霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第七章 女武者(をんなむしや)〔一一三二〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第42巻 舎身活躍 巳の巻 篇:第2篇 恋海慕湖 よみ:れんかいぼこ
章:第7章 第42巻 よみ:おんなむしゃ 通し章番号:1132
口述日:1922(大正11)年11月14日(旧09月26日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年7月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
カールチンはテーナ姫と王位に就く願望成就の前祝の酒を酌み交わしていた。カールチンは、自分の王位簒奪が争いをせずに成就したので、反乱討伐で多忙の大黒主に援軍を出そうとテーナ姫に提案した。
カールチンはテーナ姫をおだてて、大黒主への援軍の大将に任命してしまった。テーナ姫は軍を引き連れて遠征の途に上ることになった。
テーナ姫を遠征に出したカールチンは、出勤日だから登城するとサモア姫に留守を預け、共も連れずに一人で城内に進んで行った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4207
愛善世界社版:94頁 八幡書店版:第7輯 676頁 修補版: 校定版:98頁 普及版:36頁 初版: ページ備考:
001(あき)(やうや)(ふか)くして
002()(わた)りたる朝日影(あさひかげ)
003(ひがし)(まど)をおしあけて
004今日(けふ)(こころ)もカールチン
005テーナの(ひめ)諸共(もろとも)
006目出度(めでた)目出度(めでた)い、お目出度(めでた)
007(たひ)(かつを)生魚(なまざかな)
008夫婦(ふうふ)はここにさし(むか)
009(みづ)()らさぬ(した)しみの
010(いろ)(おもて)(あら)はして
011(さけ)()(かは)右守司(うもりつかさ)
012ホロ(よひ)機嫌(きげん)高笑(たかわら)
013(さかづき)(かさ)ねてフナフナと
014(こし)のあたりも(あや)しげに
015(こひ)(鯉)に(まよ)うた()(ひか)
016どことはなしにキラキラと
017(つき)(盃)にさし()朝日子(あさひこ)
018(まばゆ)きばかりヤスダラ(によ)
019女房(にようばう)となつてほしの(そら)
020(あま)河原(かはら)(なか)にして
021(ねん)一度(いちど)七夕(たなばた)
022()()(きよ)(こひ)(かは)
023そしらぬ(かほ)(さかづき)
024女房(にようばう)にさせばテーナ(ひめ)
025さも(うれ)しげに(いただ)いて
026これが(わか)れの(さかづき)
027()らぬが(ほとけ)神心(かみごころ)
028(むね)一物(いちもつ)たたみたる
029右守(うもり)(かみ)布袋顔(ほていがほ)
030やうやう右守(うもり)(かほ)をあげ
031『テーナの(ひめ)よ、(わが)(つま)
032いよいよ願望(ぐわんまう)成就(じやうじゆ)
033(とき)こそ(せま)(きた)りけり
034(われ)はイルナの刹帝利(せつていり)
035(なれ)(きさき)(たか)()
036(いん)(やう)との(いき)()はせ
037イルナの(くに)永久(とこしへ)
038(まも)るも(うれ)(まつ)御代(みよ)
039()甲斐(かひ)あつて(いも)()
040夫婦(ふうふ)(よろこ)千代(ちよ)(えん)
041(いさ)(よろこ)()(うた)
042梵天(ぼんてん)帝釈(たいしやく)自在天(じざいてん)
043大国彦(おほくにひこ)御恵(みめぐ)みは
044天津御空(あまつみそら)(ただ)ならず
045大海原(おほうなばら)のいと(ひろ)
046(めぐ)みの(つゆ)遠近(をちこち)
047青人草(あをひとぐさ)()(たま)
048蒼生(あをひとぐさ)(かみ)御子(みこ)
049(たふと)(かみ)(うづ)(みや)
050御子(みこ)(みや)とを(あづ)かりて
051イルナの(くに)君臨(くんりん)
052堅磐常磐(かきはときは)()(まも)
053(わが)()(うへ)(たの)しけれ
054あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
055御霊(みたま)(さち)はへましませよ
056朝日(あさひ)()るとも(くも)るとも
057(つき)()つとも()くるとも
058仮令(たとへ)大地(だいち)(しづ)むとも
059(なれ)(われ)とは永久(とこしへ)
060夫婦(ふうふ)(なか)(むつま)じく
061八千代(やちよ)椿(つばき)優曇華(うどんげ)
062(はな)()(はる)(たの)しみて
063(かみ)大道(おほぢ)(つか)ふべし
064梵天(ぼんてん)帝釈(たいしやく)自在天(じざいてん)
065(かみ)御前(みまへ)真心(まごころ)
066(ちか)ひて(いの)(たてまつ)る』
067一杯(いつぱい)機嫌(きげん)で、068右守(うもり)(かみ)(つま)のテーナ(ひめ)(とも)(さけ)()(かは)しながら(うた)つて()る。069テーナ(ひめ)()もさえざえしく(ゑみ)満面(まんめん)(たた)へて、070(をつと)(さかづき)をさしながら(ふし)面白(おもしろ)(うた)(はじ)めた。
071大梵天王自在天(だいぼんてんわうじざいてん)
072大国彦(おほくにひこ)大神(おほかみ)
073恩頼(みたまのふゆ)()のあたり
074(あら)はれ(きた)(わが)(つま)
075イルナの(くに)刹帝利(せつていり)
076四民(しみん)(おや)(あふ)がれて
077(とき)めき(たま)(とき)()
078(わらは)(おな)妻司(つまがみ)
079(あさ)()()(よもぎ)ぞよ
080(きみ)(たか)きにのぼりなば
081(わらは)(たか)(くらゐ)につき
082月日(つきひ)(なら)べて永久(とこしへ)
083天津御空(あまつみそら)(ほし)のごと
084群集(うごな)はり()蒼生(たみぐさ)
085いと(たひら)けく(やす)らけく
086(かみ)のまにまに(をさ)めゆき
087イルナの(くに)生神(いきがみ)
088()万世(よろづよ)(とどろ)かし
089(たふと)(かみ)御柱(みはしら)
090なるぞ(うれ)しき夫婦仲(ふうふなか)
091あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
092御霊(みたま)(さち)はへましまして
093一日(ひとひ)(はや)片時(かたとき)
094(この)目的(もくてき)委曲(まつぶさ)
095()てさせ(たま)へと()ぎまつる
096(おも)へば(おも)へば(さき)()
097吾等(われら)夫婦(ふうふ)天地(あめつち)
098(かみ)御前(みまへ)()(つく)
099(まこと)(つく)せしものならむ
100(たちま)()()(ふく)(かみ)
101大黒主(おほくろぬし)()ふも(さら)
102右守(うもり)(かみ)恵比須顔(ゑびすがほ)
103小事(せうじ)()にせぬ布袋(ほて)(ばら)
104(いのち)(なが)福禄寿頭(げほあたま)
105弁財天(べんざいてん)御利益(ごりやく)
106(うづ)(たから)()(かさ)
107毘舎門天(びしやもんてん)武勇(ぶゆう)をば
108四方(よも)国々(くにぐに)()てしなく
109発揮(はつき)しまつり天国(てんごく)
110目出度(めでた)(さま)()(うへ)
111(きづ)()ぐるも()のあたり
112あゝ(たの)もしや(たの)もしや
113(かみ)吾等(われら)(まも)りまし
114吾等(われら)(かみ)(うやま)ひつ
115神人和合(しんじんわがふ)敬愛(けいあい)
116名位寿富(めいゐじゆふう)大徳(だいとく)
117千代(ちよ)万代(よろづよ)永久(とこしへ)
118(さづ)(たま)へよ自在天(じざいてん)
119元津御祖(もとつみおや)大神(おほかみ)
120御前(みまへ)(かしこ)()ぎまつる
121あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
122御霊(みたま)(さち)はへましませよ』
123『テーナ(ひめ)124日頃(ひごろ)大望(たいまう)もどうやら成功(せいこう)機運(きうん)(むか)つたやうだなア。125今日(けふ)一入(ひとしほ)(さけ)(あぢ)もよいぢやないか。126(まへ)前祝(まへいは)ひに今日(けふ)十分(じふぶん)()んだらよからう。127エーン』
128左様(さやう)(ござ)いますなア、129これと()ふのも日頃(ひごろ)(しん)ずる大自在天(だいじざいてん)(さま)御利益(ごりやく)(ござ)いませう。130何卒(どうぞ)旦那様(だんなさま)131貴方(あなた)御出世(ごしゆつせ)なさつても(わたし)()てない(やう)にして(くだ)さいませや。132出世(しゆつせ)をなさればなさる(ほど)()()めるは(をんな)(つね)です。133見捨(みす)てない(やう)()()れもお(ねがひ)(まを)して()きますよ』
134『アハヽヽヽまたしてもまたしても、135取越(とりこ)苦労(くらう)をする(をんな)だなア。136仮令(たとへ)三千世界(さんぜんせかい)()()れるとも、137(まへ)(わか)れて(くら)すのなら、138(なん)(たの)しみもないぢやないか。139(まへ)二十年(にじふねん)以上(いじやう)()うて()いて、140まだ(わし)(こころ)(わか)らぬのぢやなあ。141エーン』
142旦那様(だんなさま)(その)(こころ)ならば(わたし)(うれ)しう(ござ)います。143その(かは)りどんな(こと)仰有(おつしや)つても、144(けつ)して(そむ)きは(いた)しませぬわ。145こんな親切(しんせつ)旦那様(だんなさま)(そむ)くやうな(こと)があつては、146大自在天(だいじざいてん)(さま)御冥罰(ごめいばつ)(おそ)ろしう(ござ)いますからなア』
147『イヤ()()つて()れた。148それでこそ(おれ)女房(にようばう)だ。149(しか)しお(まへ)(ひと)相談(さうだん)があるが、150キツト()いて()れるだらうなア』
151『オホヽヽヽ、152()いて()れえなんて、153そりや(また)(なに)仰有(おつしや)います。154(をつと)女房(にようばう)(たの)むお(ひと)何処(どこ)世界(せかい)(ござ)いませうか。155貴方(あなた)のお(のぞ)みとは何事(なにごと)(ござ)いますか。156何卒(なにとぞ)手取(てつと)(ばや)仰有(おつしや)つて(くだ)さい、157貴方(あなた)のお(たの)みが一刻(いつこく)(はや)()きたう(ござ)います』
158『アハヽヽヽ、159(じつ)(ところ)(これ)からお(まへ)にハルナの(みやこ)まで出陣(しゆつぢん)して(もら)()いのだ。160(をつと)言葉(ことば)をよもや(そむ)きは(いた)すまいなア。161エーン』
162『ハテ心得(こころえ)(その)言葉(ことば)163(いま)大黒主(おほくろぬし)(さま)から五百騎(ごひやくき)兵士(つはもの)をお(おく)(くだ)さる(はず)になつて()るぢやありませぬか。164それに(また)反対(はんたい)此方(こちら)から軍隊(ぐんたい)()れて()くとは、165どういふお(かんが)へでございますか』
166『もはやセーラン王様(わうさま)御決心(ごけつしん)(あそ)ばしたなり、167軍隊(ぐんたい)必要(ひつえう)(すこ)しもないのぢや。168大黒主(おほくろぬし)(さま)近国(きんごく)騒動(さうだう)(おこ)り、169沢山(たくさん)(へい)御派遣(ごはけん)になり、170ハルナの(しろ)守備(しゆび)(まつた)薄弱(はくじやく)となつて()る。171一方(いつぱう)三五教(あななひけう)征伐(せいばつ)鬼春別(おにはるわけ)()し、172一方(いつぱう)はウラル(けう)征伐(せいばつ)大足別(おほだるわけ)出陣(しゆつぢん)して()る。173()はば国家(こくか)多事(たじ)(とき)だ。174こんな(とき)戦争(いくさ)もないのに援軍(ゑんぐん)()ふとは(まつた)()まないぢやないか。175さうしてカールチンは神力(しんりき)()らないものだから、176大黒主(おほくろぬし)(さま)から軍隊(ぐんたい)をかりて、177非望(ひばう)()げたなど()はれては末代(まつだい)(はぢ)だ。178それよりも此方(こなた)より軍隊(ぐんたい)をさしむけ大黒主(おほくろぬし)(さま)のお手伝(てつだ)ひをしようものなら、179吾々(われわれ)武勇(ぶゆう)天下(てんか)(とどろ)き、180大黒主(おほくろぬし)(さま)御覚(おんおぼ)えも目出度(めでた)う、181吾々(われわれ)守護(しゆご)する社稷(しやしよく)金剛不壊(こんがうふゑ)如意宝珠(によいほつしゆ)(たま)のやうなものだ。182エーン、183テーナ、184合点(がてん)()つたか』
185旦那様(だんなさま)のお言葉(ことば)(そむ)(わけ)ぢや(ござ)いませぬが、186さう楽観(らくくわん)出来(でき)ますまい。187寸善尺魔(すんぜんしやくま)()(なか)188何時(なんどき)どんな(こと)突発(とつぱつ)するか(わか)つたものぢや(ござ)いませぬ。189こればかりは(とつく)御思案(ごしあん)(ねが)ひたいものです』
190英雄(えいゆう)胸中(きようちう)女童(をんなわらべ)(わか)つて(たま)らうか。191オイ、192テーナ、193(その)(はう)(つま)命令(めいれい)反抗(はんかう)する(つも)りか。194ヨシ、195ヨーシ、196それならそれで(この)(はう)にも了簡(れうけん)がある。197今日(こんにち)(かぎ)(をつと)でないぞ、198女房(にようばう)でないぞ、199サア一時(いちじ)(はや)(この)(やかた)()()()され。200エーン』
201(こゑ)(とが)らし語気(ごき)(つよ)めて(しか)りつけた。
202『それは(あま)非道(ひだう)なお言葉(ことば)203あまりと()へば(あま)水臭(みづくさ)いぢやございませぬか』
204(けつ)して(おれ)水臭(みづくさ)(こと)はない、205(その)(はう)こそ(をつと)言葉(ことば)(そむ)冷淡(れいたん)至極(しごく)(をんな)だ。206(おれ)だつて(なが)らく()うて()女房(にようばう)(はふ)()すやうな(つま)らぬ(こと)(いた)()くないのだ。207(まへ)(あま)頑固(ぐわんこ)だから(はら)()つたのだ。208エーン』
209貴方(あなた)実際(じつさい)(わたし)(あい)して()れては()ませぬなア。210どうも(この)ごろの御様子(ごやうす)がちつと(あや)しいぢや(ござ)いませぬか』
211(いや)ぢや、212(いや)ぢやで十年(じふねん)()れた、213到底(とても)々々(とても)()()げた、214()世間(せけん)(うはさ)もあるぢやないか、215さう()()つた女房(にようばう)ばかりあるものぢやない。216(しか)(おれ)はお(まへ)(たい)して一度(いちど)(いや)なイの()(おも)うた(こと)はない。217(まへ)のやうなよい女房(にようばう)がどこにあらうかと(じつ)感謝(かんしや)して()るのだ。218(あま)可愛(かあい)いものだから、219つひこんな(こと)()うたのだ。220これテーナ(ひめ)221堪忍(こら)へて()れ、222この(とほ)りだから』
223()(あは)して(をが)んで()せる。224テーナ(ひめ)(にはか)機嫌(きげん)(なほ)し、225いそいそとして(かた)(ゆす)ぶりながら、
226『ホヽヽヽ、227あのまア(をとこ)らしいお(かほ)だち、228今更(いまさら)のやうに新枕(にひまくら)(むかし)(おも)()されて(うれ)(なみだ)(こぼ)れます。229それなら(わが)夫様(つまさま)230(あふ)せに(したが)ひハルナの(みやこ)(まゐ)りませう』
231 カールチンは仕済(しすま)したりと(ひそ)かに()(よろこ)び、232(わざ)(おごそ)かな口調(くてう)で、
233『ヤア天晴(あつぱ)天晴(あつぱ)れ、234サアこれより(なんぢ)はハルナの(くに)()(むか)ひ、235五百騎(ごひやくき)応援軍(おうゑんぐん)(もと)(かへ)し、236大黒主(おほくろぬし)(さま)御加勢(ごかせい)出陣(しゆつぢん)(いた)せ。237(われ)(みやこ)(とど)まり、238(なんぢ)凱旋(がいせん)()指折(ゆびを)(かぞ)へて()()らさむ。239サア一時(いつとき)(はや)く』
240とせき()てる。241テーナ(ひめ)部下(ぶか)士卒(しそつ)(のこ)らず(あつ)め、242(ここ)三百余騎(さんびやくよき)()()れ、243イルナの(みやこ)(あと)にハルナの(みやこ)をさして遠征(ゑんせい)()(のぼ)(こと)となつた。
244 (あと)にカールチンは、245やれ、246(また)腫物(できもの)うん(つぶ)れたと()ふやうな心持(こころもち)で、247一人(ひとり)笑壺(ゑつぼ)()り、
248『エヘヽヽヽ、249(さすが)右守(うもり)さまだ。250吾々(われわれ)神謀(しんぼう)奇策(きさく)には(うたが)(ぶか)女房(にようばう)も、251とうとう納得(なつとく)して()()きやがつた。252エヘヽヽヽ、253三寸(さんずん)舌鋒(ぜつほう)をもつて五百(ごひやく)応援軍(おうゑんぐん)()ひとめ、254女房(にようばう)(うご)かして、255(また)もや三百(さんびやく)兵士(へいし)大黒主(おほくろぬし)(さま)()()けた(おれ)(ちから)には、256大自在天(だいじざいてん)(さま)だつて(した)()(たま)ふだらう。257あゝしてテーナ(ひめ)陣頭(ぢんとう)()たせた以上(いじやう)は、258討死(うちじに)するは当然(たうぜん)だ。259ウフヽヽヽ、260イヤもう、261とんともう()つから()つから面白(おもしろ)くなつて()たワイ。262サアこれから弁財天(べんざいてん)のやうな、263ヤスダラ(ひめ)のお(かほ)拝見(はいけん)して()うかなア』
264(おも)はず()らず大声(おほごゑ)()した。265隣室(りんしつ)()たサモア(ひめ)は、266すつかりカールチンの独言(ひとりごと)()いて(しま)ひ、267()(まる)くし(した)()いて(あき)れかへつて()た。268(しか)何喰(なにく)はぬ(かほ)をして(あし)(はこ)びも(しと)やかにカールチンの(そば)(すす)み、
269旦那様(だんなさま)270奥様(おくさま)御出陣(ごしゆつぢん)(あそ)ばし、271(さぞ)(さび)しい(こと)(ござ)いませうなア。272(わたくし)(をんな)(ござ)いますが、273まさか奥様(おくさま)代理(だいり)(つと)めると()(わけ)にも(まゐ)らず、274御心中(ごしんちう)(さつ)申上(まをしあ)げます。275(しか)(なが)ら、276旦那様(だんなさま)本当(ほんたう)(えら)(かた)ですなア。277ヤスダラ(ひめ)(さま)がお()()ねでせうから、278一度(いちど)(かほ)(をが)ましてお()げなされましたらどうでせうか』
279『これこれサモア、280滅多(めつた)なことを()ふではないぞ。281ヤスダラ(ひめ)(ごと)きにこの(はう)用事(ようじ)はないわ』
282『ホヽヽヽヽ、283さうでせうとも、284御用事(ごようじ)はありさうな(はず)はありませぬわねえ』
285『これサモア(ひめ)286今日(けふ)(おれ)出勤日(しゆつきんび)だから登城(とじやう)して()る、287留守(るす)(たの)むぞ。288さうして下僕(しもべ)(ども)行動(かうどう)監督(かんとく)して()れ』
289『ハイ(かしこ)まりました。290(いそ)いで(また)(ころ)げないやうになさいませや。291ホヽヽヽヽ』
292『エー、293いらぬ(こと)()ふな』
294とゆるゆる(しか)りつけ、295(とも)をも()れず(ただ)一人(ひとり)296裏門(うらもん)より城内(じやうない)さして(すす)()く。
297大正一一・一一・一四 旧九・二六 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)