霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第二章 評定(ひようぢやう)〔一〇六七〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第39巻 舎身活躍 寅の巻 篇:第1篇 伊祖の神風 よみ:いそのかみかぜ
章:第2章 第39巻 よみ:ひょうじょう 通し章番号:1067
口述日:1922(大正11)年10月21日(旧09月2日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年5月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
神素盞嗚大神の命によって、斎苑の館の八尋殿では厳格な相談会が開かれた。大神は高座に現れ、一同に歌をもって相談会の意図を宣旨された。ハルナの都に進み、大黒主を言向け和す神司を選定せよ、との思し召しであった。
大神は神軍の成功を祈り、奥殿に姿を隠された。日の出神が議長となって詮議は開始された。時置師神は、元バラモン教との蜈蚣姫と黄竜姫親子を遣わしたらどうかと推薦した。
黄竜姫、蜈蚣姫はそれぞれ立って自ら敵城に向かう決意を述べ、ハルナの都行きを承認された。一方、照国別は立って自らを自薦した。日の出神は承諾し、照国別は一人で月の国へ出張することとなった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3902
愛善世界社版:16頁 八幡書店版:第7輯 285頁 修補版: 校定版:16頁 普及版:7頁 初版: ページ備考:
001 バラモン(けう)教主(けうしゆ)大黒主(おほくろぬし)暴状(ばうじやう)()らし、002言向和(ことむけやは)して天下(てんか)(がい)(のぞ)き、003八岐大蛇(やまたをろち)醜神(しこがみ)身魂(みたま)(きよ)むべく、004ここにウブスナ山脈(さんみやく)頂上(ちやうじやう)斎苑(いそ)(やかた)八尋殿(やひろどの)にて神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)(めい)により厳格(げんかく)なる相談会(さうだんくわい)(ひら)かれた。005素盞嗚大神(すさのをのおほかみ)高座(かうざ)(あら)はれ一同(いちどう)(むか)つて(うた)(もつ)宣示(せんじ)された。006(その)御歌(おんうた)
007(あめ)(つち)との神々(かみがみ)
008水火(いき)(あは)してなりませる
009三五教(あななひけう)御教(みをしへ)
010(しま)八十島(やそしま)八十(やそ)(くに)
011(くま)なく(ひか)(わた)れども
012八岐大蛇(やまたをろち)醜神(しこがみ)
013(いま)(まつた)(まつろ)はで
014(やま)()()(かは)()
015(ひそ)みて(まが)朝夕(あさゆふ)
016(ひら)()くこそうたてけれ
017三五教(あななひけう)神司(かむつかさ)
018(きよ)けき(あか)真心(まごころ)
019力限(ちからかぎ)りに()(おこ)
020天地(あめつち)四方(よも)神人(しんじん)
021(すく)はむ()めに現身(うつそみ)
022()()になして遠近(をちこち)
023荒野(あれの)(わた)(うみ)()
024(ゆき)()みしめ(あつ)さを(こら)
025(あめ)にはそぼち荒風(あらかぜ)
026(あふ)られ(なが)(すす)()
027(その)神業(かむわざ)雄々(をを)しけれ。
028(とき)しもあれや顕恩(けんおん)
029(さと)(あら)はれ(わだ)かまる
030バラモン(けう)大棟梁(だいとうりやう)
031鬼雲彦(おにくもひこ)三五(あななひ)
032(まこと)(みち)()(おそ)
033自転倒島(おのころじま)立籠(たてこも)
034()しき(をしへ)四方(よも)(くに)
035(つた)へむとする(その)(とき)
036わが(つか)はせし神司(かむつかさ)
037(ただ)しき(ひと)言霊(ことたま)
038(おそ)れをなして()(かへ)
039(ふたた)びフサの(くに)()
040彼方(かなた)此方(こなた)徜徉(さまよ)ひて
041(いま)しも印度(ツキ)(くに)(みやこ)
042ハルナに(あら)はれ岩窟(がんくつ)
043穿(うが)ちて魔神(まがみ)()(つど)
044(その)(いきほひ)()(つき)
045(あなど)(がた)くなりにけり
046八岐大蛇(やまたをろち)(ことごと)
047これの(みやこ)(あつま)りて
048(わが)三五(あななひ)大道(おほみち)
049(くつ)がへさむと(はか)りつつ
050(はや)くも斎苑(いそ)(やかた)まで
051()(きた)らむず(いきほ)ひに
052四方(よも)曲神(まがかみ)(いさ)()
053(ふる)()るこそ健気(けなげ)なれ
054野立(のだち)(ひこ)野立姫(のだちひめ)
055埴安彦(はにやすひこ)埴安姫(はにやすひめ)
056(かみ)(みこと)とあれまして
057(ひら)(たま)ひし(この)(みち)
058(あめ)(つち)との神々(かみがみ)
059堅磐常磐(かきはときは)(うご)きなき
060(うづ)御楯(みたて)となりつれば
061如何(いか)魔神(まがみ)(さや)るとも
062いかで(たふ)るる(こと)やあらむ
063さはさりながら曲神(まがかみ)
064伊猛(いたけ)(くる)()(なか)
065(こころ)(ゆる)すこと(なか)
066いざこれよりは神司(かむつかさ)
067(かみ)(ひか)りを()()びて
068大黒主(おほくろぬし)(ひそ)みたる
069ハルナの(みやこ)立向(たちむか)
070仁慈(じんじ)無限(むげん)大神(おほかみ)
071(きよ)(ただ)しき大道(おほみち)
072言向和(ことむけやは)(きた)るべし
073これに()いては諸々(もろもろ)
074(かみ)(つかさ)真心(まごころ)
075(かぎ)りを(つく)して相図(あひはか)
076大黒主(おほくろぬし)懲戒(こらしめ)
077(かみ)(つかさ)(えら)めかし
078われはこれより奥殿(おくでん)
079(すす)みて天地(てんち)大神(おほかみ)
080(いづ)言霊(ことたま)()()げて
081(わが)神軍(しんぐん)成功(せいこう)
082(いの)(まつ)らむいざさらば
083(もも)(つかさ)神人(かみびと)
084(つつし)(かしこ)(この)(たび)
085言向戦(ことむけいくさ)各自(めいめい)
086(こころ)(そこ)より()()かし
087(えら)みて(かみ)御心(みこころ)
088(つか)へまつれよ惟神(かむながら)
089(かみ)御前(みまへ)瑞霊(みづみたま)
090(こころ)(きよ)めて()りまつる』
091宣示(せんじ)(をは)つて奥殿(おくでん)姿(すがた)(かく)(たま)ふた。
092 思兼神(おもひかねのかみ)議長(ぎちやう))の(かく)(ひか)へたる日出別神(ひのでわけのかみ)一同(いちどう)(むか)ひ、
093惟神(かむながら)斎苑(いそ)(やかた)(あつ)まりて
094魔神(まがみ)討伐(きため)神議(かむはか)りせむ。
095大神(おほかみ)(うづ)御言(みこと)(かしこ)みて
096()()(つかさ)言議(ことはか)りせよ。
097バラモンの大黒主(おほくろぬし)神司(かむづかさ)
098ハルナの(みやこ)事謀(ことはか)ゆらし。
099はかゆとも(なに)かあらむや曲神(まがかみ)
100(しこ)(たく)みは(かみ)(ゆる)すまじ。
101素盞嗚(すさのを)(かみ)(みこと)御教(みをしへ)
102月日(つきひ)(ごと)()(わた)るなり。
103()(わた)三五(さんご)(つき)御教(みをしへ)
104言向和(ことむけやは)大黒主(おほくろぬし)を』
105 東野別命(あづまのわけのみこと)()つて(これ)(こた)へた。
106言霊(ことたま)斎苑(いそ)(やかた)神司(かむづかさ)
107(あづま)(わけ)言問(ことと)ひまつる。
108大黒主(おほくろぬし)(まが)(つかさ)言向(ことむ)くる
109(かみ)(つかさ)何人(なにびと)とせむ。
110()かまほし日出(ひので)(わけ)御心(みこころ)
111(おも)使(つかひ)(さだ)めかねつつ。
112この使(つかひ)あまり(おほ)くは()るまじと
113東野別(あづまのわけ)(おも)()るなり』
114 日出別命(ひのでわけのみこと)はこれに(こた)へて、
115日出別(ひのでわけ)(あづま)(そら)()(のぼ)
116三五(さんご)(つき)()らすまにまに。
117何人(なにびと)もわれと(おも)はむ人達(ひとたち)
118(こころ)のたけを()(つた)へませ』
119 東野別(あづまのわけ)はこれに(こた)へて、
120日出別(ひのでわけ)(かみ)(あふ)せぞ(たふと)けれ
121神言(みこと)のままに(えら)()ひせむ』
122 時置師神(ときおかしのかみ)()(あが)り、
123『この使(つかひ)黄竜姫(わうりようひめ)蜈蚣姫(むかでひめ)
124()(つか)はして瀬踏(せぶ)みせしめよ。
125二柱(ふたはしら)(かみ)(みこと)はバラモンの
126(をしへ)にゆかり()ます()なれば。
127顕恩(けんおん)(さと)()()(たま)ひてゆ
128(ひさ)しく()はせ(たま)はぬ()(ゆゑ)に。
129三五(あななひ)(かみ)(つかさ)()くよりも
130蜈蚣姫(むかでひめ)には心許(こころゆる)さむ。
131蜈蚣姫(むかでひめ)黄竜姫(わうりようひめ)雄々(をを)しくも
132大黒主(おほくろぬし)言向和(ことむけやは)さむ』
133 黄竜姫(わうりようひめ)は、134()つて(うた)ふ。
135黄竜姫(わうりようひめ)(かみ)(みこと)三五(あななひ)
136(みち)()りしと(かれ)()るらむ。
137足乳根(たらちね)(はは)(みこと)(いま)(しば)
138斎苑(いそ)(やかた)(つか)へますべし。
139(とし)()いし()をもちながら敵城(てきじやう)
140(すす)まむ(こと)(あやふ)(おも)へば』
141 蜈蚣姫(むかでひめ)はこれに(こた)へて、
142天地(あめつち)(かみ)(ささ)げし(この)(いのち)
143いかで(おそ)れむ水火(すゐくわ)(なか)も。
144大黒主(おほくろぬし)たとへ如何(いか)なる(ちから)あるも
145わが言霊(ことたま)言向(ことむ)けて()む。
146黄竜姫(わうりようひめ)(よわ)言霊(ことたま)()(はな)
147(はは)()までも(けが)すまじきぞ。
148(われ)こそはハルナの(みやこ)()(むか)
149鬼熊別(おにくまわけ)(つま)(さと)さむ。
150大黒主神(おほくろぬしかみ)(つかさ)(はじ)めとし
151(わが)()(きみ)(すく)はむとぞ(おも)ふ。
152(いさ)ましき(この)御使(みつかひ)(つか)へなば
153(われ)()すとも(くい)ざらましを』
154 黄竜姫(わうりようひめ)はこれに(こた)へて、
155健気(けなげ)なる(はは)(みこと)御言葉(みことば)
156(かみ)(たふと)今更(いまさら)()らるる。
157(わが)(はは)如何(いか)雄々(をを)しき(かみ)ならむ
158()(わた)りたる(いま)言霊(ことたま)
159いざさらば(はは)(みこと)諸共(もろとも)
160ハルナの(みやこ)(むか)はむとぞ(おも)ふ』
161 蜈蚣姫(むかでひめ)はこれに(こた)へて
162健気(けなげ)なる黄竜姫(わうりようひめ)言葉(ことば)かな
163(われ)(いさ)みて敵城(てきじやう)()かむ』
164 素盞嗚尊(すさのをのみこと)第二(だいに)(むすめ)幾代姫(いくよひめ)(をつと)となりし照国別(てるくにわけ)(もと)()梅彦(うめひこ))は()(あが)り、165(うた)(もつ)所感(しよかん)()べた。
166神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
167いと(おごそ)かな御宣言(みことのり)
168(その)御心(みこころ)(まつぶ)さに
169()()(たま)ひし神司(かむづかさ)
170日出別(ひのでのわけ)八島主(やしまぬし)
171東野別(あづまのわけ)時置師(ときおかし)
172(たふと)(かみ)()しながら
173(かみ)(ちから)()(たま)
174()()らはせし梅彦(うめひこ)
175他所(よそ)(みな)して黄竜姫(わうりようひめ)
176蜈蚣(むかで)(ひめ)推薦(すゐせん)
177(たま)ひし(こと)(うら)めしさ
178(われ)照国別(てるくにわけ)(かみ)
179(たふと)神名(みな)(たま)はりて
180勇気(ゆうき)日頃(ひごろ)百倍(ひやくばい)
181(こころ)(いさ)(うで)はなり
182はや()(がた)くなりにけり
183(なら)(たま)へる神司(かむづかさ)
184(われ)(えら)ませ(たま)ひなば
185大黒主(おほくろぬし)()(こも)
186ハルナの(みやこ)立向(たちむか)
187千変万化(せんぺんばんくわ)言霊(ことたま)
188縦横無尽(じうわうむじん)発射(はつしや)して
189魔神(まがみ)一人(ひとり)(のこ)さずに
190言向和(ことむけやは)神徳(しんとく)
191月日(つきひ)(ごと)天地(あめつち)
192(かがや)かさむは()のあたり
193三千世界(さんぜんせかい)(うめ)(はな)
194一度(いちど)(ひら)梅彦(うめひこ)
195これの使(つかひ)(えら)まずば
196如何(いか)(たふと)黄竜姫(わうりようひめ)
197蜈蚣(むかで)(ひめ)両人(りやうにん)
198何程(なにほど)秘術(ひじゆつ)(つく)すとも
199いかで(おも)ひを(たつ)せむや
200直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
201()(なほ)しつつ梅彦(うめひこ)
202(くは)へて三人(みたり)(つき)(くに)
203ハルナの(みやこ)大神(おほかみ)
204使(つかひ)とよさし(たま)へかし
205(わが)胸中(きようちう)(はや)(すで)
206大黒主(おほくろぬし)神司(かむづかさ)
207(まつろ)(やは)心算(しんさん)
208(かず)(かぎ)りなく確立(かくりつ)
209命令一下(めいれいいつか)(たちま)ちに
210(この)神業(しんげふ)完成(くわんせい)
211八岐大蛇(やまたをろち)醜神(しこがみ)
212言向和(ことむけやは)すかさもなくば
213根底(ねそこ)(くに)()(おと)
214神算鬼謀(しんさんきぼう)(むね)にあり
215(ただ)(ねが)はくは梅彦(うめひこ)
216照国別(てるくにわけ)正使(せいし)とし
217二人(ふたり)女神(めがみ)諸共(もろとも)
218(すす)ませ(たま)惟神(かむながら)
219(かみ)(ちか)ひて()ひまつる』
220 幾代姫(いくよひめ)()()がり、
221雄々(をを)しくも()()(きみ)()らすこと
222(ゆる)させ(たま)(もも)(つかさ)()
223(ねが)はくは幾代(いくよ)(ひめ)諸共(もろとも)
224ハルナの(みやこ)()かまほしさよ。
225照国別(てるくにわけ)(かみ)(みこと)()()ひし
226(わが)()(きみ)(いさ)ましきかも。
227日出別(ひのでわけ)(かみ)(みこと)物申(ものまを)
228吾等(われら)夫婦(めをと)印度(ツキ)(つか)はせ。
229東野別(あづまのわけ)(かみ)(をしへ)(つかさ)たち
230吾等(われら)夫婦(めをと)()ひを(ゆる)せよ。
231時置師(ときおかし)(かみ)(みこと)梅彦(うめひこ)
232(わが)願言(ねぎごと)(きこ)()しませ』
233 時置師神(ときおかしのかみ)(また)(うた)もて、
234()(きみ)のその(こと)()(きよ)けれど
235見合(みあは)(たま)夫婦(めをと)出立(いでたち)
236三五(あななひ)(かみ)使(つかひ)夫婦連(めをとづ)
237神世(かみよ)()かぬ(ためし)なりせば』
238幾代姫(いくよひめ)神国(かみくに)(おも)(まこと)のあふれてぞ
239(わが)言霊(ことたま)のいとも(はづ)かし。
240いざさらば(わが)()(きみ)(ただ)一人(ひとり)
241使(つか)はせ(たま)印度(ツキ)御国(みくに)へ』
242 日出別(ひのでわけ)(こた)へて、
243照国別(てるくにわけ)(かみ)(みこと)印度(ツキ)(くに)
244いと雄々(をを)しくも(すす)()きませ』
245 日出別命(ひのでわけのみこと)宣示(せんじ)によつて(ここ)照国別(てるくにわけ)(いよいよ)印度(ツキ)(くに)出張(しゆつちやう)することとなつた。
246大正一一・一〇・二一 旧九・二 北村隆光録)