤沼庄平「大本検挙」を掲載(詳細はページ冒頭のインフォメーション参照)。