霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一五章 帰城(きじやう)〔一一四〇〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第42巻 舎身活躍 巳の巻 篇:第4篇 怨月恨霜 よみ:えんげつこんそう
章:第15章 第42巻 よみ:きじょう 通し章番号:1140
口述日:1922(大正11)年11月16日(旧09月28日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年7月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
本物のセーラン王の一行が奥の間に進み入ると、清照姫とカールチンの二人が黙然としてうつむいている。セーラン王は自分の居間になぜ右守がいるのかと詰問した。ヤスダラ姫は自分が二人いることに驚き、黄金姫はどこにいるかと問いただした。
清照姫は、黄金姫は王の間に潜んでいると自分たち母娘のたくらみを明かした。カールチンは自分が恋のために盲目となっていたことを恥じ、王の前に赦しを乞うた。
黄金姫は王の間から出て姿を現し、王の無事の帰城に喜びを現した。一同はそれぞれ、和歌で述懐を述べ合った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4215
愛善世界社版:183頁 八幡書店版:第7輯 708頁 修補版: 校定版:187頁 普及版:78頁 初版: ページ備考:
001(あめ)目一(まひと)神司(かむつかさ)
002竹野(たけの)(ひめ)(しづ)まれる
003高照山(たかてるやま)岩窟(がんくつ)
004(あと)見捨(みす)ててスタスタと
005(おほかみ)(たけ)山道(やまみち)
006黄金姫(わうごんひめ)(はじ)めとし
007四方(よも)景色(けしき)清照姫(きよてるひめ)
008(かみ)(みこと)竜雲(りううん)
009テームス、レーブ、カル、リーダー
010数多(あまた)供人(ともびと)(したが)へて
011セーラン(わう)やヤスダラの
012(ひめ)(みこと)悠々(いういう)
013(こま)(またが)荒野原(あらのはら)
014()(こがらし)にさらされつ
015照山峠(てるやまたうげ)()()えて
016(くつわ)(なら)(かへ)()
017(その)御姿(みすがた)雄々(をを)しさよ
018イルナの(みやこ)入口(いりぐち)
019(かへ)(きた)れる(をり)もあれ
020左守(さもり)(かみ)のクーリンス
021(いへ)()郎党(らうたう)()()れて
022いと慇懃(いんぎん)出迎(いでむか)
023セーラン(わう)帰館(きくわん)をば
024(よろこ)(いさ)前後(まへうしろ)
025兵士(つはもの)(ども)(まも)らせて
026旗鼓(きこ)堂々(だうだう)城内(じやうない)
027(やうや)(かへ)(きた)りけり
028(おく)一間(ひとま)黄金(わうごん)
029(ひめ)(みこと)()(こも)
030セーラン(わう)声色(こわいろ)
031使(つか)つて右守(うもり)神司(かむつかさ)
032縦横無尽(じうわうむじん)(あやつ)りつ
033清照姫(きよてるひめ)はヤスダラの
034(ひめ)(みこと)仮名(かめい)して
035言霊剣(ことたまつるぎ)ふりかざし
036(こひ)(くる)ひし右守(うもり)をば
037いとサンザンに(なや)ませる
038(とき)しもあれや受付(うけつけ)
039(つつ)しみ(かしこ)(つか)へたる
040(こし)(まが)りしミル(つかさ)
041右守(うもり)(かみ)(まへ)()
042セーラン(わう)一行(いつかう)
043数多(あまた)供人(ともびと)諸共(もろとも)
044いよいよ(ただ)(いま)御帰館(ごきくわん)
045(その)報告(はうこく)(きも)(つぶ)
046四辺(あたり)キロキロ見廻(みまは)しつ
047両手(りやうて)()んでドツと()
048摩訶(まか)不思議(ふしぎ)なる出来事(できごと)
049煩慮(はんりよ)するこそをかしけれ
050あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
051御霊(みたま)(さち)はへましまして
052(もつ)れに(もつ)れし物語(ものがたり)
053いとながながと()いてゆく
054(この)有様(ありさま)(うべ)ないて
055いとスクスクと口車(くちぐるま)
056(すべ)らせまたへ麻柱(あななひ)
057(かみ)御前(みまへ)瑞月(ずゐげつ)
058(つつし)(ゐやま)()ぎまつる
059あゝ惟神(かむながら)々々(かむながら)
060御霊(みたま)(さち)はへましませよ。
061 セーラン(わう)一行(いつかう)は、062(おく)()(すす)()り、063()れば清照姫(きよてるひめ)064カールチンの二人(ふたり)黙然(もくねん)として俯向(うつむ)いて()る。065セーラン(わう)は、066(ただち)三十一文字(みそひともじ)をもつて(あや)しみ()ふ。
067(おも)ひきや右守司(うもりのつかさ)のカールチン
068千代(ちよ)(さか)ゆるわが居間(ゐま)にありと。
069何事(なにごと)(おこ)りし(こと)()らねども
070(きよ)けき居間(ゐま)(をか)痴者(しれもの)
071逸早(いちはや)右守(うもり)(つかさ)わが居間(ゐま)
072(きよ)めて()れよ(かみ)のまにまに。
073(あや)しかもイルナの(しろ)内外(うちそと)
074(つつ)魔神(まがみ)(こゑ)さやぐなり』
075ヤスダラ『なれこそは(わらは)()をば(しひた)げし
076右守司(うもりつかさ)のカールチンかも。
077カールチンよ一日(ひとひ)(はや)村肝(むらきも)
078(こころ)(きよ)めて(まこと)にかへれ。
079ヤスダラ(ひめ)(かみ)(みこと)一柱(ひとはしら)
080二人(ふたり)あるとは(おも)はざりけり』
081清照(きよてる)『ヤスダラ(ひめ)(かみ)(みこと)(たましひ)
082清照姫(きよてるひめ)(かがや)きませば。
083(いま)しばし(たふと)御名(みな)()りにけり
084(しこ)(たす)けむと(おも)ふばかりに』
085ヤスダラ『黄金(わうごん)(ひめ)(みこと)(いま)いづこ
086その御消息(みたより)()かまほしさよ』
087清照(きよてる)黄金(わうごん)(ひめ)(みこと)(おく)()
088セーラン(わう)声音(こわね)つかひつ。
089カールチン(しこ)身魂(みたま)(あら)はむと
090母娘(おやこ)二人(ふたり)(こころ)(くだ)きつ』
091カールチン『(われ)こそは(こひ)(とりこ)となり()てて
092(はぢ)をかくとは(おも)はざりけり。
093兵士(つはもの)をハルナの(くに)(つか)はして
094(つばさ)とられしやもめ(どり)あはれ。
095かくならば最早(もはや)右守(うもり)神司(かむづかさ)
096(きみ)御前(みまへ)(いのち)(ささ)げむ。
097いざさらば(いのち)()せよセーラン(わう)
098(よく)(こひ)とに(まよ)ひし(われ)を』
099セーラン『何程(なにほど)(つみ)(けが)れのあるとても
100直日(なほひ)(かみ)(ゆる)しますらむ。
101いろいろと(こひ)魔神(まがみ)(あやつ)られ
102(なれ)(つかさ)()()めにけむ』
103 黄金姫(わうごんひめ)(おく)()より、104(へだ)ての(ふすま)()しあけて微笑(びせう)しながら()(むか)へ、105セーラン(わう)106ヤスダラ(ひめ)(むか)ひ、107会釈(ゑしやく)しながら三十一文字(みそひともじ)()む。
108有難(ありがた)し いと(かしこ)しと(おも)ふかな
109(たふと)(きみ)無事(ぶじ)帰城(きじやう)を。
110大君(おほぎみ)御後(みあと)(まも)(おや)()
111摩訶(まか)不思議(ふしぎ)なる(ゆめ)()しかな。
112カールチン、ユーフテス()がいろいろと
113恋路(こひぢ)(まよ)(さま)のをかしさ。
114(はらわた)(やぶ)るるばかりの可笑(をか)しさを
115こらへて今日(けふ)()をば()ちける』
116カールチン『二世(にせ)までと(ちぎ)りし(つま)()()てて
117(おも)はぬ(かた)(こころ)()せつつ。
118(おも)はざる(ひと)(おも)はれ()はれしと
119(おも)ひし(こと)(かな)しくぞ(おも)ふ。
120(いま)ははや(こころ)(やみ)()(わた)
121真如(しんによ)(つき)(ひかり)()るかも』
122竜雲(りううん)(われ)とても右守(うもり)(つかさ)相似(あひに)たる
123醜業(しこわざ)(つか)へし(こと)もありけり。
124さりながら御恵(みめぐみ)(ふか)大神(おほかみ)
125(とが)(たま)はず(われ)()かしつ。
126カールチン(かみ)(つかさ)(きこ)()
127()(あらた)めは(ひと)(たから)ぞ』
128カールチン『(かしこ)しや竜雲司(りううんつかさ)御言葉(みことば)
129(すく)ひの(かみ)(こゑ)(ひび)きぬ。
130(いま)よりは(うま)赤子(あかご)になり(かは)
131(かみ)(きみ)とに(まこと)(ささ)げむ』
132テームス『イルナ(じやう)内外(うちと)(つつ)みし村雲(むらくも)
133()れて(うれ)しき今日(けふ)(そら)かな』
134リーダー『遥々(はるばる)とテルマン(ごく)()()でて
135今日(けふ)(うれ)しき(ゆめ)()しかも』
136レーブ『(われ)とても(もと)よりめでたきものならず
137(きみ)(そむ)きし曲津神(まがつかみ)なる。
138さりながら(たふと)(かみ)御光(みひかり)
139()らされ(いま)真人(まびと)となれるも』
140カル『大黒主(おほくろぬし)(かみ)(いくさ)(したが)ひて
141(みち)()(はづ)谷間(たにま)(たふ)れぬ。
142(この)()をば照国別(てるくにわけ)(あら)はれて
143(すく)ひたまひし(こと)(うれ)しさ』
144清照(きよてる)有難(ありがた)(かたじけ)なしと大前(おほまへ)
145(あさ)(ゆふ)なに太祝詞(ふとのりと)()れ。
146セーランの(きみ)(みこと)はイルナ(じやう)
147(ほまれ)(たか)(もと)刹帝利(せつていり)
148いろいろと(まが)(たく)みし右守(うもり)をば
149見直(みなほ)しまして(すく)はせ(たま)へ。
150清照姫(きよてるひめ)(かみ)(みこと)悪戯(いたづら)
151(いか)らせ(たま)ふな右守(うもり)(つかさ)よ』
152 セーリス(ひめ)(わう)帰城(きじやう)()きて(あわただ)しくかけ(きた)り、
153(めづ)らしやセーラン(わう)(あね)(きみ)
154(もも)(つかさ)帰城(きじやう)(いは)はむ。
155ヤスダラの(あね)かへりますと()きしより
156高照山(たかてるやま)(そら)(あふ)ぎつ』
157大正一一・一一・一六 旧九・二八 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)