霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

総説(そうせつ)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第37巻 舎身活躍 子の巻 篇:前付 よみ:
章:第37巻 よみ:そうせつ 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年10月08日(旧08月18日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
予言者郷里に容れられずという古来のことわざのとおり、瑞月王仁が突然神界より神務に使役されるようになってから親族知己朋友その他の人々からあらゆる悪罵嘲笑や妨害等をうけながら、神命を遵守して今日まで隠忍してきた種々雑多の経緯は到底一万や二万の原稿で書きつくせるものではない。
ゆえに『舎身活躍』の口述のはじめにあたり、最初の霊的修行の一端を述べてから本問題の神代の物語に移ろうと思う。
幸い今日となっては自分の郷里の人々は、無宗教者といえども一人も反対を唱えたり悪罵嘲笑をするものはなくなってきた。むしろ瑞月の精神を了解し、かえって賛辞を送るようになったのは、まったく時の力である。
しかるにいつの世にも反対者というものは絶えないものである。大正の初頭から勃興し始めた大本の教えに対して、学者・宗教家・新聞記者などがずいぶん攻撃の矢を放って吾人の主張を破砕しようとしていた。
吾人は今後においてもますます、大本に対して大々的な迫害の手が加わることと確信している。
天の瓊矛のように、大本はイラエばイラウほど太く膨れて固くなり、かつ気分のよくなるものである。善悪吉凶禍福は同根である。筆先にも『悪く言はれて良くなる仕組じゃぞよ』とあるのも至言である。
このごろ丹波新聞という地方新聞が霊界物語を評していわく、『一丁ほど先から見えるような原稿を書いている』と。この物語は人間の頭脳の産物でない以上、神の霊光が原稿の上に輝いて遠方から拝めたのであろう。
著者の人物が大きいから原稿の字が大きく見えたのであろう。いやいや、そう慢心してはならない。神様の偉大なる神格が現れて筆記者の写した細い文字が丹波新聞の記者の眼にみえたのであろうと、神直日大直日に見直し聞き直し宣り直し、善意に解釈しておく。
実に天下一品の賛辞を与えてくれた大名文章だと感謝しておく次第である。呵呵。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm370002
愛善世界社版:3頁 八幡書店版:第7輯 31頁 修補版: 校定版:3頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
001 予言者(よげんしや)郷里(きやうり)()れられずとは古来(こらい)(ことわざ)である。002瑞月王仁(ずゐげつおに)突然(とつぜん)神界(しんかい)より神務(しんむ)使役(しえき)さるるやうに()つてから、003親族(しんぞく)知己(ちき)朋友(ほういう)その()人々(ひとびと)より、004あらゆる悪罵(あくば)嘲笑(てうせう)妨害(ばうがい)(とう)()(なが)ら、005神命(しんめい)遵守(じゆんしゆ)して今日(こんにち)まで隠忍(いんにん)して()種々雑多(しゆじゆざつた)経緯(けいゐ)()ぶれば、006到底(たうてい)一万(いちまん)二万(にまん)原稿(げんかう)()きつくせるものではない。007(ゆゑ)瑞月(ずゐげつ)霊界物語(れいかいものがたり)舎身活躍(しやしんくわつやく)』の口述(こうじゆつ)(はじめ)(あた)り、008最初(さいしよ)霊的(れいてき)修行(しうぎやう)一端(いつたん)()べて本問題(ほんもんだい)神代(かみよ)物語(ものがたり)(うつ)らうと(おも)ふ。009(さいは)時機(じき)到来(たうらい)せしものか、010今日(こんにち)となつては自分(じぶん)郷里(きやうり)人々(ひとびと)神道家(しんたうか)011仏教家(ぶつけうか)(はじ)め、012無宗教者(むしうけうしや)(いへど)一人(ひとり)反対(はんたい)(とな)へたり悪罵(あくば)嘲笑(てうせう)する(もの)()くなつて()た。013(いな)何人(なんびと)郷里(きやうり)(ひと)瑞月(ずゐげつ)精神(せいしん)了解(れうかい)し、014(かへつ)讃辞(さんじ)(おく)るやうになつたのは(まつた)(とき)(ちから)である。015(しか)るに釈迦(しやか)にも提婆(だいば)とか()つて、016何時(いつ)()にも反対者(はんたいしや)()えぬものである。017大正(たいしやう)初頭(しよとう)より勃興(ぼつこう)(はじ)めた()大本(おほもと)(をしへ)(たい)し、018学者(がくしや)019宗教家(しうけうか)020新聞(しんぶん)記者(きしや)なぞが、021数年前(すうねんぜん)より随分(ずゐぶん)攻撃(こうげき)()(はな)つて吾人(ごじん)主張(しゆちやう)根底(こんてい)より破砕(はさい)せむとせしは、022新宗教(しんしうけう)初期(しよき)(おい)ては(まぬが)るべからざる順路(じゆんろ)である。023(ことわざ)()ふ『巨大(きよだい)なる(うつは)には巨大(きよだい)なる(かげ)がさす』と。024また(いは)く『(てき)()きものは味方(みかた)()し』と。025今日(こんにち)社会(しやくわい)よりの攻撃(こうげき)(じつ)()むを()ざるものである。026(いな)これが宗教(しうけう)発展上(はつてんじやう)径路(けいろ)かも()れない。027吾人(ごじん)今後(こんご)(おい)ても、028益々(ますます)大本(おほもと)(たい)して大々的(だいだいてき)迫害(はくがい)()(くは)はることと確信(かくしん)して()る。029(あま)瓊矛(ぬほこ)(やう)に、030大本(おほもと)はイラエばイラウほど(ふと)くふくれて(かた)くなり、031()気分(きぶん)()くなるものである。032善悪(ぜんあく)吉凶(きつきよう)禍福(くわふく)同根(どうこん)である。033筆先(ふでさき)にも『(わる)()はれて()くなる仕組(しぐみ)じやぞよ』と、034(じつ)至言(しげん)である。035この(ごろ)綾部(あやべ)丹波新聞(たんばしんぶん)といふ(ちひ)さい新聞(しんぶん)出来(でき)て、036霊界物語(れいかいものがたり)(へう)して(いは)く『一丁(いつちやう)(ほど)(さき)から()えるやうな原稿(げんかう)()いて()る』と。037(じつ)()霊界物語(れいかいものがたり)真相(しんさう)(きは)めたものである。038(そもそ)もこの物語(ものがたり)人間(にんげん)頭脳(づなう)産物(さんぶつ)でない以上(いじやう)は、039何処(どこ)かに(かは)つた(ところ)()くてはならぬ(はず)だ。040一丁(いつちやう)(ほど)(さき)から()えるやうな(おほ)きい()原稿(げんかう)二万数千枚(にまんすうせんまい)()いたと()つて()るのは、041(かみ)霊光(れいくわう)原稿(げんかう)(うへ)(かがや)いて遠方(ゑんぱう)から(をが)めたのであらう。042(また)(おほ)きい文字(もじ)()えたのは所謂(いはゆる)著者(ちよしや)人物(じんぶつ)(おほ)きいから(おほ)きく()えたのだらう。043否々(いやいや)ソウ慢心(まんしん)しては()らぬ。044神様(かみさま)偉大(ゐだい)なる神格(しんかく)(あら)はれて、045筆記者(ひつきしや)(うつ)した(ほそ)文字(もじ)丹波(たんば)新聞(しんぶん)記者(きしや)()にソウ(おほ)きく()えたのであらうと、046神直日(かむなほひ)大直日(おほなほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)()(なほ)し、047善意(ぜんい)解釈(かいしやく)して()(はう)結局(けつきよく)大本(おほもと)教理(けうり)(かな)ふであらう。048(じつ)天下一品(てんかいつぴん)讃辞(さんじ)(あた)へて()れた大名文章(だいめいぶんしやう)だと感謝(かんしや)しておく次第(しだい)である。049呵々(かか)
050  大正十一年十月十二日