霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 火事蚊(くわじか)〔一〇四四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第38巻 舎身活躍 丑の巻 篇:第1篇 千万無量 よみ:せんまんむりょう
章:第7章 第38巻 よみ:かじか 通し章番号:1044
口述日:1922(大正11)年10月15日(旧08月25日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年4月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
このころの大本初期の神がかりは実に乱雑極まるものであった。その上邪神のたくらみで、審神者もしばしば危険に陥ることがあり、到底筆舌に尽くせる状況ではなかったが、今日の研究者のために書き表しておくものとする。
福島寅之助らの邪神の神がかりは激しく、教祖様や喜楽を忌避して奥の間にこもり、別派のごとき様相を呈していた。あまりの狂態に、忍耐強い教祖様もついに箒で福島を掃きだし、叱りつけるほどであった。
しかし福島は大音声で教祖様や自分を怒鳴り散らす有様であった。福島の邪神の言を信じきった大勢の信者たちは、福島の後を追って上谷の修行場に行ってしまった。
後には大広間に、教祖様と自分と出口澄子が残された。自分は教祖様の命によって上谷に福島たち一行を追いかけて行った。すると、一行は福島について不動山に登って行ったという。後に残っていた黒田清子に狐がついて妄言を吐いていたので、審神するとコンコンと鳴きながら不動山に行ってしまった。
自分は不動山に登って一同の様子を陰に隠れて見ていた。神がかりになった四方春蔵や黒田清子が教祖様や自分の悪口を言い、早く改心させねば、と言っている。そして夕暮れの瓦屋の竈の煙を指して、神罰のために綾部の大広間を焼いた、上田はやけどをしながら火消しにかかっている、などと出鱈目を言う。
信者たちは、神がかりの福島に赦しを乞うている。そこで喜楽は、藪の中から怒鳴りつけ、福島たちの言動がまったくの偽りであることを説諭した。一同は綾部にいると思っていた自分が突然現れたので驚き混乱し、ほうほうの体で山を下りてきた。
喜楽は福島たちの神がかりがまったくの虚言であったことを暴き立てたので、信者たちも目を覚ますであろうと一人綾部に帰ってきた。しかし相変わらず邪神の言に惑わされて、足立氏、四方春蔵氏、中村竹蔵氏の三人を、喜楽追放の全権大使として綾部に送り込んできたのであった。
審神者は骨が折れるもので、正神界の神からはたいへんに愛されるが、これに反して邪神界の神からは忌み嫌われ、陰に陽に排斥されるものである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3807
愛善世界社版:65頁 八幡書店版:第7輯 181頁 修補版: 校定版:65頁 普及版:32頁 初版: ページ備考:
001 (ひと)(さかん)なれば(てん)()ち、002(てん)(さだ)まつて(ひと)(せい)すとかや、003喜楽(きらく)一身一家(いつしんいつか)(なげう)つて、004審神者(さには)奉仕(ほうし)全力(ぜんりよく)(つく)すと(いへど)も、005(なに)()つても廿余名(にじふよめい)の、006(もと)より常識(じやうしき)()けた人物(じんぶつ)修行者(しうぎやうしや)発動(はつどう)したこととて、007どうにも()うにも鎮定(ちんてい)方法(はうはふ)がつかない。008正邪(せいじや)理非(りひ)分別(ふんべつ)もなく、009金光教会(こんくわうけうくわい)旧信者(きうしんじや)(ばか)りで、010迷信(めいしん)盲信(まうしん)との凝結(ぎようけつ)であるから、011到底(たうてい)審神者(さには)()(こと)聞入(ききい)れないのである。012(また)神懸(かむがかり)といふ(もの)(めう)なもので、013金光教(こんくわうけう)信者(しんじや)修行(しうぎやう)すれば金光教(こんくわうけう)(かみ)(うつ)つて()る。014どれもこれも(みな)金神(こんじん)(とな)へる。015天理教(てんりけう)信者(しんじや)修行(しうぎやう)すれば、016十柱(とはしら)(かみ)()名告(なの)つて(あら)はれる。017妙霊教会(めうれいけうくわい)信者(しんじや)修行(しうぎやう)すれば、018(また)妙霊教会(めうれいけうくわい)奉斎神(ほうさいしん)()名告(なの)つて(あら)はれて()る。019(その)(ほか)宗旨(しうし)々々(しうし)奉斎主神(ほうさいしゆしん)(かみ)(ぶつ)()名告(なの)つて、020いろいろの(れい)(あら)はれ(きた)るものである。021上谷(うへだに)修行場(しうぎやうば)では金光教(こんくわうけう)信者(しんじや)(ばか)りであつたから、022牛人(うしうど)金神(こんじん)だとか、023(たつみ)金神(こんじん)024天地(てんち)金神(こんじん)025土戸(つちど)金神(こんじん)026射析(いさく)金神(こんじん)などと、027(いづ)れも金神(こんじん)()名告(なの)るのであつた。028(また)竜宮(りうぐう)乙姫(おとひめ)だとか、029(その)()竜神(りうじん)()(もつ)(あら)はれる副守護神(ふくしゆごじん)沢山(たくさん)なものであつた。
030 今日(こんにち)大本(おほもと)修行(しうぎやう)()人間(にんげん)は、031大部分(だいぶぶん)中等(ちうとう)高等(かうとう)教育(けういく)()けた(ひと)(おほ)いから、032(この)(とき)のやうな(あま)脱線的(だつせんてき)低級(ていきふ)(れい)(かか)つて()ない。033大本(おほもと)最初(さいしよ)034(すなは)明治(めいぢ)卅二年(さんじふにねん)(ごろ)神懸(かむがかり)といつたら、035(じつ)乱雑(らんざつ)(きは)まつたもので、036(まる)癲狂院(てんきやうゐん)(その)(まま)状態(じやうたい)であつた。037(その)(うへ)邪神(じやしん)奸計(たくみ)で、038審神者(さには)たる(もの)(しばしば)危険(きけん)地位(ちゐ)(おちい)(こと)があつて、039到底(たうてい)(ふで)(くち)(つく)せるやうな(こと)ではなかつた。040幽界(いうかい)事情(じじやう)(すこ)しも()らない人々(ひとびと)(この)物語(ものがたり)()んでも、041到底(たうてい)(しん)じられない(やう)(こと)(ばか)りであるが、042それでも事実(じじつ)事実(じじつ)として(あら)はして()かねば、043今後(こんご)斯道(しだう)研究者(けんきうしや)参考(さんかう)にならぬから、044()りし(まま)(つつ)まず(かく)さず、045何人(なんぴと)にも遠慮会釈(ゑんりよゑしやく)なく、046口述(こうじゆつ)する(こと)にしました。
047 (ころ)明治(めいぢ)卅二年(さんじふにねん)048秋色(しうしよく)(やうや)(こま)やかな(とき)049金明会(きんめいくわい)広間(ひろま)では、050(れい)福島(ふくしま)051村上(むらかみ)052四方(しかた)春三(はるざう)053塩見(しほみ)054黒田(くろだ)先頭(せんとう)に、055日夜(にちや)間断(かんだん)なき邪神界(じやしんかい)襲来(しふらい)で、056教祖(けうそ)のいろいろの御諭(おさと)しも、057喜楽(きらく)審神者(さには)(すこ)しも()()れぬのみか、058(かへつ)教祖(けうそ)喜楽(きらく)忌避(きひ)して、059福島(ふくしま)()(ごと)きは別派(べつぱ)となり、060広前(ひろまへ)(おく)()占領(せんりやう)し、061四方(しかた)062塩見(しほみ)063黒田(くろだ)三人(さんにん)修行者(しうぎやうしや)(とも)に、064奇妙(きめう)神懸(かむがかり)続行(ぞくかう)して()る。
065『お(ちち)サン、066(ひさ)しぶりでお()にかかりました』
067『ヤア(わが)()であつたか、068()いたかつた……()たかつた……ヤア其方(そなた)(わが)(つま)か……』
069(わが)(をつと)御座(ござ)んすか、070(うしとら)金神(こんじん)さまが()にお()(あそ)ばした(とき)に、071(わたし)一所(いつしよ)(おと)されて、072親子(おやこ)兄弟(きやうだい)がチリヂリバラバラ、073時節(じせつ)(まゐ)りて、074(うしとら)金神(こんじん)さまのおかげで、075(ひさ)()りで夫婦(ふうふ)親子(おやこ)兄弟(きやうだい)対面(たいめん)(ゆる)して(もら)ひました。076あゝ有難(ありがた)勿体(もつたい)ない、077オーイオーイオーイアンアンアン』
078愁歎場(しうたんば)演出(えんしゆつ)してゐる。079(あま)りの狂態(きやうたい)に、080平素(へいそ)から忍耐(にんたい)(つよ)教祖(けうそ)も、081()むを()(はうき)(もつ)て、082福島(ふくしま)神懸(かむがかり)掃出(はきだ)し、
083教祖(けうそ)『お(まへ)金光教(こんくわうけう)守護(しゆご)する(れい)であらう。084(この)大本(おほもと)をかき(みだ)(ため)に、085福島(ふくしま)肉体(にくたい)()つて()(こと)は、086初発(しよつぱつ)から()()つて()る。087モウ()うなつては(ゆる)(こと)出来(でき)ぬから、088一時(いちじ)(はや)退散(たいさん)せい』
089(きび)しく(しか)りつけられ、090半分(はんぶん)肉体(にくたい)(まじ)つた神懸(かむがかり)福島(ふくしま)は、091(おほ)いに立腹(りつぷく)し、
092福島(ふくしま)(この)(まこと)(うしとら)大金神(だいこんじん)さまのお(うつ)(あそ)ばした福島(ふくしま)寅之助(とらのすけ)を、093()見分(みわ)けぬやうな教祖(けうそ)(なん)になる。094勿体(もつたい)なくも(うしとら)金神(こんじん)生宮(いきみや)を、095(はうき)掃出(はきだ)したぞよ。096(また)上田(うへだ)小松林(こまつばやし)のやうなガラクタ(かみ)(うつ)つてゐるから、097(この)結構(けつこう)大神(おほかみ)()見分(みわ)けぬとは(こま)つたものであるぞよ。098(なん)(ため)審神者(さには)ぢや、099(わか)らぬといふても(ほど)があるぞよ。100サアサア(みな)神懸(かむがかり)(ども)101これから(うし)(とし)(うま)れた寅之助(とらのすけ)の、102艮大金神(うしとらだいこんじん)神力(しんりき)(つよ)いか、103出口(でぐち)上田(うへだ)神力(しんりき)(つよ)いか、104(しろ)(くろ)いを()けて()せてやるぞよ。105(この)(はう)御伴(おとも)(いた)して上谷(うへだに)()いよ。106もし寅之助(とらのすけ)(まけ)たら(したが)うてやるが、107(この)(はう)()ちたら出口(でぐち)(なほ)上田(うへだ)も、108(まこと)(うしとら)金神(こんじん)(したが)はして、109家来(けらい)使(つか)うてやるぞよ。110今日(けふ)天晴(あつぱ)勝負(しようぶ)瀬戸際(せとぎは)であるぞよ。111(みな)神懸(かむがかり)よ、112一時(いつとき)(はや)上谷(うへだに)()けよ。113出口(でぐち)上田(うへだ)改心(かいしん)出来(でき)ぬから、114(いま)()をさまし改心(かいしん)(ため)に、115(かみ)出口(でぐち)(いへ)(はい)にして(しま)うぞよ。116それから町中(まちぢう)(その)(とほ)りぢやぞよ。117(あゝ)(まこと)()(どく)なものぢやぞよ。118人民(じんみん)(いへ)一軒(いつけん)()てるのにも、119中々(なかなか)並大抵(なみたいてい)(こと)ではないが、120(かみ)()(どく)でたまらぬぞよ。121これも出口(でぐち)(なほ)()(つよ)うて、122上田(うへだ)改心(かいしん)出来(でき)ぬからぢやぞよ』
123四辺(しへん)(ひび)大音声(だいおんじやう)にて呶鳴(どな)()らす。124喜楽(きらく)何程(なにほど)福島(ふくしま)神懸(かむがかり)正邪(せいじや)説明(せつめい)しても、125()かばこそ……、126自分(じぶん)(まこと)(うしとら)金神(こんじん)ぢや、127上田(うへだ)審神者(さには)(なに)()るものか……と、128(かた)(いか)らし、129(ひぢ)をはり、130威丈高(ゐたけだか)になつて、131神懸(かむがかり)役員(やくゐん)一統(いつとう)引連(ひきつ)れ、132韋駄天(ゐだてん)(ばし)りに一里(いちり)(あま)りの(みち)を、133上谷(うへだに)修行場(しうぎやうば)さして()つて(しま)つた。
134 出口(でぐち)教祖(けうそ)喜楽(きらく)澄子(すみこ)三人(さんにん)広前(ひろまへ)(のこ)して、135役員(やくゐん)神懸(かむがかり)悉皆(すつかり)136福島(ふくしま)にうつつた邪神(じやしん)妄言(ばうげん)(かた)(しん)じて、137上谷(うへだに)()つて(しま)つた。138喜楽(きらく)教祖(けうそ)(めい)()りて、139二三時間(にさんじかん)(ほど)()つてから、140中村(なかむら)竹蔵(たけざう)(つま)中村(なかむら)菊子(きくこ)(ただ)二人(ふたり)で、141上谷(うへだに)四方(しかた)伊左衛門(いざゑもん)といふ(ひと)(いへ)修行場(しうぎやうば)出張(しゆつちやう)して()ると、142役員(やくゐん)神懸(かむがかり)(むら)人達(ひとたち)も、143老若男女(らうにやくなんによ)(わか)ちなく、144悉皆(しつかい)福島(ふくしま)について、145(たか)不動山(ふどうやま)(うへ)(あが)つて(しま)ひ、146あとには黒田(くろだ)清子(きよこ)野崎(のざき)篤三郎(とくさぶらう)とが修行場(しうぎやうば)留守(るす)をしてゐた。147そして黒田(くろだ)には悪狐(あくこ)(れい)(うつ)つて、148喜楽(きらく)()つたのも()らずに、149何事(なにごと)一人(ひとり)でベラベラと(しやべ)()てつつあつた。150野崎(のざき)(その)(そば)両手(りやうて)をついて、151おとなしく高麗狗然(こまいぬぜん)として(かしこ)まつてゐた。152喜楽(きらく)(かほ)()るなり、153野崎(のざき)(おどろ)いて、154黒田(くろだ)清子(きよこ)耳打(みみうち)をすると、155黒田(くろだ)(たちま)ちに仰向(あふむ)けになつて、
156黒田(くろだ)上田(うへだ)()たか、157よく()けよ。158(この)(はう)勿体(もつたい)なくも素盞嗚尊(すさのをのみこと)であるぞよ。159(まへ)改心(かいしん)出来(でき)()めに、160()(どく)(なが)綾部(あやべ)金明会(きんめいくわい)(はい)にして(しま)うぞよ。161(まへ)(なに)しに()たのぢや、162一時(いちじ)(はや)綾部(あやべ)(かへ)つて、163火事(くわじ)消防(せうばう)にかからぬか。164グヅグヅして()(とき)ではないぞよ、165千騎一騎(せんきいつき)(この)場合(ばあひ)でないか』
166とベラベラと際限(さいげん)もなく(しやべ)()てる。167喜楽(きらく)はいきなり、
168喜楽(きらく)『コラ野狐(のぎつね)169(なに)(ぬか)すか。170そんな(こと)があつてたまらうか。171コリヤ野狐(のぎつね)172正体(しやうたい)をあらはせ!』
173(うしろ)から()()んで『ウン』と(れい)をかけると、174清子(きよこ)(たちま)()(ばい)になつて、
175『コーンコン』
176()(なが)ら、177(いへ)裏山(うらやま)一目散(いちもくさん)()()した。178野崎(のざき)はビツクリして、179(あと)()つかけ、180(やうや)三町(さんちやう)(ばか)りの谷間(たにま)引捉(ひつとら)()れて(かへ)つて()ると、181清子(きよこ)正気(しやうき)になつたやうに()せて、
182黒田(くろだ)『あゝ上田(うへだ)先生(せんせい)183(まこと)にすまぬ(こと)(いた)しました。184モウこれからは、185福島(ふくしま)大先生(だいせんせい)(こと)()きませぬ。186(わたし)(あま)慢心(まんしん)をしてゐましたので、187不動山(ふどうやま)(きつね)がついてゐました。188あゝ(はづ)かしい残念(ざんねん)な』
189(かほ)(たもと)()しかくす。190喜楽(きらく)は、
191喜楽(きらく)『そんな(こと)にたばかられるものか、192(いつは)りを()ふな、193(その)()(のが)れの()(わけ)だ。194審神者(さには)()(にら)んだら間違(まちが)ひはあるまい。195()(だう)古狐(ふるぎつね)()!』
196とにらみつくれば、197(また)もや、
198『コンコン』
199()(なが)ら、200一目散(いちもくさん)不動山(ふどうやま)()して()げて()く。201(しばら)くすると、202(れい)祐助(いうすけ)()イサンが、203喜楽(きらく)(まへ)()(きた)り、
204祐助(いうすけ)上田(うへだ)先生(せんせい)205あんたは(また)しても神懸(かむがかり)サンを(しか)りなさつたさうだ。206(いま)黒田(くろだ)サンに素盞嗚尊(すさのをのみこと)さまがおうつりになつて、207(やま)(のぼ)つて()大変(たいへん)(おこ)つてゐやはりますで。208大広前(おほひろまへ)御神罰(ごしんばつ)()けるのも、209つまり先生(せんせい)()(つよ)いからで御座(ござ)います。210()イも一生懸命(いつしやうけんめい)になつて、211大難(だいなん)小難(せうなん)にまつり()へて(くだ)さいと、212(わび)(いた)して、213(うしとら)金神(こんじん)さまや神懸(かむがかり)さまに御願(おねがひ)(まを)して()りますのに、214先生(せんせい)とした(こと)が、215三体(さんたい)大神(おほかみ)さまのお(かか)(あそ)ばした結構(けつこう)神懸(かむがかり)サンを、216野狐(のぎつね)だなんて仰有(おつしや)るから、217大神(おほかみ)さまが(もつ)ての(ほか)御立腹(ごりつぷく)218どうしても今度(こんど)(ゆる)しは(いた)さぬと仰有(おつしや)ります。219先生(せんせい)220()イが一生(いつしやう)(たの)みで御座(ござ)りますから、221黒田(くろだ)サンの(かみ)さまにお(わび)を、222(いま)(すぐ)にして(くだ)さりませ。223綾部(あやべ)御広前(おひろまへ)町中(まちぢう)大難(だいなん)になつてはたまりませぬから……』
224とブルブル(ふる)(なが)ら、225()(ごゑ)(をが)んで()る。226喜楽(きらく)は、
227喜楽(きらく)祐助(いうすけ)サン、228心配(しんぱい)するな、229(けつ)してそんな馬鹿(ばか)(こと)があるものか。230(まこと)(かみ)さまなら、231そんな無茶(むちや)(こと)はなさる(はず)がない。232(みな)曲津神(まがつかみ)出鱈目(でたらめ)()ふて()るのだ。233万一(まんいち)綾部(あやべ)にそんな大変事(だいへんじ)があるものなら、234自分(じぶん)上谷(うへだに)()(はず)がないぢやないか。235ジツクリと(もの)(かんが)へて()よ』
236(さと)せば、237()イサンは(すこ)しは安心(あんしん)したと()え、238(はじ)めて笑顔(ゑがほ)()せた。239喜楽(きらく)(ただち)不動山(ふどうやま)(のぼ)り、240数多(あまた)神懸(かむがかり)狂態(きやうたい)(えん)じて()るのを鎮定(ちんてい)せむと、241修行場(しうぎやうば)立出(たちい)でた。242()イサン(おどろ)いて、243喜楽(きらく)(そで)(ひかへ)え、
244祐助(いうすけ)先生(せんせい)245どうぞ(やま)()くのはやめにして、246これから(すぐ)綾部(あやべ)(かへ)つて(くだ)さい、247(あん)じられてなりませぬ。248(いま)先生(せんせい)(やま)(のぼ)られたら、249又々(またまた)福島(ふくしま)(かみ)さまが、250御立腹(ごりつぷく)なさると大変(たいへん)(ござ)ります』
251無理(むり)引止(ひきと)めようとする。252喜楽(きらく)懇々(こんこん)祐助(いうすけ)をさとし、253(やうや)くの(こと)納得(なつとく)させ、254中村(なかむら)菊子(きくこ)同道(どうだう)にて、255綾部(あやべ)立帰(たちかへ)らしめ、256喜楽(きらく)(ただ)一人(ひとり)雑木(ざふき)(しげ)(くさむら)をかきわけて不動山(ふどうやま)(のぼ)り、257(まつ)木蔭(こかげ)(かく)れて、258神憑(かむがかり)連中(れんちう)様子(やうす)(うかが)つてゐた。
259 福島(ふくしま)寅之助(とらのすけ)260四方(しかた)平蔵(へいざう)261足立(あだち)正信(まさのぶ)262(その)(ほか)一統(いつとう)連中(れんちう)は、263喜楽(きらく)間近(まぢか)()てゐる(こと)(ゆめ)にも()らず、264一心不乱(いつしんふらん)になつて、
265福島(ふくしま)大先生(だいせんせい)さま、266(うしとら)大金神(だいこんじん)さま、267一時(いちじ)(はや)教祖(けうそ)さまの()()れまして、268上田(うへだ)往生(わうじやう)(いた)しまして……綾部(あやべ)(いまし)めをお(ゆる)(くだ)さいませ、269仮令(たとへ)(わたし)(いのち)はなくなりましても、270教祖(けうそ)さまが(たす)かりなさりますように』
271一同(いちどう)涙交(なみだまじ)りに(たの)んでゐる。272四方(しかた)春三(はるざう)(こゑ)で、
273春三(はるざう)(みな)(もの)よ、274よく()け。275出口(でぐち)(なほ)金光大神(こんくわうだいじん)反対役(はんたいやく)であるぞよ。276上田(うへだ)のやうな(わる)(やつ)引張(ひつぱ)()んで、277金光(こんくわう)教会(けうくわい)(つぶ)したぞよ。278あの御広間(おひろま)(もと)金光(こんくわう)広間(ひろま)ぢやぞよ。279それに出口(でぐち)上田(うへだ)とがワヤに(いた)したぞよ。280(まこと)(うしとら)金神(こんじん)が、281今度(こんど)勘忍袋(かんにんぶくろ)()()れたから、282上田(うへだ)審神者(さには)(はう)()さねば、283何遍(なんべん)でも大広間(おほひろま)()いて(しま)ふぞよ。284四方(しかた)平蔵(へいざう)(また)同類(どうるゐ)ぢや、285出口(でぐち)(なほ)相談(さうだん)(いた)して、286上田(うへだ)をかくれて(むか)へに()きよつたぞよ。287出口(でぐち)上田(うへだ)平蔵(へいざう)三人(さんにん)(こころ)(あは)して、288金光(こんくわう)広間(ひろま)をつぶしたぞよ。289今度(こんど)改心(かいしん)して、290上田(うへだ)穴太(あなを)()ひかへせばよし、291何時(いつ)までも(その)(まま)(いた)してをるやうな(こと)なら、292(この)(かみ)(ゆる)さぬぞよ』
293などと、294もと金光教(こんくわうけう)信者(しんじや)(ばか)りが(あつ)まつて、295神憑(かむがかり)(くち)攻撃(こうげき)をやる。296黒田(くろだ)きよ()(また)(くち)()つて、
297黒田(くろだ)足立(あだち)正信(まさのぶ)どの、298其方(そなた)(なん)心得(こころえ)()るのぞえ。299金光(こんくわう)教会(けうくわい)取次(とりつぎ)ではないか、300(いま)まで出口(でぐち)(かみ)(そば)二三年(にさんねん)もついて()(なが)ら、301上田(うへだ)のやうなガラクタ審神者(さには)に、302広間(ひろま)占領(せんりやう)しられて、303金光(こんくわう)どのへ(なん)申訳(まをしわけ)(いた)すのか。304上田(うへだ)行状(ぎやうじやう)()たかい。305彼奴(あいつ)は、306毎日々々(まいにちまいにち)朝寝(あさね)(いた)す、307昼前(ひるまへ)(おき)()て、308手水(てうず)もつかはぬ、309(ねこ)より(おと)つた(やつ)ぢやぞよ。310寝所(ねどこ)(なか)から(くび)(だけ)()して(めし)(くら)つたり、311(ちや)()んだり、312風呂(ふろ)這入(はい)つても(かほ)(ひと)(あら)(こと)()らず、313あんな道楽(だうらく)(やつ)を、314因縁(いんねん)身魂(みたま)ぢやから大切(たいせつ)にしてやれ、315教祖(けうそ)(まを)すのは、316チツと(もの)(わか)らぬぞよ。317教祖(けうそ)()をさますのは、318一番(いちばん)上田(うへだ)(はう)()すに(かぎ)るぞよ。319あとは金光教(こんくわうけう)足立(あだち)正信(まさのぶ)殿(どの)御用(ごよう)(いた)せば立派(りつぱ)(をしへ)()つぞよ。320あれあれ()やれよ、321(いま)綾部(あやべ)金明会(きんめいくわい)()けるぞよ。322(みな)(もの)よ、323あれを()やいのう』
324邪神(じやしん)(うつ)つて妄言(ばうげん)()いてゐる。325一同(いちどう)()(とほ)()はつて、326綾部(あやべ)(はう)(のぞ)可笑(おか)しさ。327(をり)ふし綾部(あやべ)上野(うへの)瓦屋(かはらや)があつて、328(かま)()()れて()るのが、329(ゆふ)ぐれの(やみ)(てら)して、330チヨロチヨロと()()した。331さうすると、
332黒田(くろだ)『サア大変(たいへん)ぢや大変(たいへん)ぢや、333出口(でぐち)(かみ)さまは(まこと)(もつ)てお()(どく)ぢやぞよ。334御心配(ごしんぱい)をして御座(ござ)るぞよ。335今頃(いまごろ)上田(うへだ)審神者(さには)一生懸命(いつしやうけんめい)になつて火傷(やけど)をし(なが)()()しにかかつて()るぞよ。336大分(だいぶ)にエライ火傷(やけど)(いた)して()るから、337今度(こんど)こそは神罰(しんばつ)(いのち)()られるぞよ。338(いま)出口(でぐち)(かみ)一生懸命(いつしやうけんめい)(いの)つてゐるぞよ、339ぢやと(まを)して(この)()中々(なかなか)()えは(いた)さぬぞよ。340綾部(あやべ)大火事(おほくわじ)となるぞよ。341(かみ)(まを)(こと)一分一厘(いちぶいちりん)(ちがひ)(いた)さぬぞよ。342これが(ちが)うたら(かみ)(この)()()らぬぞよ。343慢心(まんしん)大怪我(おほけが)(もと)だぞよ。344慢心(まんしん)(いた)すと足許(あしもと)()がもえて()て……(あつ)うなるまで()がつかぬぞよ。345()けば()(ほど)(いばら)むろ、346()きも(もど)りもならぬよになるぞよ。347それそれあの()()やいのう』
348三人(さんにん)神懸(かむがかり)(くち)()る。349数多(あまた)村人(むらびと)神憑(かむがかり)()(ごゑ)になり、
350福島(ふくしま)大先生(だいせんせい)(さま)351中村(なかむら)大先生(だいせんせい)(さま)352四方(しかた)大先生(だいせんせい)さま、353足立(あだち)大先生(だいせんせい)さま、354どうぞお(わび)をして(くだ)さいませ』
355()(あは)して(をが)んでゐる。356(とき)(まさ)(いち)(くら)み、357瓦屋(かはらや)()()えなくなつた。
358火事(くわじ)にしては()(ちひ)(すぎ)る。359(あま)()えるのが(はや)かつた。360これは福島(ふくしま)大先生(だいせんせい)さま、361どういふ(わけ)御座(ござ)いませうか……』
362(たづ)ねて()るのは四方(しかた)平蔵(へいざう)()であつた。363福島(ふくしま)横柄(わうへい)にかまへ(なが)ら、
364福島(ふくしま)『ウン、365(かみ)御仕組(おしぐみ)広前(ひろまへ)一軒(いつけん)(だけ)犠牲(いけにえ)()いたぞよ。366(みな)(もの)綾部(あやべ)(かへ)つて、367出口(でぐち)()()らして、368上田(うへだ)(はう)()して(しま)へよ。369(その)(あと)(まこと)生粋(きつすゐ)(うしとら)金神(こんじん)が、370福島(ふくしま)寅之助(とらのすけ)大明神(だいみやうじん)(あら)はれて、371三千世界(さんぜんせかい)立替(たてかへ)(いた)すから、372天下(てんか)太平(たいへい)()(をさ)まりて、373大難(だいなん)小難(せうなん)にまつり()へて(ゆる)してやるぞよ。374何程(なにほど)人民(じんみん)がエライと(まを)しても(かみ)には()てぬぞよ。375(うたがひ)()らせよ。376(まこと)丑寅(うしとら)金神(こんじん)(まを)(こと)は、377毛筋(けすぢ)横巾(よこはば)(ほど)間違(まちが)ひはないぞよ。378改心(かいしん)(いた)さぬと足許(あしもと)から(とり)()ちて、379ビツクリ(いた)して()まひがくるぞよ。380改心(かいしん)するのは(いま)ぢやぞよ』
381呶鳴(どな)()らしてゐる。382(やみ)(とばり)はますます(ふか)()りて()た。383(はな)をつままれても(わか)らぬやうに(くら)い。384提灯(ちやうちん)もなければ、385上谷(うへだに)まで(かへ)(こと)出来(でき)(しん)(やみ)になつた。386村中(むらぢう)(もの)(いへ)(から)にして、387(のこ)らず此処(ここ)(のぼ)つて(しま)つて()つたが、388(やま)()りるにも()りられず、389途方(とはう)()れて『惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)』と合掌(がつしやう)してゐる。390其処(そこ)(くら)がりの(なか)から、391喜楽(きらく)(こゑ)として、
392喜楽(きらく)汝等(なんぢら)一統(いつとう)(もの)393(あま)慢心(まんしん)(つよ)(ゆゑ)邪神(じやしん)にたぶらかされ、394上田(うへだ)審神者(さには)(げん)(もち)ひず、395極力(きよくりよく)反対(はんたい)せし結果(けつくわ)は、396(いま)汝等(なんぢら)()(ごと)く、397足許(あしもと)から(とり)()つても(わか)るまい。398喜楽(きらく)数時間(すうじかん)以前(いぜん)から、399(この)(まつ)木蔭(こかげ)休息(きうそく)して、400汝等(なんぢら)暴言(ばうげん)暴動(ばうどう)(のこ)らず目撃(もくげき)してゐた。401汝等(なんぢら)(うつ)つた邪神(じやしん)は、402現在(げんざい)此処(ここ)()喜楽(きらく)()とめる(こと)出来(でき)ない盲神(めくらがみ)だ。403(また)綾部(あやべ)広前(ひろまへ)(けつ)して()けてはゐないぞ。404最前(さいぜん)()えた()(ひかり)は、405(やや)(だい)にして火事(くわじ)(たまご)()たれども、406あれは火事(くわじ)ではない、407上野(うへの)瓦屋(かはらや)(かま)()()れたのだ。408汝等(なんぢら)(いま)此処(ここ)()()まし、409()(あらた)めねば、410神罰(しんばつ)(たちま)(くだ)るであらう。411(げん)(この)山上(さんじやう)にさまようて、412帰路(きろ)暗黒(あんこく)413一寸(ちよつと)(すす)(あた)はざるは(かみ)懲戒(ちようかい)である。414汝等(なんぢら)一同(いちどう)(もの)415よく冷静(れいせい)(かんが)()よ。416万一(まんいち)広前(ひろまへ)()けるものと(おも)へば、417何故(なにゆゑ)大神(おほかみ)御霊(みたま)鎮座(ちんざ)ある、418広前(ひろまへ)につめきつて保護(ほご)せないのか。419なぜ面白(おもしろ)さうに火事(くわじ)見物(けんぶつ)をし、420村中(むらぢう)弁当(べんたう)(ちや)などを携帯(けいたい)して、421安閑(あんかん)見下(みお)ろそうとしてゐるその有様(ありさま)(なん)(こと)か、422これでも(まこと)(かみ)(おこな)ひか、423チツとは(むね)()(あて)(かんが)へてみよ』
424呶鳴(どな)りつけた。425サアさうすると……上田(うへだ)綾部(あやべ)()ると(かた)(しん)じてゐた一同(いちどう)(もの)は、426(やぶ)から(ぼう)をつき()したやうに、427喜楽(きらく)(あら)はれたのと、428(その)説諭(せつゆ)面食(めんくら)つて、429()(もの)430()びる(もの)431(たの)(もの)出来(でき)()た。432(くら)山路(やまぢ)(くだ)りつつ、433(つまづ)(たふ)れてカスリ(きず)をするやら、434(いばら)()つかかつて()(さけ)ぶやら、435ヤツとの(こと)不動山(ふどうやま)から、436(いのち)カラガラ上谷(うへだに)伊左衛門(いざゑもん)(かた)修行場(しうぎやうば)(かへ)つたのはその()十二時(じふにじ)(まへ)であつた。
437 (いづ)れの(ひと)()ても、438(かほ)手足(てあし)(いばら)がきの負傷(ふしやう)せぬ(もの)一人(ひとり)もなかつた。439四方(しかた)平蔵(へいざう)は、440喜楽(きらく)()()かれて下山(げざん)したので、441()(わる)いにも(かか)はらず、442かき(きず)(ひと)つして()なかつた。443喜楽(きらく)一同(いちどう)(もの)邪神(じやしん)神告(しんこく)全然(ぜんぜん)虚言(きよげん)であつたので、444各自(かくじ)(まよ)ふてゐた(こと)(さと)つたであらうと(おも)ひ、445(いそ)綾部(あやべ)(ただ)一人(ひとり)(かへ)つて()た。446(その)あとで又々(またまた)相変(あひかは)らず邪神(じやしん)神憑(かむがかり)続行(ぞくかう)し、447(その)結果(けつくわ)一同(いちどう)鳩首(きうしゆ)会議(くわいぎ)(ひら)き、448(その)全権(ぜんけん)大使(たいし)として足立(あだち)()四方(しかた)春三(はるざう)449中村(なかむら)竹蔵(たけざう)三人(さんにん)(えら)まれた(わけ)である。450(えう)するに(うま)喜楽(きらく)追放(つゐはう)するといふが大問題(だいもんだい)であつた。
451 審神者(さには)(やく)といふものは仲々(なかなか)(ほね)()れるもので、452正神界(せいしんかい)(かみ)大変(たいへん)審神者(さには)(あい)されるが、453(これ)(はん)して邪神界(じやしんかい)(かみ)(おそ)れて非常(ひじやう)()(きら)ひ、454(いん)(やう)審神者(さには)排斥(はいせき)するものである。455あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
456大正一一・一〇・一五 旧八・二五 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)