霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 九死一生(きうしいつしやう)〔一〇七四〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第39巻 舎身活躍 寅の巻 篇:第3篇 宿世の山道 よみ:すぐせのやまみち
章:第9章 第39巻 よみ:きゅうしいっしょう 通し章番号:1074
口述日:1922(大正11)年10月27日(旧09月8日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年5月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ハムは、実はガランダ国の刹帝利の家柄で、大黒主の部下にその地位を追われて鬼熊別の部下となっていたのであった。ハムは、三五教の宣伝使を捕縛して手柄を立てれば、また元の王位に戻れるという契約を結んでいた。
ハムはレーブ、タールと口論し、古い祠で二人にだまされて怒り、逃げるレーブとタールを追っていた。ハムは身体の痛みも忘れて、自分の来歴を歌に歌いながら二人を追っていく。
しかしハムの腰はまた痛みだし、一歩も進むことができなくなってきた。ハムは山道で倒れ、もはやここで野垂れ死にをするしかないと観念した。
このとき微妙の音楽が聞こえ、天から白蓮華の花びらが降ってきた。ハムの体はたちまち元の健全体となった。ハムは喜び、天地に感謝してこれまでの言心行が一致しない罪を謝して坂道を下っていった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm3909
愛善世界社版:119頁 八幡書店版:第7輯 323頁 修補版: 校定版:125頁 普及版:51頁 初版: ページ備考:
001 鬼熊別(おにくまわけ)部下(ぶか)(つか)へたるガランダ(こく)刹帝利(せつていり)002親重代(おやぢうだい)のハムの(くらゐ)大黒主(おほくろぬし)部下(ぶか)にとり()がれ、003(わづ)かに鬼熊別(おにくまわけ)部下(ぶか)となり、004(いや)しき目付役(めつけやく)()(さが)()たれども、005(かれ)部下(ぶか)数十人(すうじふにん)(ひそ)かに(かれ)頤使(いし)(あま)んじて忠実(ちうじつ)(つか)へ、006(むかし)のハムの()てとして、007相当(さうたう)尊敬(そんけい)国民(こくみん)より(はら)はれて()た。
008 (いま)しも鬼熊別(おにくまわけ)(めい)によつて蜈蚣姫(むかでひめ)009小糸姫(こいとひめ)所在(ありか)(たづ)ねる一方(いつぱう)010三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)一人(いちにん)にても(おほ)捕縛(ほばく)(かへ)らば、011もとのガランダ(こく)(わう)(ふく)しやらむとの契約(けいやく)(もと)四人(よにん)小頭株(こがしらかぶ)()()れ、012(この)河鹿峠(かじかたうげ)()ちつつあつたのである。013(しか)(なが)四人(よにん)(をとこ)(この)ハムの素姓(すじやう)()らず、014(なん)となく横柄(わうへい)(やつ)015(むし)()かない(やつ)猜疑(さいぎ)(まなこ)(いか)らし、016(なに)失敗(しつぱい)ある(とき)は、017これを嗅出(かぎいだ)一々(いちいち)鬼熊別(おにくまわけ)内報(ないはう)し、018()(うへ)(こぶ)なるハムを失墜(しつつゐ)せしめむと(こころ)(ひそ)かに(しめ)(あは)せつつあつた。
019 かかる(ところ)母娘(おやこ)巡礼(じゆんれい)020(すす)(きた)るに出会(でつくわ)し、021(なん)容赦(ようしや)荒縄(あらなは)に、022(しば)つてハルナの(みやこ)まで、023()(かへ)らむと四人(よにん)下知(げち)(くだ)した。024四人(よにん)(われ)(おと)らじと母娘(おやこ)(むか)つて武者(むしや)()りつき、025()もなく谷間(たにま)()()てられ、026ハムも(また)(もろ)くも谷底(たにそこ)()てられて(しま)つた。027流石(さすが)刹帝利(せつていり)直系(ちよくけい)とて何処(どこ)となく身魂(しんこん)堅固(けんご)なりしかば、028イール、029ヨセフの(ごと)容易(ようい)失神(しつしん)せず谷底(たにそこ)真砂(まさご)(うづ)められて(いた)さを(こら)へて自然(しぜん)恢復(くわいふく)()(をり)しも、030レーブ、031タールの両人(りやうにん)(たに)(わた)つて近寄(ちかよ)(きた)り、032散々(さんざん)にハムの悪口(あくこう)(なら)()て、033(この)(さい)二人(ふたり)(たす)けハムを谷川(たにがは)()()てやらむとの密談(みつだん)()くより憤怒(ふんど)のあまり(やまひ)苦痛(くつう)(わす)れて、
034ハム『おのれ(につ)くき両人(りやうにん)
035()(あが)ればレーブ、036タールはイール、037ヨセフを()て、038谷川(たにがは)(づた)ひに生命(いのち)辛々(からがら)()げて()く。039ハムは無念(むねん)()()ひしばり、040イール、041ヨセフを介抱(かいほう)()(をり)しも、042頭上(づじやう)(きこ)ゆる宣伝歌(せんでんか)『こりや(たま)らぬ』と韋駄天(ゐだてん)(ばし)りに(いは)()()浅瀬(あさせ)(わた)り、043(やうや)山道(やまみち)攀上(よぢのぼ)片方(かたへ)(もり)(なが)むれば、044此処(ここ)(ひと)つの(ふる)(ほこら)がある。045一先(ひとま)此処(ここ)息休(いきやす)め、046レーブ、047タール両人(りやうにん)所在(ありか)(たづ)ね、048()らしめ()れむと(いき)まきつつ、049社前(しやぜん)(いし)(こし)うち()(いき)(やす)めむとする(とき)しも、050()()めたる勇気(ゆうき)(ここ)にガタリと(ゆる)み、051(ふたた)(こし)(いた)(あし)うづき、052身動(みうご)きならぬ(くる)しさに、053レーブ、054タールの両人(りやうにん)仕打(しうち)ちを憤慨(ふんがい)(うら)(なみだ)()れてゐる。055(たちま)(ほこら)(うしろ)より二人(ふたり)巡礼(じゆんれい)(こゑ)056ハムは(また)もや二度(にど)吃驚(びつくり)
057『アヽ(かれ)普通(ふつう)巡礼(じゆんれい)ではなく、058(ひと)()()鬼婆(おにばば)鬼娘(おにむすめ)であつたか』
059濃霧(のうむ)(つつ)まれて(うら)みの(まと)なるレーブ、060タールの両人(りやうにん)(つく)(ごゑ)とは()らなかつた。061レーブ、062タールはハムの独言(ひとりごと)()足腰(あしごし)()たぬにつけ()んで(あなど)りきつて揶揄(からか)つて()たが、063(たちま)()()山風(やまかぜ)濃霧(のうむ)()(その)真相(しんさう)暴露(ばくろ)すると(とも)に、064(いか)心頭(しんとう)(てつ)し、065怒髪(どはつ)(てん)()いて()(あが)(くる)しき(やまひ)()(わす)れ、066()げゆく二人(ふたり)(あと)()うて、
067(にげ)しはせじ、068(おも)()れや』
069()(なが)(にぎ)(こぶし)(かた)めつつ、070さしも(けは)しき坂道(さかみち)をトントントンと地響(ぢひび)きさせ阿修羅王(あしゆらわう)()れし(ごと)(すす)()くこそすさまじき。
071 ハムは(いた)さを(わす)れ、072一足(ひとあし)々々(ひとあし)拍子(ひやうし)をとり(なが)(うた)()した。
073時世時節(ときよじせつ)()(なが)
074ガランダ(こく)刹帝利(せつていり)
075(おや)代々(だいだい)のハムの(おれ)
076鬼熊別(おにくまわけ)部下(ぶか)となり
077(とき)()(たふと)()()らず
078(いや)しきレーブやタール()
079(あなど)りきつたる(その)態度(たいど)
080小癪(こしやく)(さは)(おれ)(むね)
081一度(いちど)()らしめやらむずと
082(おも)ひは(むね)()ちぬれど
083(わが)目的(もくてき)()ぐるまで
084(おこ)つちや(そん)だと辛抱(しんばう)して
085()らぬ(かほ)にて()ぎて()
086河鹿峠(かじかたうげ)山道(やまみち)
087テツキリ()うた母娘連(おやこづれ)
088此奴(こいつ)あテツキリ蜈蚣姫(むかでひめ)
089小糸(こいと)(ひめ)()つたれど
090さう()つたなら彼奴(きやつ)()
091(くさ)つた(にく)(いぬ)()
092(あらそ)(ごと)くに(いが)()
093(たがひ)手柄(てがら)()りやりを
094おつ(ぱじ)めるに(ちが)ひない
095(ひと)つも()らず()()らず
096チヤツチヤ ムチヤクになるだろと
097思案(しあん)(さだ)めて空惚(そらとぼ)
098(ばばあ)(むすめ)であつたなら
099ハルナの(みやこ)()(かへ)
100鬼熊別(おにくまわけ)御前(おんまへ)
101(たてまつ)らうかとあやつりて
102彼等(かれら)四人(よにん)(たぶら)かし
103首尾(しゆび)よう目的(もくてき)(たつ)しなば
104途中(とちう)(かれ)()()らし
105(いよいよ)此処(ここ)名乗(なの)()
106忠臣(ちうしん)義士(ぎし)となりすまし
107一人(ひとり)(うま)(こと)してやらうと
108(おも)うた(こと)(みづ)(あわ)
109ウントコ ドツコイ
110アイタタツタ
111あんまり(わが)()(よく)ばかり
112(たく)んだおかげで罰当(ばちあた)
113蜈蚣(むかで)(ひめ)小糸姫(こいとひめ)
114二人(ふたり)(つかさ)谷底(たにそこ)
115不敵(ふてき)(ちから)()()まれ
116くたばりきつた果敢(はか)なさよ
117後悔(こうくわい)(むね)(せま)()
118(なみだ)()るる(をり)からに
119悪運(あくうん)(つよ)両人(りやうにん)
120虎口(ここう)(のが)れて谷底(たにそこ)
121(たづ)(きた)りて(ささや)くを
122()んだ真似(まね)して()()れば
123(くち)(きは)めて(ののし)りつ
124イール ヨセフは(たす)けても
125ハムは(たす)けちや(たま)らない
126人事不省(じんじふせい)(さいは)ひに
127(この)谷川(たにがは)水葬(すゐさう)
128無礼(ぶれい)(こと)()かす(ゆゑ)
129あまりの(こと)立腹(りつぷく)
130(いた)さを(わす)れて()(あが)
131(こぶし)(かた)めて(にら)まへば
132卑怯(ひけふ)未練(みれん)両人(りやうにん)
133(した)しき(とも)危難(きなん)をば
134(あと)見捨(みす)てて()げて()
135(あと)(のこ)りしハム(こう)
136二人(ふたり)生命(いのち)(たす)けむと
137人工(じんこう)呼吸(こきふ)真最中(まつさいちう)
138三五教(あななひけう)宣伝歌(せんでんか)
139(らい)(ごと)くに(きこ)()
140(あたま)(いた)(むね)(ふさ)
141()(くる)しさは(かぎ)りなく
142二人(ふたり)(やつ)見殺(みごろ)しに
143レーブ タールの(あと)()うて
144(ほこら)(まへ)()()れば
145グタリと(ゆる)んだ心持(こころもち)
146(ふたた)(こし)(いた)()
147(あし)(しび)れて(うご)けない
148二人(ふたり)(やつ)床下(ゆかした)
149(しの)()るとは()らずして
150愚痴(ぐち)繰言(くりごと)(なら)べたて
151(くや)(をり)しも(ばば)(こゑ)
152(つづ)いて(むすめ)(こゑ)(きこ)
153(おれ)鬼婆(おにばば)鬼娘(おにむすめ)
154()つてやらうとの御挨拶(ごあいさつ)
155蜈蚣(むかで)(ひめ)小糸姫(こいとひめ)
156二人(ふたり)()たのは()のひがみ
157(ひと)をとり()鬼母娘(おにおやこ)
158しまつた(こと)になつたわい
159何程(なにほど)(つよ)いハムさまも
160神変(しんぺん)不思議(ふしぎ)魔力(まりよく)ある
161(おに)(むか)つちや(たま)らない
162(なん)とか()つて(この)場合(ばあひ)
163(のが)れにやならぬと色々(いろいろ)
164言葉(ことば)(かま)へて()りつれば
165鬼婆(おにばば)益々(ますます)()()つて
166無体(むたい)(こと)(しやべ)()
167(おれ)(いま)こそ()(おと)
168捕手(とりて)目付(めつけ)となりつれど
169(その)(みなもと)(たづ)ぬれば
170ガランダ(こく)刹帝利(せつていり)
171国人(くにびと)(たち)にハムさまと
172尊敬(そんけい)せられた()(うへ)ぢや
173(こころ)(よわ)くちや(たま)らない
174仮令(たとへ)脛腰(すねこし)()たずとも
175卑怯(ひけふ)最後(さいご)()げむより
176(たま)(くだ)けて()なうかと
177覚悟(かくご)(きは)むる(とき)(とき)
178(にはか)()()山嵐(やまあらし)
179四辺(しへん)(つつ)みし雲霧(くもきり)
180(ここ)(やうや)()(わた)
181よくよく()れば()如何(いか)
182レーブ タールの両人(りやうにん)()
183身体(からだ)不自由(ふじゆう)をつけ()んで
184刹帝利族(せつていりぞく)のハムさまを
185(あなど)りきつて馬鹿(ばか)にして
186()やがる態度(たいど)面憎(つらにく)
187(たちま)怒髪(どはつ)(てん)()
188(こし)(いた)みも打忘(うちわす)
189此処(ここ)まで()つかけ(きた)りしが
190(また)もや(こし)(いた)()
191(あし)(あや)しくなつて()
192あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
193(かみ)(めぐ)みを(かうむ)りて
194何卒(なにとぞ)ハムが足腰(あしこし)
195いと(すみや)かに(すこ)やかに
196(なほ)(たま)はれ惟神(かむながら)
197(ねがひ)(まを)(たてまつ)
198アイタヽタツタ アイタツタ
199もう一歩(ひとあし)()かれない
200天地(てんち)(かみ)もバラモンの
201(もも)神々(かみがみ)一柱(ひとはしら)
202()いて(くだ)さる(かみ)なきか
203愚痴(ぐち)()ふのぢやなけれども
204こんな(とき)こそ神様(かみさま)
205(たす)けて()しさに朝夕(あさゆふ)
206バラモン(けう)御為(おんため)
207(つく)して()るのぢや(ござ)らぬか
208(おも)へば(おも)へば残念(ざんねん)
209もう一寸(いつすん)(すす)めない
210大方(おほかた)(おれ)()たれ(じに)
211不運(ふうん)(もの)何処(どこ)までも
212不運(ふうん)(をは)はらにやならないか
213(とら)(おほかみ)獅子(しし)(くま)
214餌食(ゑじき)となつてしまふのか
215ガランダ(こく)のハムの()
216()うなり()くとは白雲(しらくも)
217(とほ)異国(いこく)(やま)(みち)
218(そら)()(くも)(こころ)あらば
219(わが)消息(せうそく)をガランダの
220(つま)御許(みもと)におとづれよ
221(たの)みの(つな)もつきはてし
222悲惨(ひさん)至極(しごく)今日(けふ)()
223(あく)(かがみ)天地(あめつち)
224(かみ)(こころ)()でますか
225遠津御祖(とほつみおや)(つく)してし
226(もも)罪科(つみとが)()にうけて
227此処(ここ)()なねばならないか
228(おも)へば(おも)へば残念(ざんねん)ぢや
229これほど(かみ)(いの)れども
230しるしなければ是非(ぜひ)もない
231最早(もはや)決心(けつしん)した(うへ)
232()をも(おそ)れぬ(わが)(からだ)
233(かみ)御手(おんて)(まか)します
234(かばね)野辺(のべ)(さら)すとも
235不老不死(ふらうふし)なる霊魂(れいこん)
236高天原(たかあまはら)都率天(とそつてん)
237(たふと)(かみ)御前(おんまへ)
238(すく)はせ(たま)惟神(かむながら)
239バラモン(けう)大御神(おほみかみ)
240御前(みまへ)(いの)(たてまつ)る』
241(なみだ)(こゑ)(しぼ)山道(やまみち)にドツと(たふ)れ、242観念(かんねん)()(しばたた)いて知死期(ちしご)()(こと)となつた。
243 (この)(とき)何処(いづこ)ともなく微妙(びめう)音楽(おんがく)(きこ)(きた)り、244翩翻(へんぽん)として白蓮華(しろれんげ)花片(はなびら)245(てん)より(くだ)(きた)ると()()に、246ハムの(からだ)(にはか)清涼水(せいりやうすゐ)嚥下(えんか)したるが(ごと)気分(きぶん)(ただよ)(またた)(うち)にもとの健全体(けんぜんたい)となり(かは)つた。247ハムは(よろこ)びのあまり、248天地(てんち)感謝(かんしや)し、249(いま)までの言心行(げんしんかう)一致(いつち)せざりし(つみ)(しや)し、250悠々(いういう)として坂道(さかみち)(くだ)()く。251あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
252大正一一・一〇・二七 旧九・八 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)