霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 親子(おやこ)対面(たいめん)〔一〇八一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第39巻 舎身活躍 寅の巻 篇:第4篇 浮木の岩窟 よみ:うききのがんくつ
章:第16章 第39巻 よみ:おやこたいめん 通し章番号:1081
口述日:1922(大正11)年10月28日(旧09月9日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年5月5日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
バラモン教のポーロは、セームとシャムに命じて宣伝使の応対をさせた。セームとシャムは慇懃に宣伝使たちを出迎え、丁重に帰ってもらおうとするが、照国別は聞かずに岩窟に入ろうとする。
シャムの注進にポーロ自らが出て宣伝使の応対をし、確かに照国別の両親・樫谷彦と樫谷姫がこの岩窟にいることを明かした。
ポーロは下手に出て照国別一行を案内し、岩窟の中の落とし穴にまんまと落とし込んでしまった。バラモン教徒たちは宣伝使たちをやっつけて気が緩み、酒を持ち出しての眼や歌えの大宴会を始めた。
一同がへべれけになって足腰が立たなくなったとき、留守役の一人・ヤッコスは突如、自分は三五教の宣伝使・岩彦であると明かし、照国別たちを助けようとした。
レールは岩彦の足にしがみついて、命乞いをする。そこへキルクがやってきて、三五教の宣伝使がやってきたと注進した。これは国彦がハム、タール、イール、ヨセフを従えてやってきたのであった。
岩彦は自ら国彦一行を迎え入れ、協力して落とし穴にはまっていた照国別たちを助け出した。捕えられていた照国別の両親は、岩彦がひそかに世話をしていたおかげで健全だった。
照国別と菖蒲は、両親と再会を果たした。宣伝使たちは岩窟のバラモン教徒たちの罪をゆるし、照国別は国彦に命じて、ハム、タール、イール、ヨセフとともに、両親と菖蒲をアーメニヤに送らせた。
自らは岩彦とともに、梅公、照公を連れて出立し、フサの国を目指した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-01-05 21:29:47 OBC :rm3916
愛善世界社版:221頁 八幡書店版:第7輯 359頁 修補版: 校定版:232頁 普及版:96頁 初版: ページ備考:
001 セーム、002シヤムの二人(ふたり)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(たづ)(きた)りしと()くより、003ポーロの(めい)()つて岩窟(がんくつ)入口(いりぐち)揉手(もみて)(なが)(こめ)つきバツタのやうに(あたま)(こし)をピヨコピヨコ(かが)め、
004セーム『エーこれはこれは宣伝使(せんでんし)(さま)005よくこそ御入来(ごじゆらい)(くだ)さいました。006折角(せつかく)遠路(ゑんろ)(ところ)007()(くだ)さつて、008(なん)とも(はや)御礼(おんれい)申上(まをしあ)げやうも(ござ)いませぬ。009生憎(あいにく)主人(しゆじん)御不在(おるす)で、010大教主様(だいけうしゆさま)御命令(ごめいれい)(ほう)じ、011デカタン高原(かうげん)まで出陣(しゆつぢん)なさいました。012(その)不在中(るすちう)何人(なにびと)たり(とも)013ここへ()れてはならぬとの(きび)しき命令(めいれい)014折角(せつかく)(なが)ら、015どうぞお(かへ)(くだ)さいませ。016なあシヤム、017(おれ)()(こと)(けつ)して(うそ)ぢやあろまい。018セームが佝僂(せむし)になる(ところ)まで(あたま)をピヨコピヨコ、019(こし)をペコペコさせて御願(おねがひ)してゐるのだから、020そこはどうぞ宣伝使(せんでんし)雅量(がりやう)(もつ)てお(かへ)(くだ)さらば(まこと)有難(ありがた)(ござ)います。021ヘヽヽヽ(けつ)して(けつ)して悪意(あくい)(まを)すのでは(ござ)いませぬ、022(また)三五教(あななひけう)老夫婦(らうふうふ)(けつ)して(この)岩窟(いはや)(なか)()()めては(ござ)いませぬから、023折角(せつかく)(しら)(くだ)さいましても徒労(とらう)(ござ)います。024トツトと御退却(ごたいきやく)を、025(ひとへ)(ねが)(たてまつ)ります』
026照国別(てるくにわけ)『イヤ今日(けふ)はどうしても(この)(まま)では(かへ)(こと)出来(でき)ないのだ。027アーメニヤから樫谷彦(かしやひこ)樫谷姫(かしやひめ)といふ二人(ふたり)夫婦(ふうふ)(とら)へられて()てゐる(はず)だ』
028セーム『滅相(めつさう)もないことを仰有(おつしや)いませ。029こんな山奥(やまおく)にアーメニヤなんぞからお()でる物好(ものずき)がどこに(ござ)いませう、030ソリヤ(なに)かのお間違(まちがひ)でせう』
031菖蒲(あやめ)(なん)()はれても、032(わたし)両親(りやうしん)()はねばならぬ。033邪魔(じやま)なさると(かへつ)てお(ため)になりませぬぞえ』
034セーム『ヤア此奴(こいつ)()ごはい談判(だんぱん)だ、035到底(たうてい)(おれ)一力(いちりき)では()きかねる。036オイ、037シヤム、038(おく)()つて(この)(よし)をポーロさまに(はや)注進(ちゆうしん)せぬかい。039そして(いま)何々(なになに)何々(なになに)しておくのだぞ』
040照国別(てるくにわけ)一刻(いつこく)()猶予(いうよ)はならぬ、041(まか)(とほ)るから案内(あんない)(いた)せ』
042セーム『一寸(ちよつと)()つて(くだ)さいませ。043不在(るす)師団長(しだんちやう)のポーロの御意見(ごいけん)(うかが)つた(うへ)にして(もら)はねば岩窟(がんくつ)侵入罪(しんにふざい)になりますから』
044照国別(てるくにわけ)『ハヽヽヽヽ大変(たいへん)なうろたへ(かた)だな。045(この)様子(やうす)ではキツと(ろく)(こと)ではあるまい。046両親(りやうしん)()(うへ)(あん)じられる。047サア(はや)菖蒲殿(あやめどの)048(おく)(すす)みませう』
049セーム『あゝモシモシ一寸(ちよつと)()つて(くだ)さい、050御夫婦(ごふうふ)至極(しごく)御健全(ごけんぜん)御安泰(ごあんたい)御座(ござ)(あそ)ばします。051(けつ)して虐待(ぎやくたい)なんかしてはをりませぬ』
052照国別(てるくにわけ)『アハヽヽヽ、053さうだらう。054(ぶと)一疋(いつぴき)(かよ)はないやうな要心(えうじん)堅固(けんご)岩窟内(がんくつない)御保護(ごほご)申上(まをしあ)げてゐると()えるワイ。055イヤ御好意(ごかうい)(あと)から御礼(おれい)(まを)す』
056 (はなし)(かは)つて(おく)一間(ひとま)では今迄(いままで)()ひつぶれてゐた(さけ)(にはか)にさめ、057蒼白(まつさを)(かほ)をして岩窟(がんくつ)()をあけ、058夫婦(ふうふ)引張(ひつぱ)()すやら丼鉢(どんぶりばち)(かか)へて()(まは)るやら、059大乱痴気(だいらんちき)(さわ)ぎの真最中(まつさいちう)である。060そこへシヤムが()んで()て、061(いき)(はづ)ませながら、
062『タヽヽヽ大変(たいへん)々々(たいへん)063これこれポーロの大将(たいしやう)064レールさま、065どうしたら()からうか、066思案(しあん)()して(くだ)さい』
067(しき)りに()両手(りやうて)でパタパタと(たた)きもがく。
068ポーロ『(なん)だ、069あわただしい(その)(さわ)(かた)070どうしたといふのだ』
071シヤム『()うも()うもあつたものですか、072息子(むすこ)()たのですよ。073ソレあの(むすめ)が、074()うしても()うしても、075()つて(はい)らうと(いた)します』
076ポーロ『()つて(はい)らうと()うて(はい)らうと、077そんな(こと)頓着(とんちやく)ないが、078息子(むすこ)(むすめ)とは(なん)(こと)だ』
079シヤム『あの(おく)(かく)してあつた老夫婦(らうふうふ)(せがれ)(むすめ)がやつて()たのですよ。080カヽ敵討(かたきうち)だと()つて、081数十万(すうじふまん)軍勢(ぐんぜい)引連(ひきつ)れ、082先頭(せんとう)()つて立向(たちむか)ひました』
083ポーロ『()細谷路(ほそたにみち)数十万(すうじふまん)軍勢(ぐんぜい)がどうして()られるものか』
084シヤム『(なん)だか()りませぬが、085随分(ずゐぶん)沢山(たくさん)白衣(びやくい)軍卒(ぐんそつ)中空(ちうくう)からやつて()ました。086モシモシ大将(たいしやう)087グヅグヅしてゐると岩窟(いはや)退治(たいぢ)(はじ)まります。088(なん)とか用意(ようい)をなされませ』
089ポーロ『エヽ仕方(しかた)がない、090(おれ)一先(ひとま)表口(おもてぐち)立向(たちむか)ひ、091掛合(かけあ)つて()よう』
092()(なが)ら、093レールに(なに)(ささや)きつつ、094表口(おもてぐち)()()し、095叮嚀(ていねい)(こし)(かが)めて、
096ポーロ『(わたし)(この)岩窟(がんくつ)(あづか)つて()りまするポーロと(まを)はした(もの)097何卒(なにとぞ)見知(みし)りおかれまして今後(こんご)御贔屓(ごひいき)にお(ねがひ)いたします。098サアどうぞ、099()かけ(どほり)茅屋(ばうをく)なれど、100御遠慮(ごゑんりよ)なく、101トツトとお(はい)(くだ)さいませ』
102照国別(てるくにわけ)当岩窟内(たうがんくつない)樫谷彦(かしやひこ)樫谷姫(かしやひめ)夫婦(ふうふ)(かた)はお()えになつてをるか』
103ポーロ『ハイお()えになつて()ります。104それはそれは御機嫌(ごきげん)(うるは)しく、105あなた(がた)のお()でを、106欣喜雀躍(きんきじやくやく)(てい)でお()ちかねで(ござ)います。107サア(はや)くお(とほ)りあつて、108御対面(ごたいめん)(ほど)をお(ねがひ)(いた)します』
109照国別(てるくにわけ)(なに)()つても不案内(ふあんない)なる岩窟(がんくつ)110如何(いか)なる計略(けいりやく)(わな)(おちい)らむも(ばか)(がた)い、111御苦労(ごくらう)ながら、112(その)夫婦(ふうふ)(かた)をここ(まで)案内(あんない)して()てくれ。113吾々(われわれ)此処(ここ)にて御対面(ごたいめん)申上(まをしあ)ぐるから』
114ポーロ『それも御尤(ごもつと)(なが)ら、115(この)(ごろ)御大将(おんたいしやう)大足別(おほだるわけ)(さま)が、116ハルナの(みやこ)より、117大教主(だいけうしゆ)のお()しにより、118数万(すうまん)軍卒(ぐんそつ)引率(いんそつ)して、119デカタン高原(かうげん)出陣(しゆつぢん)された御不在中(おるすちう)(ゆゑ)120(のこ)りの人間(にんげん)(わづ)かに二十(にじふ)有余人(いうよにん)121(あさ)から(ばん)まで留守事(るすごと)(さけ)()み、122他愛(たあい)なく()(つぶ)れて()りますから、123(けつ)して計略(けいりやく)などは(いた)して御座(ござ)いませぬ。124どうぞお(はい)(くだ)さいませ』
125菖蒲(あやめ)『モシ兄上様(あにうへさま)126ウツカリ(すす)んではなりませぬぞ。127コレコレここの番人(ばんにん)とやら、128(はや)(わらは)父母(ふぼ)をここへお()(まを)して()るがよい。129グヅグヅ(いた)すと、130(まへ)さまたちの御為(おため)にはなりますまいぞや』
131 ポーロは(あたま)をかき(なが)ら、
132『エー御説(おせつ)御尤(ごもつと)もながら御夫婦(ごふうふ)持病(ぢびやう)(おこ)り、133脚気(かつけ)(おこ)つて、134(あし)頭痛(づつう)がすると仰有(おつしや)り、135チヨツとも(うご)けませぬ。136(また)(おく)さまの(はう)産後(さんご)()(みち)とか、137()(みち)とかが()()して、138ウンウン キヤツキヤツ(うな)つてばかり、139身動(みうご)きもならぬ御不自由(ごふじゆう)さ、140どうぞあなたの(はう)から(すす)んで御面会(ごめんくわい)(ねが)ひたう(ぞん)じます』
141照国別(てるくにわけ)『そんなら仕方(しかた)がない、142案内(あんない)(いた)せ』
143ポーロ『サア()うお()でなさいませ』
144()(なが)(さき)()つ。145一行(いつかう)四人(よにん)(あと)(したが)ひ、146あたりに(こころ)(くば)りつつ、147(おく)(おく)へと(すす)()く。148(たちま)ちカラクリ仕掛(じかけ)(いた)()はクレンと引繰(ひつくり)(かへ)り、149四人(よにん)はドツと一度(いちど)(くら)陥穽(おとしあな)()()んで(しま)つた。150ポーロはしすましたりと、151(かへ)()(ぢやう)(おろ)し、152(おも)(いし)(ふた)()つのせて、153ホツと一息(ひといき)(むね)()でおろし、
154『オイ(みな)(やつ)155モウ安心(あんしん)だ。156()をおちつけよ。157彼奴(あいつ)大足別(おほだるわけ)(さま)恋慕(れんぼ)して(ござ)つた菖蒲(あやめ)といふナイスだ。158そして一人(ひとり)(あに)照国別(てるくにわけ)といふ三五教(あななひけう)有名(いうめい)豪傑(がうけつ)宣伝使(せんでんし)だ。159彼奴(あいつ)言霊(ことたま)にかかつたが最後(さいご)160手足(てあし)(なに)もビリビリとしびれて(しま)無双(むさう)神力(しんりき)がある。161(しか)(なが)らかうやつて奈落(ならく)(そこ)へおとして()けば、162最早(もはや)(この)岩窟内(がんくつない)無事(ぶじ)安穏(あんをん)だ。163(ひと)(いはひ)二次会(にじくわい)(ひら)かうぢやないか』
164とニコニコとして(わめ)()てる。165レール、166シヤム、167ハールは嬉々(きき)として(あつ)まり(きた)り、
168レール『流石(さすが)はポーロさま、169留守(るす)師団長(しだんちやう)(だけ)資格(しかく)十分(じふぶん)具備(ぐび)してゐる。170ヤア天晴(あつぱ)天晴(あつぱ)れかくなる(うへ)(なに)をか(おそ)れむ、171()んで()んで、172()(たふ)し、173(じや)()になるか、174(とら)になる(ところ)まで、175神酒(みき)をあがらうかい』
176と、177(また)もや酒徳利(さけどつくり)穴倉(あなぐら)より(はこ)()し、178一生懸命(いつしやうけんめい)(うた)(うた)つて、179悪事(あくじ)災難(さいなん)(のが)れたる祝宴(しゆくえん)()()した。
180 一旦(いつたん)(おどろ)きの(あま)り、181さめかけてゐた(さけ)(ふたたび)まはり()した。182(その)(うへ)(また)もやガブガブとやつたものだから(たま)らない。183何奴(どいつ)此奴(こいつ)もグタグタになつて無我夢中(むがむちう)(くだ)らぬ(こと)喋舌(しやべ)()した。
184レール『コレコレポーロさま、185随分(ずゐぶん)ポーロい(こと)出来(でき)たぢやないか、186(さけ)鱈腹(たらふく)()めるなり、187(ぢぢ)(ばば)アの(かたき)()ちに()たと(おも)うた息子(むすこ)(むすめ)奈落(ならく)(そこ)(おと)()んだなり、188最早(もはや)(あめ)(した)(おそ)るべき(もの)一人(ひとり)もなくなつて(しま)つた。189サアこれから(ぢぢ)(ばば)アをここへ()()して()てお(しやく)をさそうかい。190オイ(みな)(やつ)191(ばば)アでも(をんな)だぞ、192(をとこ)ばかりの(この)岩窟(いはや)193滅多(めつた)不足(ふそく)はあろまいがな、194アーン』
195シヤム『(なん)(をんな)だつて、196(ばば)アでははづまぬぢやないか。197(おれ)(いま)()菖蒲(あやめ)とかさつきとかいふナイスを引張(ひつぱ)()して、198(しやく)をさしたら如何(どう)だらうかと(おも)つてるのだ』
199レール『馬鹿(ばか)()ふな、200あんな(やつ)引張(ひつぱ)()して()ようものなら、201(まる)爆裂弾(ばくれつだん)()げたやうなものだ。202(おそ)ろしい代物(しろもの)だぞ。203オイ、204ヤツコス、205(なに)をグヅグヅしてるのだ。206(ぢぢ)(ばば)アをここへ引張(ひつぱ)つて()ぬかい』
207ヤツコス『(やかま)()ふない、208あんな目汁(めしる)(みづ)ばな()れてる(きたな)爺婆(ぢぢばば)をこんな(ところ)()れて()ちや、209(さけ)御座(おざ)がさめて(しま)うぞ。210それよりも(おれ)(ひと)(しな)よう(をど)つて()せてやるからそれで辛抱(しんばう)せい』
211と、212(はや)くも手拭(てぬぐひ)(ねえ)さんかぶりにして、213一寸(ちよつと)(すそ)をからげ、214()(しり)をふりピシヤピシヤと時々(ときどき)()(たた)き、
215(わたし)在所(ざいしよ)はコーカス(ざん)
216(ふもと)(ふもと)のその(ふもと)
217ヤツトコセー ドツコイシヨ
218樫谷(かしや)(ひこ)樫谷姫(かしやひめ)
219ウラルの(かみ)御取次(おとりつぎ)
220こんな牢屋(らうや)()()まれ
221ヨーイトサー ヨーイトサー
222(あさ)から(ばん)まで(むすめ)をくれいと()められる
223どうして(むすめ)がやられようか
224鬼雲彦(おにくもひこ)眷族(けんぞく)
225ドツコイシヨー ドツコイシヨー』
226レール『オイ貴様(きさま)227(ひと)代理(だいり)をするのか、228しやうもない、229モツと()()いた(こと)(うた)はぬかい』
230ヤツコス『老人(らうじん)夫婦(ふうふ)守護神(しゆごじん)(うつ)つて(うた)つてゐるのだ。231サアこれから、232(また)(ひと)(うつ)られてやらうかな。233今度(こんど)大足別(おほだるわけ)ぢや、234ウツフヽヽヽ、
235鬼雲彦(おにくもひこ)大将(たいしやう)
236イホの(みやこ)()ひまくられて
237ヤツトコサー ヤツトコサー
238メソポタミヤの顕恩郷(けんおんきやう)
239ヤツとお(しり)をすゑた(とき)
240ヤートサー ヤートサー
241三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
242肝太玉(きもふとだま)神司(かむづかさ)
243家来(けらい)をつれてやつて()
244(おほ)きな目玉(めだま)をむきよつた
245ドツコイシヨー ドツコイシヨー
246鬼雲彦(おにくもひこ)大将(たいしやう)
247大蛇(をろち)姿(すがた)(あら)はして
248一目散(いちもくさん)自転倒(おのころ)
249大江(おほえ)(やま)とつ(ぱし)
250(また)もやここを()ひまくられて
251(いのち)カラガラ フサの(くに)
252()(かへ)りたる弱虫(よわむし)
253時世時節(ときよじせつ)(ちから)にて
254(ふたた)大黒主(おほくろぬし)となり
255()ぶりを()かしてゐた(とこ)
256()をふり(あたま)()(なが)
257追従(つゐしよう)タラダラお(ひげ)(ちり)
258(はら)つてのけた利巧者(りかうもの)
259ヨーイトサー ヨーイトサー
260それが(たれ)やと(たづ)ねたら
261清春山(きよはるやま)岩窟(がんくつ)
262(とき)めき(たま)御大将(おんたいしやう)
263大足別(おほだるわけ)醜神(しこがみ)
264オツトドツコイ コラしまうた
265大足別(おほだるわけ)神司(かむづかさ)
266大樽(おほたる)あけて(かん)をして
267何奴(どいつ)此奴(こいつ)()むがよい
268()めよ()()(やま)()
269(いへ)(くら)屋敷(やしき)(いた)るまで
270()んで(なら)べたフラスコの
271徳利(とつくり)トンのトントコトン
272面白(おもしろ)うなつておいでたな
273(おれ)(さけ)()まないが
274けたいな(にほ)ひで()うて()
275レール ポーロの両人(りやうにん)
276(たづ)ねてうせた神司(かむづかさ)
277照国別(てるくにわけ)といふ(やつ)
278(きも)(つぶ)して陥穽(おとしあな)
279卑怯(ひけふ)未練(みれん)()(なが)
280(うま)くやつたる御手柄(おんてがら)
281天地(てんち)(かみ)御照覧(ごせうらん)
282梵天王(ぼんてんわう)自在天(じざいてん)
283大国彦(おほくにひこ)神様(かみさま)
284さぞやさぞさぞ(よろこ)んで
285()いて(ござ)るに(ちがひ)ない
286()いたり(わら)うたり(おこ)つたり
287(まへ)一体(いつたい)(さけ)(くら)うて
288(なに)不足(ふそく)(おこ)るのか
289()いて明石(あかし)浜千鳥(はまちどり)
290()いた(ついで)可哀相(かあいさう)
291さぞ今頃(いまごろ)菖蒲子(あやめこ)
292奈落(ならく)(そこ)でベソベソと
293()いて(ござ)るに(ちがひ)ない
294それを(おも)へば(おれ)だとて
295チツとは()かずにや()られない
296ウントコドツコイ ドツコイシヨ
297()めよ()()(さわ)げよ(さわ)
298一寸先(いつすんさき)(しん)(やみ)
299(あと)から(つき)()るけれど
300(その)(つき)こそは(うん)つき
301うろつき間誤(まご)つきウソつき
302ヤクザばかりが()()うて
303バラモン(けう)(ひら)くとは
304(あき)れて(もの)()はれない
305ウントコドツコイ ドツコイシヨー
306照国別(てるくにわけ)菖蒲子(あやめこ)
307(うま)くおとして(よろこ)んで
308(さけ)にくらひ()()(うち)
309剛力(がうりき)無双(むさう)宣伝使(せんでんし)
310(また)もや(あら)はれ()たならば
311何奴(どいつ)此奴(こいつ)もうろたへて
312一泡(ひとあわ)()くに(ちがひ)ない
313あゝ面白(おもしろ)面白(おもしろ)
314(おれ)高見(たかみ)見物(けんぶつ)
315大足別(おほだるわけ)腰抜(こしぬけ)
316さぞ今頃(いまごろ)(うま)()
317デカタン高原(かうげん)トボトボと
318数多(あまた)軍勢(ぐんぜい)(ひき)つれて
319冥途(めいど)(たび)とは()らずして
320(ある)いて()るか(なさけ)ない
321とは()ふものの俺達(おれたち)
322チツとも(くる)しうない(ほど)
323()れの乾児(こぶん)(えら)まれた
324レール ポーロやシヤム ハール
325(その)(ほか)(もも)のガラクタが
326やりをる(こと)(つら)にくい
327ホンに(あき)れた(やつ)ばかり
328(かみ)布教(ふけう)(たて)となし
329(その)内実(ないじつ)泥坊(どろばう)
330本職(ほんしよく)とする(やつ)ばかり
331(この)岩窟(がんくつ)神様(かみさま)
332聖場(せいぢやう)どころか(おほかみ)
333獅子(しし)(くま)大蛇(をろち)跳梁場(てうりやうば)
334(はや)(たふと)(かみ)()
335此奴(こいつ)一同(いちどう)(ことごと)
336(たひら)げくれればよいものに
337あゝ(かな)はむからたまらない
338かんかんチキチン カンチキチン
339ドツコイドツコイドツコイシヨー
340ホンに(こま)つた(やつ)ばかり
341(かほ)()てさへも(はら)()つ』
342レール『コラコラ()しからぬ(こと)(ほざ)(やつ)だ。343貴様(きさま)三五教(あななひけう)間者(まはしもの)だらう、344コーカス(ざん)のヤツコスの子孫(しそん)だなんて(ぬか)してけつかつたが、345貴様(きさま)はウラル(けう)をすてて、346とうとう三五教(あななひけう)沈没(ちんぼつ)してケツカルのに(ちがひ)ない。347サア有体(ありてい)白状(はくじやう)せい、348(かはづ)(くち)からだ、349大黒主(おほくろぬし)(さま)大足別(おほだるわけ)大将(たいしやう)悪口(わるくち)ばかり(ほざ)きやがつたぢやないか』
350ヤツコス『馬鹿(ばか)だなア、351(おれ)素性(すじやう)今迄(いままで)()らなかつたのか。352(おれ)三五教(あななひけう)岩彦(いはひこ)といふ宣伝使(せんでんし)だ。353神様(かみさま)内命(ないめい)()つて貴様等(きさまら)行動(かうどう)調査(てうさ)してゐるのを()らぬのかい。354サア(なん)ぼなつともがけ、355アタいやらしい、356ドツサリ(ぬす)(ざけ)(くら)()うて、357脛腰(すねこし)()たぬ(ざま)して、358如何(どう)して(おれ)手向(たむか)(こと)出来(でき)ようか。359(まる)(ゐざり)病院(びやうゐん)()たやうなものだ。360サアこれから(この)岩彦(いはひこ)さまが、361(この)出刃庖丁(でばぼうちやう)で、362(おや)ゆづりの(かはごろも)一人(ひとり)(のこ)らず()いでやらう、363覚悟(かくご)(いた)せ。364アハヽヽヽ』
365出刃庖丁(でばぼうちやう)をグツと(にぎ)つてレールの(まへ)()()した。366レールは()げようとすれ(ども)367(あま)りの泥酔(でいすゐ)(くち)ばかり達者(たつしや)で、368手足(てあし)自由(じいう)(うしな)つてゐた。
369レール『オイ、370ポーロ、371シヤム、372ハール、373(なに)してゐるのだ。374(この)ヤツコスを貴様等(きさまら)()つて(たた)(ころ)して(しま)へ』
375 ポーロ、376ヘベレケになつて、
377『オイ、378レール、379貴様(きさま)のいふこた、380一体(いつたい)381一寸(ちよつと)(わか)らぬぢやないか。382(ころ)すとか(ころ)さぬとかぬかして()るが、383あゝしておけば四人(よにん)(やつ)ア、384そんなに(ほね)()らなくても、385ひとり木乃伊(みいら)になつて(しま)ふワ。386マア(さけ)でもゆつくり()め、387(おれ)やモウ一足(ひとあし)()(こと)出来(でき)やしないワ、388アーア(くる)しい、389(さけ)()(やつ)ア、390()まれる(とき)にや(うま)(あぢ)をしてゐやがるが、391腹中(はらんなか)這入(はい)つてから(さかん)活動(くわつどう)しやがるとみえて、392()うにも()うにも(くるし)くて仕方(しかた)がない。393ゲー、394ガラガラ ガラガラ、395ウツプー』
396レール『エヽ何奴(どいつ)此奴(こいつ)も、397(よひ)どればかりぢやなア。398さうぢやから(さけ)身知(みし)らずに(くら)ふなというて()かしてあるのだ』
399シヤム『オイ、400レール、401偉相(えらさう)()ふない、402(まへ)だつて、403脛腰(すねこし)()たぬとこまで()うてゐるぢやないか』
404レール『(おれ)(おれ)特別(とくべつ)だ。405(おれ)真似(まね)をすると()(こと)があるものかい。406アーン、407コレコレお()けのヤツコスさま、408そんな出刃(でば)のやうな(あぶな)いものをふりまはさずに(はや)陥穽(おとしあな)()をあけ、409(はや)四人(よにん)宣伝使(せんでんし)(たす)けぬかい。410そして俺達(おれたち)代表者(だいへうしや)となつて、411御無礼(ごぶれい)をお()びしてくれないか。412ナア、413イワイワ岩彦(いはひこ)宣伝使(せんでんし)414(まへ)中々(なかなか)ぬかりのない(をとこ)だ。415(おれ)もカンチンした、416流石(さすが)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)だワイ。417アーン』
418ヤツコス『オヽ貴様(きさま)のいふ(とほ)り、419(はや)宣伝使(せんでんし)(さま)をお(たす)(いた)さねばならぬ。420シツカリ(かほ)()なかつたが、421(なん)でも梅彦(うめひこ)によく()()つたやうだ。422ドレこれから四人(よにん)(すく)ひあげて、423貴様等(きさまら)一同(いちどう)(その)(あと)へほり()んでやらうか。424此奴(こいつ)面白(おもしろ)い』
425立上(たちあが)らうとするのを、426レールは矢庭(やには)にヤツコスの(あし)にくらひつき、
427(おれ)はレール()うたのだから、428寝鳥(ねとり)(くび)()めるやうな(こと)をやられちや(うか)()がないワ。429マアマア(ひと)(なべ)()(なか)だから、430(その)(よし)みで(おれ)(だけ)免除(めんぢよ)してくれ。431(その)(かは)りにポーロ、432シヤム、433ハール、434エルマ、435エム(など)一寸(ちよつと)遠慮(ゑんりよ)いらぬから、436ドシドシと()()んでくれ。437モウ()うなると(わが)()大事(だいじ)ぢや、438(ひと)()なうが(たふ)れやうが、439(われ)さへ()けらよい時節(じせつ)だ。440コレ(だけ)道理(だうり)()けて(たの)むのにお(まへ)()いてくれぬのか。441アーン』
442 ()かる(ところ)へキルクは(あわただ)しくやつて()た。
443キルク『オイオイポーロ、444三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)がタール、445ハム、446イール、447ヨセフを(とも)としてやつて()ました。448如何(どう)(いた)しませうかな』
449ポーロ『ナニ、450(また)宣伝使(せんでんし)がやつて()た? そしてハムの兄哥(あにき)()るといふのか、451ソラ洒落(しやれ)てる、452流石(さすが)はハムだ。453(うま)引張(ひつぱ)()んで()やがつたな』
454キルク『イエイエ滅相(めつさう)もない。455ハム、456タール、457イール、458ヨセフはスツカリ三五教(あななひけう)味方(みかた)をして、459ここへやつて()よつたのだ』
460ポーロ『ハハー彼奴(あいつ)鬼熊別(おにくまわけ)さまの子分(こぶん)だけれど、461(おな)(をしへ)だと(おも)つて、462俺達(おれたち)手柄(てがら)をさそうと()れて()たのだらう。463本当(ほんたう)()()いた(やつ)だ』
464ヤツコス『ナニ、465三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)()たか、466其奴(そいつ)面白(おもしろ)い、467何奴(どいつ)此奴(こいつ)一人(ひとり)(のこ)らず()ひつぶれて()やがる、468(けつ)して老人(らうじん)夫婦(ふうふ)(たい)後顧(こうこ)(うれ)ひがないから、469(おれ)(ひと)出迎(でむか)へに()()う』
470と、471岩戸(いはと)入口(いりぐち)(はし)()で、
472『これはこれは三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(さま)473()(ぞん)じませぬが、474マア(おく)へお(はい)(くだ)さい。475照国別(てるくにわけ)一行(いつかう)(いま)陥穽(おとしあな)へおとされて(こま)つてゐる(ところ)です。476サア(はや)飛込(とびこ)んで岩窟(いはや)征伐(せいばつ)をして(くだ)さい。477吾々(われわれ)もお手伝(てつだ)ひを(いた)しませう』
478国公(くにこう)『ハテ、479合点(がつてん)のいかぬ(こと)()ふぢやないか、480(まへ)はバラモン(けう)眷族(けんぞく)だらう』
481ヤツコス『(じつ)(ところ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)岩彦命(いはひこのみこと)だ。482大神様(おほかみさま)内命(ないめい)()つて、483(この)岩窟(がんくつ)信者(しんじや)()けこみ、484今迄(いままで)(とき)()つてゐたのだ。485(まへ)もまだ新米(しんまい)()えるが、486ナーニ(あん)じる(こと)はない。487トツトと這入(はい)つてくれ、488随分(ずゐぶん)面白(おもしろ)(こと)(はじ)まつてゐるから』
489鷹揚(おうやう)()(はな)ち、490ニコニコとして(おく)()る。491国公(くにこう)合点(がつてん)()かず、492四人(よにん)(したが)奥深(おくふか)(すす)()り、493()ひどれの姿(すがた)()て、494(かほ)をしかめ、
495『アヽいやな(にほ)がするぢやないか、496(なん)だムサ(くる)しい、497そこら(ぢう)店出(みせだ)しをしよつて、498オイ(なに)芳香水(はうかうすゐ)がないか、499イヤ防臭液(ばうしうえき)でもいい、500チトふりかけてくれ』
501岩彦(いはひこ)『それは()(かく)502照国別(てるくにわけ)(ほか)三人(さんにん)(すく)()げねばならぬ。503そんな末梢的(まつせうてき)問題(もんだい)はどうでもいい、504中々(なかなか)()(おも)たくて(おれ)一人(ひとり)では如何(いかん)ともする(こと)出来(でき)ない。505ヤイ、506一同(いちどう)連中(れんちう)さま、507(おれ)(ちから)()してくれ、508ここだ(この)(まる)(あな)一人(ひとり)づつ(ゆび)突込(つつこ)んでグイと引上(ひきあ)げてくれ』
509 国公(くにこう)は『ヨシ()た』と()ひながら六人(ろくにん)(ちから)(あは)せて、510非常(ひじやう)(おも)たい(いた)()()きあけた。511(なか)には四人(よにん)男女(だんぢよ)一生懸命(いつしやうけんめい)天津祝詞(あまつのりと)奏上(そうじやう)してゐた。512国公(くにこう)(あな)(のぞ)いて、
513『ヤア照国別(てるくにわけ)宣伝使(せんでんし)(さま)514(あぶな)(ところ)でありました。515黄金姫(わうごんひめ)(さま)516清照姫(きよてるひめ)(さま)命令(めいれい)()つて、517あなた(がた)をお(たす)けに(まゐ)りました』
518照国別(てるくにわけ)『ヤアそれは御苦労(ごくらう)だつた、519曲津神(まがつかみ)()520とうとうこんな(ところ)へおとしよつて流石(さすが)(おれ)如何(どう)なる(こと)かと、521(いささ)心配(しんぱい)してゐた。522()つべき(もの)家来(けらい)なりけりだ。523(はや)縄梯子(なはばしご)でもおろしてくれないか』
524 岩彦(いはひこ)何処(いづこ)よりか縄梯子(なはばしご)持来(もちきた)り、525バラリとかけ()ろした。526照国別(てるくにわけ)(はじ)め、527菖蒲(あやめ)528照公(てるこう)529梅公(うめこう)(ましら)(ごと)縄梯子(なはばしご)(つた)うてかけ(のぼ)り、530国公(くにこう)(まへ)(くび)一寸(ちよつと)()げ、
531『ヤア有難(ありがた)う』
532挨拶(あいさつ)する。533岩彦(いはひこ)照国別(てるくにわけ)(せな)(ふた)()つポンポンと(たた)き、
534『ヤア梅彦(うめひこ)535(ひさ)(ぶり)だつたねい、536こんな(ところ)()はうとは(ゆめ)にも(おも)はなかつたよ』
537照国別(てるくにわけ)『ヨーお(まへ)岩彦(いはひこ)だつたか、538(なん)不思議(ふしぎ)(ところ)()うたものだ。539(しか)老人(らうじん)夫婦(ふうふ)はどうしてゐるか、540()かしてくれ』
541岩彦(いはひこ)心配(しんぱい)すな、542(おれ)がいつもかくれ(しの)んで十分(じふぶん)御馳走(ごちそう)(あた)へ、543大切(たいせつ)(まも)つてゐたから、544二人(ふたり)(とも)至極(しごく)健全(けんぜん)だ。545()けばお(まへ)両親(りやうしん)だつたさうだねい』
546照国別(てるくにわけ)両親(りやうしん)はどこにゐられるか、547案内(あんない)してくれないか』
548岩彦(いはひこ)『ヨシ(おれ)()いて()い、549陥穽(おとしあな)はモウこれ(だけ)だ』
550()ひつつ、551牢屋(らうや)(まへ)(みちび)いた。552()れば牢獄(らうごく)()はパツと(ひら)いてある。553照国別(てるくにわけ)がここへ()(とき)にシヤムの(やつ)554(おどろ)いて()()けておいたからである。555されど老人(らうじん)夫婦(ふうふ)仮令(たとへ)(この)牢獄(ひとや)()(ところ)で、556ヤツパリ岩窟(がんくつ)(なか)だ、557どんな()()はされるか()れないと、558小隅(こすみ)夫婦(ふうふ)抱合(だきあ)つて、559(ふる)うてゐた。
560 照国別(てるくにわけ)(こゑ)をくもらせ、
561『モシお(とう)さま、562()アさま、563(わたし)梅彦(うめひこ)御座(ござ)います、564(いもうと)菖蒲(あやめ)もここに(まゐ)つて()ります。565どうぞ御安心(ごあんしん)(くだ)さいませ』
566 (この)(こゑ)()くより老人(らうじん)夫婦(ふうふ)牢獄(ひとや)()()で、567樫谷彦(かしやひこ)菖蒲(あやめ)樫谷姫(かしやひめ)照国別(てるくにわけ)(だき)つき、568(うれ)(なみだ)にかきくれ、569(しば)しは無言(むごん)(まく)をつづけて、570(あつ)(なみだ)(たき)(ごと)くに(なが)すのみなり。
571 これよりポーロ、572レールを(はじ)一同(いちどう)(つみ)(ゆる)し、573照国別(てるくにわけ)両親(りやうしん)(はじ)め、574(いもうと)菖蒲(あやめ)国公(くにこう)(まも)らせ、575タール、576イール、577ハム、578ヨセフも前後(あとさき)(まも)つて、579アーメニヤの故郷(こきやう)(かへ)らしめ、580自分(じぶん)大神(おほかみ)使命(しめい)(はた)すべく、581照公(てるこう)582梅公(うめこう)(および)岩彦(いはひこ)(ともな)ひ、583岩窟(いはや)(あと)にフサの(くに)をさして、584宣伝歌(せんでんか)(うた)ひつつ、585(いさ)(すす)んで()でて()く。586惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
587大正一一・一〇・二八 旧九・九 松村真澄録)