霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四章 (くだ)(ざか)〔一一二九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第42巻 舎身活躍 巳の巻 篇:第1篇 波瀾重畳 よみ:はらんちょうじょう
章:第4章 第42巻 よみ:くだりざか 通し章番号:1129
口述日:1922(大正11)年11月14日(旧09月26日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年7月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
レーブは出まかせの歌を歌いながら一行の最後尾について坂を下っていく。テームスも滑稽な歌を歌いながら下っていく。
一行は峠の麓に下りつき、谷を流れる清水にのどの渇きをいやししばし休憩した。一同は再び馬上の人となり、くつわを並べて鈴の音も勇ましく、木枯らし吹きすさぶ大野原を都をさして駆けていく。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4204
愛善世界社版:51頁 八幡書店版:第7輯 660頁 修補版: 校定版:53頁 普及版:17頁 初版: ページ備考:
001レーブ『月日(つきひ)(そら)照山(てるやま)
002(たうげ)急坂(きふはん)(くだ)りゆく
003セーラン(わう)(したが)ひて
004ハイハイハイハイ ドウドウドウ
005どうしても(この)(さか)(くだ)らねば
006イルナの(みやこ)()かれない
007右守(うもり)(かみ)のカールチン
008(よく)悪魔(あくま)憑依(ひようい)され
009悪逆無道(あくぎやくぶだう)(たく)(ごと)
010ここ(まで)やつて()たけれど
011どうしてこんな(たく)(ごと)
012()()げさうな(こと)はない
013ハイハイハイハイこん畜生(ちくしやう)
014(しつか)りせぬかい()をつけよ
015(とが)つた(いし)(つまづ)いて
016千尋(ちひろ)谷間(たにま)()ちたなら
017(まへ)(たちま)()ぬだらう
018ハーハーハイハイ(なん)とまあ
019(けは)しい(けは)しい坂道(さかみち)
020ヤスダラ(ひめ)神司(かむづかさ)
021これから(しば)しの御辛抱(ごしんばう)
022やがて(みやこ)()えまする
023カールチン()がいろいろと
024()からぬ(こと)(たく)まうと
025天地(てんち)(かみ)のます(かぎ)
026(あく)(さか)ゆる(ためし)ない
027(たちま)()ゆる(はる)(ゆき)
028ハイハイハイハイ敗亡(はいぼう)
029(かがみ)にかけて()るやうだ
030ドツコイ畜生(ちくしやう)()をつけよ
031豆屁(まめべ)ばつかり()れよつて
032ほんとに(まこと)にハアハアハア
033大馬鹿者(おほばかもの)()畜生(ちくしやう)()
034何故(なにゆゑ)(おれ)(うま)だけは
035これ(ほど)ハイハイ頓馬(とんま)だらう
036ガラガラガラガラ アイタツタ
037ヒンヒンヒンヒンこん畜生(ちくしやう)
038おれが(ころ)げたがをかしいか
039(まへ)()(あし)レブさまは
040(うま)れついての二本足(にほんあし)
041(ふた)つの(あし)()(あし)
042どうして競争(きやうそう)がなるものか
043あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
044バラモン天王(てんわう)ドツコイシヨ
045こいつは()ふのぢやなかつたなア
046天地(てんち)(つく)りし(もと)(かみ)
047国治立大神(くにはるたちのおほかみ)
048(まも)(ひと)へに(ねが)ひます
049こんな難所(なんしよ)でペツタリと
050右守(うもり)(かみ)手下(てした)()
051出会(でつくわ)すならばどうしようぞ
052レーブは(ちつ)とも(かま)はねど
053(こころ)にかかるは王様(わうさま)
054ヤスダラ(ひめ)()(うへ)
055竜雲(りううん)さまよ(しつか)りせ
056(まへ)さまの(うま)(あや)しいぞ
057(わたし)(あと)から(なが)むれば
058屁放(へつぴ)(ごし)(うま)のざま
059目玉(めだま)をあけて()られない
060ハーハーハーハー ハイハイハイ
061(こん)畜生(ちくしやう)()()をつけよ
062(おれ)(あたま)をなぜ()ぶる
063すつての(こと)(かさ)(だい)
064がぶつとやられる(とこ)だつた
065(かしこ)いやうでも畜生(ちくしやう)
066此奴(こやつ)(おほ)きな(がら)をして
067ヒンヒン()かして()()れて
068(ちひ)さい(をとこ)(あつか)はれ
069(せな)()られて(むち)()たれ
070いと神妙(しんめう)にハアハアハア
071ついて()()馬鹿者(ばかもの)
072これこれもうし竜雲(りううん)さま
073(まへ)ばつかり(さき)()
074(おれ)をどうして()れるのだ
075(おれ)のコンパスあ達者(たつしや)だが
076肝腎要(かんじんかなめ)(うま)(やつ)
077どうしても(おも)よに(ある)かない
078屁古垂(へこた)(うま)()いて()
079(おれ)(こころ)になつて()
080ほんとに(まこと)にぢれつたい
081さはさりながらハイハイハイ
082蛞蝓(なめくぢ)さへも百千里(ひやくせんり)
083(あゆ)めばいつか目的地(もくてきち)
084(たつ)する(ためし)もありときく
085照山峠(てるやまたうげ)()にし()
086イルナで(いち)難所(なんしよ)ぞや
087此処(ここ)をば無事(ぶじ)(うま)()いて
088(くだ)(おう)せた(あかつき)
089(ふたた)(こま)()(なほ)
090勇気(ゆうき)(おこ)して堂々(だうだう)
091一瀉千里(いつしやせんり)(いきほ)ひで
092(すす)みイルナの聖城(せいじやう)
093(なん)()()(つき)(そら)
094ハーハーハーハー ハイハイハイ
095朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
096(つき)()つとも()くるとも
097照山峠(てるやまたうげ)はさかしとも
098いつしか()ゆる(この)旅路(たびぢ)
099前途(ぜんと)中々(なかなか)有望(いうばう)
100勝利(しようり)(みやこ)(ちか)づいて
101(くび)をのばして()つて()
102黄金(わうごん)世界(せかい)神司(かむつかさ)
103黄金姫(わうごんひめ)清照姫(きよてるひめ)
104(いづ)のお(かほ)(をが)むのも
105次第(しだい)(ちか)づき北光(きたてる)
106(かみ)(をしへ)遵奉(じゆんぽう)
107イルナの(しろ)(わだか)まる
108曲司(まがかみ)(たち)(ことごと)
109(まこと)(みち)言向(ことむ)けて
110三五教(あななひけう)神力(しんりき)
111宇内(うだい)(あまね)(かがや)かし
112(ほまれ)(たか)宣伝使(せんでんし)
113レーブと名乗(なの)つて(つき)(くに)
114ハイハイハイハイ フサの(くに)
115羅馬(ローマ)希臘(ギリシヤ)小亜細亜(せうアジア)
116筑紫(つくし)(しま)()てまでも
117(わが)足跡(あしあと)(いん)しつつ
118(つか)へまつらむ(わが)(おも)
119(かな)はせ(たま)天津神(あまつかみ)
120国津神(くにつかみ)(たち)八百万(やほよろづ)
121(うま)諸共(もろとも)真心(まごころ)
122(ささ)げて(いの)(たてまつ)
123あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
124御霊(みたま)(さち)はへましませよ』
125倒徳利(こけどつくり)のやうにドブドブと()まかせの(ねつ)()きながら、126一行(いつかう)最後(さいご)について、127足許(あしもと)覚束(おぼつか)なく(くだ)()く。128テームスは(うま)()きながら(うた)ひはじめた。
129『セーラン(わう)やヤスダラの
130(ひめ)(みこと)御尾前(みをさき)
131(まも)りて(くだ)照山(てるやま)
132(けは)しき(さか)はハイハイハイ
133(また)とあるまい難所(なんしよ)ぞや
134追々(おひおひ)(さか)はきつくなり
135足許(あしもと)あやしくなつて()
136(あめ)(ごと)くに打出(うちいだ)
137(かぜ)()()()(ごと)
138バラバラバツと()()らし
139ハイハイハイハイドウドウドウ
140畜生(ちくしやう)()をつけ危険(あぶない)
141(なん)だえ(あわ)()きやがつて
142ハーハーハツハイこれしきの
143(さか)がそれ(ほど)(くる)しいか
144とは()ふものの(おれ)だとて
145矢張(やつぱ)(くる)しうなつて()
146(くる)しい(とき)神頼(かみだの)
147三五教(あななひけう)神様(かみさま)
148何卒(なにとぞ)宜敷(よろしく)(ねが)ひます
149人馬(じんば)諸共(もろとも)(つつが)なく
150(この)坂道(さかみち)をハイハイハイ
151(くだ)らせ(たま)惟神(かむながら)
152(まこと)(みち)(すす)()
153(この)テームスも(かみ)御子(みこ)
154(かみ)(まも)りのある(うへ)
155仮令(たとへ)曲津(まがつ)襲来(しふらい)
156前後左右(ぜんごさいう)()()いて
157猛虎(まうこ)(いきほひ)(すさま)じく
158(やり)のきつ(さき)ハイハイハイ
159(なら)べて(すす)(きた)るとも
160如何(いか)(おそ)れむ益良雄(ますらを)
161吾等(われら)(うで)には(ほね)がある
162日本魂(やまとだましひ)生粋(きつすゐ)
163()りによつたる神司(かむづかさ)
164天下(てんか)如何(いか)(ひろ)くとも
165吾等(われら)(てき)するものあろか
166(さか)(のぼ)(とき)重宝(ちようほう)
167名馬(めいば)(こま)(くだ)(ざか)
168足手(あして)(まと)ひと()りながら
169()いて()かねばハイハイハイ
170大野ケ原(おほのがはら)(わた)れない
171右守(うもり)(かみ)手下(てした)()
172神出鬼没(しんしゆつきぼつ)ドツコイシヨ
173()()(した)(かく)()
174吾等(われら)一行(いつかう)散々(さんざん)
175(なや)ませくれむとハイハイハイ
176固唾(かたづ)をのんで()つぢやらう
177仮令(たとへ)数万(すまん)敵軍(てきぐん)
178()()()(こと)あるとても
179三五教(あななひけう)にて(まな)びたる
180善言美詞(ぜんげんびし)言霊(ことたま)
181ハイハイハイハイブウブウブウ
182エヽこん畜生(ちくしやう)(くさ)いわい
183(あと)から(かぜ)()(とき)
184さうやられては(たま)らない
185(ちつと)行儀(ぎやうぎ)()るがよい
186セーラン(わう)のお(とも)だぞ
187無礼(ぶれい)(きは)まる畜生(ちくしやう)だな
188ハーハーハーハイ アイタツタ
189(たか)岩根(いはね)(つまづ)いた
190(みな)さま用心(ようじん)なされませ
191其処(そこ)らあたりに転倒(こけ)()
192(いし)(くるま)()つたなら
193(うま)諸共(もろとも)千仭(せんじん)
194谷間(たにま)(たちま)顛落(てんらく)
195(ふたた)(この)()(あか)りをば
196()られぬやうになりますぞ
197ハーハーハーハイ ドウドウドウ
198(かげ)難関(なんくわん)()()えた
199(うま)畜生(ちくしやう)(よろこ)べよ
200これから(さき)(ある)きよい
201(おれ)面白(おもしろ)なつて()
202(ひと)一生(いつしやう)()ふものは
203恰度(ちやうど)(この)(やま)(わた)るよな
204ハイハイハイハイものだらう
205一寸(ちよつと)目放(めばな)ししたときは
206ハイハイ(たちま)失脚(しつきやく)
207()落人(おちびと)となり()てて
208世界(せかい)(やつ)()げしまれ
209ハーハーハイハイ牛馬(うしうま)
210()まれにやならぬやうになる
211さはさりながら人間(にんげん)
212何程(なにほど)あせつて()たとこで
213(その)(ちから)には(かぎ)りある
214無限(むげん)神力(しんりき)(そな)へたる
215ハイハイハイハイドウドウドウ
216(たふと)(きよ)神様(かみさま)
217摂理(せつり)のもとに(まか)すより
218仕様模様(しやうもやう)()いものぞ
219あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
220御霊(みたま)(さち)はへましまして
221(かみ)(したが)吾々(われわれ)
222(あつ)(まも)りてハイハイハイ
223イルナの(みやこ)(つつが)なく
224(すす)ませ(たま)へと()ぎまつる
225ドツコイドツコイ ドツコイシヨ
226(みち)段々(だんだん)(ひろ)くなり
227小石(こいし)(すくな)うなつて()
228七転八起(ななころびやおき)(くる)しみも
229(やうや)()えた(くだ)(ざか)
230右守(うもり)(かみ)醜霊(しこだま)
231直日(なほひ)(みたま)言向(ことむ)けて
232勝鬨(かちどき)()ぐるも()のあたり
233あゝ(いさ)ましし(いさ)ましし』
234(うた)ひつつ(やうや)くにして一行(いつかう)(たうげ)(ふもと)(くだ)りついた。
235 (たに)(なが)るる清水(しみづ)(のど)(かわ)きをいやし、236(しば)休憩(きうけい)(うへ)(ふたた)馬上(ばじやう)(ひと)となり、237一同(いちどう)(くつわ)をならべて(すず)()(いさ)ましく、238木枯(こがらし)(すさ)大野原(おほのはら)239暴虎馮河(ぼうこひようが)(いきほひ)にて、240(みやこ)をさして()けりゆく。
241大正一一・一一・一四 旧九・二六 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)