霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第一六章 失恋(しつれん)会議(くわいぎ)〔一一四一〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第42巻 舎身活躍 巳の巻 篇:第4篇 怨月恨霜 よみ:えんげつこんそう
章:第16章 第42巻 よみ:しつれんかいぎ 通し章番号:1141
口述日:1922(大正11)年11月17日(旧09月29日) 口述場所: 筆録者:加藤明子 校正日: 校正場所: 初版発行日:1924(大正13)年7月1日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
右守館の奥の間では、サマリー姫とサモア姫が右守の行動を怪しみ、心を痛めながら善後策を話し合っていた。
サモア姫とマンモスの探偵によって、右守がヤスダラ姫に恋慕してうつつを抜かしていることはサマリー姫にも報告されていた。また、ヤスダラ姫とカールチンの間を取り持ったのはのはユーフテスであることも知られていた。
二人はマンモスを呼び、カールチンが今どこにいるかを探ってくるようにと言いつけた。マンモスは、今日はサモア姫と婚礼を上げる日だと勝手に思い込んでおり、サモア姫に約束の履行を迫った。サモア姫はそんな約束をした覚えはないとマンモスを退けた。
サモア姫に振られたマンモスは、捨て台詞を残して去ったが、傷心のあまり犬猿の仲であったユーフテスの館を尋ね、自分の恋の顛末を打ち明けた。白狐のセーリス姫になぶられたユーフテスも恋の傷心を分かち合った。
そこへカールチンが血相を変えてやってきた。カールチンは自分が偽のヤスダラ姫にだまされていたことを明かした。
三五教の宣伝使たちにだまされていたことを知った三人は、今晩城内に忍び込んで仇たちを殺害しようと謀議をこらしていた。ユーフテスの下女チールは三人の計画を立ち聞きしてしまい、サマリー姫にすっかり報告した。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm4216
愛善世界社版:193頁 八幡書店版:第7輯 711頁 修補版: 校定版:198頁 普及版:81頁 初版: ページ備考:
001 右守(うもり)(やかた)(おく)一間(ひとま)には、002サマリー(ひめ)とサモア(ひめ)二人(ふたり)が、003(この)(ごろ)右守司(うもりのかみ)行動(かうどう)(なん)となく(そはそは)として落着(おちつ)きのないのに(こころ)(いた)めつつ、004密々(ひそびそ)前後策(ぜんごさく)攻究(こうきう)しつつあつた。
005『サモア殿(どの)006其方(そなた)(この)(ごろ)父上(ちちうへ)御様子(ごやうす)(つい)て、007(なに)不思議(ふしぎ)(おも)(こと)はないか、008(わたし)()ンだか心配(しんぱい)になつて仕方(しかた)がないのよ。009母上(ははうへ)がハルナ(こく)御出陣(ごしゆつぢん)になつてからは、010(いへ)(そと)にして出歩(である)(どほ)し、011家事(かじ)一切(いつさい)其方除(そつちの)けの有様(ありさま)012それに合点(がてん)()かぬは(にはか)(かみ)(そろ)へたり(ひげ)をいぢつたり、013(をとこ)(くせ)(かほ)白粉(おしろい)()つたり(まゆ)(そろ)へたり、014衣服(いふく)毎日(まいにち)着替(きか)へたり、015まるで(わか)(をとこ)のする(やう)(こと)ばかり()()られるぢやありませぬか。016大方(おほかた)ヤスダラ(ひめ)さまに口先(くちさき)でチヨロマカされて、017アンナ狂気(きやうき)じみた(こと)()さるのぢやなからうかと、018(あん)じられて仕様(しやう)がありませぬよ』
019(わたし)(さつ)する(ところ)では、020旦那(だんな)(さま)はどうやらヤスダラ(ひめ)(さま)恋慕(れんぼ)(あそ)ばされ、021(うつつ)をぬかして()らつしやる(やう)(おも)はれます。022マンモスの(はなし)から(かんが)へて()ると、023旦那(だんな)には大変(たいへん)悪魔(あくま)()けねらつて()(やう)ですわ。024コリヤどうしても(ひめ)さまから一応(いちおう)御諫言(ごかんげん)をして(いただ)かねば、025到底(たうてい)(わたし)なぞが御諫(おいさ)申上(まをしあ)げてもダメですわ』
026(こま)つた(こと)がで()ましたなア。027(ちち)到底(たうてい)(わたし)どもの()(こと)(みみ)()れる気遣(きづか)ひはないから、028旦那様(だんなさま)御信任(ごしんにん)(あつ)きユーフテスから申上(まをしあ)げる(やう)にしたらドンなものだらうかな』
029『それは全然(ぜんぜん)ダメでせうよ。030ユーフテスが旦那様(だんなさま)精神(せいしん)混乱(こんらん)させたのですもの』
031『あのユーフテスが? そんな(こと)父上(ちちうへ)(すす)めたのかい。032()ンとマア(わる)(をとこ)だなア。033これからユーフテスを()()して厳重(げんぢう)調(しら)べて()ませう。034コレコレ、035マンモス、036其処(そこ)()ないか、037一寸(ちよつと)用事(ようじ)がある。038(はや)()(くだ)さい』
039()ばはる(こゑ)(ふすま)押開(おしあ)けて()(きた)るはマンモスであつた。040(かれ)二人(ふたり)密談(みつだん)不道徳(ふだうとく)にも隣室(りんしつ)(いき)(ころ)して立聞(たちぎ)きして()たのであつた。
041(ひめ)さま、042御呼(およ)びになつたのは(わたくし)御座(ござ)りますか。043(なん)なりと、044御用(ごよう)(あふ)()(くだ)さりませ』
045サマリー『アヽマンモス、046(えら)(はや)いぢやないか。047大方(おほかた)最前(さいぜん)からの二人(ふたり)談話(だんわ)をすつかり()いて(しま)つたのだらう』
048『ハイ御推量(ごすゐりやう)(たが)はず、049一切(いつさい)経緯(いきさつ)(のこ)らず(うけたま)はりました。050(じつ)(こま)つた(こと)になりましたねえ。051(これ)()ふも(まつた)くユーフテスの()(わざ)で、052(けつ)して旦那様(だんなさま)(こころ)より()(こと)ではありませぬ。053それだからマンモスが何時(いつ)旦那様(だんなさま)奥様(おくさま)(はじ)(ひめ)(さま)にも申上(まをしあ)げたでせう。054ユーフテスは(じつ)右守家(うもりけ)爆裂弾(ばくれつだん)だから、055一時(いちじ)(はや)放逐(はうちく)(あそ)ばし、056(かれ)(かは)りに(この)マンモスを御採用(ごさいよう)(くだ)されと。057(わたし)(けつ)して私利私欲(しりしよく)()られて(ひと)(おと)し、058自分(じぶん)出世(しゆつせ)をしようと(おも)ふやうなケチな(こころ)ではありませぬ。059只々(ただただ)(いへ)大事(だいじ)(おも)へばこそ、060()(けつ)して御忠告(ごちうこく)申上(まをしあ)げたのです』
061()(かく)もお(まへ)御苦労(ごくらう)だが、062父上(ちちうへ)在処(ありか)一時(いちじ)(はや)(さぐ)つて()(かへ)つてお()れ。063愚図々々(ぐづぐづ)しては()られないから』
064『エヽ承知(しようち)(いた)しました。065(しか)しながら今日(けふ)貴女(あなた)(さま)(かね)ての御許(おんゆる)しのサモア(ひめ)(あらた)めて夫婦(ふうふ)結婚(けつこん)をなすべきマンモス一生(いつしやう)大事(だいじ)()(ござ)りますから、066何卒(なにとぞ)(この)御用(ごよう)はハルマンに申付(まをしつ)けて(くだ)さいませ。067(わたくし)一生(いつしやう)祝日(しゆくじつ)ですから、068今日(けふ)一日(いちにち)二日(ふつか)旦那様(だんなさま)がドウカウといふ(わけ)でありませぬからなア』
069『コレコレ マンモス、070(まへ)とそんな約束(やくそく)(わたし)はした(おぼえ)はない。071神妙(しんめう)忠義(ちうぎ)(つく)した(あかつき)は、072都合(つがふ)()つたらサモア(ひめ)(やう)美人(びじん)をお(まへ)女房(にようばう)にしてやらうと()つたまでだよ。073()()ふと()まぬが、074先達(さきだつ)ての(やう)左守(さもり)邸宅(ていたく)忍術(にんじゆつ)(もつ)(しの)()み、075下手(へた)をして(とら)へられ、076(をとこ)らしくもない、077主人(しゆじん)(たの)まれた秘密(ひみつ)まで悉皆(すつかり)敵方(てきがた)打明(うちあ)けて、078生命(いのち)(をし)()(かへ)つて()(やう)卑怯(ひけふ)(をとこ)には、079何程(なにほど)サモア(ひめ)だつて愛想(あいさう)()かさずには()られないぢやないかえ。080モウそんな野望(やばう)(おも)()つたが()からう。081第一(だいいち)家筋(いへすぢ)からして(だん)(ちが)つてるのだから』
082『ハイ宜敷(よろし)(ござ)います。083一寸(いつすん)(むし)にも五分(ごぶ)(たましひ)084月夜(つきよ)ばかりぢやありませぬ。085(やみ)()もありますから、086随分(ずゐぶん)御注意(ごちうい)なさいませ。087サマリー(ひめ)(さま)088サモア殿(どの)089左様(さやう)なら』
090(すご)文句(もんく)(のこ)してスタスタと足音(あしおと)(あら)(おもて)()して()()つた。
091 後見送(あとみおく)つて両人(りやうにん)は、092(しば)茫然(ばうぜん)として()た。
093『オホヽヽヽ(なん)(をとこ)(こひ)(はう)けたのは()つともないものだなア。094サモア殿(どの)095あのスタイルを御覧(ごらん)になつたら、096(さだ)めし満足(まんぞく)でせうなア』
097『オホヽヽヽ、098(こころ)(そこ)から、099属根(ぞつこん)(いや)になつて(しま)ひますわ。100エヘヽヽヽ』
101 話変(はなしかは)つて、102マンモスは二人(ふたり)(をんな)手痛(ていた)肱鉄(ひぢてつ)言霊(ことたま)()びせられ、103無念(むねん)やる(かた)なく、104失恋者(しつれんしや)同士(どうし)応援(おうゑん)(もと)めむため、105犬猿(けんゑん)(ただ)ならざりしユーフテスの(やかた)へさして、106トントントントン()けて()く。107ユーフテスはマンモスの来訪(らいほう)(さい)し、108一度(いちど)(わが)()敷居(しきゐ)(また)げた(こと)がないマンモスが()んで()たのは、109唯事(ただごと)ではあるまいと、110いつもなら(しほ)()りかけて(はうき)()てる(ところ)だが、111自分(じぶん)失恋(しつれん)結果(けつくわ)112(なん)となく心細(こころぼそ)くなつて()たので、113いつもの(てき)今日(けふ)(つよ)味方(みかた)出来(でき)たやうな心持(こころもち)門口(もんぐち)(むか)へに()で、
114『ヤア、115マンモス殿(どの)116(その)(あわ)(かた)(なん)(ござ)るか。117よもやサモア鉄道(てつだう)脱線(だつせん)顛覆(てんぷく)ではありませぬかなア』
118脱線(だつせん)顛覆(てんぷく)(とほ)()えて、119メチヤメチヤに破壊(はくわい)してしまひましたよ。120セーリス(ひめ)さまはどうなりましたか』
121『どうなつたか、122かうなつたか、123サツパリ見当(けんたう)()かないのですよ。124彼奴(あいつ)は、125ババ化物(ばけもの)でした』
126『ヘーン、127あのセーリス(ひめ)が……どう()意味(いみ)化物(ばけもの)ですか。128矢張(やは)りサモア(ひめ)のやうに貴方(あなた)(いま)まで(うま)くチヨロまかし、129最後(さいご)五分間(ごふんかん)になつて伏兵(ふくへい)(あら)はれ、130クリツプ(はう)砲撃(はうげき)()かけたのですか』
131(なに)132それならまだ()()いて()るが、133セーリス(ひめ)(おも)つたのは大変(たいへん)古狐(ふるぎつね)でしたよ。134大方(おほかた)(きつね)(やつ)135本物(ほんもの)のセーリス(ひめ)をいつの()にかバリバリとやつて(しま)ひ、136(うま)()けて()やがつたと()えますわい、137いやもう(をんな)には()()りだ。138(いま)(おも)()してもゾツとするやうだ』
139(なに)140そんな(こと)があるものか。141今朝(けさ)もセーリス(ひめ)さまが本当(ほんたう)心配(しんぱい)して「(この)(ごろ)ユーフテスさまのお(かほ)()えぬ」と()うて()たよ。142(しか)彼奴(あいつ)もサモアの亜流(ありう)だ。143()れられて()たと(おも)ふと(ちが)ふから、144まア断念(だんねん)するのだなア』
145如何(いか)にも断念(だんねん)(残念)至極(しごく)だ。146(しか)しながら、147右守(うもり)神様(かみさま)レコはどうなつたらう、148(この)(あひだ)から(した)(いた)めたので外出(ぐわいしゆつ)もせず(くす)ぼつて()たので、149一寸(ちよつと)御様子(ごやうす)(わか)らぬが、150キツト、151アフン(まく)()りたに(ちが)ひなからうなア』
152『サア(その)(こと)について、153大変(たいへん)サマリー(ひめ)とサモアとが御心配(ごしんぱい)(てい)だ。154(おれ)もそれを(おも)ふと大変(たいへん)()(どく)()へられぬ……(こと)はないわい。155いや(むし)小気味(こきみ)がよいやうだ』
156 かく(はな)(ところ)門口(かどくち)より、
157『ユーフテス ユーフテス』
158()びながら()(きた)るは右守(うもり)(かみ)のカールチンであつた。159ユーフテスは、160(その)姿(すがた)()(くち)(とが)らし、
161『ヤア旦那様(だんなさま)162血相(けつさう)()へて、163何事(なにごと)(ござ)いますか』
164『ヤア大変(たいへん)大変(たいへん)だ。165(わう)(ふた)つもあり、166ヤスダラ(ひめ)二人(ふたり)()るのだから、167あんまり(おそ)ろしくて()られた(ざま)ぢやない。168スツテの(こと)で……無事(ぶじ)(いのち)(たす)かるかと(おも)つた城内(じやうない)は、169どいつもこいつも化物(ばけもの)ばかりだ。170(うま)(こと)171(やさ)しい(こと)(ぬか)しやがつて俺達(おれたち)安心(あんしん)させ、172ソツと()しとらうといふ計劃(けいくわく)だから、173(おれ)強者(しれもの)174改心(かいしん)したやうな(かほ)をして(うた)をよんで(その)()誤魔化(ごまくわ)し、175便所(べんじよ)()くと()つて便所(べんじよ)(あな)からソツと()げて(かへ)つた(ところ)だ。176(なん)でも一人(ひとり)本物(ほんもの)一人(ひとり)化物(ばけもの)だ。177もうかう露顕(ろけん)した(うへ)はユーフテス、178(まへ)(たす)かるまい、179(おれ)もどうかせなけりやならないと、180此処(ここ)相談(さうだん)()たのだ。181ヤア、182マンモス、183貴様(きさま)此処(ここ)()()たのか、184三人(さんにん)()れば文珠(もんじゆ)智慧(ちゑ)だから、185此処(ここ)(ひと)相談(さうだん)をしようぢやないか』
186旦那様(だんなさま)187あの(おく)()から、188セーラン(わう)声音(こわね)使(つか)つて()るのは、189三五教(あななひけう)黄金姫(わうごんひめ)()(やつ)です。190さうしてヤスダラ(ひめ)名乗(なの)つて()(やつ)は、191矢張(やはり)贋者(にせもの)三五教(あななひけう)宣伝使(せんでんし)192清照姫(きよてるひめ)()ふ、193鬼熊別(おにくまわけ)(さま)妻子(さいし)ですよ』
194『そんな(くは)しい(こと)貴様(きさま)(たれ)()いたのか』
195(なん)()うても(じや)(みち)(へび)ですわ。196(ある)方法(はうはふ)をもつてすつかり偵察(ていさつ)しましたわい』
197『そいつは大変(たいへん)だ。198愚図々々(ぐづぐづ)して()ては俺達(おれたち)(いのち)がなくなるかも()れないぞ。199サア今晩(こんばん)のうちに吾々(われわれ)三人(さんにん)城内(じやうない)(しの)()み、200一人(ひとり)(のこ)らず()(ころ)して(しま)はねば、201(まくら)(たか)うする(こと)出来(でき)まいぞ』
202マンモス『こんどは忍術(にんじゆつ)(おく)()()しますから滅多(めつた)失敗(しつぱい)(いた)しませぬ。203サアお二人様(ふたりさま)204(おく)へお(いで)なさいませ。205(わたし)秘密(ひみつ)(をし)へます』
206(おく)離室(はなれ)(すす)()る。207(ここ)三人(さんにん)今夜(こんや)十二時(じふにじ)()して、208黄金姫(わうごんひめ)以下(いか)(おも)なる幹部(かんぶ)殺害(さつがい)せむと、209鳩首(きうしゆ)謀議(ぼうぎ)をこらして()た。210ユーフテスの(いへ)(つか)へて()下女(げぢよ)のチールは三人(さんにん)隠謀(いんぼう)(のこ)らず立聞(たちぎ)きし、211(なに)()はぬ(かほ)をして、212そつと裏口(うらぐち)をぬけ()し、213右守(うもり)(むすめ)サマリー(ひめ)にその顛末(てんまつ)をすつかり密告(みつこく)して(しま)つた。214サマリー(ひめ)今後(こんご)如何(いか)なる活動(くわつどう)をなすであらうか。
215大正一一・一一・一七 旧九・二九 加藤明子録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)