霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

序文(じよぶん)

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第41巻 舎身活躍 辰の巻 篇:前付 よみ:
章:序文 よみ:じょぶん 通し章番号:
口述日:1922(大正11)年11月10日(旧09月22日) 口述場所: 筆録者:松村真澄 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年6月15日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
我が国に伝わる古典は、すべて地球全体の国土(豊葦原瑞穂国)の有史以前の伝説や考量をもって編纂されたものである。また有史以後の事実をつづり合わせて作られたものもある。
古典の中にはさまざまな矛盾があるが、熟慮すればおのずから脈絡を見出すことができる。これに対してさまざまな解釈がなされてきたが、建国の根本義と民族の特性は、確固不動のものがある。
神示の霊界物語にあるように、地球上の各国家の建設は古来、優秀なる人種の首長たちが、各その首都において子孫や従属者の中から俊逸な者たちを選抜して遠征冒険隊を組織し、もって国土万物を開発・経営したのである。
その中からさまざまな民族が現れた。真の太古の神人族とその他の関係は、とうてい数種類の伝記では判然としない。この物語でさえも、その大要を表示することさえ困難である。そのためには千七百八十二冊を著さねばならず、とうてい不可能な事業である。
そのため、なるべく省略して大要のみを著し、少数の冊子にて明瞭に述べようと覚悟している次第である。ただ一巻の物語の中にも宇宙の真理や神の大意志、修身斉家の活きた教訓、過去の歴史や警句もあるため、一冊でも心読されることを希望する。
霊界物語は、東西両洋における古典や神話に漏れた点を補うべく神様の命のまにまに口述編纂したものである。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:前付 1頁 八幡書店版:第7輯 525頁 修補版: 校定版:前付 1頁 普及版:前付 1頁 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第一巻 皇道編 > 第七篇 高天原 > 第八章 天孫民族の同化力
001 (そもそ)(わが)(くに)(つた)はる古典(こてん)は、002(すべ)豊葦原瑞穂国(とよあしはらのみづほのくに)地球(ちきう)全体(ぜんたい)国土(こくど)()ふ)の有史(いうし)以前(いぜん)伝説(でんせつ)考量(かうりやう)(もつ)編纂(へんさん)されたものもあり、003有史(いうし)以後(いご)事実(じじつ)古文書(こぶんしよ)古伝説(こでんせつ)なぞを(つづ)(あは)せて(つく)られたものもあつて、004(わが)(くに)(つた)はる古事記(こじき)005日本書紀(にほんしよき)006旧事紀(くじき)007古語拾遺(こごしふゐ)008風土記(ふどき)009姓氏録(せいしろく)010神社縁起(じんじやえんぎ)(とう)(ごと)きは、011その確不確(かくふかく)判定(はんてい)するに(くる)しむ(てん)沢山(たくさん)にあります。012(かれ)(これ)矛盾(むじゆん)することもあれば、013(また)(はなは)だしきは(おな)書籍(しよせき)(うち)撞着(どうちやく)して()箇所(かしよ)(けつ)して(すくな)くはないのであります。014(こと)歴史(れきし)としての連絡(れんらく)()いて()り、015(いち)として(その)正確(せいかく)保証(ほしよう)する光明線(くわうみやうせん)見出(みいだ)すことが出来(でき)ないのであります。016(ゆゑ)古往今来(こわうこんらい)017賢哲(けんてつ)(せつ)幾多(いくた)相違(さうゐ)があり、018矛盾(むじゆん)があり、019撞着(どうちやく)があつて終始一貫(しうしいつくわん)(もつ)()るべきものは見出(みいだ)すことが出来(でき)ないのであります。020(しか)此等(これら)矛盾(むじゆん)撞着(どうちやく)(なか)にも(また)おのづから一条(いちでう)脈絡(みやくらく)があつて、021(ただ)(これ)()(ひと)位置(ゐち)研究(けんきう)方法(はうはふ)()しくは信念(しんねん)厚薄(こうはく)(とう)()つて(おほい)(その)(おもむき)(こと)にして()ります。
022 本居(もとをり)宣長(のりなが)023平田(ひらた)篤胤(あつたね)(ごと)きは()立場(たちば)から信仰的(しんかうてき)神秘的(しんぴてき)解釈(かいしやく)(くだ)し、024歴史的(れきしてき)哲学的(てつがくてき)解釈(かいしやく)(ほとん)副物(そへもの)として()る。025(また)仏教家(ぶつけうか)儒者(じゆしや)(ごと)きは(おのおの)その立場(たちば)(おう)じて、026(あるひ)哲学的(てつがくてき)に、027(あるひ)歴史的(れきしてき)に、028(あるひ)世評的(せひやうてき)見解(けんかい)(くは)へて()る。029()新井白石(あらゐはくせき)(はじ)近時(きんじ)歴史家(れきしか)(ごと)きは、030(わが)古典(こてん)純然(じゆんぜん)たる歴史(れきし)として解釈(かいしやく)(こころ)みむとして()るのであります。031(わが)(くに)(つた)はる古典(こてん)解釈(かいしやく)せむとし、032歴史的(れきしてき)033神話的(しんわてき)034哲学的(てつがくてき)035宗教的(しうけうてき)(とう)見解(けんかい)(およ)是等(これら)二者(にしや)(また)三者(さんしや)合操(がふさう)して解釈(かいしやく)せむとする数種(すうしゆ)があつて、036(しか)して(また)(その)一種(いつしゆ)(うち)にも幾多(いくた)解釈法(かいしやくはふ)異説(いせつ)があり(すこぶ)混雑(こんざつ)して()(やう)でありますが、037熟慮(じゆくりよ)すれば(いづ)れの解釈(かいしやく)にても条理(でうり)整然(せいぜん)として(そん)し、038(もつ)建国(けんこく)根底(こんてい)民族(みんぞく)特質(とくしつ)とに(およ)ぼす(てん)(ほぼ)同一(どういつ)()すものとも()()べく、039換言(くわんげん)すれば建国(けんこく)根本義(こんぽんぎ)民族(みんぞく)特性(とくせい)とは神代書(じんだいしよ)解釈(かいしやく)如何(いかん)(くわん)せず、040確固不動(かくこふどう)041(らう)として()くべからざるものありと断言(だんげん)()べきも、042(あま)古典(こてん)解釈(かいしやく)をして小部分的(せうぶぶんてき)なる極東(きよくとう)一孤島(いちこたう)にのみ局限(きよくげん)して()るのは、043貴重(きちよう)なる(わが)(くに)伝来(でんらい)古典(こてん)をして(はづ)かしむるものと()ふべきであります。044地球上(ちきうじやう)各国家(かくこくか)建設(けんせつ)は、045古来(こらい)()ける(ある)優秀(いうしう)なる人種(じんしゆ)首長(しゆちやう)たるものが、046高天原(たかあまはら)(すなは)天教山(てんけうざん)地教山(ちけうざん)047アーメニヤ、048埃及(エヂプト)049メソポタミヤ、050エルサレム、051オノコロ(じま)(もし)くは()首都(しゆと)(など)(おい)て、052その子孫(しそん)(ならび)従属者(じゆうぞくしや)(なか)より(とく)俊逸(しゆんいつ)なるものを選抜(せんばつ)して完全(くわんぜん)なる遠征的(ゑんせいてき)冒険隊(ばうけんたい)組織(そしき)し、053(もつ)てその国土(こくど)万物(ばんぶつ)開発(かいはつ)経営(けいえい)したものなることは、054神示(しんじ)の『霊界物語(れいかいものがたり)』に()つて()るも明白(めいはく)なる事実(じじつ)であります。055古典(こてん)所謂(いはゆる)国津神(くにつかみ)なる民族(みんぞく)にも、056北種(ほくしゆ)もあり南種(なんしゆ)もあつて(その)(すう)六七種(ろくしちしゆ)(およ)んで()ります。
057 結局(けつきよく)高天原人種(たかあまはらじんしゆ)(すなは)天津神族(あまつかみぞく)(まつた)吸収(きふしう)せられ血化(けつくわ)せられて高加索民族(コーカサスみんぞく)なるものが(あら)はれたり、058(また)大和民族(やまとみんぞく)なる君民同祖(くんみんどうそ)一血族(いちけつぞく)一家的(いつかてき)団体(だんたい)()つたのもあります。059(しか)(なが)ら、060(しん)太古(たいこ)神人族(しんじんぞく)その()関係(くわんけい)知悉(ちしつ)するには、061到底(たうてい)三種(さんしゆ)五種(ごしゆ)古伝記(こでんき)にては九牛(きうぎう)一毛(いちまう)だも判然(はんぜん)するものではない。062この物語(ものがたり)(また)()(とほ)りであつて、063何程(なにほど)現代(げんだい)著書(ちよしよ)より()れば浩瀚(かうかん)なものだと()つても、064その大要(たいえう)さへ表示(へうじ)することは困難(こんなん)であります。065天地(てんち)混沌(こんとん)陰陽(いんやう)未分際(みぶんざい)より現代(げんだい)(いた)るまでの宇宙(うちう)(げん)(いう)(しん)三界(さんかい)出来事(できごと)(かみ)御経綸(ごけいりん)大体(だいたい)(おい)(あきら)かにするには、066本書(ほんしよ)三十六巻(さんじふろくくわん)四百頁(しひやくページ)一巻(いつくわん))をその一輯(いつしふ)として四十八輯(しじふはちしふ)口述(こうじゆつ)せなくては、067詳細(しやうさい)説示(せつじ)することは出来(でき)ないのであります。068四十八輯(しじふはちしふ)全部(ぜんぶ)完成(くわんせい)する(とき)冊数(さつすう)一千七百二十八(いつせんしちひやくにじふはち)となり、069瑞月(ずゐげつ)今後(こんご)()(をは)るまで口述(こうじゆつ)(つづ)けても到底(たうてい)不可能的(ふかのうてき)事業(じげふ)であります。070(ゆゑ)にその大要(たいえう)のみを(つま)み、071細微(さいび)(てん)(りやく)して()るべく小数(せうすう)冊子(さつし)(おい)可能的(かのうてき)明瞭(めいれう)()ぶる覚悟(かくご)であります。072読者(どくしや)何卒(なにとぞ)()(なが)子孫(しそん)(つた)へて研究(けんきう)あらむことを希望(きばう)(いた)します。073()()ぶる(とき)は、074この物語(ものがたり)全部(ぜんぶ)読了(どくれう)せなくては安心立命(あんしんりつめい)(ゐき)到達(たうたつ)せないならば、075(はじ)めより()まない(はう)()()いて()ると(おも)はるる(かた)もありませうが、076(けつ)してそんなものではありませぬ。077(ただ)一巻(いつくわん)物語(ものがたり)(なか)にも宇宙(うちう)真理(しんり)(かみ)大意志(だいいし)修身斉家(しうしんせいか)()きた教訓(けうくん)もあり、078過去(くわこ)()ける歴史(れきし)もあり、079種々雑多(しゆじゆざつた)警句(けいく)もあり、080金言玉辞(きんげんぎよくじ)もありますから、081一冊(いつさつ)でも心読(しんどく)せられむことを希望(きばう)いたします。082(えう)するにこの『霊界物語(れいかいものがたり)』は東西(とうざい)両洋(りやうやう)()ける古典(こてん)神話(しんわ)()れたる(てん)のみを(おぎな)ふべく神様(かみさま)(めい)のまにまに口述(こうじゆつ)編纂(へんさん)したものであります。
083  大正十一年十一月七日