霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一章 北光照暗(ほくくわうせうあん)〔一一二六〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第42巻 舎身活躍 巳の巻 篇:第1篇 波瀾重畳 よみ:はらんちょうじょう
章:第1章 第42巻 よみ:ほっこうしょうあん 通し章番号:1126
口述日:1922(大正11)年11月14日(旧09月26日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年7月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
北光神は白髯を撫でながら、セーラン王やヤスダラ姫、竜雲たちを集めて神界のご経綸や神示について、綿密な解釈を与えていた。
北光神は、神諭は微細なところに至るまで密意が存在しているため、普通の知識や学問の力ではとうてい真に理解されることはない、と説いた。
主なる神が大空の雲に乗って来る云々という神示も、『教えの聖場の終期に当たりて、信と愛とまた共に滅ぶる時、救世主は神諭の内意を啓発し、神界の密意を現し給う』ということであると説いた。
世知に長けた者たちは、誰が神界を探査してこれらのことを語ることができようか、できるはずがない、と主張する。我(北光神)は常に霊魂を清めて天人と交わり、正しい神諭の理解を天人と相語り合って得たのである。
神界から天人と言語を交換することを許され、その真相を天下万民に伝え説き諭すことに努めているのは、無明の世界を照破し、不信の災いを除き去るためである。
たとえ神諭に天地が覆る、泥海になる、人間が三分になると示されてあっても、めまいが来るとあっても、これを文字そのままに解すべきものでない。すべて内義的、神界的、心霊的に解すべきものである。
そうでなくてはかえって天下に害毒を流布し神慮を悩ませることになる、と厳に説いた。ヤスダラ姫、竜雲その他一同は北光神の教えを聴聞し、感謝の涙に暮れた。
北光神は平素の落ち着きにも似ず、セーラン王一同はイルナの城に乗り込んで邪神を言向け和すときが来たと出陣を急がせた。
セーラン王は北光神の命を拝承し、決意の歌を歌うと駒にまたがった。一行七人は北光神夫婦に別れを告げ、狼の群れに山路を送られて高照山を降り、イルナの都を指して進んで行く。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4201
愛善世界社版:11頁 八幡書店版:第7輯 647頁 修補版: 校定版:11頁 普及版:1頁 初版: ページ備考:
派生[?]この文献を底本として書かれたと思われる文献です。[×閉じる]出口王仁三郎全集 > 第二巻 宗教・教育編 > 【宗教編】第六篇 宗教雑感 > 第五章 北光照暗
001(かみ)御稜威(みいづ)高照山(たかてるやま)
002堅磐常磐(かきはときは)岩窟(がんくつ)
003天降(あも)()したる北光彦(きたてるひこ)
004(あめ)目一(まひと)神司(かむつかさ)
005さしもに(たけ)獣族(けもの)まで
006伊豆(いづ)慈眼(じがん)(すく)ひつつ
007(みづ)(をしへ)遠近(をちこち)
008(ひら)かせたまふ(たふと)さよ
009その妻神(つまがみ)()れませる
010こころも(すぐ)なる竹野姫(たけのひめ)
011(あさ)(ゆふ)なの(おき)ふし
012(もも)獣族(けもの)(いつ)くしみ
013美都(みづ)御霊(みたま)御教(みをしへ)
014体現(たいげん)しますぞ(かしこ)けれ
015(かみ)御綱(みつな)()かれつつ
016ここに耶須陀羅姫(やすだらひめ)(みこと)
017テルマン(ごく)毘舎(びしや)(いへ)
018シヤールの(をつと)暴状(ばうじやう)
019(たま)()ねたる(とき)もあれ
020忠誠(ちうせい)無比(むひ)下男(しもをとこ)
021リーダーの(まこと)(たす)けられ
022()()()いで入那国(いるなこく)
023(はちす)川辺(かはべ)(きた)(をり)
024右守(うもり)(つかさ)(はな)ちたる
025数十人(すうじふにん)手下(てした)()
026()(かこ)まれて主従(しうじゆう)
027進退(しんたい)(ここ)(きは)まりし
028その一刹那(いつせつな)後方(しりへ)より
029(こゑ)(すず)しく宣伝歌(せんでんか)
030(きこ)(きた)ると(おも)ふうち
031諸国(しよこく)巡修(じゆんしう)竜雲(りううん)
032此処(ここ)(あら)はれ主従(しうじゆう)
033危難(きなん)(すく)寄手(よせて)をば
034彼方(かなた)野辺(のべ)()退()りぬ
035耶須陀羅姫(やすだらひめ)とリーダーは
036危救(ききう)(おん)(しや)しながら
037竜雲司(りううんつかさ)(まも)られて
038照山峠(てるやまたうげ)(ふもと)まで
039(すす)みて(きた)(をり)もあれ
040三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)
041黄金姫(わうごんひめ)清照姫(きよてるひめ)
042その一行(いつかう)邂逅(かいこう)して
043北光神(きたてるがみ)伝言(でんごん)
044()きて(よろこ)(いさ)みつつ
045(たもと)(わか)右左(みぎひだり)
046(おほかみ)()ぐふ高照(たかてる)
047深山(みやま)()して三人(さんにん)
048(ひざ)栗毛(くりげ)(むち)()
049(やうや)(たに)(かず)()えて
050北光神(きたてるがみ)(しづ)まれる
051岩窟館(がんくつやかた)()きにけり
052(あめ)目一(まひと)神司(かむつかさ)
053竹野(たけの)(ひめ)(よろこ)びて
054この珍客(ちんきやく)優待(もてな)しつ
055(まこと)(ひと)つの三五(あななひ)
056(をしへ)(さと)(とき)(とき)
057黄金姫(わうごんひめ)清照姫(きよてるひめ)
058(うづ)(みこと)(はか)らひに
059入那(いるな)城主(じやうしゆ)(とき)めきし
060セーラン(わう)はカル、レーブ
061その()従者(じゆうしや)諸共(もろとも)
062(こま)鞭打(むちう)()(きた)
063(また)もや不思議(ふしぎ)対面(たいめん)
064日頃(ひごろ)(した)ひし相愛(さうあい)
065目出度(めでた)男女(だんぢよ)(かた)()
066()にも(わり)()()えにける
067北光神(きたてるがみ)慇懃(いんぎん)
068天地(てんち)(かみ)経綸(けいりん)
069(こころ)()めて()(つた)
070さしもに(さび)しき岩窟(がんくつ)
071(しを)()つたる夏草(なつくさ)
072白雨(はくう)蘇生(そせい)せし(ごと)
073天国(てんごく)浄土(じやうど)(はな)()きぬ
074アヽ惟神(かむながら)々々(かむながら)
075御霊(みたま)(さち)はへましまして
076四十二巻(しじふにくわん)物語(ものがたり)
077(くるま)(わだち)もすらすらと
078(すす)ませたまへ()(まも)
079(かしこ)(かみ)大前(おほまへ)
080(つつし)(うやま)()(まつ)る。
081 北光(きたてる)(かみ)なる(あめ)目一(まひと)つの(かみ)白髯(はくぜん)()でながら、082セーラン(わう)耶須陀羅姫(やすだらひめ)083竜雲(りううん)その()(あつ)めて、084神界(しんかい)御経綸(ごけいりん)神示(しんじ)(つい)綿密(めんみつ)なる解釈(かいしやく)(あた)へつつあつた。
085セーラン『昨日(さくじつ)より(うけたま)はりました世界(せかい)終焉(しうえん)(つい)て、086(いま)一応(いちおう)詳細(しやうさい)なる説明(せつめい)御願(おねが)申上(まをしあ)()きもので御座(ござ)ります。087(みづ)御霊(みたま)御神示(ごしんじ)(なか)に、088()(をは)りの(きた)(とき)(その)()患難(なやみ)(のち)089(ただ)ちに()(くら)(つき)(ひかり)(うしな)ひ、090(ほし)(そら)より()ち、091(てん)(いきほ)(ふる)ふべし。092(その)(とき)093(ひと)()(しるし)(てん)にあらはる。094(また)地上(ちじやう)にある諸族(もろもろのもの)()(かな)しみ、095()(ひと)()権威(けんゐ)(だい)なる栄光(えいくわう)とを(もつ)(てん)(くも)()(きた)るを()む。096(また)その使(つかひ)(たち)(つか)はし、097ラツパの(だい)なる(こゑ)(いだ)さしめて、098(てん)()(きは)みより()(きは)みまで、099四方(しはう)より(その)(えら)ばれし(もの)(あつ)むべし……とあるのは、100(その)言葉(ことば)(とほ)りに(かい)すれば如何(どん)なもので御座(ござ)りませうか、101文字通(もじどほ)りに(かい)すべきものとすれば、102最後(さいご)(かみ)審判(しんぱん)()はれてある世界(せかい)終焉(しうえん)(とき)に、103是等(これら)(おそ)るべき事件(じけん)出現(しゆつげん)すると()なくてはなりませぬなあ』
104『この予言(よげん)(もつ)教示(けうじ)文字通(もじどほ)りに(かい)するものは可成(かなり)沢山(たくさん)あるさうです。105是等(これら)(ひと)日月(じつげつ)(ひかり)(うしな)ひ、106(ほし)(そら)より()ち、107(しゆ)なる(かみ)(しるし)(てん)(あら)はれ、108(また)(くも)(なか)よりラツパを()つた天使(てんし)は、109(みづ)御霊(みたま)救世主(きうせいしゆ)(とも)に、110現実的(げんじつてき)(てん)より(くだ)(たま)ふものと思考(しかう)して()るのみならず、111()(かぎ)りの世界(せかい)(ことごと)(ほろ)びて、112(ここ)(はじ)めて(あたら)しき天地(てんち)出現(しゆつげん)見得(みえ)らるるものと早合点(はやがつてん)して()るのである。113三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)(なか)(おい)ても、114(かく)(ごと)(しん)じて()(ひと)があるやうです。115(かく)(ごと)(しん)じて()(ひと)は、116神諭(しんゆ)微細(びさい)なる(ところ)(いた)るまで密意(みつい)存在(そんざい)しある(こと)()らないのである。117神諭(しんゆ)(うち)には文字(もじ)(ごと)(かい)すべき自然的(しぜんてき)世間的(せけんてき)(こと)では()くして、118心霊的(しんれいてき)119神界的(しんかいてき)秘事(ひじ)包含(はうがん)されて()る。120一文(いちぶん)一句(いつく)のうちにも、121一々(いちいち)内義(ないぎ)(ふく)ましめむために、122(ことごと)相応(さうおう)()()りて示諭(じゆ)されてある。123(ゆゑ)神諭(しんゆ)は、124普通(ふつう)知識(ちしき)学問(がくもん)(ちから)では、125到底(たうてい)真解(しんかい)さるるものでは()い。126(これ)(すなは)神聖(しんせい)なる神諭(しんゆ)たる所以(ゆゑん)である。
127 (しゆ)なる(かみ)128大空(おほぞら)(くも)()りて(きた)るとの神示(しんじ)(また)(この)内義(ないぎ)()つて、129解釈(かいしやく)すべきものである。
130(すなは)(くら)くならむといふ()
131 (あい)方面(はうめん)より()たる救世主(きうせいしゆ)(いづ)御魂(みたま)(あら)はし、
132(つき)(しん)方面(はうめん)より()たる
133 救世主(きうせいしゆ)(みづ)御魂(みたま)(あら)はし、
134(ほし)
135 (ぜん)(しん)との知識(ちしき)(また)
136 (あい)(しん)との知識(ちしき)(あら)はし、
137天上(てんじやう)()ける(ひと)()(しるし)
138 神真(しんしん)顕示(けんじ)(あら)はし、
139地上(ちじやう)(おい)()(かなし)まむと()諸族(もろもろのもの)
140 (しん)(ぜん)141(また)
142 (しん)(あい)とより(きた)万事(ばんじ)(あら)はし、
143(てん)(くも)()りて権威(けんゐ)栄光(えいくわう)とを(もつ)(しゆ)(すなは)救世主(きうせいしゆ)(きた)らむといふのは、
144 神諭(しんゆ)(なか)救世主(きうせいしゆ)現存(げんぞん)することを(あら)はし、
145 かねて()黙示(もくじ)(あら)はし、
146(くも)
147 神諭(しんゆ)文字(もじ)(あら)はれたるを(あら)はし、
148栄光(えいくわう)
149 神諭(しんゆ)(うち)(ひそ)める意義(いぎ)(あら)はし、
150天人(てんにん)のラツパをもちて、151(だい)なる(こゑ)()すというてあるのは、
152 神真(しんしん)()りて(きた)るべき天上界(てんじやうかい)(あら)はしたものである。
153この(ゆゑ)救世主(きうせいしゆ)(のたま)へる如上(じよじやう)言葉(ことば)は、154(なん)意義(いぎ)なるかと()へば、
155 (をしへ)聖場(せいぢやう)終期(しうき)(あた)りて
156 (しん)(あい)とまた(とも)(ほろ)ぶる(とき)
157救世主(きうせいしゆ)神諭(しんゆ)内意(ないい)啓発(けいはつ)し、158神界(しんかい)密意(みつい)(あら)はし(たま)ふといふ(こと)である。159目下(もくか)婆羅門教徒(ばらもんけうと)もウラル教徒(けうと)(また)三五教徒(あななひけうと)も、160(ほとん)全部(ぜんぶ)()るものなしと()つても()(くらゐ)だ。161(じつ)宣伝使(せんでんし)(しよく)にあるものすら、162神諭(しんゆ)のわが解釈(かいしやく)(いな)まむとする(もの)(ばか)りだ。163そして彼等(かれら)(おほ)くは()ふ。164何者(なにもの)か、165()神界(しんかい)探査(たんさ)(きた)りて、166是等(これら)(こと)(かた)()るものぞ』と。167(かく)(ごと)(せつ)主張(しゆちやう)する(もの)168(とく)世智(せち)()けたる人々(ひとびと)(うち)多々(たた)あるを()る。169(その)害毒(がいどく)(あるひ)真率純真(しんそつじゆんしん)(ひと)(およ)ぼし、170(つひ)(その)信仰(しんかう)壊乱(くわいらん)(きた)すの(おそ)れあるを(なげ)き、171(われ)(つね)霊魂(れいこん)(きよ)めて天人(てんにん)(まじ)はり、172(これ)相語(あひかた)()うたのである。173天人(てんにん)言語(げんご)交換(かうくわん)する(こと)174人間界(にんげんかい)同様(どうやう)神界(しんかい)より(ゆる)されて、175(した)しく天界(てんかい)(おこ)諸多(しよた)事件(じけん)地獄(ぢごく)有様(ありさま)をも()ることを(ゆる)され、176神界(しんかい)真相(しんさう)天下万民(てんかばんみん)(つた)(しめ)し、177()(さと)すに(つと)めて()るのは、178無明(むみやう)世界(せかい)照破(せうは)し、179不信(ふしん)(わざはひ)(のぞ)()らむが(ため)である。180(たと)神諭(しんゆ)天地(てんち)(くつが)へると(しめ)してあつても、181泥海(どろうみ)になるとあつても、182人間(にんげん)三分(さんぶ)になると(しめ)されてあつても、183眩舞(めまひ)()るとあつても、184(けつ)して(これ)文字(もじ)(その)(まま)(かい)すべきものでない。185(すべ)内義的(ないぎてき)186神界的(しんかいてき)187心霊的(しんれいてき)(かい)すべきものである。188さうで()くては、189(かへつ)天下(てんか)(だい)なる害毒(がいどく)流布(るふ)し、190神慮(しんりよ)(なや)ませ(たてまつ)(こと)になるものである(こと)承知(しようち)せなくてならぬと(おも)ふ。191(しか)(なが)ら、192(これ)北光(きたてる)一家(いつか)私言(しげん)だ。193脱線(だつせん)して()るかも()れぬ、194アハヽヽヽ』
195御懇篤(ごこんとく)なる御教示(ごけうじ)(かうむ)りまして、196吾々(われわれ)(やうや)くにして迷夢(めいむ)()ましました。197あゝ惟神(かむながら)(たま)幸倍(ちはへ)坐世(ませ)
198感涙(かんるい)(むせ)ぶ。199ヤスダラ(ひめ)竜雲(りううん)も、200(その)()一同(いちどう)(いき)()がず、201北光神(きたてるのかみ)示教(じけう)聴聞(ちやうもん)し、202感謝(かんしや)(なみだ)()れつつあつた。
203『サア サア セーラン王様(わうさま)204ヤスダラ(ひめ)(さま)205レーブ、206カル殿(どの)207(これ)より入那(いるな)(しろ)()()み、208邪神(じやしん)言向和(ことむけやは)すべく(とき)(うつ)さず出陣(しゆつぢん)されよ。209(とき)(おく)れては大変(たいへん)だ。210黄金姫(わうごんひめ)211清照姫(きよてるひめ)(さま)()つて()られます』
212平素(へいそ)落着(おちつ)(はら)つた(かみ)()()()てる。213セーラン(わう)()言葉(ことば)立上(たちあが)り、
214重々(ぢゆうぢゆう)御親切(ごしんせつ)(あづ)かりました。215(しか)らば、216(これ)より三五教(あななひけう)言霊(ことたま)(もつ)て、217悪人(あくにん)善道(ぜんだう)(みちび)首途(かどで)(さい)し、218神様(かみさま)宣伝歌(せんでんか)奏上(そうじやう)(いた)しませう』
219銀扇(ぎんせん)(ひら)いて、220(こゑ)(すず)しく(うた)(はじ)めた。221その(うた)
222(かみ)(おもて)(あら)はれて
223善神(ぜんしん)邪神(じやしん)立別(たてわ)ける
224天地(てんち)(つく)りし神直日(かむなほひ)
225霊魂(みたま)(ひろ)大直日(おほなほひ)
226(ただ)何事(なにごと)(ひと)()
227(かみ)御旨(みむね)(まか)すのみ
228()しき(いや)しき(ひと)()
229いかでか正邪(せいじや)(さと)()
230大黒主(おほくろぬし)神司(かむつかさ)
231八岐大蛇(やまたをろち)表現(へうげん)
232(われ)(こころ)(おも)へども
233(たふと)(かみ)摂理(せつり)(もと)
234(よわ)身魂(みたま)(すく)はむと
235邪神(じやしん)顕現(けんげん)ましまして
236(ため)させ(たま)ふも(はか)られず
237他人(ひと)(あし)しと(おも)はずに
238(わが)()(つみ)(かへり)みて
239()()感謝(かんしや)生活(せいくわつ)
240(たの)しむならば天地(あめつち)
241(かみ)(かなら)(まも)るべし
242(わが)()罪悪(つみ)有様(ありさま)
243(うつ)(たま)ひしものならむ
244あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
245無抵抗主義(むていかうしゆぎ)御教(みをしへ)
246刃向(はむか)(てき)はあらざらめ
247あらゆる曲津(まがつ)醜神(しこがみ)
248大蛇(をろち)(すべ)()にあらず
249執着心(しふちやくしん)(くも)(ふか)
250(きた)なき身魂(みたま)憑依(ひようい)して
251(わが)()(つみ)(おのづか)
252(わが)()(くる)しめ()むるなり
253あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
254ヤスダラ(ひめ)諸共(もろとも)
255(こころ)(こま)立直(たてなほ)
256邪神(じやしん)(にく)みしカールチン
257テーナの(ひめ)()ふも(さら)
258サマリー(ひめ)(あは)れみて
259吾等(われら)(あた)へし無礼(ぶれい)をば
260直日(なほひ)見直(みなほ)()(なほ)
261(ひろ)(こころ)()(なほ)
262入那(いるな)(くに)民草(たみぐさ)
263(やす)(たの)しく神国(しんこく)
264(はな)()(はる)(よろこ)びに
265(すく)ひて天津神国(あまつかみくに)
266(うづ)消息(たより)福音(ふくいん)
267(みちび)(さと)麻柱(あななひ)
268(まこと)(ひと)つの御教(みをしへ)
269(なら)はせ上下(しやうか)(した)しみて
270常世(とこよ)(はる)(たの)しみつ
271地上(ちじやう)(くだ)りし天国(てんごく)
272(かみ)(はしら)(つか)ふべし
273北光神(きたてるがみ)竹野姫(たけのひめ)
274いざいざさらば いざさらば
275(これ)よりお(いとま)(まを)()
276入那(いるな)(みやこ)堂々(だうだう)
277(くつわ)(なら)べて立帰(たちかへ)
278国人(くにびと)(ども)(こころ)をば
279(やす)んじ(すく)大神(おほかみ)
280(まこと)(のり)(つた)ふべし
281あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
282御霊(みたま)(さち)はへましませよ』
283(うた)(をは)り、284用意(ようい)(こま)にヒラリと(また)がり、285一行(いつかう)七人(しちにん)北光神(きたてるのかみ)夫婦(ふうふ)(わか)れを()げ、286手綱(たづな)かいくり、287山路(やまみち)(おほかみ)(むれ)(おく)られ、288ハイハイハイと(こま)(いま)しめながら高照山(たかてるやま)(くだ)り、289入那(いるな)(みやこ)をさして(すす)()く。
290大正一一・一一・一四 旧九・二六 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)