霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一九章 月会(つきあひ)〔一一〇三〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第40巻 舎身活躍 卯の巻 篇:第4篇 関風沼月 よみ:かんぷうしょうげつ
章:第19章 第40巻 よみ:つきあい 通し章番号:1103
口述日:1922(大正11)年11月04日(旧09月16日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年5月25日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
沼の南では、黄金姫と清照姫が逃げていく八人のバラモン教との後姿を眺めながら、述懐の歌を歌っていた。
バラモン教徒たちが逃げて行ったあとから、馬に乗って沼を渡ってきたのは照国別の一行であった。黄金姫母娘は照国別に声をかけた。互いに挨拶を交わすと、ここまで来るに至った経緯をお互いに物語った。
レーブは母娘との再会を果たすと、谷底で気絶していたところを照国別一行に助けられた経緯を語った。
黄金姫は、レーブをお供に連れて行きたいと照国別に申し出た。照国別は、日の出別から黄金姫母娘には旅の途上で二人の良い供ができると聞いていたことから、カルとレーブを母娘に預けることにした。
照国別一行は、日の出別の命によりデカタン高原に出て霊鷲山に立ち寄り、近辺のバラモン教徒たちを言向け和すという。ハルナの都を目指す黄金姫母娘とは、ここで別れることになった。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4019
愛善世界社版:252頁 八幡書店版:第7輯 510頁 修補版: 校定版:260頁 普及版:116頁 初版: ページ備考:
001 (あふひ)(ぬま)南岸(なんがん)黄金姫(わうごんひめ)002清照姫(きよてるひめ)(ぬま)(おも)(なが)めながら、003八人(はちにん)悪者共(わるものども)()()後姿(うしろすがた)(かく)るるまで打眺(うちなが)めて()た。
004黄金(わうごん)(ぬま)(おも)にきらめき(わた)月影(つきかげ)
005()(くだ)きつつ()ぐる醜神(しこがみ)
006清照(きよてる)『いと(きよ)くすみ(わた)りたる月影(つきかげ)
007(みづ)におちては(まが)にふまれつ』
008(みづ)(きよ)(あふひ)(ぬま)月影(つきかげ)
009(ふたた)びもとの姿(すがた)とやならむ』
010(くだ)けたる(つき)姿(すがた)(いま)(しば)
011(なみ)をさまれば(また)()(わた)る』
012(そら)(きよ)水底(みなそこ)(きよ)(この)(ぬま)
013(しこ)のしこ(びと)()(みだ)しけり』
014『バラモンの(つき)(みやこ)大黒主(おほくろぬし)
015()(ほろ)()くしるしなるらむ』
016(もち)()(つき)(ひかり)(つき)(くに)
017バラモン(けう)のつきと(こと)なり』
018(この)(つき)(かがや)()れば清照(きよてる)
019(ひめ)(みこと)(むかし)(しの)ばゆ。
020バラモンの(しこ)(つかさ)()(くだ)
021(この)月影(つきかげ)(うん)のつきかな。
022(うん)のつきとは()ふものの三五(あななひ)
023(をしへ)(みち)のつき(かげ)でなし。
024バラモンの(つき)(みやこ)螢火(ほたるび)
025(ひかり)()げし大黒主(おほくろぬし)のつき。
026大御空(おほみそら)(くも)(かく)れて大黒(おほくろ)
027(つき)姿(すがた)()えずなりぬる。
028(つき)()天津御空(あまつみそら)(かが)やけど
029大黒主(おほくろぬし)(くも)にかくれつ』
030(また)しても(ぬま)(つき)をば(くだ)きつつ
031此方(こなた)(きた)人影(ひとかげ)()ゆ』
032(また)しても(しこ)枉日(まがひ)()るならむ
033天津御空(あまつみそら)(くも)(ふか)ければ』
034(もち)()月影(つきかげ)かくす黒雲(くろくも)
035(ぬま)(わた)()枉人(まがひと)忌々(ゆゆ)しき
036刻々(こくこく)(ちか)づき(きた)人影(ひとかげ)
037(さき)八人(やたり)醜人(しこびと)ならむ
038(むか)(ぎし)(わた)りし(ところ)照国(てるくに)
039(わけ)(みこと)()ませしならむ』
040玉山(たまやま)(たうげ)(あら)はれ()(きた)
041(しこ)(かた)われ()つの醜人(しこびと)
042 ()悠々(いういう)三十一文字(みそひともじ)(うた)つてる(ところ)へ、043(また)もや以前(いぜん)のキル、044エル(ほか)六人(ろくにん)何者(なにもの)にか()はれたやうにバサバサと()(きた)(その)様子(やうす)可笑(をか)しさ。045今迄(いままで)(そら)(ふさ)がつて()黒雲(くろくも)はさらりと()れて、046(また)もや皎々(かうかう)たる月光(つきかげ)(ぬま)(おも)()らし(はじ)めた。047キル、048エル一行(いつかう)依然(いぜん)として母娘(おやこ)二人(ふたり)此処(ここ)(たたず)めるを()打驚(うちおどろ)(きし)にも得上(えあ)がらず、049(みち)(ひだり)()り、050(ひがし)方面(はうめん)さして一目散(いちもくさん)水中(すゐちう)をバサバサバサと()けて()く。051(つづ)いて(いきほひ)よく(みづ)をきつて(うま)(またが)(きた)物影(ものかげ)がある。052(つき)(ひかり)()らし()れば、053どうやら照国別(てるくにわけ)一行(いつかう)らしい。054四人(よにん)(うま)055二人(ふたり)徒歩(とほ)056次第々々(しだいしだい)(きし)(むか)つて(ちか)づき(きた)る。057黄金姫(わうごんひめ)(こゑ)をかけ(うた)ひかけた。
058(あめ)(つち)(あふひ)(ぬま)(わた)()
059照国別(てるくにわけ)姿(すがた)雄々(をを)しき』
060清照(きよてる)(もち)()月影(つきかげ)こそは(あきら)けく
061照国別(てるくにわけ)(つかさ)()ましぬ』
062 照国別(てるくにわけ)(この)(こゑ)(おどろ)き、063黄金姫(わうごんひめ)母娘(おやこ)此処(ここ)()ませしかと、064馬上(ばじやう)より(こゑ)()()げて(うた)(かへ)した。
065黄金(わうごん)(ひかり)にまがふ月影(つきかげ)
066清照姫(きよてるひめ)はここに()ますか。
067(もち)()(つき)照国別(てるくにわけ)(かみ)
068(かみ)のまにまに(わた)()にけり』
069 ()(うた)(うち)(うま)(はや)くも岸辺(きしべ)()いた。070照国別(てるくにわけ)一行(いつかう)はヒラリと(うま)()()黄金姫(わうごんひめ)(むか)会釈(ゑしやく)しながら、
071照国(てるくに)貴女(あなた)黄金姫(わうごんひめ)(さま)072清照姫(きよてるひめ)(さま)073不思議(ふしぎ)(ところ)でお()にかかりました。074随分(ずゐぶん)途中(とちう)種々(いろいろ)困難事(こんなんじ)(おこ)つたでせうな』
075黄金(わうごん)照国別(てるくにわけ)さま、076大変(たいへん)にお(はや)(ござ)いました。077貴方(あなた)馬上(ばじやう)扮装(いでたち)078吾々(われわれ)母娘(おやこ)(をんな)足弱(あしよわ)山坂(やまさか)跋渉(ばつせふ)したものですから、079一足(ひとあし)(さき)()ながら到頭(とうとう)()つつかれました。080(あと)(からす)(さき)になるとは(この)(こと)御座(ござ)いますわ。081ホヽヽヽヽ』
082照国(てるくに)『どうも魔神(まがみ)(たけ)荒野原(あらのはら)083御先頭(ごせんとう)にお()(あそ)ばした貴女(あなた)大変(たいへん)御苦労(ごくらう)(ござ)いましたな。084(じつ)貴女方(あなたがた)のお(かげ)であまりの障害(しやうがい)もなく、085ここ(まで)やつて()ました。086清照姫(きよてるひめ)(さま)もお元気(げんき)結構(けつこう)(ござ)います』
087清照(きよてる)『ハイ有難(ありがた)う。088随分(ずゐぶん)脾肉(ひにく)(たん)()へないやうな(こと)屡々(しばしば)(ござ)いましたが神様(かみさま)のお(さと)しにより、089無抵抗主義(むていかうしゆぎ)をとり、090ここ(まで)()ました。091(じつ)()しい(こと)幾度(いくたび)(ござ)いましたよ』
092照国(てるくに)『なるほど、093(わたし)もバラモン(けう)であつたならば随分(ずゐぶん)(あば)れて()たのですが、094本当(ほんたう)残念(ざんねん)(こと)でした。095(しか)しこれが(かへ)つて神様(かみさま)御経綸(ごけいりん)096五十(ごじふ)(ひやく)小童子(こわつぱ)武者(むしや)武力(ぶりよく)(しめ)した(ところ)はづみませぬからな』
097清照(きよてる)照国別(てるくにわけ)さま、098今晩(こんばん)はここで母娘(おやこ)二人(ふたり)満月(まんげつ)()びながら一宿(いつしゆく)(こころ)みて()りますと、099バラモン(けう)連中(れんちう)(この)(ぬま)(わた)つて(あわただ)しく()(きた)一寸(ちよつと)手向(てむか)ひを(いた)しましたので、100生命(いのち)さへ()らねば神様(かみさま)御神慮(ごしんりよ)にも(そむ)くまいと(おも)ひ、101(ねむ)(ざま)しに八人(はちにん)(この)(ぬま)へとつて()げた(ところ)102(おも)うたよりは(よわ)(やつ)で、103バサバサバサと真北(まきた)()して(ぬま)(なか)をもと()(みち)引返(ひつかへ)しました。104(その)(とき)狼狽(うろたへ)加減(かげん)随分(ずゐぶん)見物(みもの)でしたよ。105(しばら)くすると(また)もや(その)連中(れんちう)(くじら)におはれた(いわし)(やう)(さき)(あらそ)うて()()(きた)り、106二人(ふたり)姿(すがた)()るより(すぐ)(ぬま)(なか)(ひがし)へとり、107只今(たつたいま)()()つた(ところ)(ござ)います。108まるつきり彼奴等(あいつら)水鳥(みづどり)(やう)(やつ)ですよ。109オホヽヽヽヽ』
110照国(てるくに)『あれ(くらゐ)(こま)つた(やつ)はありませぬわ。111玉山峠(たまやまたうげ)(とほ)(をり)112一匹(いつぴき)(おほかみ)(あら)はれ春公(はるこう)(そで)(くは)へて(はな)さないので、113(おほかみ)によく()()かし(その)(あと)へついて()つて()れば、114谷底(たにそこ)(この)レーブ、115カルを(はじ)八人(はちにん)のバラモン(けう)小童子(こわつぱ)武者(むしや)(ども)人事不省(じんじふせい)になつて(たふ)れて()るので、116色々(いろいろ)介抱(かいほう)をし(いのち)(たす)け、117(この)(ぬま)北岸(ほくがん)(まで)やつて()るとズツポリと()()れましたので、118一同(いちどう)そこで(みの)()(しん)()きました。119さうすると夜中(よなか)時分(じぶん)八人(はちにん)(やつ)120吾々(われわれ)寝息(ねいき)(かんが)(しば)()げようと(いた)すので素知(そし)らぬ(かほ)して(その)(つな)をとり、121レーブに一々(いちいち)酸漿(ほほづき)をつないだやうに彼等(かれら)()らぬ()(くび)(つな)をソツとかけさせおき、122一寸(ちよつと)しやくつて()(ところ)123(たちま)ちウンウンと苦悶(くもん)(はじ)めドタンバタンに(あば)れまはるので、124(あま)可愛相(かあいさう)だと(おも)(つな)(ほど)いてやると、125蛙突這(かへるつくばひ)になつて(あやま)りながら(この)(ぬま)八人連(はちにんづ)()()み、126(みなみ)をさして一目散(いちもくさん)()げて()つたと(おも)へば、127(また)しても(あわただ)しく(もと)(ところ)(かへ)つて()る。128彼等(かれら)(ふたた)自分(じぶん)姿(すがた)()(また)(みなみ)をさして()()しよつたのです。129彼奴等(あいつら)水鳥(みづどり)進化(しんくわ)した(やつ)()えますわい。130アハヽヽヽヽ』
131黄金(わうごん)『ホヽヽヽヽ』
132清照(きよてる)『レーブ、133(まへ)矢張(やつぱり)谷底(たにそこ)気絶(きぜつ)して()たのかい。134(わたし)(また)何処(どこ)()げて()つたのかと(おも)つてゐたのだ。135まあ神様(かみさま)のお(かげ)(たす)けられて結構(けつこう)だつたのう』
136レーブ『はい有難(ありがた)(ござ)います。137到頭(たうとう)気絶(きぜつ)(いた)しまして三途(せうづ)(かは)(わた)り、138天国(てんごく)道中(だうちう)(いた)して()りますと、139(むか)ふの青々(あをあを)とした(やま)(うへ)からレーブ レーブと()(かた)がある。140(わたし)此処(ここ)()る、141貴方(あなた)にとつて(はふ)られたバラモンの部下(ぶか)カルと(とも)に、142(その)(こゑ)のする(はう)一目散(いちもくさん)(はし)らうとした途端(とたん)143()がついて()れば玉山峠(たまやまたうげ)(した)肩骨(かたぼね)をぬき(たふ)れゐましたのを照国別(てるくにわけ)(さま)一行(いつかう)(たす)けられたので(ござ)ります。144カルも(その)(とき)(おな)じく(たす)けられ、145(いま)()げて()つた八人(はちにん)(やつ)(いのち)(たす)けて(もら)ひながら、146(その)大恩(だいおん)(わす)れて(みぎ)(ごと)()しからぬ振舞(ふるまひ)(およ)んだので(ござ)ります。147(じつ)人間(にんげん)(こころ)ほど(わる)いものは(ござ)りませぬ』
148黄金(わうごん)照国別(てるくにわけ)(さま)149よくまあ、150レーブを(たす)けてやつて(くだ)さいました。151(この)(をとこ)鬼熊別(おにくまわけ)(さま)(つか)へてゐる忠実(ちうじつ)(をとこ)(ござ)いますから、152神様(かみさま)思召(おぼしめし)(たが)ふか()りませぬが、153下僕(しもべ)として旅行(りよかう)()れて(ある)かうかと(おも)ひますが、154どんなものでせう』
155照国(てるくに)『それは(まこと)好都合(かうつがふ)です。156貴女(あなた)(をんな)二人(ふたり)きりでは大変(たいへん)不便(ふべん)でせう。157その(こと)(つい)(わたし)一寸(ちよつと)()出別様(でわけさま)(たれ)かお(とも)をお(めい)じになつたらどうですかとお(たづ)ねした(ところ)158()出別(でわけ)(さま)(くび)左右(さいう)にふつて仰有(おつしや)るには、159(けつ)して心配(しんぱい)()らぬ、160御両人(ごりやうにん)途中(とちう)(おい)屹度(きつと)二人(ふたり)のよい(とも)出来(でき)ると仰有(おつしや)いました。161只今(ただいま)になつて(かんが)へて()れば、162()出別神(でわけのかみ)(さま)天眼通(てんがんつう)には(じつ)驚嘆(きやうたん)(いた)します』
163黄金(わうごん)貴方(あなた)(これ)からどちらのお(みち)をおとりになりますか』
164照国(てるくに)(わたし)(この)(ぬま)(へり)(つた)つてデカタン高原(かうげん)()て、165イドムの(くに)からヤスの(みやこ)(わた)霊鷲山(りやうしうざん)立寄(たちよ)り、166バラモンの処々(しよしよ)神司(かむづかさ)言向和(ことむけやは)せとの()出別(でわけ)(さま)御命令(ごめいれい)なれば、167直様(すぐさま)にハルナの(みやこ)(まゐ)(わけ)には()きませぬ』
168黄金(わうごん)『あゝさうでしたか。169(わたし)はこれから(みぎ)へとり、170フサの(くに)横断(わうだん)し、171タルの(みなと)()海上(かいじやう)をハルナの(みやこ)(すす)(つも)りで(ござ)います。172何卒(なにとぞ)()をつけておいで(くだ)さいませ』
173照国(てるくに)左様(さやう)ならばここでお(わか)(いた)しませう。174何卒(どうぞ)レーブ、175カルの両人(りやうにん)御厄介(ごやくかい)ながらお(ねが)(いた)します』
176黄金(わうごん)『いざさらば照国別(てるくにわけ)神司(かむづかさ)
177名残(なごり)()しくもここにて(わか)れむ』
178清照(きよてる)照国(てるくに)(わけ)(つかさ)(はじ)めとし
179(てる)(はる)(うめ)(つかさ)(わか)れむ』
180照国(てるくに)黄金(わうごん)(ひめ)(みこと)清照(きよてる)
181(ひめ)(つかさ)(やす)()きませ。
182惟神(かむながら)(かみ)(めぐみ)(ふか)ければ
183フサの海原(うなばら)(やす)(わた)らむ』
184照公(てるこう)(つき)(いろ)黄金色(わうごんしよく)(かがや)きて
185清照姫(きよてるひめ)野辺(のべ)()きませ』
186梅公(うめこう)大野原(おほのはら)(つき)(ひかり)()びながら
187母娘(おやこ)二人(ふたり)(やす)()きませ』
188春公(はるこう)左様(さやう)なら黄金姫(わうごんひめ)清照(きよてる)
189(ひめ)(つかさ)よレーブ、カルさま。
190一日(いちにち)(はや)くハルナの(みやこ)まで
191無事(ぶじ)()きませ(かみ)のまにまに』
192 此処(ここ)照国別(てるくにわけ)一行(いつかう)四人(よにん)黄金姫(わうごんひめ)一行(いつかう)四人(よにん)東西(とうざい)(たもと)(わか)ち、193(おのおの)(めい)ぜられたる(みち)(つた)うて征途(せいと)(のぼ)()く。
194大正一一・一一・四 旧九・一六 北村隆光録)