霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 (はは)(むすめ)〔一〇七三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第39巻 舎身活躍 寅の巻 篇:第2篇 黄金清照 よみ:おうごんせいしょう
章:第8章 第39巻 よみ:ははとむすめ 通し章番号:1073
口述日:1922(大正11)年10月27日(旧09月8日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年5月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
黄金姫と清照姫は、河鹿峠の坂道を降りながら、これまでの自分たちの出自と来歴を宣伝歌に歌った。
二人はそれぞれ、バラモン教の鬼熊別の妻と娘であったが、顕恩郷にて清照姫は友彦に誘惑されて逐電し、そのあと三五教の太玉命がやってきて、バラモン教勢は追い払われて自転倒島に逃げて行ったのであった。
さらに二人は縁あってそれぞれ別々に、三五教に改心することになった。二人はその経緯を歌いながら勇み進んでいく。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3908
愛善世界社版:104頁 八幡書店版:第7輯 318頁 修補版: 校定版:109頁 普及版:46頁 初版: ページ備考:
001(つき)てり(わた)(つき)(くに)
002梵天王(ぼんてんわう)(まも)ります
003(きよ)(たふと)(くに)なれば
004バラモン(こく)(とな)へけり
005(そもそ)(つき)神国(かみくに)
006(ところ)(もつ)(くに)となし
007(その)(かず)七千有余国(しちせんいうよこく)
008刹帝利族(せつていりぞく)(わう)となし
009バラモン(ぞく)浄行(じやうぎやう)
010唯一(ゆゐいつ)(つと)めと(はげ)みしが
011(ふる)風習(ふうしふ)(いま)ははや
012(とき)(ちから)(かう)しかね
013刹帝利族(せつていりぞく)散々(さんざん)
014憂目(うきめ)()ひて屏息(へいそく)
015(いま)(まつた)くバラモンの
016やからの掌握(しやうあく)する(まで)
017(くに)秩序(ちつじよ)(みだ)れたり
018七千余国(しちせんよこく)(その)(うち)
019(もつと)(ひろ)きハルナ(こく)
020ハルナの(みやこ)(あら)はれて
021梵天王(ぼんてんわう)末裔(まつえい)
022僣称(せんしよう)したる曲津神(まがつかみ)
023鬼雲彦(おにくもひこ)葦原(あしはら)
024中津御国(なかつみくに)をあとにして
025フサの(くに)をば横断(わうだん)
026自転倒島(おのころじま)()(わた)
027暴威(ばうゐ)(ふる)ひゐたりしが
028神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
029(まも)(たま)へる三五(あななひ)
030教司(をしへつかさ)退(やら)はれて
031(くも)(かすみ)中空(ちうくう)
032かけりて()げゆく印度(ツキ)(くに)
033ハルナの(みやこ)(あら)はれて
034梵天王(ぼんてんわう)自在天(じざいてん)
035大国主(おほくにぬし)(まつ)りつつ
036霊主体従(れいしゆたいじう)標榜(へうぼう)
037惨虐無道(ざんぎやくぶだう)(をしへ)をば
038(ひら)きゐるこそ忌々(ゆゆ)しけれ
039(とほ)神代(かみよ)(むかし)より
040(わう)(くらゐ)継承(けいしよう)
041(この)国々(くにぐに)王位(わうゐ)をば
042()めたる(きよ)刹帝利(せつていり)
043(くに)貴族(きぞく)(しひた)げて
044バラモン(ぞく)(きこ)えたる
045大黒主(おほくろぬし)はわが部下(ぶか)
046(その)国々(くにぐに)(つか)はしつ
047(げん)(いう)との全権(ぜんけん)
048(にぎ)らせおきて(みづか)らは
049印度(いんど)(くに)大王(だいわう)
050なりすましたる(とき)もあれ
051ウブスナ(やま)斎苑館(いそやかた)
052(まも)(たま)へる更生神(かうせいしん)
053数多(あまた)神人(かみびと)(したが)へて
054(あさ)(ゆふ)なに天地(あめつち)
055(ふさ)がる鬼雲(おにくも)やらはむと
056ここに(かみ)たちよび(つど)
057日出別(ひのでのわけ)御言(みこと)もて
058黄金姫(わうごんひめ)清照姫(きよてるひめ)
059(かみ)(みこと)(はじ)めとし
060照国別(てるくにわけ)玉国別(たまくにわけ)
061治国別(はるくにわけ)神司(かむづかさ)
062初稚姫(はつわかひめ)言任(ことま)けて
063印度(いんど)(くに)三方(さんぱう)より
064(すす)ませ(たま)御経綸(ごけいりん)
065あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
066御霊(みたま)(さち)はひましまして
067(この)物語(ものがたり)スクスクと
068言霊車(ことたまぐるま)よく(はし)
069万里(ばんり)をめぐる(つき)(くに)
070(のこ)(くま)なく調査(てうさ)せし
071神代(かみよ)(ふか)物語(ものがたり)
072()べさせ(たま)惟神(かむながら)
073(かみ)御前(みまへ)()ぎまつる。
074 黄金姫(わうごんひめ)075清照姫(きよてるひめ)河鹿峠(かじかたうげ)巡礼姿(じゆんれいすがた)()をやつし、076(のぼ)りつ(くだ)りつ、077谷間(たにま)絶景(ぜつけい)(なが)めて、078(いこ)(をり)しもハム、079イール、080(ほか)三人(さんにん)鬼熊別(おにくまわけ)部下(ぶか)出会(しゆつくわい)し、081(つひ)(みち)ならぬ(こと)とは()(なが)ら、082正当防衛上(せいたうばうゑいじやう)()むを()ずして、083ハム、084イール、085ヨセフの三人(さんにん)を、086千仭(せんじん)谷間(たにま)()がけて投込(なげこ)み、087(ほか)二人(ふたり)(くも)(かすみ)()げゆく姿(すがた)(ひや)やかに見守(みまも)(なが)ら、088あたりに(こころ)をくばりつつ、089母娘(おやこ)二人(ふたり)はシトシトと崎嶇(きく)たる羊腸(やうちやう)坂路(さかみち)(すす)()きつつ(うた)ふ。
090『バラモン(けう)副棟梁(ふくとうりやう)
091鬼熊別(おにくまわけ)(つま)となり
092埃及国(エヂプトこく)(あら)はれて
093(をしへ)(つた)ふる折柄(をりから)
094天理(てんり)にたがひし曲業(まがわざ)
095()らずに(つと)めゐたりしが
096仁慈(じんじ)無限(むげん)三五(あななひ)
097(かみ)(ひかり)()らされて
098イホの(みやこ)逐電(ちくでん)
099鬼雲彦(おにくもひこ)(したが)ひて
100顕恩郷(けんおんきやう)()(かく)
101月日(つきひ)(かさ)ねて(やうや)くに
102バラモン(けう)(いしづゑ)
103(かた)めゐたりし(をり)もあれ
104太玉命(ふとたまみこと)宣伝使(せんでんし)
105(あら)はれ(たま)ひて天地(あめつち)
106震撼(しんかん)せむず言霊(ことたま)
107発射(はつしや)(たま)へば大棟梁(だいとうりやう)
108鬼雲彦(おにくもひこ)(はじ)めとし
109彼等(かれら)一族(いちぞく)(くも)(かすみ)
110副守(ふくしゆ)大蛇(をろち)につれられて
111安全(あんぜん)地帯(ちたい)(きこ)えたる
112自転倒島(おのころじま)中心地(ちうしんち)
113なる果物(くだもの)大江山(おほえやま)
114(いづ)岩屋(いはや)(たて)こもり
115三岳(みたけ)(やま)鬼ケ城(おにがじやう)
116部署(ぶしよ)(さだ)めてバラモンの
117(をしへ)四方(よも)宣伝(せんでん)
118豊葦原(とよあしはら)瑞穂国(みづほくに)
119百八十島(ももやそしま)()てまでも
120バラモン(けう)帰順(きじゆん)させ
121梵天王(ぼんてんわう)御教(みをしへ)
122御稜威(みいづ)四方(よも)にてらさむと
123(おも)ひし(こと)(みづ)(あわ)
124英子(ひでこ)(ひめ)(つか)へたる
125(かみ)御国(みくに)強者(つはもの)
126()ひやらはれて果敢(はか)なくも
127鬼雲彦(おにくもひこ)()げて()
128わが()(きみ)(あと)()
129姿(すがた)をかくし(たま)ひけり
130女心(をんなごころ)のどこまでも
131初心(しよしん)(とほ)さにやおかないと
132鬼ケ城(おにがじやう)をばふりすてて
133安全(あんぜん)地帯(ちたい)のかくれ場所(ばしよ)
134(くも)をとほして三国岳(みくにだけ)
135岩窟(いはや)(ふか)(しの)()
136数多(あまた)部下(ぶか)使役(しえき)して
137捲土重来(けんどぢうらい)バラモンの
138復興(ふくこう)はかる(をり)もあれ
139(かみ)(めぐみ)白雲(しらくも)
140(そら)わけ(のぼ)宣伝使(せんでんし)
141悪事(あくじ)(たちま)露顕(ろけん)して
142()むによしなき(かな)しさに
143(こころ)(こま)ははやり()
144(ぜん)(あく)との瀬戸(せと)(うみ)
145小豆ケ島(せうどがしま)岩窟(がんくつ)
146()をかくしつつバラモンの
147(をしへ)(ひら)(かたはら)
148小糸(こいと)(ひめ)所在(ありか)をば
149(こが)(たづ)ぬる真最中(まつさいちう)
150(こころ)(まが)れる友彦(ともひこ)
151(おも)はずここに邂逅(かいこう)して
152わが()消息(せうそく)(ほぼ)(さと)
153(たな)なし(ぶね)(あやつ)りて
154三五教(あななひけう)高姫(たかひめ)
155(ちから)(あは)海原(うなばら)
156(わた)りて(すす)(ひと)(じま)
157地恩(ちおん)(さと)にまゐ(のぼ)
158黄竜姫(わうりようひめ)愛娘(まなむすめ)
159(うれ)しくここに面会(めんくわい)
160三五教(あななひけう)神人(しんじん)
161(みちび)かれつつスワの(うみ)
162玉依姫(たまよりひめ)(かく)れます
163(たふと)霊地(れいち)参拝(さんぱい)
164麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)神業(しんげふ)
165(つか)へまつりし(うれ)しさよ
166四尾(よつを)(やま)山麓(さんろく)
167大宮柱(おほみやばしら)太知(ふとし)りて
168しづまり(たま)大神(おほかみ)
169宮居(みやゐ)朝夕(あさゆふ)(つか)へつつ
170言依別(ことよりわけ)御言(みこと)もて
171(ふたた)()たるフサの(くに)
172ウブスナ(やま)霊場(れいぢやう)
173身魂(みたま)(みが)きゐたりしが
174いよいよここに(つき)(くに)
175ハルナの(みやこ)(あら)はれし
176大黒主(おほくろぬし)曲業(まがわざ)
177ため(なほ)しつつ天地(あめつち)
178(かみ)(めぐみ)(よく)せしめ
179(しこ)(つかさ)(はじ)めとし
180七千余国(しちせんよこく)国人(くにびと)
181(やす)きに(すく)(たす)けむと
182(かみ)御言(みこと)(かしこ)みて
183(すす)()くこそ(うれ)しけれ
184河鹿峠(かじかたうげ)山路(やまみち)
185辿(たど)(をり)しも(わが)(つま)
186(まも)らせ(たま)ふバラモン(けう)
187配下(はいか)(つか)ふる魔神(まがみ)たち
188(とら)(おほかみ)(こころ)もて
189われら母娘(おやこ)迫害(はくがい)
190暴威(ばうゐ)をふるひ(きた)るより
191天則違反(てんそくゐはん)()(なが)
192やむに()まれず()のすさび
193いで()(やつ)をひつ(つか)
194(なん)容赦(ようしや)荒川(あらかは)
195谷間(たにま)(むか)つて()げやれば
196(のこ)魔神(まがみ)逸早(いちはや)
197(くも)(かすみ)()()せぬ
198さはさり(なが)彼等(かれら)とて
199天地(てんち)(かみ)御水火(みいき)より
200(うま)()でたる(かみ)御子(みこ)
201()(あらた)めて(すみ)やかに
202身魂(みたま)(きよ)(うる)はしき
203高天原(たかあまはら)都率天(とそつてん)
204(たふと)(かみ)御前(おんまへ)
205(みたま)(すく)(たま)ひつつ
206(その)醜業(しこわざ)一日(いちにち)
207(はや)(あらた)めさせ(たま)
208清照姫(きよてるひめ)諸共(もろとも)
209河鹿峠(かじかたうげ)(やま)みちに
210(こころ)(あか)(ぬぐ)ひつつ
211三五教(あななひけう)(まも)ります
212皇大神(すめおほかみ)御前(おんまへ)
213(かしこ)(かしこ)みねぎまつる
214あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
215御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
216 清照姫(きよてるひめ)(さか)(くだ)りつつ(はは)(あと)について(うた)ふ。
217(かみ)(おもて)(あら)はれて
218善神(ぜんしん)邪神(じやしん)()(たま)
219バラモン(けう)神司(かむづかさ)
220鬼雲彦(おにくもひこ)(つか)へたる
221(ちち)(みこと)鬼熊別(おにくまわけ)
222無限(むげん)絶対(ぜつたい)無始(むし)無終(むしう)
223雲力体(れいりよくたい)大元首(だいげんしゆ)
224梵天王(ぼんてんわう)(きこ)えたる
225大国彦(おほくにひこ)神霊(しんれい)
226自在天神(じざいてんじん)とあがめつつ
227常世(とこよ)(くに)をあとにして
228埃及国(エヂプトこく)打渡(うちわた)
229顕恩郷(けんおんきやう)にあれまして
230(をしへ)(ひら)(たま)ひしが
231(その)勢力(せいりよく)()(つき)
232八桑枝(やくはえ)(ごと)茂久栄(むくさか)
233(さか)(しげ)りて権力(けんりよく)
234(なら)(もの)なき神司(かむづかさ)
235数多(あまた)侍神(じしん)(したが)へて
236ヤツと(こころ)(やす)んじつ
237副棟梁(ふくとうりやう)()けられて
238母命(ははのみこと)相娶(あひめと)
239夫婦(ふうふ)(なか)よく(みち)(ため)
240(つか)(たま)ひし雄々(をを)しさよ
241二人(ふたり)(なか)(うま)れたる
242小糸(こいと)(ひめ)幼時(えうじ)より
243栄耀(えいえう)栄華(えいぐわ)(そだ)てられ
244()荒波(あらなみ)()らぬ()
245(わきま)へもなく友彦(ともひこ)
246(こころ)(うば)はれ海山(うみやま)
247(おん)ある父母(ふぼ)をふりすてて
248(こころ)(やみ)(まぎ)れつつ
249(こひ)しき(をとこ)()()かれ
250エデンの(かは)(つた)ひつつ
251フサの海原(うなばら)乗越(のりこ)えて
252(なみ)(ただよ)ふシロの(しま)
253松浦(まつら)(さと)()(しの)
254一年(ひととせ)ここにゐたりしが
255友彦司(ともひこつかさ)(おこな)ひに
256愛想(あいさう)をつかし()(まぎ)
257(やかた)(あと)舟人(ふなびと)
258チヤンキー(長吉)モンキー(茂吉)と諸共(もろとも)
259千波万波(せんぱまんぱ)押分(おしわ)けて
260はるばる(すす)竜宮島(りうぐうじま)
261五十子(いそこ)(ひめ)梅子姫(うめこひめ)
262三五教(あななひけう)(まも)ります
263(かみ)(つかさ)(めぐ)()
264身魂(しんこん)(とも)(すく)はれて
265(かみ)威徳(ゐとく)もオスタリヤ
266地恩(ちおん)(さと)にかけ(むか)
267高山彦(たかやまひこ)黒姫(くろひめ)
268(かげ)(ちから)(まも)られて
269一時(いちじ)(とき)めくクヰンの()
270月日(つきひ)(ごと)(いきほひ)
271四方(よも)()らしてゐたりしが
272(かみ)(まも)りの(あさ)からず
273(こひ)しき(はは)(めぐ)()
274麻邇(まに)宝珠(ほつしゆ)神業(しんげふ)
275(つか)へてやうやう自転倒(おのころ)
276(しま)(はじ)めて立向(たちむか)
277(にしき)(みや)(しばら)くは
278真心(まごころ)こめて(つか)へしが
279言依別(ことよりわけ)教主(けうしゆ)より
280斎苑(いそ)(やかた)(おや)()
281さし(つか)はされ朝夕(あさゆふ)
282(めぐみ)(つゆ)(よく)しつつ
283清照姫(きよてるひめ)()(たま)
284母娘(おやこ)二人(ふたり)(いさぎよ)
285三五教(あななひけう)宣伝(せんでん)
286(つか)ふる(をり)しも日出別(ひのでわけ)
287(かみ)(つかさ)命令(めいれい)
288(こひ)しき(ちち)のますと()
289(つき)(みやこ)(すす)めよと
290(あふ)(たま)ひし(うれ)しさよ
291(かみ)(まか)せし(この)(からだ)
292いかなる(なや)みの(きた)(とも)
293いかで(おそ)れむ(かみ)(みち)
294さやる曲津(まがつ)(ことごと)
295(たふと)稜威(いづ)言霊(ことたま)
296言向和(ことむけやは)しいち(はや)
297(かみ)御国(みくに)立直(たてなほ)
298(つき)()りわたる(つき)(くに)
299(そら)もハルナの(みやこ)とし
300()らさむ(ため)(この)首途(かどで)
301あゝ(いさ)ましし(いさ)ましし
302如何(いか)(けは)しき山坂(やまさか)
303(こころ)(こま)(いさ)むまに
304千里(せんり)(みち)(とほ)からず
305(すす)()くこそ(たの)しけれ
306あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
307御霊(みたま)(さち)はひましまして
308吾等(われら)母子(おやこ)神業(かむわざ)
309(まも)らせ(たま)へと村肝(むらきも)
310(こころ)(きよ)()りわたる
311清照姫(きよてるひめ)がねぎまつる
312あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
313御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
314(うた)(なが)ら、315秋風(あきかぜ)(おもて)をふかれ、316(みの)をあふられ、317(つゑ)(ちから)河鹿峠(かじかたうげ)(くだ)()く。
318大正一一・一〇・二七 旧九・八 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)