霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第九章 雁使(かりのつかひ)〔一〇九三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第40巻 舎身活躍 卯の巻 篇:第2篇 寒梅照国 よみ:かんばいしょうこく
章:第9章 第40巻 よみ:かりのつかい 通し章番号:1093
口述日:1922(大正11)年11月02日(旧09月14日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年5月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
清春山の岩窟に留守をあずかるバラモン教徒たちは、照国別たちが出立した後も酒宴にふけっていた。ポーロは酔った勢いで管を巻き、菖蒲の両親を取り返されてやけになり、部下たちに絡んでいる。
エルマとキリクの両人は、酔いに夢を誠と取り違え、長刀を抜いて暴れだし、中は大騒ぎになってしまった。そこへケーリスとタークスがやってきて一喝した。三五教に帰依して言霊の力が備わったケーリスの声に、一同は身体強直して倒れてしまった。
タークスは声も涼しく宣伝歌を歌い、自分たちはポーロたちを赦すために照国別から遣わされてきたのだと来意を告げた。
歌い終わるとポーロたちの体は動き、一同は二人の前に手をついてあやまり入った。バラモン教徒たちは、ケーリスとタークスの神徳に打たれて唯々諾々としている。ポーロは照国別からの信書を受け取り、恐る恐る開いた。
そこには、ポーロたちのすべての所業を赦すこと、また三五教に入信する意があるならばケーリスとタークスに付いてイソ館に赴き、共に日の出神らに教えを受けるように、という諭しの言葉が記されていた。
ポーロは感激して照国別の神文を一同に読み聞かせ、皆ケーリスとタークスにしたがってイソ館に参進することになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4009
愛善世界社版:105頁 八幡書店版:第7輯 456頁 修補版: 校定版:110頁 普及版:49頁 初版: ページ備考:
001フサと(つき)との国境(くにざかひ)
002アフガニスタンの北方(ほつぱう)
003(くも)(あつ)してそそり()
004清春山(きよはるやま)はバラモンの
005(をしへ)()つて第一(だいいち)
006要害(えうがい)堅固(けんご)関所(せきしよ)ぞと
007()遠近(をちこち)(とどろ)きぬ
008大黒主(おほくろぬし)(めい)()
009清春山(きよはるやま)神柱(かむばしら)
010大足別(おほだるわけ)軍卒(ぐんそつ)
011数多(あまた)(ひき)ゐてカルマタの
012(くに)(みやこ)(わだか)まる
013ウラルの(ひこ)(たま)(すゑ)
014常暗彦(とこやみひこ)集団(しふだん)
015(ただ)一戦(いつせん)相屠(あひほふ)
016バラモン(けう)安泰(あんたい)
017(まも)らむ(ため)()でゆきし
018(あと)()ぬけの(から)となり
019難攻不落(なんこうふらく)絶所(ぜつしよ)をば
020(ちから)となしてポーロをば
021臨時(りんじ)岩窟(いはや)(つかさ)とし
022()でゆきし(あと)岩窟(がんくつ)
023制度(せいど)秩序(ちつじよ)(みだ)れはて
024()()()いで十数(じふすう)
025番卒(ばんそつ)(ども)(はらわた)
026(くさ)らす牛飲馬食会(ぎういんばしよくくわい)
027(さか)んに(おこな)()たりしが
028三五教(あななひけう)神司(かむつかさ)
029照国別(てるくにわけ)一行(いつかう)
030言霊線(ことたません)放射(はうしや)され
031右往左往(うわうさわう)()(まど)
032(その)惨状(さんじやう)()のがして
033(さき)(いそ)ぎし宣伝使(せんでんし)
034両親(りやうしん)(いもと)(まも)りつつ
035(かへ)りし(あと)(また)(もと)
036牛飲馬食(ぎういんばしよく)(くわい)となり
037()めよ(さわ)げよ(うた)へよ()へよ
038一寸先(いつすんさき)(やみ)()ぢや
039(やみ)(あと)には(つき)()
040(つき)(つき)ぢやが(うん)(つき)
041キヨロつき、マゴつき、ウソつきの
042バラモン(けう)神柱(かむばしら)
043(いくさ)()たうが()けようが
044国家(こくか)興亡(こうばう)吾々(われわれ)
045(あへ)(くわん)するとこでない
046(あさ)から(ばん)まで(さけ)()
047(うま)(もの)()楽々(らくらく)
048(くら)して(その)()(おく)るのが
049文明人種(ぶんめいじんしゆ)行方(やりかた)
050ウラル(けう)もどきに悪化(あくくわ)して
051ポーロ、レールを(はじ)めとし
052ハール、エルマやシヤム、キルク
053(その)(ほか)(のこ)りの信徒(まめひと)
054()まな(そこな)ぢやと(あらそ)うて
055ヘベレケ(ごし)になりながら
056岩窟(いはや)(なか)()ひまわり
057大蛇(をろち)正体(しやうたい)(あら)はして
058(さわ)(くる)ふぞ可笑(をか)しけれ。
059 ポーロはもつれ(じた)無理(むり)(うご)かせながら、
060『オイ、061レール、062とうとう(ぢぢ)イと(ばば)アを取返(とりかへ)され、063折角(せつかく)陥穽(おとしあな)(おと)した三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)一行(いつかう)(また)064ヤツコスの裏返(うらがへ)りに()つて、065サツパリ掠奪(りやくだつ)され、066最早(もはや)俺達(おれたち)使命(しめい)はこれで()きたと()ふものだ。067こんな(さび)しい岩窟(いはや)頑張(ぐわんば)つて()つたのも、068あの夫婦(ふうふ)押込(おしこ)め、069彼奴(あいつ)(くち)から菖蒲(あやめ)口説(くど)(おと)させ、070大足別(おほだるわけ)さまの女房(にようばう)にする(ため)(つと)めてゐたのだが、071モウ()うなつちやア仕方(しかた)がない。072本館(ほんやかた)立帰(たちかへ)らうぢやないか。073大足別(おほだるわけ)さまは不在(ふざい)でも、074小足別(こだるわけ)神司(かむつかさ)がまだ沢山(たくさん)部下(ぶか)()れて(まも)つてゐるから、075そこまで(ひと)退却(たいきやく)しようかい。076グヅグヅしてゐるとあの宣伝使(せんでんし)()むし(かへ)しにやつて()よつたら、077それこそ今度(こんど)はポーロもボロクソにやられて(しま)はねばならぬかも()れない。078さうだから(いま)(うち)にポーロい(しる)()うて、079(あと)未練(みれん)のないやうにしておかうと(おも)つて、080特別(とくべつ)破格(はかく)(もつ)て、081貴様(きさま)たちに勉強(べんきやう)さして牛飲馬食(ぎういんばしよく)(つと)めさしてゐるのだ。082(この)(ごろ)貴様(きさま)一向(いつかう)不勉強(ふべんきやう)ぢやないか。083(はじ)めの(うち)(わづ)かに十六人(じふろくにん)(もつ)四斗(しと)五斗(ごと)()んでくれたが、084(なん)だ、085(この)(ごろ)十七八人(じふしちはちにん)()つて(わづ)かに一斗(いつと)五六升(ごろくしよう)(さけ)にヘベレケになりよつて、086そんな(こと)(この)岩窟(がんくつ)(さけ)何時(いつ)なくなるか(わか)つたものぢやないぞ。087レール、088ちつと(みな)(やつ)鞭撻(べんたつ)して、089(すこ)活動(くわつどう)させたら如何(どう)だい』
090レール『(おれ)だつて何時(いつ)もレールから脱線(だつせん)する(ところ)まで奨励(しやうれい)してるのだから、091モウこの(うへ)勉強(べんきやう)せいと()つても仕方(しかた)がないワ。092ウラル(けう)(やつ)でもゐよると、093五六人(ごろくにん)新手(あらて)(くは)へて、094()ましてやつたなら、095それはそれは随分(ずゐぶん)はかがゆくのだけれどなア。096(さけ)()むなら薬鑵(やくわん)()めよ、097薬鑵(やくわん)がいやなら壺口(つぼぐち)()めよ。098壺口(つぼぐち)がいやなら飛込(とびこ)んで()めよ、099猩々(しやうじやう)(やつ)めが(きも)つぶし、100(あき)(かへ)つて()げるよに()めよ、101()めよ()めよドツサリ()めよ、102()めば()(ほど)()徳利(とくり)だ。103デカタンシヨウ デカタンシヨウ……とやつたら、104随分(ずゐぶん)面白(おもしろ)からうがな。105アーン』
106ポーロ『オイ、107シヤム、108貴様(きさま)(この)(ごろ)一向(いつかう)(さけ)勉強(べんきやう)をせぬぢやないか。109(なん)だか口汚(くちぎた)ないシヤムシヤムと(めし)ばかり(くら)ひやがつて、110そんなことで牛飲党(ぎういんたう)幹部(かんぶ)になれるか。111グヅグヅしてゐると(さけ)のなくならぬ(うち)三五教(あななひけう)がやつてくるかも()れぬぞ。112さうなつたら俺達(おれたち)三五教(あななひけう)ぢやないが、113無抵抗主義(むていかうしゆぎ)だから、114(うま)(さけ)(のこ)つてると、115(あと)執着心(しふちやくしん)(のこ)つて(いさぎよ)()げられぬからなア。116(てき)(さけ)()ますも(あま)()()かぬぢやないか』
117シヤム『ナアニ、118三五教(あななひけう)だつてヤツパリ人間(にんげん)だ。119彼奴(あいつ)()んでもヤツパリ(うま)(さけ)(うま)いのだ。120ウラル(けう)(やつ)手伝(てつだ)はすより、121余程(よほど)ハカが()くかも()れぬぞ。122(なん)()んでも三五教(あななひけう)だから、123(はら)にたまる気遣(きづかひ)もなし、124俺達(おれたち)のやうに、125(ぢき)づぶ(ろく)メンタルになる(おそれ)はなからうぞ。126なあ、127ハール、128三五教(あななひけう)がやつて()たら………これはこれはようこそ御入来(ごじゆらい)(くだ)さいました。129何分(なにぶん)(あく)御大将(おんたいしやう)不在(ふざい)(ござ)いますから、130結構(けつこう)毒酒(どくしゆ)をあげる(わけ)にもゆかず、131とつときのよい(さけ)()みませぬが、132一献(いつこん)どうでげせう……とかますのだ。133さうすると、134(さけ)()(わら)はぬ(やつ)アないから、135何程(なにほど)三五教(あななひけう)だつて、136すぐに相好(さうがう)をくずし、137(のど)をグルグル()はして……ヤアこれはこれは(おも)ひがけなき御馳走(ごちそう)頂戴(ちやうだい)(いた)しました……といつて、138()(ほそ)うしてグツと一杯(いつぱい)やつたらモウ大丈夫(だいぢやうぶ)だ。139一杯(いつぱい)のんでも(うま)い、140二杯(にはい)のんでも(また)(うま)い、141三杯(さんばい)のんでもまだ(うま)い、142四杯(しはい)五杯(ごはい)143百杯(ひやつぱい)千杯(せんぱい)と、144しまひの(はて)にや土手(どて)()らし、145三五教(あななひけう)(なに)(わす)れて(しま)ひ、146キツと牛飲馬食会(ぎういんばしよくくわい)会員(くわいいん)になるにきまつとる。147さうなると、148(あま)俺達(おれたち)(さけ)()まぬやうにするのだ。149向方(むかふ)十分(じふぶん)()うた潮合(しほあひ)(はか)つて、150()(やつ)()(やつ)をあの陥穽(おとしあな)埋葬(まいさう)さへすれば、151三五教(あななひけう)百匹(ひやつぴき)二百匹(にひやつぴき)()たつて、152さまで(おどろ)くには(およ)ばぬよ。153(なん)妙案(めうあん)奇策(きさく)ぢやないか』
154 かく(はな)(とき)しも、155エルマ、156キルクの両人(りやうにん)今迄(いままで)()(たふ)れてゐたが、157(なん)(かん)じたかムクムクと起上(おきあが)り、
158『コーリヤ、159どいつも此奴(こいつ)も、160計略(けいりやく)(もつ)ておれ()両人(りやうにん)(ころ)そうとしたなア。161(おれ)死物狂(しにものぐる)ひだ』
162(ゆめ)(まこと)(おも)(ひが)め、163矢庭(やには)(おく)()()()り、164両人(りやうにん)長刀(ちやうたう)をスラリと引抜(ひきぬ)いて、165ポーロ、166レール、167シヤム、168ハール(その)()十二三人(じふにさんにん)(むれ)(むか)つて、169無性(むしやう)矢鱈(やたら)切込(きりこ)んだ。170(ほほ)(にく)をけづられた(やつ)171(はな)(さき)()られた(やつ)172(みみ)(おと)された(やつ)173(うで)()られ、174(ゆび)()ばされ、
175『コラコラ(なに)をする』
176といひながら徳利(とくり)(はち)(さかづき)(ぜん)(もつ)(ふせ)(たたか)ふ。177徳利(とつくり)(はち)()れる(おと)パチパチ ガチヤ ガチヤ、178ウン、179キヤア、180アイタと咆吼(はうかう)怒号(どがう)(こゑ)一時(いちじ)(おこ)(きた)り、181岩窟(いはや)(そと)(まで)(きこ)えて()た。182ケーリス、183タークスの両人(りやうにん)何事(なにごと)変事(へんじ)突発(とつぱつ)せしやと、184足許(あしもと)注意(ちうい)しながら(おく)(ふか)(すす)()れば、185岩窟(いはや)(なか)阿鼻叫喚(あびけうくわん)186修羅(しゆら)(ちまた)激変(げきへん)してゐる。187ケーリスは矢庭(やには)(らい)(ごと)(こゑ)()()げ、
188『コラツ』
189一喝(いつかつ)した。190どこともなく(その)言霊(ことたま)三五教(あななひけう)威力(ゐりよく)(そな)はつてゐたと()え、191エルマ、192キルクは(その)(こゑ)(とも)(かたな)をバタリと(おと)して尻餅(しりもち)をつき、193仰向(あふむ)けに(たふ)れる。194ポーロ以下(いか)連中(れんちう)()()つた得物(えもの)(ことごと)(その)(こゑ)(とも)にパタリと(おと)し、195(おな)じく仰向(あふむ)けに、196(のこ)らず(たふ)れて(しま)つた。197(いづ)れもケーリスの言霊(ことたま)威力(ゐりよく)()たれて身体(しんたい)強直(きやうちよく)し、198(くび)から(うへ)のみをクルクルと廻転(くわいてん)させ、199蒼白(まつさを)(かほ)して(うめ)いてゐる。
200 タークスは(こゑ)(すず)しく宣伝歌(せんでんか)(うた)()した。
201大黒主(おほくろぬし)(めい)()
202イソの(やかた)立向(たちむか)
203鬼春別(おにはるわけ)将軍(しやうぐん)
204先鋒隊(せんぽうたい)(つか)へたる
205片彦(かたひこ)さまに(したが)うて
206ライオン(がは)打渡(うちわた)
207(こま)(またが)堂々(だうだう)
208クルスの(もり)(きた)(をり)
209三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
210照国別(てるくにわけ)一行(いつかう)
211(おも)はぬ(ところ)出会(でつくは)
212(たがひ)(いど)(たたか)ひつ
213味方(みかた)(もろ)くも敗北(はいぼく)
214吾等(われら)二人(ふたり)言霊(ことたま)
215()たれて(うま)より転落(てんらく)
216(いのち)(あやふ)くなりけるが
217仁慈(じんじ)無限(むげん)三五(あななひ)
218(かみ)(つか)へし神司(かむつかさ)
219照国別(てるくにわけ)(てる)(うめ)
220二人(ふたり)(とも)諸共(もろとも)
221吾等(われら)(たす)(いた)はりて
222(たふと)(をしへ)()(たま)
223三五教(あななひけう)信徒(まめひと)
224(ゆる)され(たま)ひし()(うへ)
225あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
226(かみ)御霊(みたま)(さち)はひて
227吾等(われら)二人(ふたり)(いさ)()
228栗毛(くりげ)(こま)(またが)りて
229清春山(きよはるやま)(ふもと)まで
230(かぜ)(かみ)をば(くしけづ)
231(すす)(きた)りし(もの)なるぞ
232ここに(こま)をば乗捨(のりす)てて
233(なんぢ)ポーロに()はむ(ため)
234照国別(てるくにわけ)信書(しんしよ)をば
235(もたら)(きた)()一行(いつかう)
236岩窟(いはや)(そと)にて(うかが)へば
237阿鼻叫喚(あびけうくわん)惨状(さんじやう)
238()にとる(ごと)(きこ)えたり
239只事(ただごと)ならじと吾々(われわれ)
240(すす)(きた)りて(なが)むれば
241落花狼藉(らくくわらうぜき)ここかしこ
242血潮(ちしほ)(あめ)()りしきり
243丼鉢(どんぶりばち)()(くる)
244徳利(とくり)(ちう)飛上(とびあ)がり
245さながら戦場(せんぢやう)(ごと)くなり
246ポーロ、レールよシヤム、ハール
247エルマやキルク(その)(ほか)
248(かみ)(つかさ)よ、よつく()
249(ひと)(かみ)()(かみ)(みや)
250(ひと)つの(かみ)(つく)らしし
251同胞(はらから)なれば村肝(むらきも)
252(こころ)(あは)(むつま)じく
253天地(てんち)(かみ)御使(みつかひ)
254なりて(つか)ふる()なるぞや
255汝等(なんぢら)一同(いちどう)神柱(かむばしら)
256大足別(おほだるわけ)()でましし
257不在(るす)(さいは)甘酒(うまざけ)
258()ひくづれつつ(この)(さま)
259(かみ)(つかさ)()けられし
260(ひと)のなすべき(こと)ならず
261一日(ひとひ)(はや)(こころ)をば
262(あらた)(なほ)惟神(かむながら)
263(かみ)(ちか)ひてタークスが
264(なんぢ)(いまし)(さと)すなり
265あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
266御霊(みたま)(さち)はひましませよ
267(ひと)(ふた)()()(いつ)()
268(なな)()(ここの)(たり)(もも)()
269(よろづ)(かみ)御恵(みめぐみ)
270ポーロを(はじ)一同(いちどう)
271(こころ)(その)(はな)(ひら)
272(ただ)しき(をしへ)御柱(みはしら)
273(すく)はせ(たま)惟神(かむながら)
274(かみ)御前(みまへ)にねぎまつる』
275(うた)(をは)るや、276ポーロを(はじ)めレール(その)()一同(いちどう)はムクムクと(やうや)くにして起上(おきあが)り、277二人(ふたり)(まへ)(おそ)(おそ)()をつかへ、278あやまり()るのであつた。
279 ポーロ、280レールは(おな)じバラモン(けう)にて(かほ)見知(みし)つたるケーリス、281タークスの両人(りやうにん)(にはか)不可思議(ふかしぎ)神力(しんりき)()にそなへ、282()三五教式(あななひけうしき)宣伝歌(せんでんか)(うた)ひたるに(きも)(つぶ)し、283(その)霊徳(れいとく)()たれて一言(ひとこと)(はつ)せず(また)反抗的(はんかうてき)態度(たいど)もとらず、284唯々諾々(ゐゐだくだく)として両人(りやうにん)のなすが(まま)服従(ふくじゆう)せむと、285()せずして(たがひ)(こころ)一致(いつち)してゐた。
286ケーリス『コレ、287ポーロさま、288大将(たいしやう)不在中(ふざいちゆう)だと(おも)つて、289随分(ずゐぶん)活躍(くわつやく)したものですな、290(すこ)しタガがゆるんでゐるやうですよ。291かかる忠臣(ちうしん)留守(るす)(まも)らせておけば、292大足別(おほだるわけ)(さま)御安心(ごあんしん)でせう、293アハヽヽヽ』
294タークス『きまつた(こと)よ。295(おに)()()(こころ)洗濯(せんたく)(あそ)ばしたのだ。296(たれ)だつて(いま)人間(にんげん)面従腹背(めんじうふくはい)とかいつて、297本人(ほんにん)(まへ)ではペコペコと(あたま)()げ………お(まへ)さまのことなら(いのち)でも差上(さしあ)げますと、298(ふた)()には巧妙(かうめう)辞令(じれい)使(つか)つてゐるが、299(その)(まへ)(はな)れると、300すぐに()つて(かは)つて悪口(あくこう)()つたり反対的(はんたいてき)行動(かうどう)()るものだ。301それが所謂(いはゆる)現代(げんだい)思潮(してう)だ。302いはば時勢(じせい)忠実(ちうじつ)行方(やりかた)()はば()へぬことはない。303何事(なにごと)神直日(かむなほひ)304大直日(おほなほひ)見直(みなほ)聞直(ききなほ)し、305善意(ぜんい)(この)()解釈(かいしやく)しておく(はう)(おだや)かであらうよ。306(おれ)だつて、307昨日(きのふ)までならキツトさうだ。308ポーロさまに(けつ)して()けるものぢやない。309吾々(われわれ)だつて片彦(かたひこ)将軍(しやうぐん)(なん)といつた………仮令(たとへ)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)幾万騎(いくまんき)押寄(おしよ)(きた)るとも、310(いのち)(かぎ)奮闘(ふんとう)(つづ)け、311不幸(ふかう)にして(いのち)がなくなれば、312七度(ななたび)(うま)(かは)つて、313バラモン(けう)(ため)三五教(あななひけう)(つかさ)殲滅(せんめつ)(いた)さねばおきませぬ………と(ちか)つた()もなく(すぐ)(この)(とほ)三五教(あななひけう)帰順(きじゆん)して(しま)つたのだから、314人間(にんげん)のやる(こと)如何(どう)しても矛盾(むじゆん)(まぬ)がれない。315オイポーロさま、316(じつ)俺達(おれたち)最早(もはや)三五教(あななひけう)信徒(しんと)だ。317これからイソの(やかた)修行(しうぎやう)(まゐ)(ところ)だ。318(その)途中(とちう)(おい)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)………つまり俺達(おれたち)親分(おやぶん)319照国別命(てるくにわけのみこと)から信書(しんしよ)をことづかつて()たから、320(なに)()いてあるか()らぬが、321よく(あらた)めて()んでくれ』
322 ポーロは照国別(てるくにわけ)()いて、323(むね)をビクつかせながら信書(しんしよ)受取(うけと)り、324(ふう)おし()つてソロソロと()(くだ)した。325信書(しんしよ)()()(しき)りに(ふる)へてゐる。326(その)文面(ぶんめん)()(とほ)りである。
327『一、328三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)照国別(てるくにわけ)より清春山(きよはるやま)岩窟(がんくつ)留守職(るすしよく)ポーロに一書(いつしよ)(おく)る。329(わが)両親(りやうしん)は、330(なが)らく(なんぢ)手厚(てあつ)きお世話(せわ)になり、331安楽(あんらく)月日(つきひ)(おく)り、332あらゆる()艱難(かんなん)()めた(ため)333(やうや)くにして(たふと)(かみ)恩恵(おんけい)(さと)り、334(また)(わが)(いもうと)(おな)じく神徳(しんとく)広大無辺(くわうだいむへん)なるを(さと)り、335(ただ)しき三五(あななひ)信徒(しんと)となりしも、336(えう)するに汝等(なんぢら)迫害的(はくがいてき)同情(どうじやう)賜物(たまもの)たることを(ふか)(しん)(ふか)感謝(かんしや)する。337(また)岩彦(いはひこ)宣伝使(せんでんし)はヤツコスと()(へん)じ、338(なんぢ)岩窟(いはや)(やかた)(しの)()み、339種々雑多(しゆじゆざつた)のバラモン(けう)教理(けうり)(さぐ)()たるは、340向後(かうご)()ける(かれ)活動上(くわつどうじやう)341(もつと)便宜(べんぎ)()たるものと確信(かくしん)し、342これ(また)(つつし)んで感謝(かんしや)する次第(しだい)である。
343 (つぎ)吾々(われわれ)(はじ)一行(いつかう)(もの)344暗黒(あんこく)なる陥穽(おとしあな)(はふ)りこまれ、345(いな)陥落(かんらく)したるより、346不注意(ふちうい)(もつと)(おそ)るべきを(さと)りたるは、347今後(こんご)吾々(われわれ)活動上(くわつどうじやう)()ける()(いまし)めにして、348(まつた)汝等(なんぢら)恩恵(おんけい)()るものと、349これ(また)(つつし)んで感謝(かんしや)する。350(ひと)(すべ)(たふと)造物主(ざうぶつしゆ)分霊(ぶんれい)分体(ぶんたい)なれば、351狭隘(けふあい)なる(をしへ)()(まう)けて、352(たがひ)信仰(しんかう)(あらそ)ひ、353主義(しゆぎ)(たたか)はすは、354大慈(だいじ)大悲(だいひ)(もと)御祖(みおや)(かみ)(たい)し、355不孝(ふかう)(つみ)356これより(だい)なるはなかるべし。
357 ケーリス、358タークスの両人(りやうにん)(ただ)ちに三五(あななひ)教理(けうり)(さと)り、359(すみや)かに入信(にふしん)したれば、360(いま)よりウブスナ(やま)のイソ(やかた)(つか)はし、361天晴(あつぱ)(まこと)神柱(かむばしら)となさむ(ため)差遣(さしつか)はす途中(とちう)362(この)手紙(てがみ)(なんぢ)(つつし)んで(てい)する。363万一(まんいち)汝等(なんぢら)にして照国別(てるくにわけ)(げん)肯定(こうてい)するならば、364(この)二人(ふたり)(とも)にイソの(やかた)(まゐ)り、365()出別(でわけ)(かみ)(はじ)(その)()神司(かむづかさ)より(をしへ)()けられよ。366恐惶頓首(きようくわうとんしゆ)
367(しる)してあつた。368ポーロは(なみだ)(なが)して感歎(かんたん)し、369(ふたた)(この)神文(しんもん)()()げ、370一同(いちどう)()かせた。371レール、372シヤム(その)()一同(いちどう)異口同音(いくどうおん)照国別(てるくにわけ)宣伝使(せんでんし)称讃(しようさん)し、373(かつ)三五教(あななひけう)教理(けうり)十方無礙(じつぱうむげ)374光明赫灼(くわうみやうかくしやく)たるに打驚(うちおどろ)き、375(こころ)(あらた)め、376二人(ふたり)(したが)つてイソ(やかた)参進(さんしん)することとなつた。377あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
378大正一一・一一・二 旧九・一四 松村真澄録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)