霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)()へて

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第40巻 舎身活躍 卯の巻 篇:前付 よみ:
章:第40巻 よみ:じょぶんにかえて 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年11月01日(旧09月13日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年5月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
瑞月は大正十年十月十八日(旧九月十八日)より、教祖神霊の示教のまにまに明治三十一年二月、高熊山の霊山に天使に導かれて幽斎の修業中、神幽二界を探検して見聞した事柄を後述し始めた。
そのとき、非法の三玉とか自ら称えている守護神どのの急忙な催促の下に、擬理天常非の出の神とか、大小軍とか床夜姫とかの筆先を見てもらいたいと申し込まれた。
けれども神様の御注意によって、『霊界物語』霊主体従第十二巻の後述を了るまでは一枚も見ることはできない、しかし第一輯が出来上がったら一見してもよい、との約を履行すべく、たくさんの筆先を読んでみたところ、抱腹絶倒せざるを得ませんでした。
要するにヒポコンデルの作用でできたもので、取るに足らぬ支離滅裂の乱書狂の世迷言を並べ立てたものであった。
まったく狐狸のいたずらに出たもので、男子女子の御霊をかつお節に使って、擬理天常非の出の神とかいう邪霊妖神の浅薄な奸計に出たものである。去る明治三十二年の夏、上谷の幽斎修業の際に四方某の体内に出入して書いた筆先そのままの文句であった。
神界のことがわからない人々の中には、一時に迷うものもあるかもしれない。実に困ったものである。万一、こんな神の書いたことを信じる人があるとすると、それは決して心の正しい人ではない。
誰の霊魂はどうだとか、彼の霊魂はどうだとか下らないことを言って、邪神が世人を狂惑しているのである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm400001
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第7輯 411頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
001 瑞月(ずゐげつ)大正(たいしやう)十年(じふねん)十月(じふぐわつ)十八日(じふはちにち)(きう)九月(くぐわつ)十八日(じふはちにち)より教祖(けうそ)神霊(しんれい)示教(じけう)のまにまに()明治(めいぢ)三十一年(さんじふいちねん)二月(にぐわつ)高熊山(たかくまやま)霊山(れいざん)天使(てんし)(みちび)かれて幽斎(いうさい)修業中(しうげふちう)002神幽(しんいう)二界(にかい)探険(たんけん)して見聞(けんぶん)したる事柄(ことがら)口述(こうじゆつ)(はじ)めむとした(とき)003非法(ひつぱふ)三玉(みたま)とか(みづか)(とな)へて()守護神(しゆごじん)どのの()()るやうな急忙(きふばう)催促(さいそく)(もと)に、004擬理天常(ぎりてんじやう)()()(かみ)とか大小軍(だいせうぐん)とか床夜姫(とこよひめ)とかの筆先(ふでさき)()(もら)ひたいと申込(まをしこ)まれました。005けれども神様(かみさま)御注意(ごちうい)()つて『霊界物語(れいかいものがたり)霊主体従(れいしゆたいじう)第十二巻(だいじふにくわん)口述(こうじゆつ)(をは)るまでは一枚(いちまい)()(こと)出来(でき)ない。006(しか)第一輯(だいいつしゆう)出来上(できあが)つたら一見(いつけん)してもよいと(やく)しておいたのを履行(りかう)すべく、007沢山(たくさん)筆先(ふでさき)()んで()(ところ)008抱腹絶倒(はうふくぜつたう)せざるを()ないやうになりました。
009 (えう)するにヒポコンデルの作用(さよう)出来(でき)たもので、010()るに()らぬ支離(しり)滅裂(めつれつ)乱書狂(らんしよきやう)世迷言(よまひごと)(なら)()てたものであつた。011(まつた)狐狸(こり)悪戯(いたづら)()でたるもので、012男子女子(なんしによし)御霊(みたま)を、013松魚節(かつをぶし)使(つか)つて、014擬理天常(ぎりてんじやう)()()(かみ)とかいふ邪霊(じやれい)妖神(えうしん)浅薄(せんぱく)なる奸計(かんけい)()でたるもので、015()明治(めいぢ)三十二年(さんじふにねん)(なつ)016上谷(うへだに)(おい)幽斎(いうさい)修業(しうげふ)(さい)憑依(ひようい)(きた)り、017四方(しかた)(ぼう)体内(たいない)出入(しゆつにふ)して()いた筆先(ふでさき)その(まま)文句(もんく)である。018神界(しんかい)(こと)(わか)らぬ人々(ひとびと)(なか)には一時(いちじ)(まよ)ふものもあるであらうが、019(じつ)(こま)つたものである。020万々一(まんまんいち)こんな(かみ)()いたことを(しん)ずる(ひと)がありとすれば、021それは(けつ)して(こころ)(ただ)しい(ひと)ではない。022仮令(たとへ)(ただ)しい(ひと)でも、023その精神上(せいしんじやう)大欠陥(だいけつかん)がある人々(ひとびと)であることを表明(へうめい)しておきます。024(たれ)霊魂(みたま)はどうだとか、025(かれ)霊魂(みたま)()うだとか(くだ)らぬ(こと)()つて、026邪神(じやしん)世人(よびと)誑惑(きやうわく)して()るのである。027有苗(いうべう)(はい)(よろこ)んで()むべきものである。028(しか)(いま)何程(なにほど)(ことば)(つく)して、029注意(ちうい)(あた)へても、030その一派(いつぱ)のカンカン(れん)容易(ようい)(みみ)()れないから、031(ここ)()(しる)して後日(ごじつ)(せう)(いた)しておきました。032一寸(ちよつと)参考(さんかう)のために、
 
033 ぎりてん(じやう)ひのでのおおかみたいしよ()ういちねんの()うがつのに()うさんにちのおんふでさき
034 (註)かなづかひ原文(げんぶん)のまま(句点は編者が付す)
035 前文省略
036 あやのたかまのはらにおいては、037なんしさまと、038のしがあらわしてあるのも、039よのもとからのいんねんで、040みたまのはたらきのごよおが、041てんちさまから、042せかいおたてなおすための、043りよかがみであるから、044なんしさまは、045かみのあがないなり、046のしわ、047せかいいばんにあらわれておいでるいきみやのしごおいたしておいでますしごおじんが、048これがこのよのたいしようであると、049いちにんかまうしごおじんが、050うゑからしたまで、051かみのしんりきよこどりいたして、052ちからだけにはばりた、053かみのそのなかでも、054とくべつつみのふかい、055つみびとのつみとるための、056あがないとなりて、057ごくろおなごよおであるのに、058そのごよおしりつゝ、059みわけがつかぬため、060のしのいきみやにむかうときわ、061けがらわしいともおして、062しおできよめはらいおいたして、063むこおたものがありたが、064それはいたんまごころで、065たかまのはらでは、066たつとりもおとすよおにもおした、067なかむらたけぞおともおしたかみであるが、068そのかみは、069あまりなんしと、070のしとのなかで、071かたよりがいたしたために、072あとからのかみがみに、073ぶちよほおがありてはならぬから、074こゆうことのないよおに、075いとおになりかわりて、076十うまんどおのせいばいのごとくのゑらいせめくで、077われとわがでにおふでさきおまるのみいたして、078わるいかがみにでておるから、079これからさきが、080なんしさまとのしのしよねんばのおしゑであるから、081おおさかだいもんまさみちかいと、082やしろじんしやのしんせいかいとが、083りよかいなとなりて、084まことのみちおたてる、085ひのでのかみのちから、086ごのかみのおおじであるによて、087せかい十うの、088おおひろきおおやしまに、089ゑだはとなりてあらわれておいでますいきみやに、090よのはじまりの、091こぼんのかみのしんりきうけついで、092いちいちしんりきさしこまねばならぬじせつがみなきたのであるから、093いちにうといたして、094おおもんじんじやにあつまるいきみやは、095いんねんなしにはあつめてないから、096みなかみのことであるから、097うやまいよおて、098ておひきよおて、099あしなみがそろおてきたら、100このうゑはしんかいのおしぐみが、101げんざいにあらわれてきかけたのが、102もとのかみよともおすのであるぞよ、103とおときことである
 
104 マアざつと、105ひのでのかみさんとやらの、106おふでさきのよりだしが、107こんなものです、108このなかにも、109じやしんのいんぼうが、110ふくざいしてゐますから、111かんがへてごらんなさい。
112  大正十一年十月二十九日
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)