霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

余白歌

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第37巻 舎身活躍 子の巻 篇:余白歌 よみ:
章:第37巻 よみ:よはくか 通し章番号:
口述日: 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる] 主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm378801
愛善世界社版: 八幡書店版: 修補版: 校定版: 普及版: 初版: ページ備考:
一度(いちど)二度(にど)墜落(ついらく)身越(みこ)して飛行便(ひかうびん)
脱線汽車(だつせんきしや)代用(だいやう)として〈二章(初)〉
王道(わうだう)正道(せいだう)()政党(せいたう)
横道(わうだう)覇道(はだう)(すす)()くなり〈二章(初)〉
震災後(しんさいご)きつく()せたる印紙(いんし)かな〈四章(初)〉
デンデン(むし)(くる)しさ内殻(うちから)()(いだ)〈五章(初)〉
農相農相(のそのそ)()(いだ)したる田々(デンデン)(むし)
蝸牛角上(くわぎうかくじやう)()ぜり(あひ)から〈六章(初)〉
国民(こくみん)()ちに()ちたる普選権(ふせんけん)
また(あや)ふしと(そら)(あふ)ぎつ〈六(初)〉
風船(ふうせん)(やう)にあやふい普選権(ふせんけん)
いづこの(しま)()ちむとするか〈六章(初)〉
入超(にふてう)声聞(こゑき)(たぴ)国民(こくみん)
また巾着(きんちやく)()めむとぞする〈七章(初)〉
日地月(にちちげつ)あつめて(つく)串団子(くしだんご)
(ほし)胡麻(ごま)かけ(くら)ふワニ(ぐち)〈七章(初)〉
関東(くわんとう)地震(ぢしん)(まさ)人造(じんざう)
地震(ぢしん)(をさ)むる(かみ)権力(みちから)〈十章(初)〉
醜司(しこつかさ)自身(じしん)神也(かみなり)()(くるま)
()りて市中(しちう)()けめぐりつつ〈十一章(初)〉
何事(なにごと)勃発(ぼつぱつ)すとも惟神(かむながら)
(まか)真人(まびと)自信神也(じしんかみなり)〈十一章(初)〉
神勅(しんちよく)地震(ぢしん)(かみなり)()(あめ)
(みだ)れたる()(さま)をいふなり〈十二章(初)〉
極楽(ごくらく)()(やす)らふもしばしの()
やがては(くる)しき(うし)(うま)なり〈十四章(初)〉
おく(しも)(には)白菊(しらぎく)しほれけり
(こがらし)しげき(ふゆ)(はじ)めに〈十五章(初)〉
大空(おほぞら)をおほへる(かさ)(やぶ)れはて
白菊(しらぎく)花霜(はなしも)になやめる〈十五章(初)〉
(つき)()宿(やど)立出(たちい)(なが)むれば
黄菊(きぎく)白菊(しらぎく)(ひと)(いろ)なる〈十五章(初)〉
うす(ぐら)(うまや)(なか)(つな)がれて
(さび)しく孤独(こどく)(おく)(うま)かな〈十六章(初)〉
たまさかに(そと)()づれば(おも)()
()はされ(なや)牛馬(うしうま)()〈十七章(初)〉
桐一葉音(きりいちえうおと)なく()りぬ天地(あめつち)
(さび)しき(あき)空寒(そらさむ)くして〈十八章(初)〉
今朝見(けさみ)ればシーポー((ふね))の屋根(やね)真白(ましろ)なり
夜明(よあ)けの(しも)のつるぎかざして〈十八章(初)〉
木枯(こがらし)()(ふゆ)()もあたたかき
(ひと)(こころ)にかほる(はな)()〈十九章(初)〉
五大教神(ごだいけふかみ)(つかさ)をおくりおき
あとはゆるゆるエス語歌(ごか)つくる〈十九章(初)〉
()()りし(むかし)(ゆめ)(しの)びつつ
何時(いつ)とはなしに(わか)やぐ(われ)〈十九章(初)〉
(ゆめ)()(ゆめ)(まこと)(ゆめ)として
いや永遠(とこしへ)(わす)れざらまし〈二十章(初)〉
(わか)れても又逢(またあ)ふことのある()ぞと
()(ことわざ)便(たよ)りに()くる〈二十章(初)〉
(けむり)だに()たずばわかじ奥山(むくやま)
(そま)()むなる(すみ)がまの在処(ありか)〈二十章(初)〉
(すずめ)子数多(こあまた)つどへる女護島(によごがしま)
移住(ゐじふ)なしたし六部(ろくぶ)昼寝(ひるね)〈二十二章(初)〉
千歳(せんざい)のよはひを(たも)(つる)()
神を意味するホチ。底本では右上から左下に流れるホチ(はな)れては十(ねん)となる〈二十三章(初)〉
[この余白歌は八幡書店版霊界物語収録の余白歌を参考に作成しました]