霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 使者(ししや)〔一〇九二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第40巻 舎身活躍 卯の巻 篇:第2篇 寒梅照国 よみ:かんばいしょうこく
章:第8章 第40巻 よみ:ししゃ 通し章番号:1092
口述日:1922(大正11)年11月02日(旧09月14日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年5月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
ケーリスとタークスの二人は、述懐の歌を歌いながら清春山を登っていく。照国別に託された手紙を岩窟にいるバラモン教徒たちに渡すためにやってきたのであった。
ようやく岩窟の前にたどり着いた二人は、耳を澄ますと奥から騒々しい声が聞こえてくる。二人は腕を組み頭を傾けて中の様子を怪しんでいる。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4008
愛善世界社版:93頁 八幡書店版:第7輯 453頁 修補版: 校定版:97頁 普及版:45頁 初版: ページ備考:
001ケーリス、タークス両人(りやうにん)
002照国別(てるくにわけ)命令(めいれい)
003(よろこ)(いさ)(まも)りつつ
004栗毛(くりげ)(こま)(またが)りて
005クルスの(もり)()(いだ)
006一目散(いちもくさん)大野原(おほのはら)
007()()(かぜ)頭髪(とうはつ)
008(くしけづ)りつつ驀地(まつしぐら)
009(たに)()()(やま)(わた)
010秋野(あきの)にすだく(むし)(こゑ)
011いと(かな)しげに(きこ)ゆなる
012荒野ケ原(あらのがはら)辿(たど)りつつ
013(いきほ)()んで村肝(むらきも)
014(こころ)(いさ)(たましひ)
015清春山(きよはるやま)岩窟(がんくつ)
016(すす)()くこそ健気(けなげ)なれ
017清春山(きよはるやま)(ふもと)にて
018(こま)()りすて両人(りやうにん)
019崎嶇(きく)たる(さか)(のぼ)りつつ
020三五教(あななひけう)宣伝歌(せんでんか)
021(うた)(うた)ひて(すす)()く。
022 ケーリス、023タークス両人(りやうにん)清春山(きよはるやま)山麓(さんろく)(こま)をつなぎ、024(はげ)しき山颪(やまおろし)(あた)りながらエイヤ エイヤと一歩(ひとあし)々々(ひとあし)(ちから)をこめて(のぼ)るのであつた。025ケーリスは道々(みちみち)(うた)ふ。
026(かみ)(おもて)(あら)はれて
027善神(ぜんしん)邪神(じやしん)立分(たてわ)ける
028(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
029とはいひながら(ひと)()
030いかでか(かみ)(さば)きえむ
031三五教(あななひけう)神司(かむづかさ)
032神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
033仁慈(じんじ)無限(むげん)御聖徳(ごせいとく)
034五六七(みろく)(かみ)()れましぬ
035バラモン(けう)()(たま)
036大黒主(おほくろぬし)神司(かむづかさ)
037(たふと)(かみ)(きこ)ゆれど
038(その)(みなもと)をたづぬれば
039常世(とこよ)(くに)()れませる
040常世神王(とこよしんわう)自在天(じざいてん)
041大国彦(おほくにひこ)御裔(みすゑ)なる
042大国別(おほくにわけ)神司(かむつかさ)
043(ひら)(たま)ひし御教(おんをしへ)
044(この)正統(せいとう)(うづ)御子(みこ)
045国別彦(くにわけひこ)(あら)はれて
046バラモン(けう)(まも)りまし
047()べさせ(たま)(みち)なるに
048鬼雲彦(おにくもひこ)(あら)はれて
049国別彦(くにわけひこ)放逐(はうちく)
050(みづか)教主(けうしゆ)となりすまし
051大黒主(おほくろぬし)()()へて
052(つき)(みやこ)威勢(ゐせい)よく
053(あら)はれ(きた)りし曲津神(まがつかみ)
054(ぜん)(あく)とは(あきら)かに
055これにて(おも)()られけり
056ウラルの(をしへ)(ほう)じたる
057ウラルの(ひこ)(みなもと)
058(くは)しくたづね調(しら)ぶれば
059(この)()(ひら)(たま)ひたる
060塩長彦(しほながひこ)神柱(かむばしら)
061盤古神王(ばんこしんわう)正系(せいけい)
062疎外(そぐわい)しながら傲然(がうぜん)
063八王大神(やつわうだいじん)御裔(みすゑ)なる
064ウラルの(ひこ)やウラル(ひめ)
065その正系(せいけい)(いつは)りて
066(まが)(をしへ)遠近(をちこち)
067(ひら)いて(この)()(みだ)()
068(その)やり(かた)物凄(ものすご)
069あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
070御霊(みたま)(さち)はひましまして
071三五教(あななひけう)やウラル(けう)
072バラモン(けう)障壁(しやうへき)
073一時(いちじ)(はや)撤回(てつくわい)
074天地(てんち)(つく)(かた)めたる
075国治立大神(くにたるたちのおほかみ)
076(ひと)つの(をしへ)(まつろ)ひて
077(かみ)御為(おんた)()()めに
078世界(せかい)(そろ)うて一日(いちじつ)
079(はや)(まこと)(つく)すべく
080(まも)らせ(たま)三五(あななひ)
081(たふと)(かみ)御前(おんまへ)
082ケーリス、タークス両人(りやうにん)
083(つつし)(うやま)()ぎまつる
084朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
085(つき)()つとも()くるとも
086仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
087(まこと)(ひと)つの三五(あななひ)
088(をしへ)(まも)(こと)ならば
089如何(いか)なる(こと)()らざらむ
090如何(いか)なる(まが)(おそ)れむや
091(かみ)吾等(われら)(とも)にあり
092(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
093これの(たふと)御諭(みさとし)
094三五教(あななひけう)御教(おんをしへ)
095バラモン(けう)(くら)ぶれば
096天地霄壌(てんちせうじやう)(ちが)ひあり
097月日(つきひ)(そら)(あきら)かに
098(かがや)(わた)吾々(われわれ)
099(かうべ)()らし(たま)ひつつ
100(こころ)にかかる村雲(むらくも)
101(かみ)息吹(いぶき)(はら)()
102(きよ)()らさせ(たま)ひけり
103(この)()(つく)りし神直日(かむなほひ)
104(こころ)(ひろ)大直日(おほなほひ)
105(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
106直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
107()(あやま)ちは()(なほ)
108かく(あきら)けき御教(みをしへ)
109(まも)(たま)へる神司(かむづかさ)
110照国別(てるくにわけ)吾々(われわれ)
111(もも)(つみ)をば(ゆる)しまし
112生命(いのち)(たす)(いたは)りて
113まだホヤホヤの信徒(しんと)をば
114(すこ)しも(うたが)(たま)はずに
115かくも(たふと)御使(みつかひ)
116()さし(たま)ひし有難(ありがた)
117(こころ)(うみ)(ごと)くなり
118(みたま)(そら)(ごと)くなり
119あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
120(かみ)(まも)りの(ふか)くして
121(いま)まで(まよ)ひしバラモンの
122(むね)(まつた)()(きた)
123至仁(しじん)至愛(しあい)大神(おほかみ)
124(をしへ)(つか)ふる(うれ)しさよ
125あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
126御霊(みたま)(さち)はひましませよ』
127(うた)ひながら清春山(きよはるやま)峻坂(しゆんぱん)(のぼ)りつつあつた。128最早(もはや)(やま)三合目(さんがふめ)(まで)(のぼ)りついた。129これより(さか)益々(ますます)(けは)しく(みち)()しく容易(ようい)(のぼ)(こと)出来(でき)ない難路(なんろ)である。130タークスは一歩(ひとあし)々々(ひとあし)指先(ゆびさき)(ちから)()れながら、131(いき)(はづ)ませ(のぼ)りつつ拍子(ひやうし)をとつて(うた)()した。
132『ウントコドツコイ、ハアハアハア
133フウフウフウフウ息苦(いきぐる)
134断崕(だんがい)絶壁(ぜつぺき)きつい(みち)
135こんな(ところ)()けたなら
136(からだ)(たちま)千仭(せんじん)
137谷間(たにま)にドツコイ転落(てんらく)
138(あたま)はめしやげ(うで)()
139手足(てあし)五体(ごたい)もグタグタに
140なつて猛獣(まうじう)のウントコシヨ
141うまい餌食(ゑじき)になるだらう
142ウントコドツコイ、ハアハアハア
143コリヤ コリヤ ケーリス()をつけよ
144これから(さき)難関(なんくわん)
145照国別(てるくにわけ)御命令(ごめいれい)
146首尾(しゆび)よく御用(ごよう)をウントコシヨ
147()まして目出度(めでた)(かへ)(ごと)
148(まを)()げねば(いのち)をば
149(たす)けて(もら)うたウントコシヨ
150御恩報(ごおんはう)じが出来(でき)まいぞ
151(また)もや(はげ)しい(かぜ)()
152そこらの樹木(じゆもく)をしつかりと
153(つか)まへながら指先(ゆびさき)
154(ちから)をこめて(のぼ)らうか
155こんな(はげ)しいドツコイシヨ
156凩風(こがらしかぜ)()かれては
157(おれ)(からだ)()りさうだ
158ポーロやシヤムの連中(れんちう)
159(さぞ)今頃(いまごろ)はドツコイシヨ
160目玉(めだま)(ひか)つたウントコシヨ
161大足別(おほだるわけ)(つかさ)()
162カルマタ(こく)出陣(しゆつぢん)
163主人(あるじ)留守(るす)間鍋焚(まなべた)
164(おく)一間(ひとま)胡坐(あぐら)かき
165ウントコドツコイ、ドツコイシヨ
166(あぢ)よい(さけ)()()して
167鱈腹(たらふく)()んで(くだ)()
168ウントコドツコイ、ヘベレケに
169なつて(かうべ)右左(みぎひだり)
170張子(はりこ)(とら)のウントコシヨ
171(やう)にプリプリふりながら
172駄法螺(だぼら)()いて()るだらう
173照国別(てるくにわけ)御手紙(おてがみ)
174如何(いか)なる(こと)がドツコイシヨ
175()いてあるかは()らねども
176ポーロの(やつ)はドツコイシヨ
177(さだ)めて(おどろ)(こと)だらう
178ウントコドツコイ(その)(かほ)
179(いま)()のあたり()るやうに
180(おも)ひなされて仕様(しやう)がない
181(あめ)(あられ)(また)(かぜ)
182地震(ぢしん)(かみなり)()(あめ)
183(いづ)れはドツコイ悶錯(もんさく)
184(おこ)つて()るに(ちが)ひない
185(その)(とき)ケーリス、ドツコイシヨ
186シツカリ(いた)して曲神(まがかみ)
187ちよろまかされてはならないぞ
188一旦(いつたん)(まこと)御教(みをしへ)
189(さと)つた(うへ)はウントコシヨ
190ハアハアハアハア後返(あとがへ)
191してはならない(かみ)(みち)
192(のぼ)(がた)きは坂道(さかみち)
193(まこと)(みち)(すす)むのは
194(この)坂道(さかみち)をのぼるやうな
195ウントコドツコイものだらう
196チツとの油断(ゆだん)があつたなら
197ガラガラガラガラ後戻(あともど)
198(するど)(とが)つたガラ(いし)
199(くるま)()つて谷底(たにそこ)
200()ちてはならぬドツコイシヨ
201(かみ)(おもて)(あら)はれて
202善悪邪正(ぜんあくじやせい)立分(たてわ)ける
203(その)功績(いさをし)はドツコイシヨ
204天地(てんち)(ひろ)()(わた)
205(いかづち)(ごと)ドツコイシヨ
206(ねむ)れる(ひと)()()まし
207(こころ)(まが)()ひやりて
208水晶玉(すゐしやうだま)(かみ)(みや)
209(すく)はせ(たま)有難(ありがた)
210あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
211ドツコイ ドツコイ御霊(おんみたま)
212(さち)はひ(たま)ひて吾々(われわれ)
213(かた)(こころ)(いや)(かた)
214()らせ(たま)へよ三五(あななひ)
215(かみ)(つかさ)太柱(ふとばしら)
216神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)
217御前(みまへ)(ねが)(たてまつ)
218朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
219(つき)()つとも()くるとも
220ウントコドツコイ(やま)()
221(うみ)はあせなむ()はありとも
222一旦(いつたん)(さと)つた三五(あななひ)
223(かみ)(をしへ)(わす)れなよ
224あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
225ケーリスしつかり肝玉(きもだま)
226()ゑてかかれよ(いま)(しば)
227(のぼ)つて()けば岩窟(がんくつ)
228ポーロやシヤムの(かほ)()
229もとの(ごと)くに撥返(はねかへ)
230バラモン(けう)堕落(だらく)して
231(かみ)(いか)りに()れざらめ
232(おれ)はお(まへ)親友(しんいう)
233(まへ)(おも)(こころ)から
234くどい(こと)とは()りながら
235一寸(ちよつと)此処(ここ)にて()をつける
236ウントコドツコイ、ドツコイシヨ
237アイタタタツタ、アイタツタ
238あんまり(しやべ)つて足許(あしもと)
239(まなこ)(くば)るを(わす)れたか
240(とが)つた(いし)のウントコシヨ
241(さか)(くるま)()せられて
242したたか()つた膝頭(ひざがしら)
243(あか)血潮(ちしほ)がドツコイシヨ
244タラタラタラと(なが)()
245(この)()(いろ)(なが)むれば
246余程(よつぽど)(おれ)(たましひ)
247(きよ)められたに(ちが)ひない
248鮮血淋漓(せんけつりんり)(ほとばし)
249(あづま)(そら)(あかね)さす
250()大神(おほかみ)(ごと)くなり
251(まこと)(みち)(まつろ)ひて
252(あさ)(ゆふ)なに肉体(にくたい)
253活動(くわつどう)させて()るならば
254筋肉(きんにく)次第(しだい)活動(くわつどう)
255血液(けつえき)流通(りうつう)よくなつて
256ウントコドツコイ、ドツコイシヨ
257鬱血(うつけつ)するよな(うれ)ひない
258(からだ)をヂツと(あそ)ばせて
259体主霊従(たいしゆれいじう)(こと)ばかり
260(かんが)(くら)枉神(まがかみ)
261血潮(ちしほ)(いろ)真黒気(まつくろけ)
262ヤツトコドツコイ小人(せうじん)
263閑居(かんきよ)しながらウントコシヨ
264不善(ふぜん)()すと()くからは
265(ひと)(うま)れし(この)(うへ)
266月日(つきひ)(ごと)朝夕(あさゆふ)
267タイムを(をし)んで活動(くわつどう)
268ウントコドツコイ光陰(くわういん)
269(むな)しく(つひ)やすウントコシヨ
270不道理(ふだうり)至極(しごく)(こと)をせず
271(あさ)から(ばん)まで(みち)のため
272(まこと)のために(はたら)けば
273こんな(うつく)しい()(めぐ)
274あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
275三五教(あななひけう)神様(かみさま)
276(うづ)御前(みまへ)真心(まごころ)
277(ささ)げて感謝(かんしや)(たてまつ)る』
278 (やうや)くにしてポーロ、279シヤム()(まも)つて()岩窟(いはや)(まへ)両人(りやうにん)辿(たど)りついた。280岩窟(いはや)(くち)二人(ふたり)はソツと(たたず)み、281(なか)様子(やうす)(ひそか)(うかが)へば、282(おく)には(なん)となく騒々(さうざう)しい阿鼻叫喚(あびけうくわん)(こゑ)(きこ)えて()る。283ケーリス、284ターリス両人(りやうにん)(うで)()(かうべ)(かたむ)けながら、
285『はてな』
286大正一一・一一・二 旧九・一四 北村隆光録)