霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一四章 吃驚(びつくり)〔一一三九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第42巻 舎身活躍 巳の巻 篇:第3篇 意変心外 よみ:いへんしんがい
章:第14章 第42巻 よみ:びっくり 通し章番号:1139
口述日:1922(大正11)年11月16日(旧09月28日) 口述場所: 筆録者:北村隆光 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年7月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
カールチンは意気揚々と奥の間に入ってきた。セーリス姫は白狐につままれたカールチンをひとしきりからかうと、座に就くようにと招き入れた。
ヤスダラ姫に化けた清照姫は、わざとにつれない態度を取ってカールチンをじらす。セーリス姫は座を立って二人を部屋に残した。
あからさまに自分の女房になるようにと迫るカールチンに対し、清照姫はやんわり拒絶する。カールチンが心変わりをなじると、隣の王の間から黄金姫が王の声色で咳払いをなした。
清照姫は、隣の部屋には王が控えているのだから、発言を慎むようにとカールチンに注意した。カールチンは王がいるからわざとヤスダラ姫は自分につれないことを言ったのだと合点し、機嫌を直した。
すると城の受付が、今セーラン王とヤスダラ姫が城に戻ってきたと注進に来た。カールチンは不審に思い、その場にあぐらをかいて思案に沈んだ。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4214
愛善世界社版:173頁 八幡書店版:第7輯 704頁 修補版: 校定版:177頁 普及版:73頁 初版: ページ備考:
001 右守司(うもりのかみ)のカールチンは意気(いき)揚々(やうやう)として清照姫(きよてるひめ)002セーリス(ひめ)(はな)してゐる(おく)()()(きた)り、
003『あゝヤスダラ(ひめ)殿(どの)004セーリス(ひめ)殿(どの)005えらい御無沙汰(ごぶさた)(いた)しました。006昨日(きのふ)はお()にかかる(つも)りで()りましたが、007(すこ)しく差支(さしつかへ)出来(でき)まして到頭(とうとう)失礼(しつれい)(いた)しました』
008『それはお(いそが)しいことで(ござ)りましたな。009道中(だうちう)(あたま)鉢合(はちあは)せをしたり、010親切(しんせつ)にお(はか)(まゐ)りをなされたり、011(たぬき)(だま)されたり、012(かは)()()んだり、013大変(たいへん)御活動(ごくわつどう)(ござ)りましたさうですな。014流石(さすが)右守(うもり)さまだと()つて、015(ねえ)さまも感心(かんしん)して()やはりました。016さう()ちはだかつて()らずに、017マアここにお(すわ)りなさいませ。018昨日(きのふ)一伍一什(いちぶしじふ)(ひと)()かして(いただ)きたいもので(ござ)ります』
019 カールチンは(あたま)()きながら、
020『ヘー、021(べつ)活動(くわつどう)したと……()(わけ)でもありませぬ。022(とき)(いきほひ)やむを()ず、023惟神的(かむながらてき)にさされたのですよ。024(たれ)(また)そんな(こと)御報告(ごはうこく)(まゐ)りましたかな』
025(わたし)天眼通(てんがんつう)一寸(ちよつと)此処(ここ)から透視(とうし)して()りましたよ。026まづまづお怪我(けが)がなくて結構(けつこう)でしたな。027(とき)にユーフテスさまは如何(どう)してゐられますかな。028昨日(きのふ)から()つてゐますが、029(かほ)()せなさらぬので大変(たいへん)()()んで()ります』
030『エ、031(なん)仰有(おつしや)います。032ユーフテスは昨日(きのふ)()たぢやありませぬか。033大変(たいへん)頬辺(ほほべた)(つめ)られて(かほ)()らして()ましたよ。034大変(たいへん)(いぢ)めなさつたと()(こと)ですが、035さう悪戯(いたづら)をするものぢやありませぬぞ。036(をんな)はヤツパリ(をんな)らしう()さる(はう)(ゆか)しいですな』
037『この(あひだ)からユーフテス(さま)のお(かほ)(をが)んだ(こと)はありませぬ。038そりや(なに)かのお(かんが)(ちが)ひでせう。039大方(おほかた)(わたし)だと(おも)つて仇志野(あだしの)古狐(ふるぎつね)にでも(もてあそ)ばれて()らつしやつたのでせう。040(なん)とまア(こま)つた(ひと)だなア』
041何分(なにぶん)(この)(ごろ)悪魔(あくま)横行(わうかう)しまして、042彼方(あつち)にも此方(こつち)にも古狸(ふるだぬき)(きつね)出現(しゆつげん)し、043(をとこ)(なや)ますと()えますわい。044ワハヽヽヽ』
045『もしもし(ねえ)さま、046(なに)(はづ)かしさうに俯向(うつむ)いて()られますの。047あれほど八釜(やかま)しく(こが)れて()ながら()(よわ)い、048(なん)です、049(はや)御挨拶(ごあいさつ)をなさいませぬか』
050 清照姫(きよてるひめ)051(ほそ)(こゑ)(はづ)かしさうに、
052『ハイ』
053()つたきり益々(ますます)俯向(うつむ)く。
054『アハヽヽヽ、055余程(よほど)(はづ)かしくなつて()たと()えるな。056流石(さすが)はお(ぢやう)さまだ。057いやさうなくては(をんな)価値(ねうち)がない。058今時(いまどき)(をんな)(をとこ)三文(さんもん)とも(おも)つてゐないから(こま)るのだ。059いやズンと()()つた。060海棠(かいだう)(はな)でも(あめ)湿(しめ)つてチツとばかり俯向(うつむ)いて()(ところ)に、061()もいはれぬ風情(ふぜい)のあるものだ。062エヘヽヽヽ』
063『もし右守(うもり)さま、064(くち)から(なん)だか(なが)(ひも)()がつて()るぢやありませぬか。065(はや)うお手繰(たぐ)(あそ)ばせ。066(ねえ)さまが御覧(ごらん)になつたら、067あまり()つともよくありませぬよ。068ホヽヽヽヽ、069あのまア(ほそ)()わいのう。070本当(ほんたう)右守(うもり)さまも、071(ねえ)さまにスウヰートハートして()られると()えますな。072目出度(めでた)いお目出度(めでた)い。073これ(ねえ)さま、074(かほ)()げなさらぬか。075(なん)ですか十二(じふに)十三(じふさん)(むすめ)(やう)に、076そんな()(よわ)(こと)如何(どう)して(こひ)成功(せいこう)しますか。077(わたし)078(そば)()てゐても本当(ほんたう)にジレツたいわ』
079『どうやら(はづ)かしいと()えるわい。080いやセーリス(ひめ)さま、081姉妹(きやうだい)貴女(あなた)がここに()らつしやると、082(ひめ)()がひけて(おも)(こと)()へないと()えます。083何卒(どうぞ)(すこ)(せき)(はづ)して(もら)(こと)出来(でき)ますまいかな』
084『ホヽヽヽヽ、085それはお(やす)御用(ごよう)(ござ)います。086それなら邪魔者(じやまもの)(しばら)姿(すがた)(かく)しますから、087何卒(どうぞ)シツポリと御両人様(ごりやうにんさま)(たの)しみ』
088(わざ)とにプリンとして()せ、089(たたみ)(ふた)()つボンボンと()つて早々(さうさう)自分(じぶん)居間(ゐま)(はし)つて()く。
090『オホヽヽヽ、091(なん)面白(おもしろ)いものだなア。092(しか)し、093あこに()ふに()はれぬ妙味(めうみ)があるのだ。094チツとセーリス(ひめ)俺達(おれたち)のローマンスを()いてゐると()えるわい。095いやヤスダラ(ひめ)殿(どの)096セーちやまは(かへ)りました。097サアもう(たれ)遠慮(ゑんりよ)()りませぬ。098(かほ)をあげなさい。099さうしてトツクリと将来(しやうらい)御相談(ごさうだん)()げておかうぢやありませぬか』
100『オホヽヽヽ、101()かぬたらしい(をとこ)だこと、102貴方(あなた)立派(りつぱ)なイルナ(じやう)右守様(うもりさま)103さうして、104テーナ(ひめ)(さま)()立派(りつぱ)立派(りつぱ)牡丹餅(ぼたもち)のやうなお(かほ)(おく)さまがあるぢやありませぬか。105(わたし)(やう)出戻(でもど)りの(をんな)(とら)へて、106そんな(こと)仰有(おつしや)いますと、107貴方(あなた)名誉(めいよ)(かか)はるぢやありませぬか。108()加減(かげん)におやめなさいませ』
109『これはしたり、110(あん)相違(さうゐ)(ひめ)御言葉(おことば)111そんな(はず)ではなかつたに。112(なん)とした(かは)りやうだらう』
113(わたし)(ちつと)(かは)つては()ないのよ。114(かは)つたのは貴方(あなた)のお(こころ)ですわ』
115『イヤ吾々(われわれ)(ちつと)(かは)つてゐない。116(ひめ)(こころ)がスツカリ(かは)つてるぢやないか』
117『さうですかな。118貴方(あなた)()きで()きで仕方(しかた)がなかつたのだが、119今日(けふ)(また)(なん)だか()らぬが、120ぞぞ()()(ほど)(いや)になりました。121()きな貴方(あなた)(きら)ひな貴方(あなた)(かは)つてゐるのですから、122ヤツパリ本人(ほんにん)貴方(あなた)でせう。123本人(ほんにん)(かは)ればこそ、124相手方(あひてがた)(わたし)()から(かは)つて()えるのですわ』
125『そんなこたア如何(どう)でも()い。126サア(いよいよ)今日(けふ)情約(じやうやく)締結(ていけつ)(いた)しませう。127(わたし)当城(たうじやう)主人(しゆじん)刹帝利(せつていり)(いま)になりますから、128貴女(あなた)(わたし)正妃(せいひ)129よもやお不足(ふそく)はありますまい』
130(わたし)貴方(あなた)(やう)水臭(みづくさ)いお(かた)(すゑ)見込(みこみ)(ござ)りませぬから、131(きら)ひで(ござ)ります。132(むかし)からいろいろと艱難(かんなん)辛苦(しんく)をして、133ヤツと此処(ここ)まで夫婦(ふうふ)位置(ゐち)(きづ)()げ、134(いま)(すす)んで刹帝利(せつていり)におなりなさると()(ところ)慢心(まんしん)(あそ)ばし、135不人情(ふにんじやう)にも女房(にようばう)(ころ)しにやつた(あと)で、136(わたし)(やう)(なん)にも経験(けいけん)のない、137つまらぬ(をんな)女房(にようばう)にしようと(おも)(やう)なお(かた)は、138(わたし)絶対(ぜつたい)(きら)ひで(ござ)ります。139(また)(ほか)綺麗(きれい)(かた)見付(みつ)かつたら、140(わたし)第二(だいに)のテーナ(ひめ)(さま)にしられて(しま)ひ、141生命(いのち)をとられるやらも(はか)られませぬから、142まアそんな剣呑(けんのん)(かた)にお相手(あひて)になるのは()めておきませうかい』
143今更(いまさら)そんな(こと)()つて(もら)つちや(こま)るぢやありませぬか。144大黒主(おほくろぬし)(さま)から吾々(われわれ)目的(もくてき)達成(たつせい)する()めに、145五百騎(ごひやくき)軍勢(ぐんぜい)応援(おうゑん)()御派遣(ごはけん)(くだ)さるのをば、146貴女(あなた)希望(きばう)によりお(ことわ)申上(まをしあ)げ、147(その)(うへ)また味方(みかた)(のこ)らず()(あつ)め、148ハルナの(くに)遠征(ゑんせい)(たび)()して(しま)ひ、149最早(もはや)(まも)(すく)なくなつた(この)(さい)150(まへ)さまに(いど)()()けられて、151如何(どう)して(この)右守司(うもりのかみ)()()きますか。152チツとは推量(すゐりやう)して(もら)ひませうかい。153エーン』
154『ホヽヽヽヽ、155(まへ)さまはそんな頓馬(とんま)だから(わたし)(きら)ふのだよ。156(をんな)にかけたら()(はな)もないのだから、157本当(ほんたう)(こま)つた唐変木(たうへんぼく)だな。158ウフヽヽヽ』
159『これ、160ヤスダラ(ひめ)さま、161(はら)(くろ)い。162いゝ加減(かげん)いちやつかして(おい)(くだ)され。163男冥加(をとこみやうが)につきますぞや』
164 (となり)(しつ)にはオホンオホンと、165(をとこ)咳払(せきばら)ひが(きこ)えて()た。166これは黄金姫(わうごんひめ)二人(ふたり)掛合(かけあひ)面白(おもしろ)可笑(をか)しく立聞(たちぎ)きし、167わざとセーラン(わう)声色(こわいろ)咳払(せきばら)ひをして()せたのであつた。168清照姫(きよてるひめ)小声(こごゑ)になり、
169『あの(とほ)り、170(ふすま)一枚(いちまい)(つぎ)()王様(わうさま)(ひか)へて(ござ)るのですから、171貴方(あなた)(やう)にさうヅケヅケと(なに)もかも()つて(もら)つちや(こま)るぢやありませぬか。172チと()()けて(くだ)さいな』
173 カールチンは(ふた)()(くび)(たて)()りながら小声(こごゑ)になり、
174『ウン、175よしよし、176あ! それで(わか)つた。177(なん)だか(めう)(こと)()ふと(おも)つたが、178(わう)隣室(りんしつ)()られるので、179あんな(こと)()つたのだなア。180よし(わか)つた。181もう(おれ)諒解(りやうかい)したから心配(しんぱい)して()れな』
182『ホヽヽヽ(なに)諒解(りやうかい)ですか。183(わたし)(やう)(をんな)相手(あひて)にせずに、184もつと立派(りつぱ)なお(かた)にお掛合(かけあひ)(あそ)ばせ』
185 ()()(をり)しも、186ミルは(あわただ)しく(はし)(きた)り、
187『もし右守(うもり)さま、188ヤスダラ(ひめ)(さま)189(いま)王様(わうさま)とヤスダラ(ひめ)()貴女(あなた)にソツクリのお(かた)(かへ)られました』
190 カールチンは、
191(なに)192ヤスダラ(ひめ)(かへ)つた。193王様(わうさま)がお(かへ)り、194ハテ、195如何(どう)したものかな』
196(うで)()胡坐(あぐら)をかいて、197(しば)思案(しあん)(しづ)みつつあつた。
198大正一一・一一・一六 旧九・二八 北村隆光録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)