霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二二章 (はる)(ゆき)〔一〇一〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第36巻 海洋万里 亥の巻 篇:第4篇 言霊神軍 よみ:ことたましんぐん
章:第22章 第36巻 よみ:はるのゆき 通し章番号:1010
口述日:1922(大正11)年09月24日(旧08月4日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1923(大正12)年12月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
神地の城は天恵的に火の洗礼を施され、すべての建造物は焼け落ちたが浄化された。また人々はその身にまったく傷を負うこともなかった。人々はサガレン王派も竜雲にしたがっていた者も、一同神徳に感謝した。
そして天の目一つの神の導師のもとに、国治立大神、塩長彦大神、大国彦大神を祀る祭壇を作り、天津祝詞を奏上して感謝と悔い改めの祈願をこらした。敵味方、宗教の異動も忘却してひたすら神恩を感謝し、たちまち地上の天国は築かれた。
サガレン王がもしもの時のための用意に造っていた河森川の向こう岸の八尋殿は、火災に遭わずに残っていた。王は一同を率いて新しい八尋殿に入り、天の目一つの神、君子姫、清子姫を主賓として感謝慰労の宴会を開いた。
竜雲とケールス姫も、この宴の片隅に息を殺してかしこまっていた。悪霊が脱出した竜雲は、依然と打って変わってその身は委縮し、以前のような気品や勢いがなくあわれな姿になってしまった。
人は守護する神の如何によってその身魂を向上したり向下したりするものであり、善悪正邪の行動を行うものである。
また悪魔は、常に悪相をもって顕現するものではなく、善の仮面をかぶって人の眼をくらませ、悪を敢行しようとするものである。逆に悪魔のごとく恐ろしく見える人々の中にも、かえって誠の神の身魂の活動をなし、善事善行をなす者のたくさんある。
ゆえに人間の弱い眼力ではとうてい人の善悪正邪は判別しえるものではない。人を裁く権力を有し給うのは、ただ神様だけなのである。みだりに人を裁くのは神の権限を冒すものであり、大きな罪なのである。
悪霊が脱出して委縮した竜雲も、再び正義公道に立ち返って信仰を重ね、神の恩寵に浴すれば、以前に勝る身魂を授けられるのである。ケールス姫は一足先に改心をなしたため、比較的泰然としてこの場に会った。
竜雲とケールス姫は懺悔の歌を歌い、恥ずかしげに片隅に身をひそめてうずくまっている姿は、人々の同情を誘うほどであった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3622
愛善世界社版:247頁 八幡書店版:第6輯 670頁 修補版: 校定版:257頁 普及版:108頁 初版: ページ備考:
001 神地(かうぢ)(しろ)は、002天恵的(てんけいてき)()洗礼(せんれい)(ほどこ)され、003城内(じやうない)悪魔(あくま)(のこ)らず退散(たいさん)し、004すべての建造物(けんざうぶつ)烏有(ういう)()し、005(てん)(きよ)(かぜ)(さはや)かに、006(つち)また(すべ)ての塵芥(ぢんかい)()(つく)し、007天清浄(てんしやうじやう)008地清浄(ちしやうじやう)009人清浄(じんしやうじやう)010六根清浄(ろくこんしやうじやう)娑婆即寂光土(しやばそくじやくくわうど)現出(げんしゆつ)した。
011 サガレン(わう)(ひき)(きた)れる正義(せいぎ)人々(ひとびと)をはじめ、012城内(じやうない)(とど)まりて竜雲(りううん)頤使(いし)(あま)んじ、013()らず()らず邪道(じやだう)(おちい)()たる数多(あまた)人々(ひとびと)(のこ)らず()(さま)し、014(ひろ)(しろ)馬場(ばんば)(あつ)まつて、015(いづ)れも()微傷(びしやう)だにも()はざりし神徳(しんとく)感謝(かんしや)(なみだ)(なが)しつつ、016(あめ)目一(まひと)つの(かみ)導師(だうし)(もと)に、017国治立大神(くにはるたちのおほかみ)018塩長彦大神(しほながひこのおほかみ)019大国彦大神(おほくにひこのおほかみ)(いつ)くべく、020俄作(にはかづく)りの祭壇(さいだん)(まへ)に、021天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)し、022神徳(しんとく)讃美(さんび)し、023()(あらた)めの祈願(きぐわん)()らし、024(てき)味方(みかた)障壁(しやうへき)もなく、025宗教(しうけう)異同(いどう)忘却(ばうきやく)して只管(ひたすら)神恩(しんおん)感謝(かんしや)するのみにして(たちま)地上(ちじやう)天国(てんごく)(きづ)かれけり。
026 神地(かうぢ)(しろ)()洗礼(せんれい)によりて、027地上(ちじやう)一物(いちもつ)(とど)めず烏有(ういう)()したれども、028サガレン(わう)がまさかの(とき)用意(ようい)にと、029(あらた)(つく)()きたる河森川(かうもりがは)向岸(むかふぎし)八尋殿(やひろどの)は、030(いま)一人(ひとり)住込(すみこ)みたるものもなきままに、031完全(くわんぜん)(のこ)されありしかば、032サガレン(わう)一同(いちどう)人々(ひとびと)(ひき)ゐて(あたら)しき八尋殿(やひろどの)立入(たちい)り、033都下(とか)人々(ひとびと)(さき)(あらそ)うて、034火事(くわじ)見舞(みまひ)として(たてまつ)りたる諸々(もろもろ)飲食(おんじき)(なら)一同(いちどう)饗応(きやうおう)し、035()(あめ)目一(まひと)つの(かみ)036君子姫(きみこひめ)037清子姫(きよこひめ)主賓(しゆひん)として、038感謝(かんしや)慰労(ゐらう)宴会(えんくわい)(ひら)(こと)とはなりぬ。
039 ケールス(ひめ)竜雲(りううん)(また)悄然(せうぜん)として、040(この)(せき)(はづ)かしげに(ちひ)さくなつて片隅(かたすみ)(ひか)()る。041(ひと)(せい)(ぜん)なりとは(むべ)なるかな、042ケールス(ひめ)一時(いちじ)043妖邪(えうじや)()(まよ)はされ、044(こころ)(きたな)竜雲(りううん)計略(けいりやく)(わな)(おちい)り、045(おそ)(おほ)くもわが(をつと)たり(きみ)たる国別彦(くにわけひこ)神司(かむつかさ)無視(むし)し、046()放逐(はうちく)したる(その)悪業(あくげふ)(こころ)(そこ)より()い、047()()もあられぬ(おも)ひにて、048良心(りやうしん)()められながら、049つつましやかに片隅(かたすみ)(いき)(ころ)して(かしこ)まり()る。050(また)竜雲(りううん)一時(いちじ)(よく)(から)まれ、051悪鬼(あくき)邪神(じやしん)捕虜(ほりよ)となり、052悪逆(あくぎやく)無道(むだう)醜業(しこわざ)繰返(くりかへ)したることを(ふか)()い、053(いま)(まで)(おか)せし(つみ)(おそ)ろしく(こころ)呵責(かしやく)()()(どころ)もなく、054人々(ひとびと)(かほ)()ける勇気(ゆうき)もなく、055(かしら)()げて片隅(かたすみ)(ちぢ)こまり()る。056(いま)(まで)竜雲(りううん)大兵肥満(たいひやうひまん)にして、057一見(いつけん)温良(おんりやう)神人(しんじん)(ごと)()()たりしが、058(おのれ)悪事(あくじ)悔悟(くわいご)すると(とも)に、059(ふか)身魂(しんこん)()(わた)()たる曲神(まがかみ)の、060身内(しんない)より脱出(だつしゆつ)(をは)りたる(かれ)()は、061(たちま)縮小(しゆくせう)し、062萎微(ゐび)し、063以前(いぜん)(ごと)気品(きひん)もなければ、064()つて(かは)つた痩坊主(やせばうず)()るもいぶせき姿(すがた)となりしぞ(あは)れなり。
065 これを(おも)へば、066(すべ)ての(ひと)憑霊(ひようれい)如何(いかん)によつて(その)身魂(しんこん)向上(かうじやう)せしめ、067(あるひ)向下(かうか)せしめ、068善悪正邪(ぜんあくせいじや)069種々雑多(しゆじゆざつた)行動(かうどう)()らず()らずに(おこな)ふものなるを(さと)らるるなり。070神諭(しんゆ)にも、
071(ぜん)(かみ)守護(しゆご)(いた)せば(ぜん)(おこな)ひのみをなし、072(あく)(みたま)(その)肉体(にくたい)守護(しゆご)すれば(あく)(おこな)ひをなすものだ』
073(しめ)されてあるは(うべ)なりと()ふべし。074(また)悪魔(あくま)(けつ)して悪相(あくさう)をもつて顕現(けんげん)するものではなく、075(かなら)(ぜん)仮面(かめん)(かぶ)りて(ひと)(まなこ)(くら)ませ、076(あく)敢行(かんかう)せむとするものである。077一見(いつけん)して至正(しせい)至直(しちよく)君子人(くんしじん)()え、078温良(おんりやう)慈悲(じひ)聖者(せいじや)()ゆる人々(ひとびと)にも、079また柔順(じうじゆん)にして(をんな)(ごと)(しと)やかに()ゆる男子(だんし)(なか)にも、080悪逆(あくぎやく)無道(むだう)(おこな)ひをなすものがあるのは、081(えう)するに悪神(あくがみ)憑依(ひようい)して、082(その)(ひと)身魂(しんこん)自由自在(じいうじざい)使役(しえき)するからである。083(また)一見(いつけん)して(おに)(ごと)く、084悪魔(あくま)(ごと)(おそ)ろしく()ゆる人々(ひとびと)(なか)に、085(かへつ)(まこと)(かみ)身魂(みたま)活動(くわつどう)し、086善事(ぜんじ)善行(ぜんかう)をなすものも非常(ひじやう)沢山(たくさん)あるものである。087(ゆゑ)人間(にんげん)(よわ)眼力(がんりき)にては到底(たうてい)(ひと)善悪正邪(ぜんあくせいじや)判別(はんべつ)()らるるものでない。088(ひと)(さば)くは到底(たうてい)(ひと)(ちから)()くし(あた)はざる(ところ)089これを(さば)権力(けんりよく)享有(きやういう)(たま)ふものは、090(ただ)神様(かみさま)(ばか)りである。091(ゆゑ)三五教(あななひけう)宣伝歌(せんでんか)にも、
092(かみ)(おもて)(あら)はれて(ぜん)(あく)とを()()ける』
093云々(うんぬん)宣示(せんじ)されてあるのである。094(みだ)りに(ひと)善悪正邪(ぜんあくせいじや)(さば)くは所謂(いはゆる)(かみ)権限(けんげん)(をか)すものであつて、095(ただ)しき(かみ)御目(おんめ)よりは由々(ゆゆ)しき大罪人(だいざいにん)である。096(また)心魂(しんこん)(きよ)(おこな)ひの(ただ)しき(ひと)一見(いつけん)して(その)(こころ)(まま)(あら)はれ、097至善(しぜん)至美(しび)至直(しちよく)善人(ぜんにん)()ゆる(こと)もある。098(また)(こころ)(なか)(まが)(けが)れて悪事(あくじ)をなす(ひと)肉体(にくたい)が、099一見(いつけん)して(あく)()卑劣(ひれつ)()える(こと)もある。100(すべ)ての(ひと)容貌(ようばう)(こころ)(かがみ)であるから(ことわざ)にも()(とほ)り、
101(おも)(うち)にあれば(いろ)(かなら)(そと)(あら)はる』
102箴言(しんげん)()れないものも沢山(たくさん)にある。103(しか)るに凶悪(きやうあく)獰猛(だうまう)なる邪神(じやしん)容易(ようい)(その)醜状(しうじやう)憑依(ひようい)せる(ひと)容貌(ようばう)(あら)はさず、104(かへ)つて聖人君子(せいじんくんし)(ごと)面貌(めんばう)(あら)はし、105(あく)(おこな)世人(せじん)(くる)しめ、106(もつ)(みづか)(こころよ)しとする(もの)沢山(たくさん)にある。107(ゆゑ)(いたづら)(ひと)容貌(ようばう)善悪美醜(ぜんあくびしう)()(その)(ひと)善悪(ぜんあく)人格(じんかく)品評(ひんぺう)する(こと)到底(たうてい)不可能(ふかのう)なる(こと)(かんが)へねばならぬ。
108 千変万化(せんぺんばんくわ)109変幻出没(へんげんしゆつぼつ)(きは)まりなく、110白昼(はくちう)悪事(あくじ)敢行(かんかう)するは悪魔(あくま)得意(とくい)とする(ところ)である。111悪魔(あくま)清明(せいめい)(きら)ひ、112暗黒(あんこく)(よろこ)び、113(やみ)にかくれて種々雑多(しゆじゆざつた)罪悪(ざいあく)(よろこ)んで(おこな)ふものである。114(しか)しこれは一般的(いつぱんてき)悪魔(あくま)()すべき(はたら)きである。115大悪魔(だいあくま)(いた)つては(しか)らず、116(かへ)つて清明(せいめい)なる天地(てんち)公然(こうぜん)横行(わうかう)し、117万民(ばんみん)誑惑(きやうわく)し、118白日(はくじつ)(もと)正々堂々(せいせいだうだう)(その)悪事(あくじ)敢行(かんかう)し、119(かへ)つて(こころ)(くら)人々(ひとびと)より、120聖人君子(せいじんくんし)英雄(えいゆう)豪傑(がうけつ)尊称(そんしよう)(あた)へられ、121得々(とくとく)として(ほこ)り、122世人(せじん)(くみ)(やす)しと(かげ)(まは)つて、123そつと(した)()()(もの)沢山(たくさん)ないとは()へない()(なか)である。
124 一旦(いつたん)悪魔(あくま)容器(ようき)となつて縦横無尽(じうわうむじん)暴威(ばうゐ)(ふる)ひ、125旭日昇天(きよくじつしようてん)(いきほひ)(もつ)数多(あまた)部下(ぶか)(のぞ)みたる竜雲(りううん)も、126悪霊(あくれい)神威(しんゐ)(おそ)れて(くも)(かすみ)脱出(だつしゆつ)したるより、127(いま)(まで)威風堂々(ゐふうだうだう)たりし(かれ)(いま)(まつた)別人(べつじん)(ごと)く、128身体(しんたい)各部(かくぶ)変異(へんい)(きた)し、129非力(ひりき)下劣(げれつ)(うま)れながらの劣等人格者(れつとうじんかくしや)となつてしまつた。130されどもこの竜雲(りううん)にして、131(ふたた)正義(せいぎ)公道(こうどう)()み、132信仰(しんかう)(かさ)ね、133(かみ)恩寵(おんちやう)(よく)しなば、134以前(いぜん)(まさ)聖人君子(せいじんくんし)身魂(しんこん)(さづ)けられ、135温厚(をんこう)篤実(とくじつ)君子人(くんしじん)改造(かいざう)さるるは当然(たうぜん)である。136ケールス(ひめ)竜雲(りううん)一歩(いつぽ)(さき)んじて(こころ)妖雲(えううん)(はら)ひ、137心魂(しんこん)真如(しんによ)日月(じつげつ)(かがや)かし、138前非(ぜんぴ)()ゆるに(いた)りしかば、139(いま)(この)()になつても比較的(ひかくてき)身魂(しんこん)動揺(どうえう)せしめず、140自若(じじやく)として(かみ)一身(いつしん)(まか)せつつあつた。
141 竜雲(りううん)(はづ)かしげに()(あが)一同(いちどう)(むか)つて懺悔(ざんげ)(うた)(うた)ひ、142天地(てんち)神明(しんめい)謝罪(しやざい)(まこと)(つく)した。143(その)(うた)
144(あめ)(つち)とは(いにしへ)
145無限(むげん)絶対(ぜつたい)無始(むし)無終(むしう)
146神徳(しんとく)無辺(むへん)大神(おほかみ)
147(いん)(やう)との(いき)をもて
148(つく)(かた)めし御国(みくに)なり
149国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
150天津御神(あまつみかみ)(みこと)もて
151(たふと)御身(おんみ)(かへり)みず
152豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
153下津岩根(したついはね)にあもりまし
154大海原(おほうなばら)(ただよ)へる
155(しま)八十島(やそしま)八十国(やそくに)
156完美(うまら)委曲(つばら)(つく)()
157(もも)神人(かみびと)(ことごと)
158(まも)らせたまふ有難(ありがた)
159神世(かみよ)はやすく(たいら)けく
160(をさ)まりまして()(すさ)
161(しこ)魔風(まかぜ)(あと)もなく
162(つみ)(けが)れも()かりしが
163(かみ)御息(みいき)(うま)れたる
164蒼生(あをひとぐさ)(おや)とます
165天足(あだる)(ひこ)胞場姫(えばひめ)
166天地(てんち)(みち)()(はづ)
167皇大神(すめおほかみ)御心(みこころ)
168(そむ)きたるより天ケ下(あめがした)
169四方(よも)(くに)には(けが)れたる
170妖邪(えうじや)(いき)充満(じうまん)
171(その)(いき)()りて(おに)となり
172八岐大蛇(やまたをろち)醜狐(しこぎつね)
173醜女(しこめ)探女(さぐめ)発生(はつせい)
174()常闇(とこやみ)となりにけり
175それより(やうや)()(なか)
176悪魔(あくま)(さかん)(はびこ)りて
177天地(てんち)(くも)らせ現身(うつそみ)
178世人(よびと)身魂(みたま)蹂躙(じうりん)
179(たふと)(かみ)生宮(いきみや)
180(うま)()でたる(ひと)()
181いつとはなしに曲神(まがかみ)
182(うづ)住家(すみか)となし()へぬ
183(われ)(かみ)()(かみ)(みや)
184(めぐみ)()れぬ()なれども
185いつとはなしに曲神(まがかみ)
186つけ(ねら)はれて由々(ゆゆ)しくも
187天地(てんち)()れざる大罪(だいざい)
188(かさ)(きた)りし(おそ)ろしさ
189至仁(しじん)至愛(しあい)大神(おほかみ)
190吾等(われら)(きたな)(おこな)ひを
191(あはれ)みたまひて(たちま)ちに
192各自(てんで)洗礼(せんれい)(あた)へまし
193(こころ)(ひそ)曲神(まがかみ)
194()もなく()()(たま)ひけり
195あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
196御霊(みたま)幸倍(さちはへ)ましまして
197サガレン(わう)(そむ)きたる
198吾等(われら)(つみ)(ゆる)させよ
199ケールス(ひめ)朝夕(あさゆふ)
200(けが)しまつりし醜業(しこわざ)
201天地(てんち)()れざる(つみ)なれど
202(かみ)(たふと)御心(みこころ)
203(きよ)見直(みなほ)()(なほ)
204()(なほ)しませ天地(あめつち)
205(たふと)(もも)(かみ)(まへ)
206(つみ)(しづ)みし竜雲(りううん)
207(いま)(まで)(おか)せし(つみ)()
208(こころ)(きよ)めて大前(おほまへ)
209(つつし)(うやま)()びまつる
210(あめ)目一(まひと)神司(かむつかさ)
211君子(きみこ)(ひめ)清子姫(きよこひめ)
212(その)(ほか)(もも)人々(ひとびと)
213(たふと)今日(けふ)(はたら)きを
214(よろこ)びゐやまひ(こころ)より
215(つつし)讃美(さんび)(たてまつ)
216()くなる(うへ)竜雲(りううん)
217(いま)(まで)(なや)みし村肝(むらきも)
218(むね)(くも)りも()(わた)
219黒雲(くろくも)(とほ)()()りて
220大空(おほぞら)(わた)日月(じつげつ)
221(ひかり)(をが)心地(ここち)よさ
222国別彦(くにわけひこ)神様(かみさま)
223ケールス(ひめ)竜雲(りううん)
224(いま)(まで)(なれ)(くは)へたる
225きたなき(つみ)曲業(まがわざ)
226(ひろ)(こころ)()(なほ)
227(ゆる)させ(たま)惟神(かむながら)
228(かみ)(ちか)ひて将来(ゆくすゑ)
229わが改心(かいしん)開陳(かいちん)
230()退(しりぞ)きて(あめ)(した)
231四方(よも)国々(くにぐに)駆廻(かけめぐ)
232(いのち)(かぎ)()(かぎ)
233世人(よびと)(すく)()(つみ)
234(ほろ)ぼしまつるわが覚悟(かくご)
235(やす)(うべな)ひたまへかし
236あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
237(かみ)御前(みまへ)()ぎまつる』
238 ケールス(ひめ)(また)(うた)ふ。
239(しこ)魔神(まがみ)(まよ)はされ
240(かみ)末裔(みすゑ)()れませる
241国別彦(くにわけひこ)神司(かむつかさ)
242わが()(きみ)相背(あひそむ)
243(まが)のかかりし醜人(しこびと)
244(こころ)(かぎ)()(かぎ)
245()(へつら)ひて何時(いつ)となく
246(つみ)(ふち)へと沈淪(ちんりん)
247あらむかぎりの罪悪(ざいあく)
248(つく)(きた)りし(おそ)ろしさ
249大慈(だいじ)大悲(だいひ)大神(おほかみ)
250(みたま)(ひか)りに()らされて
251(くも)りし(むね)()(わた)
252(くら)みし(まなこ)(あきら)かに
253(かがや)(わた)りて()(つみ)
254直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
255(かへり)みすれば(おそ)ろしや
256天地(てんち)(かみ)(ゆる)さざる
257(おも)(つみ)をば()らずして
258(かさ)(きた)りしうたてさよ
259あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
260御霊(みたま)(さち)はひましまして
261()出神(でのかみ)()(はな)
262咲耶姫(さくやのひめ)神言(みこと)もて
263神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
264世人(よびと)(あまね)(すく)はむと
265三五教(あななひけう)御道(おんみち)
266四方(よも)国々(くにぐに)島々(しまじま)
267(ひら)かせ(たま)神司(かむつかさ)
268(かず)ある(なか)()りわけて
269(きよ)(たふと)北光(きたてる)
270(かみ)(つかさ)君子姫(きみこひめ)
271清子(きよこ)(ひめ)(くだ)しまし
272()洗礼(せんれい)(ほどこ)して
273神地(かうぢ)(みやこ)(わだか)まる
274(しこ)魔神(まがみ)()(はら)
275(きよ)めたまひし(たふと)さよ
276(こころ)(やみ)()(わた)
277(もと)御霊(みたま)(うれ)しくも
278()(かへ)りたる(われ)なれど
279一度(ひとたび)魔神(まがみ)(けが)されし
280(わが)身体(からたま)如何(いか)にせむ
281寄辺渚(よるべなぎさ)捨小舟(すてをぶね)
282()りつく(しま)もなく(なみだ)
283いづれに(むか)つて吐却(ときやく)せむ
284サガレン(わう)御心(みこころ)
285仮令(たとへ)吾等(われら)(ゆる)すとも
286(かさ)ねし(つみ)()(からだ)
287如何(いか)でか(もと)(かへ)るべき
288(わらは)(これ)より聖城(せいじやう)
289(あと)(なが)めて葦原(あしはら)
290瑞穂(みづほ)(くに)(くま)もなく
291風雲雷雨(ふううんらいう)をしのぎつつ
292三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
293(ひら)きて世人(よびと)善道(ぜんだう)
294(みちび)きまつり皇神(すめかみ)
295(めぐみ)(つゆ)万分一(まんぶいち)
296(むく)いまつらむ(わが)(こころ)
297(ゆる)させたまへ天津神(あまつかみ)
298国津神(くにつかみ)(たち)八百万(やほよろづ)
299国魂神(くにたまがみ)御前(おんまへ)
300ケールス(ひめ)誠心(まごころ)
301(ちか)ひて(ねが)(たてまつ)
302あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
303御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
304(うた)(をは)り、305(はづ)かしげに片隅(かたすみ)()(ひそ)めて(うづく)まり()(さま)306(ひと)()()(あは)れげに(かん)ぜられ、307一同(いちどう)()せずして同情(どうじやう)(なみだ)にかき()れにける。
308大正一一・九・二四 旧八・四 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)