霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一八章 (こころ)天国(てんごく)〔一〇〇六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第36巻 海洋万里 亥の巻 篇:第3篇 神地の暗雲 よみ:こうじのあんうん
章:第18章 第36巻 よみ:こころのてんごく 通し章番号:1006
口述日:1922(大正11)年09月23日(旧08月3日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
アナン、セール、ユーズ、シルレングたちは先の攻城戦で捕えられ、牢獄に投ぜられていた。四人はひそびそとサガレン王の身の上を案じつつささやきあっていた。
アナンは弱音を吐きかけるが、ユーズは人間の本尊である霊魂を活殺できるのは神様だけであり、たとえ牢獄につながれていようとも、竜雲のような悪魔にこびへつらって仕えているケリヤたちの心情の方が憐みを催すと元気をつけている。
シルレングらもユーズの言に心が晴れた心持になった。そこへ牢番頭のベールがやってきて、静かにするようにと四人を叱責した。ユーズは自分たちにとってはここが天国浄土であり、娑婆の欲に捉われているお前たちこそ牢獄にいるのだと逆にベールを叱責する。
ベールは怒って、ユーズを苦しめて殺してやろうと脅し嘲った。ユーズは意に介さず、ベールこそ天地に反逆する罪人であり、暴言の罪とがで懲らしめられるのだとあざ笑う。
ベールはユーズの態度にあきれる。ベールは、実は四人には赦免の命令が下っていたのだが、減らず口をたたくユーズはこのまま牢獄につないでおくと言い、アナンたち残りの三人に牢を出るようにと申し渡した。
しかしアナンは、竜雲のような罪人の赦しは受けないと言い、そう竜雲に伝えるようにと言いかえした。セールとシルレングも竜雲たちの罪を数え立てて、自分たちは悪人の情けは受けないと言い張る。
アナンたち四人は、竜雲たちの悪行を責める歌を歌い、自分たちの志を明かした。ベールは途方に暮れてしまったが、四人の詞にいつとはなしに釣り込まれて牢獄の中に入ってしまい、戸を閉めた途端に牢の錠が下りてしまった。
四人は竜雲に与する裏切り者として、ベールを四方から囲んで打ちこらした。ベールの悲鳴を聞いて、牢番が慌ただしく駆け付けた。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3618
愛善世界社版:191頁 八幡書店版:第6輯 651頁 修補版: 校定版:197頁 普及版:85頁 初版: ページ備考:
001 アナン、002セール、003ユーズ、004シルレングの四人(よにん)は、005(へい)(おこ)して夜襲(やしふ)(こころ)み、006神地城(かうぢじやう)(おく)()軽進(けいしん)して、007(つひ)臨時(りんじ)(づく)りの陥穽(かんせい)墜落(つゐらく)し、008(とら)へられて四人(よにん)一緒(いつしよ)牢獄(らうごく)(とう)ぜられ、009ヒソビソとサガレン(わう)()(うへ)()き、010(あん)(すご)して(ささや)いてゐる。011アナンは小声(こごゑ)になつて、
012『とうとう竜雲(りううん)曲神(まがかみ)陥穽(おとしあな)(ふか)くおち()み、013こんなザマになつて(しま)つた。014モウ()うなる(うへ)何時(いつ)解放(かいはう)されるかも(わか)りやしないし、015活殺(くわつさつ)(けん)竜雲(りううん)(にぎ)つてゐるのだから、016俺達(おれたち)一同(いちどう)生命(いのち)は、017(まる)暴風(ばうふう)(まへ)(さくら)(やう)なものぢやないか。018バラモンの大神(おほかみ)さまも(あま)(きこ)えぬぢやないか。019悪人(あくにん)自由自在(じいうじざい)白昼(はくちう)横行(わうかう)濶歩(くわつぽ)し、020吾々(われわれ)(ごと)至誠(しせい)至実(しじつ)人間(にんげん)(かく)(ごと)惨酷(みじめ)縲絏(るいせつ)(はづかしめ)()け、021鉄窓(てつさう)(もと)昼夜(ちうや)呻吟(しんぎん)せなくてはならぬとは、022(なん)とした(こと)だらう』
023(すこ)しく弱音(よわね)()きかけるを、024セールはニヤリと打笑(うちわら)ひ、
025日頃(ひごろ)剛胆(がうたん)なアナンにも()ず、026(なん)()弱音(よわね)()くのだい。027(まへ)吾々(われわれ)四人(よにん)(うち)では(もつと)先輩(せんぱい)だ。028そして(この)(なか)でも智勇(ちゆう)兼備(けんび)大将(たいしやう)(あふ)がれてゐる身分(みぶん)ぢやないか。029今日(けふ)(また)なぜそんな(こころ)(さび)しい(こと)をいつてくれるのだ』
030アナン『(おれ)やモウ()(なか)無常(むじやう)(かん)じて()たのだ。031何程(なにほど)人間(にんげん)があせつた(ところ)で、032吉凶(きつきよう)禍福(くわふく)到底(たうてい)吾々(われわれ)左右(さいう)()べきものでない。033何事(なにごと)運命(うんめい)だと(あきら)めるより、034最早(もはや)(みち)はないからのう』
035ユーズ『ナーニ、036そんな弱々(よわよわ)しい(こと)()ふものでない。037前達(まへたち)信仰(しんかう)()りないのだ。038このユーズはナ、039()うして肉体(にくたい)束縛(そくばく)されてゐるが、040肝腎要(かんじんかなめ)御本尊(ごほんぞん)たる霊魂(れいこん)は、041自由自在(じいうじざい)快活(くわいくわつ)宇宙間(うちうかん)逍遥(せうえう)してゐるのだよ。042肉体(にくたい)仮令(たとへ)(ころ)()るとも、043吾々(われわれ)霊魂(れいこん)(まで)(ころ)(だけ)(ちから)はない。044霊魂(れいこん)肉体(にくたい)もすべて(ころ)(ちから)のあるものは(ただ)(かみ)さま(だけ)だ。045俺達(おれたち)俗人輩(ぞくじんばら)自由人(じいうじん)()から()(とき)は、046(じつ)窮屈(きうくつ)(あは)れな境遇(きやうぐう)(おちい)つた(もの)だと(おも)ふだらうが、047ユーズに()はしむれば、048(かへつ)竜雲(りううん)(ごと)悪魔(あくま)()(へつ)らふケリヤ、049ハルマ、050ベール(など)心情(しんじやう)(あは)れになつて()るワ。051竜雲(りううん)だつてヤツパリ(おな)(こと)だ。052彼奴(あいつ)らは(てん)牢獄(らうごく)につながれてゐるのだ。053名位(めいゐ)だとか位置(ゐち)だとか、054財産(ざいさん)だとか、055(くだ)らぬ小利小欲(せうりせうよく)(たま)をぬかれ、056執着心(しふちやくしん)といふ地獄(ぢごく)(おに)自由自在(じいうじざい)霊魂(れいこん)束縛(そくばく)されて、057呻吟(しんぎん)してゐる(あは)至極(しごく)人物(じんぶつ)だ。058ベールだつて何時(いつ)偉相(えらさう)牢番頭(らうばんがしら)になつたと(おも)ひ、059横柄面(わうへいづら)をさらして、060()二三度(にさんど)(この)窓外(まどそと)をテクつて()よるが、061(おも)つて()れば(じつ)(あは)れな代物(しろもの)だ。062(あさ)から(ばん)まで職務(しよくむ)大切(たいせつ)だと()つて、063()きたい(ところ)へも()()かず、064(よる)(よる)でスベタ(かか)(そば)でロクロク()(こと)出来(でき)ず、065自分(じぶん)子供(こども)だつて、066(ろく)(かほ)()(こと)出来(でき)ない(あは)れな代物(しろもの)だよ。067(あさ)(はや)(くら)(うち)から(わが)()飛出(とびだ)し、068(よる)(おそ)(わが)()(かへ)つて()くのだから、069子供(こども)何時(いつ)熟睡(じゆくすゐ)してゐる。070それだからベールの子供(こども)は、071キツと(てて)なし()だと(おも)つてゐるに(ちが)ひない。072(おも)へば(おも)へば(あは)至極(しごく)代物(しろもの)ぢやないか。
073()(こと)(しな)こそ(かは)()(なか)
074(こころ)(やす)くて()(ひと)はなし
075()古歌(こか)(とほ)り、076(たれ)だつてこんな暗黒無明(あんこくむみやう)現世(げんせ)安穏(あんをん)(くら)してゐる(やつ)一人(ひとり)だつて、077半分(はんぶん)だつて、078ありやアしない。079(その)(こと)(おも)へば、080(おれ)たちは(じつ)幸福(かうふく)(もの)だ。081衣食住(いしよくぢゆう)保証(ほしよう)はしてくれるなり、082仮令(たとへ)毒刃(どくじん)にかかつて(たふ)れた(ところ)で、083最早(もはや)使(つか)(ふる)した(にく)(ころも)だ。084御本尊(ごほんぞん)如何(いかん)ともする(こと)出来(でき)ないのだから、085鼎鑊(ていくわく)(あま)(こと)(あめ)(ごと)しといふ(やう)気分(きぶん)だ。086(なに)心配(しんぱい)する(こと)はない、087一切万事(いつさいばんじ)(かみ)さまの大御心(おほみこころ)(まか)しておきさへすれば(きは)めて安心(あんしん)だ。088過去(くわこ)(くや)むも最早(もはや)(せん)なし。089未来(みらい)(あん)じて取越苦労(とりこしくらう)をやつて()(ところ)で、090()突張(つつぱり)りにもなるものでない。091只今(ただいま)といふ(この)瞬間(しゆんかん)こそ、092吾々(われわれ)自由意志(じいういし)発揮(はつき)(たのし)(ところ)権能(けんのう)(あた)へられたる貴重(きちよう)時間(じかん)だ。093刹那(せつな)々々(せつな)(たのし)んで()きさへすれば、094刹那(せつな)()んで一時(ひととき)となり、095(とき)()んで一日(いちにち)となり、096一月(ひとつき)となり、097一年(いちねん)となり、098十年(じふねん)百年(ひやくねん)千年(せんねん)万年(まんねん)となるのだ……大神(おほかみ)(めぐみ)(つゆ)にうるほふて、099今日(けふ)(よろこ)昨日(きのふ)明日(あす)(よろこ)びに()つ……といふ(やう)(こころ)持様(もちやう)(ひと)つで、100結構(けつこう)()(なか)(たちま)立直(たちなほ)つて(しま)ふのだ。101アヽ有難(ありがた)有難(ありがた)い、102こんな安楽(あんらく)(ところ)(また)()(なか)にあらうかい』
103元気(げんき)(かほ)してはツしやいでゐる。104シルレングは三人(さんにん)問答(もんだふ)()いて、105片隅(かたすみ)(うで)()(なに)思案(しあん)にくれてゐたが、
106『イヤもうユーズの(せつ)には大賛成(だいさんせい)だ。107(おれ)(にはか)()晴々(はればれ)として()た。108モウ(この)(うへ)何事(なにごと)(おも)ふまい』
109とシルレングの元気(げんき)(ことば)に、110(まど)(ほか)(しの)(あし)(まは)つて()たのは牢番頭(らうばんがしら)悪党者(あくたうもの)のベールである。111ベールは、
112『オイ、113アナン、114(その)()者共(ものども)(しづか)(いた)さぬか。115ここを何処(どこ)心得(こころえ)てゐる』
116威丈高(ゐたけだか)呶鳴(どな)る。
117ユーズ『なんだ、118貴様(きさま)はつい(この)(あひだ)(まで)(この)ユーズの下役(したやく)使(つか)つて()つたベールぢやないか。119ここを何処(どこ)心得(こころえ)とるとは(わけ)(わか)らぬ質問(しつもん)ぢやないか。120余程(よほど)()頓馬(とんま)ぢやのう。121(わか)らな()つて()かしてやらう。122ここは天空快濶(てんくうくわいくわつ)として、123(くも)りもなければ(けが)れもない、124(なや)みもなければ(くるし)みもない神霊界(しんれいかい)天国(てんごく)だ。125貴様(きさま)執着心(しふちやくしん)手足(てあし)(しば)られ、126(たま)をからまれ、127娑婆(しやば)といふ牢獄(らうごく)呻吟(しんぎん)してゐる()()かない馬鹿者(ばかもの)だろ。128さやうな馬鹿者(ばかもの)(この)天国(てんごく)浄土(じやうど)()えないのも(あなが)無理(むり)もない。129(とが)()てをするのも可哀相(かあいさう)だから(ゆる)してやるが、130以後(いご)はキツと心得(こころえ)て、131只今(ただいま)(ごと)馬鹿(ばか)げた(こと)()はぬがよからうぞ』
132 ベールは(こゑ)(とが)らせ、
133(なんぢ)科人(とがにん)分際(ぶんざい)として、134(われ)(むか)つて(その)暴言(ばうげん)135聞捨(ききすて)にならぬぞ。136ヨシ()て、137(いま)(こら)してくれむ。138(その)(とき)吠面(ほえづら)かわかぬやうに(いた)せ。139水責(みづぜめ)()ぜめはまだ(おろ)か、140(やり)穂先(ほさき)嬲殺(なぶりごろし)にしてやるから、141(その)(つも)りで(たの)しんで()つて()れ、142テモさても(あは)れな(もの)だワイ、143イツヒヽヽヽ』
144(なに)(ぬか)すのだ。145主客(しゆきやく)転倒(てんたふ)(じつ)(はなは)だしいわい。146貴様(きさま)こそ天地(てんち)()れざる悪逆(あくぎやく)無道(むだう)科人(とがにん)だ。147吾々(われわれ)至誠(しせい)忠良(ちうりやう)()だ。148(けつ)して天地(てんち)(たい)一点(いつてん)()づる(ところ)もなき志士(しし)だ。149(なんぢ)科人(とがにん)()(もつ)至誠(しせい)忠実(ちうじつ)(われ)ユーズに(たい)し、150暴言(ばうげん)()くとは()()てならぬ。151(いま)(おぼ)えて()れ。152地震(ぢしん)(かみなり)火事(くわじ)(おやじ)153()(あめ)ふらしてこらしめてくれむに。154テもいぢらしい(もの)だのう、155イツヒヽヽヽ』
156『コリヤ、157ユーズ、158貴様(きさま)発狂(はつきやう)(いた)したのか。159牢獄(らうごく)(とら)へられながら、160自分(じぶん)境遇(きやうぐう)(わきま)へず、161ズケズケと(にく)まれ(ぐち)(たた)大馬鹿者(おほばかもの)162貴様(きさま)不利益(ふりえき)になることを()らぬか』
163『アハヽヽヽ、164ヤツパリ貴様(きさま)(この)()(こひ)しいと()えるな。165(なんぢ)(ちひ)さき(きたな)(こころ)(もつ)て、166吾々(われわれ)英雄(えいゆう)心事(しんじ)忖度(そんたく)せむとするは、167(じつ)僭越(せんゑつ)(はなは)だしい。168(その)(はう)こそ社会(しやくわい)亡者(まうじや)発狂人(はつきやうにん)だ。169チツと良心(りやうしん)(たづ)ねて()よ。170どちらが気違(きちがひ)か、171いかな頑冥(ぐわんめい)貴様(きさま)でも(わか)るであらう。172悪人(あくにん)(はびこ)()(なか)173貴様(きさま)たちの(あく)()より吾々(われわれ)()れば、174気違(きちがひ)()えるであらう。175なる(ほど)吾々(われわれ)気違(きちがひ)には間違(まちがひ)ない、176(しか)(なが)()(ちが)(かた)(ちが)つて()るのだ。177気違(きちがひ)といつても(けつ)して貴様(きさま)のやうな発狂者(はつきやうしや)ではないから、178混線(こんせん)せないやうに(みみ)(さら)へて()くがよい。179(いま)極悪(ごくあく)世界(せかい)人間(にんげん)(ども)()()ふやうにしようと(おも)へば至粋(しすゐ)至純(しじゆん)(まこと)(かみ)御心(みこころ)(かな)はない。180俗悪(ぞくあく)世界(せかい)大気違(おほきちがひ)(ども)(こころ)()ふやうにすれば、181大神様(おほかみさま)御心(みこころ)(かな)はないのだ。182人生(じんせい)(わづ)一百年(いつぴやくねん)183(なが)歳月(としつき)(くら)ぶれば、184(ゆめ)断片(だんぺん)みたやうなものだ。185(かみ)より(たま)はつた吾々(われわれ)生命(せいめい)は、186万劫末代(まんごふまつだい)()(とほ)しだ。187(わづ)一百年(いつぴやくねん)肉体(にくたい)(たのし)まむとして、188永遠無窮(ゑいゑんむきう)生命(せいめい)(つみ)(のこ)すやうな馬鹿(ばか)(こと)(いた)さない。189そこが吾々(われわれ)貴様等(きさまら)(おほい)()(ちが)つてる(てん)だ。190貴様(きさま)もよい加減(かげん)改心(かいしん)(いた)して、191現代(げんだい)()ける最善(さいぜん)(おも)(こと)(おこな)つて、192(わし)たちの(やう)にこんな天国(てんごく)這入(はい)つて()い。193(むかし)のよしみで忠告(ちうこく)してやる。194オツホン』
195益々(ますます)(もつ)(わけ)(わか)らぬ(こと)()(やつ)だ。196(じつ)(ところ)今日(けふ)竜雲殿(りううんどの)より、197四人(よにん)(やつ)放免(はうめん)せよと命令(めいれい)(くだ)つたのだが、198左様(さやう)なへらず(ぐち)(たた)(やつ)は、199到底(たうてい)改悛(かいしゆん)(じやう)(あら)はれてゐないから、200無制限(むせいげん)にここに繋留(けいりう)しておく。201サア、202アナン、203セール、204シルレングの三人(さんにん)205(ゆる)しが()たから、206(はや)くここを(のが)れるがよい。207(たれ)だつて何時(いつ)(まで)もこんな窮屈(きうくつ)(ところ)()たい(こと)はあるまい。208サア(はや)(この)()をあけるから()たがよからう』
209(ぢやう)をガタリと(はづ)し、210入口(いりぐち)鉄戸(かなど)をパツと(ひら)く。
211アナン『竜雲(りううん)(ゆる)しならば(けつ)して(おれ)()ないよ。212あんな(やつ)(ゆる)すといふ資格(しかく)がどこにあるか。213(おそれおほ)くもサガレン(わう)さまに(たい)し、214刃向(はむか)ひまつつた大罪人(だいざいにん)215吾々(われわれ)(ごと)誠忠(せいちう)()を、216罪人(ざいにん)分際(ぶんざい)として(ゆる)すとは(もつ)ての(ほか)だ。217左様(さやう)不都合(ふつがふ)(こと)(まを)すと、218アナンが承知(しようち)(いた)さぬと、219竜雲(りううん)(やつ)伝達(でんたつ)(いた)せ、220アハヽヽヽ』
221『アーア、222どれもこれも(みな)逆上(ぎやくじやう)して(しま)ひよつたと()えるわい。223それも無理(むり)はない。224こんな(くら)(ところ)突込(つつこ)まれて()つちや、225(たれ)だつて()(くる)はぬ(わけ)()くまい。226アーア可哀相(かあいさう)代物(しろもの)だなア。227そんならセール、228(まへ)()るのは(うれ)しいだろ。229(はや)()たがよからうぞ』
230セール『コラ、231ベール、232随分(ずゐぶん)()くサーベール(をとこ)だなア。233(へび)のやうな(した)(さき)でベールベールと竜雲(りううん)にこび(へつ)らひ、234エンヤラヤツと()つともない、235(をとこ)らしくもない、236牢番頭(らうばんがしら)選抜(せんばつ)して(もら)つて、237無上(むじやう)光栄(くわうえい)(おも)つて、238ホクホクしてゐる代物(しろもの)だから、239到底(たうてい)吾々(われわれ)(こころ)(なか)快楽(くわいらく)(あぢ)はふ(こと)出来(でき)まい。240ホンに(あは)れな代物(しろもの)だ。241(おれ)(けつ)して牢獄(らうごく)へは這入(はい)つてゐない。242貴様(きさま)こそ無間地獄(むげんぢごく)牢獄(らうごく)(とら)へられて(くるし)んでゐる(あは)至極(しごく)代物(しろもの)だ。243如何(どう)かして解放(かいはう)してやりたいと(おも)つてゐるが、244(なに)()つても随分(ずゐぶん)貴様(きさま)(つみ)(おも)いから、245容易(ようい)放免(はうめん)してやる(わけ)にも()かぬ。246(まこと)(もつ)憫然(びんぜん)(いた)りだ』
247 ベールは(くび)(かたむ)け、248不審顔(ふしんがほ)
249『アーア(また)此処(こいつ)駄目(だめ)だ。250沢山(たくさん)気違(きちがひ)簇生(ぞくせい)したものだ。251(この)(やう)暗黒(あんこく)(くる)しい牢獄(らうごく)無上(むじやう)楽園地(らくゑんち)のやうに(おも)つてゐるのだから仕方(しかた)がない。252到底(たうてい)此奴(こいつ)(たま)から()(なほ)さねば元々(もともと)にはなるまい。253オイ、254シルレング、255貴様(きさま)だけはチツと正気(しやうき)があるだらう。256サア(はや)くここを()たり()たり』
257『オイ、258ベール、259やめとかうかい。260()(ところ)(また)もや(なん)とか()とか、261(なん)くせをつけ、262風向(かざなみ)(わる)いと、263(また)もや引捕(ひきとら)へてブチ()まれると、264(なん)にもならない。265面倒(めんだう)(くさ)いから、266此処(ここ)永遠無窮(ゑいゑんむきう)鎮座(ちんざ)まします(かんが)へだ。267御親切(ごしんせつ)有難(ありがた)いが、268(かへつ)吾々(われわれ)(ため)迷惑(めいわく)となる。269どうぞそんな(こと)断念(だんねん)したがよからうぞ。270(ひと)疝気(せんき)頭痛(づつう)にやむよりも、271一刻(いつこく)()時間(じかん)大切(たいせつ)にして、272厳重(げんぢゆう)無実(むじつ)科人(とがにん)(のが)さない(やう)(つと)める(はう)が、273貴様(きさま)後生(ごしやう)(ため)だ。274(なに)もかも(だい)()(さか)さまの現代(げんだい)だから、275(いし)(なが)れて()()(しづ)む、276親爺(おやぢ)女郎(ぢよらう)()ふ、277()念仏(ねんぶつ)三昧(ざんまい)()ると()()(なか)だ。278貴様(きさま)体主霊従(たいしゆれいじう)279矛盾(むじゆん)撞着(どうちやく)のあらむ(かぎ)りを(つく)して、280(てん)牢獄(らうごく)(とう)ぜらるるのを(たの)しんで()つがよからう、281ウフヽヽヽ……
282()はたとへ牢獄(ひとや)(うち)にひそむとも
283(こころ)(かみ)神苑(みその)(あそ)べり
284(よく)()(もも)魔神(まがみ)(とら)へられ
285(くるし)むベールの(あは)れなるかも
286(くも)りたる(まが)のベールの(こころ)には
287牢獄(ひとや)地獄(ぢごく)(おも)ひそめけむ
288日月(じつげつ)(ひかり)かがやく(こころ)には
289(おに)もなければ牢獄(らうごく)もなし
290六尺(ろくしやく)(にく)(みや)をば(しば)るとも
291(こころ)(たか)大空(おほぞら)()
292ヤイ、ベール(はや)(こころ)立直(たてなほ)
293牢獄(ひとや)(きた)(まこと)()かさむ
294われよりも貴様(きさま)(はう)(つら)からう
295夜昼(よるひる)()ずにテクテクとして』
296 ユーズは(また)(なか)より、
297『ユーズこそ(かみ)(まこと)宮代(みやしろ)
298(おに)悪魔(あくま)(おそ)()ざれば
299竜雲(りううん)やケールス(ひめ)曲業(まがわざ)
300いかでか(かみ)(にく)まざらまし
301(にく)むより(かみ)(あは)れと(おぼ)すらむ
302(みづか)らおつる地獄(ぢごく)餓鬼道(がきだう)
303サガレンの(きみ)(みこと)惟神(かむながら)
304(かみ)(まも)りに(やす)()まさむ
305(いま)(しば)暴風(あらし)()けどもやがて(また)
306(かぜ)()(わた)(さか)えにあふべし
307竜巻(たつまき)(くも)(いきほひ)(つよ)くとも
308科戸(しなど)(かぜ)()かれ()るべし』
309 セールは(また)(うた)ふ。
310大奥(おほおく)(ゆか)まで穿(うが)ちブルブルと
311(ふる)ひてくらす(やつ)可笑(をか)しき
312(まこと)さへあらば天地(てんち)何者(なにもの)
313(おそ)るべき(もの)あらざらましを
314(きみ)をすて(まこと)をすてて竜雲(りううん)
315やがて(わが)()生命(いのち)()つべし』
316 アナンは(また)(うた)ふ。
317『アナンをば座敷(ざしき)(なか)()()いて
318(ひと)地底(ちそこ)へおとし(あな)()
319ケールスの(ひめ)(みこと)陥穽(おとしあな)
320()らず()らずに竜雲(りううん)()ちける
321()(しば)(かみ)(おもて)(あら)はれて
322曲津(まがつ)(くび)()()りまさむ
323竜雲(りううん)やベールが(なげ)きて(たの)むとも
324いかでか()でむこれの牢獄(ひとや)
325面白(おもしろ)牢獄(ひとや)(なか)微笑(ほほゑ)みて
326曲津(まがつ)手振(てぶり)(なが)めくらさむ』
327 ベールは途方(とはう)()れ、328自分(じぶん)(また)四人(よにん)(ことば)何時(いつ)とはなしに()()まれて、329()らぬ()牢獄(らうごく)(なか)這入(はい)つて(しま)ひ、330(なか)からピシヤリと()()めた途端(とたん)に、331(ぢやう)はガタリとおりた。332肝腎(かんじん)(かぎ)(まど)(そと)(だま)つて(よこ)たはつてゐる。
333ユーズ『オイ、334ベール、335とうとう貴様(きさま)改心(かいしん)しよつたな。336サアもう()うなる以上(いじやう)は、337活殺(くわつさつ)(けん)はユーズ(ほか)三人(さんにん)(にぎ)つて()るのだ。338どうだ、339(おれ)言霊(ことたま)には降服(かうふく)(いた)したか』
340 ベールは(はじ)めて()()き、
341『ヤア此奴(こいつ)失敗(しま)つた! 取返(とりかへ)しのならぬ(こと)出来(でき)たわい』
342アナン『マアさうお()きになるにも(およ)びませぬ。343折角(せつかく)はるばると御訪問(ごはうもん)(くだ)さいまして、344吾々(われわれ)一同(いちどう)(じつ)感謝(かんしや)()へませぬ。345(ちや)なつと差上(さしあ)げたきは山々(やまやま)なれど、346御存(ごぞん)じの(とほ)りお(やかた)貧乏(びんばふ)ですから、347(ろく)なお(ちや)御座(ござ)いませぬ。348ここにアナンの魔法瓶(まはふびん)御座(ござ)います。349これなら(すこ)しは(あたた)かいでせうから、350御遠慮(ごゑんりよ)なうおあがり(くだ)さい』
351(まへ)をまくらうとする。352ベールは(あわ)てて(くび)をふり、353両手(りやうて)(あは)せながら、
354『イヤもう、355(かま)(くだ)さいますな。356(ちや)(じつ)()まないのです。357盤古神王(ばんこしんわう)さまに茶断(ちやだ)ちを(いた)しましたから………』
358ユーズ『(なに)()もあれ、359ユーズの家内(かない)一人(ひとり)()ゑたのだから、360目出度(めでた)い。361どうぞ御入魂(ごじつこん)(ねが)ひますよ。362(おな)天地(てんち)(かみ)さまの分霊(わけみたま)363四海同胞(しかいどうはう)だから、364(たがひ)相親(あひした)しみ相愛(あひあい)し、365この天国(てんごく)(はる)(たのし)(こと)(いた)しませうかい』
366セール『折角(せつかく)のベールさまの御入来(ごじゆらい)だから、367(なん)ぞお愛想(あいさう)()げたいものだ。368オウ(さいは)ひ、369此処(ここ)にセール親譲(おやゆづ)りの蠑螺(さざえ)壺焼(つぼやき)がある。370(これ)(しん)ぜうかい』
371目配(めくば)せした。372四人(よにん)一時(いちじ)(にぎ)(こぶし)(かた)めながら、
373悪逆(あくぎやく)無道(むだう)竜雲(りううん)(くみ)するベール、374(おも)()れよ!』
375四方(しはう)より拳骨(げんこつ)(あめ)(たた)きつけられ、376ベールは(ちから)(かぎ)りの悲鳴(ひめい)をあげて(すく)ひを()ぶ。377(この)(こゑ)()()けて一人(ひとり)牢番(らうばん)はあわただしく()けつけ(きた)る。
378大正一一・九・二三 旧八・三 松村真澄録)